激辛な毎日・・・

今回は最近入手したカードから紹介していきます。
全て2017ジュビロ磐田・チームエディションになります。


◇名波浩(通算4枚目)

◇大井健太郎(シリアル1番・通算3枚目)

◇松井大輔(シリアル・ジャージナンバー・通算3枚目)

 

これまで入手チャンスが殆ど無かった、松井選手のサインカード、それもジャージナンバーを初めて入手しました。
残念なことに既にジュビロを退団してしまいましたが、今度何らかの形でジュビロに戻ってくる事があれば、自分としては、まだ貰ってないチームエディションのレギュラーカードにサインを頂きたいです。(今年のチームエディション発売日の直前に退団発表したから、本当に貰う余裕など全く無かったからなぁ・・・)

 

 

今回紹介したカードについては、ほとんどヤフーのオークションにて無理矢理な感じで落札して入手しました。
だってねえ・・・そういう特殊シリアルみたいなカードなんて、自分の引きの悪さを考えれば絶対と言ってもいいくらいに引けない訳ですから、悔しいけど、どうしてもオークション頼みになっちゃうんだよね!!

 

 

引きの悪さを象徴する出来事といえば、そのヤフー・オークションにおいて先日より、落札価格の何%のポイントが貰えるというキャンペーンみたいなことをやっていました。
期間中にくじを引き、そこで当たった等級に応じて貰えるポイントのパーセンテージが決まるという、完全運任せな企画ですが、当然ポイント還元率は利用してる人間からすれば、やはり落札額の100%が貰える1等が出てくれれば非常にありがたいんですよね。(1等から6等まである)

 

 

で、知ってる人も多いと思いますが、くじは1日に1回だけであり、参加してる人間も非常に多いので、1等なんてそう簡単に当たる訳ないし、せめて2等もしくは3等くらいでも・・・と思いながらキャンペーン期間中は毎日のようにくじを引いた結果・・・


出るのは毎回この画面・・・
6等アタリ・・・いや6等なんて完全なハズレだろ!?

 

 

で、キャンペーンは既に終了していますが、その期間中の履歴を見ても・・・


毎日これ!!
結局今回6等以外1度も当たることは無かったです。
様々なブログ等で、良く2等とか3等とか当たったなんていう羨ましい文章を拝見したけど、そのたびに「この人、何て運がいいんだ!!」って何度も思ったか分からんです。
一応過去に5等とかも当たったことがあったけど、4等以上なんて自分にとって夢のまた夢みたいな存在だね。

 

 

くじ引き系統に関しては、自他共に認める引きの悪さを誇ってる自分。
なんでそういう人間が、思いっきり運に左右されるようなトレーディングカードを集めてるのか?っていうのもありますが・・・

| | コメント (0)

最近のことでも、まとめて・・・

今週はジュビロの試合が無い・・・というのが理由ではないが、色々な事があったので、今回はそのことについて書いていきたいと思います。

 

 

まずは先週のお話になってしまいますが、今年も我が家の田んぼの稲の収穫をしました。


これは収穫前日の田んぼの様子です。
本来収穫を予定していた日ですが、実は刈り取りを行う直前に雨が降ってしまい、予定よりも2~3日ほど延期した事も付け加えておきます。

 

 

そして・・・


こちらは収穫翌日の様子です。
今年も運が良い事に大きな台風の直撃が無かったので、一応自分としては昨年並みの収穫量を期待していますが、果たしてどのくらいの量の米が獲れたのやら・・・!?(収穫結果は後日・・・紹介しません)

 

 

で、次は土曜日のお話です。
この日、関東方面に遊びに行くという嫁を駅まで送った後、久しぶりに自由の身になった自分が行ったところは・・・(嫁が絶対行かないところ・・・)


地元の近隣に多数存在する野池でした。

 

 

何をしに行ったのか?というと、普通の人ならブラックバスを釣りに行った・・・と思いがちですが、この日は一切タックル(釣り道具の意味)を持って行かず、ただ単に昔、暇さえ有れば良く通った池を見に行きたくなっただけです。


この日は掛川市内に多数存在する野池を5か所くらい見て回りましたが、どこの池も昔と変わらず、ちょっとルアーを投げれば、すぐにでも釣れそうな雰囲気でしたね。
ちなみに写真の池ですが、だいたい20年ぶりくらいに来たんですが、当時は池の周囲に無かったフェンスがあったり、見たことも無いような木があったりと、20年の間に随分様変わりしていました。

 

 

そんな中、ある池を見ていたら、昔・・・というか、当時から良く色々な釣り場で会った事のある人と久しぶりの出会いました。(その人の名前は知らないが・・・)
その方は、当然自分も釣りに来たもんだと思ってたそうで、久しぶりに一緒に釣りが出来る事を喜んでいましたが・・・(←その人が思うには、自分みたいなスーパー釣り好きなヤツが、何も持たずに釣り場に来たという事が信じられなかったらしい・・・)

 

 

ちなみにその方ですが、最初に自分を見て言った言葉が「え?15~20年くらい前と全然変わってないじゃん・・・驚いたわ!!」だそうで・・・
まあ自称妖怪ですからね。(でも、こういう歳になると、それはホント嬉しい言葉だわ!!)


その方と20分くらい昔話をした後、自分は自宅に向かい、その方は写真のようにフローターで池に入って行きました。(自分も昔は当たり前のようにボートとか出して池に入ってたりしてたんですが・・・)

 

 

で、自宅に帰ると・・・


「どこに遊びに行ってたんだニャー!!」と言わんばかりに、玄関で鎮座してるヤツがいました。
この後ゆっくり遊んでやるから、おとなしく待ってろって!!

 

 

最後は開封結果です。
今回はジュビロ磐田・チームエディションではなく、まだ所持していない山本脩斗選手狙いということで、あらかじめ注文してあった鹿島アントラーズ・チームエディションを開封。
サイン出現率が50%という極悪設定でありながら、前回同様今回も運よくサインを引けました。


ただ出たのはクォン スンテ選手ということで、狙いの山本脩斗選手ではありませんでしたが、まあサインが出ただけOKとしないとね。

 

 

次回はカードの事でも書こうかな・・・と思っていましたが、先日入手したゲームのインストラクションカードもあるので、久しぶりにゲームの事でも書こうと思います。(当時、全国的に大ヒットした超名作ゲームです)

| | コメント (0)

箱3連発で何かが起こるんじゃないかと!?

今回は先日紹介する予定だった花火大会・開封大会の最後の未紹介分+αです。
開け始め直後は全くパッとしない結果だったんですが、ここらへんから盛り上がって来た感じで最終的には、まあまあな結果に落ち着いてくれたと思っています。

 

 

まずは2006Jカードです。
このボックスは最近入手したものなので、ここからサインが出るなんていう期待は全くありません。
自分としては田中さんのジャージーカードが出る事を期待してましたが・・・


  岡野雅行(浦和)

 

このシリーズに全18種も存在する誰かのジャージだろうな・・・って思ってたので、まあここは想定通りでした。

 

 

続いては2016Jカードです。
本来なら前回にまとめて紹介する予定でしたが、今回紹介分は再び仕切り直しした後に開封したものであり、あえて分けて掲載しました。


 吉田豊(鳥栖)  小川航基(磐田)  天野純(横浜)

 森重真人(FC東京)  パウリーニョ(湘南)  豊田陽平(鳥栖)

 菊地俊介(湘南)  片山瑛一(岡山)  中島裕希(町田)

 

なんと!!このシリーズの目玉級とも言える我がジュビロ磐田の小川選手のサインが出ました。
しかし既に目標所持枚数の3枚に達しているため、このカードについては交換可能です。
ちなみに、この小川選手のサインが出た時は今回一番の歓声があがりましたね。(←毎回こういうのが沢山出現すればいいのに・・・)

 

 

以上、ここまでが花火大会の時に開けたボックスから出現したカードになります・・・が、特に最後の2016Jカードについては3ボックス開けて全てのボックスからサインが3枚出ると言う奇跡っぷりでした。

 

 

しかしその奇跡はまだまだ続きます。
次は花火大会翌日に自分一人で開けた結果ですが、まずは2016Jカードから紹介します。


 天野純(横浜)  工藤浩平(松本)  瀬川祐輔(群馬)

 

また天野選手が出るとは・・・メンツはともかくとして、箱3は嬉しいですね。

 

 

そして今回の開封における最後を飾るのは、やはり2017Jカードです。
ここからもサインが3枚も出てくれました。


 大谷秀和(柏)  佐藤和弘(水戸)  岩崎悠人(京都)

 

今回の開封において、一番最後に出たのが京都の岩崎選手でした。(花火大会でみんなが居る時に出てくれれば、もっと良かったのに・・・)
U-19では我がジュビロの小川選手と前線で良いコンビネーションを見せていた期待の若手選手であり、このシリーズにおいても当たりの部類に入る選手でもあります。
サインがそのまま名前ってのがいいですね。

 

 

次回は土日の事について書いていきます。
特に土曜日については、最近自分が離れていた場所に行ってきましたが、そこで約20数年ぶりとも言える、まさかの出会いが・・・!!

| | コメント (0)

山田選手・・・おるがな!!

本日は休暇を取って、久しぶりに平日のジュビロの練習見学に行ってきました。
この日の一番の目的は、先日3年ぶりにジュビロに復帰することになった山田大記選手に会いに・・・ではなく、先日のヴィッセル神戸で決勝フリーキックを決めた松浦選手に激励の声を掛けに行くためです。

 

 

9月になったということで、見学者・・・特に学生さんたちは減るかと思っていましたが、山田選手目当てに来場する見学者が多かったので、意外と多くの人が見に来てました。


練習場に着くと、グランドじゅうに選手たちの声が響き渡っていました。
特に現在絶好調の川又選手の声が大きかった・・・(後は大井選手とか八田選手とか・・・いつものメンバーだな・・・)

 

 

ある程度の全体練習をこなしたら、今度は各選手がそれぞれ個々の練習に・・・
その中でも自分が注目して見てたのは控え組中心のシュート練習ですが、そこに山田選手、そして何故か高橋祥平選手が参加してましたが、やはり山田選手は参加してた選手の中でも群を抜いて上手く、難しいボールを送ってもシュートがバンバン決まるほどでした。(キックの質を見ても、既にほかの選手とは全然違う・・・素人が見ても分かるレベル)
名波監督から「(お前はまだ新人だから)現在のジュビロでの序列は30番目」と言われていた山田選手ですが、そのシュート練習を見てたら、すぐにレギュラーポジションを掴むんじゃないかなと思いました。

 

 

ちなみに乱入気味で参加してた高橋選手は最後まで全くシュートが決まらず、既に練習から上がった川又選手からボロクソに野次られ、最後まで残ったということで罰ゲームまで受けていました。(この2人、マジで面白すぎる!!)

 

 

で、この日の練習は午前のみで終了。
終わった後のファンサービスですが、多くの人が期待してた中村俊輔選手、あとは別メニュー組(山本康裕選手・小川大貴選手)は早々と上がってしまいましたが、他の選手はファンサに応じてくれました。


とりあえず松浦選手には、「ようやく松浦くんのゴールを見れたよ!!」と声を掛けたところ、本人からは「ああ、見ててくれました?あれマジでメッチャ気持ち良かったっす!!」とのこと。
おそらく今後はフリーキックを蹴る可能性はゼロに近いでしょうが、まあ臨時プレースキッカーとして慣れない試合を最後まで務め、しかもスタジアムに来てたファンを感動させる決勝ゴールまで決めてくれたことで、なんていうか応援してる人間として大きな夢を見せて貰った・・・そんな感じの試合でした。

 

 

そんな試合の後にどこかで、審判のミスジャッジにより、非常に荒れた試合になってしまったものの、最終的には『善(松浦)が悪(主審)の裁きを打ち破る決勝ゴール』みたいな感じで書かれていた記事を読んだんですが、松浦選手が善!?・・・そうかそうか・・・世間的にはそういう感じなんだ・・・そうかそうか・・・(生活態度とか素行を見てると、とても善には・・・)

 

 

この日のファンサービスで頂いたものは・・・


ジュ美女スポット限定ポストカードの宮崎選手。

 

 

あとは・・・


大井選手(チームエディション・以降TE)、上田選手(ユース会員限定・以降ユース&TE)、宮崎選手(Jカード・以降J)、アダイウトン選手(J&ユース)、川又選手(TE×2)、カミンスキー選手(J&TE)、藤川選手(TE×2)、森下選手(ユース&TE)、川辺選手(J&TE)、高橋選手(TE×2)、そして山田選手(J&TE)に頂きました。
暑い中でしたが選手の皆さん、ありがとうございます。

 

 

次回こそ再び未紹介分の開封結果です。
今度はちゃんと紹介出来ると思います!!

 

 

書くのを忘れていましたが、先日のヴィッセル神戸戦で自分の応援してる選手(松浦選手)がマンオブマッチに選出されたことで、ボーナスポイントとしてチームより96ポイントを頂きました。(分かりにくいかもしれませんが、写真の中の上から3番目です)


このポイントとはジュビロの会員限定であり、様々な方法で集めることが出来るんですが、貯めたポイントに応じて様々なサービスを受けることが出来ます。
今回のボーナスポイントですが、自分が応援してる選手の全会員で10,000ポイントを山分けするというシステムであり、応援してる選手が多ければ多いほど自分が貰えるポイントが少なくなります。
以上のことから神戸戦の松浦選手を応援してる会員は104人だったことで、10,000ポイントを104人で分けて96ポイントが貰えたということになります。(ちなみに中村俊輔選手を応援してる人はジュビロでは最多であり、軽く1,000人を超えてるので、仮にマンオブマッチを貰ったとしても、応援してる会員に入るポイントは10点未満になります・・・逆に応援してる会員の数が10人以下の選手がマンオブマッチを貰うとエライことになる・・・2014年に当時所属してた阿部選手がマンオブマッチを貰った時、応援してた人は確か3人・・・)

 

 

この96ポイントというものですが、数字だけではピンと来ない方が多いと思うので、現実的な文章で書くと、だいたい約5,000円ほどのグッズを購入したレベルです・・・が、これって本当に大きいんですよね。
なにより応援してた選手が自分たちにプレゼントしてくれたという感覚になるので、それにより余計に応援したくなるわけだし・・・

 

 

例のシーズンオフにチームから貰っているユニフォームは、ハッキリ言って激難易度の高いものの、こうやって地道にポイントを集めた結果だということが分かって頂ければ良いかと・・・

| | コメント (0)

買った後に引くという・・・

今回は、まだ紹介してない花火大会での開封結果を載せていく予定でしたが、またしても書いてる途中で全消去するという事態に襲われてしまったので、後日掲載する予定だった最近入手したカードを紹介して終了です。

 

 

色々あって写真は分けてありますが、全て今回までに入手したものです。


2017ジュビロ磐田TE 名波浩 45枚限定直筆サインカード

2017ジュビロ磐田TE 櫻内渚 45枚限定直筆サインカード

2017ジュビロ磐田TE 太田吉彰 45枚限定直筆サインカード

2017ジュビロ磐田TE 中村俊輔 45枚限定直筆サインカード(シリアル・ラストナンバー)

2017ジュビロ磐田TE カミンスキー 45枚限定直筆サインカード

2017ジュビロ磐田TE 大南拓磨 45枚限定直筆サインカード

2017ジュビロ磐田TE 三浦龍輝 45枚限定直筆サインカード

2017ジュビロ磐田TE 川辺駿 45枚限定直筆サインカード

2017ジュビロ磐田TE 高橋祥平 45枚限定直筆サインカード

 

まさかの中村俊輔選手の特殊シリアルを先日のJカードに続き、チームエディションでも入手に成功!!
今年はJカードから続いてるように、チームエディションでも特殊シリアルが全くと言ってもいいくらいに引けない状況なんですが、みんなホント引きが強いのね・・・

 


2017ジュビロ磐田TE 小川航基 45枚限定直筆サインカード

2017ジュビロ磐田TE 藤川虎太朗 45枚限定直筆サインカード

2017ジュビロ磐田TE 上原力也 45枚限定直筆サインカード(シリアル・ジャージナンバー)

2017ジュビロ磐田TE 川辺駿 45枚限定直筆サインカード(シリアル・1番)

2017ジュビロ磐田TE 針谷岳晃 45枚限定直筆サインカード(シリアル・1番)

2017ジュビロ磐田TE 小川航基 40枚限定パッチジャージ

2017アルビレックス新潟TE 山崎亮平 40枚限定直筆サインカード

2017アルビレックス新潟TE 成岡翔 40枚限定直筆サインカード

 

これは先日の日曜日までに入手した分で、この時に唯一所持してなかった藤川選手を入手したことにより、今年度のジュビロ磐田・チームエディションも何とか無事に全て揃える事が出来ました。

 


2017Jカード アダイウトン 50枚限定直筆サインカード(通算2枚目)

2017Jカード 川又堅碁 50枚限定直筆サインカード(通算3枚目)

2017Jカード 高橋祥平 50枚限定直筆サインカード(通算3枚目)

 

こちらはJカードということで、昔から各選手3枚づつ収集目標にしてますが、今年は苦労するだろうと思っていましたが、ここまでは意外と順調で着々と集まってきています。
残りは中村俊輔選手、川辺駿選手、針谷岳晃選手の3人を、それぞれ1枚入手すれば終了です。

 

 

今回交換してくれた、KINGS店長I先生K氏BAGGIO君AちゃんMちゃん他、どうもありがとうございました。

 

 

そして今年の全チームのチームエディションの中でも、おそらく最も話題となったであろう・・・例のコンボサインカードですが・・・


現在手元には3枚・・・しかし、これに関しては、あえて何も言うまい・・・
で、その中の1枚(左下)は嫁が自腹で購入した中から出たんですが、これまでこのカードを何枚も見てきた中では、多分この中村俊輔選手のサインが一番キレイだと思いました。(Jubiloの文字がしっかり入っているし・・・)

 

 

次回こそ花火大会の未紹介分の開封結果を載せたいと思います。
序盤がアレな状況でしたが、終盤の方では盛り上がったので総合的に見れば良かったとも言えます。
そして花火大会翌日、一人孤独な開封作業をしてた時に出現したカードも一緒に紹介したいと思います。

 

 

最近の我が家のネコの暮らし。


昼間は風通しの良い廊下、それも陽の光が当たらない影の部分で、こんな風に『うにゃー』って感じで伸びてます。

 

 

そして夜は・・・


ベランダの明かりに出て飛んで来た虫とかを追っかけたりして遊んでいます。(これがドタドタうるさい・・・)
それも日の出の前の辺りが明るくなる頃まで・・・そりゃあ昼間いつも寝てるわけだ!!

| | コメント (0)

まだ未紹介分の開封結果

今回は先日の花火大会で開けた、まだ未紹介分でもあった様々なシリーズの開封結果を紹介します。
2017ジュビロTEの結果がアレだったんで、他で何か凄いカードを引ければ・・・って希望を込めて開封しましたが・・・

 

 

まずは今年も大量開封してる2017Jカードから紹介します。(計2ボックス開封)


瀬川祐輔(大宮)  増嶋竜也(仙台)  青木拓矢(浦和)

梶川諒太(東京V)  大久保嘉人(FC東京)

 

またしても大宮アルディージャ&ベガルタ仙台のカードを引くことになるとは・・・
それにしても、このシリーズにおいては全くと言ってもいいほどジュビロが引けん!!

 

 

続いては既に全く見かけない2009Jカード・2ndです。
このシリーズは通常サインの他に10枚限定のプレミアムサイン、更にビッグパッチもあるということで、当時としては非常に開けてて楽しいシリーズでした。(自分はプレミアム&ビッグパッチのどちらも引けなかったけど・・・)


ネットバイアーノ(千葉)

 

そういえば、そんな名前の選手って居たね。

 

 

続いては、大物選手が多数収録されているものの、全くと言ってもいいくらいに凄いのが引けない、自分にとっては最悪なシリーズでもあった15/16日本代表SEです。

藤春廣輝(G大阪)

 

・・・(これかぁ・・・)

 

 

次も個人的に相性が悪い部類に入る2015Jカードです。


梁勇基(仙台)  玉田圭司(C大阪)

 

玉田選手の一つ隣だったら、このシリーズの目玉でもあったフォルラン選手だったんですが・・・

 

 

最後は世間的にイマイチと言われていたものの、自分的には良い引きが多かった2016Jカードです。(2ボックス開封)


田中隼磨(松本)  伊藤翔(横浜)

アダイウトン(磐田)  山田拓巳(山形)  齋藤恵太(熊本)

 

開封時、ジュビロサポーターばかり集まっていたこともあって、ここでアダイウトン選手が出た時はホント盛り上がりました。

 

 

で、この時の時刻は日が変わる直前であり、ここで今回の開封大会は終了か・・・と思ってたら、外はまるでバケツをひっくり返したような大雨が降っていたこともあり、みんな外に出たくないとの理由で、更に残っていたボックスを開ける事に・・・
その開封結果については次回以降に紹介します。

| | コメント (0)

これらのカードが花火大会で出てくれれば・・・

今回は花火大会の開封結果を紹介する予定でしたが、またしても書いてる途中で文章が全消滅してしまったので、別に残してあった2017ジュビロ磐田・チームエディションの開封結果を紹介しておきます。(パソコンが駄目なのか?ちょっと気を抜くと最近は80%くらいの確率で消える・・・!?)

 

 

今回は3ボックスの開封結果です。
このシリーズも既に絶滅危惧種的に消えつつありますね。


ムサエフ  松浦拓弥  松井大輔

 

あれ?割と良いメンツじゃん!!
あの花火大会のカートン開封と比較し、そう言いたくなる選手ばかりが出てくれました。(でも、全て2枚目以上なんですが・・)

 

 

次回も開封結果を書きたいんですが・・・
果たしてパソコンが言う事を聞いてくれるかどうか・・・!?(実はこの原稿を書いてるときも消えたので、こんな適当な感じの紹介です・・・いよいよもうダメか!?)

| | コメント (0)

もう一つのカートン開封結果

今回は先日の花火大会では時間の関係で結局最後まで開封する事の無かった2017ジュビロ磐田TEの、もう一つのカートンの開封結果を紹介します・・・が、最初からお断りしておきますが、その(自分の中では期待してた)開封結果がなんていうか、正直アレだったんで、出現したサインやジャージ・全12枚を一気に紹介したいと思います。

 

 

カートンの開封結果を、こうやって一気に紹介するとはなぁ・・・


大井健太郎(S) ムサエフ(S) 太田吉彰(S)

アダイウトン(S) 山本康裕(S) 大南拓磨(S)


森下俊(S) 三浦龍輝(S) 高橋祥平(S)

中村俊輔(J) 小川航基(J) 小川航基(P)

 

 

う~ん・・・さすがにこれは自分の予想を超越するというか、俗に言う当たり級サインカードが1枚も入ってないということで、まさかの結果に呆然とする以外ありませんでしたし、当然のように良番シリアルも1枚としてありませんでした。(花火大会の時もアレだったし、とにかく開ける前から、嫌な予感しかしてなかった・・・)
まあジュビロの選手としては、当然応援はしてますが、これがカードの世界となると話は別であり、正直このメンバーがカートンから出ると分かってたら、これを買う人は世の中に絶対いないと思います。

 

 

2カートン+4ボックス・・・つまり計28ボックスを開けましたが、サインの枚数が一番多いはずであり、このシリーズの目玉的存在でもある中村俊輔選手がゼロ・・・(コンボ+ノーマル=計85枚)
さすがに自分も、ここまで中村俊輔選手が引けないなんて予想出来ませんでした。
そういえば、このチームエディションよりも前に発売されたJカードの時でも、J1の中では一番引けなかったチームがジュビロ磐田だったし、この時点で既に未来を暗示してたんだろうな・・・と思ったね・・・

 

 

そして、一応入手したんですが・・・


今回様々なとこで話題になってる名波監督&俊輔選手のコンボサイン、一応販売期間中に2~3枚は引けるんじゃないかな!?っていう見込みでいたものの、あまりにも自分の周辺で連発で出現してたこともあり、「ああ、自分は絶対コンボなんて引けんわ・・・(というか、自分の引き運では無理)」と察し、決して安くも無い金額を払って事前に購入してたくらいですからね・・・

 

 

このシリーズですが、一応今年も自分は全種自引きの完全コンプリートを狙っていましたが、上記のコンボサインを購入したことで、全種自引きの夢が絶たれてしまいました。(一応まだ購入するつもりなので、そこからコンボが出るかもしれませんが・・・)
この・・・何ていうか、自分の力では絶対引けないっていう事を悟った末、購入するのって本当に悔しい・・・しかも自分の周囲では、多くの人が当たり前のように引いているんですからね・・・

 

 

このコンボサインの入手と、今回のカートン開封で唯一埋まってなかった小川航基選手のパッチ(3色)が出てくれたことにより、完全コンプまで残りはサイン3枚(4枚)だけとなりましたが、未所持選手については、どちらかと言えば入手が楽なレベルの選手ばかりなので、全部揃うのは時間の問題だと思っています。

 

 

次回も開封結果です。

| | コメント (0)

今夜は冷えますね・・・(開封大会時、外は大雨)

今回は花火大会での開封結果・その3です。
カートン開封の前半6ボックスの結果がアレだったので、後半には大物が何枚も出てくれることを願って開封しました。

 

 

ということで、7~9ボックス目の結果ですが・・・


7ボックス目は高橋祥平選手、8ボックス目は山本康裕選手、そして9ボックス目は中村俊輔選手のジャージでした。
あれ?ここまで開けて何か凄いカードって出たか!?

 

 

で、最後の3ボックスとなる、10~12ボックス目の結果ですが・・・


10ボックス目は三浦龍輝選手、11ボックス目は名波浩監督、そしてラストとなる12ボックス目は小川航基選手のジャージーカードでした。

 

 

昨日から2日間に分けて紹介してきた自分のカートンですが、その中から出たサインを見ると、一番の当たりは最後の最後に出た名波監督という事になりますが、正直なところ、目標だったコンボサイン、もしくは中村俊輔選手のサインはおろか、世間的に大物と言われる選手のサイン、更にパッチジャージも全く出ない状況であり、おまけに出たサインは既に所持してるダブリだらけ(まだ所持してない選手も沢山いるというのに・・・)、尚且つ特殊シリアルは1枚も無し・・・開けてる途中でマジで泣きたい気分になりました。
この名波監督が出るまで、おそらく一番の当たりが針谷選手じゃないか?というのが、このカートンの凄さを物語っています。

 

 

今回開けたカートンは、例のカードフェスタの時に購入したものなんですが、購入時は売店の人が山に積まれたカートンの中から勝手に選んで購入者に手渡しするというシステムであり、ここで運命が決まると言っても過言ではなかったんですが、いくら応援してるチームだとしても、やはり凄いカードは誰だって引きたいもの・・・
でもね、さすがに今回の結果はなぁ・・・

 

 

カードフェスタ当日、自分以外にも多くの人たちがカートン購入をしてましたが、そういう方々の結果は一体どうだったんでしょうか?

 

 

次回は2017ジュビロTE以外の開封結果を紹介したいと思いますが、やはり数が多いので、1度だけでは絶対無理なので、数回に分けて紹介したいと思います。
ジュビロTEで冷え切った部屋の中、一応盛り上げてくれるようなカードも出ましたが・・・

| | コメント (0)

出現するとこ初めて見た!!

今回は花火大会の後の開封大会・その2ですが、いよいよカートン開封編ということで・・・


こんな感じで、ザクザク開封していきました。(写真は出たカードを順番に揃えていくMちゃんですが、この作業をしている時に「私はカード屋さんで仕事するのは絶対無理!!」と一言・・・レギュラーカードを揃える作業ってホント大変なんですよ)
まずは自分のカートンではなく、I先生のカートンから開けて行くことに・・・

 

 

・・・ではなく、この日のために1ボックスと1パックだけ持ってきたN嬢のモノから開ける事になりました。
まずは唯一持ってきた1パックですが、実はカードフェスタで買ったボックスを自宅で開封したところ、19パック開けたけど何も出なかったというので、この日のために開けずに持って来たとのこと・・・
つまり自分的に言えば、例の『奇跡のパック』状態であるというものです。

 

 

で、この奇跡のパックを開けてみたところ、そこで出たのがなんと!!

これですよ!!これ!!
ちなみにI先生もカードフェスタ当日に別口より購入したボックスからコンボサインを引いているので、唯一まだ引いたことが無い自分にとって、このカードがパックより出現するところは初めて見ました。
今回の最大の目標は、このコンボを引くことだったんですが、なんか思ってた所と全然違うとこから出現するとは・・・(っていうか一番最初の1パックで、こんな超大物が出た時、自分とI先生はカートン開封をする気が半分以上失せた・・・)

 

 

ちなみにN嬢の持ってきたボックスから出たのも、まだ自分が所持していない超当たり級の選手でした。
オマエ、マジで神懸かってたよ!!

 

 

その後、I先生のカートンを開封してみたところ、まあまあ良いカードが何枚も出現する、いわゆる標準的な結果でした。(当たり級が出たり、パッチもあったりとか・・・)

 

 

そして、遂に自分のカートンも開封していくのですが、さすがに数が多いので引いた3つごとに引いた順番に紹介していきます。


まず最初に出たのが、このシリーズで既に3枚目となる齋藤和樹選手のサイン・・・
これが出た瞬間、「ああ、このカートンは・・・」って感じで、先程以上に開封意欲が激減。
実際、齋藤選手が出たカートンの開封結果で良い結果だったって話を全く聞いてなかったし・・・(ここで何度も書いてるので知ってる人も多いかと思いますが、自分がこの選手をあまり応援してない理由は、J2時代に敵として対戦した試合で・・・)

 

 

で、ジャージの後に出たのが我が家の強化応援選手でもある太田吉彰選手でした。
太田選手ですが、現在はレギュラーとして試合に出ることも殆ど無くなり、完全に干されている状態です。(まあ試合中にボールが来ても、集中切らしてボーっとしてるような事をされれば、どんな指揮官だって怒って次の試合から外すだろうし・・・)

 

 

続いて4~6ボックス目の結果です。


4ボックス目は櫻内渚選手、5ボックス目は荒木大吾選手、6ボックス目は針谷岳晃選手でした。
まずは櫻内選手ですが、例年と比較してもサインの状況が良いです。
続いて荒木選手ですが、昨年のサインと随分変わった印象があります。(練習場で、いつも貰うようなサインです)
そして針谷選手ですが、リーグ戦に1度の出場してないのに、U-19とかで何度か選出されてたこともあったこともあり、先日発売された2017Jカードにおいて、彼のサインカードが考えられないくらい高額化してたので、ここで針谷選手が出てくれたのは嬉しいです。

 

 

さて・・・ここまでの6ボックスの結果ですが、引きたかった針谷選手が出てくれたものの、なんていうか相当インパクトに欠けてるのも事実です。
こうなった以上、後半で巻き返し・・・ということで、残り6ボックスの結果は次回紹介します。(書き忘れていましたが、良番シリアルは全く出ませんでした!!いつものように前後賞は良く出ましたが・・・)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧