残念だが勝つ気は全く無かったようだ・・・

先日ですが、あんまり触れたくなかったモンテディオ山形の事について、試合が終わった直後に自分が思ってる事、そして今後のジュビロの事とか色々書いていました。
で、いつものように慣れない手つきでパソコンの操作をしてましたが、なんか突然画像が載せられなくなり、しかもそういう時は一体何をどうすれば・・・ていう感じで、まさに右も左も分からないというレベルの人間が、ちょっと違う操作とか訳の分からん事をやってみたら、これまで載せてきた日記の中の画像が複数消え、マジでどうしたら良いか分からない状況になって、さあ大変ということに・・・(消えちゃった画像は、もう・・・)

 

 

っていうか、あのとき何で画像が急に乗せられなくなったんだろう・・・
まあ直ったので別にいいけど・・・

 

 

さて・・・問題の試合ですが、まあ自分が描いていた最悪とも言えるシナリオが、まんま起きたということですね。
試合開始30秒でジュビロにとって100%敗北宣告とも言うべき失点を喰らってるようでは・・・このキックオフゴールとも言うような超速失点を喰らった時、マジで「もうダメじゃん!!これでもう(この試合は)見る価値が無い・・・」って言って怒りMAXな状態でスタジアムを出て帰ろうとしたよ!!(色々な方に止められなければ・・・)
毎回モンテディオ戦になると決まって起こる既定路線とも言うべき敗北パターン、それが試合開始直後に起きただけでなく、その後も御丁寧に追加点を献上・・・
そして目が覚めたのか?その後は鬼のように攻めるものの何故か決定的なシュートは枠外かGK正面・・・
一応1点くらいは返すものの、その後も攻めても攻めてもゴールは遠く、そして気が付けばタイムアップ・・・
このパターン、昔から何度見たか分からん・・・

 

 

まるで「あ、モンテディオ様チワース!!今日も勝ち点を御献上しますので、いつものように適当にくつろいでってください・・・」っていう感じ・・・
なんか毎回毎回わざと負けなければならない協約みたいなものがあるんじゃないかと勘繰りたくなります。(決定的なシュートだって、毎回わざと枠を外してるようにしか見えないし・・・)

 

 

この日の試合を見て思った事は、なんかもうジュビロはJ1に戻る気は無くなったのか?って感じがしました。
試合開始直後の失点なんて、一部の選手に気持ちが全く入って無い状態というか、集中力皆無の状態だったしね。
7試合連続完封勝利してた時は非常に安定し、超堅守を誇っていた守備陣ですが、完封が途絶えたアルビレックス新潟戦は勝ったものの2失点、更にレノファ山口戦では遂に連勝が途絶え再び2失点、そして最新のモンテディオ山形戦は試合前のスタメンを見た瞬間、自分の頭の中に些細な違和感みたいな心配事がありましたが、それがモロ現実に・・・

 

 

7試合連続完封勝利の後は3試合連続2失点・・・それも毎回ほぼ同じような崩され方で失点。
誰が悪いとは言いませんが、連続完封出来ていた時には、ほとんど出てなかった選手が出るようになったのが例の記録が途切れたアルビレックス戦からですから、少なくとも偶然では無いと思います。(実際相手チームは決まってそこを狙ってきている訳ですし、しかもこの試合後、相手の某選手のインタビュー『狙いは、あそこ!!』って豪語してたくらいですから・・・おそらく今後も間違いなく狙われる・・・)
守れないなら守備の人数を増やす(3バックから4バックとか・・・)とか、何かしら変化を起こさないとチームは変わらないのは、これまでの長く辛いJ2の戦い方を見て学んでいたはずなのに・・・

 

 

あの天皇杯・HondaFC戦、前半終了時に3-0という状況でありながら、後半からリーグ戦のレギュラーとして活躍してた守備の要でもあった森岡選手を投入させ、しかも怪我をさせてしまうという普通の人が考える斜め上の謎采配からチームの崩壊は始まった感じがしますね。
連勝して順位がどんどん上がって行った時、これまで批判的だった鈴木采配に対し、多くの人が手のひらを返したかのように絶賛し出しましたが、それでも自分は選手の起用の仕方に対し、全く信用することは無かったです。
もしも今後再びチームが勢いを取り戻したとしても、自分は考えを変える事は絶対無い。(今でも自分的、チームの一番の補強ポイントは指揮官であるということ!!)

 

 

前節連勝が途切れたレノファ山口戦ですが、お世辞にも出来が良かったとは言えないような選手が約5~6人もいたんですが、その選手が何事も無かったかのように次の試合もスタメンで出てたんですから、そりゃあ結果が出ないのも当たり前でしょう・・・(何故、毎回スタメンとかを名前だけで起用するのか?って思う・・・レジェンドだろうが功労者だろうが関係無い。結果が出なければ誰であろうと叩かれるのは当然)
先日せっかく攻撃的な金子選手が覚悟を決めてチームに加入してくれたというのに、結局そういう新しく入った選手は信用してなかったのか?ベンチにも入れてないし、これまでチームを支えてきた伊藤選手が抜ける事なんて事前に分かっていることだから、何故代わりになるような守備の選手を補強しなかったのか・・・ってのもあります。(まあ伊藤選手レベルなんて、そんな簡単に見つからないだろうけど・・・)

 

 

多分今後モンテディオと対戦することがあれば、おそらく同じ事が起きるでしょう。
これまで過去に何度も何度も屈辱とも言えるような試合をされ、サポーターだって何度も悔し涙を流してきた憎っくき相手に今年は2回もチームの連勝を止められた程ですからね。
なので、そんな天敵と当たりたく無いのであれば違うカテゴリで試合するしかない・・・つまり頑張ってJ1に昇格するしか無いんです。(モンテディオも一緒に昇格するなんてことになったら・・・それは考えないでおく・・・)

 

 

2011年だったかな?その年のホーム・モンテディオ山形戦ですが、普段だったら絶対有り得ない開催時期であるにも関わらす、これまで何度も煮え湯を飲まされ続けてきた相手を絶対に叩くべく、無理矢理な感じで鹿児島デー(そういう名のスポンサーデー)を持ってきた事がありました。
鹿児島デーだとジュビロの勝率が凄く良く、しかもゴールを決めると肉が貰えるという理由から、当時所属していた前田遼一氏が鬼のような活躍をしたり、その前田氏の活躍に触発されて他の選手も動きが良く、毎回非常に良い成績をあげていました。(ちなみにその試合は4-0でジュビロがモンテディオ相手に唯一完勝した歴史的な試合)

 

 

今のチームには当時のような執着心はもう無いのかな?って・・・なんか色々な意味で残念な感じです。
一応これで中断期間に入りますが、もしも次の試合で結果が出ないと、このままズルズル行きそうな気がして・・・

 

 

次回はカードの事を書きます。
尚、色々トレードとか依頼を頂きますが、周辺で数々の問題とかが起きているため、ちょっと動けない状況になっています。(色々御連絡して下さった方々、本当に御迷惑お掛けして申し訳ございません)

| | コメント (0)

自分的・夢の対戦カード

今回は開封結果・・・ではなく、自分の中では今年一番楽しみな試合でもあった天皇杯3回戦・vsHonda FC戦のことについて書いていきます。
Hondaと言えば、知っての通り天皇杯で毎年ほぼ必ずJリーグのチームを倒すほど強く、アマチュア最強とかJの門番とかの異名を持つ凄いチームであります。
今大会もJ1の横浜Fマリノスを倒している(今のJ1でもマリノスを倒すようなチームって、同カテゴリでもなかなか居ないでしょう・・・マリノス普通に強ええし・・・)ため、油断すると絶対やられるでしょうし、最初から最後まで全く気が抜けれません。(こんな凄いチームが磐田から程近い浜松にあるというのもね・・・)

 

 

そんな試合ですが、この日は仕事が終わってからの参戦となりました・・・が、

Dsc_0102_20210709040001

実はこの日の試合は、いつもの19時キックオフではなく、それよりも30分も早い18時30分からということで、自分がスタジアムに着いた時刻は午後19時直前・・・

 

 

で、スタジアム入りしてスコアボードを見ると、既に1-0でジュビロがリードしてる・・・

Dsc_0103

あれ?この流れって先日の試合(アルビレックス新潟戦)と全く同じ流れだぞ・・・って思い、席に着いてじっくり観戦。
ちなみに今回嫁は事前の天気予報を見て「7日は雨が降りそうだから行かない!」って言っていたため、自分一人での観戦でした。(実際何度か雨が降りました)
こんな夢のようなカードを週間天気予報を見て速攻で観戦しないことを決めるなんて、なんという根性無し・・・(一応YouTubeでもライヴ放送されていたので、そっちでも見れたそうですが・・・)

 

 

で、この日の試合なんですが、自分はどちらのチームも応援してることもあるので、勝敗にはあまり興味が無かったです。

Dsc_0104_20210709040101

むしろ、こんな3回戦程度でHondaとは当たりたくなかった・・・

 

 

だってねえ、HondaはJリーグのチームをバッタバッタと普通に倒してくれるようなチームなんですよ。
ジュビロにそれが出来るのか?というと、疑問符しか付きません。

Dsc_0107_20210709040101

実はHondaの天皇杯での成績って、Jリーグのチームには普通に勝てるけど、トーナメントを勝ち進んで行くうちに毎年のようにジュビロ磐田、もしくは鹿島アントラーズと当たるんですが、この2チームには非常に分が悪く、だいたいここで敗退するケースが多いんですよね。

 

 

この試合も相性が出てしまったようで、この日のHondaの選手を見てると、あのマリノスを倒した時の躍動感があまり見られず、逆にジュビロの選手の動きが良いこと・・・

Dsc_0109_20210709040101

結果としては4-1でジュビロが勝ちましたが、せっかくHondaに勝ったんですから、この先はHondaの魂を受け継いで、たまには久しぶりに良い所まで勝ち進んで行って欲しいと思いましたね。

 

 

あと・・・
この試合に90分間フルで出ていたジュビロの某選手を見て思ったんですが、やはりプロの選手は最後までプロらしい姿勢を見せて欲しい。
その選手ですが、最近の試合でも途中交代で結構出場しているんですが、ほぼ毎回全く精彩を欠いているため、何で毎試合のように出場しているのか?疑問しか思えません。
そしてこの試合の4点目のシーンですが、小川航基選手がドリブルで突っかけて行った時、その選手はややサイド寄りで完全にフリーになり、良い形でゴール前に飛び出してきたにも関わらず、小川選手が選んだパスの選択肢は相手守備陣が前に居る、あんまり良くない状況の三木選手でした。
しかし三木選手は小川選手の頑張りに応える形で見事なフェイントで相手をかわし、貴重な追加点を決めましたが、この瞬間その選手は味方からも信頼が無くなったように見えました。
まあこの試合だけでなく、ここ最近の試合でも味方が必死で繋いできたパスを何度も無駄にしてるようでは、誰だってパスを出したくないだろうし・・・

 

 

藤川虎太郎、オマエこのままだとオフに間違いなくクビだぞ!!
東福岡で10番を背負ってたんだろ!?死ぬ気になって頑張って応援してる人たちの期待に応える結果を出してみろよ!!
(応援されてるうちは華・・・興味が無くなって誰も見向きもしなくなったら本当に終わり)

 

 

次回こそ開封結果の続きです。
しかしJカードだけでなく、先日ジュビロ磐田はオンサイトカード・第2弾も稼働し始めたので、そっちの事についても書くことがいっぱい・・・(尚、上で書いた藤川選手も、この第2弾に入っているので、チームとしては一応期待の選手扱いなんだろうけど・・・もっと活躍してる選手だって、まだ何人も居るのに・・・)

| | コメント (0)

最初の2ゴールは見れなかった・・・

本来なら今回は開封結果の予定でしたが、変更で昨日の試合の事について書きます。(一応開封結果みたいなものは最後の方にありますが・・・)
昨日は静岡スタジアム・エコパにてvsアルビレックス新潟が行われました。
ジュビロ磐田ですが、一応この試合の前まで7連勝でJ1昇格圏内の2位につけており、しかもJ2記録となる7試合連続無失点も続けていましたが、記録なんてものは、いつかは必ず止まるもの(抜かれるもの)ですし、そんなもんにこだわっているようでは、今年の最大目標でもあるJ1昇格は厳しいでしょう。
それよりこの日のミッションは、とにかくどんな形であれ、目の前の相手に勝つこと、そしてこの試合を最後にドイツ・シュツットガルトに移籍(期限付き)することになった伊藤洋輝選手を良い形で送り出すことの2つです。

 

 

今年は開幕からずーっと上位につけていたアルビレックス新潟ですが、ここ最近は開幕当初の勢いが消えつつあるものの、攻撃力は高いのは間違いないので、絶対に気を緩めてはなりません。

 

 

ちなみにこの日ですが、自分は普通に仕事(休日出勤)をしてたこともあり、試合会場でもあるエコパに着いた時の時刻は・・・

Dsc_0015_20210704062201

既に19時10分を過ぎていました。
ちなみにこの時、ジュビロは松本選手のゴールで既に先制してたりする。

 

 

正面口の様子です。

Dsc_0028_20210704062201

当然ですが、ほとんど人が居ない、まばらな状態です。
この後、正面口中央付近で仕事をしてたジュビロの某担当者と少し雑談をし、スタジアムの階段を登ってる最中に大きな歓声が!!(それがジュビロ2点目・・・ルキアン選手のゴールに湧く歓喜の声でした)

 

 

そして席に到着し、スコアボードを確認すると、なんとスコアは2-0!!

Dsc_0031_20210704062301

ここまでホームゲームでは必ずと言ってもいいくらい、僅か1点しか取れてないような得点力の無いチームが、なんで今日は2点も取っているんだ!?と思ってたら、なんと直後に3点目が入る!!
しかも得点者が応援してる期待のルーキー・森岡選手だから本当に嬉しい!!

 

 

前半終了時、選手の顔には余裕が感じられました。
そりゃあ、その時点で3-0ですから無理も無いでしょう。

 

 

で、後半も結構チャンスらしいものが何度かありましたが、全くモノに出来ず、そのうち流れが相手側に・・・
そして試合終盤になって相手に2点を奪われ、本来なら余裕で勝たなくてはならない試合を、いつも見るような1点を争う難しい内容の試合に・・・

Dsc_0013_20210704062301

得失点を考えれば、ここで確実に稼がなくてはならないというのに、なんで無駄に2失点・・・それも試合終盤にするのかなぁ?って思いますが、実はこの試合、自分は試合前から無失点記録は止まると思ってました。
そりゃあこれまで完封を続けて来た時と比べ、この試合から一部の選手(その選手ですが、自分の中では昨年から守備面に関してはあんまり信用してません)が変わったんですから・・・
でもこれで変なプレッシャーから解放されたと思います。

 

 

この日の勝利により、チームは8連勝を達成。

Dsc_0054_20210704062401

この日の試合前まで首位に立ってた京都サンガが敗れたこともあり、変わってジュビロが首位に立ちました・・・が、今年は開幕からいきなり連敗し、第5節まで1勝3敗1分という、かなり絶望的な状況から、よくぞここまで・・・って思います。

 

 

試合終了後、この後ドイツに行ってしまう伊藤選手のセレモニー。

Dsc_0044_20210704062901

Dsc_0084_20210704062601

Dsc_0078_20210704062701

伊藤選手のお礼の挨拶「12月にドイツでジュビロ磐田がJ1に昇格したという吉報を待ってます。」
これで選手には気合が入ったと思います。
一応前半は首位で折り返すことが出来ましたが、昨年のギラヴァンツ北九州(前半首位で折り返し、後半は大失速)みたいな例もあるかもしれないので、まだまだ油断など出来ません。

 

 

尚、自分ですが、遅れて来たこともあって今回結果的にはジュビロのゴールより相手のゴールの方を多く見てるので、なんていうか正直勝った気がしませんでした。
それでもこの日、唯一良かった事といえば・・・

Dsc_0052_20210704062901

売店で2021Jカードが売られていたので、たまたまそこに居たサポ仲間たち数人と半分遊びながら購入した数パックより、自分の収集対象でもある小川航基選手のサインカードを引いた事でした。
今回J2は各チーム4人がサインカード化されているため、ジュビロだけで計12枚、しかも超大物(=遠藤選手)が存在してるため、集めるのは非常に大変ですが、頑張って入手していこうと思っています。

 

 

次回こそ、ちゃんとした開封結果です。
久しぶりに半分暴走した感じでしたが、楽しんで開ける事が出来ました。

 

 

最後になりますが、昨日熱海で起きた大雨による重大災害ですが、自分の住んでる袋井市と熱海市との間は100キロ以上も離れているとはいえ、同じ静岡県内においてあれほどの災害が起きるなんて、とても信じられないし、あんな惨状を見てしまうと、日本のどこに居ても絶対安全な場所など無いということを思い知らされます。
ちなみに土曜日の午後・・・試合会場に来る数時間前まで、あの土石流が起こった場所と結構似たような地形の場所で仕事してました。
しかもその時は結構な雨が降ってたし・・・今思えば、本当に怖い・・・
今回の被害で亡くなられた方のご冥福をお祈りすると同時に、自分が静岡県に住んでるという事から、自分の安否状況を心配し、連絡してくれた方々、本当にありがとうございます。

| | コメント (0)

内容はともかく5連勝らしい・・・

今回は先日の試合・・・つまり6月13日(日)のヴァンフォーレ甲府戦(ホーム)のことについて。
J2のくせに今年のジュビロの日程を見ると何故かホームゲームは土曜日ばかりですが、この日の試合は数少ない貴重な日曜日の開催でした。(実は今回の日記は、試合のあった日の後にアップしようと思ってたんですが、またしても書きあげたものを全て消すというミスを犯し・・・あとは分かるでしょう・・・)

 

 

この日は朝から曇っていて、あまりよろしくない天気。

Dsc_0052_20210615072401

実は自宅を出発した直後は結構な雨が降っていて、正直行きたくないなあ・・・って思ってたんですが、磐田市内に入ると道路を見ると全く濡れてないのでビックリ。
隣(袋井市)は凄く降っているというのに、僅か数キロしか変わらんのに全く違っていましたね。

 

 

で、スタジアムに着いても特に何もすることはないので、試合開始までは多くの応援仲間たちと雑談。
実は今回の試合ですが、自分はハッキリ言ってあんまり見たいとは思わなかったんですよね。
その理由はヴァンフォーレとの試合は昔から何故か毎回のように僅差、それもガッチガチな内容になる傾向が高く、見てて面白く無いものばかりだからで、そんな試合をスタジアムに高い金払って見に行くくらいなら、家で色々な試合をテレビで見てる方が面白いんじゃないかと・・・(あとコロナの可能性もあるので、あんまり人混みの所行くのも・・・)
そう思ってたからです。

 

 

それでも今は内容よりも結果優先なので、贅沢な事は言ってられないけど・・・

 

 

で、その試合ですが・・・

Dsc_0078_20210615072401

前半早々に相手の守備の要ともいうべき選手を退場させ、数的有利になったことで結構早い時間に先制し、これはもしかしたら今回は大量得点を稼げるのでは?と思ってたんですが、その後は試合終了まで全く動きが無いというか、無理して点を取りに行こうとしてる感じが全く無かったです。(珍しく5人交代選手を使ったけど、正直何がしたかったのか?全く分からない・・・)
なんか1-0になった時点で満足しちゃってる感じで、やっぱり今回のヴァンフォーレ戦も不思議とそういう展開になるんだな・・・って。

 

 

シーズン序盤の出遅れがあったものの、ここ最近の連勝により一応これでジュビロは昇格圏内の2位になったようですが、まだシーズンは長いので、このまま油断せずに続けていけば、シーズン終了時にもしかしたら・・・って事もあります。
頑張っていきましょう。(ただ、現在の采配についてですが、自分は全く納得してませんが・・・)

 

 

あ、相手の8番のヤツ(新井)。
なんか聞けば常習犯のようですね。
今すぐサッカー辞めて格闘家か何かに転向した方がいいよ。

 

 

この日の数少ない良かった事。

Dsc_0080_20210615072401

ハーフタイムに今年もシーズンソングを歌ったスピラ・スピカの3人ですが、なんか凄くジュビロを応援してくれているようで、なんかとても嬉しいです。
この日はCDの即売会に登場し、積極的にPR活動とかをしていましたし、多くのファンと喋ったり・・・また試合終了後、たまたま仲間たちと雑談しながら歩いていると、ユニフォーム姿の幹葉さん(ヴォーカルの人)がスタジアムから出てきて色々喋ってくれたりと、凄いサービス精神旺盛で・・・(この試合後の出来事ですが、自分たち数人だけ・・・)

 

 

そーいえば、2年前の人(足立・・・っていう人だっけ?)って一体何だったんでしょうね。
年間通じてジュビロの事なんて応援どころか、完全に忘れてた感じだったし、歴代タイアップアーチストの中でもブッチギリで最悪の印象・・・
(開幕の時から容姿に騙されて鼻の下を伸ばしてる奴等ばっか見掛けたし、何故かチームはその人のオリジナルタオルマフラーを2回も作成したけど、結局何がしたかったのか?という感じ・・・)

 

 

次回はカードの事です。

| | コメント (0)

まだまだやってます

今回はカードの話です。
先月19日よりジュビロショップ磐田店にて絶賛稼働中のオンサイトカードですが、発売から既に2週間が過ぎたので現行の7種(第1弾?)が全て揃った方は結構いるんじゃないでしょうか?
自身はサインカードの良番シリアルの自引きを目指しつつ、おそらく近日中に発売されることになるであろう、次回封入の数選手(第2弾?)の交換要員を貯め込むべく、いまだ挑戦しています。(この初回収録の7選手は結構交換に強いような選手が多いので、おそらく何枚も持っている方が交換には有利だと思う・・・)

 

 

このオンサイトカードですが、前回も書いたように専用の機械から排出されるカードは誰が出るか分からないうえに、レア扱いのサインカードの出現率は毎回バラバラであるため、本当に運が無いと酷い目に逢いますが、運が良ければショップに到着した直後の1発目でサクっと出ます。
しかし大抵は前に挑戦した人のほとんどはサインが出た後の状態で終了しているので、最低でも3~7回くらい回さないと次のサインカードは出現しないため、やはりある程度の苦労はしないと集まらないもので・・・

Dsc_0024_20210528235301

で、先週の土曜日の段階で自身が所持してるサインカードのダブリは計4枚。(大津祐樹×2・小川航基・山本康裕)
これだけでは今後発売が予想される次のシリーズに対してまだ不安があるので、更に追加すべくショップに行ってきました。

 

 

で、挑戦してみたら・・・

Dsc_0029_20210602185301

なんと自身3枚目のダブリとなる大津祐樹選手、そして最近凄く人気が出て来た伊藤洋輝選手が出現。
尚、大津選手のサインカードのシリアルナンバーは2番でした。(このナンバーって、ハッキリ言って全然嬉しくない!!)
ただ早いシリアルということもあって、選手は順番通りにサインを書いたのか?このサインはインクの乗りも良く非常にキレイなものでした。(先日入手したシリアル1番もめっちゃキレイでしたが・・・)

 

 

実はこの日は嫁も一緒に同行していましたが、実はオンサイトカードの機械を見たのはこの時が初めてであり、当然カードの作り方なんて知らない状況でしたが、裏面にスマホ等で撮影した写真も印刷できるという事を知って、だったら・・・ってことで我が家のネコの写真をカードに印刷することに・・・

 

 

ただここでサインカードが出ちゃったりしたら、サインカードの裏面にクラブエンブレムではなくネコの写真が入ってしまうので、今後交換は出来なくなるので、自分としては「サイン、来るなよ!!」って念を送りつつ、カードが排出されるのを待つと、そこは普通のカードだったので、ちょっと安心したものの、その後も嫁は連続してネコの写真を印刷・・・

 

 

この時、本来ならサインカードが出る頃でもありましたが、何故か不思議な事に避けてくれてる感じでした。
そして何枚か写真印刷(実は結構手間が掛かる)をしていた嫁が、いつも自分がやってるように普通のエンブレム印刷に替えた直後、出てきたカードが・・・

Dsc_0030_20210602185301

遠藤保仁選手のサインカード!!(シリアルナンバーは、引いて全然嬉しくない2番・・・)
「あっぶねー!!」この強力な交換要員になるであろう、遠藤選手のサインカードの裏面にネコが印刷されなくて本当に良かった・・・と思ってたら、嫁が「いや、これは私が引いたモノだから・・・」って言って自分の物にしちゃうワガママ発言・・・
金出してるの、自分なんだけど・・・

 

 

で、その後に自分は小川大貴選手のサインを引いたところで今回は終了。(この直後、サポ仲間でもありショップ常連でもあるAさんがチャレンジし、僅か3回で遠藤選手のサインを引くという・・・正直もっとやってれば良かった・・・)

 

 

ということで、現在手元でダブっているサインは・・・

Dsc_0034_20210602185201

以上の8枚です。
遠藤選手は一応嫁のモノ扱いであるため交換は不可ですが、その代わりジュビロ的には交換要員として結構強いと思われる大津選手が3枚もあるのは非常に大きい。

 

 

で、我が家のネコを印刷したカードも紹介。

Dsc_0031

こんな感じです。
印刷した直後、左の方の写真は何故かショップで大人気でした。

 

 

次回も多分カードの事を書きます。
え?チームエディションって今年も発売されないって話じゃなかったの?
はぁ!?まさかの値上げ!!!?

 

 

ジュビロの事も書いとくか・・・
昨日はギラヴァンツ北九州相手に2-0で勝ったけど、一応結果が出ているとはいえ、相変わらず訳の分からん采配で本当に何がしたいのか?自分には全く分かりませんでした。
試合を見てた人間なら分かると思いますが、試合終盤になり無失点で終了させなくてはならない時間帯に、それまで寝てたんじゃないかと思う指揮官が、切羽詰まって相次いでピッチに投入する選手は攻撃陣ばかり・・・
しかも投入された選手は誰1人として全く機能せずですからね。
それでも昨年の終盤に対戦した時は完全に力負けしたものの、その年のオフに様々なチームから主力を強奪されまくって、すっかり弱体化した相手から、終始猛攻で奪った得点が2点だけってのも十分問題だと思うのですが・・・

| | コメント (0)

興行的にはOKかもしれんけど・・・

今回は先日行われたvsザスパクサツ群馬戦の事について書いていきます。
J1昇格に向けて頑張っているように見えるジュビロですが、直近の2試合を連続で引き分けるなど、このままで本当に昇格出来るのか?非常に怪しい状況ではありますが、果たして今回は?(ちなみに前回予告したカードの事については、一度書いたものの、またしても自分のミスで消してしまったので・・・)

 

 

この日の自分ですが、夜勤開け直後ということもあり、試合前から凄く眠い状態でした。

Dsc_0032_20210516055401

天気はとても良く、普通にじっとしてるだけでも汗が出てくる程の気温で、まるで初夏。
しかしそんな中でも平気で寝れるくらい、自分は既にヤバイ状況・・・

 

 

この日の年に1度だけ行われる磐田市内の小学生の観戦日でした。

Dsc_0041_20210516055301

例年なら各学校の5年生&6年生が観戦することになっているんですが、コロナ禍により現在では各学校の6年生のみ、それも観戦希望者だけになっているそうです。

 

 

ということで、この日はそれに関連したイベントが行われました。

Dsc_0039_20210516055301

この黄色いキャラクターとか・・・(これ、何だっけ?)

 

 

で、一応メインの試合ですが・・・

Dsc_0044

結果からすれば1-0でジュビロが勝ったものの、これは・・・って思った方も沢山居たんじゃないでしょうかねぇ・・・
そりゃあ結果が全てとは言え、J1昇格を狙っていて、シーズン前に120%の補強が出来たと強気で言い放っているチームとしては、あまりにも寂しい内容の試合だったとしか言いようが無いものでした。

 

 

草津を応援してる方には申し訳無い言い方になってしまいますが、今年ジュビロが対戦した中では、今回の相手はハッキリ言って誰が見ても一番弱かったと思います。
しかも両者には埋める事が出来ないくらいの大差がありました。(相手のチャンスはゼロに等しい・・・)
ところがこの日のジュビロはカウンター禁止令が出ていたんじゃないか?と思える内容で、チャンスになりそうな時でも相手に遠慮してるのか?消極的なパスばかり選択していて、本当にもどかしいというか・・・

 

 

聞けば、前半終了時のジュビロの総パス数は、なんと300本を超えていたそうで、本当に攻める気があるのか?というような感じ。
試合前に「展開によっては、もしかしたら寝ちゃうかもしれん・・・」と言ってた自分ですが、嫁が言うには、この試合は前半途中からハーフタイムまで寝汗をかくほどに熟睡してたらしく、確かにその間の記憶が全く無い。

 

 

尚、今回久しぶりに先発で出場した遠藤選手ですが、一応決勝ゴールを決めたものの、そのゴール以外は全く駄目な出来でした。
そしていつも言ってるように今回の采配も相変わらず酷いというか、素人以下なんじゃないかと・・・
あの体力が著しく消耗するような暑い中、交代選手を送り出す時間も考えられませんし、その選手を起用する意図も何故?っていうような感じ・・・そしてまたしても無駄に交代枠を残しているし・・・(普段は試合終了まで体力が持つ山田選手が後半途中でシュートが打てなくなる程フラフラしてたのに、ベンチはそれを把握してなかった感じ・・・っていうか、いつもそうか・・・)

 

 

そんな内容的にも結構酷い試合だったんですが、翌日の静岡新聞は・・・

Dsc_0052_20210516055201

こんな感じで遠藤選手が大きく写真付きで掲載されていました。
興行的にはJリーグ28年目という記念日(5月15日)に看板選手でもある遠藤選手のゴールでチームが勝利したから、「はい、良かったね・・・」って思われるかもしれないし、報道する側もそういう流れを望んで伝えたいというのも分かる・・・分かるんだけどね・・・
しかし今回の試合は年に1度の小学生の観戦日で、サッカーについてあまり良く分からない子(もしかしたら学校側からの依頼で興味なんて全く無いような子)も沢山居たと思うんですが、あんな暑い中で終始攻める気の無い退屈な試合を見せられたら、再びスタジアムに足を運んで見に行きたいって思った子は果たしてどのくらい居たのか・・・?って思います。(特に今回の相手なら、どんなに悪くても最初から3点くらいは狙っていかないと・・・特にサッカーをあまり見たことが無いような子でも明確に分かる楽しい試合じゃないと、新たなファンの獲得は難しいと思いますが・・・)

 

 

ちなみにこの日、帰宅してから横浜FCの試合を見ていたら、我が家で応援してる松浦選手が今期初ゴールを決め、チームも今期初勝利を飾っていました。

Dsc_0049_20210516055301

試合後、笑顔の松浦選手。(一番左)年間MAX3ゴールだから、あと2回はこういう事があるってことですね・・・(違)
ところがこの貴重なゴールの瞬間ですが、実は自分は見てなかった・・・(松浦選手がゴールを決めた時、実は我が家のネコが脱走してしまい、自宅周辺を大捜索してた時だったんで・・・)

 

 

この日は松浦選手だけでなく、FC東京のアダイウトン選手も2ゴールだっけ・・・
大南が守備してるチームからの2ゴールは個人的に痛快です!!

 

 

次回こそカードの事を書きます。
開封結果・・・もちろんあります。(もう消さん!!)

| | コメント (0)

どうなんでしょう?

今回は5月1日に行われたvs栃木SC戦の事を書いていきます。
ジュビロ磐田ですが前節・モンテディオ山形戦で残念ながら連勝が止まってしまったものの、微妙ではあるが一応J2上位につけていることもあり、まだJ1昇格をあきらめるのは早いと思っている人も多いし、先日ようやく合流した新外人選手たちが見て分かるレベルで活躍してくれれば、もしかしたら・・・って事もあるかもしれません。
ちなみに5連勝目を狙った山形戦ですが、下馬評ではチームの完成度を比の比較とか、連勝による勢いの違いを考えたら、ジュビロの方が圧倒的有利とか言われていたそうですが、ある程度の昔からジュビロを応援してる方々に言わせれば、先日の山形戦、それもアウェーでの敗戦は結構想定内の結果であったと・・・

 

 

そりゃあJ2から上がって来たばかりのJ1初めての相手にホームで6点取られただけでなく、その年にダブルをされたり、あの忘れもしない昇格プレーオフ・・・の直前のホームで何も出来ずに完封負けしたことで、その時の試合結果によってギリギリプレーオフに滑り込まれ、あの悪夢のプレーオフ(全世界に恥を晒したGKによる決勝ゴール)に繋げられたんですよ。
それから時は流れ、久しぶりに対戦した昨年も、やはりシーズン終盤での完封負け、そして今回も完封・・・
本当にジュビロにとって山形は嫌いを超越した相性が極悪な相手・・・山形に勝つ事に比べれば、川崎フロンターレに勝つ事なんて簡単なもんだと自分は思います。(実際本当にそう思っている人は結構いる。通算対戦成績もある程度対戦した相手チームの中では多分一番勝率が低い相手・・・)

 

 

で、その栃木戦が行われた1日の事ですが、実はキックオフ(14時)の時間から約5時間くらい前までは、結構良い天気だったんですよ。

Dsc_0259_20210503023901

これは当日の自宅のベランダを写したもので、ヤツが身体を乗り出して「ニャーニャー」鳴いてるところを撮影したものですが、空を見ると本当に雨が降るのかよ!?って感じなんですよね。

 

 

で、これが試合開始まで僅か15分くらい前のスタジアムの様子ですが・・・

Dsc_0261_20210503023901

この時は、もう既に結構な量の雨が降っています。

 

 

グランドも水を思いっきり含んでいて、パス依存症(多分末期)の疑いがあるジュビロにとって厳しいコンディション。

Dsc_0264_20210503024001

それでも試合は定刻通りにキックオフすることになるんですが、開始前から続いていた激しい降りに加え、雷鳴が響き渡るという、あまりにも危険すぎる状況になってしまい、前半7分に審判の判断により試合が一時中断することになります。

 

 

で、約30分の中断後、無事に試合が再開されました。

Dsc_0269

結果は3-2で勝ちましたが、内容は2度追い付かれたものの、最後は何とか・・・という感じで、いつも通りギリギリの勝利でした。
まあ内容なんて開幕から全く期待してませんし、前節同様この日も現在上位のライバルチームは全て普通に勝利しているわけですから、とにかくジュビロが得意とする下位チーム相手の取りこぼしや、毎試合同じパターンで失点する失点癖を無くさないと、上に上がって行くのは難しいでしょう。
それにしても後半終盤になってようやく最初の交代選手を投入しましたが、それが相変わらずというか全く意図の見えない交代だったり、100%必ず交代枠を残す采配ってのは一体どうなんでしょうか?(ここまで全試合、交代枠残し絶賛継続中)
なによりも先日の1週間で3試合もあった時なんて、ほとんど先発メンバーを変えずに臨んでたことで、相手チームに攻略されまくってたし・・・

 

 

次回はゴールデンウィーク中の自分の事でも書こうかと思います。
それにしても5月に入ってからは、なんか2ヶ月くらい前の気温(寒さ?)が戻ったような感じです。
特に試合があった日なんて、静岡県内は大気の状態が不安定になり、全国ニュースで何度も取り上げられたように県内の中心的な茶産地でもある牧之原市を直撃した自然災害(竜巻や落雷など・・・)により、当然のように自分は・・・

 

 

最後に、これだけは書いておく。
今回突然起きた中断時の状況についてですが、チームを運営する側としては、このような万が一のような事が起きるとは全く思ってなかった(多分運営側としては想定外の出来事)らしく、雷鳴が鳴って稲光がピカピカ光った直後に一応スタジアムの最初の場内アナウンスでは「屋根のある場所、もしくは(駐車場の)自家用車に避難して下さい」と言われ、それによって結構な数の人間が移動し始めました。
自分は基本的に屋根の無いバックスタンドで観戦しているので、こういう状況が発生すると避難するのはかなり大変です。
そしてしばらくしたら、「北側の体育館も開放しましたので、そちらに避難もか可です」と言われましたが、この時既に屋根のある所や各ゲートには非常に多くの観戦者が殺到・・・
人間こうなると、もう身動きも何も出来なくなるもので、今更バックスタンドから結構遠い場所の体育館の方まで移動するのは将棋倒しとかが起きる可能性も高く、非常に危険も伴うので移動は不可能に近い。

 

 

ちなみにこの時の密集度なんですが、毎日のように口酸っぱく言われている『密を避けるように心がけましょう』なんていうルールみたいなものは全くありません。
俗に言う自粛警察なんていう空気読めないヤツが見たら、瞬時に発狂しそうなレベルでした。

 

 

そして試合が中断してから2回目の雷鳴が鳴るのですが、これが非常に近い所に落ちた感じ(音で判断する限り)で、この時スタジアムは騒然となりました。

 

 

ところがアナウンスで駐車場に避難しても良いと言われたはずなのに、先が進まず全く人が流れません。
その理由は避難民の先頭付近はゲート付近で止められたままだったんですが、なんでゲートで止められていたのか?というと、なんと係の人が再入場の券を1枚1枚丁寧に配っていたからです。

 

 

この再入場の券なんですが、普段の試合において一旦スタジアムの外に出た人が再び中に入るときに必要となる券であり、それを貰うときには必ずチケットの半券を見せる事になっていますが、こんな緊急を要する状況でも普段と同じ事をしていたため、非常に時間が掛かっていたからなんです。
確かにそういうルールはあるにしても、こんな状況ですから、これが原因でもしも避難に遅れたことで落雷による事故が起きてしまった場合、一体誰がどう責任を取るんだと思いましたね。
再び書きますが、再入場券を貰ってから外に出るのがスタジアムのルールですし、運営側の言い分も分かりますが、さすがに人災が起こりかねない状況でも、そういう事をしていたことで、この時のゲート付近は今まで一度も見たことも無いようなパニックが起こりそうな感じでした。(←この書き方だとパニックが起きてないように感じますが、実際は激しい怒号が飛ぶなど、お客さんとスタッフは一触即発状態でした)

 

 

バックスタンドはそういう感じでしたが、ゴール裏はスタンド真裏の売店付近が凄い密集状態だったとのこと。

 

 

今回の運営側の判断は間違ってはいないかもしれませんが、それでも今後も起きるであろう・・・そういう事態に備え、一度くらいはそういうシミュレーションみたいなことをした方が良いのでは?と思いますね。
特にあの屋根の無い大きなバックスタンドを持ってるスタジアムを管理する会社としては・・・

| | コメント (0)

結果は良かったと思う

ジュビロ磐田ですが、昨日はvs松本山雅FC(ホーム)の試合がありました。
前回のホームゲーム(と言っても半分アウェーみたいな静岡スタジアム・エコパ)では、前半の早い時間帯に2失点を食らい、その後は結局何も出来ずに敗戦を喫しているだけに、まずは常にホームの試合を見に来るお客さんの信頼を回復させないことには・・・

 

 

ということで、この日のスタジアムの様子です。

Dsc_0227_20210411051601

見ての通り、とても良い天気。
試合もこんな感じでスッキリした結果になればいいな・・・と思いながらスタジアム入り。

 

 

最近はコロナの影響で、スタジアムに行っても、これと言ったイベントがほぼ無い状態なので、知り合いたちと挨拶をしたら、とっとと中に入り、席に着いたら試合までぼーっとしてるだけです。(これが本当につまらん・・・)

Dsc_0232

ちなみに試合ですが、結果から言えば4-1で勝ちました。
で、その内容は?というと、これまでのような半分個人技頼りの得点だけではなく、久しぶりに多くの選手が絡んで相手の守備を崩しての得点も生まれ、観戦初心者の人にも楽しんで貰えるような試合になったんじゃないでしょうか・・・

 

 

ただ、数字の上では大差がついたものの、この日の出来は決して褒められたものでは無く、特に前半の出来に関しては、おそらく今年行われてきた試合の中では最低最悪に近いもので、45分間本当にチャンスらしいチャンスは本当に無かったようなものでした。(得点はPKだったし・・・)

Dsc_0234_20210411051601

それでも内容云々は抜きにして、勝った事はチームとしても自信に繋がるだろうし、このままの感じでシーズン最後まで行ってくれれば、きっと良い結果が付いてくると思います。
些細な慢心と油断さえ無ければ・・・ですが・・・

 

 

次回こそ、掲載が遅れに遅れている例のプレゼントで貰えるユニフォームの事について紹介していきます。
正直、そんなに期待する程のことではない内容ですし、とにかく文句ばかり・・・

 

 

最後に今回は約1ヶ月ぶりの更新となりましたが、更新出来なかった理由はハッキリ言って色々忙しかっただけです。
地元の色々な活動、仕事、後は様々な医者に通ってたこととか・・・
とにかく更新出来なかった期間中、心配されてくれた方々、本当に申し訳ありません。

| | コメント (0)

勝ったよ!勝った・・・勝ったんだけど・・・

今回は先日の土曜日に行われた、vs水戸ホーリーホック戦の事について書いていきます。
いきなり冒頭から厳しい事を書きますが、やっぱ、この監督じゃあ駄目だ!!っていうのが、サッカーを知らないような人でも良く分かる、まさにお手本のような試合でした。

 

 

この日は朝から結構な雨・・・
前節はホーム開幕戦だったというのに、非常に情けない試合を見せてくれたこともあって、この日はチケットが余りまくっていました。

Dsc_0209

Dsc_0210

これは試合開始直前の様子です。
画像には写っていませんが、実はこの時点で結構な数の席が空いていました。

 

 

キックオフの前なんて、結構な雨で本当にキツイ状況・・・

Dsc_0211

この時点で自分はマジで帰りたい気分でした。
ただ、唯一良かった点は、雨天により花粉の影響が全く無かったことくらいか・・・

 

 

で、試合ですが・・・

Dsc_0212

前半は山田選手の2ゴール(どちらも狙ってた訳では無いゴール?)が効き、2-1で前半終了。
今年初めてジュビロがリードする展開になりましたが、結構沢山あったチャンスを無駄にしてた感じでした。
特に酷いと思ったのはミドルシュートの正確性が無いというか、ほとんどのシュートが枠に飛んで行かないというのは、本当に何とかならないものか?

 

 

前半終了時には・・・

Dsc_0217

雨も上がり、青空が顔を出してくれました。

 

 

そして、後半ですが・・・

Dsc_0219_20210315181301

リードされてる水戸は、次々に選手を代えてきますが、後半30分にルキアン選手のゴール(これも狙ってた訳では無いゴール?)が決まり、3-1となります。
普通なら、これで勝ちを確信してもいい状況になったと思うし、多分この試合を見てる多くの人は、早く疲れている選手を交代させ、ちゃんとゲームを終わらせる為の準備をするもんだと思ったでしょう。
ところが失点直後に動いたのは水戸の方であり、ジュビロのベンチは一切動かず・・・

 

 

この時点(後半32分)で、相手側は5人の交代枠を全て使い切りましたが、ジュビロ側は、まだ1人も変わっていません。
2点差がついていて、しかも疲労から明らかに動きが悪くなってきてる選手が何人もいるというのに、一体何故1人も交代しないのか?って普通の人なら疑問に思うでしょうが、常人の斜め上を自分の考えだけで突っ走る指揮官ですから、そんな異常な事は日常茶飯事・・・ 

 

 

そして後半33分、山本義道選手のファールから相手にFKを与えるシーンが出てくるんですが、自分は山本選手が疲れから足がもつれ、相手の動きについて行くことが出来ず、たまらずにファールを与えたように見えました。
で、この時の相手チームは長身選手ばかりが揃っていて、こうなると一つのファールでもセットプレーになると怖いものです。
そのファールで得たFKのポイントがペナルティーエリアの外で、やや左サイド側だったんですが、この時スタジアムに吹いてた風向きが、FKポイントからゴール方向。
この時、正確にコントロールされたボールがゴール前に上がり、これを相手選手が高打点のヘッドで捕え、まさに絵に描いたように失点し、スコアは3-2・・・
さあ、これで尻に火が付いた・・・

 

 

ここで失点したことで、ようやく眠っていたベンチが慌ただしく動きだすのですが、ここの交代はただ単に失点したことで、とりあえず5人残っている交代枠のうち、元気なヤツを何人か使っていこうっていうだけの、全く意味の無い交代のように見えました。(実際は違う・・・と信じたいが・・・)

 

 

そして後半42分に大津祐樹選手が投入されるものの、正直この交代って一体何のために?
オフ期間に獲得した選手の中でも、そこそこ知られている選手だから、必ず試合で使わなきゃいけない契約でもしてるのか?と思った交代でした。(実際、彼はこの試合では全く役に立ってなかったです)

 

 

で、この後は記録にこそ載ってませんが、スタジアム全体が悲鳴に包まれるシーンがあったんです。
それは後半ロスタイムでの出来事で、状況は2失点目の時とほぼ同じでしたが、今度は全く逆側で相手にFKを与えてしまいます。
そしてこの時スタジアムに吹いてる風向きが、あろうことにまたしてもゴール方向。(ポイントが逆になったのに、風向きまで逆になった・・・)
またしても正確にコントロールされたボールがゴール前に上がり、これを相手選手が高打点でヘッド!!

 

 

この瞬間、見てた人の誰もが「これで同点・・・」と思った事でしょう。
ところが完璧に打たれたかに見えたボールはゴールを外れ、失点を免れたところで試合終了。
今期初勝利であり、勝ち点3を得る事が出来たものの、まさに薄氷の勝利という言葉がふさわしい試合でした。

 

 

ちなみに、この2本のヘディングシュートを打った選手は、2年前までジュビロに所属してた中山仁斗選手・・・
どんなプレイヤーなのか、チームとしては十分過ぎるくらいに分かってるはずなのに、こうやって完璧にシュートを2回、それも全く同じ形で打たれるという事は、彼に対して全く対策などしてないということになります。

Dsc_0178_20210315182301

とりあえず、テキスト代わりということで、今回あまりにも情けないと思った、後半の流れでも載せておきます。
これをみれば、一体どんな状況だったか、分かる人は分かると思います。
冒頭にも書きましたが、一応試合には勝ったものの、この指揮官ではJ1昇格は無理・・・(大事な事なので、2度書かせて頂きました)

 

 

あ、この時の状況インタビューも・・・

 

https://www.jubilo-iwata.co.jp/live/2021/J20210313_2012120524

 

何言ってるんでしょう、この人・・・って思いますね。
もう下手な事は言わないで欲しい・・・(ジュビロがド強かった2000年の頃も、やたらインタビュ-で選手よりも喋りたがってた感じだったし、ハッキリ言って『黙れっ!!』っていつも思ってました。あなたより選手の声を聞きたいんだよっ!!)

 

 

次回は例のポイントで貰えたユニフォームの事についてです。
実は届いてから色々な事がありましたが、まあそういうことだったんだなってことで・・・

| | コメント (2)

もう末期・・・

今回は3月6日に行われたホーム開幕戦・FC町田ゼルビア戦の事について書いていきます。
まだまだジュビロって強いチームなんだと勘違いされてた方にとって、あまりにも厳しすぎる現実が見えた試合でした。

 

 

この日は非常に暖かく、まるでゴールデンウィーク・・・を超えて初夏の頃のような天気。

Dsc_0190_20210307084001 

Dsc_0192_20210307084001 

スタジアムには開幕戦を待ち望んでいたファンたちで、かなり賑やかな雰囲気でした。
しかもこの日の試合後には、昨年現役引退を発表した前田遼一氏の引退セレモニーも予定されているため、試合など全く関係無く、それ目当ての為だけにスタジアムに来た人も結構いました。

 

 

とにかく前田遼一氏の引退セレモニーを負けた後の嫌な空気の中でだけは絶対に行わせてはならないし、そういう状況は絶対に避けなければならない!!
試合前にそういった雰囲気みたいなのはありましたし、第1戦を敵地で落とし、絶対連敗だけは避けなければならない状況でしたが、この日のスタメンは、まさかの前節とほとんど変わらないメンバー・・・

 

 

自分はこのスタメンを見た瞬間、完全に負けを覚悟し、嫁に「あのさ~・・・来場ポイントだけ貰ったら、さっさとウチ帰ってもいいか?」って言ったほど・・・
この日の相手は第1戦(FC琉球)よりも明らかにチーム力が上、しかも戦術までしっかりしている。
そんなチームが今回の試合の為に入念な準備をしてきているというのに、ジュビロは?というと・・・

 

 

明らかにJ2・・・いや、サッカーそのものをナメてるでしょう。
そんな試合前から、この日の展開まで読めてしまうようなメンバーで臨んだ今回のゲームですが・・・

Dsc_0193_20210307084001

キックオフから数分後、前節同様またも速い時間帯にミスから失点。
その後、一旦追い付くものの、その僅か2分後に再び失点・・・
そして、後半にはもう守備陣が完全に崩されて、ダメ押し点まで献上・・・
新戦力や昨年台頭仕掛けた若手選手はベンチスタート以下ということで、完全に信用してないようだし、早く追い付かなければならない状況で選手交代が遅い、しかも昨年からずっと続いている負けている状況であるにも関わらず交代枠を必ず余らすクソ采配・・・(J1最強の川崎フロンターレは、どんな試合でも必ず交代選手は5人フル活用してますよね・・・)

 

 

そりゃあ、将来のジュビロを支えてくれるんじゃないかと思ってた選手が次々に出ていくわけだ・・・(この日、J1では期限付きで仙台に移籍した上原選手が川崎相手にゴールを決めました・・・この結果により上原選手は、昨年色々なチームに期限付き移籍で貸してた選手と同様、多分もう二度とジュビロに戻ってくる事は無いでしょう・・・)

 

 

改めて思う、この日の磐田は・・・

Dsc_0201

いい天気だな・・・

 

 

自分はオフ期間にチームの監督や強化部が続投を発表した瞬間、来年(つまり今年の事)のJ1昇格を80%・・・いや、100%あきらめました。
キャンプ前に補強は120点だったとか、オファーしてる外国人の事について、色々含みを持たせた言動とかもありましたが、今の首脳陣の言葉など昔から信用も期待もしてないし・・・

 

 

ホームで惨敗し、これで開幕2連敗という非常に重い空気の中、上にも書きましたが前田遼一氏の引退セレモニーが行われました。

Dsc_0204 

挨拶が終わり、息子と共に場内を回る。

 

 

ゴール裏の段幕。

Dsc_0199_20210307083801 

Dsc_0206

とにかく勝って欲しい日だった。
最近のジュビロって、こういう特別な試合は殆ど勝ってない気がする・・・

 

 

ここまで2試合消化しましたが、昨年J2でも下位の方に沈んだチームと対戦して2連敗です。
しかも驚いた事に2試合の合計時間(180分+α)でジュビロがリードしてる時間帯は0分。
スコアがタイになってる時間帯も僅か十数分だけということで、ほぼ常に相手を追いかける状況で試合をしています。
先制されたら現在のチーム力では、ほぼ追い付くことが出来ずにTHE・ENDを迎えるだけ・・・
どうすればいいか?というと、もしも可能なら現在のチームに潜む悪い連中を一掃できる、もしくは考え方を180°変える事ができるような凄い権力者でも連れてくれば・・・ということしかないような・・・(チームが頭の固い連中たちの思うがままになっているので・・・)
このままの状態で進めば、まだ3月頭という早い段階で間違いなく2021年シーズンが完全終了することになる!!
ただ指をくわえて見てるだけの状況では、これまでジュビロを支えて来た多くのファンから見向きもされなくなるのをチーム関係者は分かって欲しいんだけど・・・
今週末に行われる第3節で何かが変わってくれる事を自分は祈っていますが、もしも前の2試合と同じようなスタメンなら、これ以上試合を見に行くのは貴重な時間と大事な金の無駄・・・

| | コメント (0)

より以前の記事一覧