例年より早すぎです

今回は先日(4月30日)のお話です。
我が家のお茶の在庫が無くなったということで、いつも買いに行く近隣の店に新茶を買いに行くことになりましたが、その帰りの道中で嫁が突然「今日あたり、熊野の長藤を見に行きたい」との一言。
まあ熊野なら自宅からも近いし、この時期は長藤まつりで賑わっているはずなので、ちょっとくらい良いかな?って感じで急遽寄り道をすることになりました。

 

 

さてさて・・・ここで出てくる『熊野の長藤』とは一体?と思う方もいるでしょう。
これは磐田市(旧・豊田町)の池田という地区にある行興寺というお寺の庭園内に植えてある、樹齢約100年~800年レベルの藤の木のことです。(その中の1本は国が指定してる天然記念物でもある!!)
毎年4月中旬から5月頭くらいに庭園内の藤の花が開花し、それに合わせて周辺地域では様々な催し門が開催されます。

 

 

書き忘れていましたが、ここで出てくる熊野は「くまの」ではなく『ゆや』と読みます。
つまり熊野の長藤は『ゆやのながふじ』という事です。

 

 

尚、今回訪れた日は4月30日ということで、その日は長藤まつりの最終日だったようです。


周辺地区では、この長藤まつりに合わせて屋台の引き回しも行われていました。

 

 

この日、自分たちが訪れた時間帯は午後4時頃でした。


写真を見ても分かるように、この日は祭りも既に片付けの段階に入ってる感じでした。

 

 

ちなみに同日の数時間前には、以前ここでも紹介したSBS静岡放送のアナウンサー・大槻有紗さんもプライベートで長藤を見に来てたそうで・・・


彼女のインスタにも30日の事が紹介されていました。(後日、ラジオでも言ってましたが、ここで長藤を見た後は浜松市内で食べ歩きをしたそうで・・・)

 

 

で、行興寺(会場入り口)に到着。


なんていうかねえ・・・先日の大雨&強風のせいなのか?今回訪れた日が悪かったのか?本来なら綺麗な紫色に彩ってるはずの藤の花がそんなに鮮やかじゃなかったです。
写真を見ても分かると思いますが、一応花は咲いてるものの、散ってる状態の物が多く、どちらかと言えば緑掛かったものが目立ってました。
だいたいゴールデンウィークくらいまでは綺麗な紫色状態が続いているものなんですが、今年は散るのが早いというか・・・

 

 

ちなみに満開状態だと、こんな感じです。(磐田市観光案内の公式HPより引用)


庭園内を鮮やかに彩る見事な紫色!!
こういう状態が見たかったので、来年こそ、もっと早い時期に見に行きたいと思います。

| | コメント (0)

最初から最後まで謎だらけ

今回は今更なお話になりますが、先週末(土曜日&日曜日)は地元の方々と毎年恒例の謎旅行に行ってきました。
もちろん今回も主催者側から自分たちには行き先は知らされておりません。
この毎回毎回何故に行き先が謎なのか?と思う人もいるでしょうが、実はこれが楽しみな部分でもあったりします。

 

 

そんな旅行の1日目でもある2月17日、午前5時45分に袋井駅集合。


まだ朝の早い時間でもありますが、今回の謎旅行に参加した人数は総勢9人。
JRで西に向かい、名古屋から近鉄を乗り継いで、最初に向かった先は大阪でした。(ここで初めて今回の旅行先を知る)

 

 

で、午前10時くらいに大阪に到着。


まず最初に向かった場所は住吉大社でした。

 

 

この住吉大社ですが、俗に言うような様々な御利益があるそうですが、その中でも商売の神様として信仰を集めているためか、小さな招き猫が売られています。


その小さな招き猫ですが、1ヶ月に1種売られ、次の月には別のポーズをした招き猫が1体・・・というように、毎月違う形の招き猫が売られます。
で、これを48体集めると、今度は中型の招き猫が貰えますが、中型を貰うのに単純計算で4年・・・
で、中型の上には更に大きな型の招き猫が存在するのですが、それを貰うのに中型を2種類揃え、更に小型も48体一緒に揃えないと貰えません。(つまり単純計算で12年・・・)

 

 

もう商売上手としか言いようが無いですね。(笑)

 

 

で、このあとは周辺付近を散策し、遠くに見える大きな建物を目指すことに・・・


この遠くに見える大きな建物と言うのが、日本一高い高層ビルと言われている、有名なあべのハルカスなんですが、実は自分、この時まであべのハルカスとは何の事だか全く知らず、最初に聞いた時はアベノミクスみたいな政治的政策か何かだと思っていました。

 

 

で、あべのハルカスに到着。
この時の時刻は午後1時くらいだと思いました。


実はこの時ですが、平昌五輪のフィギュアスケート・男子の競技が行われていましたが、そういう旅行の最中でもあった自分は、実に66年ぶりの五輪連覇となる羽生選手の歴史的偉業を見逃す事に・・・(+宇野選手の銀メダル獲得の瞬間も・・・)
これが今回の五輪において、自分が唯一日本人選手がメダルを獲る瞬間を見逃した理由でもあります。

 

 

で、その後は・・・


通天閣の良く見える、この辺りを散策しました。(実際は仲間たちと飲み歩いていましたが・・・)

 

 

都市の象徴ともいえる、このようなアーケード街は全国各地にありますが、


今回訪れた大阪は他の地域と比較しても、食い物屋(特に串カツ屋さんが多い!!)の比率が非常に高く、かなり特殊な地域だと思いました。

 

 

あとは・・・個人的に特に気になったのが・・・


やたら古いゲームセンターが多かったということです。
ちなみに写真の店ではないけど、この店の近くのレトロゲーセンで、あるゲームを2~3種程やっていたら、知らん間に自分の後ろに何人かのギャラリーが!!
随分・・・というか、最近は全くゲームをしてなかったはずなんですが、そうやって自分のプレイに普通にギャラリーが集まるってことは、まだまだ自分の腕は錆びついていないってことなんでしょうかねえ?

 

 

尚、この日の夜の宴会とかは省略。

 

 

そして2月18日(旅行2日目)ですが、この日の朝食は・・・


たこ焼き、そして梅酒でした。
いきなり朝からアルコールを含むコレですからねぇ・・・

 

 

で、(静岡県民には重い)朝食も終わり、この日の最初のミッションは、毎回同様その地域にある名所みたいなところを目指して歩くものでした・・・が、


こんな山登りみたいな事とか・・・

 

 

ここは歴史上において有名な真田幸村が没したという、由緒ある場所らしい・・・


が、自分はそういう歴史的なものについて、全く興味が無いので何の事かサッパリでした。

 

 

十分散策し、この後は何故か奈良・東大寺に向かったり・・・


こうなると、一体何が目的の旅行だか全く分かりませんね。
しかも東大寺で大仏や鹿と戯れた後、今度は京都に向かい、京都タワーにて今回の旅行の打ち上げをしましたが、こうやって2日間色々なところに向かったのはいいが、とにかく最後まで謎だらけの旅行でした。
まあ楽しかった事は間違いないけど・・・

 

 

ということで、先週の土曜日&日曜日の自分の状況でした。興味ないか・・・

 

 

さてさて明日は・・・名古屋グランパス戦を見に豊田スタジアムに行ってきます・・・が、開幕戦のチームの出来が微妙な感じだったので、正直かなり心配です。
今度こそ勝てるといいな・・・

 

 

大阪でのゲーセンの事を書いて、かなり昔の事を思い出しました。
それは今回の旅行で最後に訪れた京都タワーで、その昔・・・というか、自分がまだ高校の時ですが、修学旅行で自由時間に訪れた時、ゲームコーナーに置かれていた某シューティングゲームをプレイしてたら、他校の生徒たち数十人がギャラリーと化した状況になったという、なかなかカオスな出来事がありました。
まあその時プレイしてたゲームは当時の自分としては、相当な自信を持ってたので、世に自分の実力を見せつけてやろう・・・という半分自慢みたいな気持ちも少なからずあったんですが・・・

| | コメント (0)

結局ドラマは、ほとんど見なかったが最終日なので行ってみた

先週は今冬最大の寒波により、非常に寒い日が毎日のように続いていましたが、週末あたりから気温も平年並みに落ち着き、日曜日は朝から非常に穏やかな天気でした。
そんな良い天気のおかげもあり、我が家のネコは・・・


ベランダの手すりにしゃがみ込み、ひなたぼっこしながらエコパ(左側あたりに見える)を見てました。
まあ、なんと平和な昼下がり・・・

 

 

そんな穏やかな日曜日でしたが、この日は先週の初詣に続き、とある場所に行ってきました。
その場所というのが・・・


昨年11月24日の日記でも紹介しましたが、細江町気賀で開催されている『おんな城主・直虎』の大河ドラマ館です。
昨年1月から約1年間開催されていた大河ドラマ館も、この1月14日をもって、とうとう閉館することになりました。
尚、一応浜松市側としては、当初予想してた来場者の数が50万人だったんですが、最終的には予想を大幅に超える約78万人も来場され、それに伴って様々な経済効果もあったということで、興行イベントとしては大成功だったと言えます。

 

 

ということで、この日は本当のラストでもある閉館直前くらいを狙って現地に向かいました。
ちなみに嫁は、そういう面倒くさい事・・・というか、人が沢山来てるんじゃないか?と思われる最終日、それもわざわざ閉館間際に行くのは凄く嫌がっていましたが・・・

 

 

ということで、自宅を出発してから約1時間後にドラマ館に到着。
予想通り人が多いので、まずは隣接してる気賀の関所あたりから散策することに・・・


前回見た事の無かった乗り物とかが出ていました。
ちなみにこの日ですが、最終日だからなのか?開館以来最高の人出だったとか!?(写真撮ってる時の影が、こうやってハッキリ出てるのは、なんか情けない・・・)

 

 

ドラマ館の横にある気賀関所が、こんなにも沢山の人・・・


良く見りゃ、なんか列が出来てるので、一体何を配っているのか?と近づいてみる。

 

 

ボランティアの方が配っていたのは・・・


『出世法師・直虎ちゃん』の御守型カードでした。
もしかしたら、同じ様な『出世大名・家康くん』の御守型カードも存在するのでは?

 

 

ある程度の時間が過ぎたので、ちょっとドラマ館の方に行ってみることにしました。


遠くから見ると、入り口付近に大勢の人たちが集まっていました。
誰か俳優さんが来てるのか?と思いながら近づいてみると・・・

 

 

自分たちが現地到着する少し前くらいに、ドラマ館の閉館セレモニーが行われたようで、それに出席するために番組でも割と主な役で出演してた矢本悠馬さん(中野直之役)田中美央さん(六左衛門役)の2名、更に浜松市長や様々な関係者がいました。


もちろん俳優さんの写真撮影は禁止なので、その時の外から見てる来場者の様子を撮影。
ちなみに嫁は田中美央さんとのハイタッチに成功したそうです。(嫁はドラマを毎回必ず見てたうえに、更に番組のガイドブックやブルーレイまで購入したほどの人間なので興奮してたのは言うまでもない・・・)

 

 

関連記事が有ったので貼っておきます。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180115-00000034-minkei-l22

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180115-00000009-at_s-l22

 

https://www.youtube.com/watch?v=J4OxF89_eEc

 

さて館内に入ってみましょう。


このドラマ館ですが、放送されてた時は番組の進行に合わせ、これまでに4度のリニューアルを行ってきました。
撮影禁止区域に展示されてた俳優さんの衣装や小道具、そこで上映されていた映像とか、確かに前回見た時から変更されてたものが何か所かありました。(撮影禁止区域に飾られていた、主な出演者たち・約25人の直筆サイン色紙は一見の価値ありでしたが、再びどこかで飾られたりしないのかな?例えば目の前の浜松市北区役所とか・・・)

 

 

ここは、館内で唯一の撮影可能区域です。


主人公の井伊直虎を演じた柴崎コウさんや、様々な方々のパネルとかが展示されていました。

 

 

で、番組内では特に大きな役割を果たしてた訳では無いが・・・


密かな・・・ではなく、実は凄く人気のあった、南渓和尚が常に抱いていたネコ(通称:にゃんけい)のパネルも・・・

 

 

そして、ドラマ館の閉館まで残り数分・・・
出口付近には、この1年間ずっとドラマ館を支えて来た関係者やスタッフが総出で我々を出迎えていました。


この1年間は様々な苦労もあったでしょうが、この時ばかりは並んで出待ちしてくれてた方々の誰もが非常に充実感に溢れたような顔をしてました。
浜松市北区気賀、そして井伊谷という小さな町が、あの天下のNHK・大河ドラマの舞台として全国に放送されたわけですから、そりゃあ地元は凄く盛り上がってたようだし、このドラマ館が閉館することにより、なんていうか町を挙げての大きなお祭りが終わってしまったという・・・そんな寂しさも感じました。

 

 

そして、表に出ると・・・


スタッフの方々が最終日の本当に最後を示すかのようなボードを持って出迎えてくれました。

 

 

家康くんと直虎ちゃんも一緒に記念撮影!!


良く見ると、この『完』の文字は最終回の本当に最後のシーンの再現というか・・・


まあドラマを見てた人なら、すぐにピンと来るでしょう。(最後に龍潭寺内を鳴きながらネコが横切って去っていく姿が印象的)

 

 

しかし、ここまでに直虎の事や出演俳優の事とかを、嫁から無理矢理な感じで色々覚えさせられたというのに、実はまだドラマを全く見てなかったりします。
ちなみに自分ですが、主演の柴崎コウさんの事は知っていましたが、準主役級として出演してた高橋一生さんや三浦春馬さんは、どういう俳優さんなのか?11月くらいまで全く知らなかったという・・・そんな芸能関係無関心な人間です。

| | コメント (0)

新年と言えば、やっぱ初詣っしょ

先日・・・と言っても6日になりますが、ちょっと初詣に行ってきました。
行き先は毎年恒例のごとく、自宅から行きやすい(約15キロくらい離れている)環境にある小國神社(静岡県周智郡森町)です。

 

 

自宅から凄く近くにある法多山(静岡県内では初詣の参拝客が3番目に多いという袋井最大の明所)は?と思われる方もいるでしょうが、あそこは近所ということで昔から数えきれないくらい何度も行ったことがある所だし、何と言っても駐車場が有料だから・・・

 

 

ということで、小國神社です。
大鳥居には謹賀新年の文字が。


この日は朝から穏やかな良い天気で、この時期にしては珍しいことに随分と暖かくなりました。

 

 

例年だと年明け三が日のどこかで初詣に行くのが通例でしたが、今回は嫁が「首が痛くて、あまり寒い日は外出したくない・・・」と言っていたので、この日のような良い天気を選んで行くことになりました。


三が日から遅れたとはいえ、やはり初詣に来る参拝者は多くです。
写真を見ても分かるように賽銭場の前に多くの人が並びました。

 

 

で、参拝を済ませた後は、例年ならおみくじを引くんですが・・・


今回はパス・・・というのも、このおみくじを引く前の参拝で、賽銭箱に硬貨を投げ入れる時にミスというか、目の前に硬貨を投げ入れるだけなのに、なんと硬貨を落とすという失態を犯してしまい、「これは縁起が悪いかも!?」と勝手に思い込み、今回は引くべきでは無いな・・・って事になりました。

 

 

さて・・・次回はクワガタの事を書きます。
この時期のクワガタの飼育状況ですが、親は冬眠中ということで全く手が掛からなくて非常に楽なんですが、幼虫に関しては、とにかく大きく育てなくてはならないため、その要因である温度管理とかエサなどには、ものすごく気を遣います。
でも、そういう苦労を経て無事に親まで育て上げるのが楽しいんですよ。(でも結局は好きじゃなきゃ、こんな事は出来ないけど・・・)

| | コメント (0)

これで終了

自分ですが、今年の自治会の地区活動で部農会長(要するに地区の農業関係)を務めていますが、昨日地区内における必要資料の大部分を市役所なり農協なり、後は関係担当者等に無事に提出完了。
これで今年の地区内の仕事の約9割は終わったようなもので、ようやく一息つける状況になりました。

 

 

残りは来年の2月くらいに予定している新年会の手配と、29年度の活動報告書の作成だけ。
もう終わったようなもんです!!

 

 

まあ3年くらい前の自主防災隊長をやった時に比べれば、今年の部農会長という立場は数倍楽な役付ではあったが、それでも行事とか予算とか色々考えなくてはならない訳だし、ここまでに掛けた相当な時間を考えれば、こういう責任者の立場ってのは、常に頭が痛くなる役であるという事を改めて実感します。

 

 

とりあえず、これで色々な事に専念できるぞー!!(笑)

 

 

ということで、今回任務から解放されたことを祝し、ここでやることと言ったら・・・


やはり開封ですね!!
今回開けたのは、もはや完全に世から姿を消した感のある2017ジュビロ磐田・オフィシャルカードです。(完売する直前に予め買いだめしておいた分です。尚、我が家には写真以外にもまだ5ボックスくらいあります)
ちなみに、今回は1ボックスだけ開封しました。

 

 

で、その開けたボックスから出たのは・・・


カミンスキー選手の10枚限定ホロ加工版のサインカードでした。
かなり早い段階でホロ版サインが出たので、もしかしたら・・・って感じで残りを開けてみましたが、結局この1枚だけでした。

 

 

キラキラしたカードが見えたので、まだ所持してないホロ版か!?と期待しましたが、赤いユニフォームが見えたので、「ああ・・・」って感じでした。(既に所持してるので・・・)
まあカミンスキー選手は人気があるので、何かに交換出来ればいいかな!?と思っています。

 

 

この2017ジュビロ・オフィシャルカードですが、ムサエフ選手・中村俊輔選手・川辺駿選手・名波浩監督・鈴木秀人コーチのホロ版サインを探しています。
誰か交換してくれる良い方、是非とも宜しくお願い致します。(ムサエフ選手、川辺駿選手、名波浩監督のホロなんて、『誰かが引いた』っていう情報すら、まだ1つも入ってきません・・・聞くのは同じ選手ばかりだし、本当に入ってるのかな!?)

 

 

あとは・・・
ジュビロから川又選手が召集されてるということで、昨日は日本vs韓国の代表戦の事でも書きましょう・・・が、なんていうか、この無能バカ監督の絶望的とも言える引き出しの無さを世に証明したというか、そういう様々な部分がモロに出たという想像通りの結果だったんじゃないでしょうか?
もう大差がついたことで、まるで魂が抜けた状態になった負け犬集団の玉蹴り遊びなんて、高い金払い、わざわざ寒い中を見に来てた人に申し訳ないと・・・あの無能バカは絶対に思ってないだろうね!!

 

 

一応今回の大会はワールドカップに呼べるような選手の選考を兼ねた位置付けだとか言ってたみたいだけど、自分にはこのバカ野郎の監督としての技量の見極めが出来た・・・そんな大会だったんじゃないかな?って思いました。
日本がワールドカップに出て恥をかかない一番の方法は、今すぐコイツを切る事。
もう遅いだろうけど、今より良くなることなんて絶対無いからね。

 

 

今回は海外組を一切呼んでない国内組だけで編成されたチームになっていましたが、まあJリーグの視察にしても毎回同じようなチームしか見に行ってなかったし、こうなる事は最初から誰もが分かってた結果なんだろうけどね。
中でも今年の後半に全く勝てなかったガンバ大阪に関しては何度も何度も足を運んでいたので、まさかな~・・・と思っていたら、今回のJチームでも最大となる6人の召集・・・
まともな考えを持った人間なら低迷したチームから大量選出なんて常識的に絶対有り得ないし、ホントどんなサッカーをしたかったのか聞いてみたいです。

 

 

ジュビロサポ的には期待してる川又選手ですが、今大会は3試合共に途中交代で出場し、それぞれ何度も見せ場を作っていたくらいに身体がキレてたと思うし、他チームのファンからもピッチの中で一番存在感を出してたとか、一番気持ちを出せてて良かったとか言われていたようで、それはジュビロの選手として本当に誇らしく思いました。
もちろん応援してる立場としては当然ワールドカップに出場して欲しいんですが、残念な事にアレが監督をやってるうちは絶対に呼ばれないと思ってます。

 

 

選出されない理由は単純明快、沢山のチャンスを演出した川又選手よりも得点という結果を残した小林悠選手の方が良かったと言ってるからで、それらの発言からも序列の面で小林選手に負けてると捉えられてるからです。
ちなみに現在の日本代表における序列の最上級は山口蛍選手で間違いないでしょう。
なにせ日本で一番上手い選手だと完全に思い込んでるくらいだからね。(←切れ掛かってたクビをガッチリ繋げてくれた一番の恩人だしな・・・自分としては今年のベストイレブン選出すら激謎レベルというか、絶対代表絡みの選出だろうと思ってます)

 

 

まあワールドカップでは世界に恥をかかないようにやってくれ・・・
今回の韓国相手に最初から気持ちで負けてるような事を言ってる負け犬な指揮官が居るうちは無理だろうが・・・

 

 

他には・・・クラブ・ワールドカップですが、レアルマドリードが2連覇を達成しました・・・がレアルが強かったというか、準優勝のグレミアはレアル相手にシュート1本じゃ、どう考えても勝てないって!!
一応自分はグレミオを応援してたんですが、もう後半に失点した瞬間、半分あきらめました。(←南米を応援する理由は、毎年この大会の準決勝以降のヨーロッパのクラブチームが出場する試合のみ、何故かゲスト出演する明石家さんまの欧州志向が凄く嫌いなので・・・)

| | コメント (0)

ドラマは全く見てないが地元なので行ってみた

これは少し前のお話です。
今年の春くらいから、嫁がある場所に行きたい!!と、まるでだだっ子のようにうるさかったので、予定より随分遅れたものの、ようやくその場所に行ってきました。

 

 

で、その場所とは・・・


浜松市北区細江町気賀です。
この気賀という地名でピンと来た人も多いと思いますが、現在NHKで放送されてる大河ドラマ・おんな城主・直虎の舞台となっている場所であり、この浜松市北区の区役所の前(だったかな?)には、直虎のドラマ館という立派な建物が建てられていて、連日多くの観光客が訪れています。

 

 

この場所に行った日は連休だったこともあり、

このように多くの観光客でごった返していました。
尚、建物内は写真撮影禁止の場所が非常に多かったので、ここに全く載せれないのが残念ですが・・・(つまり、現地に見に来い!!と・・・)

 

 

で、ドラマ館を出てから隣にある気賀関所跡にも行ってみましたが、やはり自分たちと同様、ドラマ館から流れた多くの人たちで一杯でした。


この日は風はあったものの、そんなに寒くも無かったこともあって、様々なイベントも開催されていました。

 

 

この日は公式マスコットの撮影会?みたいなのが行われていました。


左側の『出世大名家康くん』は、以前全国ゆるキャラ選手権で優勝したこともあるので、多くの方々にも知られていますが、右側の『出世法師直虎ちゃん』は、あんまり見たことが無かったのでレアな存在かも・・・(浜松市内で行われている様々なイベントでは、結構な頻度で出演されてるようですが、自分は浜松市民ではないので知らん・・・)

 

 

で、この後もドラマの舞台になっている龍潬寺にも行きました。(こちらはドラマの中で何度も出てくる井伊谷という地名の所にあります)


こちらも一部写真撮影禁止の場所がありましたが、ドラマ館程では無かったので、色々と撮ることが出来ました。

 

 

で、このドラマ中で出てくる龍潬寺の和尚さん(南渓和尚)ですが、気付いた人・・・というか番組を見てる人なら誰でも知ってると思いますが、いつも懐にネコを抱いています。
で、その第1話から登場してた初期の頃のネコが我が家のネコに結構・・・というか激似(嫁・談)ということで、嫁は毎回楽しみにしながら見てたそうです。(もちろんネコ目当てだけではないが・・・ちなみに時代が流れていくと同時に和尚の抱いてるネコも変わっていきましたが・・・)


我が家のネコも、こうやって黒目が出てる状態だと、番組に出てるネコに確かに似てるんですがね・・・

 

 

で、ある日、嫁が直虎の公式HP(静岡放送局・ご当地サイト)を覗いていたら・・・


このような物がありました。
まあ簡単に言えば、我が家のネコ自慢みたいなもんですね。

 

 

で、嫁は面白がって我が家のネコの写真をしっかり投稿・・・


もっと黒目がハッキリ出てるような良い写真は無かったのかよ!?と思いましたが、まあ嫁が勝手にやったことなので別にいいかと・・・(隠れポイントとしては、この画像でネコの下に少しだけ見える松浦選手のメッセージ付きサイン・・・しかし、これに気付いた人は自分周辺では僅か1人だけだったりする・・・)

 

 

ネコ写真は誰でも見る事が出来るので、もしも興味がある方は覗いてみて下さい。
しかし何かの賞に絡んだら、それはそれで凄いことなんですが、なにせ現在80以上の投稿があるので、さすがにそれは厳しいだろうけど・・・

 

 

おんな城主・直虎公式HP

http://www.nhk.or.jp/naotora/

 

直虎・静岡ご当地サイト

http://www.nhk.or.jp/shizuoka/naotora/

 

うちのにゃおとら図鑑

http://www.nhk.or.jp/shizuoka/naotora/nyaotora/

| | コメント (0)

開幕戦必勝祈願旅行(90%ウソ)

先日の土曜日&日曜日ですが、地元の方々(計11人)と毎年恒例の旅行・・・ということで、今回は三重県の松坂、そして伊勢市に行ってきました。

 

 

今回の旅のスタートとなった土曜日ですが、我が町でもある袋井駅への集合時間は午前6時30分でした。しかし自分だけは休日出勤ということで、この日は仕事を速攻で済ませ、夜の宴会から合流ということで、初日の目的地でもある松坂市までは完全1人旅でした。


浜松から新幹線を使用。
ちなみに朝から出発した10人はJRの各駅停車で松阪まで向かったそうですが、先発隊を追いかける形となった自分は現地まで行くのに考えられる一番早い方法(新幹線~近鉄特急)で向かうことになりました。

 

 

で、自宅を出発してから、約2時間ちょいで・・・


初日の目的地でもある松坂に到着。
ちなみに早朝出発組は全て各停乗車だったので、ここまで来るのに約4時間30分くらい掛かったそうです。(特急万歳!!)

 

 

駅前には・・・


松坂牛のモニュメント・・・じゃなく、パネルが置いてありました。
よく観光地とかで一緒に写真が撮れる・・・というアレですね。

 

 

で、午後5時30分に宿に到着。
宴会は午後6時から始まることになっていたので、本当にギリギリでした。

 

 

宴会の料理は当然のように松坂牛が出ました。


これは今回食べた料理の中の一つ、おなじみ松阪牛のすき焼きです。
さすが世界に誇るブランド牛だけあって、超美味かったです。

 

 

で、翌日(日曜日)は午前5時に起き、まだ辺りが真っ暗な中をたった1人で市内周辺を散策・・・
コンビニが全く見当たらないばかりか、ビックリするくらい何もない所でした。

 

 

唯一存在してたのが、たまたま市役所近くに見つけた松坂城跡(公園)です。


前日の宴会の時、先に散策に来た連中たちが「あそこは石垣に転落防止の安全柵が無いからマジで怖い・・・」なんて言ってたから、どんなもんかと思って、その問題の場所と思わしき石垣の上から下を見てみると、これが本当にマジで怖かった。

 

 

これは城跡の広場です。


この日は朝から風が強くて超寒かった。
当然だが、こんな時間にウロウロしてる物好きな人間は自分しかいませんでした。

 

 

空が少し明るくなってきたので、松阪市内を撮影。


なんだかサッパリ分からないですが、明るくなれば市内が良く見えるそうです。

 

 

で、1時間くらい歩きまわってから宿に戻りました。
くどいようだけど、本当にマジで寒かったな・・・

 

 

さて旅行2日目ですが、この日は伊勢神宮参りです。
午前8時30分という比較的早い時間に宿を出発。


まずは伊勢市まで向かいました。

 

 

で、最初の目的地でもある伊勢神宮・外宮です。


正直な所、特にこれは・・・!?っていうような物は無かったです。

 

 

この後は同じ伊勢神宮で、内宮と呼ばれる方に向かうことになるのですが、外宮から内宮までは割と距離もあるし、今回の旅行は人数も多かったので、その区間はタクシー3台に分乗しで行くことになりました。


そして約15分後、伊勢神宮・内宮に到着。
同じ場所から乗って同じ場所で降りたのに、それぞれ料金が全然違ってたのは何故だろ!?(同じ会社、同じ中型車なのに差額が約500円も違うのは、さすがに問題だと思う・・・っていうか、なんでだろ!?)

 

 

こちらは参拝者が超多かったです。


まあ内宮の方が、外宮よりも色々あるからだろうけど・・・

 

 

やはり一番の違いは・・・


やはり、お土産屋や飲食屋さんが立ち並んでいるからなんでしょうね。
すっごい数の人だったけど、これでも普段よりは少し少ないという・・・

 

 

ここで参拝を済ませた後は、古市参宮街道を歩きながら色々な史跡とかを巡り、最終目的地でもある宇治山田駅を目指すことになりました。

 

 

途中、見掛けた物で撮影した物を紹介していきます。
まずこれは伊勢の看板商品でもある、あの赤福の本店らしいです。


建物は古いけど、大きな看板とか味がありますね。

 

 

色々な店を見ながら食い歩き・・・


このお店の看板商品でもある『かわあげ君』は、鶏の皮を油で揚げたもので、某コンビニの商品名と似てるけど全く違う商品です。
ただ残念だったのは、これ全然温かくなかったんだよね・・・

 

 

宇治山田駅までは、だいたい5キロくらいだったような・・・まあ全然たいした距離じゃ無いけど。


内宮を出発してから約1時間半、今回の旅の最終目的地でもあった宇治山田駅に到着しました。
こういう一日歩きまくる旅も、たまにはいいかな~?と思います。
尚、この日歩いた歩数ですが、万歩計によれば以外と多い21,867歩でした。

 

 

今週土曜日に大阪方面に向かう際、再びこちら方面も通るんだよな・・・

| | コメント (0)

今年も御苦労様でした・・・ということで・・・(今回も長い)

今回はベガルタ仙台戦の翌日の事を書いていきます。
最終戦で何とかJ1残留を決めたジュビロですが、既に天皇杯も敗退してることもあり、最終戦が終わると同時に今期の戦いも終わるということで、多くのサポーターにとって今期のジュビロ関連の予定が終了します。

 

 

で、自分たちも2016年度最後の応援が無事に終わったことで、試合翌日は久しぶりにゆっくり観光しよう!!ということで・・・


仙台から比較的近い松島に行ってきました。
まあ仙台に来て時間に余裕があるなら、大体の人はここに来るでしょう。

 

 

この日も、まるで冬のような天気で、常に冷たい風が吹いているという厳しい寒さを体感できました。


ここは松島でも一番多くの人が訪れる五大堂です。
なんか周囲を見渡せば、非常に沢山のジュビロサポーターを見たような感じがしたのは気のせいか???(試合翌日は松島観光ってことで、自分たちと考える事はみんな一緒らしい・・・ただこんな遠くまでクルマで来ようと考える人は少ないけど・・・)

 

 

何年か前に来た時に乗った遊覧船ですが、時間の関係で今回はパス。


沖に出ると、遊覧船に多くのカモメが寄ってきますが、この時にエサ(かっぱえびせん)を与える事が出来ます。
実はこれが凄く楽しいんですよ。フェイント禁止・・・(笑)

 

 

で、この後は松島周辺の寺院等を散策。
まずは現在改修中の端厳寺

松島なのにウナギ???

 

 

端厳寺の入り口付近です。



写真が少ないのは、国宝や重要文化財など撮影禁止のモノが多かったからです。

 

 

端厳寺の後は、その横に位置してる円通院へ・・・っていうか、松島観光といえば、これが一般的なモデルコースになってしまうんですが・・・


紅葉が美しい。

 

 

庭がきれいでした。


端厳寺&円通院の中を色々見ていくだけで、軽く2時間・・・

 

 

その後は、人気の笹かまぼこの焼き体験。
簡単に焼けるうえに価格も安いし、これからの寒い時期は特に人気がありそう。


焼き体験と言っても、ただ笹かまぼこを持って熱源にあぶるだけです。
焼きたては、とても美味かった。

 

 

この後は、この日最大の目的でもあり、嫁が前回(2010年)ここに来た時に食べた味が忘れられないと言ってる牡蠣定食を食べに行くことに・・・


店頭で焼いている、焼き牡蠣や焼きイカも捨てがたいが・・・

 

 

やはりコレ!!


焼き牡蠣が霞んでしまうくらい・・・とは少々大げさかもしれないが、この御飯の横に見える酢牡蠣が超美味い!!
ちなみに前回来た時、確か牡蠣定食は白米ではなく牡蠣が大量に入っていた牡蠣御飯だったんですが、何故に変更したのか?ちょっとお店の方に聞いてみたところ・・・まあ様々な都合上・・・

 

 

で、松島観光の後は再び我が家を目指し、高速道路を南下・・・


無理をしない安全運転、そしていつもより明らかに多いペースの休憩を繰り返し、結局、自宅に着いたのは日が変わった午前1時過ぎでした。

 

 

自宅に着くと・・・


深夜だというのに、コイツが激しく暴れていました。
ご主人様の留守中は任せろじゃなかったのかよ!?

 

 

さて・・・これで2016年におけるジュビロ関係の行事は終了・・・ではなく、まだ10日後に自分としては一番大きなイベントでもあるジュビロ磐田・メモリアルマラソンが控えています。
一応練習はしているのですが、なんていうか最近は2~4キロくらい走っただけで異常に息が荒くなるんですよね。
こんなこと、これまでは全く無かっただけに、果たして今回は最後まで走り切る事ができるのか???

| | コメント (0)

まだ地元は五分咲きですが・・・

昨日は大宮アルディージャ戦(アウェー)がありましたが、自分は仕事だったため、残念ながら欠席。
結果は1-1の引き分けでした。
アルディージャとは、昨年から全く同じような結果が続いていますが、次こそ決着を!!

 

 

で、この日の仕事が終わった後は、地元の自主防災隊の面々との夜間訓練・・・


ではなく、花見でした。

 

 

午後6時過ぎに地元の某所に集合。
この日は珍しく寒くなかったです。

隊員たちが、テキパキと照明やテーブルを設営。

 

 

大きなバルーン照明も用意されました。


この日の隊員の動きを見てると、これなら夜間に災害が起きても大丈夫だと感じさせてくれる良い動きでした。

 

 

そして会場設営してから僅か30分後には・・・i


みんなで乾杯!!
結局この日は、なんだかんだで夜の10時まで宴会でした。
こういう地元の仲間との繋がりって、非常に重要な事だと思いますね。

 

 

ん?
今回は何故にそっけない内容になったのか?というと、実は今回のジュビロの事を含め、割と長い記事を書いたものの、久しぶりに馬鹿な操作ミスで全て消えてしまったからであり、また同じような内容を書くという気力が99%消滅したからなんですよ。
次回は頑張る・・・

| | コメント (0)

兼六園の後は自分の予想してなかった場所へ・・・

今回も先日の群馬遠征同様・・・いや、更にそれよりも今更感がありますが、まだ残してあった金沢遠征のお話です。(9月14日だから、もう随分昔の事だな~・・・)
試合翌日の午前は兼六園を見て回ったんですが、朝から動き回ってたこともあり、お腹がすいたので、なにか美味そうな店は無いか?と街の中を走り回ったんですが、事前情報で金沢は鮮魚で有名だと聞いていたので、とりあえず某寿司屋にて昼食。(入った店ですが、これが本当に激ウマ・・・写真が無いのが残念・・・)

 

 

美味しい昼食でお腹を満たした後、このまま帰宅・・・と思っていたものの、この後は前日に来た方向とは全く逆の富山方面へクルマを走らせ、その後は高山方面に行くこと数時間、着いた場所が・・・


山の中なんですが、ここがやたらクルマや人がいっぱい居るところでした。
観光バスの数も凄かった・・・

 

 

で、駐車場にクルマを停め・・・


結構高い橋を渡った先に有るのが・・・

 

 

これ!!


この写真じゃ、分かりにくいかもしれませんが、あの萱葺きの屋根の合掌造りの集落がある有名な世界遺産・白川郷(岐阜県)に寄ってきました。

 

http://www.shirakawa-go.gr.jp/top/

 

ここ白川村ですが、観光客用として合掌造りが存在してるのかと思われている方もいるでしょうが、ちゃんと住居として使われているんですよね・・・


ここは普通の住居として使われています。
良く見ると屋根の半分は新しい状態です。

 

 

ここは岐阜県であり、しかも山間の集落ということで、冬になると相当な量の雪が積もります。
現在は交通機関も発達しているので、街に行くのも比較的楽になっていますが、昔は雪の多い時期なると、買い物に行くのも困難でした。

 

 

で、当然食料面でも厳しい状況が発生したと思いますが、そういう時の事も考えて・・・、


このような用水を村中に引きました。

 

 

で、ここに食料となる魚(コイとかニジマス)を飼う事で、昔の人は動物性タンパクを得ていたそうです。(そういう場所に住んでる人はそのような生活をしていた・・・このことは昔、少年マガジンで連載されていた有名な釣りマンガ、「釣りキチ三平」に載っていました)


で、実際にここの用水では50~60cmくらいもある大きなコイやニジマスが飼われていましたが、さすがに食用じゃなく観賞用だろうなぁ・・・

 

 

それにしても、今回初めて現地に行ってみたことで、これまでの白川郷に対するイメージが大きく変わりました。


テレビとかで見た事があった白川郷の合掌造り群は、人里離れた山の中であり、しかも非常に静かな地域だと思っていましたが、実際現地に行ってみると観光客ばかりで超賑やかなんですよね。
しかも観光客はやたら外人さんが多く、確かここって日本だよな~って錯覚を覚える程でした。

 

 

さて色々書いていきましょう。
この合掌造り周辺には、家屋保存のために写真のような犬小屋みたいな物がいくつかあります。


この小さな小屋みたいなのは放水銃というもので、この中には消防車のホースの先端みたいなものが装備されていて、火に弱い萱葺き屋根を火災の魔の手から守るために村中に設置されています。
毎年11月の初旬の早朝、これからやってくる長くて厳しい冬の前に、地元の消防団が中心になって一斉放水点検作業を兼ねて放水をするのですが、村中にある全ての放水銃から空に向かって一気に放たれる水のアーチの様子はまさに圧巻であり、これぞ世界遺産!!って全世界に自慢してもいいんじゃないのか!?と言えるほどです。

 

 

放水される前に村中に響き渡るサイレンの後に現れる水のアーチ。
この秋の風物詩を、いつかは自分も生で見てみたいものです。

 

 

せっかく白川郷に来たので、合掌造りの中に入ってみることにしました。


今回お邪魔したのは、この白川村にある合掌造りのなかでも最大の大きさを誇る明善寺・・・つまり寺院です。

 

 

家屋の中は合掌造り独特の涼しさを感じましたね。
真夏でもエアコン無しでいけるくらい涼しかったです。


大きな屋根ということもあり、屋根裏には色々な物が置けるスペースが広がっていました。

 

 

明善寺の3階(?)から白川村を眺めてみる。


いい眺めだ!!

 

 

ということで、白川郷を十分堪能したあと、高山の市街地方面に向かってクルマを走らせていくと、なんと合掌造りの屋根の葺き替え作業をしてる建物を発見!!


これは国の重要文化財でもある旧遠山家民俗館といもので、現在は文化財保存修理事業の実施に伴い、平成26年11月1日~平成28年3月31日という長い期間を掛けて屋根を変えている・・・そうです。

 

 

更にクルマを走らせていくと、何となく見慣れた風景が・・・
そこは昨年末、記録的な大雪による雪害で来たことがあった場所でした・・・が、あの時はどこを見ても雪景色であり、時期的に今と比較しても全然違いますね。


この後は高速に乗り、静岡方面に向かって帰るだけなんですが・・・

 

 

東名高速に入り、やがて愛知県を抜けようとしたところで事故渋滞発生!!


これがマジに凄い渋滞で、家に到着する予定の時間を大幅に超え、帰宅いたときはもう心身共にヘロヘロな状態でした。
これの10日後には群馬遠征が待ってるというのに・・・

 

 

で、帰宅すると・・・


我が家のニャーが、きょとんとした顔をして我々を迎えてくれました。
2日も留守にしてたことで、ネコは大丈夫なのか心配してたんですが、この様子だと全く心配する必要は無かったようですね。
ただ、ネコは大丈夫でした・・・が、クワガタが!!
次回は、その事について書いていきます。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧