覚悟の1年だと思って・・・

昨日はJ1リーグ第3戦・大分トリニータ戦(ホーム)が行われましたが、自分は普通に仕事だったのでスタジアムに行くことは無かったんですが、現地組の口から出るのは沢山の愚痴・・・
まあ色々言いたい気持ちは分かるけど、正直なところ、今年はシーズン前から非常に厳しい戦いになることは覚悟してたし、普通に考えれば容易に予測出来ることなんですよね。

 

 

◇まともな補強は無く、怪我人復帰が最大の補強・・・(復帰した選手は離脱中のブランク+昨年よりも確実に歳を1つ取っている)

◇新人の入団はゼロ(あんな使い方をしてたら、新人なんてジュビロだけには入団したがらない)

◇成績不振で辞める可能性のあった監督を無理に引き留め、2019年も続投(引き出しの無い采配、いつも変わらないスタメン・・・時には思い切ったコンバートも必要だと思うが、多分今の状況では・・・)

 

 

開幕からの3試合は決して厳しいとは思えないような相手であり、しかもホーム2試合連続の相手が昇格組でありながら、ここまでに稼いだ勝ち点は僅か2・・・
これはもう完全に降格候補筆頭というか、このまま何も変わらずにいくようでしたら、間違いなくJ2に降格します。
そんな酷い状況でありながら、毎試合チケット完売なんてマジで狂ってるとしか思えません。

 

 

ちなみに自分ですが、応援してる同士たちには申し訳無いけど、今年度のジュビロに対する応援の度合い(熱量?)は昨年の1000分の1以下です。
昨年前半の躍進における大功労者・松浦選手を引き止めもしないで移籍させたこととか、ジュビロだけでなく将来の日本代表の中心になるかもしれない大型ボランチ・伊藤選手を育てられないから・・・という理由(自分には、そう感じた)で期限付きで移籍させちゃったこととか・・・

 

 

そういえば、今シーズンはやたら非公開練習が多い(ファンサの機会が激減・・・雨が降りだしたらファンサ中止)ですね。
チームが弱いくせにこれですからね・・・シーズン終了後にどうなっているのやら・・・

 

 

ここからは先日入手した、例のジュ美女スポット限定配付カードの紹介です。
この日は収集段階で雨が降って来たために、過去に無いような厳しい状況でした。
一応全34種中26種までは集める事が出来たものの、あろうことに未入手カードは人気どころの選手ばかりという、自分としては一番避けたかったパターンにハマってしまいました。




入手カードは以上の26種です。
尚、未入手の8種は新里亮、田口泰士、中村俊輔、宮崎智彦、森谷賢太郎、小川航基、カミンスキー、志村滉です。
交換もしくは譲ってくれるような方、是非とも宜しくお願い致します。(当方のダブリはエレン、松本昌也、山田大記、大久保嘉人、藤田義明、森下俊があります)

 

 

あとは・・・大分トリニータ戦で配付されたポストカードも探しています。

 

 

次回も多分カードの事を書くと思います。
パターン的には入手カードの紹介とか・・・

| | コメント (0)

悪魔のイベントも遂に4年目に入りましたが、止めるつもりは無いみたいです

昨日はルヴァンカップ・ガンバ大阪戦(ホーム)が行われました。
カップ戦ということで、必然的に平日のナイトゲームになります。

 

 

この日の開門前の正面口の様子です。


リーグ戦と違っていて、人影もまばらでした。
この後は天気も崩れるんですが、そんなことにも全くお構いなしに花粉がバンバン飛びまくっている状況・・・本当に地獄です。

 

 

もう一つ、自分にとっての地獄と言えば、やっぱり・・・


この平日に開催される、女子だけしか参加出来ないイベント・・・
例えば世界で一番ジュビロを応援していようが、ジュビロに300億の投資をしていようが、性別が男である以上、絶対に貰うことが出来ないという限定ポストカードの配付というやつです。

 

 

こういうことってさあ、他のチームでもやってるんかね?(情報求む!!)
限定の選手カードなんて、常識的に考えれば、そのチームを応援する人間だったら女性だけでなく男だって欲しいに決まってるじゃないですか!!(ジュ美女というイベントが開催された2016年から、自分はこの事についてチームに意見を出しましたが、イベントの主催というかチームとは管轄が違うって言われた!!)

 

 

で、今回もいつものように多くの方々(もちろん女性)の協力を得て、とりあえず試合が始まる時間ギリギリまで頑張ってみました・・・が、途中で雨が降ってくるうえに、全34種まで残り数枚というところまで来たものの、何故か強力かつ人気選手ばかりが抜け番として残ってしまうという最悪の展開に・・・

 

 

そして、試合が始まりましたが、見ての通り・・・


雨が降りしきる中での観戦・・・
しかも昼間より凄く気温が下がったことで超寒かったです。(それでも花粉は元気よく飛んでる・・・)

 

 

試合については、昨年とにかく負けまくったガンバ大阪相手に対し、何度もチャンスを作るなど、完全にジュビロが押し込む展開でした。
で、結果としては前半に中野選手の決めたゴールを守りきり、1-0でジュビロの勝利。
中野選手のゴールは中山雅史選手を彷彿させてくれるような豪快なダイビングヘッドでした。

 

 

中野選手は起用されれば絶対に結果を出してくれる選手なので、これからも積極的に使って欲しいんですが・・・
もったいないことに、中野選手は多分カップ戦要員・・・(大学生時代の2017年なんて、天皇杯では得点王だったのに・・・)
このチームの考えについては凡人には理解不能だわ!!

 

 

次回は今回入手したカードの紹介です。
上でも書いたように、現段階で人気どころの選手が沢山入手出来てないので、多分今回は全種類を入手するということは無理のような気がしてならないです。

| | コメント (0)

何か改革でもしないと、この先も絶対変わらない・・・

昨日は2019・J1第2節・サンフレッチェ広島戦(アウェー)が行われました・・・が、磐田からの距離が遠い広島、しかも金曜開催ということで、普通のジュビロサポーターには観戦が厳しいので残念ながら遠征は断念・・・

 

 

で、その試合については内容&スコアは割と高確率で予測出来るようなものであり、まあ負けなかっただけ良かったかな・・・!?っていうような感じですかね。(0-0のスコアレスドローですし・・・)
正直、あんまり熱が入ってない言い回しになるけど、次こそ勝てるといいですね。

 

 

で、ここからは最近入手したカードの紹介です。


◇2018ジュビロ磐田TE 名波浩 45枚限定直筆サインカード

◇2018ジュビロ磐田TE 山田大記 45枚限定直筆サインカード

◇2017ジュビロ磐田オフィシャルカード 川又堅碁 10枚限定ホロ版直筆サインカード

◇2017ジュビロ磐田TE 針谷岳晃 45枚限定直筆サインカード

 

 

割と珍しい、2017年オフィシャルの川又選手のホロ版を入手しました。
このシリーズはサインカードに少数のホロ版が存在するので、現在でも完全コンプが出来ていない・・・というか、全種揃えるなんて夢物語レベルの域に達してるシリーズです。

 

 

ちなみに現在でも探しているホロ版は残り5枚(ムサエフ・中村俊輔・川辺駿・名波浩・鈴木秀人)なんですが、それらについては多分もう世に出てこないんじゃないか?と思っています。

 

 

尚、自分の手元でダブっているホロ版は以下の7枚(太田吉彰・松浦拓弥・小川航基・川又堅碁・カミンスキー・小川大貴×2)ですが・・・


誰か、自分が探しているホロ版と交換してくれる良い方はいませんかねえ?

 

 

カードの事について、もう少しだけ書きます。
今度の水曜日に開催されるルヴァンカップのvsガンバ大阪戦(ジュビロのホームゲーム)ですが、やはり今回もジュ美女スポットにおいて、平日限定・選手のポストカードが配布されるんですよね。
今回配付されるカードですが、昨年も第1回目に配付されたのと同様、各選手はスタジオで撮影されたバストトップのデザインになっていますが、これが本当に出来が良く、ファンなら誰でも欲しい仕様になっています。

 

http://www.jubilo-iwata.co.jp/gameevent/index20190306.php

 

ただね、残念な事に男は絶対に貰えないのが本当に解せない・・・
大袈裟に言えばジュビロを20年以上応援し続けてる男性は貰う事は出来ず、逆にジュビロには全く興味が無いアウェーサポの女性は誰であろうと貰えるんですよ。
で、このカードを貰った直後、メルカリ等に即大量出品されてるらしいが、そんな状況であろうがチームは黙認・・・それでもOKみたいな感じですね。
こればっかりは配布を始めた直後から自分は声を大にして言い続けているけど、本当に頭超悪すぎの企画だと思う!!(←自分はカードが貰えないという悔しさが200%以上含まれているけど・・・)

| | コメント (0)

予想通り厳しい開幕戦

昨日は2019J1リーグ開幕戦。
ジュビロ磐田の相手は、ここ最近では高確率で組まれる気がするJ2からの昇格組でもある松本山雅FCでした。


この日ですが、週間天気予報によれば朝からずっと雨ということになっていましたが、前日になって急に晴れ予報になり、見ての通りというか、朝から日差しが強く、おまけに花粉が大量に飛散するという超良い天気となりました。(試合時は曇って寒かったけど・・・)

 

 

この日のイベントの一つでもある、お楽しみ抽選会ですが・・・


御覧の通り、凄い人・・・
ちなみに列の待ち時間は約5~10分ですが、この抽選で当たるものはクリアファイルとか・・・

 

 

その隣のブースを見ると、何だか凄い人の数が!!
一体何を撮影しているのか?というと・・・


今年度のジュビロ・シーズンソングを歌う足立佳奈さんのCD即売会&足立佳奈さん本人とハイタッチが出来るということで、その様子を撮影してる人たちが集まっていたんですよね。
この様子ですが、最初は撮影フリーな環境だったんですが、あまりにも過剰な撮影状況に関係者から撮影禁止の規制が掛かるという・・・(それでも著作権問題もあるし、こういう状況ってのはいかがなもんかと・・・)

 

 

っていうか、こんな事を書いたら応援してるファンたちから文句言われる・・・というか、激怒されるかもしれませんがますが、今回シーズンソングに採用されることになった足立佳奈さんって、ジュビロとは何の縁もゆかりも無い人(どちらかと言えば、出身地でもあるFC岐阜を応援してる方がしっくりくるんですが・・・)なのに、一体どういう繋がりで今回に至ったのか?知ってる人はマジで教えて欲しいものです。

 

 

自分の中では、今回の売り込み方(こういう表現が正しいとは思えないけど・・・)が、2006~2008年の頃に何故か突然ジュビロのメインスポンサーになった○○産業と共にやってきた千○○風さんの売り込み方に酷似してるように見えるんですが・・・

 

 

今回本当は、もっと突っ込んだ事を色々と書きたいところなんですが、あんまり書くと応援してる人から刺されそうなので・・・(このイベント後、次の場所に移動する足立佳奈さんの後を、まるで民族大移動のようにゾロゾロついて行く沢山の男たちの様子は、かなり恐怖だったと、何人かの女性サポ仲間は言ってた・・・)

 

 

この日のユース&ジュニアユース会員限定配布カードは・・・


シーズン最初という事で、恒例となってる感のある集合写真でした。
尚、今年版より裏面のデザインは少し凝った作りになっていました。

 

 

で、試合ですが、まあ開幕戦でジュビロの調子が良かった事なんて、どうしようもなく強かった黄金期と呼ばれていた時期ですら皆無に等しかったので、今回もキックオフ直後から全く期待していませんでした。

 

 

気になった事といえば、試合前に大量の水撒きをしたせいなのか?やたら選手が滑って転んでいたことですかね。
それも何故かジュビロの選手ばっかり・・・(相手選手が滑ってたシーンなんて全くと言ってもいいくらい無かったのに、ホント情けない!!)


ちなみにハーフタイムの時にシーズンソングを披露しようとして、ピッチに勢いよく飛び出してきた足立佳奈さんまでも滑って転んでた・・・
ホームアドバンテージって何!?

 

 

で、その試合についてですが・・・


1-1の引き分けで終了。
まあ開幕戦ということで、シーズン最初の試合特有の難しさがあるとはいえ、おそらく残留争いのライバルになるであろう、そんな可能性のある相手にホームで勝てなかったのはどうかと・・・
鬼のように多かったパスミスや決定機のシュートミス、そして滑って転ぶシーン・・・
まだ開幕戦だから・・・とか、負けなくて良かった・・・とか言ってる人は、本当におめでたいと思います。
とにかく現実を見ましょう!!今年は本当にヤバイよ!!

 

 

次回はゲームの事を書くと思います。
ちなみに先日の全く更新してない期間中ですが、あるゲームをやってみたところ、凄くショックな事があったので、そのこともまとめて紹介したいと思います。

| | コメント (0)

冬眠してた訳では無いっすよ

今月は頭から多忙続きで、それに伴って身体の疲労がハンパじゃなかったこともあって、個人的に日記の方を休んでいましたが、2019年のJリーグも開幕した事だし、そろそろ始動しないと・・・ということで、本日より再開します。

 

 

さて・・・明日はジュビロにとって、まだリーグ戦では一度も勝った事が無い松本山雅FCが相手ですが、正直楽に勝てるとは全く思っていません。
ナメてかかると絶対に負けるので、キックオフ直後から超全力で全てを叩き潰す勢いで試合に臨んで欲しいです。

 

 

もちろん、試合に勝ったら・・・


コイツには恒例の御馳走です。
今年は何回食べれるんでしょうか?(そーいえば、本日2月22日は『ネコの日』だというのを忘れてた・・・)

 

 

Jリーグ側の目論見・・・いや大人の事情とでも言うのでしょうか?なんか無理矢理な感じで2019年の開幕戦を組まされた形となったセレッソ大阪vsヴィッセル神戸ですが、試合開始直後からヴィッセルが圧倒的にゲームを優位に進めるものの、最後の決め手を欠きまくってくれたこともあって、結局最後まで得点を挙げる事が出来ず、逆に少ないチャンスを確実にモノにしたセレッソが下馬評を覆すべく勝ち点3をGET!!
大物級選手などを大量補強するなど、前年と同様のように今回もオフの間も話題を独占してた感の強いヴィッセルでしたが、今日の試合を見てると『サッカーは金じゃねーんだよ!!』っていうのを十二分に見せてくれた感動的な試合でしたね。(審判も完全にヴィッセル寄りだったし・・・)

 

 

やっぱヴィッセルってチームは、結局どんだけ選手を補強しようが、そういうもんなんだね・・・って、思いました。

 

 

そーいえば、J2が嫌だからって海外へ逃げるように逃亡したものの、結局ホームシックでセレッソに帰って来て「自分の居場所はセレッソしかない!!」とチームのキャプテンを何度も務めていたが、今シーズンから何故かヴィッセルに移籍し、この日の試合中は終始大ブーイングを受けていたY選手は、今どんな気持ちなんだろうかねえ?(←現役選手の中では、多分多くのファンから一番嫌われてる選手なんじゃないかな?と勝手に思っています)

| | コメント (0)

2019年初の練習見学に行ってきました

昨日は今年になって初めてジュビロの練習見学(この日の練習は午前のみ)に行ってきました。
この日は夜勤明けで、たまたま天気も良く気温も比較的暖かかったので、普通に立ってるだけでも激しい眠気が襲ってきました。

 

 

練習場に着くと、選手の大きな声が聞こえてきました。
特に目立ったのは、やはり川又選手ですかね・・・(遠目から見た限り、髪の色も訳わからん感じだったし・・・)


この風景を見る、「ああ、今年も始まったな・・・」って感じになります。
自分にとって唯一残念な事は、昨年までずーっと応援してた松浦選手の姿が無いことか・・・(この日は横浜FCでイベントがあったそうで、松浦選手目当てにそっちを見に行ったジュビロのファンも多数いたらしい・・・)

 

 

この日の見学者は・・・


こんな感じで相当沢山居ました。
ただ午後からは全ジュビロ関係者による毎年恒例の秋葉神社への必勝祈願ということで、ファンサは急遽中止となりました。
このファンサ中止についてですが、せっかく遠くから楽しみに来ていた方々も結構沢山いたものの、突然の報に多くの人はガッカリしていましたが、そういう方のために何かチームとして救済処置みたいな事をしてやっても良いと思うんですが・・・

 

 

尚、この日の練習に唯一参加してないムサエフ選手は・・・


現在はウズベキスタン代表、そしてジュビロの選手代表としてアジア杯に出場中。
先日のvs日本戦を見る限りでは、2016年・・・つまり良い時のムサエフ選手には、まだまだ全然って感じがしました。

 

 

そんな試合を見てると・・・


コイツもサッカーに興味を持ったのか?自分と共に観戦することに・・・

 

 

この試合を見てる途中、小規模ではあるが地震の揺れを感じましたが、その時のヤツは・・・


「ん?」って感じでキョトンとしていました。
もはやコヤツには野性味など微塵も感じられん・・・(ただ、自分のとこに飛びかかってきたり、噛み付いてくる時だけは小さいながらも獣っぽいが・・・)

 

 

次回は先日ようやく届いたアレの開封結果を紹介します。
これの為に毎年頑張ってるんだ!!ってことで、ようやくその苦労が報われる瞬間でもありますが、果たして今回は!?

| | コメント (0)

動きが全く無いように見えるが・・・

年が明け、各チームが着々と様々な選手を補強、もしくは放出等のニュースで新聞を賑わせている今日このごろですが、今オフのジュビロの移籍情報については、ほぼ皆無に等しい状況で、本当にどうなってんだろ!?と思ってる人も非常に多いと思います。

 

 

自分としては、これまで一番応援してた松浦選手ただ1人だけがジュビロを退団してしまったことで、本当に2019年は何を楽しみにスタジアムに行けばいいのか?と思っています。
一応スタジアムや練習場には、これまで通り積極的に足を運ぶつもりですが・・・

 

 

で、毎日のように新聞を見てますが、ジュビロの記事に関しては全くと言ってもいいくらいに無いです。
あと2週間くらいで新シーズンも始動すると思いますが、昨年16位のチームが、このまま全く動きも無いままでシーズンに入るとは考えられないので、とりあえずチームから公式発表が出るまでは気長に待ちたいと思いますが・・・

 

 

そのジュビロの記事が少しでも載っているか、毎日確認してる時に気付いたんですが、新年4日から6日までの3日間、静岡新聞の中の1面にまるまる大きな鯉が印刷されていて、その鯉の絵柄は3日分で完成するということで・・・


これがその完成図ですが、見ての通り非常に大きい!!
各面それぞれに何か書いてありますが、それよりも鯉の大きさに圧倒されます。
(静岡県民で静岡新聞を取ってる方は確認してみよう)

 

 

さて明日から、ようやく仕事です。
新年は特に大きな仕事は無いんですが、翌日はいきなり深夜作業なので、寒さに負けないように頑張っていこうかと・・・

 

 

オマケ・・・
鯉の広告に書いてある部分を拡大!!このような事が書いてあります。


ちなみに『超介さん』とは静岡新聞社が発表した2018年度のキャッチフレーズです。

| | コメント (0)

結果的には良かった

土曜日の事なんですが、例の試合(東京ヴェルディとの入れ替え戦)の時間帯は仕事が稀に見るくらい超忙しく、実は詳しい結果を知ったのが試合が終ってから数時間後だったという・・・
なので、現地の情報なんて全く知る事が出来ず、本当に気が気じゃないような感じで仕事をしていました。

 

 

これねえ、自分の事を知ってる人間なら、多分誰も信じないんじゃないでしょうか?
本当に外部の情報を完全に遮断させらた中で黙々と仕事してたんですよ。

 

 

今回無事にJ1に残留出来たのは、選手が頑張ってくれたことは当然なんですが、それに携わる関係者、そして我々のようなチームを応援するサポーターの後押しも少なからずあったと思います。
ただ本当ならもっと余裕があるような早い段階で残留を決定させとかないと・・・ね。

 

 

で、心配で夜も眠れない程の恐怖を植え付けられた入れ替え戦でも新たなユース&ジュニアユース限定のカードが配布されたそうですが、さすがに今回のような特殊な試合も配付対象試合にするのは、ちょっと信じられんというか、チームの在り方を疑うというか・・・

 

 

問題の試合で配付されたのは・・・


今年の序盤で大怪我をしてしまい、シーズン終盤になって復帰したムサエフ選手でした。
このカードですが、今回自分がスタジアムに来れない事を心配してくれた、いつものお子様たちの親たちから「いつもウチの息子たちが色々とお世話になってるので・・・」という感じで嫁が受け取ったものですが、どちらかというと、お世話になってるのは自分の方じゃないかと・・・

 

 

ということで、今シーズンも上記のカードは無事に全種完全コンプ達成しました。(もちろん、ギレルメ選手の差し替え版も含む)
今年も協力してくれた方々に感謝すると同時に、また来年もお世話になると思うので、その時は宜しくお願い致します。

 

 

次回も多分カードの事を書くと思います。

| | コメント (0)

決戦当日にも開けてみた

本日12月8日は東京ヴェルディとのJ1&J2の入れ替え戦です。
正直、当該J1チームからしてみれば、こんなしょーもない試合なんかで全国的に注目されたくなかった・・・(タイトルを賭けたような戦いで注目されたい・・・)

 

 

前から言ってるように、この試合はどうせ仕事でテレビ中継すら見れないし、自分としては何をすれば気が済むか?というと・・・


やはり、これでも開けるか・・・
今回この箱から引けたサインの選手が、もしかしたら入れ替え戦のキープレイヤーになるかも?・・・って思いながら開けてみました。

 

 

で、この箱から出たのが・・・


このシリーズにおいて、多分一番沢山引いてる名波監督のサインカードでした。
ある意味、この人が一番のキープレイヤー・・・じゃなく、ジュビロにとって一番のカギを握る人物かもしれん・・・

 

 

その名波監督のサインカードですが・・・


気が付けば、既に5枚も・・・
自分は特に名波監督を応援してる訳でも無いが、まあジュビロにとってレジェンドでもあるし、今日だけは誰もが納得する采配をして無事にJ1に生き残れるように頑張って下さい!!(ちなみに、名波監督のサインカードですが、当然交換可能です!!)

 

 

で、そんな入れ替え戦の前日ですが、仕事帰りにジュビロショップ磐田店に寄ってきました。


午後6時頃に行きましたが、この時間帯は非常に冷たい風が吹き荒れていて寒かった。
観戦に行く方は是非とも暖かい格好で行くのがよろしいかと・・・

 

 

ショップの告知掲示板も・・・


このように、入れ替え戦仕様になっていました。

 

 

さて・・・今日唯一の試合ですが、チケットは既に完売してるようですし、試合が試合ですから、おそらく今年一番の熱い応援が予想されます。
とにかく気持ちで負けないで、動けなくなるまで戦って欲しい!!
守りに入ったら絶対やられるので、最後まで攻めて攻めて攻め抜いて欲しい!!吉報を期待します。

| | コメント (0)

伝説の試合から、もうすぐ10年・・・

部屋のカードが多くなってきた(元々凄く沢山あるが・・・)ので、こりゃいかんと思い、気合入れて部屋の中を片付けていたものの、出てくる古いカードを見るたびに「そーいえば、この頃、こんな選手がジュビロに居たんだなー」って感じで、ついつい見入ってしまい、あっという間に時間が過ぎてしまうために結局あんまり片付かないという・・・

 

 

そんな中、思わず見とれてしまったカードがありました。
そのカードに使われている写真は、ある程度の長いジュビロサポーターなら、おそらく誰もが一生忘れる事の無いであろう・・・例の試合のカード・・・


これは2008年12月10日(水)、そして3日後の12月13日(土)に行われた、J1vsJ2入れ替え戦において、2試合でチームの全得点となる3ゴールを挙げ、ジュビロのJ2降格を阻止し、一躍時の人となった松浦選手のカードでした。

 

 

この第2戦の試合終了後、帰宅する仙台サポーターの誰もが『松浦とかいう小さいヤツ、腹立つわ~!!』とか『松浦ってヤツ、絶対忘れん!!』って言ってたな・・・

 

 

ただ、このカードの写真はゴールを決めた松浦選手(当時19歳)がベンチに向かって駆け寄っていく瞬間のモノなんですが、当時の松浦選手は全くの無名であり、この写真も殊勲のゴールを決めたはずの松浦選手は残念な事に後ろ向きであり、何故か!?ベンチで待ち受けている当時所属していた中山雅史選手にピントが合っているというのが本当に腹立たしいというか・・・

 

 

その中山選手ですが、残留を決めた後に行われた選手&チーム関係者の挨拶において、周囲が超ドン引きする程の発言をしたっけね・・・
当時聞いてた誰もが「いくらなんでも、あれは無いよな~・・・」って言ってたのを今でもはっきり覚えています。

 

 

あれから10年・・・
もう二度と関わりたくないと思っていたJ1&J2の入れ替え戦に、再び臨まなくてはならないと思うと・・・

 

 

今回J2のプレーオフを勝ち上がってきた東京ヴェルディは、実はJ2最終戦の町田戦の時から見ていましたが、その時は町田の動向というか、町田が勝ってJ2で2位以内を確定させれば、当時13位だったジュビロのJ1残留が決まるという状況でした。(町田はJ1の基準を満たしてないため、昇格出来ない状況だったので・・・)

 

 

その試合は引き分けということで東京Vのプレーオフ進出を決定させてしまいましたが、その一方、J1ではラスト2試合でジュビロが勝ち点1を挙げ、その下の順位にいた3チームが勝ち点4以上を挙げない限りジュビロの残留決定・・・
ということで、実はジュビロが16位で終了するということは結構天文学的な確率でもあったんですが、本当にまさか!?としか言いようが無い・・・こんな事なんて今後そうそう起きる事じゃない・・・なぜ!?という感じです。

 

 

今度の対戦相手でもあるヴェルディですが、言っちゃあ悪いが技術面など細かい部分でのミスは多く、まだまだ粗削りな部分だらけで結構付け入るスキがあります。
しかし2試合連続で敵地という場所的にも不利な状況を克服し、なによりも2試合連続でジュビロが最も嫌うセットプレーで決勝点を挙げて勝ち上がってきたチームです。
勢いだけなら多分ジュビロの10億倍もあるでしょう。

 

 

で、本日ですが・・・


我が家にチケット&駐車券が届きました。(←この試合、自分は行きません!!)
順位が16位確定・・・というか、結果が出た瞬間、即日発送出来るように準備してたチーム関係者には頭が下がります・・・が、偶然とはいえ、何故に駐車許可証の色が相手のチームカラーなんだろ!?

 

 

最後に・・・
今年のリーグ戦も安定の3ゴールで終了しちゃった松浦選手。
あなたの大好きな入れ替え戦が始まるので、そろそろ目を覚まして下さい!!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧