クワガタに続き、カブトまで・・・

まずは昨日行われた天皇杯4回戦の事について書いていきます。
我がジュビロは長野パルセイロ(長野Uスタジアム)と対戦しましたが、一応J1でやってるぞ!!っていう貫禄を披露した形となり、後半開始直後の齊藤選手のゴールを最後まで危なげなく守り、1-0で勝利を飾り、ベスト8に進出することが出来ました。

 

http://www.jubilo-iwata.co.jp/live/2017/T20170920_2012120355.php

 

ベスト8、つまり準々決勝の相手は(自分の中では、何故か毎回勝てそうで勝てない相手の1つでもある)横浜Fマリノスになりましたが、会場についてはまだ未定でも開催日程は決まっているので、この4回戦については何とか休暇を取って現地に向かいたいと思っています。(会場が磐田なら最高!!最悪磐田のアウェー扱いなら、まず横浜国際は無いので、おそらく三ッ沢・・・行くしかないね!!)

 

 

さて今回のメインですが、先日に続いてクワガタのお話です。
先日も少しだけ書きましたが、我が家のネコがベランダの網戸をガシガシ叩いていたので、一体何をしてるのか?と思って確認して見たら、なんと!!網戸の上の方にクワガタがへばりついて居るではないか!!

 

 

その網戸に張り付いていたのは、おなじみのコクワガタでしたが、おそらく我が家の仲間に誘われて飛んで来たと思われます。
それにしても、これで今年はヒラタクワガタ、カブトムシ、そしてコクワガタと計3匹が我が家に飛んできましたが、過去にクワガタたちが飛んで来たことなんて、ほとんど無かっただけに少々驚いています。


捕まえたコクワガタは、天然モノだけあって、とても元気です。
ちなみに大きさは4センチを少し切るくらいということで、まあ普通にいるサイズでした。

 

 

で、数ある近所の家の中、せっかく我が家を選んで飛んできてくれたので、この後訪れる冷え込みのキツく過酷な冬・・・厳しい自然界に戻すより、我が家で天命をまっとうした方がクワガタにとって絶対幸せなのは間違いないので、早速空いてたケースに御招待。


ちなみにコイツが来て約一週間後、仕事から帰宅した後に某外食店に行ったんですが、お腹も満足し、店の外に出ると、なんか足元をノコノコと歩く小さなムシ・・・!!
良く見るとそれはコクワガタのメスでした。
早速捕まえて持ち帰り、写真のヤツと同居生活中。(めでたしめでたし・・・)

 

 

あとは・・・
先日エサの交換をしてた時、カブトムシのケースを見てみると・・・


これ、分かりますかね?
写真の真ん中付近に見える丸く白い物体・・・なんとカブトムシが産んだ卵なんですよね。(右上には親がいるし・・・)

 

 

なんだよ・・・どこかで既に交尾を済ませてから我が家に押しかけて来たヤツかよ・・・と思い、ケースの中のマットを全て細かく確認してみたところ・・・


計13個の卵を発見!!
早速カブトムシ用のマットと専用のケースを用意し、そちらに卵を移しました。(この中の一部は写真のプリンカップの中で無事に孵化しました)

 

 

次回は・・・
また久しぶりにゲームの事でも書こうかね・・・(一応予定です)

| | コメント (0)

ダブルならず残念

今回は今更ではありますが、日曜日に静岡スタジアム・エコパで行われた、浦和レッズ戦の事について色々書いていきます。
前から何度も書いているように、このエコパは一応公式ではホームゲーム扱いとなっていますが、何で自前のサッカー専用スタジアムを持っていながら、わざわざホーム感ゼロになるような陸上競技場でサッカーの試合を見なければならないのか?って感じにさせられることもあり、自分にとってエコパはホームでありながらアウェーみたいな感覚です。(家から見えるにも関わらず・・・)

 

 

しかも専用駐車場は、やたら遠い!!(←これが一番嫌!!)
自分だったら別の凄く良い方法を取るんですが、鋼鉄よりも頭が固い嫁には、そんな方法は即却下だそうで・・・

 

 

まずは試合当日朝の我が家の様子ですが・・・


気が付けば、コイツが自分のすぐ横で寝てました。
実はこの日の明け方には静岡県西部地方を震源とする地震があったんですが、そんなの全くお構い無しな感じでグーグー寝てた・・・(動物って、こういう時は飛び起きて騒ぐ!?のかな・・・?)

 

 

で、これは午前10時過ぎのエコパ・正面口の様子です・・・が、


台風の影響による強風のせいで、人影もまばら・・・
しかも売店のテントも強風のために全く建てれない状況だし・・・

 

 

さて・・・この日の入場抽選のくじ引きです。
普段というか磐田開催では自分はバックスタンドで観戦してるため、ゴール裏の人たちとは違うエリアでの抽選を行っているのですが、今回ホーム側は全て共通であるため、抽選は全て同じゲートで行われました。

 

 

これまで何度も自分の事を「引きが弱すぎる!!」と紹介してきましたが、今回は磐田でのような各エリア限定ではなく、全ての年チケ所有者による抽選・・・つまり参加者は凄く多いというもので、さすがに自分よりも引きの悪かった人は沢山いるだろう・・・って感じで臨んでみたものの・・・


出た番号は、おそらくビリクラスとも言われている2509番・・・
実際現地で300人以上に聞いてみたところ、2500以降の番号を引いた人は自分以外に1人だけだったので、やはりというか、改めて自分って人間は驚くほどクジ運が無い人間なんだなって思ったね。
ちなみに2500以降の番号を引いた人は、何故か現地でレジェンドと言われていました・・・(そんなんでレジェンドと呼ばれたくねぇ・・・)

 

 

で、抽選が終わったので、時間潰しにぶらぶら歩いていると・・・


こんな炎天下の中で、並んでいる大勢の人たちを発見。
この日、サッカーの試合と全く同時刻に隣接するエコパアリーナで行われるコブクロのコンサートを見に来た人の列でした。

 

 

アリーナ入り口には・・・


大きなコブクロのツアー用のトレーラーが2台停まっていました。

 

 

この2台のトレーラーのカーナンバーは・・・


『5296』ということでコブクロですね。

 

 

車体側面には・・・


おそらくコブクロ本人たちが書いたと思われるイラストとか・・・
このトレーラーを撮影してる人は自分も含め、凄く多かったです。

 

 

13時30分、エコパ開門。


開門直後は、まだこんな感じでしたが・・・

 

 

1時間もしないうちに・・・


ゴール裏は、こんな感じで埋まりました。

 

 

この日のユース&ジュニアユース会員限定のカードは・・・


宮崎智彦選手でした。
今回がナンバー16ということで、このオリジナルカードも残すところ、あと4種だけになりました。

 

 

で、試合ですが・・・


前半にムサエフのゴールで先制するも、その後は後半までずーっと押し込まれる展開が続き、やがて失点・・・
結果的には1-1で引き分けたものの、内容的には完敗としか言いようがないものでした。
そして数字上では可能性があるものの、この試合の結果により、残念ではあるが賞金圏内でもある4位以内は8割方諦めなくてはならない・・・それくらい今回の引き分けはジュビロにとって痛いものでしたね。

 

 

それにしても、やっぱりレッズは強い。
さすがに簡単には年間2勝させてくれませんね。

 

 

で、本日は天皇杯3回戦・AC長野パルセイロ戦(長野Uスタジアム)です。
現在ジュビロでは第2GKの立場まで登りつめ、先日の天皇杯でもビッグセーブを連発した三浦選手の古巣相手ということもあり、おそらく本人は燃えていると思いますが、J3相手だからって甘く見ると絶対やられるので、キックオフ直後から全力で戦って欲しい・・・そんな感じです。
あと、もう一つ気になる試合、筑波大学vs大宮アルディージャ戦も忘れてはいけませんね。
中野君の4試合連続ゴールも期待しとこう。

| | コメント (0)

今年は沢山!!

まずは昨日のコンサドーレ札幌戦の事から書いて行きます。
この日はJ1で唯一の昼間の試合であり、その時間帯の自分は仕事の真っ最中ということで、試合内容など全く知らない状況だったんですが、聞けば内容は今シーズンでもワースト3に入るようなものであり、「またしてもコンサドーレに!!またしても都倉に!!」・・・って言いたくなるくらい、とにかく酷かったらしい・・・

 

 

『またしても・・・』
コンサドーレとのここ数年の対戦成績を調べてみると、例えば2013年~2017年まででも、ほぼ毎年のようにリーグ戦、天皇杯、カップ戦と計8戦も戦っていますが、その中でジュビロが勝ったのは、昇格年度となった2015年の1回だけ(1勝5敗2分)です。
確かにジュビロにとって非常に相性の悪い相手であり、今回の試合会場は現在の上位陣でも普通に苦戦してる札幌ドームだったということもあるかもしれないけど、そんなの言い訳に過ぎないでしょうね。
特に毎回必ずと言ってもいいくらい酷い内容の試合を露呈する札幌ドームで試合をするって分かっているなら、早いうちに十分な対策とか練れる時間だって沢山あったはずですし・・・

 

 

こうなると確かに苦手意識みたいなのがあるかもしれないが、同じチームに毎回のように負けてるようでは優勝なんて夢みたいな事は100%無理。
ただ今年は残留もほぼ決めた感じですし、優勝争いからも脱落してるせいか、モチベーションの維持も難しい状況でもあるが・・・

 

 

それにしても今年のジュビロに象徴される上位陣から勝ち点を稼ぎ、それを下位チームにばら撒きまくってる印象があり、特にコンサドーレ、ベガルタ、サンフレッチェの3チームに勝ち点4を与えてるんですよね。
しかも、これらの相手からは全く得点が取れてないからなぁ・・・ホントもったいないシーズンになったと思います。(こう書くと、誰も信じてもらえないと思われるけど、ジュビロは現在ブッチギリで首位のアントラーズ相手に3-0で勝ったり、2位のフロンターレを粉砕したり、レッズやガンバを相手に大勝したりしてるんだけど・・・)

 

 

サッカーって本当に難しい・・・
それでも気が付けば相手より得点をしてて、毎試合のようにキッチリ勝ち点3を取るアントラーズは本当に凄いと思いますね。(残り9試合あるとはいえ、今年の覇権争いは殆ど決まったような感じなので、どうせなら最終節前に優勝を決めて、最後は堂々と磐田に乗り込んで来てほしい・・・)

 

 

さて、いきなり内容が変わります。
ここからはクワガタの事を書いていきますが、先日も書いてたように、ようやく我が家のクワガタの幼虫の割り出しを行いました。


この作業で準備したものは、幼虫のエサとなる菌糸の詰まったプリンカップ×20個、あとは幼虫たちが沢山誕生してるであろう・・・産卵済みのケースです。
今回はヒラタクワガタの割り出しを行いますが、自分の希望として10匹もいればOKです。

 

 

まずはケースから親(メス)を取り出し、続いて産卵木も取り出します。


いい感じの腐り具合。
この産卵木ですが、手で簡単に割る事が出来ます。

 

 

で、マットだけになったケースを・・・


更に大きなケースに開けます。
この方が幼虫を見つけやすいからです。

 

 

で、マットを崩していくと・・・


このように孵化して間もない幼虫が次々と出てきます。
普通のカレー用スプーンと比較すれば、その幼虫の大きさは分かると思いますが、大きくてもまだ1cm未満です。

 

 

で、これらを菌糸の詰まったプリンカップに1匹づつ入れます。


中央付近に穴を開け、そこに幼虫を入れるのですが、いきなり幼虫だけを入れると環境の変化にビックリして潜って行かなくなる可能性があるので、少しでも幼虫が誕生した時の環境に近い状況を作って落ち着かせる意味も込めて、これまでケースに入れてあったマットも少し入れてやります。

 

 

で、マットの方が終わったら、次は産卵木です。


十分腐っているせいか、写真のように手で簡単に割れます。
この割った中からも数匹の幼虫を見つける事ができました。
尚、この作業は慎重に行わないと、せっかく誕生した幼虫を潰してしまう事になるので、本当に緊張の連続です。(楽しいけど・・・)

 

 

で、結局・・・


今年は1匹のヒラタクワガタから計15匹の幼虫が取れました。(後日、マットの中に更に1匹残っていたのを発見し、結局今年は計16匹と1匹から捕れた数としては、過去最高の爆産でした)
果たして、この中から何匹が無事に成虫まで行けるのやら・・・子を見守る親の心境です。

 

 

この様子を見守っていた我が家のアレは・・・


「何やってるんだろうニャー?」って感じで、ずーっと見てました。
ちなみに、この作業を行った3日後、コイツは我が家の網戸に張り付いていたコクワガタを捕まえる事になる・・・(今年我が家に飛んで来たのは、ヒラタクワガタ、カブトムシに続き3匹目・・・今までこんな色々飛んでくる年なんてあったか!?)

 

 

今冬は忙しくなりそう・・・

| | コメント (0)

山田選手・・・おるがな!!

本日は休暇を取って、久しぶりに平日のジュビロの練習見学に行ってきました。
この日の一番の目的は、先日3年ぶりにジュビロに復帰することになった山田大記選手に会いに・・・ではなく、先日のヴィッセル神戸で決勝フリーキックを決めた松浦選手に激励の声を掛けに行くためです。

 

 

9月になったということで、見学者・・・特に学生さんたちは減るかと思っていましたが、山田選手目当てに来場する見学者が多かったので、意外と多くの人が見に来てました。


練習場に着くと、グランドじゅうに選手たちの声が響き渡っていました。
特に現在絶好調の川又選手の声が大きかった・・・(後は大井選手とか八田選手とか・・・いつものメンバーだな・・・)

 

 

ある程度の全体練習をこなしたら、今度は各選手がそれぞれ個々の練習に・・・
その中でも自分が注目して見てたのは控え組中心のシュート練習ですが、そこに山田選手、そして何故か高橋祥平選手が参加してましたが、やはり山田選手は参加してた選手の中でも群を抜いて上手く、難しいボールを送ってもシュートがバンバン決まるほどでした。(キックの質を見ても、既にほかの選手とは全然違う・・・素人が見ても分かるレベル)
名波監督から「(お前はまだ新人だから)現在のジュビロでの序列は30番目」と言われていた山田選手ですが、そのシュート練習を見てたら、すぐにレギュラーポジションを掴むんじゃないかなと思いました。

 

 

ちなみに乱入気味で参加してた高橋選手は最後まで全くシュートが決まらず、既に練習から上がった川又選手からボロクソに野次られ、最後まで残ったということで罰ゲームまで受けていました。(この2人、マジで面白すぎる!!)

 

 

で、この日の練習は午前のみで終了。
終わった後のファンサービスですが、多くの人が期待してた中村俊輔選手、あとは別メニュー組(山本康裕選手・小川大貴選手)は早々と上がってしまいましたが、他の選手はファンサに応じてくれました。


とりあえず松浦選手には、「ようやく松浦くんのゴールを見れたよ!!」と声を掛けたところ、本人からは「ああ、見ててくれました?あれマジでメッチャ気持ち良かったっす!!」とのこと。
おそらく今後はフリーキックを蹴る可能性はゼロに近いでしょうが、まあ臨時プレースキッカーとして慣れない試合を最後まで務め、しかもスタジアムに来てたファンを感動させる決勝ゴールまで決めてくれたことで、なんていうか応援してる人間として大きな夢を見せて貰った・・・そんな感じの試合でした。

 

 

そんな試合の後にどこかで、審判のミスジャッジにより、非常に荒れた試合になってしまったものの、最終的には『善(松浦)が悪(主審)の裁きを打ち破る決勝ゴール』みたいな感じで書かれていた記事を読んだんですが、松浦選手が善!?・・・そうかそうか・・・世間的にはそういう感じなんだ・・・そうかそうか・・・(生活態度とか素行を見てると、とても善には・・・)

 

 

この日のファンサービスで頂いたものは・・・


ジュ美女スポット限定ポストカードの宮崎選手。

 

 

あとは・・・


大井選手(チームエディション・以降TE)、上田選手(ユース会員限定・以降ユース&TE)、宮崎選手(Jカード・以降J)、アダイウトン選手(J&ユース)、川又選手(TE×2)、カミンスキー選手(J&TE)、藤川選手(TE×2)、森下選手(ユース&TE)、川辺選手(J&TE)、高橋選手(TE×2)、そして山田選手(J&TE)に頂きました。
暑い中でしたが選手の皆さん、ありがとうございます。

 

 

次回こそ再び未紹介分の開封結果です。
今度はちゃんと紹介出来ると思います!!

 

 

書くのを忘れていましたが、先日のヴィッセル神戸戦で自分の応援してる選手(松浦選手)がマンオブマッチに選出されたことで、ボーナスポイントとしてチームより96ポイントを頂きました。(分かりにくいかもしれませんが、写真の中の上から3番目です)


このポイントとはジュビロの会員限定であり、様々な方法で集めることが出来るんですが、貯めたポイントに応じて様々なサービスを受けることが出来ます。
今回のボーナスポイントですが、自分が応援してる選手の全会員で10,000ポイントを山分けするというシステムであり、応援してる選手が多ければ多いほど自分が貰えるポイントが少なくなります。
以上のことから神戸戦の松浦選手を応援してる会員は104人だったことで、10,000ポイントを104人で分けて96ポイントが貰えたということになります。(ちなみに中村俊輔選手を応援してる人はジュビロでは最多であり、軽く1,000人を超えてるので、仮にマンオブマッチを貰ったとしても、応援してる会員に入るポイントは10点未満になります・・・逆に応援してる会員の数が10人以下の選手がマンオブマッチを貰うとエライことになる・・・2014年に当時所属してた阿部選手がマンオブマッチを貰った時、応援してた人は確か3人・・・)

 

 

この96ポイントというものですが、数字だけではピンと来ない方が多いと思うので、現実的な文章で書くと、だいたい約5,000円ほどのグッズを購入したレベルです・・・が、これって本当に大きいんですよね。
なにより応援してた選手が自分たちにプレゼントしてくれたという感覚になるので、それにより余計に応援したくなるわけだし・・・

 

 

例のシーズンオフにチームから貰っているユニフォームは、ハッキリ言って激難易度の高いものの、こうやって地道にポイントを集めた結果だということが分かって頂ければ良いかと・・・

| | コメント (0)

決勝FKに繋がるファールを犯したのは3番の人でしたな(天罰!!)

ちょっと今更な感じになってしまいますが、昨日はヴィッセル神戸戦(ホーム)が行われました。
この試合は今年のジュビロのリーグ戦における今年最後のナイトゲームであり、例の限定ユニフォームで戦うラストゲームでもありました。

 

 

まず・・・
この日の自分ですが、夜勤明けで殆ど寝てない状況であり、しかも朝から気温が非常に高く、寝不足の身体には、とてもしんどい暑さ・・・


年がら年じゅう寝ているような我が家のネコでさえ、暑さのせいでぐったり・・・
とにかくスタジアムには行きたくないな・・・っていうような天気でした。(それでも何とか重い腰を上げ、とりあえずスタジアムに向かったけど・・・)

 

 

で、この日のスタジアムの様子です。


この日の試合もチケットが完売ということで、サポーター広場には、このように大勢の来場者で溢れかえっていました。

 

 

この日は夏休み最後のホームゲームであり、子供たちにウケそうな企画として・・・


多分ジュビロでは初めてとなる、カブトムシ&クワガタと触れ合えるコーナーがありました・・・が、この企画で本当に喜んでいるのは子供たちではなく、自分みたいな自称ブリーダーみたいな連中なんじゃないかと・・・(でもサポーターの中に、そんな熱心過ぎるクワガタマニアが自分以外に存在するとは思えないが・・・)

 

 

この日、自分が気に入った個体は・・・


この、やたら大きいコクワガタでした。
聞けばこの個体は今回のイベントの主催でもある竜洋昆虫公園(磐田市内)にある園内の雑木林で捕えられたものであり、捕まえた方が言うには、やはり「これは、凄く大きいコクワだな!!」と思ったそうです。
マジで我が家の親種にしたいくらい立派なオスだったな。

 

 

で、いつまでもクワガタのコーナーで時間を潰している訳にはいかんので、席の方に戻ると・・・


ゴール裏はもちろん、バックスタンドは既に多くの観客で埋まっていました。

 

 

この日の相手でもあるヴィッセル神戸ですが、ジュビロにとってここ数年は何故かずっと勝てない相手であり、しかも毎年のように大金使って大型補強をしてるイメージがあるので、絶対そんなチームなんかに負けてはダメだろ!?っていう気持ちみたいなのがジュビロ側に蔓延していました。(これは名波監督も言ってた・・・)

 

 

ところが、この試合はスタメンで出場するはずだった中村俊輔選手が体調不良のために急遽欠場・・・(実際本当に体調不良なのかは不明)
この時点で、かなり厳しい状況になっていました。

 

 

で、その試合ですが・・・


序盤からジュビロが主導権を握るものの、なかなか相手の守備を崩せない展開が続き、これは昨年までの悪いパターンだな・・・と思っていましたが、あるプレーを境にジュビロの選手全員に闘う意識のスイッチ(?)みたいなものが入り、更にスタジアム全体の雰囲気まで変わりました。(実はこの時、自分には何があったのか全く分からない状況だった・・・)

 

 

この日の試合ですが、一応注目カードということでBSでも生放送されていて、その問題のプレーの状況をテレビ等で見ていた多くの視聴者が携帯などに情報を拡散・・・
で、スタジアムでその情報を見た人から、その時に何があったのか?という出来事が横へ横へ・・・って感じで伝わるように流れ、それがスタジアム中に広がって行ったんですが、それを聞いたら余計に「そんな汚い事を平気でやるようなチームなんかには絶対負ける訳にはいかんな!!」という気持ちが芽生えてきましたね。

 

 

で、後半は・・・


開始直後に一瞬の隙を突かれ、例のドイツ代表だった人にゴールを決められたものの、すぐに川又選手が取り返してくれたこともあり、ここからは完全なジュビロペースに・・・
アダイウトン選手が縦横無尽に走り回り、川辺選手が効果的なパスを連発し、ムサエフ選手が広大なエリアで相手選手を潰す・・・守備陣も身体を張って相手のシュートをブロックするなど、この時点で今日はジュビロが負けるなんて誰も思ってなかったでしょう。

 

 

で、もう一つ誰もが思いもしなかった事が後半34分に起こります。
実はこの約15分くらい前、ジュビロにとって唯一のプレースキッカーでもあった上田選手が交代でベンチに退いていて、この段階でフリーキックとか蹴れる選手が誰も居ない状況だったんですが、その上田選手と入れ替わるように入ったのが松浦選手であり、これ以降は何故か松浦選手がプレースキックの担当になっていました。

 

 

で、上でも書いたように後半34分、スタジアムに来てた誰もが驚くようなフリーキックが決まり、結果的にはそれが決勝点になるんですが、実はそのフリーキックの前に1本コーナーキックを蹴ったんですが、その精度の無さと来たら・・・
そんな姿を見たら、とても数分後にスタジアム全体を震撼させるようなフリーキックなんて絶対予想出来ない・・・なので、おそらく今年生まれたジュビロの全ゴールの中では、多分誰もが一番驚いたゴールになるんじゃないか?と思います。(なにより、松浦選手がフリーキックを蹴るというケースは普段なら絶対無い訳だし・・・)

 

 

そんな驚愕ともいうべき松浦選手のフリーキックが決まった試合内容については以下の通りです。(1分過ぎには例のプレーも見れます!!)

 

http://www.jubilo-iwata.co.jp/live/2017/J20170826_2012120322

 

で、試合終了後は、真夏の限定ユニフォームでは初!!
サポーターとの勝利を分かち合う選手たち・・・


本当によくぞ逆転してくれたと思います。
例え竹馬に乗れなくても、こうやって全国的に注目される試合でヒーローになれる!!
改めて松浦選手は救世主だと思いました。(ちなみにジュビロのホームゲームにおいて松浦選手がMOMとしてお立ち台に立ったのは、例の伝説となった2008年の入れ替え戦以来・・・)

 

 

で、帰宅した後は当然のように・・・


こやつに御馳走です!!
夜になったら涼しくなってきたので、元気になってきやがったし・・・

 

 

そして、翌日の各新聞には・・・


このように松浦祭り状態でした。
しかし松浦選手が活躍する時は、何で毎回こんな感じで派手なんだろうか!?

 

 

次回から再びカードの事が続きます。
ちなみに今年は難攻不落とか激ムズとか様々な所で言われていた2017ジュビロ磐田・チームエディションの完全コンプリートですが、昨日無事に達成したので報告しておきます。(ちなみに自分のコンプ達成時の約30分後、カード仲間でもあるK氏も完全コンプ達成!!(←ラスト1枚は華麗に自引きでコンプ達成ってのが自分と違って格好良い!!)

 

 

最後・・・
神戸の3番は、今すぐサッカー辞めてバレーボールやってた方がいいね。(あのハンドが故意じゃないって言うなら、もう何やってもOKになるだろうし・・・)
ついでに今回の試合を裁いた主審の飯田は、もう二度と笛を吹かない方が世のため人のためだと思いますね。

| | コメント (0)

両チームとも半年で、ここまで凄い試合が出来るようになりました

昨日はセレッソ大阪戦(ホーム)が行われました。
セレッソと言えば、昨年までJ2であり、しかもプレーオフによってギリギリの成績でJ1に昇格してきた相手ですが、現在の順位ではジュビロよりも上の2位・・・

 

 

今年の開幕戦で対戦した時は、両チーム共に完成度の低い内容であり、スコアも0-0という誰もが予想が出来るようなものでしたが、あれから約半年が経ち、まさか両チーム共に、こんなにも上の順位で対戦することになるなんて、一体誰が予想出来たことか?

 

 

この日は前日の雷雨とは打って変わっての良いお天気となりましたが・・・

台風一過直後のような、灼熱の太陽の光が照り付ける超厳しい暑さでもありました。

 

 

この日はコレが良く売れたんでしょう・・・


この時期の定番・かき氷です。(モデルは先日の花火大会の時に遊びに来てくれたMちゃんたち・・・)
とにかく一言目、二言目は暑いしか言ってなかったな・・・

 

 

この日はPUMAマッチということで、ジュビロのユニフォームサプライヤーであるPUMAがメインとなって、何かのイベントを行っていました。


でもね、自分はそういうイベントは全く興味がなかったので、どんな内容か詳細については全く分かりません。
ただ、ブースで配られた団扇の色は、ジュビロに対して明らかに喧嘩を売ってるとしか・・・(っていうか、なにも今日という日にピンク色の団扇を配る事は無いだろ!!)
こういう小さい心配りも出来ないスポンサーだし、毎年訳の分からん夏のユニフォームとかの企画も無理して行ってる感じだし、もうPUMAとスポンサー契約するのやめたら!?って思いますね。

 

 

この日もチケットは完売ということで・・・


サポーター広場は、こんなにも沢山の人で溢れかえっていました。

 

 

上にも書きましたが、この日のイベントは自分としては前回のサンフレッチェ広島戦の時と比較し、ハッキリ言って何もなかったような感じだったので、スタジアム売店を回って先週発売された2017ジュビロ・チームエディションを購入。
なんか発売元はもちろん、チームでも在庫がほとんど無いというのに、いまだ自分は全種が揃わない状況で、そろそろヤバイな・・・と勝手に思ってたりします。

 

 

開封結果は・・・
サインは同じような選手ばかりで、当然良番シリアルは無し・・・あと高確率でジャージ箱に当たりまくる悪循環だし・・・

 

 

で、ある程度のヒマを潰した後、スタンド席に戻る事に・・・


この日のアウェー側の2階ゴール裏はセレッソサポで埋め尽くされていました。
多分、今年初となるアウェー側の全エリアの開放をするくらいですから・・・

 

 

もちろん、ホームのゴール裏も・・・


このようにギッシリ入りました。
最近では当たり前の光景ですね。

 

 

で、試合ですが・・・


前半からジュビロが主導権を握るものの、最後の最後で相手の守備陣に防がれるという状況が続き、なんか、わざとそうさせられてるような感じで、どちかと言えばジュビロにとって苦手な展開でした。
とにかくシュートは打つんですが・・・

 

 

で、そうこうしてるうちに(多分ジュビロにとって)中盤でパスミスを拾われ、最後は難しい体勢から杉本選手にゴールを決められて先制されるという、最近のジュビロのホームゲームでは良く見かける(泣)ような、先に先制されてから追いかけるという展開に・・・

 

 

後半になると相手がフォーメーションを守備的に変え、前半の1点を守り切ろうとする作戦(多分そうじゃないか?と思う)に出てきましたが、それに対してジュビロは攻撃的選手を次々に投入するも、引いた相手を崩すに至らず、時間だけが過ぎていきました。

 

 

で、3人目の交代選手として荒木選手が、得意のドリブルで突破を計るも、芝に足を取られて負傷(そういう風に見えた)退場してしまい、終盤は10人で戦う事に・・・


ドン引き状態の相手に対し、こちらは10人。
会場の誰もがセレッソの勝ちを予感しだした後半41分、ショートコーナーから俊輔選手と川辺選手のパス交換、そして俊輔選手がゴール前に正確なクロスを送ると、最後は川又選手が高い打点のヘディングシュートを決め、これで何とか引き分けで終了。

 

 

セレッソ的には勝ち点2を落とし、ジュビロ的には勝ち点1を確保したという感じですが、自分としては、あの完全な負けムードが漂う状況から、よくぞ追い付いてくれたっていうことで、選手の頑張りに感動しましたね。(試合後に精も根も尽き果てて、バタバタ倒れる選手たちの数が、この試合の凄さを物語ってた感じ・・・)

 

 

でもね、良い試合をしたと言われても結果的には超満員のホームゲームで、またしても勝てなかったという事実は変わりませんし、本当に勝ち試合が見たかったら(ジュビロの場合)、やはり無理してでもアウェーに行け!!という事ですかね・・・

 

 

さて・・・次回は再びカードのお話です。
お馴染みの花火大会・開封結果・・・の前に、時間の関係で開けることの無かった、例の2017ジュビロ磐田・チームエディションのカートン開封結果を紹介しますが、2~3回に分けず、1回だけで実に簡単に紹介して終わらせたいと思います。(←この書き方から、どんな内容だったのか?分かりそうな感じ・・・)

 

 

ところで・・・
昨日対戦していて、とても強いと思ったセレッソ大阪ですが、前節では清水エスパルスと対戦し、2-3で負けたんだよな!?
それも2ー0で勝っていながら後半に3失点・・・どうやってエスパルスがセレッソから3点も取れたのか?って思ったよ。

| | コメント (0)

メンバーが変わっただけでチームもガラリと変わる

昨日はサンフレッチェ広島戦(ホーム)が行われましたが、この試合は選手にとってもサポーターにとっても年に1度のお楽しみともいうべき鹿児島デーであり、先日海外への完全移籍が発表された松井大輔選手のジュビロ所属時のラストゲームでもある大切な試合でもありました。

 

 

でも、そんな大事な試合でも自分的には・・・


こちらの方が数日前から気になって気になって、まさに夜も眠れないような状況でした。

 

 

このジュビロの人気企画でもあるカードフェスタですが、今回も・・・


こんな感じで長蛇の列。自分は入場時の抽選等もあり、この時は時間の関係で並ぶ事は出来なかったけど、相変わらず高い人気を誇るイベントだと思いました。

 

 

しかし、この日のメインのイベントは鹿児島デー・・・


のはずなんですが、他にも並ばないと買えないような物とか色々な企画物が多く、この日は何がメインなのか?サポーター広場は全く訳が分からないグチャグチャした状況になっていました。

 

 

で、再びカードフェスタの長い行列を見に行くと、いつも自分の近くで試合を見ているお子様たちが、なにやら凄いカードを引いたということで、確認すると・・・


そこに見えてきたのは、なんと!?今回のチームエディションで一番の目玉ともいうべき名波監督&中村俊輔選手のコンボサインでした。
実に簡単に引けたということも驚きでしたが、もっとビックリなのは、このカードは僅か2パックだけの購入で出たということ・・・
聞けば、3パック買えばクジ1回引けるので、本当は3パック買いたかったんですが、小遣いの関係で2パックしか買えなかったということ・・・
これはもう無欲の勝利とでも言うんでしょうかね?

 

 

ちなみに、この日だけで様々な情報も含め、このコンボサインは計9枚も見ました・・・まだ自分は持ってないっていうのに・・・

 

 

この日のスタジアムの様子でも・・・


チケットも完売し、スタンドの雰囲気も最高!!あとは目の前の相手を倒すのみ・・・

 

 

で、試合ですが・・・


まず序盤に、中村俊輔選手が自ら奪ったPKを決めて先制するも、その後は同点に追いつかれましたが、前半終盤には大井選手が決めて再びリード。
しかし、いつものような中盤からの連動性が全く見られず、色々不安を抱えたままハーフタイムに・・・

 

 

で、後半になると・・・

昨年まで、さんざん見慣れた嫌なシーンが目の前で繰り広げられるという、本当に見るも無残な光景が・・・
レギュラーのボランチが2人いないだけで、ここまでチームが変わるのか!?と、多くの方々は感じたと思います。

 

 

ボールは取れない、ポジショニングは悪い、攻守の切り替えが皆無、何よりゲームに参加してない・・・
ここまでJ1最小失点の守備陣を支えていたのは、DF陣やGKの堅守だけでなく、中盤の献身的な守備により、必要最低限な仕事が出来ていたんですが、この日の試合を見てると、それが全く出来てなかったんですよ。
普段このポジションを務めているムサエフ選手は守備範囲が非常に広大であり、常に相手の危険な芽を摘み取りまくっていましたが、この日は、そんなシーンなど皆無。
名前を出して悪いが、今回ムサエフ選手&川辺選手の代役という形で出場してた上田選手&松本選手は身体を張ってまでファール覚悟で止めるような事を全くせず、相手に決定的なパスを何本も出されていました。

 

 

更に言えば、この日はボランチ辺りが起点になり、そこから中央から崩すシーンが殆ど無く、ここ数年間見慣れていたサイドからの一辺倒な単純な攻撃ばかり・・・
個人的に二度と見たくなかった、ボールをはたいて終わり・・・あとは勝手にどうぞって感じで、アイデアも何もない何ていうか負け犬的なサッカー(?)をしていました。(こぼれ球に対してのミドルシュートも枠外ばかりだし・・・)

 

 

で、逆に相手は中央が手薄であることを知り、ずーっとそこばかりを狙ってきていました。(結果、後半の2失点は、中央から一気にやられたもの・・・)

 

 

前節までの連勝は、そりゃあ多少は運もあったかもしれないけど、それでも一応J1で6連勝っていうのはマグレじゃ出来ないし、サポ的には「もしかして今日勝って7連勝も・・・」な~んていう感じで期待もしたくなります。
でも主力が2人欠くだけで、現在は下位に沈むチーム相手に何も出来なくなる内容っていうのはね・・・(ただ、この日のサンフレッチェは、とても下位に沈んでるとは思えない強さだったが・・・)
連勝なんて、いつかは必ず止まるものだって事は分かっているんですが、何ていうか・・・この日の負け方は情けないというか、ちょっと辛い気分になりましたね。
ただ、誰もが試合前から、こうなるような事は多少分かってたし、一応課題がハッキリ分かっている分、まだマシかと・・・

 

 

それにしても、この日の俊輔選手は運動量が凄いだけでなく、絶対に勝たなくてはならないという気持ちを持ち、鬼気迫るプレーを連発するなど、見ている者を唸らせる気迫と圧倒的な技術力を披露してたな。
この日の俊輔選手にムサエフ選手&川辺選手がいたら、試合はまた別の結果になっていたかもしれなかっただけに、本当に勿体無い敗戦だった・・・

 

 

でも自分的には、前節・フロンターレ戦で、明らかにフロンターレ有利なジャッジを連発し、ムサエフ選手に謎のイエローカードを2枚も出して出場停止にしてくれた村上主審が許せないですね。
「村上!テメエ二度とジュビロの試合で笛吹くんじゃねぞ!!」

 

 

で、試合後は、松井選手の退団セレモニーが行われました。


本当に勝って快く送り出したかった・・・
試合は非常に残念な結果でしたが、この敗戦を最後に、ここから連勝を続けていけばいいと、松井選手も言っていたので、他の選手はその言葉の意味を十分かみしめて次からの試合を頑張ってくれればいいです。(この直後、ジュビロの公式HPから松井選手のプロフィールが消え、本当にジュビロの選手じゃ無くなってしまったことが、とても悲しくなった・・・見た人はいますか?)

 

 

で、その後は・・・


再びカードフェスタ会場に行き、カードを買う事に・・・
尚、この日の自分の購入総額は軽く10万超えというものでしたが、今回は自分以外にも大量購入者が多かったように見えました。
で、次回からは、いよいよ開封結果!!これが何日も続きます。

 

 

様々なところで今回のジュビロのカートン開封結果を書いてる方が沢山いますが、ものすごいというか、信じられないような良いメンバーが揃った結果もあれば、う~ん・・・と嘆いてしまうようなものもあるなど、本当に様々です。果たして我が家の○カートン(当然まだ未開封)には、何が潜んでいるんでしょうか?

| | コメント (0)

等々力・・・行きたかったな・・・

昨日はvs川崎フロンターレ戦(アウェー)が行われましたが、事前告知したように、この日は朝から地元の農業系の作業があるため、地区の代表者でもある自分は当然欠席するわけにもいけないため、残念ながら等々力遠征は断念・・・

 

 

でもね、仮に作業が無くても普通に休日出勤してただろうな・・・

 

 

で、この日の午前中は袋井市内の某所の田んぼにいました。


この日の作業は休耕の田んぼ(稲などの作物を作らなくなった田んぼの事)を様々な角度から調査し、以前から市内の様々なところで行っているコスモスの種まきを行いました・・・が、この種まきをした田んぼが、とてつもなく広い!!
この日集まった地区の代表者は約10人くらいでしたが、明らかに人数が少ないと思いました。(これ、実際に現地を見ないと分からんだろうな・・・しかも思っている以上に大変な作業だし・・・)

 

 

で、汗だくになりながら、なんとか種まき終了。
せっかく作業着になってるので、このままウチに帰宅し、そのまま農作業も行いましたが・・・


12時を過ぎた頃、やたらコイツが呼ぶので、そこで作業は終了。
それにしても、今、全国的にゲリラ豪雨とか割と大雨被害が多発してるというのに、ここ静岡県の西部地区の一部は全くと言ってもいいくらい雨が降らない状況なので、農家的にはあんまりよろしくは無かったりします。(同じ静岡県内でも、例えば先日の高校野球・静岡県大会決勝戦のように静岡市内は大雨になったりしてるんですが、何故に浜松、磐田、袋井周辺は全く雨が降らないのか!?)

 

 

で、この日は午後2時からコンサドーレ札幌の試合があるということで、久しぶりにジェイ選手のプレーが見れる!!と期待しながらテレビの前で見守っていました。
そして試合終了時には・・・


ジェイ選手は普通にヒーローインタビューを受けていました。
試合勘なんて全く無いはずなんですが、いきなり結果を出すところがジェイ選手らしい・・・

 

 

で、コンサドーレの試合終了から約3時間後、川崎フロンターレvsジュビロ磐田の試合が行われましたが、結果から言えば、多分誰もが予想してなかった5-2というスコアでジュビロの大勝・・・
一体何が起こったのか?と言いたくなるようなゴールラッシュでしたが、その結果を受け、順位の方も今年最高の5位まで上がってきました。

 

http://www.jubilo-iwata.co.jp/live/2017/J20170729_2012120328.php

 

この日に放送された某スポーツ番組の中では、『この約3週間もあった中断期間にチームとして良い準備が出来たところが良い結果を出しています・・・』なんて事を言われていましたが、ジュビロって中断期間内に何かやったっけ!?

 

 

中村俊輔選手がコーラ吹いたり、川又選手&高橋選手がブルマ姿ではしゃいだり、川辺選手とアダイウトン選手は変装してダンス踊ってたり、あとは竹馬に四苦八苦してた松浦選手とか・・・そんなイメージしかないぞよ・・・(話題沸騰の筑波大学の中野くんが強化指定選手として登録されたくらいか!?)

 

 

ただ残念だったのが、この試合のジャッジは相当フロンターレ寄りであったことかな?
特にムサエフ選手に出たイエローカードに関しては意見書出して欲しいと思いましたね。
あんなところでカードが出されたら、今後は際どいボールに対して二度と足なんて出せない・・・ハッキリ言ってゴール前で勝負が出来ない・・・とにかくプロのサッカー選手に対して、あまりにも失礼すぎる判定だと思いました。
今回の主審が村上だっけ?またコイツかよ!?って思ったね。

 

 

で、ジュビロの勝利ということで・・・


この日も我が家のネコには御馳走です。

 

 

更に翌日(日曜日)には、久しぶりに身体を洗ってやって御満悦なニャー・・・


うにょー・・・って感じで新聞の上で横になるのが好きなんだよな・・・でも、邪魔なんですけど・・・

 

 

次回はおなじみ、2017Jカードの開封結果です。
とにかくジュビロの選手が引きたいんだけど、全く引ける気がしない・・・

| | コメント (0)

先日のジュビロ磐田のファン感のこと(とっても長い・・・)

完全に今更な感じですが、今回は7月21日にエコパアリーナで行われた、ジュビロ磐田のファン感のことについて書いていきます。
今回は写真が非常に多いことに加え、終わってから帰宅したものの、あまりの疲労から編集が超遅れてしまい、そのまま流れ流れになって遅れてしまいました。

 

 

この日ですが、先日の浜松市内某ショッピングモールで行われた中村俊輔選手&松井大輔選手のトークショーに一番初めに並んだ人が午前4時半だという話を聞いていたので、今回はそれよりも早い時間に並ばないと厳しいかも?と思い、自分の頭の中では午前2時くらいなら、まあ大丈夫だろう・・・ということで、そのくらいの時間にエコパに向かうことを決意・・・

 

 

ところが実際は計画通りにいかず、午前2時の段階ではまだウチに居て半分寝てる状態でした。
でも御主人様の都合を察してくれたのか?その時は我が家のネコがうるさいくらいにニャーニャー鳴いてくれた(自分を起こしてくれた形!?)おかげもあって起床・・・
眠い目をこすりながら速攻でエコパにクルマで向かいました。(近所とはいえ、そこそこエコパは遠い・・・)

 

 

で、エコパに到着した時の時間は午前2時15分くらい・・・
もしかしたら既に来てる人がいるかもな~・・・という気持ちもありましたが、さすがにそんな奇特な時間帯に並んでいるような人間は誰一人としていませんでした。

 

 

これは午前4時くらいのエコパアリーナ入場口の様子です。


実はエコパの近所にクルマを置き、待ってる間に数回ほど確認に来ましたが、本当に誰も来なかったので、もしかしたら自分はファン感の開催日を間違えたのか?とも思ったりしましたが、こうやって入場ゲートが準備してあるということは、やはり開催されるわけで・・・

 

 

これは午前4時10分くらいのエコパの袋井ゲート前の様子です。


この時間になって、ようやく明るくなってきたこともあり、写真撮影も上手く出来るようになりました。

 

 

で、自分の次にエコパに到着した人は、午前5時より少し前でした。


その人も、やはりトークショーに一番早く来てた人の情報を知ってたそうで、一応夜が明けた頃に着けば・・・と思ってエコパに来たそうです。
で、そうこうしてるうちに次々と人がエコパに到着・・・

 

 

午前6時の段階で・・・


既に、こんな状況です!!
尚、この日の選手のイベント開催時刻は午後2時であり、ここにこうやって並んでいるのは、入場するための整理券を貰うために並んでいるわけで・・・

 

 

で、入場整理券が配られる午前8時には500人近い列に・・・
ちなみに自分の整理券番号は・・・


5番です!!
「あれ?1番じゃないのか?」と思う人も沢山いると思いますが、この日の前の方に並んだ人達は、普段からサッカー場とかで良く会う人ばかりであるため、あえて自分は好きな番号でもある5番と変えて貰ったんですよ。
でも実際は1番も5番もそんなに変わらないし、入場時に応援チームの選択(赤組か?白組か?で入場口が違う)で、自分が一番先頭で入ることが分かっていたので・・・

 

 

で、早朝から暑い中で並んでたことで、既に全身汗だく状態であり、とりあえず一旦自宅に帰り、風呂入って仮眠してから再びエコパに向かう事に・・・

 

 

午前11時15分、再びエコパに到着。


この時は早朝のような寂しい様子は一切ありませんでした。
ただ、凄く暑い・・・

 

 

で、12時に開場。
入場時にちょっとしたトラブルがありましたが、それでも自分は最高の場所ともいうべき真ん中付近の最前列で、しかも選手の真横の席をキープ!!
尚、エコパアリーナ内は、エアコンが良く効いていて超快適でした。

 

 

場所を確保したら、次は食料調達です。


この日、販売された物は、選手が選んだ素材を活かした物(配付されたチラシには、そう書いてあった)となっていて、各メニュー共に数量限定(これが思ってた以上に少ない・・・)ということで、これは速攻で売り切れると思い、早い段階で色々と購入しました。

 

 

まずは、この日一番早く売り切れた・・・


松浦選手&中村俊輔選手セレクトのソーダフロートです。
人気の中村俊輔選手がチョイスした品で、しかも限定数が一番少ないこともあり、まさに瞬殺でした。
飲んでみると・・・まあ普通のソーダフロートでしたが・・・

 

 

続いては・・・


川又選手セレクトのブラッドオレンジジュースです。
今回の選手セレクトメニューの中では、アイスコーヒーに次いで2番目に安い品でしたが、あの炎天下の中で待ってた身体を再び元気にしてくれるくらい美味かったです・・・っていうか、これが今回の中では一番良かったかな・・・

 

 

デザート3つ目は・・・


松井選手&川辺選手セレクトのベリーソースのパンナコッタです。
予想通り・・・というか、まあ自分が普通に好きな味のデザートでした。

 

 

実は他にも購入した品(小川航基選手たちがセレクトした5色弁当とか、あとは大井選手たちがセレクトしたおにぎりとか・・・)も買ったんですが、これは絶対食べきれないな・・・と判断し、結局仲間にあげちゃったりしましたが・・・

 

 

それにしても想像はしていましたが、この日のアリーナ内の入り口付近(グッズ売り場とか)は凄い人の数・・・


自分も何か買おうかな!?と思いましたが、約2週間後に迫る例のXデーに向け、ここは我慢すべきと判断。

 

 

でも、この日だけ限定のガチャだけは・・・と思い、何度か挑戦して色々トレードしてもらい、最後には・・・


我が家の強化応援選手でもある松浦選手×2、そして太田選手を無事に入手。
それにしても金を払っているとはいえ、今回みたいに長蛇の列が出来てる中でもガチャを占領し、数十回も連続でやったという、ジュビロの某名物サポの行為はとても褒められるものではないな・・・

 

 

で、選手のイベントの前は・・・


2017年のジュビロのシーズンソングを歌うUNIONEのライヴがありました。
尚、この日のアリーナ内ではUNIONEのCDも販売されていました。

 

 

で、14時より選手のイベントですが、今回のテーマはハッキリ言ってしまえば運動会ですな。


それぞれ体操服に身を包んだ選手たち・・・

 

 

でも、この2人(川又選手&高橋選手)の格好は・・・


怪しい・・・

 

 

目の前を通過する高橋選手。


サングラスが怪しさに磨きを掛けてくれます。

 

 

もう一方の怪しい人・川又選手は・・・


一体何をやってるんですかね?
それにしてもムチプリ度がハンパない・・・

 

 

これは競技中の自分の横の様子です。


(左から)三浦選手、松浦選手、上原選手、志村選手です。
何かの作戦会議でもしてるんでしょうね?

 

 

この日のメインとも言える、選手対抗障害物リレー。


白組の第1走者・松井選手は三輪車が上手い!!

 

 

これは、竹馬を駆使する宮崎選手。


尚、ここで登場した松浦選手は、意外とも言えるくらい竹馬が全く出来ない人間でした。

 

 

この日一番湧いた、コーラの早飲み&パン食いでは・・・


中村俊輔選手が登場。
期待以上の事を、やらかしてくれました!!(この人って確かレジェンドと言われる選手だったような気が・・・)

 

 

最後は両チームの選手が入り乱れ、相手選手を妨害しまくる展開に・・・


こういう武器系を持たせたらヤバイのが松井選手。
なんであんなにノリノリなんだろ!?

 

 

で、この日は白組の勝利でした。
表彰式では名波監督から松井選手(白組のキャプテンなので・・・)に目録が手渡されました。


名波「オメデト」

松井「アリガト」

 

 

で、この後は最近恒例になってる若手選手の仮装ダンス・・・


でも、若手選手って言っても、アダイウトン選手と川辺選手はお約束というか、必ず入っているんですね。

 

 

この後は、また今年もやることになった真夏の例の企画で着用するユニフォームのお披露目ですが・・・


こうやって着てる姿を見ると、意外と格好いいかも?

 

 

今回のファン感については、色々な方が動画にアップしてくれています。
よく撮ってくれた!!ってのもあって、こういう時は助かります。

 

木村社長の挨拶・選手宣誓

https://www.youtube.com/watch?v=-EUij3jvI5I

 

志村選手の一発芸

https://www.youtube.com/watch?v=VBUdM0qAJjk

 

○×クイズ

https://www.youtube.com/watch?v=6h2b_dYDdgo

 

障害物リレー

https://www.youtube.com/watch?v=5-jVCjhkcr8

https://www.youtube.com/watch?v=8kJ-zwxWgmI

 

表彰式

https://www.youtube.com/watch?v=8W9qNyHlI8I

 

選手ショー

https://www.youtube.com/watch?v=yek9r7tVMDM

 

御挨拶など

https://www.youtube.com/watch?v=aRxxJ_EHYyk

 

 

ちなみに今回、白組の応援席に座った方の中から抽選で50人には・・・


このような特製の金メダル(?)が貰えました。
これは記念になるし、正直凄く欲しいと思いましたが、残念なことに自分は赤組の応援席だったので、その権利すら無い状況でしたが・・・

 

 

さて、そんなジュビロですが、明日は川崎フロンターレ戦(アウェー)です・・・が、自分は地元の用事があって欠席。
応援に行かれる方は頑張って選手の後押しをしてきてくれ!!(等々力、行きたかったなぁ・・・)

|

トークショーよりもこっち優先!!

昨日は静岡県内で放送されている某スポーツ番組の企画で、浜松市内にある某ショッピングモールにて、中村俊輔選手&松井大輔選手を招いてのトークショーが行われましたが、そのトークショーには整理券が必要であり、当日に配付される整理券に早朝から多くの人が並んでたそうですが・・・

 

 

でもね、トークショーって選手が喋っているのを、ただ見てるだけ(自分は、そう思っている・・・)ですし、たとえ整理券が取れなくとも、後日になって誰かが動画にアップしたり、その模様がテレビ等で紹介されたりするので、そこで初めてどんな内容だったのか確認すればいいので、自分はあまり興味がありません。

 

 

それにしても午後2時からのトークショーで、整理券配布が午前9時・・・
なのに一番早く並んだ人が午前5時前っていうのはマジで凄い!!(←これは聞いた話ですが、まあ本当の話でしょう・・・)

 

 

で、トークショーに全く興味が無かった自分は・・・


ジュビロの練習場に来ていました。
しかも珍しいことに、この日は滅多に練習場に来ない嫁も一緒でした。

 

 

嫁が来た理由は、先日購入した3rdユニフォーム(真夏の3試合限定ユニフォーム)に中村俊輔選手のサインを入れること・・・っていうか、ハッキリ言って開幕前は全く応援もして無かった俊輔選手のユニフォームを作っただと!?


というのも、3rdユニフォームは俊輔選手に関しては即購入できる(チームが大量に作ったらしい・・・)ものの、俊輔選手以外の選手については注文制であり、予約してから手元に来るまでは少し時間が掛かるんですよね。
でも俊輔選手の3rdユニフォームについては、すぐに店で手に入るし、あとは最近俊輔選手のプレーを見ても、あまりにもレベルが凄すぎることで、これまで頑固だった嫁も日に日に認めるようになり、今では『居ないとマジで困る』ような感じに思っているようです。

 

 

ところが、この日は日曜日であり、この後は午後2時よりトークショー・・・
これまでのパターンだったら、俊輔選手は高確率でファンサには来ません。


書き忘れましたが、この日は普段よりも見学者が少なかったです。
多くの人がトークショーの整理券を取るために某ショッピングモールに向かったとしか・・・(もしかしたら、見学者が少ないことで俊輔選手が心変わりでファンサに来るかも!?っていうのも自分の頭の中にありました)

 

 

では、この日サインを頂いたものを紹介しておきます。
まずはジュ美女スポット・限定配付カードです。


櫻内渚 ムサエフ 松浦拓弥 松本昌也

齋藤和樹 川又堅碁 松井大輔 荒木大吾

森下俊 川辺駿 高橋祥平

 

 

続いて、ユース&ジュニアユース限定配付カード、更に先日発売された2017Jカードです。

 

川辺駿 松本昌也 高橋祥平

櫻内渚 中村俊輔 小川大貴

大井健太郎 ムサエフ 川又堅碁

 

 

ということで、当初は絶対もらえるとは全く思っていなかった中村俊輔選手にサインを頂くことが出来ました。

 

 

で、更に嫁も・・・


このように、先日発売されたばかりの3rdユニフォームに、(多分、超キレイな)サインを入れて貰いました。
この3rdユニフォームが発売されてから最初の練習日がこの日(7月16日)であり、しかも3rdユニフォームにサインを頂いている人が嫁以外誰も居なかったので、多分日本で一番最初に3rdユニフォームにサインを頂いたのは嫁!!ということになります。(これから増えてくだろうけど・・・)

 

 

しかし練習日とか取材とか様々な関係上、なかなかサインが貰えない中村俊輔選手に、今年僅か2回しか練習場に来てなかった嫁が、こうやって普通にサインを貰えるとは、なんという強運ぶりなんだろう・・・って思います。

 

 

次回こそ、開封結果・・・

| | コメント (0)

より以前の記事一覧