パソコン不調・・・

今回の日記ですが、本来なら昨日アップする予定だったんですが、せっかく色々と書きあげたところで、パソコンが謎の停止を繰り返したため、とにかく昨日は何も出来ませんでした。(今日は何故か調子がいい)
ということで、内容的にも一日遅れになってしまいましたが、色々な事を書いていこうかと思います。

 

 

まずはカードの事からですが、なんか最近は先日の日本代表SEをはじめとして、いくつかのシリーズも複数開けたんですが、全くと言っていいくらいに良いのが引けないので、カードの事はちょっと離れたい感があります。
ちなみに先日引いた代表のカード(サイン×3、ジャージ×3)ですが、全て交換相手も居ないようなカードばかりだったんで、全てオークションに出品したところ、その6枚の売上金額の合計が約8,000円・・・(参考までに1ボックスの定価は10,800円)

 

 

あんまり選手の事とか、いくらで売れたとか女々しく言いたくないんですが、普通それだけ開ければ何か一つくらいはちょっとした物が出ると思うんですよね。
今回引いたカードは正直、自分にとって交換ですら厳しいカードばかりだったので、微かな希望ではあったが少しでも高く売れることを期待するしかありませんでした・・・が、現実はあまりにも厳しかったようで・・・(っていうか、自分の周辺は誰もが必ず良いのを引いてるから、なんで自分だけが・・・って思うと、本当に開ける気力が無くなる)

 

 

次はゲームのお話ですが、まずは昨日のYahooのトップページを見てたら、こんな記事が載っていました。

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150221-00000530-san-soci

 

かつてゲーム界を席巻したセガ社(現・セガサミーグループ)が、ここにきて社名変更するというらしいのですが、その新社名が「セガ・ゲームス」というものになるようで、古くからのゲームファンに言わせれば、セガの名前の由来は「サービスゲームズ」の略ということは誰でも知ってるというのに、これでは「サービスゲームズゲームス」という訳の分からん名前になってしまうんじゃないか?とか、今の経営陣はそんな基本的なことも知らないのか?とか、とにかく色々と話題になってるらしい・・・

 

 

まあ普通の人には半分・・・というか、ハッキリ言ってどうでもいいことですが、やはり昔からゲームをやってきた人間に言わせれば、なんかもう昔のセガに戻ることは二度と無い感じがして凄く寂しい気分になりました。

 

 

セガと言えば、昔から独自の開発で他のゲームメーカーよりも何歩かリードしてきた存在でした。
1985年に任天堂が当時爆発的人気を誇ったお化けゲーム・ファミリーコンピューターを発売し、それにあやかって多くのゲームメーカー(中には見たことも聞いたことも無いメーカー多数)が次々とファミコン用のソフトを開発して任天堂の傘下に参入した時も、セガだけは一切ぶれる事もなく自社販売のゲーム(マークⅢとかメガドライブとか・・・)で勝負してた程で、何ていうか男気のあるイメージが強いゲームメーカーでした。(社名の正式名称もセガ・エンタープライゼスという長い割に響き良い名称でした)


ロゴもカッコ良かったんだよなぁ・・・
セ~ガ~♪ってCMでも良く流れてたっけ・・・

 

 

なんか今回の出来事は、何年か前にナムコがバンダイと統合し、バンダイナムコゲームスになった時と同じ感じであり、今回と同じような寂しさを感じましたが、それでも会社が存在してるだけ、まだマシなんだと思います。
それにしても様々な理由があるとはいえ、かつて一世を風靡したゲームメーカーでもこのような形で名前が消えていくのは、やっぱり時代の流れなんでしょうかねぇ?

 

 

ちなみにゲーム関係において、自分の中での一番の衝撃は、以前も書いたかもしれないが、数々の名作シューティングゲームを世に送り出してきた伝説のゲームメーカー、(株)東亜プラン社が1994年に倒産してしまった事ですが、これはもう自分にとって激震ものの出来事でした。

 

 

最後!!
もうネタ的には完全に過去の事になってしまいますが、昨日は2月22日でしたが、その日は一体何の日?


一応この日は忍者の日(222=ニンニンニン)と言われているらしいのですが、自分はそんなの全く知らんかったです。
ただ、この日より新しく放送がスタートしたスーパー戦隊シリーズの名前が手裏剣戦隊ニンニンジャーというのは単なる偶然とは思えないのですが・・・

 

 

でも世間的には・・・

やっぱり猫の日というのが一般的でしょう。
ということで、この日の我が家のお坊ちゃんでも載せておきましょう。(まだ本当は色々と書いたんですが、全て消失してしまったので、これで終わり!!)

 

 

次回はゲームのお話です。
先日のコズモギャング・ザ・パズルに続き、次も自分が当時プレイしてきたパズルゲームの事を書いていこうと思っています。

| | コメント (0)

若さってなんだ?振り向かないことさ!!

そんなタイトルで一体何だと思うかもしれませんが、つい先日ですが、ようやく念願叶って例の映画を見に行ってきました。

まあタイトルで分かる方も多数いると思いますが、見に行ってきた映画は『海賊戦隊ゴーカイジャーvs宇宙刑事ギャバン』です。(タイトルはギャバンのオープニングで流れる一部)

 

http://www.gokai-gavan.jp/

 

ゴーカイジャーのテレビ放送は先日終了してしまい、今は次のシリーズ(特命戦隊ゴーバスターズ)に移行していますが、スーパー戦隊シリーズとして現在も放送されています。
しかしギャバンのようなメタルヒーローシリーズは現在ほとんど放送されてないため、昔から見てたような多くのファンは、今回30年ぶりに復活したギャバンの活躍を心待ちにしていたんじゃないでしょうか?

 

 

もちろん自分も、当時から宇宙刑事三部作(ギャバン・シャリバン・シャイダー)は何があろうと毎週ほとんど欠かさず見ていたので、今回vsシリーズにギャバンが出るってことで超楽しみにしていました。
本当は封切り直後に見に行こうと思っていたのですが、その頃は色々と都合が悪く、なかなか見に行く機会が出来なかったんですが、先日ようやく実現し、スクリーンに映し出された30年ぶりのギャバン(大葉さん)に感動してきました。

 

 

内容については詳しくは書けませんが、劇中では当時から超有名な男臭さ全快バリバリな歌詞(笑)が評判となったオープニング主題歌や、当時の番組内でも流れた挿入歌のアレンジとかが流れるなど、ファンなら涙モノの演出でした。
レーザーブレードのテーマ(←これ、分かるかな?)が流れた時は、マジで鳥肌が立ったほど・・・(子供連れで来てたお父さん、このテーマが流れた瞬間、鼻すすってた)

 

 

ちなみに映画の最後のシーンは、当時リアルタイムで見てた方なら、思わずニヤリとする・・・もしくは涙するシーンでした。
シリーズ最終作でもある宇宙刑事シャイダーの最終回の翌週に放送された特別編では、遂に3人の宇宙刑事が初めて勢揃いしましたが、今回の映画では・・・(間もなく上映期間が終了するので、興味がある方はお早めに・・・)

 

 

当時は社会現象級にもなった宇宙刑事シリーズですが、新シリーズを望んでる方も多いと思います。
しかし登場する主人公が激しい生身のアクションをするなど、現在では色々な制約とかもあって、さすがにもう復活することは難しいんじゃないでしょうか?

 

 

尚、宇宙刑事シャリバンが放送されていた1985年には、ゲームセンターではコスモポリス・ギャリバンなんて名のゲームも稼動していました。

 

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AE%E3%83%A3%E3%83%AA%E3%83%90%E3%83%B3

 

http://www.youtube.com/watch?v=_t5vrSqtR5M

 

当時からゲーム好きな自分は、この自分好みなタイトルに誘われて、何度かプレイしましたが、自分はアクションゲームがそんなに得意ではなかったこともあり、とても手に負えるものではないと判断し早々とプレイするのを諦めましたが、自分の知り合いでは何人も1000万+αを達成しており、その方々に言わせれば「非常に簡単で絶対終わらない部類のゲーム」という話・・・
どこかにギャリバンが置いてあるゲーセン知ってる方、情報求む・・・

| | コメント (0)