新年1発目は久しぶりに写真掲載

本日は2017年1月1日ということで、世間では元日って呼ばれている非常におめでたい日だそうですが、自分の中では年末年始による長期連休の中の、ほんの1日に過ぎない程度・・・
でも年の初めという事ですので、一応御挨拶をしなくちゃね。

 

 

今年も頑張って色々書いて行きますので、我が日記を宜しくお願い致します。

 

 

さて本年一発目は昨年入手したユニフォームから紹介します。
本来なら昨年最後に紹介しようと思っていたんですが、この日記を書いてた途中に激しい眠気に襲われ、そのまま寝落ちしてしまったため、紹介が遅れてしまいましたが、今回はしっかり紹介します。

 

 

これは昨年のジュビロ磐田・サポーターズクラブにて、一定数ポイント貯めた際に送られてくるプレゼント品であり、毎年誰のモノが来るのか?ドキドキしながら到着を待っているアレです。
2015年は目標ポイント数まで、そんなに厳しくなかった(一般的には厳しいけど・・・)ことにより、非常に多くの方々が貰う形になった選手用のユニフォームでしたが、2016年はポイント数を大幅に引き上げたことにより、目標ポイント数に達した人は大幅に減少した(推定)と思います。
達成者が少ないということから、送られてくるユニフォームは必ず主力級なんじゃないかな?と勝手に想像していました。

 

 

さて前置きが長くなりましたが、今回我が家に送られてきたユニホームを発表します。
残念ながら例年みたいに2枚貰うという事は出来なかったんですが、それでも自分の頭の中では想像すら思ってもいなかったアウェー版・長袖が送られてきたということで、それだけでも今回は非常に満足しています。


で、今回来たのは2016年度の守備の要でもあった大井賢太郎選手
やはり主力、しかも2016年の大井選手のパフォーマンスを考えたら、これは自分としても非常に嬉しい結果でした。(当然本人にも報告しますが・・・)

 

 

次は自宅ゲーセン化計画に伴い、我が家のはなれ(通称:宝の小屋)の片付けしてたら、こんなものが出てきたので紹介しておきます。


これは2001年にスペインで開催される予定だった第2回世界クラブ選手権に、当時アジアの大会を制し、アジアのクラブチームの代表として出場することで特別に製作されたタオルマフラーで、まだシールが付いてるという未使用状態で出てきました。
当時のジュビロは現在でもJリーグ史上歴代最強とまで言われ、そんなチームが世界の舞台で対戦・・・しかも初戦は当時世界最強であり、メンバーが凄すぎることで『銀河系チーム』とまで言われたレアルマドリードと対戦することが決定していただけに、なんで突然中止になってしまったのか?と選手及び関係者、そして多くのサポーターは落胆しました。

 

 

昨年末にクラブW杯に開催国枠で出場し、準優勝した鹿島アントラーズ。
素晴らしい結果を残したし、一応しっかりしたルール上では全く問題無いんですが、これだけはハッキリ言うけど、ホントに運が良い!!良すぎるよ・・・
毎年のようにJリーグでタイトルを荒稼ぎしてるんだから、一度くらいアジアのタイトルを取ってくれ!!昔みたいにJリーグが全くバックアップしてない訳じゃないんだから・・・って思いますね。(これだけは唯一ジュビロがアントラーズ・・・いや全チームに対しても大きく誇れることだと思っています。今みたいにナビスコ予選免除とか、そういうのは一切無かったし・・・)

 

 

あ、本日の天皇杯(鹿島アントラーズvs川崎フロンターレ)は・・・別にどっちが勝ってもいいやって感じで見ていましたが、またしてもいつも通りの試合展開、そしていつも通りの結果でしたね。
ただ、こういう試合になると滅多に決まることのない山本脩斗選手の先制ゴールは少しだけ興奮したけど・・・

 

 

最後は昨日の午後11時半くらい・・・つまり年明け直前の我が家のニャーの様子ですが・・・


暖房の効いた部屋で、嫁に顎の下をなでられ、とても気持ちよさそうな顔をしてます。
ちなみに日が変わる瞬間、自分とコイツは空を飛んでいました。(←今更だがアホ)

 

 

明日は今年最初の開封でもしようかと思っています。
そういえば、年明け最初の開封で大物が出た事って、まだ1度も無いよな・・・
あと、今月末に発売される日本代表SEですが、一番早い時期にプレスリリースされた時は入ってなかった小林祐希選手が、いつの間にか封入されることになってるし・・・(自分の収集スタイルで考えれば、本来なら収集対象選手ではないのだが、2015年の最終戦でジュビロのJ1昇格決定決勝ゴールを決めてくれたので、とりあえず欲しいということで・・・)

| | コメント (0)

本当に惜しかった

まず最初に・・・
最近また日記の更新が遅れ気味になっていましたが、その理由は明らかにパソコンがおかしい・・・というか処理速度が急激に遅くなってしまい、ここの日記を書くだけでも非常に大変な状況だったりします。

 

 

本当に何でこんなことになってしまったのか?と思いますが、プログラムのスペシャリストでもある嫁によれば、現在使ってるパソコンは割と安かったものであり、その価格に比例して機能的にも最近の処理速度に本体が付いて行けないレベルにあるらしく、どうしても起きてしまうような事象なようで、どうすればいいのか?というと、まあ普通にパソコンを新しくするしかないと・・・そんなすぐに買えるもんじゃないし。

 

 

ということで、これからはなかなか更新出来ない日々が続くかもしれないけど、なるべく頑張って少しでも良い記事を書き続けていこうと思っています。

 

 

さて今日は・・・やっぱりクラブW杯・決勝戦のことを書いておきましょう。
レアルマドリード(欧州代表)vs鹿島アントラーズ(開催国代表)ですが、この試合、一時はレアル相手にリードしてた時というか、柴崎選手が2ゴールを決めた時は本当に信じられなかったというか、まるで夢を見てるかのような感じでしたが、あのPKを与えたシーン(本当にファールだったのか?)といい、あのセルヒオラモス選手へのジャッジ(既に1枚イエローを貰っていたこともあり、一応カードを出そうとしてた主審がセルヒオラモス選手と分かった途端、出すのを止めた?)といい、後半終了間際に遠藤選手がシュートを豪快に外した事といい、何か一つでも事が起きていたら、もしかしたら・・・っていう展開になったかもしれないだけに、本当に惜しかったと思います。

 

 

でも日本のクラブチーム代表として、鹿島アントラーズは歴史に残る戦いをしてくれましたね。十分すぎるくらい世界に誇れる結果を出してくれたんじゃないかと思います。
尚、この試合の事について、本当はもっと色々込み入ったような事まで書きたいのですが、おそらく語句的にヤバイ事まで書いてしまいそうな感じなので、この事についてはこれ以上書くのはやめます。(あの審判は○○だとか・・・)

 

 

いつかジュビロも今回のアントラーズのような大舞台に立てれば・・・
いや、ちょうど15年前にジュビロも本気のレアルマドリードと対戦出来る権利があったんだよな・・・(スポンサーが金払えないからという理由で、直前になって大会そのものが消えちゃうという、あまりにも酷い出来事があった・・・)

 

 

ちなみに、ここまでの文章の思考時間は僅か10分程ですが、それでも書き上げるだけで1時間30分以上も掛かっています。超だりぃ~

| | コメント (0)

ここ最近の試合とか・・・

先日の日曜日をもって、2016Jリーグにおける全ての試合(ただし天皇杯を除く)が終了しましたが、最後に色々と決まる大事な試合はJ2&J3入れ替え戦以外、正直なんて言ったら良いのかな~・・・って感じがしたのは気のせいなんですかねぇ・・・
今回は、それらの試合について、自分なりに感じたことなどを書いていきます。

 

 

まずは今年の年間順位を決めるチャンピオンシップですが、鹿島アントラーズが残っていたことで、過去の事例から、戦前より試合の内容はだいたいこんな感じになるんじゃないかな~っていう予想が出来ていました。
その予想出来た事とは・・・

 

◇内容は完全に相手に圧倒されるものの、その相手は何故か大試合のプレッシャーから普段は決まるようなシュートを何本も打つものの、普段では有り得ないようなシュートミスを連発。

 

◇アントラーズはセットプレイ、もしくはサイドからの放り込みにヘディングシュートなどで得点し、あとは守備陣が身体を張って守り、あとは試合終了直前に○○○選手あたりが相手との接触とかで派手に倒れ込んだりして時間稼ぎ・・・

 

 

実は、昔からほとんどのチームがこのパターンでアントラーズにタイトルを取られているんですよね。
良くマスコミたちが、タイトルが懸かった短期決戦では鹿島の勝負強さが際立つ・・・みたいなことを連呼してますが、正直な話、ほとんどの試合を見ると内容的には相手チームが勝手に自滅してる感じですね。(それに対し、アントラーズは全く焦ったりしない・・・なんでだろうな?)

 

 

それにしても、ルールの上で得たチャンピオンという称号なので異論は無いですが、やはり浦和レッズ的に納得が行かないのは今回勝ち点15点差もつけたはずなのに、最後に敗れた・・・というか、アウェーゴールという一般的に分かりにくいルール(今回こういう説明で、やたら良くレギュレーションという言葉が出てきましたが・・・)によって、結局チャンピオンになれなかったという事を考えると、ここまで積み上げた大差の勝ち点差ってのは一体何だったんだろうって感じですね。(昔、ジュビロもそういう事があったな・・・)

 

 

この結果により、アントラーズが日本のクラブの代表として世界クラブ選手権に出場することになったので、勝ち負けはともかくとして、とにかく恥ずかしくない内容の試合をしてもらいたいですね。
あと・・・元ジュビロでもあった山本脩斗選手には、『おめでとう』と言ってあげたい。

 

 

続いてJ2プレーオフですが、個人的にチャンピオンシップよりもこっちの方が興味がありました・・・が、引き分けでも勝ち上がる権利を持ってるセレッソ大阪に対し、完全に勝たなければ昇格は無いファジアーノ岡山。
ファジアーノには元ジュビロの押谷選手がいて、まだ一度もJ1経験が無いチームですから、自分的にファジアーノを応援していました・・・が、なんとここ一番の大事な試合で、チームのエースでもある押谷選手が体調不良で欠場・・・

 

 

この時点で半分というか、ファジアーノに勝ち抜けれるような感じは完全に無くなった気がしました・・・っていうか、よりによって超大事な試合にエースが体調不良になるのって、正直プロ選手としてはどうかと思ったよ。
自分としては、2017年に再び押谷選手が磐田に相手チームのエースとして帰ってくる事を夢見ていたのに、これはもう完全に裏切られた気分でした。

 

 

2017年は岡山に行きたかったのに、本当に残念です。(ただ自分に周りにはキンチョウスタジアムの方が近いし、サッカー専用スタジアムなので、どちらかと言えばそっちの方が良いと言ってる人間の方が多かったりする・・・)

 

 

最後はジュビロの事ですが、移籍情報とか一応小出し程度に出てたりしますが、まだインパクト大なやつは出てきませんね。
まあジェイ選手がジュビロに来た時も、開幕直前でもある2月の半ばくらいだったし、のんびり待ちますかね・・・

 

 

今思えば、今回で最後となったチャンピオンシップは、全3試合全てホームが負けたんだよな・・・なんて大会だ・・・

| | コメント (0)

来年は静岡ダービーを2試合とも見たい

前回更新から、随分と間が空いてしまいましたが、別に自分が病気になった訳でもパソコンが壊れただけでもなく、前回書いたように、ただ単に写真の掲載が面倒になったので、更新してなかっただけですよ。
だってねえ、(自分的には)画像アップという行為がスゲー面倒になってしまったんだから、これはもう・・・

 

 

今回からは、ここ最近書こうとしてたことを色々書いて行くことにします。
ただし、ほとんど文字だけなので写真については、あんまり期待しないで下さい。

 

 

まず、静岡県民的に考えれば、やはり清水エスパルスのJ1昇格についてになるので、それについて自分なりに思ったりしたことでも色々書きます。
今年のJ2でのエスパルスですが、開幕直後から6月くらいまでの戦いぶりを見てる限りでは、まあ昇格は厳しいだろうと思っていましたが、ちょっと変わったんじゃないか!?と思ったのは、確かホームで7点だか8点くらい取って勝った試合からかな?
実は、この試合直後に自分は「ああ、こりゃあエスパは昇格するな・・・」って思いました。
昇格するチームの条件は、J2でもある程度圧倒出来るくらいチームの力が揃っている事が一番大事なのは明らかですが、もう一つ重要な事は何といっても運が良い事!!
これ超重要事項です。

 

 

今年のエスパルスは結構運に助けられた試合が多かったと思います。(やたら逆転勝ちが多かったり、相手にオウンゴールが多かったり、あとはシーズン終盤の大事な時期に上位につけてた松本山雅が勝手にコケたり・・・)

 

 

その中でも特に印象深かった試合というのが、ホームでの水戸ホーリーホック戦ですかね・・・この試合ですが、水戸には元ジュビロの選手が2人ほど所属しているので、当日見に行ったジュビロサポーターも何人かいて、自分もテレビで見ていました。
で、試合終了間際までリードしてた水戸が、記録には出てないけど、自分が見た限りでは、ちょっと有り得ないというか、DF陣のミスから逆転負け・・・まだ残り10試合くらいありましたが、この時には既に100%昇格すると確信してましたね。

 

 

正直なところ、ジュビロサポ的にエスパルスを嫌っている人間は自分の周りだけでも死ぬほど沢山います。
エスパルスよりも歴史があり、しかもJ1でのタイトル数も多く、対戦成績でも上回っているジュビロが2年も苦しんだJ2を僅か1年っで抜けれたってのは、ちょっと許せないっていうのかな?確かにエスパルスは苦しんでいたけど、どちらかというと、もっと苦しんで欲しかった・・・と思っている人ばかりです。(自分も多少はそう思ってたけど、今は半分どうでも良くなった・・・)

 

 

静岡県内でのスポーツ番組の扱いというか序列が、今年はジュビロエスパルスであったのが、来年は再びエスパルスジュビロという順に戻ることになるでしょう・・・

 

 

でもね、静岡ダービーが4年ぶり、それもJ1リーグ戦という最高の舞台で復活するんですよ。
遠いアウェーが多い中、磐田から僅か70キロ足らずの場所まで行けばOKなんですから、クルマで現地に向かう人間からすれば、これほど楽な遠征は無いですよ。
ジュビロに対しては何故か超強気になるエスパルスの一部サポーターの度重なる行為にムカついてるジュビサポは沢山いるでしょうが、だったら相手サポを黙らせてやるくらいの圧倒的な差をつけた試合をしてやればいいんですよ。

 

 

自分は静岡ダービー大歓迎な人間なんですが、実はジュビロがJ2に降格した2013年も含め、2012年、2011年とアウェーのダービーは3年連続で仕事のために欠席してるので、来年行けることが出来るなら、実に7年ぶりにダービーで日本平に行くことになります。(行ける・・・なら)
あとは日程次第ですがね・・・

 

 

あとは・・・
サポーターズポイントを貯めて貰える今年の選手用のユニフォームですが、昨日我が家に到着しました。
で、今年は誰のが来たのかな?と思いながら、小包を開封してみたら・・・なんと!?今回は全く思ってもいなかったアウェー長袖でビックリ!!
尚、誰のが来たのか?については、次回紹介したいと思います。

| | コメント (0)

テストしてみた・・・

昨日も書きましたが、携帯電話の変更に伴い、今後はこれまでのような感じの写真のアップは厳しいんじゃないか・・・ということで、とりあえず新携帯の中でも一番小さい画像モードにして、色々と加工(ただし、自分では出来ないので、これは嫁に依頼・・・)したりして載せてみたけど・・・


やっぱデカい・・・(モデルはいつものヤツ)

 

 

日記の方には、かなり良いサイズになって出てると思うけど、これでもまだ画像が大きい感じがしますし、何より問題なのが、ここまで加工するのに(自分レベルで考えて)非常に複雑な文字(っていうのかな?)をプログラムの段階で追加して入れなければならない事、そしてそれが(自分レベルで考えて)時間が掛かってしまうために非常に面倒だということですね。

 

 

1回のアップに使われる写真が1枚とか最大で5枚までくらいなら、なんとか我慢してやっていこうと思っていますが、これがアウェー遠征記みたいに写真の数も軽く20枚を超えてくると、さすがに嫌になってきますね。
本当に困った・・・が、こういう事が好きな人は、そういう工程みたいなのが楽しいんだろうね・・・自分には苦痛以外の何物でもないんだけどな・・・

 

 

さて、話は変わりますが、本日は磐田スタジアムで日本ユースカップのサンフレッチェ広島vsFC東京が行われ、せっかくだから・・・ということで、ちょっと見に行って来ました。
で、そこで随分と沢山の写真を撮ったんですが、アップは前述でも書いたように面倒なのでやめ!!

 

 

この試合ですが、最近になって様々なテレビ等で何度もクローズアップされてた話題になってたFC東京の久保建英選手が出場する・・・ということで、この日の磐田は朝から雨が降り続く悪い天気でありながらも多数の熱心なサッカーファンが詰めかけました。
で、注目の久保選手は予想通り後半から出場したんですが、見てる限りでは他の選手と比較しても、まだ身体が発育段階で小さいため、相手の激しい当たりに対して何度も吹っ飛ばされていました。
しかし雨が上がり、天気の回復と同時にグランドも徐々に乾いてくると、それまで鳴りを潜めていた(のか?)、ここからは彼の能力を十分に見る事が出来ました。
パスやトラップはもちろんですが、彼の最大の持ち味でもあるドリブルに関しては、他の選手よりも明らかに別物で、これが本当に14歳のプレーなのか!?って感じで、もうホント驚きの連発でしたね。(本当にメッシみたいにドリブル時のボールタッチ数が多く、しかも相手をナメるようにスルスルと抜いていく・・・そんな感じ)

 

 

まあマスコミ的には、どうしても久保選手にスポットを当てたがってるようですが、自分が目に付いた選手は他にも沢山いて、その中でもサンフレッチェの山根永遠選手(10番・・・っていうか、何て名前なんだろ!?)は、かつてJリーグでもプレーされた山根巌さんの息子さんだそうで、この山根選手は前半終了間際にゴールを決めたんですが、その得点したことよりも足が超早かったという印象の方が強かったり、後はFC東京の松岡瑠夢選手(10番・・・だから、名前は何て読むんだよ!?)は身体も出来ていて、今ではJ3に普通に出場してるそうで、やはり技術的な部分では他の選手よりも優れていて、近いうちにJ1でも見れそう・・・だとか、あとは同じFC東京の内田宅哉選手(14番)も色々な技をやってくれて見てて面白かったです・・・っていうか、みんなメッチャ上手いですね!!

この試合をスタンド席で見てた田中さん&川口信男・現ジュビロU-18コーチ陣も、彼らの凄いプレーが出るたびに、「おー、すげえ!!」って感じで驚きの声を何度も連発していました。

 

 

試合は3-2(延長)でFC東京が勝ち、ユース選手権優勝の栄冠を手にしましたが、両者のチーム力の差は無く、次に同じカードで当たったとしても結果は絶対に予想がつきません・・・っていうか、こんなにも面白い試合をタダで見れた上に大会パンフレット(結構厚い)も貰えて本当に良かったです。
ジュビロの下部組織も頑張って欲しい!!(田中さん、頼むよ!!)

| | コメント (0)

今年は久しぶりに楽しい宴でした

昨日は磐田市内某所にて、シーズン終了後の恒例行事でもある、サポ仲間たちとの飲み会がありました。
この飲み会ですが、2年前はJ2降格、昨年はプレーオフでの悪夢とかあったせいで、2年続けて終始湿っぽいというか、沈んだ感じで行われてきましたが、今年は久しぶりに良い雰囲気の中、短い時間ながらも参加した連中は終始笑顔で弾けまくりました。

 

 

これは若い連中たちが、大分まで数枚持って行ったゲーフラの中の一つです。(テレビの映像で何度も出たゲーフラなので、見覚えがある人もいると思います)


これはもう来年は使わなくてもいいんだ・・・と思うと、なんか安心します。
ちなみにあの大分での試合、その若い連中たちはクルマで11時間掛けて行ったそうで、到着後はNHKからインタビューを受けられたそうで・・・(後日、その模様は静岡県内で流れました)

 

 

久しぶりに元気な乾杯!!


手前のレバー(塩味)が最高な味付け!!
この後は多数のつまみが出てきて、テーブルの上は大量の皿で埋まりました。

 

 

その後は、今年のジュビロの事について色々喋ったり、一部文句たれたりして楽しく過ごしてきた時間も気が付けば閉店まで、あと僅か・・・


シメは毎度おなじみの絶品お茶漬けでした。

 

 

それにしても、J1復帰に2年も掛かったけど、本当に戻れて良かった。
J1復帰が至上命令であったジュビロですが、今年もチーム関係者やサポーターは毎試合のように神経を擦り減らすような感じだったし、ホント大変でした。(これは、どのチームも同じだと思う)
ジュビロは最終的に何とか自動昇格枠に入れたこともあり、半分高みの見物と化してた2015年・J2プレーオフですが、リーグ戦の終盤では無敵状態だったアビスパが勝ち上がったことで、まあ結果的には順当だったと思いがちですが、そんなアビスパだってプレーオフは平常心で戦えないくらい凄く苦労したんですから、あんな試合にジュビロが出たら・・・と思うと・・・(あの試合を見て順当な結果だったって思った人は、正直もうサッカーを見ない方がいいと思う)

| | コメント (0)

活動終了・・・

昨日は、いつものサポ仲間たちとの飲み会(今期の反省会)がありました。
場所は毎回おなじみ、磐田市内某所の居酒屋でした。


これは食べた誰もが「ウマイ!!」と絶賛する生ホルモン(通称:ナマホル)です。
もちろん、他にも美味しいものは沢山ありましたが・・・

 

 

この日に飲みながら語られた主な内容ですが、数時間前に3冠を達成したガンバ大阪の事とか、ギリギリJ1に踏みとどまった清水エスパルスの事、あとはもう二度と対戦したくないモンテディオ山形の事などで、ジュビロの事など全く話題にもなりませんでした。
あとは・・・それぞれの自宅のネコ自慢とか、静岡の女子アナの事について(静岡の女子アナは全国でもトップレベルと評判であるため・・・)と、一体何の集まりだったのか?と言いたくなるような飲み会だったなぁ・・・

 

 

そして今朝のお話です。
まだ早い午前5時ちょいすぎ、たまたまネコに起こされたことで、何か面白そうな放送でもやってないかな?と思ってテレビをつけたところ、現在モロッコで開催されている世界クラブ選手権が放送されていました。

 

 

対戦クラブはクルスアスル(メキシコ・北中米カリブ代表)vsウェスタンシドニー(オーストラリア・アジア代表)ということで、どちらも残念ながら日本人選手も居ないし、Jリーグとは全く無縁・・・というか、関わりの無いチームでもあるため、第三者的な目線で見ていました。(一応オーストラリアは日本と同じアジア地区代表でしたが・・・)


この日は大雨のため、ピッチは見ての通り劣悪ですが、さすがに各大陸の大会を制してきたチームだけあって、終始相当激しくぶつかりあっていました。

 

 

この試合、自分が気になった選手は・・・


再三決定的なシュートを防いでいた、このシドニーのゴールキーパーでした。
なんでもアジアの大会ではMVPを獲得した選手だそうですから、まあ活躍するのも当然でしょうね。

 

 

この日の解説で、「強いチームには、良いゴールキーパーが必ずいる!!」と言っていたのが印象的でした。
正直、今のジュビロに欲しいと思ったゴールキーパーでした。(正GKの八田選手は当然応援してるんですが、最近は見るに耐えれない凡ミスが多いだけでなく、ちょっと発言内容が・・・)

 

 

その試合ですが、後半ロスタイムまでシドニーがリードしていましたが、そこからガタガタと崩れ、結局最終的には3-1でクルスアスルが勝利するという、まさかの結末でした。
まあ退場者が2人も出れば、そりゃあ苦しくなりますって・・・


でもね、見てて本当に面白い試合でしたよ。
少なくとも、最近の日本代表よりは数倍面白い。(っていうか、最近日本代表の試合を見て、面白いと思った事は全く無いよ)
ジュビロも世界とは言わないから、もう一度アジアの大会に出場出来たら・・・と期待したくなっちゃいますが、何かが変わらないことには今のままでは永久に無理だろうな。

 

 

次回は・・・
本日開催された袋井市内の大イベントの一つでもある、クラウンメロンマラソンのことを中心に書きたいと思います。

| | コメント (0)

今年最初の観戦(今回は長い)

今回は先日27日、つまり日曜日のお話です。 
この日はジュビロの練習があったものの、おそらく凄い人の数の見学者が予想されるため、練習見学を回避し、ちょっと別の場所に行ってきました。

 

 

別の場所、それは・・・!?

浜松アリーナで行われるFリーグ・第32節・アグレミーナ浜松vsバサジィ大分の観戦でした。

 

 

何故にFリーグ!?と思われるかもしれません。 
しかし一番の目的は、そのアグレミーナではなく、メイン試合の前に行われる前座試合にありました。


入場時のパンフレットにも書いてありますが、この日の前座試合では、現在静岡朝日テレビで毎週放送されているスポーツパラダイスという番組(MC澤登正明氏&森直美アナウンサー)の企画により、スポパラドリームチームなるものが結成されたんですが、そのメンバーの中に田中さんの名前が!! 
これだけで行く理由がハッキリしたでしょ!!

 

 

ちなみに田中さんや森アナだけでなく、元静岡第一テレビのアナウンサーでもある那須洋子さんが、この日のメイン試合のリポーターというのも、アナオタ的に言わせれば、ある意味熱いとか!?

 

 

で、この日はアグレミーナにとって、2013シーズンのホーム最終戦であったため・・・

この日の浜松アリーナの入口前には凄い人の数。 
よくジュビロの試合でも見掛ける方々も多数来場していました。

 

 

自分たちも、たまたま会場でN一家のパパとS君、そして花火大会でも遊びに来てたA氏と遭遇。 
全く申し合わせてもいないのに、こうやって知り合いたちと普通に会うってことは、みんな行動パターンが一緒ってことになりますねぇ・・・

 

 

で、とりあえず会場に入り、席を確保してたら、間もなく自分的一番のメイン試合でもあるスポパラチームのメンバーが入場してきました。

スポパラチーム、試合前の作戦タイム?

 

 

やがて試合開始。

中央付近にいるのは、この日のメンバーでもあった福西崇史氏ですが、相手が子供だろうが全く容赦無しでした。 
尚、田中さんは放送席で解説していましたが、先発メンバーから外されたことで(?)、半分キレ気味で喋ってました。

 

 

試合内容については、とにかく良い試合でした。 
内容については今週金曜日のスポーツパラダイス内で放送されるので割愛。(静岡県民のみ、ネタバレになってしまうので・・・) 
ただ、相手チームで一番上手かったのは子供でした。

 

 

試合後、番組向けの収録中!?

上から福西崇史氏、田中さん、戸田和幸氏、平野孝氏、澤登正明氏、森直美アナ・・・

 

 

ちなみに森アナの背番号は・・・

朝日テレビということで、『5ch』でした。 
その森アナは超決定機を何度も外したことで、田中さんに文句を言われまくってました。

 

 

最後に記念撮影。

一番上が田中さん。 
その撮影が終わった後で田中さんに声を掛けたところ、最初に帰ってきた一言が「今日は全然ダメだったよぉー!!」でした。(まあ1点も決めれなかったし・・・) 
果たして次はあるのか?

 

 

その後は芸能人のチームが登場。

昨年の夏、磐田スタジアムで開催された名波氏プロデュースの試合で湧かせた面々が多数出場しました。 
ラブちゃん、相変わらず足速ええ!! 
個人的にマラドーナ芸人のディエゴ・加藤・マラドーナのプレーが再び見れて良かったです。

 

 

この試合は芸能人チームの勝利。

試合後にワールドカップ(?)を掲げて場内一周。 
こういう細かい演出、ホント好きです。

 

 

さて、この日のメインのアグレミーナの試合ですが、試合前にボランティアの方々から・・・

このようなものを渡されました。 
選手入場時に演出の関係で場内が暗くなるので、その時に出して振ってくれとのこと・・・

 

 

その選手入場時の演出がこれ。

何かのコンサート会場と化したかのような場内。 
今からフットサルの試合が行われるんだよなあ・・・多分・・・

 

 

アグレミーナのゴール裏の様子。

ホーム最終戦ということで、気合いの入った応援をしていました。

 

 

その試合ですが・・・

前半は良い勝負をしていました。 
ちなみにゴールを守っているのは、元ジュビロのGK・山本浩正選手です。 
相手の決定的なシュートを鋭い反応でバンバン止めまくっていた姿は、かつてジュビロで見た姿とは全くの別人でした。

 

 

ハーフタイムは・・・

公式応援ガールズでもあるH&Aが歌って踊って会場を盛り上げていました。 
こういう観客を退屈させない努力はジュビロも見習って欲しい。

 

 

で、後半は・・・

全く得点の匂いがしない展開で、気が付けば試合終了してた感じでした。 
この展開だと、初めて試合を見に来たような方にはキツイかな?と思ってたら、やっぱりというか、観客の中には完全に熟睡してた人も・・・ 
ちなみにアグレミーナのここまでの成績は・・・昨年のジュビロじゃないが、もう少し頑張って欲しいものです。

 

http://www.fleague.jp/main/

 

で、この試合が終わった後、一旦帰宅してからKINGSに向かいました。 
KINGSに行く・・・!?ということは!?それについては次回紹介します。

| | コメント (0)

代表戦のせいで寝不足

昨日、最新版のジュビロ・サポーターズマガジンが届きました・・・が、今回送られて来たサポマガには・・・

なんかスクラッチみたいなのが付いているではないか!?
これはJ昇格20周年企画として今回サポーターズクラブ会員のみ限定キャンペーンだそうで、運が良ければ何かが当たるというものです。まあ簡単に言えば、いつもの限定の抽選ですね。

 

 

で、我が家のチャンスは自分と嫁の2冊分。
結果は多くの方々が予想通り・・・

自分のは『残念』の文字・・・しかし嫁の方は『C賞』が当選。
まあC賞は5000人も当たるそうですが・・・(そんな広き門にも弾かれた自分って一体・・・っていうか、自分は本当にジュビロの抽選に関しては昔から全く当たらないのは何故だろ!?)

 

 

そんなジュビロですが、本日は本来なら練習が休みの予定でした。
しかし急遽練習が行われることになったので・・・

早速練習場に行って来ました・・・が、この日は30分ちょっとという異例の短時間で練習は切り上げ。
ちなみに練習内容というと、全員で丸く輪になって簡単なパスの練習だけだった・・・らしい。(自分が着いた時には既にサイン会が始まっていて、練習は全く見てない・・・)

 

 

あとは・・・
前田選手が出場してることもあり、自分としては珍しく興味を持って観戦してるコンフェデレーションズカップについても少し感想みたいなのも書いとかなくてはね・・・
ここまで前田選手の3試合の出来を見る限りでは、Jリーグのような超絶不調な感じではなく、どちらかと言えばFWとしての動き&パス、そしてポストプレーとかは相当良くなっている感がありました。

 

 

ただ日本の代表であり、そしてFWとして出場してるなら、やはりどんなに良いプレーをしてもゴールを決めない事には評価はされにくい訳で、個人的にはもうちょっと強気なプレーを見せて欲しいものです。
本田選手のように『PKは俺様のもの!!』と、までとは言いませんが、せめてプレー中には『ここに出せ!!』くらいの主張してもいいんじゃないかと思います。

 

 

ただね、素人目で見ても、さすがにメキシコ戦の前田選手→吉田選手への交代は無いわ・・・
前線で一番動きの良かった前田選手より、ガス欠状態の本田選手、香川選手、そして足がボロボロの長友選手の方が信頼出来るってことなんでしょうか?
主力選手の酷使・・・訳の分からん采配・・・そして交代して1分もしないうちに失点・・・守備陣崩壊・・・なんか4月~5月にさんざん見慣れたような光景だったのは気のせい?無能監督って、誰もが同じような事をするのかねえ???

 

 

前田選手がベンチに退き、代わりにDF入れてるのに、その直後に失点だから、もう見る気など無くなったので、同時刻に開催されているブラジルvsイタリア戦にチャンネルを変えてみたら、もう全然レベルが違っていてビックリ!!
攻撃の多彩さ、トラップ技術、シュートの質、パススピード・・・もう言い出したらキリが無い程で、これが世界のサッカーなんだなと思わせてくれる内容でした。(世界から見れば、メキシコも決して強くないってのが分かったくらい・・・)
今回のブラジル代表は若いメンバーで構成されたこともあり、国際試合の経験不足が懸念されていたような事を聞いていたんですが、グループリーグを3戦全勝で通過するあたり、やはりモノが違う・・・という感じでしょう。

 

 

チームとしては残念ながら不本意な結果に終りましたが、中断明けから巻き返さなくてはならないジュビロとしては、エースが怪我無く戻ってくる事がなによりの朗報だと思っています。
もちろん前田選手だけでなく、今回出場機会が無かった伊野波選手も

 

 

あとこれは毎回気になっている事なんですが、酒井選手がサイドでボールを持って切り込んで行く時、民放ではどこの局も「酒井宏樹選手から精度の良いクロスが・・・」とか、やたら言ってますよね。
でも正直な話、自分は酒井選手のクロスの質が良いと思った事は一度もありません!!
残念ながら今回召集されなかった駒野選手は、かなり難しい体勢からでも、ドフリー状態の彼よりも数倍上手いクロスを上げますよ。
マスコミは何があろうと彼のプレーを絶対に良い方向でアナウンスしなければならない決まりでもあるんでしょうか?(2年前のJリーグ・ベストイレブンでは、何故に駒野選手よりも評価されたのかマジ疑問だったな・・・)

 

 

次回は・・・
またちょっと変わった事でも書こうと思います。

| | コメント (0)

20周年記念

先週の金曜日の話になりますが、この日は夜勤でした。
で、仕事が終わった後は帰宅することになるんですが、その帰宅途中、眠いながらも少し気になった場所があったので、そこに向かってクルマを走らせました。

 

 

気になった場所、それはヤマハスタジアム(磐田)です。(←現在はヤマハスタジアムという名称であり、あえてこう書きましたが、自分は今でも『磐田スタジアム』と呼んでいます)
今年はホーム側とアウェー側が逆になり、しかもホーム・ゴール裏(昨年まではアウェー側)には大きな屋根が付くということですが、一応Jリーグが開催されてる最中も工事が行われ、8月には完全に完成となるのですが、そのスタジアム建設工事の現在の進捗状況は一体どんなもんかと思ったためで・・・

 

 

で、現地に着くと、そこでは大小様々な重機が大きな音を立てて動いていました!!

写真を撮るのを忘れたが、この時点では今までのBゲート広場の前にあったヤマハの事務所は完全に取り壊されていました。
全然関係ない事ですが、そのヤマハの事務所は昔はボウリング場だったんですよォ。

 

 

1993年、JFL準会員だったヤマハFCジュビロ磐田が1年遅れてJリーグに参入したことで、その年の冬に東山グランドが磐田スタジアムに生まれ変わり、その後もホーム側のゴール裏2階席の増設や、通称・凱旋門と呼ばれていたビジョン(旧称・ネスレビジョン)の設置、そしてメイン&バックスタンドの椅子席のマイナーチェンジなどもありました。
しかし、今回の新設は1993年以来の大規模な工事ですから、8月の完全完成までに一体どんな感じでスタジアムが変わっていくのか?今から興味は尽きません。

 

 

ちなみにジュビロと同期にJリーグに参入した湘南ベルマーレですが、昨日は創立20周年記念試合が行われたようです。

この試合は当時のJFLにおいてベルマーレのライバルだったジュビロ磐田&柏レイソルが招待され、ベルマーレvsその2つの連合チームという形式の試合が行われたそうですが、主なジュビロのOBとしては福西崇史氏鈴木秀人氏、そして田中さんも出場したそうで、見に行った方はその勇姿が確認できたんじゃないかな?と思いますが、まあ聞けば色々とあったようで・・・(自分は事情があって欠席しました・・・っていうか、ジュビロの参加選手情報が直前過ぎ!!)
尚、写真はSさん(田中組)が送ってきた、その記念試合のキックオフ直前の様子です。

 

 

それにしても、この時期は様々な記念試合や引退試合が行われるんですが、それらの試合に『必ず!!』と言って良い程出場している松原良香氏って一体・・・!?
そんなに色々呼ばれる程の選手だったかな?と思うと、かなり疑問なんですが・・・

 

 

次回は出来る事なら開封結果でも紹介したいところです。
問題は何の開封結果なのか!?ってことなんですがね・・・

| | コメント (0)

より以前の記事一覧