2020年・開幕戦レポート(今回は長い)

昨日は2020年J2開幕戦・vsモンテディオ山形戦が行われました。
モンテディオとのホームでの開幕戦と言えば、やはり2009年の歴史的大敗ですかね・・・
時間の経過と同時に増えていく相手の得点・・・とにかく悪夢としか思えない試合でした。(2014年のGKにゴールを決められた時よりも内容的には、そっちの開幕戦の時の方が悪かったと思う)
そんな超苦手チームが相手ですが、2021年にJ1で戦うためには、最低でもこの試合は相手を圧倒するくらいの内容で勝利しないと・・・

 

 

ということで、この日のスタジアムの様子・・・

Img_20200223_094941

やはり例のウイルスの恐怖からか、過去に見たことも無いくらい大勢の人のマスク姿・・・
そして晴天でありながら、常に冷たい強風が吹き荒れつつも、同時に大量の花粉が飛びまくっている遠州地区独特の天気でした。
こういう日って本当にキツイ!!

 

 

スタジアム広場を散策してると、なにやら長い列が・・・

Img_20200223_094931

これは昨年までジュビロに在籍していた太田吉彰氏の引退記念Tシャツを求める列でした。
尚、この日の試合後には、太田氏の引退セレモニーが行われました。(ちなみに今回売り出された限定Tシャツは予定数完売!!)

 

 

我が家の応援強化選手でもあった太田氏ですが、当然凄く応援してた嫁は購入すべく長い列に並びました。

Img_20200223_094925

最後尾の人は、このプラカードを持たされます。
経費節減!!

 

 

そして、この日のジュ美女スポットは・・・

Img_20200223_094946

自分にとって、「もう最悪!!」って大声で叫びたくなるイベントの一つでもある限定カードの配付・・・ということで、今回配付されたのは2020年・新入団選手の名刺カード(全10種)でした。
当たり前な事ですが、これは女子限定なので当然野郎は貰うことが出来ません!!
こういう差別的なイベントって、このまま永久に続けられていくんだろうな・・・

 

 

こちらはサポーターズポイントで貰える商品等の告知版です。
2020年は昨年までの内容と大きく変わっていると聞いていましたが、見てみると確かに昨年と全然違う設定になっていました。

Img_20200223_113746

例えば昨年までなら15,000ポイントで選手用ユニフォーム+VIP席+試合前の選手ハイタッチの計3点が付いてきたんですが、嫁や多数の人が被害を受けたポイント剥奪事件の影響(?)からか、今年は各交換商品に対し、かなり厳しく締めてきたって感じになってました。

 

 

参考までに今年の交換アイテムは・・・20,000点で選手用ユニフォーム+オリジナル選手サイン色紙の2点になり、15,000ポイントではVIP席観戦チケットのみ・・・そして14,000ポイントで選手用ユニフォームというようになってしまいました。
2014~2015年の最初の2年間、10,000ポイントで選手用ユニフォーム+VIP席の豪華2点セットが貰えたのが本当に夢だったとしか思えなくなってきた・・・
他には試合終了後のピッチ補修体験って応募による抽選プレゼント企画だったのが3,000ポイント使わないと参加出来ないって・・・
でも今回設定された中で一番驚いたのは、7,000ポイントで選手オリジナルサイン色紙が貰える権利でした・・・が、それについて言わせてもらえば、そんな高いポイントを使ってまで色紙1枚を貰うような人間なんて、多分この世には1人としていないと思う!!(←これが今回設定された中で、多分一番セコイ交換アイテムで間違いないでしょう)

 

 

ということで、半笑いというより呆れ笑いをしながら、その14,000ポイントで貰える選手用ユニフォームが写っている所の下をよ~く見てみると・・・

Img_20200223_113738

なんと、小さく細い字で先着20着限定っていう悪魔のような事が書いてありました。
ということは、シーズン終盤までポイント交換せずにモタモタしてると、ユニフォームは無くなる可能性もあるし、だったら早いうちに交換しておかない最悪な事に・・・

 

 

ということで、昨年のうちに19,000ポイントくらい溜まってたので、早速交換申請!!(翌日、引かれたポイントが反映されてました)

Img_20200224_172919  

当然というか、やはり自分が今年度における選手用ユニフォーム獲得の第1号達成者でした。(ジュビロの担当者も、いきなり開幕戦からユニフォームをポイント交換するような人間が現れるとは思ってなかったそうで・・・)

 

 

で、広場を歩いていると、なんだか多くの人がたかっているブースを発見。

Img_20200223_130632

一体何があるのか?と言うと、そこでは今年のシーズンソングを歌うスピラ・スピカというグループのCD即売会が行われ、スピラ・スピカ本人たち(3名)が自らCDを売り込んでました。(この後、ハーフタイムではピッチでシーズンソングでもある「僕らのPRIDE」を披露しました)

 

https://spiraspica.com/

 

ヴォーカルの幹葉さんですが、つい先日はジュビロの練習にも訪れたそうで、昨年の足立なんとか・・・って人よりも、今年のスピラ・スピカの方々の方がジュビロの事を強く想ってくれる感じがします。
『先輩UNIONEさんの想いも受け継いで・・・』ってツイートしてるくらいだから、昨年のは、もう完全に無かった事になってるんでしょうね・・・

 

 

試合開始まで40分となったので、広場での時間潰しは終了しスタンド席に戻ることにしました。
で、その後は試合前の練習で選手たちが出て来て、例のサインボールを投げるんですが・・・

Img_20200223_132852

なんと!!開幕戦からいきなりボールGET!!(小川大貴選手でした)
このボールですが、自分の背よりも遥か上に飛んで来たので、ジャンプして叩き落とそうとしたんですが、ボールは手の僅か上を抜けて行き、「あ~!残念・・・」と思っていたら、すり抜けてったはずのボールは何かに当たって跳ね返り、まるで自分に吸い寄せられるかのように、目の前に転がってきたんですよ!!(昨年の最終戦に続き、2試合連続ボール獲得という偉業?達成??)

 

 

今年はなんか色々とツイてるなあ・・・って思いました。
ちなみに今回捕ったボールですが、試合後に自分の知り合いが今回たまたまスタジアムに連れて来た子にあげちゃったけど・・・

 

 

試合前のアウェー側の様子です。

Img_20200223_134525

開幕戦ということもあって、ゴール裏応援席はギッシリと埋まりました。

 

 

当然ホーム側も・・・

Img_20200223_140104

こんな感じでした。

 

 

試合ですが・・・

Img_20200223_140408

東京五輪期待のストライカー(←ここには願望も含まれています)・小川航基選手が前半に効果的な2ゴールを挙げ、その後も危なげない内容(細かく言えば、危険な場面はあったが・・・)で、ジュビロにとって難敵とも言えるモンテディオ相手に完封勝利。
例年スロースターターなジュビロにとって、珍しく内容も伴った試合でした。
これで試合後に行なわれる太田吉彰氏の引退セレモニーに華を添える事も出来たし、本当に良い開幕戦になった。

 

 

太田吉彰氏の引退セレモニーの様子です。

Img_20200223_162533

Img_20200223_163101

ピッチを縦横無尽に良く走った選手だった。
最後のスタジアム一周の時は、当然というか当たり前のように嫁(と自分)に気付き、何か言葉を返してくれました。
ちなみに太田氏は今年からジュビロのスタッフになるので、また何かの機会の時には普通に会えるでしょうが・・・

 

 

最後に今回ジュ美女スポットで配付された新入団選手の名刺カードを紹介しておきます。
この日は寒かった事と例のウイルスの恐怖からか?自分の知り合いが通常よりも少なくて、集めるのに相当苦労しましたが、それでも自分は恵まれているようで、運良く全種類揃える事が出来ました。

Img_20200224_161828

名刺カードということで、サイズは名刺と全く同じでした。
今回収集に協力してくれた多くの女性陣の方々には感謝です!!

 

 

次回は・・・
個人的にゲームのことを書きたいけど、多分それは無いであろう・・・

|

2020年シーズンが始まりました

本日1月12日、2021年のJ1昇格に向けて新生ジュビロ磐田がスタートしました。
ここまでチームのオフの過ごし方を見てる限りでは、昨年よりも普通にサッカーに対する取り組みというか、やる気が感じられるし、これは久しぶりに少しだけ期待しちゃってもいいんじゃないか!?という感じですが、果たして・・・

 

 

ということで、本日は今年初の練習見学に行ってきました。

Img_20200113_085251

この日は午前8時30分より練習開始予定でしたが、例年最初の練習は予定よりも遅く始まるので、そんなに気張って早い時間から行く必要は無いのですが、それでも数少ない駐車場が速攻で埋まってしまうため、結局は早く行かなければなりません。
ちなみに昨年の練習初日は悪天候にも関わらず約700人もの見学者が訪れましたが、今年は祝日で天気が非常に良かったのに見学者数は約450人・・・
まあ今年はJ2だし、有名選手がほとんど居なくなったこともあるので、見学者が大幅に減ったのは仕方が無いかもしれませんね。

 

 

最初の練習・恒例の選手全員の挨拶。

Img_20200113_090644

「頑張ってJ1昇格を目指しますので、今年1年間、熱い応援を宜しくお願いします!!」
絶対だよな!!その言葉、信じていいんだな!!

 

 

この日は練習初日ということで、ボールを使った練習は一切無かったです。

Img_20200113_102325

とにかく走って走って、その後は柔軟体操。
選手からすればキツイ内容ですが、1年間戦える身体作りをしなければならないので、こういう基礎練習は非常に大事なことです。

 

 

で、午前練習が終わった後は一旦帰宅し、午後2時から始まる全国高校サッカーの決勝戦(前日に行われたU-23の試合よりも遥かに内容が凄い!!静岡学園、優勝おめでとう!!あと前日の高校女子サッカーも優勝された藤枝順心もおめでとう!!男女共に静岡県の高校が優勝し、世間ではサッカー王国復活とか色々言われていますが、正直まだまだ・・・)を見てから、当然のように午後も練習見学に行ってきました。

Img_20200113_163840

Img_20200113_170155

まあ練習内容は午前と同じような内容でした。

 

 

ちなみにこの日は練習初日でしたが、昨年と違って午前&午後共にファンサービスはありました。
そのファンサですが、練習に参加してた選手は多分全員が来てくれたと思います。おかげで、まだサインを貰ってなかったカードに沢山貰う事が出来ました。

15789273536535886875041700835373

15789269704181321017634415062403

選手の皆さん、ありがとうございました。

 

 

次回は・・・久しぶりにゲームの事でも書こうと思っています。
自分が過去にやってきたゲームが、まだ山のようにあるし、それらの事について少しでも触れておきたいので・・・(でも、内容的について来れる人間は少なそうだが・・・)

 

 

最後に・・・
今回は練習初日ということで、当然ファンサゾーンは写真のように凄い事になっていましたが、そんな中で何を勘違いしてるのか?ちょっと自分には考えられないというか、この人は一体何を目指しているのか?という女性がいました。(これまでも割と練習場&試合会場で見掛けていた結構若い女性です)

Img_20200113_102330

それは、先日ジュビロを退団した選手(若い女性を中心に人気のあった選手)に向け、何か一言メッセージを送りたいので・・・って感じで、多くのファンで相当すし詰め状態の中、次々に選手を止めて自分が持ってきたメッセージボードに色々と書かせていましたが、それってメッセージを書いて貰ったから何!?って思いましたし、自分にはその行為が完全な自己満足にしか見えませんでした。
しかも、もうチームから居なくなった選手に、それを渡すってことを考えたら、この人は絶対ジュビロを応援しないで、その移籍したチームでその選手しか応援しないのが目に見えてる・・・
正直ジュビロの練習見学には不釣り合いな人間であり、何ていうか・・・完全に浮いてた存在でした。
無理矢理メッセージを書かされてる選手も、一応顔は笑っていましたが、おそらく内心では「何だろ!?この人・・・」って思っていたんじゃないでしょうか・・・
2020年はジュビロ磐田ではなく、京都サンガの8番の選手だけを応援して下さい!!

|

1月4日のこと(その1)

年末年始休暇もいよいよ終盤となる1月4日ですが、この日はウチの近所のフットサル場にジュビロのOB&現役選手、あと他チームの選手が多数集まる例のチャリティーイベント(第1弾)が行われました。
毎年この日を楽しみにしてた多くの見学者が見守る中、イベントに参加されていたOBたちは、子供たちと楽しそうに汗を流していました。

 

 

このイベントも今回で通算10回目。
初期の頃(1回目~3回目くらい・・・)はまだ、このようなイベントが開催されてるなんて世に全く知られていなかったんですが、誰かがツイッターだか何かで「こういう事を毎年1月4日に袋井でやってるよ・・・」なんていう感じで紹介されちゃった頃から、一気に多くの見学者が訪れてしまうようになってしまいました。

Img_20200104_143449

このイベントが、まだ秘密みたいな感じだった頃は、本当に平和で良かったなぁ・・・(まあ世にバレちゃった後も、実はそんなに荒れたっていう感じも無いけど・・・)

 

 

ただ今回、凄く気になった事がありました。

Img_20200104_143500

それは、この企画が行われる時は必ずと言ってもいいくらいに出席してた田中さんの姿がどこにも無いんですよ!!
一応出席されるメンバーのリストには、田中さんの名前があったらしいんですが、一体何があったのやら・・・!?

 

 

で、この後は一旦帰宅し、ある場所で用事を済ませてから、夜に開催されるチャリティーイベント・第2弾に参加するために浜松に移動。
今回も会場はアクトシティホテルでした。

Img_20200104_184728

Img_20200104_184735

実はホテルでのディナーは2日連続だったりします。(前日、つまり1月3日は中学校時代の同窓会があり、そちらでもホテルで食事・・・)

 

 

パーティーが始まってから約1時間、このイベントの主役となるジュビロOB&現役選手たちが登場。

Img_20200104_190512

しかし今回の参加OBたちをじっくり見渡しても、やっぱり田中さんは居ない!!
これはもう何かの理由があって、急遽参加できなくなったとしか言いようがない。

 

 

この後は、いつものように数多くの選手たちとお話ししたり、サインを貰ったり・・・

 

 

イベント終盤には、おなじみチャリティーオークションが開催されました。

Img_20200104_200831

ここでは一応何枚か選手用のユニフォームが出ましたが、残念ながら自分にとって「絶対欲しいなあ・・・」って思うような物が全く無かったので普通にスルー。
このようなチャリティーオークションにおいて、まさかの2年連続落札無しとなってしまいましたが、ある意味ここで大金使わなくて良かったと思うしか・・・

 

 

チャリティーオークションでは一つも落とさなかった以上、それじゃあ今回のイベントに参加した目的は?というと、これまで2年連続で出席されなかった某OBにサインを貰うためでした。
その某OBというのが・・・

Img_20200105_142437

福西崇史氏だったりします。
実は以前入手した2002年のユニフォーム(通称・完全制覇ユニフォーム)に、まだサインが入ってなかったので、ようやく今回貰うことが出来ました。
ちなみにこのユニフォームにサインを貰う時、福西氏は「あれ?これって絶対自分が現役の時に着てたヤツじゃん!!ええ?何でこれを持ってるんですか?」って何度も聞いてきましたが、「まあこれは・・・ちょっとね・・・」っていう感じで半分ごまかしながら対応しました・・・ヤバイヤバイ・・・

 

 

このユニフォームのタグ番は・・・

Img_20200104_220534

写真が分かりにくいかもしれないけど『PXA02JBOT』です。
最後から2つ前が『O』なので、こういう事に詳しい人間ならこれが選手用であることが分かると思います。(レプリカはOではなくRなので・・・)

 

 

次回も1月4日のことについて書きます。
上でも少しだけ書きましたが、このチャリティーイベント・第1弾と第2弾の間の数時間、実は2020年最初となるカードの開封を行っていますが、結論から言えば、ちょっと自分らしからぬ結果であると言えます。
今年は少し違う!?ここ数年間、開封結果が全くパッとしなかった自分の反撃が今、始まる!!

|

やっと終わったな・・・って感じ

昨日は2019年のJ1リーグ最終戦・ヴィッセル神戸戦(アウェー)が行われました・・・が、結果は降格圏に沈んだチームに相応しいというか、もう清々しいくらいの完敗というかボロ負けであり、内容的に一体どこがダメだったのか?というのが非常に分かりやすい試合だったと思いました。
結局この日の負けで再び順位が入れ替わり、ジュビロにとって初の最下位で終了。
この成績によって来年のルヴァンカップ参加権は多分無くなったと思いますが、ここ数年はずーっと予選落ちばかりなので、どうせ決勝トーナメントになど全く進出など夢の世界・・・まあ出れなくても別にいいでしょう。(平日限定のジュ美女カードの配付も無くなるんで、自分としては非常にありがたい!!)
それにしても今年のジュビロは過去と比較しても類を見ないというか、チーム全体、そしてそれを運営する経営陣、その他諸々の全てがプロとして有り得ないレベルだったというか、まさにダメクラブの見本市と言えるもので、降格したのは100%当然の結果であると言えるでしょう。
自分としても、今年のジュビロは年度の冒頭にも書いたように昨年よりも応援の度合いというか、チームに対する思い入れ度(=熱量)は1000分の1以下だったので、前回降格した2013年の時と比べ、今回は「あ~あ・・・まあ今年のチームのやる気無さっぷりを見れば落ちるべくして落ちたわけだし、降格したのは仕方ねえな・・・」って思ったくらいですから・・・
尚、今年のジュビロについての自分的見解は、後日少し落ち着いた頃に書こうと思います。
これまで自分はチームのそういう部分を書くのは極力避けていましたが、さすがに今年の成績&なんでそうなったのか?というのは書かずにはいられないので・・・(とにかく、ぶった斬ってやりたい気分なので・・・)

 

 

で、今回は先日のホーム最終戦の時&火曜日の練習の時に交換等で入手した、例の謎シリーズでもある2019ジュビロ・オフィシャルカードの紹介です。
ちなみに今回入手したのは全てパラレル版のサインカードです。

Img_20191207_074017

◇八田直樹(2枚目)
◇今野泰幸
◇田口泰士
◇ムサエフ
◇山田大記
◇カミンスキー

Img_20191207_074053

◇山本康裕
◇大南拓磨
◇針谷岳晃(2枚目)
◇ファビオ
◇ルキアン(2枚目)

 

 

このシリーズのパラレル版のサインカードですが、2017年版の時と比較しても入手難度は相当低いとはいえ、実質的にはサインカードのダブルコンプをしなければならないため、やはり完全コンプリートまでの道のりは厳しいです。
このシリーズですが、当初はそんなに開けないとか宣言してましたが、結局いつものように、ここまでに結構な数を開けてしまいました。
ちなみに普通にレギュラーカードのコンプセットを作るために揃えてみても、何故か出現率が非常に低い選手が3人くらい存在しているため、実はレギュラーコンプだけでも少々難易度が高かったりします。(製作&発売元が株式会社ジュビロだからね・・・今年のジュビロは多少いい加減な部分があるのは仕方が無いと割り切るしか・・・)

 

 

本日はJ2の昇格プレーオフ・決勝トーナメント第2戦・徳島ヴォルティスvsモンテディオ山形戦を見ていましたが、ジュビロにとって以前から超×5くらいに苦手意識があるモンテディオと来年当たるのが嫌だったので、J1に上がって貰いたいが為に自分はモンテディオを応援していましたが、残念ながら0-1でヴォルティスに負けてしまったため、また嫌~な相手と来年戦わなければならなくなってしまいました。
モンテディオ山形・・・本当に嫌な相手なんだよなぁ・・・(初めてJ1で対戦した2009年の時はホームで6失点大敗とか、2014年は昇格プレーオフ前のホームで完封負けの完敗を喫し、その数週間後にはプレーオフで相手GKに決勝ゴールを決められて全世界に恥を晒したりと、本当にモンテディオ戦はジュビサポにとってトラウマだらけの相手です!!)

|

結果をもう一度見直して・・・

先日の土曜日ですが、名古屋グランパス戦(ホーム)が行われました。
この試合前までジュビロのJ1残留は崖っぷち状態であり、首の皮一枚だけ残っているという非常に厳しいものでしたが・・・

 

 

この日は今期のホームゲーム最終戦ということもあって、スタジアムは今シーズン最多の来場者でした。

Img_20191130_120015

Img_20191130_120024

開門前のサポーター広場なんて、人がごちゃごちゃで普通に歩くのも大変。(偶然だが上の2枚は同じ人が大きく写り込んでしまった)

 

 

先日のFC東京戦ですが、カード仲間でもあるY氏が来場されましたが、この日はやはり同じカード仲間でもあり、グランパスを応援すべく名古屋方面から来場されたM様が御来場。
もちろん試合後はジュビロショップで少し開封してから帰られましたが・・・(その開封の様子を見てた店員さんたちは、「これが全国レベルの引きなんだ!!」って感じでビックリしてたが・・・)

 

 

この日、ジュビロは勝ち以外なら即J2降格が決定するので、絶対に勝たなければならないし、例え勝ったとしても17位&16位のチームの結果次第ということなので、前回同様に苦しい状況は変わらないですが、それでも唯一の望みを賭けて勝ち点3獲得だけは絶対達成しなければならない。

Img_20191130_122341

これは選手を乗せたバスがスタジアムに到着した時の様子です。
サポーターたちは気合を入れて応援していました・・・が、自分は何で今(降格間際)になって、このような気持ちの入った応援をするのか?っていう疑問で一杯でした
なんかねぇ・・・夏休み期間中はずっと遊びほうけていたものの、終了間際になって大量に貯まった宿題を必死になってやってる学生のように、もう切羽詰まった感が有り有りというか・・・

 

 

この日は珍しい事が何回も起きましたが、まずは最初の奇跡とでも言いましょうか・・・
自分が自宅等でカードの開封をしてて、サインが出たら残りパックからは多分もう何も出ないものだと思っているので、そういう『いわゆる残りパック』っていうモノをいつも一緒に並んでいるお子様たちにあげたりしていますが、今回持ってきた(自分の頭の中ではサインが出た後のスカパック)様々なシリーズ・計60パックの中の一つから超とんでもないカードが出現!!
それが・・・
Img_20191130_114511

なんと!!まだ未所持だった2019ジュビロTEの中村俊輔選手のパッチジャージでした。
まさかそんなスゲーのが残っているとは・・・って感じで驚きました。
でもそれは一度自分が手放したパックなので、そのカードを引いた子に「まあそれはキミが引いたヤツだから・・・」って言ったんですが、その子は「いや、これは貰えないから返す・・・」って言ってくれて・・・(これマジで涙が出そうでした。でもそれじゃあ自分の気が済まないので、代わりに豪華なモノをプレゼントしちゃいましたが・・・)

 

 

とりあえず、このシリーズはコンプまで残り2枚となりました。
最難関を入手したので、一度はあきらめていた年内でのコンプ・・・もしかしてあるかも!?

 

 

この日起きた2度目の奇跡。(でも奇跡とは言えないかも!?)

Img_20191130_132912

試合前に選手が投げるサインボールが、自分めがけて飛んで来たのでキャッチ!!(今回は荒木選手)
ちなみに自分がこのボールを捕った時のジュビロの勝率は、以前も書いたけど非常に低かったりするので、捕った瞬間、「あ~、やってしもーた・・・」って思いました。

 

 

試合前の様子です。

Img_20191130_135711

Img_20191130_135707

Img_20191130_135713

スタジアム一体となったコレオですが、実はジュビロがこのようなコレオをやると、あんまり勝率が良くないんだけどな・・・

 

 

さて、そんなジュビロにとって運命を賭けた試合は・・・

Img_20191130_150821

この日3度目の奇跡とでも言っておきましょう。
ここ10年間、何をやっても絶対に勝てなかったグランパス相手に、多分今シーズン一番と言ってもいいような出来で、まさかの勝利を飾ることが出来ました・・・が、同時刻に開催された16位の湘南ベルマーレが勝ち点3を得たという事で残念ながら・・・

 

 

でもね、ここ数試合はホントに良く頑張ってくれたと思いますし、特に今回の試合みたいに絶対勝ってやる!!って感じの気迫を常に出せるような事が出来れば、来シーズンは必ず良い結果を得られると信じています。
ただJ2は本当に長く厳しいもの。
試合後に大量のブーイングを浴びせられる中、定型文のような挨拶を行った社長が言ってたように、本当に1年でJ1に戻る覚悟があるなら、シーズン終了と同時に速攻で何かアクションを起こさなければいけないし、キツイ事を言えば休んでる暇なんて全く無いくらいじゃないと有言実行は難しい。
今回の社長の挨拶ですが、非常に軽々しい感じで1年で簡単にJ1復帰出来るように発言してたけど、「この人って本当に現在のチーム事情が分かってないんだな・・・」って思ったね。

 

 

J1復帰するためには・・・自分が思うには、とにかく全ての面で本気を見せろ!!ということだと思います。
今シーズン最初の頓珍漢な補強、内容が伴ってない練習内容、相手を圧倒することが出来ない戦術、早々とあきらめる姿勢、未来ある若手選手を次々と放出・・・と、本当にこれまでのジュビロの歴史に残る、最も将来性が無い魅力皆無のチームになったと思ったよ。
もしも本当にJ1に戻りたいのであれば、多少の犠牲を払ってでも突き進んで行かなければならないと思うし、J2リーグでは毎試合勝って当たり前と思うくらいの戦う集団にならないとJ1昇格なんて120%無理なので、来シーズンジュビロのユニフォームを着る選手は覚悟を決めて1年間臨んで欲しいものです。(毎年変わり映えのしないスローガンも、いいかげん変えろ!!って思う。また来年も「つなぐ」とか「げんてんかいき」なんてキーワードを使ったスローガンになったら、自分はシーズン前から諦めるかもしれんよ・・・)

 

 

なんか今年のJリーグが完全に終わったような感になったけど、まだ残り1試合あったんだっけ!?
一応消化試合になるだろうけど、最後も頑張って有終を飾ってくれ!!

 

 

最後に気になった事を一つ。
最終戦のセレモニーが終わった後、各スタンド席等を見渡してみると、様々な所でそれぞれの応援仲間同士とで記念撮影してる風景を良く見かけましたが、そういうことをやるのは別に自由なので、自分は「やめろ!!」とは言わないけど、確かに結果としては勝った試合の後とはいえ、J2降格が決まった直後に笑顔でピースしたりイエーイとかしながら楽しく撮影してるのは何ていうか・・・凄く温度差を感じる光景とでも言ったらいいのか・・・まあ少なくとも自分は300%絶対出来ない行為ですね。(しかもそれを動画などSNS等でアップしてる人もいるから驚きです。来年からJ2なんだけど!!)

 

 

そして・・・今回のお客様でもあるM様ですが、上でも書いたように2019ジュビロ磐田・オフィシャルカードを僅か数パック購入したところ、その中の1つから人気選手のパラレルサインが!!
そして同時に開封してたカード仲間のS氏はサインコンプまであと1枚という状況で、1ボックス開けたら見事にラストピースを自引きする快挙達成!!
そしてこの日、栃木から来場のS氏も普通に購入してパラレルサイン・・・
先日登場した太田姉さんの友人もパラレルサインを引く・・・
そして数日前にはN兄弟がパラレルサイン・・・
最後に先日のカードフェスタ等で引いたパラレルサインを提供してくれたDちゃん、Mちゃん、Tさん、Aちゃん・・・(←これ、みんな女性!!引き良すぎる!!)
こうやって誰もが結構普通にパラレルサインを引いてるというのに、なんで自分だけはそういうのに当たってくれない(引けない)んやー!?

|

もしかしたら奇跡あるか!?

昨日はコンサドーレ札幌戦が行われました・・・が、会場が札幌ドームであり、簡単に行けるような場所ではないうえに、自分は先日の大分遠征で今期のアウェー観戦は終了としていたため、この日はテレビ観戦となりました。
そんな試合ですが、結果は知っての通り、2-1でジュビロの勝利!!
またアウェーで勝ったのかよ!?って思いますが、今年のジュビロはアウェーの試合じゃないとなかなか気持ちを出してくれないようです。
ホームの試合しか見に行けないような方々から怒りを買うような結果を残し続けるチームって・・・

 

 

J1残留するためには、残り3試合は全て勝たなければならないうえに17位&16位の動向次第ということで、もう非常に厳しい状況ですが、とりあえず1試合は延命したことで、次の名古屋グランパス戦がカギになってきます。
ここ数年全く勝てなくて完全に苦手なチームになりつつあったコンサドーレに勝った事で、もしかしたら?・・・っていう雰囲気になっているようですが、次の試合こそがジュビロにとって一番の試練ともいうべき相手であり、おそらくここで運命が決まると言ってもいい・・・そういう相手です。

 

 

ここ数年におけるグランパス戦のジュビロの戦いっぷりですが、応援してる人間なら誰でも知ってると思いますが、どんなに毎試合ジュビロのチャンスが多くても何故か点が取れなくて、代わりに相手には毎回のようにやられたい放題・・・
また、しっかり相手のキーマンを抑えたとしても、少ないチャンスでやられたりという感じで、気が付けば最近の10年近く何をやっても、どんなことをやっても何故か勝てない。(グランパスが降格した年でも対戦成績は1分1敗)

 

 

どうやったら勝てるのか?
何をやったらゴールを奪えるのか?
最近はそんな蛇に睨まれた蛙のような感じで、まさに毎年のようにダブル献上がオプション契約でもされてるのではないか?という感じで、ジュビロにとって最も厳しい、相性極悪な相手だったりします。(以前も書きましたが、最後にジュビロがグランパスに勝ったのが、2009年の5月24日・・・もう既に10年以上が過ぎてる・・・)

 

 

それにしても、あの劇的に強かった黄金時代から現在まで1度として無かった札幌ドームでの90分勝ちが、まさか歴代最弱と言われている現在のジュビロが達成するとは夢にも思わなかったです。
ここ数年全く勝てなくて完全に苦手にしてたコンサドーレ相手に勝ったということは、もしかしたら、超天敵でもあるグランパス相手にも・・・
今年全く結果を出せてないホームゲームで、しかもグランパス・・・しかし、ここでもしも勝ち点3が取れちゃったりしたら・・・

 

 

でもグランパス戦の後もまた、超苦手にしてる神戸ウイングでのゲーム。(この会場でもジュビロはまだ一度も勝った事が無い)
とにかく試練続きなのは間違い無いのですが、そのような誰もが望んでいない状況を作り出してしまったのはチーム&選手なので、結局は彼らが頑張るしかないんですよ。
決して驕らず寡黙に、今、自分にとって何が出来るのか?という事を考えながらやっていけば、もしかしたら!?

 

 

写真が無いのは殺風景なので・・・

Img_20191117_220803

今回勝てたということで、コイツには御馳走が振る舞われました。
良かったな!!

 

 

次回はカードの事を書きます。
あの謎の時期に無理矢理な感じで発売を敢行した2019ジュビロ磐田・オフィシャルカードですが、発売前から分かっていた事ですが、本当にもう誰も買わなくなった感じです。
そりゃあチームエディションと比較しても目玉級がほとんど居ないうえに価格も高いので、まあこうなることは予想通りだったけどな・・・

|

過去最高に苦しいレースだった!!(今回は長い)

昨日は第22回ジュビロ磐田・メモリアルマラソンが開催されました。
毎年着実に記録を更新してきた大会ですが、以前にも書いたように今回は最後まで走れるかどうかも分からないという状態。
夏に結構ヤバイ怪我して左足に爆弾を抱え、なんとなくではあるが、その怪我もようやく癒えてきた矢先でもある先日(マラソン3日前)、今度は仕事中に両足、首、肩を一気に痛めるという最悪な状況でレースに臨むことになったんですが・・・

 

 

この日ですが、前日行われたFC東京戦のように朝から非常に良い天気・・・っていうか、あまりにも天気が良すぎて、とても11月とは思えないような暑さでした。
このジュビロマラソンが行われる日は昔から全く変わっていないんですが、まだこの大会初期の頃の午前7時頃といえば、普通に霜が降りていて結構寒かったと記憶してますが、やっぱり地球が暖かくなってきてるからなんだろうねぇ?

Img_20191110_080226

現地に到着し、メインステージがある大会本部の方へ行ってみると、既にもう沢山のランナー&見学者たちで広場は一杯に膨れ上がっていました。
会場に着いたら、まずは今回参加する人で誰か知ってる人は来てるかな~?って感じで色々と探してみましたが、今回は何故か自分の知り合いに、誰一人として会う事は無かったです。

 

 

それでも昨年のハーフで準優勝したIちゃんから連絡は来ましたが、なんと今回はハーフではなく5キロの部にエントリーしたそうで、なんで今回はそんな短い距離にエントリーしたのか?というと、実はIちゃんは2週間後(11月24日)に開催される『第39回・つくばマラソン』のフルマラソンの部にエントリーしていて、今回は練習のつもりで5キロを走るとのこと・・・
当然自分からは「5キロだったら優勝狙えるかもね・・・頑張って!!」と連絡しましたが・・・(結果は今回も2位・・・っていうか、1位の人は結構名前が知られてる方らしい)

 

 

つくばマラソンですが、日本陸連公認の大会であるため、毎回有名なランナーがゲストとして出場します。
今年は新宅雅也さん(元エスビー食品)渋井陽子さん(三井住友海上)というマラソンの世界では超スーパーな方々をはじめ、他にも凄い方々が参加するなど、かなり大規模な大会だったりします。

 

https://www.tsukuba-marathon.com/

 

興味のある方は、つくばマラソンの公式HPでも見て頂ければ・・・

 

 

で、この日の開会式の一コマですが、色々な偉い方々の話が終わり、やがて大会役員の方が競技の説明をした後に言い放った言葉が、なんていうか凄く的を得ていた感じ・・・
「体調のすぐれない人は無理をしないように・・・無理して欲しいのはジュビロ磐田!!何とかしてJ1に残って欲しい!!」っていうような皮肉たっぷりな一言・・・

 

 

その後はスタート地点(ジュビロショップの前)まで行くのですが、ハーフの部は午前9時10分スタートなので、まずは軽くウォーミングアップを済ませ、スタート10分前には所定の位置に到着していました。

Img_20191110_082738

スタート時の気温はマラソンをするには非常に暑く、走ってる最中は相当な量の汗が出るだろうし、もしかした脱水症状で倒れるかもしれない・・・
そして一番の心配は爆弾を抱えた足&身体がどこまで持つか
様々な心配をしながら午前9時15分、今年のハーフの部がスタート。

 

 

今回は携帯を持たずに走ったので、文章だけで自分のレース内容を書いていきます。(つまらんだろうけど・・・)

 

 

スタート直後、今回も多くのサポ仲間が大声で自分を応援してくれました。(これについては、毎回本当に号泣するくらい嬉しい!!)
そして約2キロくらいの所にカード仲間のK氏より今回も道中で激励され、これによって勢いをつけなければ・・・と思っていましたが、なんと直後に左足に激痛が走る!!
「ちょっと待て!!いくらなんでも(足に来るのが)早すぎるだろ!?」と思い、残念ながら最初のに考えていたプランを変更し、ここでスピードを落とすことに・・・

 

 

で、今回も守りに入った感じの走りで進み、10キロを過ぎたあたりだったかな・・・隣のランナーの腕に付けてた時計をチラっと見たら、既にその段階で10時15分。
つまり約55分ということで、これは過去最低タイムだった昨年よりも5分以上遅いし、このままでは約12キロ地点にある中継点(俗に言う足切りの関門)の通過タイムは過去最低だぞ!?って思い、そこで少しだけペースアップをしたつもりだったが、やはり左足の激痛に耐えられず、結局今回も昨年に続き1時間を超えて中継点を通過。

 

 

しかし本当の地獄はここから始まる。
13キロ付近からは左足だけでなく、それをかばっていた右足まで激痛が襲い、本当に普通に走れない状況になるという・・・
そしてこれまでに無い早い段階で2時間のペースメーカーに抜かれるという、自分にとって衝撃の事実。(この段階で今回の2時間切りは消えた)
更に15キロ付近で今度は2時間10分のペースメーカーにも抜かれるという緊急事態に・・・
そしてこの直後、自分の横を走っていた1人のランナーが係員に棄権を申請してる様子を目撃してしまい、さすがにこの時は「あ、自分も棄・・・」って感じで相当心が揺らぎました。

 

 

もう足が全く動かない・・・こんな歩くような速度なんて自分の本来の走りじゃない・・・っていうか、こんな感じでは制限時間(3時間)に間に合うか分からない・・・ホントどうする!?
様々な葛藤の中、16キロ付近で再びカード仲間のK氏が激励に・・・
ここで自分が言った言葉「昨年よりも、めっちゃ遅いっしょ・・・マジでキツイ・・・っていうか、最後まで走れるか分からんよ・・・」っていう弱気発言。
その直後にあるジュビロの選手が応援してるポイントには、今回スタッフとして参加してたサポ仲間も居ましたが、ここで2~3分くらい止まり、応援してたNくんに「あと5キロもあるんだよね・・・歩いて行けば、制限ギリギリ・・・いや間に合わないかも?」って言ったら、「とりあえず頑張って・・・としか言えないです。ゴール地点には多くの仲間も待っているので、出来る限りやるだけやってみて下さい。」との返答。

 

 

それを聞いた自分、「そうだよ!仲間が大勢待ってんだよ!!こんなとこで休んでる場合じゃないね!!」ということで、再び走りだしました・・・が、だいたい1キロくらい走ったところで、これまで経験した事のない激痛が再び襲ってきたので、またも休憩。
ただそこでは休憩だけではなく、一応残りの距離&時間を頭の中で計算をし、じっくり時間をかけて計算してみたら、歩いて行けば何とか制限時間に間に合うだろう・・・という事が分かり、そこからは無理をしないで半分歩くような速度で黙々と進んで行きました・・・が、上でも書いたように「こんなのマラソンじゃない!こんなのオレの走りじゃない!!」って思い、結局痛みと戦いながら多少無理して走りました。

 

 

そして遂にゴールまで残り500メートルの辺りまで来た時、「ここからは本気!足、壊れろや!!」と謎の自問自答をし、これまでの力を開放すべく激走!!
もちろん凄く足が痛い状況でしたが、それでも次々と目の前のランナーを抜き、その勢いのままゴール。(多分50人以上は抜いたと思う・・・もちろん激走中は誰にも抜かれたりはしませんでした)
タイムは昨年よりも約20分も遅い2時間13分でしたが、それでもスタート前に心配してた痛みにも最後まで耐え、おまけに20キロ以上走って来たにもかかわらず、昔ほどではないが、もう自分には出来ないと思ってたラストスパートが出来たという事が、何ていうか自分の可能性を広げてくれた感じがしました。

 

 

ただ、ゴール後はもう普通に歩くことすら出来ず、翌日(あらかじめ休暇を取ってあった)は無理して走ったことで身体のダメージが全く抜けず、結局自宅から一歩も出ることなく、ゆっくり静養してた気がしました。
ただ今回みたいに身体が余計酷い状況になってしまうくらいなら、走る前に体調を見極め、勇気を出して棄権するのも手だな・・・って思ったりもしましたが・・・

 

 

最後に・・・

今大会の運営に携わってくれた多くの関係者さま、走る前に激励の連絡メール&LINEをくれた多くの方々、現地で大声を出して応援してくれた多くの方々、そしてスタート前からお世話になったジュビロショップ磐田店様、皆さんの後押しがあって最後まで完走することが出来ました。

本当にありがとうございました。もう感謝の気持ちで一杯です。

 

 

で、マラソンから帰宅した時のコイツは・・・

Img_20191113_003136

いつもの場所で気持ち良さそうに寝てました。
確か家を出発する時は「頑張るんだニャー!!」って感じで、元気に送り出してくれたはずだったんだが・・・

|

完全あきらめムードになった感じ・・・

昨日はFC東京戦が行われました。
今年のホームゲームは全く勝ててない・・・というか、ジュビロの歴史でも類を見ないくらい史上最低な成績を続けていますが、それでも先日の静岡ダービーで久しぶりに勝利を飾った事で、少しは良い流れになっているかと思っていたんですが・・・

 

 

この日は11月とは思えないくらい暑かった。
今回サポーター広場での主なイベントは、やたらプレゼント系の物が多かったです。

Img_20191109_101932

中でも長蛇の列になっていたのが、この色々な豪華賞品(?)が当たる抽選ですかね。
先着順だったので、とにかく列が長い。
サポ仲間のH氏は特賞の選手サイン入りレプリカユニフォームを当てていました。

 

 

そして、この日は浜松ホトニクスマッチということで、例の『反射神経を測ってみよう』というイベントが行われました。
昨年は試合日変更に伴い、このイベントは中止になってしまいましたが、今回は2年ぶりに復活!!
毎回これに関しては良いタイムを叩き出し、常に賞品を手に入れてるので、よーし!!今回も・・・って事で挑戦してみた結果・・・

Img_20191109_120022

今回も普通に賞品ゲット!!
しかも今回2種あった非売品タオルマフラーをコンプ!!
ちなみに今回一番最初に自分が出したタイムは全参加者の中でもトップだったとスタッフから聞かされました・・・が、まあ反射神経に関しては、どんだけ歳を取ろうと誰にも負けないと思っている自分、本当はもっと早いタイムを出してやろうと頑張ってみたんですがね。

 

 

ちなみに2枚目を入手した時、スタッフの方が笑いながら「すみません、お客様はもう勘弁して・・・」って感じで、このイベントに関して自分は、まさかの出禁状態!!
多分自分が何枚もタオルマフラーを持っていかれるという危機感をスタッフは感じたらしい・・・(自分的には『名誉の出禁』だと勝手に思っています)
一応自分は現役ゲーマーですし、そういう目(動体視力?)を持ってるつもりなんで・・・

 

 

で、後は他に何も無かったので席に戻ってみた。
FC東京側のスタンド席は・・・

Img_20191109_135917

こんな感じで気合が入ってました。
もしかしたら、この試合で首位に立つかもしれないし、まあ気合が入るのも分かります。

 

 

で、ジュビロの方は・・・

Img_20191109_135924

こんな感じでした。
まあ毎回いつも見てる通りです。

 

 

試合は・・・

Img_20191109_140349

どちらかと言えばジュビロの方が多くのチャンスを作り出したものの、この日もいつものVTRでも見てるかのように決定力に欠くという、見ててストレスが溜まるサッカーを展開。
前半は何とかなったものの、後半の早い時間に相手選手をペナルティーエリアで倒してしまってPKを与え、それが結局決勝点になって負けた・・・そーいう試合でした。
なんか終わった後に様々なところで聞かれた声によれば、今回の試合は絶対審判のせいで負けたとか・・・でも自分が見てた限りでは、やはり、あれだけあった決定機を一つとして決められないジュビロの方が問題かと・・・
そりゃあ納得いかないジャッジもいくつかあったけど、今回は審判のせいっていうのは、単なる負け惜しみにしか見えないと思った試合でしたね。

 

 

試合終了後、ジュビロの選手たちがサポーターに挨拶に来た時、多くのファンがもうJ1残留をあきらめたんじゃないかという感じで、ブーイングではなく拍手で選手を迎えていたのが印象的というか・・・
あとは・・・J1残留のためにチームの中で一番強い気で戦っていたと思われる藤川選手(相手にPKを与えるファールを犯す)、この日の試合の事は絶対に忘れないように胸に刻み、今後も一生懸命頑張ってチームの顔になって欲しい・・・

 

 

そして日が変わり、本日は自分にとって昨日以上に重要なジュビロ磐田・メモリアルマラソン
前日は午後9時前に就寝したことで、今朝は午前4時に起床し、しばらくしてからトイレに行くと・・・

Img_20191110_055237

「やっと起きたかニャー!!今日は頑張ってこうニャー!!」って感じでコイツが窓のところにいました。
ずっとオレが来るのを待ってたんかい!?

 

 

そんな今回のレース前の体調ですが、先日も書いたように過去最高レベルに最悪で完全な満身創痍状態です。
それでも強い気持ちを持って走れば、まあ普通に完走は出来るであろう・・・と思いつつ、無理しないで適当に頑張って走りたいと思います。
マラソンが終わった後は、久しぶりに自由な身でゆっくりさせてもらおうかと思ってますがね!!

 

 

今回の試合、カード開封大会(全国大会?)で一緒に開けるY氏が娘さんを連れてスタジアムに登場。(もちろんFC東京を応援するべく来場しました)
短い時間でしたが、楽しんで頂けましたか!?

|

引ける確率は1,000分の1らしい

本日はジュビロ磐田の年間シート限定パーティー(正式名称・感謝の集い)が行われます。
毎年ジュビロ・メモリアルマラソンの後に続けて開催されていた恒例のイベントでしたが、今年は何故か例年よりも早い時期に開催されることになりました。(10月に行われるのは多分史上最速)
チーム側の説明によれば、今回のパーティーはシーズンが始まる前の段階で日程は決まっていたそうですが、もしも降格が決まった後だったら、間違いなく沈んだ雰囲気になるので、事が起きる前の開催で正解だったと思いますが・・・

 

 

そんなパーティーですが、今回我が家は参加を見送ることにしました。
参加欠席の理由ですが、一応自分の考えも踏まえたうえで色々と書いていきますが、今シーズンのチームが立ち上がった時の選手や監督が次々に居なくなり(何故か人気処ばかり・・・)、まるで入れ替わるように色々な選手たちが入ってきましたが、それらの選手は長くても僅か2ヶ月くらいしかジュビロに所属してない選手たちなんですよね。
チーム立て直しのためにわざわざジュビロに来てくれたのはファンとしては非常に嬉しいんですが、そういう新規の選手に対する思い入れ度というか、肩入れの度合いは?というと、自分としては・・・な感じであり、そんなシーズンスタート時と全く変わってしまったと言っても過言では無いチームのパーティーに、決して安くは無い金額を払って参加するのはハッキリ言って厳しい・・・というところです。

 

 

そして今回欠席を決めた、もう一つの理由としては、多くの人が気になったという参加費の高騰化です。
チーム側の説明によれば、10月の増税により参加者に提供する料理の材料費や、その他諸々の費用などで、これまでの価格で開催するのは非常に厳しいと言われましたが、まあ主催者側の気持ちも分からなくも無いんですが、今年のチーム成績があんなボロクソな感じですし、まあ『感謝』と銘打ってる以上、その部分だけは多少無理してでも何とかして欲しかったですね。

 

 

で、例年だとパーティーと同日に開催されているジュビロ磐田・メモリアルマラソンですが・・・

Img_20191027_071900

昨日、参加するためのランナーズチップ、ゼッケンなど一式が届きました。
スタートまで残り2週間となりましたが、実は今年の夏に足を痛めてしまい、今でも少し走るだけで結構きつい状況だったりします。
でも昨年も大会直前で足を痛め、今よりも厳しい状況で当日は終始守りの走りに徹し、しかも走ってる途中でトイレに寄ってタイムロスをしたにも関わらず、終わってみれば自己記録を5分近く縮めたので、今年も・・・って気持ちを持って最後まで頑張ろうかと思います。

 

 

ところで、タイトルの1,000分の1・・・というのは一体何なのか?と言うと・・・

Img_20191022_122925

金曜日にウチの近所のローソンで、からあげクン(RED)を買ってみたところ、その中の1個にいわゆる『レアからあげクン』なるものが入っていました。

 

 

この写真で分かるかな~?

Img_20191022_122932

キャラクターでもある鶏の焼き印入り。
この焼き印入りのからあげクンに当たる確率は、実に1,000分の1個らしい・・・

 

 

多くの人は見た事があると思いますが、パッケージの後ろには・・・

Img_20191022_123243

このような事が書いてあります。
尚、今回出たのはキャラクターでもある鶏バージョンでしたが、他にも『令和』って漢字で書かれているバージョンもあるそうです。

 

 

で、パーティーにも参加しないで今回自分が向かった場所は・・・!?
次回はそれについて書いていきます。

|

警告だぜ!!

今回は19日(土)に行われた、サガン鳥栖戦のことについて書いていきます。
昨年くらいから何度も書いているような気がするけど、どの試合であろうと目の前のチームには絶対に勝たなくてはならないですし、何と言ってもホームで全く勝ててないので、おそらく・・・というか、もう残り少なくなるであろうJ1生活ですし、せめて常にホームゲームに足を運んでいるファンのためにも、いいかげん勝ってくれないと・・・

 

 

この日は朝から雨。
「カードフェスタがある日に雨は嫌だな~・・・」と思いながら、いつものようにスタジアムの駐車場に行ってみると・・・

Img_20191019_101339

この通り、超ガラガラ・・・
悪天候なうえに両チームの順位を考えれば、やっぱこんなもんなんだろうな・・・

 

 

スタジアム入場ゲート横の様子。

Img_20191019_101743

やっぱり少ないね。
雨だけでなく気温も低いし、なんか寂しい気分だね。(この試合は今期初の1万人を下回る観客数だった・・・)

 

 

で、そんな試合は・・・

Img_20191019_150451

2度リードされたものの、共に何とか追い付いて2-2の引き分け。
まあ今のジュビロでは、これが精一杯な感じかと・・・
せっかく相手陣内に攻め込んでも攻撃に自信がないのか?それとも相手の守備を崩すアイデアが浮かばないのか?バックパス&横パスを連発する中盤&サイドの選手ばかりでは、得点の匂いなど全く感じられないんですからね。
そしてこの日の結果により、最短で次節にもJ2降格が決まるという事態に・・・

 

 

多くの人は口に出して言わないが、厳しい事を言っちゃうと、もう降格は100%間違いないので、来年はJ2で1年間戦える戦力を整えなければならない。
どこよりも早く降格するので、かなり早い段階から来期に向けての準備が出来るのではないでしょうか?
昨年みたいに補強だか何だか分からんような、ふざけた事態にならないよう、そこはしっかりやらなければならない。

 

 

で、ここからはカードのことについて書いていきます。
まずは、この日の試合の時に入手したカードです。

Img_20191020_045346

◇大久保嘉人 ジュ美女スポット配付カード(2019年・第4回目配布分)

 

この大久保選手のカードを入手したことにより、第4回目配布分は無事にコンプリート達成しました。
なんか本当に苦労したなあ・・・

 

 

ここからは、今年2度目のカードフェスタの事について。

Img_20191019_115303

今回何故か発売されることになった2019ジュビロ磐田・オフィシャルカードですが、この日は冒頭にも書いたように細かい雨が降っていて、しかも対戦カードが微妙ということもあり、多分ジュビロのカードフェスタ史上、並んでいる人が最も少ない状況での開催となりました。

 

 

先日自分は、今回はいつもみたいには買わないよ・・・って宣言をしたものの、それでも最低限コンプくらいはしようということで、ある程度は購入したものの、なんかいつものごとく周囲の方々が引いてるような良いモノがまったく出ない。
おまけに3パック毎に引ける抽選なんて結局30~40回くらいやって全て参加賞という信じられない当選率を達成!!(知人はカートン購入し、80回抽選してサイン入り刻印カードが僅か7つしか当たらず・・・)

 

 

今回の抽選は、とにかく全く当たらないという印象を受けました。
フェスタ終了後、2等のサイン入り刻印大判カードが山のように余っていましたが、なんか最初から購入者に当てさせる気など無かったんじゃないかと思ってしまうレベル・・・

 

 

試合終了後、何故かジュビロショップで開催された開封大会。

Img_20191019_181011

この時は自分を含む4名が参加。
なんか、いつもカード屋さんで見るような光景だな・・・

 

 

太田選手を応援してる太田姉さん(仮称)の箱から出たのは・・・

Img_20191019_182103

フベロ監督のパラレル、そしてムサエフ選手でした。
今回の中では、誰が見ても彼女が勝ち頭だと・・・

 

 

既にこのシリーズのコンプをしてるというK氏・・・(びっくりするくらい購入してます!!)

Img_20191019_182113

森下選手&松本選手でした。
しかし今回のシリーズは、サインが箱2多くて嬉しい。

 

 

自分たちが開封合戦をするということで、一緒に開けたくなったらしく、今回急遽参戦することになったS氏。(BITSでの開封大会でもお馴染み)

Img_20191019_182131

ファビオ選手&カミンスキー選手でした。

 

 

そして自分は・・・

Img_20191019_182108

宮崎選手&エペリシオ選手でした。
実はどちらもダブリであり、なんていうか微妙・・・

 

 

ちなみに自分ですが、チームエディション同様このシリーズも極度のダブリの嵐に襲われています。
サインは半分以上も無い状態なのに、一部の選手は既に5枚も引いてるし・・・

 

 

このシリーズの目玉、プレミアムインサートでもあるサインカードは全34種存在しますが、なんと全ての選手にパラレルが存在します。
しかし2年前に発売されたオフィシャルカード程の辛口設定ではないので、極端な話、時間と金さえあれば、多分サインカード・全34×2=68種のコンプは可能かと思います。
それにしても、本当に謎だらけのシリーズだこと・・・

 

 

 

最後に、これだけは書いておく!!
毎回カードフェスタの時だけは必ずやってくる、どう見てもジュビロのファンでも無い、明らかに転売屋と思われるコイツ・・・

Img_20191019_171926

多くの人間が並んでる中、人目も全く気にせずに長時間堂々とサーチ行為でサインカードを抜きまくり(自分が見た時は軽く50パックくらい持ってたが、全てサインカードだと思われる・・・聞けば30分くらいずーーっとやってたらしい・・・)、パックを選んでる最中から購入した直後まで終始電話で仲間にでも情報を送り、その後も何度も何度も同じことを繰り返していました。(ちなみに知り合いは証拠としてコイツのサーチ動画も撮ってた・・・)

 

 

そりゃあ、そういう事をする人間なんて世の中に沢山いるのは昔から知ってたし、別に警察沙汰になるような犯罪行為ではないとはいえ、多くの家族やお子様たちが楽しみながら並んでいるイベントの中で、明らかに異質な感じでそういう事をしてるのは、このチームを応援してる人間、そしてこれらを必死で集めてる人間からすれば非常に気分が悪いし、いくらなんでも限度ってものがある。

 

 

で、これが収集目的なら少しは気持ちが分からなくもないけど、まあ予想通りとでもいうか、このイベントが終わってから2日後、ヤフー・オークションに今回のジュビロのサインカードを大量に出品(数えてみたら計56種も出品)してる東京の人間を発見。(見えてる部分だけで56種なので、多分まだダブってるモノも相当あると推測できる)
出品されてるのはサインカードばかりであり、レギュラーカードは一切無しなので、完全に売る事だけを目的で抜いていたということになる。(出品物は様々なカードを中心に軽く1,000点以上なので、おそらく様々なイベントばっか狙って全国行脚をしてる奴であるかと推定)
聞けばこの日カートンで買った人間は2人しか居なかったそうだし、カートンでも出現するサインの枚数は約22~24枚、しかもこの日が販売初日であり、当然通販も受け付けて無かった段階なので、そんなすぐに大量に出品出来るのは本当に会場で購入した人間のみ。

 

 

まあコイツにしてみれば何にも悪いとは思ってない、ただの良い金儲けのつもりにしか思ってないだろうね。
そして、おそらく次回もジュビロのカードフェスタには絶対やって来ると思うので、次に同じことをしてた時は警告の意味も込めて〇〇してやろうかと・・・

 

 

でもね、毎回思うんだけど、チームの方も色々と考えた方がいい。
発売日に試合も見ないような人間でも外から簡単に買える状況を作り出してるのも正直どうかと・・・(スタジアムの構造にもよるけど、他チームだったら基本的にカードフェスタはスタジアム内のコンコースで開催されてる事が多いし・・・)

Dsc_0392_20190826222301

ちなみに上は8月のチームエディションのイベント時のコイツ・・・この時も結構同じことをやってた。

|

より以前の記事一覧