ちょっと見に行ってきた

昨日・・・つまり3月18日ですが、本来であればJ2第5節・栃木SC戦(ホーム)が行われる予定でした。
しかし世の中は例の新型ウイルス(この言葉、もう聞き飽きた)な状況であり、試合は延期という形になってしまいましたが、あらかじめ試合観戦の為に休暇を取ってあった自分としては予定がぽっかりと空いてしまったため、何か他に埋め合わせ出来るような事はないか?・・・って考えたところ、そういえば先日14日に開業したという御厨駅を見に行ってみようという気になり、早速現地に向かってみました。

 

 

前回(2月上旬)見に行った時は、まだ様々な工事車両が行ったり来たりしてましたが・・・

Img_20200318_154021

現在では既にタクシーや一般車両が出たり入ったりしているので、ああ普通に駅として開業したんだな・・・っていうのが分かります。

 

 

とりあえず、駅舎に入ってみることに・・・
まずは北口付近です。

Img_20200318_154155

明るい色のレンガが目立つ最近主流の駅って感じです。

 

 

北口広場(スタジアム方面出口)の中央付近には大きなモニュメントがあります。

Img_20200318_154124

今回の御厨駅の開業にあたり、ヤマハ発動機が北口広場の施設命名権を取得したそうで、それにより広場の真ん中にヤマハの広告塔みたいな位置付けとして建てられたそうです。
尚、このモニュメントは上から見るとヤマハのマーク(通称・トリプル音叉)になっています。

 

 

モニュメントの航空写真がありました。

Img_20200319_225652

本当にヤマハのマーク!!
残念ながら地上から見たところで、それがどんな形になっているのか全く分かりません。

 

 

駅の出口付近にサッカーボールを発見。

Img_20200318_154138

まあJリーグのチームがある地域だしね。
こういうのが置かれていても不思議じゃないか・・・

 

 

駅からスタジアム方面に向かっている歩道です。

Img_20200318_154040

埋め込まれているタイルの色は薄い水色&白ということで、まさにジュビロのチームカラーですね。

 

 

前回見に来た時は、まだ更地状態だった駅の北口付近ですが・・・

Img_20200318_154027

あれから約1ヶ月、ずいぶん都市化・・・
いや、全く変わってませんね。さすがに1ヶ月そこそこじゃ何も変わらないか・・・

 

 

とりあえず、駅の中を抜けてみた。

Img_20200318_154635

南口の階段付近から北口方面を撮影。
地元・・・というか、行ったことがある人にしか分からない表現になりますが、なんていうか・・・自分が見た感じでは愛野駅と磐田駅を足して2で割ったような感じの雰囲気でした。

 

 

北口を撮ったなら、やっぱり南口も載せておかないとね。

Img_20200318_154356

Img_20200318_154417

これは現在の東海道線沿線で主流になりつつある形と言ってもいい・・・そんな造りになってます。

 

 

改札口の様子です。

Img_20200318_154237

本来なら開業当日(3月14日・水戸ホーリーホック戦の予定だった)、ここを多くのサポーターたちが抜けてスタジアムまで向かう・・・
そんな光景が見られたはずなんですが・・・

 

 

撮影してたら、たまたま電車が入ってきました。

Img_20200318_154227

鉄道マニア御用達な感じの写真になったな・・・

 

 

そして、こちらも偶然というか、たまたま見ていた真下を新幹線が通過!!

Img_20200318_154259

ここから真下を通過する様々な電車を撮影する・・・
そういう撮り鉄マニアの方にはオススメの場所です。

 

 

この御厨駅ですが、北口と南口の他にも・・・

Img_20200318_154821

実はもう一つの出入り口として西口が存在します。
このそんなに大きくない地域の駅として、出入り口が全部で3つもあるというのは、かなり異例だと思います。

 

 

この西口は東海道線と新幹線の間に存在する駐車場などに降りる事が出来ます。

Img_20200318_154832

Img_20200318_154717

その駐車場も、まだ整備段階ですが・・・

 

 

駅の中に、しっぺいのベンチが設置してありました。

Img_20200318_154745

地元愛に溢れてるなあ・・・

 

 

御厨駅から(本来なら、この日は試合が行われる予定だったので)スタジアムまで歩いてみました。

Img_20200318_155709

近いようで遠いし、遠いようで近かった。
距離的には愛野駅南口から静岡スタジアム・エコパの正面口まで、だいたい同じくらいだと思います。

 

 

スタジアムの広場入り口付近にある、開催試合の予定表を見ると・・・

Img_20200318_155730

ラグビーの試合だけしか告知されてませんでした。
サッカーの試合は一体いつ頃に再開されることになるんでしょうかねぇ・・・

 

 

せっかく新駅が出来たというのに、その能力が全く発揮出来てないというのは本当にもったいないです。
この世の中で起きている悪夢としか言いようがない事態が収束し、ジュビロの試合だけでなく、様々なスポーツが何事も無かったかのように普通に行われることを望みます。

|

恒例・謎の旅行(今回は長い)

今回は予告通り、地元の連中たちと行ってきた謎の旅行編です。
この1年に1度だけ行われる謎の旅行(やたら歩く)ですが、これまでは西日本を中心に静岡以西ばかりでしたが、今回初めて関東方面・・・ということで、東京都内を中心に色々な所に行ってきました。

 

 

2月15日(土)
今回の旅の始まりは東に行くということで、必然的に掛川駅からスタート。
朝一番の新幹線で東京方面に向かい、その後は在来線を乗り継いで約2時間後、最初に降り立った場所は・・・

Img_20200215_081219

新橋駅でした。
駅前にある、通称SL広場前にて参加メンバーの点呼から今回の旅が始まりました。

 

 

朝の点呼の後、最初に向かった先は・・・

Img_20200215_091357

駅から程近い場所にある烏森神社でした。
まあ今回の旅の主催者が絶対行くべきところ・・・と言っていたので。

 

 

その後、そこから結構歩いて向かったところは・・・

Img_20200215_095508

Img_20200215_095523

この上の画像を見てもらえれば分かると思いますが、超長くて急な階段を登って行かないと着くことが出来ないような場所にある愛岩神社でした。
ここはなんか某アイドルグループ(?)のファンに言わせれば、聖地巡礼地らしい・・・(奉納してあった絵馬には同じようなキーワードが踊ってた・・・)

 

 

その後は神社横のNHK博物館に寄り・・・

Img_20200215_105215

再び歩く・・・

 

 

そこから銀座方面に歩き・・・

Img_20200215_115939_20200218005801

国道1号線の起点とも言うべき、日本橋も抜け・・・

 

 

この日3度目の神社ということで、今度寄ったのは小網神社という名前の場所でした。

Img_20200215_132314

この神社ですが、まだ我々が生まれていない遥か昔、東京大空襲によって焼け野原になった場所の中、唯一被害を受けずに建物ごと残ったそうで、そういう事もあって現在では強運の神社と言われ、運を味方につけたいと願うべく、連日のように多くの人が参拝にやってくるというもので、この日も結構長い列を作ってました。

 

 

ここでの参拝を終え、この後は予定が少し早くなったけど、恒例の宴会ということで、この日泊まることになっていた赤羽に移動。
さすがにもう徒歩では無く電車移動でした。

Img_20200215_221459

Img_20200215_222445

この赤羽の街は駅周辺に良い感じで飲めるような場所が多くて、本当に羨ましいと思いましたね。
地元・袋井には、そういう場所なんて全く無いし・・・

 

 

宴会の後、みんなそれぞれ行きたい場所へ散らばっていきました。
当然自分も前回同様、例のアレ・・・ということで都内某所へ・・・(それについては次回)

 

 

2月16日(日)
旅行2日目は朝の5時前に起床!!せっかく早く起きたので、トレーニングを兼ねて赤羽駅周辺をランニング。
実は今回の旅行ですが、自分はいつでもランニング出来る格好で参加しました。(上下ウインドブレーカー&マラソンシューズということで、他の人と比較しても明らかに違和感がある格好・・・)

 

 

ランニングから帰ってきて朝食を食っていると、外は雨が降ってきました。
誰が言ったか、「なんかこの旅行って毎回のように雨に当たる気がするな・・・」自分もそう思った・・・

 

 

この日ですが、最初に向かった場所は・・・

Img_20200216_092116

Img_20200216_092820

これで分かるでしょう・・・なんと靖国神社でした。
世間では色々と言われたりしている場所ではありますが、主催者曰く、ここだけはどうしても・・・ではなく絶対行かなければならないと・・・

 

 

で、建物内に入ると、なんと下駄箱には我々御一行の札が!!
もう既に予約してあったんかい!!

 

 

靖国神社の中は写真撮影禁止の場所が多いので、良くテレビで映る建物内の大広間でも・・・(ここは撮影可)

Img_20200216_100620

あ、本殿での参拝もしました。
ちなみにこの日の東京は雨交じりの天気で非常に寒くなりましたが、ここの本殿内部の畳は床暖房が効いていて、外であるにも関わらず凄く暖かかった!!

 

 

この日は地下鉄を乗り継いだり、前日同様に色々と歩いて回る日々・・・(どこにどの順で行ったのか、完全に忘れたよ・・・凄く歩いたことだけは覚えているが・・・)

Img_20200216_151548

神宮近くの銀杏並木を歩き・・・

 

 

やがて見えて来た、新国立競技場・・・

Img_20200216_153602

一応いくつかの催し物で既に使ったりしてるけど、まだ周辺は整備してる最中でした。

 

 

この国立周辺の散策が今回のラストであり、この後一行は東京駅に向かい、帰宅の途に就くことになります。
例年と比較しても相当早い時間に帰ることになった理由は、やはり例のウイルスの恐怖ですかね。
とにかく人混みから逃げたいから・・・(だったら、こんな時期に何故に東京みたいな人混みの多いような地域に行ったのか?と言われれば、返す言葉が無いけど・・・)

 

 

 

それから数時間後に無事帰宅。
帰宅後に自分が最初に行なった事は、靖国神社参拝で頂いた箱を開封!!

Img_20200216_205601

中には和三盆の菓子と粉末のお茶が入ってました・・・

 

 

実は、このお茶の生産地は・・・

Img_20200216_205611

なんと掛川市下俣南!!
しかも加工所が袋井市葵町の会社!!(この生産地の場所や加工所がある会社、地図を見なくてもどこにあるか分かる!!特に加工所の場所は我が家から2キロくらいしか離れてないし・・・)
つまり静岡、それも自分の地元のお茶は天皇家に認められているわけだ!!これは本当に凄い事!!

 

 

次回も旅行の事を書きます。
自分が以前から行ってみたかった場所とは・・・

|

毎年恒例・謎の旅行

一部の方々には連絡してましたが、実は土曜~日曜と2日間、毎年恒例でもある地元の連中たちと旅行に行ってました・・・が、今回の行き先はなんと!!あまりにもベタすぎる東京!!
これを読んでる人で東京を中心とした関東在住の方も多数居ると思いますが、静岡県民からすれば都内観光は結構な旅でもあったりします。

 

 

で、今回も普通の旅行とは一風変わった場所ばかり攻めて行きました。
ただ、まだ写真が全くまとめてないので、詳細については次回あたりに書こうと思っています。
もちろん今回も非常に長い距離を歩きました。(今回は2日間で軽く45,000歩以上も歩いているんで、一体コイツらって、どんだけ徒歩に頼った旅をしてんだろ!?って思われそう・・・)

 

 

自分としては、土曜日の夜に念願の場所に行ける事が出来た事かな・・・
例年のパターンからすれば、だいたい想像がつくと思いますが。

 

 

今回の旅行で特に心配してたことは、やはり全国各地で広がりつつある例のウイルスの恐怖ですかね。
特に東京みたいな人混みだらけの中を移動するのは危険が伴う・・・という考えのようなものが常に我々の頭の中にありました。
しかし都内に来てみて分かった事は、正直マスクをしてる人がこっち(静岡)に比べて少ないということ。
ウイルス感染は宝くじに当たるくらいの極少確率だから自分は大丈夫だと思っている人が多いのか?とにかく周囲の状況を見る限りでは、そういう危機感みたいなものは全く感じられなかったですね。

 

 

次回、謎の旅行編(本編)

|

1月2日のこと

この日は恐怖の初詣・・
一体何が恐怖かと言うと、正月三が日に初詣に行くっていう行為は、クルマ中心の生活が当たり前の静岡県民にとって、基本的に超渋滞にハマりつつも何とか目的地に到着し、更にそこから賽銭投入ポイントまで長い列に並び、ようやく賽銭投入する時は既に真っ暗・・・つまり三が日の初詣=多くの時間を犠牲にするという事が目に見えているからです。
何故に三が日に初詣に行かなければならないのか?というと、嫁が「初詣と言ったら絶対に三が日に行かないと意味が無い!!」という感じで、なんていうかなぁ・・・まるで何かの宗教というか迷信みたいなものを信じているからで、仮にここで「行かない!!」なんて言うと、もう鬼を殺すような勢いで怒り出すので、ホント仕方なくって感じで毎年付き合ってやっていますね。

 

 

尚、この日は袋井のカード屋さん・KINGSでは恒例・サッカー(&野球)の福袋の発売があり、出来れば初詣の後に行って2020年・初開封・・・っていうのを考えていたんですが、帰宅する時間帯は間違いなく周囲が暗くなる頃なので、店に向かうのは、さすがに厳しいかと・・・

Img_20200102_140337

コイツは家でお留守番。
ネコっていいな・・・初詣なんていう面倒くさい事なんかしなくてもいいし・・・

 

 

初詣の行き先は毎年のように行っている、自宅からクルマで20分くらいで行ける小國神社。
この日は箱根駅伝(往路)が終わった頃(14時10分過ぎ)に自宅を出発し、やがて現地・・・というか、残り約2キロくらいのところまで来ると・・・

Img_20200102_153333

このような大渋滞にハマります。
ちなみに今回は軽く2時間以上、こんな感じのノロノロ運転で何度も眠気が襲ってきました。

 

 

で、もう周囲が薄暗くなった頃・・・

Img_20200102_164029

小國神社の正面口に到着しました。
ようやくここまで来たって感じです。

 

 

しかし、本当の地獄はここから始まる!!

Img_20200102_165446

それはこの後、最終目的地でもある本堂の賽銭箱投入ポイントまで行くことになるんですが、そこに行くまでには長い列に並ばなければならない。
以前も書いたと思うんですが、これが本当に長時間を要する。
しかも1月の夕方なので結構冷え込みがキツく、少しでも防寒対策を怠ると大変です。

 

 

そして・・・

Img_20200102_173043

周囲が真っ暗になってきた頃に、ようやく一番の目的でもある賽銭投入が終了。
ここまでの所要時間は自宅を出てから実に3時間以上・・・さすがに今からカードを開けに行くのは非常に厳しい・・・というか無理!!

 

 

次回は今回の翌日以降の事について書いていきます。
いよいよ今年初の開封・・・なのか!?

|

寄り道をして行った所は・・・(今回も長い)

今回は普通の旅行編です。
超絶に暑かった前日(18日)と違い、この日の日中は雲が多くて陽ざしが弱かったので、前日よりは過ごしやすかったものの、蒸し暑さだけは健在で、ちょっと歩くだけで汗がにじんでくるのは仕方が無いといったところか・・・

 

 

実は今回、吹田スタジアムで観戦した翌日は、何も無ければ帰宅する予定でした。
しかし昨年NHKの大河ドラマで『おんな城主・直虎』が放送された時、ドラマの舞台となった龍潭寺が浜松だけではなく彦根にもあるという事を知り、もしも行けるチャンスがあれば、いつかは彦根の方にも・・・という事を思い出し、今回急遽行ってみることになりました。

 

 

で、宿を出てから数時間後には目的地でもある龍潭寺・・・

Dsc_0350

ではなく、同じ彦根にある彦根城に到着。
「やっぱ、滋賀に行くなら、まずは彦根城は当然!!」という嫁の一言で、まずは城巡りからスタートです。

 

 

で、彦根城と言えば、やはり人気者のひこにゃんが見たいじゃないですか。

Dsc_0351

城の入り口には本日のひこにゃんのスケジュールが書かれた看板が・・・
このパターンだと時間的には(施設内にある)博物館で会えるんじゃ・・・

 

 

そんなみんなのアイドル・ひこにゃんが登場するまで、まだまだ時間もあることだし、とりあえず彦根城に来た以上は天守閣を目指そうということで・・・

Dsc_0352

かなり急な階段を登り、てっぺんを目指すことになりました。

 

 

しかし前日より気温が低いって言っても、8月なので非常に暑いことには違いない。
その暑さのために多くの人たちが汗だくになりながら半分へばりつつ登っていく石段はこんな感じ。

Dsc_0353

写真だけでは凄さが分からないですが、これ本当に急坂レベルです。
しかしそんな中、周囲の子供たちに負けじとダッシュで駆け上がっていく自分と、もう半分死にそうな感じの嫁・・・
傍から見れば、とても変な2人に見えたと思います。

 

 

やがて・・・

Dsc_0354

Dsc_0355

Dsc_0356

彦根城・天守閣に到着。
この後は城の中に入り、最上階まで登りました。

 

 

分かってはいたけど、最上階から見る下界は非常に良い眺め。

Dsc_0357

でも城内部にある階段は角度が急(62度もある)で、ちょっと・・・いや、かなり危険です。

 

 

城の外には撮影コーナーがありました。

Dsc_0358

この黄色い紋章は、現在でも浜松市内で沢山見掛ける井伊家の家紋です。
ひこにゃんもいるぞ!!

 

 

登山をしたら、次は当然・・・

Dsc_0360

下山です。
この写真だと急坂レベルの石段の恐ろしさが・・・多分分からないだろうな・・・

 

 

この後は彦根城入り口横に隣接する博物館の方に行きました。
もうすぐ噂のひこにゃんが登場するらしいので、どんな感じなんだろう・・・と思い、そっちの方に向かって行ってみると・・・

Dsc_0362

まさにピッタリな感じで、ひこにゃんが登場!!
ひこにゃんって、多分ネコだと思うんだが、正直あんまり自信が無い・・・

 

 

この時は細かい雨が降って来たので・・・

Dsc_0364

集まった皆さんに御挨拶する前、兜の濡れた部分をスタッフの方に拭いてもらっていました。

 

 

そして、お待ちかねの撮影会です。

Dsc_0370

これ、本当に凄い人気でした。
この日は平日でありながら一体なんなんだ!?って思ったくらい・・

 

 

せっかくなので、博物館の中でも・・・

Dsc_0373

彦根城に関する、あらゆるものが展示されていました。
ただ撮影禁止区間が多かったが・・・

 

 

この彦根城に関する歴史の年表には・・・

Dsc_0372

Dsc_0371

後付けで追加したとしか思えない、おんな城主・直虎の文字が・・・

 

 

で、彦根城を後にした後は、いよいよ今回の最終目的地でもある彦根・龍潭寺ですが・・・

Dsc_0375

その場所は彦根駅から東へ向かった所にあります。
距離的には駅から程近い場所になるかな・・・

 

 

実は先日の地元の仲間たちと旅行に行った時(その事については2月25日の記事に少しだけ触れていますが、この時はゲームの事しか記事として載せてない・・・)、たまたま彦根の駅を過ぎてから南側(山側)をずーっと眺めていたら、自分の目に見覚えのある文字の看板が飛び込んで来ました。
その文字こそが龍潭寺でした。

Dsc_0376 

まさか半年後、こうやって電車から見ていた場所に来ることになろうとは・・・

 

 

この彦根・龍潭寺ですが・・・

Dsc_0377

Dsc_0378

Dsc_0379

Dsc_0381

色々見た感じでは、浜松の龍潭寺と良く似ていました。
特に庭の感じとかは本当に似てた・・・

 

 

ちなみに彦根・龍潭寺で一番の驚いた事は、龍潭寺の建物や庭では無く・・・

Dsc_0380

この敷地内の池に住み着いていたカメが、なんと最近では全く見る事がなくなりつつある日本固有のニホンイシガメだったことかな・・・
最近では全国どこの河川等に行っても幅を利かせまくってるミドリガメ(アカミミガメ)のせいで、このイシガメなんて全くと言ってもいいくらい見かけなくなっていましたが、まさかここでヤツに会えるなんて思わなかったです。(このニホンイシガメの姿を見て感動する人間は、多分自分だけではあるまい・・・)

 

 

これで大阪・滋賀と2日続いた関西遠征編はおしまい。
実はこの翌日も休暇を取っていて、しかも珍しくジュビロの練習が非公開ではなかったので、久しぶりに練習見学に行ってきました。(新監督も、どんな感じか気になっていたので・・・)

|

長い木造橋を渡ってきました

つい先日の事ですが、私用で静岡方面に行くことがあったんですが、用事を済ませた後の帰りに、以前から気になっていた場所の近くを通ることになったので、その場所に行ってみることにしました。(自分の住む袋井市から静岡市までは、同じ県内でありながら結構な距離なので、ちょっとした遠出レベル・・・)

 

 

で、その気になってた場所というのが・・・


静岡県の真ん中付近を流れる1級河川・大井川に架かっている蓬萊橋という木造の橋です。
この蓬萊橋は1997年には世界一長い木造橋(897.4m)ということでギネスブックにも記録された程の有名な橋です。

 

 

詳しい事は、こちらを見てもらえれば分かると思います。

 

http://shimada-ta.jp/tourist/tourist_detail.php?id=2

 

しかし、全国的にも有名になった場所であり、自分が好きな河川でありながら、まだ一度も訪れた事がなかったのが意外・・・とは嫁・談。

 

 

ということで、早速渡ってみることに・・・


まずは通行料(渡橋料)として100円を納めます。
尚、小学生以下の通行料は10円と激安です。

 

 

今回訪れた時間帯は陽も沈みかけていて、辺りは既に薄暗くなりはじめていました。


しかし、その訪れた時間帯が良かったのか?橋から見た景色がこんなにもキレイでした。
こんな美しい景色が見られるのは空気が澄んだ寒い時期だけです。

 

 

でも、そんな割と遅い時間帯、しかも寒い状況でありながらも、やはり有名な場所であることもあるせいか、自分の後にも結構多くの人が渡ってきます。


木造の橋ですから結構揺れます。
だが、それがいい!!という人も・・・

 

 

橋の中間点には・・・


このような『ど真ん中』との表示がしてありました。
これ、さりげない感じで書かれているので、結構見落とす人も多いでしょう・・・

 

 

橋の欄干には・・・


『きけんですので、手すりに座らないで下さい』との表示。
地上から結構高いので、落ちたら大変です。

 

 

ただ残念なことに、今回は向こう岸まで渡る事は出来ませんでした。


その理由ですが、昨年何度も来襲した大型台風のせいで橋の一部が破壊され、現在修復中ということで、写真の場所から先は通行禁止になっていました。(長崎の軍艦島の時と同じパターンですな・・・)

 

 

陽も完全に沈んだ頃には・・・


このようにライトアップされます。
これもまた幻想的で凄くキレイです。

 

 

この蓬萊橋ですが、島田市の観光案内にも書かれているように、色々なドラマの撮影で頻繁に使用されているため、テレビを見てると結構な頻度で登場したりしています。
分かりやすいところでは、現在NHKで放映されている大河ドラマ・いだてんでも何度か出てますね・・・今夜放送分でも確か出るんじゃないかな?(番組冒頭のキャスト紹介の後の方で島田市って出てれば確実)

| | コメント (0)

行くぜ!長崎!!(その5)

今回は帰宅編です。(今回は帰宅までの流れだけなので、内容的には本当に何も無い・・・)
長いようで短かった九州旅行も、いよいよラストですが、家を離れている期間中、とにかく自分が終始というか、常に気になっていたのが残してきた感じになっているヤツ(ネコ)の状況でした。

 

 

ちゃんと、おとなしくしてるだろうか?
もう自分たちの存在を忘れているだろうか?

 

 

という感じで、色々心配しながら、2日間お世話になった宿を出ることにしました。


今回泊まった宿のエレベーターの階表示が珍しいタイプでした。
これを見るのも、これでラストかと思うと・・・

 

 

宿から外に出ると、まるで狙ってたかのように少量ですが雨が降りだしました。
実は宿から駅までは大体1キロくらいの距離だったので、昨日の夜までは「もう歩くのも嫌だ!!」と言ってた嫁も、さすがにそれくらいの距離なら歩いて行こうと思ってたようで、当然自分も・・・って気持ちがありましたが、この突然降りだした微妙レベルの雨に、「ちょっとこれは・・・」っていう逆の気持ちが芽生えてきてしまいました。

 

 

さて・・・本当にどうする!?と思ってたその時、ちょうど目の前に狙ってたかのごとく1台のタクシーが・・・
それを見た自分たち、「これは、やっぱり運命みたいなもんだろ!?」という事で、結局そこに止まったタクシーを拾い、それに乗って駅まで行くことになりました。

 

 

で、道中はタクシーの運転手と雑談。
あまりにも良すぎるタイミングで目の前に来た件ですが、聞けば、「この時間帯は旅行に来てる方が高確率で駅に向かう時間帯ですし、今回泊まってた宿は歩くにしても微妙な距離なんですよね。で、(タクシー側からすれば)非常に良いタイミングで雨が降りだしてきたこともあり、これは周辺に点在する宿近辺を走っていれば、きっと誰かが・・・っていうわけで・・・」だそうです。

 

それに対し、「つまりタクシー側からすれば、入念に練り込まれた戦略と言うか、その作戦みたいなもの(?)に自分たちが掛かったということですかね?」と言ったら、「まあ、そういうことになりますね・・・」

 

 

流石観光地周辺のタクシーですね。
もう、お見事としか言いようがありません。

 

 

で、今回の出発となる長崎駅に到着し、タクシーと別れた後は土産を買ったり、駅構内でうろうろしたりしたりして時間を潰しました。


駅構内に貼られていたホームゲームの案内は、既に次に行われるものに変わっていました。

 

 

今回乗る車両ですが・・・


以前、大分に行った時にも乗った同型の車両です。

 

 

もちろん、帰りに乗るのは・・・


グリーン車!!

 

 

そして、博多から乗る新幹線の席も・・・


当然のようにグリーン車でした。
結果、今回の移動は基本的にほとんどグリーン車でしたが、こんな(列車に関しては)贅沢な旅なんて、今後二度と無いだろうと思い、特に最後の新幹線に関しては、シートの座り心地具合を全身で噛みしめるかのように乗車しました。(←大袈裟過ぎる・・・)

 

 

で、その日の夕方には我が家に到着。


旅行中、心配してたコイツの動向ですが、特に何も無かったようで良かったです。

 

 

ただ、帰宅した当初はやたら甘えてたコイツですが、その後に写真の位置から自分に対し、突然怒りだしてネコパンチを連打(20連打くらいした!!)してきました。
これ動画が撮れてれば、マジで凄い構図だったんですが・・・(嫁は、自分が最後に思いっきり殴られる瞬間だけは見てたそうで・・・)

 

 

で、気が済んだヤツは・・・


外のベランダに出て気が済むまで遊んでいました。
ホント気楽なもんだ・・・

 

 

これで長崎旅行編は全て終了です。
ちなみに長かった超連休も本日(10月30日)が最終日だったりしますが、その本日はジュビロにとって大事な試合でもある湘南ベルマーレ戦(ホーム)が行われます。
現在のジュビロですが、順位は残留ラインギリギリの15位、ただ得失点が非常に多いので、ほとんど降格圏内にいるような崖っぷち状態です。
で、そんなジュビロには厳しすぎる今後の対戦相手(5チーム)がエグすぎる!!本日の湘南(今期タイトル獲得)、広島(現在2位)、FC東京(現在4位)、札幌(現在3位)、川崎(現在1位)って・・・
J1残留するためには、この厳しすぎる試練を乗り越えてこそ!!って感じで選手を信じて最後の最後まで応援したいと思います。

| | コメント (0)

行くぜ!長崎!!(その4)

今回も長崎観光編(後編)です。
軍艦島クルーズの後は、長崎観光のモデルコースとでも言うのでしょうか?港からでも普通に歩いて行ける距離にあるグラバー邸(グラバー園)に向かいました。


この割とキツイ坂の上に、次に目指す目的地(グラバー園)があるそうで・・・

 

 

坂の途中に何かを発見!!

それはVファーレン長崎のスポンサーでもある岩崎本舗さんでした。
岩崎本舗さんとは長崎周辺に数多く存在する老舗の角煮饅頭屋さんです。

 

 

で、ここの店の従業員の方が描く看板が凄い!!


聞けば、毎回ホームゲームの度に相手チームのマスコットを描いているそうですが、公式の図柄にも無いような完全オリジナルのジュビロくん(ボールを蹴ろうとしている)を、こんなにも上手く描いているのは今まで見たことがないです。
尚、下に描かれているヴィヴィちゃんの横に見える丸っこい物体が岩崎本舗の角煮饅頭のキャラクターです。

 

 

ということで、自慢の味とも言われている角煮饅頭を御賞味してみました。


これ、食ってみれば分かると思いますが、ホントに激ウマです。
長崎に遊びに来た際は、是非食べてみて下さい。(価格は500円を切ります)

 

 

で、角煮饅頭を食った後は、その先にある教会っぽい建物が見えたので、そこに入ってみました。(建物内は撮影禁止)


これはグラバー園に隣接してる大浦天主堂というもので、正面の窓に金色の漢字で『天主堂』と描かれているのが何とも言えないような味がありました。
知ってる人も非常に多いと思いますが、このような教会は長崎には非常に多く残っています。

 

 

で、天主堂を覗いた後は・・・


いよいよ・・・というか、ようやくグラバー園に入ります。

 

 

園内は迷路状になっていて、多数の建物がありました。
これは最初に入った建物ですが、そこから見える長崎の街が絶景!!


天気が良かったので、遠くまで良く見えました。

 

 

これが・・・


割と誰もが知ってるという、有名なグラバー邸です。
建物の位置は迷路っぽい園内の最後の方に位置しているため、入園すれば嫌でも見に行くことになります。

 

 

グラバー園の後は、まあ長崎まで来たら普通はココに行くだろうというのが出島、そして平和祈念公園ですが、当初、自分はグラバー園から平和祈念公園までは普通に徒歩で行ける距離(だいたい4キロくらいある)だと思ってたので、マジで歩いて行こうと思っていましたが、ここまで相当長い距離を歩いてたこともあり、普段から運動不足な嫁が結構限界な状況だったので、仕方なくタクシーで行くことになりました。(←自分的には本当に仕方なくって感じでした・・・が、タクシーの運転手からも「歩くのは無茶な距離」と言われた・・・)

 

 

尚、上でも書いた出島なんですが、平和祈念公園への移動中にチラッと見えましたが、タクシーの運転手が言うには、特にじっくり見るような物でも無いということなので、ここはスルー。(実物をみるとガッカリする観光名所としては、全国でも5本の指に入るらしい・・・ちなみにガッカリ度のナンバー1は札幌の時計台とか・・・)

 

 

そして平和祈念公園に到着。


良く色々な写真でもみるような、平和の像が見えてきました。
タクシーの運転手が言うには、平和祈念像のモデルは力道山だと言ってたが・・・

 

 

平和祈念公園を散策した後は、近くにあると言う原爆資料館へ・・・

 

 

資料館近くに、非常に良く聞くような名前の看板を発見!!


この人は長崎市の市議会議員だそうで、名前の方の漢字は『俊輔』ではなく『俊介』でした。(つまり有名な俳優の方と同姓同名ですな・・・)

 

 

やがて原爆資料館に到着。


入り口付近には、どこかの小学校の集団が沢山いました。(ここの館内の展示物も撮影禁止の物が多いです)

 

 

建物内に入ってから、すぐに目に入ったものがありました。
それは・・・


今年の8月11日に広島で開催された、サンフレッチェ広島vsVファーレン長崎戦において、試合前のセレモニーで使用されたと思われる、特別仕様のユニフォームと千羽鶴が飾られていました。

 

 

で、この資料館を出た時、既に午後5時半を回っていたので、この後は市電を乗り継ぎ、宿近くのメシ屋で夕食を食ってから帰宅。
朝からずっと歩き回ったせいもあり、とっても疲れた一日でした。(嫁の万歩計によれば、この日の歩数は17,000歩超え、移動距離は約11キロだったそうだ・・・)
翌日は約一日掛けて袋井に戻るんですが・・・

| | コメント (0)

行くぜ!長崎!!(その3)

今回は長崎での2日目の事を書いていきます。
この日は最初から観光一色ということで、主な場所に行ったり、周辺を散策してきました。(今回の観光日記は、しばらく続くので興味が無い方は読み飛ばした方がいいかもしれません)

 

 

まず、朝一番に向かった場所は・・・


やはり軍艦島(端島)しかないでしょう!!
ということで、軍艦島に行くことに・・・

 

 

実は今回の軍艦島ツアーに先立ち、出発する前に旅行代理店より以下のものを頂いていました。



これは軍艦島に上陸するにあたり、事細かに注意事項が書かれている誓約書です。
やはり世界遺産の場所に行くわけですし、普段は入る事のない外部の者が入るわけですから、当然このようなモノは必要になるでしょう。

 

 

ところが今回の旅行の直前、代理店の方から「本当に申し訳ないのですが、軍艦島への上陸は中止になってしまいました・・・」という非常に残念な連絡が・・・
一体何があったのか?というと、それは先日九州を襲った台風25号が軍艦島にある上陸専用の桟橋を破壊してしまい、現在は上陸不可という事態になってるということです。

 

 

静岡県西部、その中でも浜松を中心に大きな被害を受けた台風24号の後、追うように発生した25号は再び日本列島を縦断するかもしれないと言われていました。
この時24号の復旧作業で心身共にヘトヘトだった自分、ここで25号も静岡県に向かって来たらマジで身体がヤバイかも・・・と思っていたので、当時は毎日のように「(25号は)こっちくんな~!!」って感じで祈ったりしてました。
で、自分の祈りが通じたのか!?25号が進路を北に向けてくれた時、「いやあ、本当に良かった・・・」と、その時は思いました。

 

 

北に向かった25号・・・その進路の先には、その2週間後に自分たちが訪れることになっていた軍艦島・・・
あとは何が起こったか?もう大体想像がつきますね。

 

 

ということで、今回は残念ながら上陸だけは無い、ただ島の周囲を回って見てくるだけになってしまいました。(上陸が無くなったことで、その分僅かだけですが返金がありました)


これは今回乗る船(高速艇!?)です。
定員200人くらいまで乗れる、割と大型の船です。。

 

 

軍艦島までは約40分、こうやってデッキに出て海を見てると風が良い感じで涼しく、本当に気持ちいい。

船員さんに聞いてみたところ、こういう移動中に色々撮影をしようとして携帯電話を海に落とす人が絶えないという・・・(←本当に気を付けましょう)

 

 

そして、念願の軍艦島到着。


何度もテレビとかで見たように、本当に狭いスペースの中に無理矢理色々な物を作ったっていう感じの島です。
こんな長崎の街から10キロ以上も離れた海の中に、こんな人工物があるのが本当に信じられないですね。

 

 

これが、憎っくき台風25号によって破壊された桟橋部分です。


船を係留出来る部分が完全に消えていて、黒い柱部分しか残っていません。(台風がこっち方面に向かったのは・・・自分のせいではない・・・と思う)

 

 

少し離れた所から見た島の様子ですが・・・


こうやって見ると、やはり軍艦にしか見えない・・・

 

 

こんな感じで約30分くらい掛けて島の周囲を回り、その後は再び長崎港に向かうことに・・・


今回は島の外から見るだけでしたが、いつの日か、また再び上陸出来るようになったら、もう一度来てみたいと思いました。

 

 

この時、自分に「久しぶりですね・・・」って声を掛けてきた方がいました。
ん?一体誰だろ!?と思って振り返ってみると、その声の主は2日前に博多駅で出発前に列車の前で雑談をした、あの夫婦でした。
まあ長崎観光と言えば、ほとんどの方が割と同じようなコースで回っていくので、つい先程会ったような方に違う所で再び会うという事は全然不思議でもないんですが、2日前、それも長崎とは全然違う場所で会った方に船の中でピンポイントで再会するというのは、本当に奇跡としか言いようがありません。

 

 

もちろん、今回乗った船にも何人かのジュビサポが乗っていて、前日の中華料理屋さん同様に結構声を掛けられたりしました。(試合の事は忘れたいっていうのに・・・)

 

 

長崎港までの帰港時ですが、自分は船内の席に戻らず、ほとんどデッキの外に出て色々と景色を見ていました。


この大きな橋の風景なんて、デッキからでないと上手く撮影出来ないです。

 

 

港に停泊してる超巨大な船を発見。


う~ん・・・写真だと船の大きさというか、見てて圧倒されるような迫力さが全く伝わって来ないですね。

 

 

港に到着して船から降り、次の目的地に歩いていると、建物の陰から例の大型船の一部が見えましたが・・・


嫁曰く、なんかマンションの一部にしか見えない・・・
言われてみれば、確かにマンションだな・・・

 

 

その後は、長崎観光のモデルコースでもあるグラバー邸(グラバー園)に向かいました・・・が、ここまで結構長くなってしまったので、ここから先の紹介については次回に続きます。
この後、嫁からすれば、信じられないくらい歩くことに・・・(っていうか、運動不足の人間なら誰もがくじけそうな距離でした・・・)

| | コメント (0)

行くぜ!長崎!!(その2)

今回は九州旅行編・2日目です。
この日は今回の旅のメインともいうべき、トラスタ(トランスコスモススタジアム・・・こうやって文字に起こすと分かりにくい・・・)で開催されるVファーレン長崎vsジュビロ磐田戦を観戦するという予定になっていました。

 

 

この日は、まだ辺りがうす暗いような早い時間に起き、約1ヶ月後に開催されるメモリアルマラソンの練習を兼ねて博多駅付近をランニングしてみましたが、その時の駅前が凄く賑やか・・・


一体何をやってるんだろう?と思って近づいてみると、駅前の広いところで朝のワイド番組の収録をしていました。(何の番組かは全くの不明)

 

 

で、宿に戻って朝食を取り、いよいよ現地へ移動することに・・・
もちろん移動時は・・・


特急・かもめのグリーン車です。
この行き先表示の前で写真を撮ってる方が自分以外にも結構沢山いましたが、その中でも年を召された夫婦から撮影を頼まれたので、普通に撮影した後、何かの縁なのか!?その夫婦と出発まで雑談・・・(その方は長崎に観光に行くそうですが、この2日後、とある場所で偶然再会することに・・・)

 

 

実は今回の移動において、自分はとんでもないミスをしていました。
それは前日も使ってた長距離区間の切符(袋井~長崎の2日間有効)ですが、実は翌日も必要だったそうで、前日に博多で一旦下車した時、本来なら翌日も使う予定だった切符を、そのまま自動改札に忘れてきてしまうという凡ミス・・・
なので朝のランニングを博多駅付近にした理由というのは、その際、長崎までの切符を購入するためだったんですが、この余分な出費(2,400円くらい?)は当然自腹であるため少々痛かった・・・

 

 

この切符無くしちゃったぜ!ヘッヘー!!騒動が発覚したのは、博多の宿についた前日の夜で、部屋についてから翌日の準備をしてた時、突然嫁から「そういえば、明日の切符ってどうした?」って言われた時、「は?なに?明日の切符って???アンタ何言ってんの???」って感じで返答したら、「オマエ、本当にバカだろ!?あれ、次の日も使うんだよ!!まさか(駅の自動改札のとこに)置いてきちゃったの?信じられんバカだ!!○ねっ!!」って感じで超ボロクソに言われました。(←これでも多少マイルドな感じで表現・・・実際は・・・)

 

 

今回乗った特急・かもめのグリーン車の様子です。


シートは全て本革仕様で、新幹線にも負けず劣らず・・・というか、乗り心地の良さは新幹線以上だったと思います。
ただ新幹線に劣ってた部分は?というと、シートの座り心地ではなく、列車特有の揺れが多かったということくらいか・・・

 

 

で、列車に揺られる事、約1時間半、トラスタ最寄りである諫早駅に到着。


駅壁には、そこらじゅうにVファーレン関連のパネルやらポスターやら・・・

 

 

この諫早駅ではサポ仲間のTさんが我々の到着を待っていてくれました・・・というのも、そのTさん、現在は自分と同じ袋井市民なんですが、実は長崎出身であり、今回は実家への帰省も兼ね、いち早くクルマで長崎入りしてたんですよ。

 

 

で、Tさんのクルマでスタジアム入り。
まるで社長出勤のような気分・・・(社長なんて、やったことないけど・・・)

 

 

この後はアウェー側(ジュビロ側)の入場ゲートに行って、知り合いたちに御挨拶。
まだ入場まで相当時間があるということで、再びTさんと共に昼メシを食いに行くことに・・・


で、その昼メシを食いに行く時にスタジアムの広場の中を突っ切るように移動してたんですが、その時、会場内で有線放送を流していて、たまたまかかっていた曲がマイケルジャクソンの超ヒット曲でもあったスリラーでした。

 

 

で、一応自称マイケルのファンでもあった自分、マイケルの曲とダンスの振り付けについては、完璧ではないが、そこそこ程度は知ってることもあって、流れる曲に合わせ、マイケルのキメのポーズでもあるつま先立ちをした瞬間・・・


なんと、靴のつま先部分が写真のようになってしまうという大事件(笑)が発生してしまいました。
この靴、結構どころか凄く気に入ってたんだけどなー!!

 

 

ちなみに、マイケルのつま先立ちとは・・・


これ・・・
まさか靴の底が剥がれる程の大参事が起きてしまうとは・・・

 

 

ということで、メシの前にまず近くの靴屋に連れて行ってもらい・・・


この時から家に帰る日まで、写真のような真っ赤なランニング用シューズを履いていました。
尚、この靴を装備してから再び入場口まで戻った時、サポ仲間の反応が冷たかったこと・・・

 

サポ仲間:「あれ?さっきと靴が変わった?っていうか、なんで赤なんだよ!?」

 

自分:「だってな、オレ青って本当に似合わねーんだよ・・・ただ赤は不思議と合うみたいなんで、必然的に赤い靴になったんだよ・・・」

 

 

そんなこんなで、午後2時に開門。


この日も前日同様、非常に暑かったので、早く中に入って日陰を確保したかったです。

 

 

入場の際・・・


アウェー側入場口では、このようなモノ(お菓子)を無料配布してました。
そういえばサガン鳥栖も、こういうアウェーサポへのプレゼントを積極的に行っていますね。

 

 

トラスタの印象は・・・


事前に噂で聞いてたけど、静岡スタジアム・エコパと非常に似ていました。
ただエコパよりキャパに関しては相当小さいけど・・・

 

 

試合開始まで約1時間の様子です。


みんな気合は十分!!あとは選手の奮起次第・・・
最初の対戦では負けてる相手だから、今回は絶対勝って磐田へ帰ろう!!って気持ちは十二分にありました。

 

 

ところが、その試合は?というと・・・


今年自分が見てきた全ての試合の中では、多分一番得点が感じられないという、塩も塩というか、超塩試合だったと思います。
90分の間にジュビロのチャンスらしいチャンスはゼロに等しく、とにかく攻撃のアイデアは皆無であり、本当に普段は練習をしっかりやってるのか?と言いたくなったほどでした。
わざわざ長崎まで来て、そんな内容の無い試合を見せられるなんて、一体どんな罰ゲームなんだよ!?って何度思ったことか・・・

 

 

それでも唯一の収穫と考えるべきか、本当に最低限の結果として、何とか勝ち点1を分け合ったことくらいですかね・・・(その勝ち点1のおかげで自動降格圏から脱出)
でも内容的には完全に負けてたと思うし、やはり17位と18位のやるような試合だったと思いました。


もう今日はジュビロの事を考えたくない。
そういう風に割り切りながらスタジアムを後にし、再びTさんのクルマで長崎の街へ食べに連れてってもらいました。(写真はスタジアムに掲げてあった段幕です。関係者の方、本当にありがとう!!)

 

 

この日の夕食は、自分たちが泊まるところから普通に歩いて行けるくらい近くにある中華街の中のお店でした。


長崎には横浜と同じような中華街があり、そこには様々な店があって色々な物が食べられます。
今回入った店は相当名が知られていたらしく、自分たちが食べてる時にも結構沢山のジュビサポたちが入って来ました。

 

 

メシはスゲー美味かった。
ただ値も相当なもんだったけど・・・

 

 

で、この時ですが、とにかく今日の試合の事は絶対考えたくなかったし、ジュビロの事も一切語りたくないと思ってたので、静かにメシを食ってたつもりだったんですが、自分って人間はスタジアムでも目立つんですかね?
入って来たジュビサポの方から「今日はお疲れさまでした。本当に残念な試合でしたね。」っていうような感じで次々に声を掛けられたんですよ。
それも自分が全く知らないような人たちから・・・オレってそんなに有名人なのか?・・・って思ったね。

 

 

こうして長崎での初日は終わりました。
次回は長崎観光編ということになるんですが、色々回ってみて思った事は、長崎って改めて凄い観光名所だということでした。

 

 

最期・・・
本日はルヴァンカップ決勝戦が行われましたが、湘南ベルマーレが初優勝し、チームとしては実に24年ぶりにタイトルを獲得することが出来ました。
ベルマーレと言えばジュビロにとって初昇格時の同級生ですし、1998年にジュビロがJリーグ・1stを制覇した時はゴール裏から、わざわざ『おめでと ジュビロ』の段幕を出してくれた経緯もあって、個人的に凄く応援したくなるチームであったので、今回の快挙は何ていうか、まるで自分たちの事のように嬉しく思っていましたね。
ただ今度の火曜日に行われる、先日の台風で中止になったリーグ戦(ジュビロvsベルマーレ)は頼むから勝ち点3を戴けたら・・・と思っていますが。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧