開幕戦必勝祈願旅行(90%ウソ)

先日の土曜日&日曜日ですが、地元の方々(計11人)と毎年恒例の旅行・・・ということで、今回は三重県の松坂、そして伊勢市に行ってきました。

 

 

今回の旅のスタートとなった土曜日ですが、我が町でもある袋井駅への集合時間は午前6時30分でした。しかし自分だけは休日出勤ということで、この日は仕事を速攻で済ませ、夜の宴会から合流ということで、初日の目的地でもある松坂市までは完全1人旅でした。


浜松から新幹線を使用。
ちなみに朝から出発した10人はJRの各駅停車で松阪まで向かったそうですが、先発隊を追いかける形となった自分は現地まで行くのに考えられる一番早い方法(新幹線~近鉄特急)で向かうことになりました。

 

 

で、自宅を出発してから、約2時間ちょいで・・・


初日の目的地でもある松坂に到着。
ちなみに早朝出発組は全て各停乗車だったので、ここまで来るのに約4時間30分くらい掛かったそうです。(特急万歳!!)

 

 

駅前には・・・


松坂牛のモニュメント・・・じゃなく、パネルが置いてありました。
よく観光地とかで一緒に写真が撮れる・・・というアレですね。

 

 

で、午後5時30分に宿に到着。
宴会は午後6時から始まることになっていたので、本当にギリギリでした。

 

 

宴会の料理は当然のように松坂牛が出ました。


これは今回食べた料理の中の一つ、おなじみ松阪牛のすき焼きです。
さすが世界に誇るブランド牛だけあって、超美味かったです。

 

 

で、翌日(日曜日)は午前5時に起き、まだ辺りが真っ暗な中をたった1人で市内周辺を散策・・・
コンビニが全く見当たらないばかりか、ビックリするくらい何もない所でした。

 

 

唯一存在してたのが、たまたま市役所近くに見つけた松坂城跡(公園)です。


前日の宴会の時、先に散策に来た連中たちが「あそこは石垣に転落防止の安全柵が無いからマジで怖い・・・」なんて言ってたから、どんなもんかと思って、その問題の場所と思わしき石垣の上から下を見てみると、これが本当にマジで怖かった。

 

 

これは城跡の広場です。


この日は朝から風が強くて超寒かった。
当然だが、こんな時間にウロウロしてる物好きな人間は自分しかいませんでした。

 

 

空が少し明るくなってきたので、松阪市内を撮影。


なんだかサッパリ分からないですが、明るくなれば市内が良く見えるそうです。

 

 

で、1時間くらい歩きまわってから宿に戻りました。
くどいようだけど、本当にマジで寒かったな・・・

 

 

さて旅行2日目ですが、この日は伊勢神宮参りです。
午前8時30分という比較的早い時間に宿を出発。


まずは伊勢市まで向かいました。

 

 

で、最初の目的地でもある伊勢神宮・外宮です。


正直な所、特にこれは・・・!?っていうような物は無かったです。

 

 

この後は同じ伊勢神宮で、内宮と呼ばれる方に向かうことになるのですが、外宮から内宮までは割と距離もあるし、今回の旅行は人数も多かったので、その区間はタクシー3台に分乗しで行くことになりました。


そして約15分後、伊勢神宮・内宮に到着。
同じ場所から乗って同じ場所で降りたのに、それぞれ料金が全然違ってたのは何故だろ!?(同じ会社、同じ中型車なのに差額が約500円も違うのは、さすがに問題だと思う・・・っていうか、なんでだろ!?)

 

 

こちらは参拝者が超多かったです。


まあ内宮の方が、外宮よりも色々あるからだろうけど・・・

 

 

やはり一番の違いは・・・


やはり、お土産屋や飲食屋さんが立ち並んでいるからなんでしょうね。
すっごい数の人だったけど、これでも普段よりは少し少ないという・・・

 

 

ここで参拝を済ませた後は、古市参宮街道を歩きながら色々な史跡とかを巡り、最終目的地でもある宇治山田駅を目指すことになりました。

 

 

途中、見掛けた物で撮影した物を紹介していきます。
まずこれは伊勢の看板商品でもある、あの赤福の本店らしいです。


建物は古いけど、大きな看板とか味がありますね。

 

 

色々な店を見ながら食い歩き・・・


このお店の看板商品でもある『かわあげ君』は、鶏の皮を油で揚げたもので、某コンビニの商品名と似てるけど全く違う商品です。
ただ残念だったのは、これ全然温かくなかったんだよね・・・

 

 

宇治山田駅までは、だいたい5キロくらいだったような・・・まあ全然たいした距離じゃ無いけど。


内宮を出発してから約1時間半、今回の旅の最終目的地でもあった宇治山田駅に到着しました。
こういう一日歩きまくる旅も、たまにはいいかな~?と思います。
尚、この日歩いた歩数ですが、万歩計によれば以外と多い21,867歩でした。

 

 

今週土曜日に大阪方面に向かう際、再びこちら方面も通るんだよな・・・

| | コメント (0)

今年も御苦労様でした・・・ということで・・・(今回も長い)

今回はベガルタ仙台戦の翌日の事を書いていきます。
最終戦で何とかJ1残留を決めたジュビロですが、既に天皇杯も敗退してることもあり、最終戦が終わると同時に今期の戦いも終わるということで、多くのサポーターにとって今期のジュビロ関連の予定が終了します。

 

 

で、自分たちも2016年度最後の応援が無事に終わったことで、試合翌日は久しぶりにゆっくり観光しよう!!ということで・・・


仙台から比較的近い松島に行ってきました。
まあ仙台に来て時間に余裕があるなら、大体の人はここに来るでしょう。

 

 

この日も、まるで冬のような天気で、常に冷たい風が吹いているという厳しい寒さを体感できました。


ここは松島でも一番多くの人が訪れる五大堂です。
なんか周囲を見渡せば、非常に沢山のジュビロサポーターを見たような感じがしたのは気のせいか???(試合翌日は松島観光ってことで、自分たちと考える事はみんな一緒らしい・・・ただこんな遠くまでクルマで来ようと考える人は少ないけど・・・)

 

 

何年か前に来た時に乗った遊覧船ですが、時間の関係で今回はパス。


沖に出ると、遊覧船に多くのカモメが寄ってきますが、この時にエサ(かっぱえびせん)を与える事が出来ます。
実はこれが凄く楽しいんですよ。フェイント禁止・・・(笑)

 

 

で、この後は松島周辺の寺院等を散策。
まずは現在改修中の端厳寺

松島なのにウナギ???

 

 

端厳寺の入り口付近です。



写真が少ないのは、国宝や重要文化財など撮影禁止のモノが多かったからです。

 

 

端厳寺の後は、その横に位置してる円通院へ・・・っていうか、松島観光といえば、これが一般的なモデルコースになってしまうんですが・・・


紅葉が美しい。

 

 

庭がきれいでした。


端厳寺&円通院の中を色々見ていくだけで、軽く2時間・・・

 

 

その後は、人気の笹かまぼこの焼き体験。
簡単に焼けるうえに価格も安いし、これからの寒い時期は特に人気がありそう。


焼き体験と言っても、ただ笹かまぼこを持って熱源にあぶるだけです。
焼きたては、とても美味かった。

 

 

この後は、この日最大の目的でもあり、嫁が前回(2010年)ここに来た時に食べた味が忘れられないと言ってる牡蠣定食を食べに行くことに・・・


店頭で焼いている、焼き牡蠣や焼きイカも捨てがたいが・・・

 

 

やはりコレ!!


焼き牡蠣が霞んでしまうくらい・・・とは少々大げさかもしれないが、この御飯の横に見える酢牡蠣が超美味い!!
ちなみに前回来た時、確か牡蠣定食は白米ではなく牡蠣が大量に入っていた牡蠣御飯だったんですが、何故に変更したのか?ちょっとお店の方に聞いてみたところ・・・まあ様々な都合上・・・

 

 

で、松島観光の後は再び我が家を目指し、高速道路を南下・・・


無理をしない安全運転、そしていつもより明らかに多いペースの休憩を繰り返し、結局、自宅に着いたのは日が変わった午前1時過ぎでした。

 

 

自宅に着くと・・・


深夜だというのに、コイツが激しく暴れていました。
ご主人様の留守中は任せろじゃなかったのかよ!?

 

 

さて・・・これで2016年におけるジュビロ関係の行事は終了・・・ではなく、まだ10日後に自分としては一番大きなイベントでもあるジュビロ磐田・メモリアルマラソンが控えています。
一応練習はしているのですが、なんていうか最近は2~4キロくらい走っただけで異常に息が荒くなるんですよね。
こんなこと、これまでは全く無かっただけに、果たして今回は最後まで走り切る事ができるのか???

| | コメント (0)

まだ地元は五分咲きですが・・・

昨日は大宮アルディージャ戦(アウェー)がありましたが、自分は仕事だったため、残念ながら欠席。
結果は1-1の引き分けでした。
アルディージャとは、昨年から全く同じような結果が続いていますが、次こそ決着を!!

 

 

で、この日の仕事が終わった後は、地元の自主防災隊の面々との夜間訓練・・・


ではなく、花見でした。

 

 

午後6時過ぎに地元の某所に集合。
この日は珍しく寒くなかったです。

隊員たちが、テキパキと照明やテーブルを設営。

 

 

大きなバルーン照明も用意されました。


この日の隊員の動きを見てると、これなら夜間に災害が起きても大丈夫だと感じさせてくれる良い動きでした。

 

 

そして会場設営してから僅か30分後には・・・i


みんなで乾杯!!
結局この日は、なんだかんだで夜の10時まで宴会でした。
こういう地元の仲間との繋がりって、非常に重要な事だと思いますね。

 

 

ん?
今回は何故にそっけない内容になったのか?というと、実は今回のジュビロの事を含め、割と長い記事を書いたものの、久しぶりに馬鹿な操作ミスで全て消えてしまったからであり、また同じような内容を書くという気力が99%消滅したからなんですよ。
次回は頑張る・・・

| | コメント (0)

兼六園の後は自分の予想してなかった場所へ・・・

今回も先日の群馬遠征同様・・・いや、更にそれよりも今更感がありますが、まだ残してあった金沢遠征のお話です。(9月14日だから、もう随分昔の事だな~・・・)
試合翌日の午前は兼六園を見て回ったんですが、朝から動き回ってたこともあり、お腹がすいたので、なにか美味そうな店は無いか?と街の中を走り回ったんですが、事前情報で金沢は鮮魚で有名だと聞いていたので、とりあえず某寿司屋にて昼食。(入った店ですが、これが本当に激ウマ・・・写真が無いのが残念・・・)

 

 

美味しい昼食でお腹を満たした後、このまま帰宅・・・と思っていたものの、この後は前日に来た方向とは全く逆の富山方面へクルマを走らせ、その後は高山方面に行くこと数時間、着いた場所が・・・


山の中なんですが、ここがやたらクルマや人がいっぱい居るところでした。
観光バスの数も凄かった・・・

 

 

で、駐車場にクルマを停め・・・


結構高い橋を渡った先に有るのが・・・

 

 

これ!!


この写真じゃ、分かりにくいかもしれませんが、あの萱葺きの屋根の合掌造りの集落がある有名な世界遺産・白川郷(岐阜県)に寄ってきました。

 

http://www.shirakawa-go.gr.jp/top/

 

ここ白川村ですが、観光客用として合掌造りが存在してるのかと思われている方もいるでしょうが、ちゃんと住居として使われているんですよね・・・


ここは普通の住居として使われています。
良く見ると屋根の半分は新しい状態です。

 

 

ここは岐阜県であり、しかも山間の集落ということで、冬になると相当な量の雪が積もります。
現在は交通機関も発達しているので、街に行くのも比較的楽になっていますが、昔は雪の多い時期なると、買い物に行くのも困難でした。

 

 

で、当然食料面でも厳しい状況が発生したと思いますが、そういう時の事も考えて・・・、


このような用水を村中に引きました。

 

 

で、ここに食料となる魚(コイとかニジマス)を飼う事で、昔の人は動物性タンパクを得ていたそうです。(そういう場所に住んでる人はそのような生活をしていた・・・このことは昔、少年マガジンで連載されていた有名な釣りマンガ、「釣りキチ三平」に載っていました)


で、実際にここの用水では50~60cmくらいもある大きなコイやニジマスが飼われていましたが、さすがに食用じゃなく観賞用だろうなぁ・・・

 

 

それにしても、今回初めて現地に行ってみたことで、これまでの白川郷に対するイメージが大きく変わりました。


テレビとかで見た事があった白川郷の合掌造り群は、人里離れた山の中であり、しかも非常に静かな地域だと思っていましたが、実際現地に行ってみると観光客ばかりで超賑やかなんですよね。
しかも観光客はやたら外人さんが多く、確かここって日本だよな~って錯覚を覚える程でした。

 

 

さて色々書いていきましょう。
この合掌造り周辺には、家屋保存のために写真のような犬小屋みたいな物がいくつかあります。


この小さな小屋みたいなのは放水銃というもので、この中には消防車のホースの先端みたいなものが装備されていて、火に弱い萱葺き屋根を火災の魔の手から守るために村中に設置されています。
毎年11月の初旬の早朝、これからやってくる長くて厳しい冬の前に、地元の消防団が中心になって一斉放水点検作業を兼ねて放水をするのですが、村中にある全ての放水銃から空に向かって一気に放たれる水のアーチの様子はまさに圧巻であり、これぞ世界遺産!!って全世界に自慢してもいいんじゃないのか!?と言えるほどです。

 

 

放水される前に村中に響き渡るサイレンの後に現れる水のアーチ。
この秋の風物詩を、いつかは自分も生で見てみたいものです。

 

 

せっかく白川郷に来たので、合掌造りの中に入ってみることにしました。


今回お邪魔したのは、この白川村にある合掌造りのなかでも最大の大きさを誇る明善寺・・・つまり寺院です。

 

 

家屋の中は合掌造り独特の涼しさを感じましたね。
真夏でもエアコン無しでいけるくらい涼しかったです。


大きな屋根ということもあり、屋根裏には色々な物が置けるスペースが広がっていました。

 

 

明善寺の3階(?)から白川村を眺めてみる。


いい眺めだ!!

 

 

ということで、白川郷を十分堪能したあと、高山の市街地方面に向かってクルマを走らせていくと、なんと合掌造りの屋根の葺き替え作業をしてる建物を発見!!


これは国の重要文化財でもある旧遠山家民俗館といもので、現在は文化財保存修理事業の実施に伴い、平成26年11月1日~平成28年3月31日という長い期間を掛けて屋根を変えている・・・そうです。

 

 

更にクルマを走らせていくと、何となく見慣れた風景が・・・
そこは昨年末、記録的な大雪による雪害で来たことがあった場所でした・・・が、あの時はどこを見ても雪景色であり、時期的に今と比較しても全然違いますね。


この後は高速に乗り、静岡方面に向かって帰るだけなんですが・・・

 

 

東名高速に入り、やがて愛知県を抜けようとしたところで事故渋滞発生!!


これがマジに凄い渋滞で、家に到着する予定の時間を大幅に超え、帰宅いたときはもう心身共にヘロヘロな状態でした。
これの10日後には群馬遠征が待ってるというのに・・・

 

 

で、帰宅すると・・・


我が家のニャーが、きょとんとした顔をして我々を迎えてくれました。
2日も留守にしてたことで、ネコは大丈夫なのか心配してたんですが、この様子だと全く心配する必要は無かったようですね。
ただ、ネコは大丈夫でした・・・が、クワガタが!!
次回は、その事について書いていきます。

| | コメント (0)

金沢に来たら、やはり・・・

今回は金沢での観光編です・・・が、なんで今更と思う人もいるでしょうが、実は今回の日記ですが、帰宅後に頑張って書きあげたものの、自分の操作ミスで途中まで完成していた部分の9割近くが消えてしまい、半分やる気が無くなっていました・・・が、せっかく金沢まで行って色々観光したのがこのままお蔵入りというのは少しもったいないので、少し遅くなりましたが紹介することにしました。

 

 

で、試合当日の夜は快勝ゲーム後ということで、今回金沢に観戦に来ていたサポ仲間と夜遅くまで飲み、気分良く迎えた翌日は、こんなにも良い天気になりました。


左に大きく見える建物が、今回お世話になった宿です。
実はスタジアムからは目と鼻の先でした。(後ろにスタジアムの照明灯が見える)
今回少なくとも20~30人のジュビサポが泊まっていたんじゃないかと・・・(一体何人ジュビロの格好をした人を見掛けたことか・・・)

 

 

で、その試合翌日は完全観光モードということで、やはり金沢に来たら絶対ここは外せないでしょう・・・


ほら、信号機にも表示してあるじゃないですか・・・

 

 

ということで・・・


まず向かった先は、日本三大名園の一つでもある兼六園でした。

 

http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/kenrokuen/index.html

 

一応人の少ない平日を狙って行ったんですが、朝から観光客の多いこと・・・

 

 

これが入場の際に貰える園内の地図です。


行ったことがある人なら分かると思いますが、これが以外にも広い!!

 

 

まず入場して目に付いたのが、園内を管理してる方々がやたら多い。


まあ前日が日曜日だったこともあるし、園内の手入れをするなら休日の次の日・・・となるのも別に不思議じゃないですね。

 

 

これは兼六園を代表する景観・・・というか、多分誰もがテレビや写真で一度でも見た事があると思う徽軫灯籠(ことじとうろう)がある場所です。


ここは人気のある場所なので、当然のごとく非常に多くの人が写真を撮っていました。

 

 

その池の中・・・というのかな?
大きな松の木では、


兼六園専属の庭師数人が木の手入れをしていました。
素人的な考えなので、あまり良くは知りませんが、サッカー選手としての究極目標はワールドカップに出て優勝すると言うように、全国に多数存在する庭師にとっての最高峰は、おそらく兼六園の庭師になること(!?)なんだろうな・・・と勝手に思ったりもしました。

 

 

この直後、自分たちは地元のテレビ局・・・と言ってもNHK金沢放送かな?
自分たちが観光客っぽかったので、最初ちょっとインタビューされました・・・が、この日のテレビ局側の意向としては金沢新幹線に乗ってきた観光客目当てだったようで、自分たちがクルマで来た事を告げた途端「ああ、ありがとうございました・・・」と簡単にスルーされました。


そのあとも訪れた観光客に対し、色々と聞いたりしていましたが・・・

 

 

他にも園内の様子でも色々紹介していきましょう。


これは『旭桜』という名称がついている桜の木らしいんですが、なんか相撲取りにも居そうな名前ですね。

 

 

こちらは『根上がりの松』ということで、地上約2メートルまで根が上がった状態の松の木ですが・・・


実は浜松市内にも有名な根上がり松(市指定の天然記念物にもなってる)が存在したりします・・・が、2本存在する松の木ですが、何年か前の台風で1本は倒れてしまったんですよね。

 

http://www.hamamatsu-books.jp/category/detail/4ecef03af2100.html

 

ちなみに『根上がり松』で検索すると、兼六園よりも浜松の方が先に出てくるので、かなり有名なようですね。

 

 

人が近づいても逃げない鳥・その1。


池のほとりで日向ぼっこをする2羽のカモ。
こんな近くでも全く動く気配無いし、もう人に対して慣れ過ぎです。

 

 

兼六園の後は隣接してる金沢城の方にも足を運んでみました。


平日にも関わらず、観光客の多いこと・・・
それも日本人だけではなく、海外・・・特に中国人のツアー客が目立ちました。

 

http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/kanazawajou/index.html

 

 

門から入り、中の芝生の広場を抜ける・・・


この芝生広場を裸足で横断してくのが気持ちいい!!
自分以外にも裸足で歩いてる人が何人かいました。

 

 

これは城内にある角度がスゲー急な階段ですが・・・


これじゃあ、どんだけ凄いか、その凄さが分からないですね。

 

 

でも横から見ると・・・


これもんです。
多分過去に滑り落ちた人も絶対いるだろうし、とにかくハンパじゃないくらいの角度なので、昇降時は心して昇降するように・・・

 

 

これは城内に展示されていた金沢城の模型ですが・・・


とにかく細かいんですよね。
実際のところ、金沢城はこういう骨組みで建てられたそうですが、継目の技術とか至る所に昔の職人の技が光る木造建築だったそうです。

 

 

人が近づいても逃げない鳥・その2。


見ての通り、どこにでも居るカラスです。
先に紹介したカモ同様、全く逃げる気配がありませんでした。

 

 

ということで、金沢に来て試合を見て観光もした。
全ての要件も済んだことだし、これで帰宅・・・と思ってたら、嫁が「もう一か所行きたい所があるんだけど・・・」と一言。
その場所というのが、金沢からは相当離れている場所であり、今回静岡から金沢に来たサポでも、兼六園はともかくとして、さすがにそこに寄った人は誰でも居ないであろう・・・そんな場所でした。

| | コメント (0)

ちょっと出かける・・・

この日記が公開されている時間(午前6時)には、自宅を出発してある場所を目指して走っているでしょう・・・って、こんな書き方だと、まるで今日はアウェーに遠征してるみたいですが、実は本日5月21日は自分の結婚記念日であり、しかも今年が節目の年ということで、「ちょっと旅行に行こう!!」ということになり、現在ある場所を目指してばく進してたりします。

 

 

でも、ほぼ隔週でアウェー遠征してる自分に言わせれば、年中どこかに旅行してるようなもんだし、何を今更・・・っていう感じもしますが、今回はサッカーの事は一切忘れて久しぶりに思いっきり遊んでこようと思っています。
なので、今回の目的地はサッカー観戦で言った事の無い地域、ハッキリ言ってしまえばJリーグのホームタウンではありません。

 

 

今回は土曜日が必ず出勤しなければならない(いつもの休日出勤)ため、今日&明日の僅か2日間だけの旅になるのですが、留守中心配なのがいつものヤツ(ネコ)と、ここ最近暑くなってきたことで、とても活発に動き出してきたクワガタたち・・・
でも、たったの2日間だけだし、まあ大丈夫・・・だと思いますが。

 

 

次回は必然的に、この2日間の旅の事について書いて行きます。
ところで24日(日曜日)はジュビロのホーム開催日なんですが、またしても天気予報によれば雨!!
今年のホームゲーム開催日の天気の崩れっぷりって一体なんなんでしょうか・・・

| | コメント (0)

色々あった謎の旅行・・・(今回は長い)

かなり今更な気がしますが、今回は先日の土曜日&日曜日に行われた、我が自治会としての恒例行事でもある自主防の旅行の事について書いていこうと思います。
尚、何故に今回アップが遅れたのか?というと、ここ最近毎回書いてるようにパソコンの調子が悪かった・・・ではなく、5月を前に地元の用事で色々とやらなければならない事があったためです。(日記を何度も更新出来るような暇なんて全く無いに等しかった・・・)

 

 

まず土曜日の出来事からですが、この日は普通に休日出勤でもありましたが、職場には無理言って休暇を頂きました。
たまたまこの日はジュビロの試合が磐田で開催されたため、会社の人たちの多くは自分が休んだ理由はサッカー観戦だと思っていたそうだが・・・

 

 

で、この日は朝の6時50分に近所の某所に集合。

さて今回の旅行ですが、前回は行き先が広島ということもあり、移動のほとんどが電車等でしたが、今回は企画者の友人のバス会社に頼み、今回のために用意してくれた新型バスに乗って行く『謎の2日間』の旅でした。

 

 

バスの前面には・・・

我が自主防災隊の名前が・・・
参加する側から見て、なんか嬉しい気分です。

 

 

そんな新型バスで快適に飲んだり食ったりしながら、揺られること約3時間。
我々一行が最初に向かった先は・・・

この日から2日間、祭が行われている岐阜県美濃市でした。
今回の参加者は自分も含め、みんな祭好きな連中ばかりなので、このような山車が道に置かれていると、ついつい見入ってしまったり、写真を撮ったりしてしまいます。

 

 

美濃と言えば、他に有名な生産物として和紙がありますが・・・

ここはその和紙を使った様々な工芸品が売られている店です。
尚、この日の前日くらいだったと思いましたが、たまたまNHK総合で美濃和紙の特集みたいな番組があり、それに登場した超有名な和紙職人の作品も展示されていました。

 

 

で、古い街並みを歩いていると、なんだか近くで太鼓の音が聞こえてきたので、その音の方へ行ってみると・・・

そこには大きな花神輿が!!
それも一基だけではなく、十数基も!!

 

 

ここの祭は一見すると花神輿に目が行ってしまいがちですが、個人的には神輿よりも・・・

この大きな太鼓と、それを鳴らす独特の形をしたバチが珍しいと思いました。
ちなみにこの太鼓を鳴らしている女性ですが、翌日の岐阜新聞・朝刊に写真付きで掲載されていました。

 

 

で、この後は昼食ということで・・・

予約してあった手打ち蕎麦屋さんへ・・・

 

 

ここで出てきたのは・・・

この店で人気のある十割蕎麦でした。
実は美濃には蕎麦屋が何件もあるほどの名物品でもあります。

 

 

腹が落ち着いたので・・・

我が自主防・御一行が次に向かった所は・・・

 

 

長良川のほとりにある、古い燈台でした。

今回の旅の目的は、『みんなで歴史を楽しむ』というコンセプトらしい・・・
自分は旅行当日まで行き先も全く知らなかったんですけど・・・

 

 

これは燈台の横にあった吊り橋です。

上から川を眺めると、キレイな清流が望めます。

 

 

そのあとは再びバスの停まっている祭会場に向かいます。

色々な出店の横を抜け・・・

 

 

着いた先は・・・

美濃和紙の博物館でした。
ここでは美濃和紙を使った様々な作品が多数展示されていました。

 

 

続いて街並みの中にある博物館で見つけたのは・・・

日本一大きな羽子板でした。
写真じゃ分かりにくいけど、この大きさは約4メートルくらいありました。

 

 

この後は今回お世話になる宿に向かいましたが、実はその場所はFC岐阜のホームゲームが行われる長良川競技場のすぐ近くでした。

宿の玄関には我らを歓迎すべく、○○自主防災隊の文字(奥から2列目)が!!

 

 

この日の夜は宴会、そしてその後は夜の街に出かける者もいれば、とっとと寝る者もいたりとそれぞれでしたが、日付が変わったあたりから自主防恒例の麻雀大会が開催され、当然自分も参加しましたが、今回の成績はというと、それはそれはもう酷いもので・・・

 

 

翌日(日曜日)は朝5時半くらいに起床し、宿周辺を軽くランニング。

目の前ではサツキマスを狙っている釣り人がいました。
ただ、まだ長良川の水温は例年よりも低いそうで、ルアーに対しサツキマスの追いもイマイチだとか・・・

 

 

この宿の近くには・・・

シドニーオリンピックで金メダルを獲得した高橋尚子さんの記念モニュメントでもある、高橋尚子ロードというものがありました。
今更でもあるかもしれませんが、高橋尚子さんは岐阜県出身なので、このようなものがあっても全然不思議じゃありませんね。
何と言っても国民栄誉賞を貰ってる人でもありますし・・・

 

 

この周辺では朝からランニングしてる人が凄く多かったです。

 

 

この高橋尚子ロードのすぐ目の前には・・・

長良川競技場が見えます。(照明灯がそう)
本当に宿のすぐ近くでした。

 

 

この日の予定は『歴史を身体で感じる』というものらしい・・・
自分としては、2日目の目的も初日と同様、現地で初めて知ったんですが・・・

ということで、やってきたのは関ヶ原の合戦で有名な関ヶ原町。(写真は歴史民俗資料館)
ここでのミッションは半日掛けて、村の中に点々とある様々な武将の陣跡を歩いて探しながら回るというもので、自分はともかく、普段から運動してない連中には相当過酷なものでした。

 

 

しかし、これって旅行なのか?って思う人もいるでしょう。
傍から見れば、ウォークラリーを兼ねた体力強化合宿にしか思えません。(またこの日は良い天気で、非常に暑かった・・・)

ここが、ある意味で最終目的でもあった有名な古戦場です。
田んぼの真ん中にありました。

 

 

本当はもっと沢山の写真を撮ったんですが、それだと石碑とノボリばかりになってしまい、面白みに欠けると思ったので全てカット!!
こうなった以上、汗をかきつつ跡地を歩いて回る様子でも1枚くらい撮っておけばよかったな・・・

 

 

ということもあり、日曜日の午後7時前に地元に無事帰宅。

本当は他にも色々ありましたが、やっぱり普通の旅行とは明らかに違うところが良かった・・・かな。
果たして来年は何が起こる・・・というか、一体どこに連れていかれるのやら・・・!?

| | コメント (0)

2日連続で城見学

今回も丸亀遠征(カマタマーレ讃岐戦)の事について書いて行きます。
圧倒的に押していながら最後の詰めが甘かったカマタマーレ讃岐戦の試合後、多くのサポ仲間の皆さんは一鶴に骨付き鳥を食べに行ったり、そのまま宿に泊まりに行ったりと様々な感じでした。

 

 

で、自分たちですが、今回近隣の宿が取れなかったことで、少し・・・というか、相当離れた姫路に宿を予約してあったので、そこまで走ることになりました。
尚、今回一緒に応援した、太田吉彰選手を応援してる69(ロック)様、また一緒に応援しましょう!!っていうか、今度こそ勝ちたいものですね・・・(←実はこれまで一緒に観戦した試合は約5~6試合くらいですが、その時の勝率は0%!!引き分けすら一度も無かったりしますが、だからこそ今回はジンクス破るぞ・・・って想いがあったんですが・・・)

 

 

で、姫路の宿に着いたのは夕食を食った後なので、だいたい午後10時くらいだったかな?
翌日の予定は姫路城を見てから静岡に帰ることになっていたので、翌日になるべく疲れを残さぬよう早めに就寝・・・の予定でしたが、我が家に残してきたネコの様子が気になり、ウチ(っていうか、親)に電話してみたところ、会話に割り込む形で電話先から「にゃーにゃー」聞こえてきたので、まあ心配する必要は無いな・・・と。

 

 

そして翌日(3月22日)は姫路城を見に行ってきました。

これは信号待ちをしてるときに撮影。
前日の丸亀城も味がありましたが、なんていうか同じ城でもちょっとレベルが違うような・・・

 

 

城の入口のプレート看板には・・・

世界文化遺産・国宝の文字が光る。

 

 

しかし姫路城は知っての通り、まだ改修したばかりであるため・・・

一般公開、つまりグランドオープンは27日ということで、この日は天守閣に登ることは出来ませんでした。
試合日もしくはグランドオープンが少しでもずれてくれれば良かったんですが・・・

 

 

城の入口では・・・

足軽の格好をした方が宣伝用のノボリを立てかけていました。

 

 

正面入り口を抜けると、凄く沢山の観光客が!!
この日は天気も良かったし、まあ沢山の人間が居ても不思議じゃなかったんですがね。

 

 

で、天守閣に向かって歩いて行くと、ある地点で多くの人が撮影していました。
それが・・・

この角度!!もう圧倒的な迫力でした。
もしもこの城壁周辺の桜が満開だったなら、マジで凄い景色になったと思うんですが、今回は本当に中途半端な時期だったと感じました。

 

 

ちなみに天守閣正面広場では、27日のグランドオープンで色々イベントが行われるそうで、多くの関係者が準備に追われていました。

それにしても、この大きな舞台では一体何が行われるんでしょうか?

 

 

色々見学したことで、この後は静岡に戻らなければならないため、少々早いが姫路城を後にしました。

足軽の方々、ご苦労さまです。

 

 

この後は、お土産屋さんで色々買いました。
ただ今回の遠征の一番の目的は、ジュビロの応援で丸亀に行く・・・ということだったはずなんでしたが、結局丸亀のお土産は今回一切無いという事実・・・

正直、丸亀の事は忘れたい・・・というか、無かったということに・・・
やっぱりファンとしては、勝ち試合を見たいからね。(写真は内容とは一切関係ありません)

 

 

これはアウェーにクルマで行った場合、良く分かると思いますが、勝って帰るのと負けて帰るのではホントに天と地の差を感じますが、特に長距離アウェーの場合、高速道路を運転してると身体に顕著に出るから困りものです。(負けると、やたら眠気が襲ってくる)
で、結局自宅に着いたのが午後4時くらいでしたが、問題のネコは・・・窓際で気持ち良さそうに昼寝してました。(この野郎!!)

| | コメント (0)

試合以外は最高の遠征(今回は非常に長い)

今回はアウェー遠征記です・・・が、正直試合以外は本当に良い旅だったと言えるくらい充実した2日間だったと思いました。
尚、何故に今更な感じで試合日の事を紹介するのか?と言われたら、実は帰宅した日に頑張って途中まで書いたものの、パソコンが不機嫌で書きあげたものの大部分が消えてしまったんですよね。
本当ならその時点でやる気が無くなり、もう日記を書くのを止めようとしたんですが、せっかく沢山の写真を撮ったことだし、このままお蔵入りは少しもったいないと思ったので・・・

 

 

ということで、先日の丸亀への遠征記です。
いつもよりも写真が多く非常に長い構成になっています。

 

 

3月20日(金)午後11時30分、自宅を出発。


最初の運転手ですが、いつものパターンなら自分からスタートするんですが、今回は珍しく嫁が最初のドライバーでした。

 

 

自宅を出て、まず向かった先は愛野駅。
ここで今回無理矢理な感じで連れていくことになったN嬢を拾いましたが、その時の風景が・・・


こんな感じ。
周囲は濃い霧が発生していて非常に見にくい。

 

 

浜松インターから高速に乗る。


この時の時刻は午前0時。
相変わらず霧が凄くて先が見にくいほどでした。

 

 

これは夜が明けた頃だと思います。


場所は多分、兵庫県あたりだと思います。

 

 

これは瀬戸大橋を渡る直前です。


自宅を出た時とは比べ物にならないくらい良い天気です。

 

 

四国に渡る直前にある与島PAで休憩。

昨年5月に愛媛に行った時もここに寄ったんですが、ここでは静岡県民にとってありえない物が配備されていました。

 

 

それが・・・

この自動お茶注ぎ機なんですが、それって静岡なら当たり前のようにどこでも置いてあるんじゃ・・・と思われますが、問題はその機械ではなく味なんですよね。
前回寄った時、あまりの不味さに一口飲んで捨てたここのお茶ですが、約1年経って味は改善されていたかどうか?とりあえず飲んでみたが・・・

 

 

なんだこりゃ!!
こんなのお茶じゃねーよ!!

 

 

やっぱり、静岡県民には絶対受け入れられない味でした。

 

 

この日は色々なイベントが行われるそうで・・・

建物の外には妖怪ウォッチのイベント広場とかが準備されていました。

 

 

これは・・・

四国4県の共同企画で製作された四国萌隊というものらしい。

 

 

4人の女の子の全身の姿がコチラ。

一番露出の多い女の子が、一つ上のポスターでは、ほぼ全身が隠れている事に疑問を感じた人も多いはず!!

 

 

で、与島を出て香川県に入り、しばらく走ると・・・

今回の目的地でもある香川・丸亀競技場が見えてきました。

 

 

とりあえず、アウェー側のゲートの所に行ってみる。

この段階では、まだシートは1枚しか貼られていなかったです。
ちなみに会場に着いた時刻は午前8時前でした。

 

 

で、この後は丸亀散策です。
まず最初に我々が向かった先は・・・

まごころという名のうどん屋さんでした。
ここの店は、かなり名前が知られているものの、場所が少しマニアックな所にあるため、クルマじゃないと行きにくいです。

 

 

店内に入ると・・・

なんか昔の工場の中みたいな感じでした。
この店の横の大きな建物では店で食べられるうどんを製麺していますが、まるで工業製品でも作ってるかのような感じの大きな建物でした。

 

 

ここで頼んだのが・・・

ここでは定番中の定番とまで言われる肉うどん+αでした。
確かに麺にコシがあり、一緒に入ってた牛肉も美味しかったんですが、なんていうか味が濃すぎたような・・・

 

 

朝食を取ったら、一旦スタジアムに寄り、そのあとは市内散策ということで、定番の丸亀城に行きましたが・・・

その道中には、こんな横断幕が!!
こういうのを見ると、アウェーに来たんだなって事を感じます。

 

 

で、一応観光スポットでもある丸亀城に着きましたが・・・

高くて立派な城壁の一番上、その左隅に申し訳なさそうに建っているのが、その丸亀城なんですが、写真だとイマイチ良く分からないなぁ・・・

 

 

とりあえず、案内図に従って歩いてみると・・・

このような謎の立て札が・・・
ちなみに、ここからトイレまでの距離ではないです。

 

 

この丸亀城ですが、昨年登頂(?)した金毘羅山以上に急な道を上がっていくことになるんですが、嫁とN嬢は歩いて登る中、自分だけは全速力で一気に走って登りましたが、その時、多分高校生くらいの男の子だと思うんですが、自分の後ろから一気に自分を追い抜いて行くじゃないか!!
走る事に関しては超負けず嫌いの自分としては、「コイツ!!」と思いながら、自分も全力で追いかけるが、結局最後まで追い付けずでした。

 

 

まあ年齢も考えずに若い子と競争する自分は、もしかしたら超めでたい奴なのかもしれんが、やっぱり足で負けるのは嫌なので・・・
ちなみに後から登ってきた、その若い子の家族らしき方々の中の妹(だと思う)が、「さすがお兄ちゃん、足速いね!!」と言ってたから、多分普段から走ってる子だと・・・(思いたい)

 

 

これが最後の急な上り坂です。

まるジュビロ・メモリアルマラソンの旧コースの最後の心臓破りの坂みたいだったな。

 

 

で、丸亀城到着。

ちっちゃ・・・なんて言ってはいけません。
これでも当時のまま、ずっと現代まで修復される事もなく残った本物なんですよね。

 

 

この丸亀城最大の特徴は、登ると分かりますが、町中が見渡せる高い城壁だと思います。

このあと、地元のガイドのおじさんに声を掛けられ、この丸亀城の城壁について色々と教えてもらいました。

 

 

城壁を十分見たあとは下に降り、隣接のお土産屋さんに寄ってみる。
すると入口には、このような貼り紙が・・・

噂でも聞いていたが、ここでアウェーサポーターである事を証明(会員証とかグッズとかを提示する)すると、消費税分を割り引いてくれます。

 

 

で、この中で気になったものが・・・

この上に飾ってあった3枚の絵のうちの2枚なんですが、かつて自分のゲーム仲間で、ほとんどプロの絵描きだった人のタッチと似ていてビックリ!!
さすがに原画は売り物ではありませんが、この絵と同じデザインのファイルは売られていました。(尚、ここに飾ってあった絵の作者は、自分のゲーム仲間とは全くの別人でしたが・・・)

 

 

丸亀城見学の後は、いよいよお待ちかねの・・・

あの、骨付き鳥で有名な一鶴に行くことに・・・
まあ丸亀に来たら、誰もがここに行くのを目標にしてるような気が・・・(実は今回キックオフギリギリに到着したMちゃんも、丸亀で一番の楽しみは一鶴に行く事だったと言っていた・・・)

 

 

で、10年ぶりに堪能する骨付き鳥様が御到着。

ちなみに今回N嬢が丸亀行きを決めた一番の理由が、嫁が「骨付き鳥」を食いに行くぞ!!って誘ったからであり、まさに嫁の策略にハマった形になりました。

 

 

お腹が一杯になった後は、今回のメインでもあるジュビロの試合会場へ。
入場口に戻ると、既に多くのサポーター仲間が集まっていました。

 

 

入場まで、まだ少し時間があるので、競技場の周りを歩いて行くと・・・


なんか抽選みたいなことをやってるじゃないか!!
しかもアウェーサポも飛び入り歓迎状態だし、なんていう太っ腹企画なんだろ。

 

 

で、ここで当たったのが!!


なんと、先ほど寄った丸亀城のお土産屋さんで売られていた、気になった絵のファイルでした。
こんな形で入手することになろうとは・・・

 

 

そして15時、会場開門。


『ようこそ丸亀へ』
こういうささやかな心遣いは、アウェーサポには非常に嬉しいもんです。

 

 

そして入場時には更に・・・


香川特産のお米まで貰えました。
こんなにも良い事だらけで、本当に良いのか?と思ったが・・・

 

 

で、いつもの場所(最前列)を確保したところで、キックオフまでまだ相当時間がありましたが、特にすることもないので、仲間たちとグタグタ話をしたり・・・


何故か?コンコースに置いてあったワンタッチパスの機械に、バーコードリーダーをかざして遊んでたり・・・(クイズの不正解みたいに、ブーって鳴る)

 

 

試合開始まで残り30分の様子。


選手もピッチに出てきたことで、応援の熱も上がります。

 

 

で、試合ですが・・・


相手のフリーキック一発のみ、0-1で負けました。
終わり。

 

 

次回は試合後の事、そして翌日の事について書いていきます。
これだけ長く書いておいて、試合レポートが僅か2行だけなのは、多分過去最低だと思いますが、それくらいガッカリした試合だったので、まあ気持ちを察して頂ければと・・・

 

 

結局ジンクス破れず・・・
丸亀観戦成績 4試合0勝4敗

| | コメント (0)

短い3日間だった・・・(気がする)

今回は地元のお祭りのお話中心です。
なんだ!カードの事じゃないのかよ!!と思ってる方はスルーしてくれても構いません。

 

 

祭典3日目(日曜日)となった12日ですが、台風が接近してる割になかなかの良い天気であり、絶好の祭日和とも言える日になりました。


これは我が家のフェンスに建ててある雪洞(ぼんぼり)です。
夜になれば周辺をやさしい光で照らします。

 

 

これはウチの近所の道路です。


前日、沢山の屋台(山車)が通過したことで、車輪の跡がクッキリ!!

 

 

この日は自分の仕事と言えば・・・


昼から行われるイベント用の焼きそば作りでした。
そういえば、昨年も同じことをやってた気がするな・・・

 

 

ここからは、昼に行われたイベントの様子です。


昨年は金魚すくいでしたが、今年は何故かアヒル(?)すくいになってしまった。
金魚が調達出来なかったとの話だが・・・(まあ袋井&磐田は祭だから、おそらくどこも同じようなイベントをやってるんだろうということで、競争率が高かったんだろうと・・・)

 

 

今年の手踊りは・・・


まあ大方の想像通り、妖怪ウォッチの妖怪体操でした。
この妖怪ウォッチですが、実は密かに勉強(色々調べたり、アニメを見たり・・・)してたこともあって、どんなマンガなのか、ある程度は分かっていました。
この目の前の横断歩道とか芸が細かい!!(この歌詞ってスゲーな・・・キャプテン翼の2番を聴いた時と似たような衝撃を受けたわ)

 

 

そして、もう一つは演劇でしたが・・・


こちらも今年注目されまくった、アナと雪の女王でした。
この演出ですが、流れる例の歌に併せて綿密に計算されつくされた非常に細かい設定になっていて、全て考えた人は本当に凄い(ヒマ人?)と思いました。

 

 

これは妖怪ウォッチ・妖怪体操の歌詞&振付ボードです。


こういう事が好きじゃなきゃ、こんな事まで出来ませんね。
でも自分もこういうこと進んでやりそうです。

 

 

妖怪体操は夜も行われました。


さすがに今年最後の手踊り(ラストダンス)ということもあって、気合いの入り方が違いました・・・が、気合い十分で弾けまくってたのは子供たちではなく実は一緒に踊ってた大人の方だったりする。

 

 

最終日の運行の様子。


今年も無事に無事故で終える事が出来ましたが、やっぱり祭っていいもんです。
地元に住んでいながら、様々な地域の活動に参加するのは色々と面倒くさいって事で毎回参加を見送るのは本当に勿体ないです・・・が、まあ人には人それぞれの考えがあるだろうから・・・

 

 

ところで台風19号ですが、やっぱり来ちゃったな!!
これで今年上陸した大型の台風は、まだ記憶にも新しい先週の18号も含めて計3つってなんなんでしょうか!!
よりによって自分が自主防災隊長になった年に、これだけ来襲することはないだろ!!(被害が出たら、市役所とかに色々と報告しなければいけないんだけど、実は18号の時は地元で河川の水位が道路を超えたり、流れてきたゴミが河川のフェンスが破壊するなど割と大きな被害が出たんですよ!!それが仕事の最中に市役所から報告してくれと催促の電話が来るし、本当に最悪!!自分も同時刻は災害復旧とかしてるだろうし・・・)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧