長く楽しい濃密な日曜日(その1)

昨日は毎年恒例ともなった第21回ジュビロ磐田・メモリアルマラソンが開催されました。
事前情報によれば、この日は激しい気温の上昇が予想されるということで、おそらく多くのランナーにとって最大の敵は暑さになるであろう・・・と予想してたと思います。
ただ自分の中では暑さよりも、春先に痛めた右足が一体どこまで持ってくれるのか?って方が心配の種でした。

 

 

この日は午前5時に起きる予定でしたが、まさかの寝過ごし・・・
嫁から叩き起こされ、結局30分遅い5時半に起床しました。
今回も嫁は寒いので応援はパスするという・・・しかも出発時に「痛いなら無理しない程度に適当に頑張ってこい!!あ、午後(は感謝の集いに行かなければならないので、それ)に遅れないようにな!!」って感じで声を掛けた後、再び眠りに・・・


そんな半分投げやりな態度の嫁に対し、コイツは写真のように目をキラキラさせながら、「頑張って来るんだニャ!!」って言ってるような感じで見守ってくれてました。
なんていうか見えない力を貰った感じです。

 

 

で、色々と支度をし、食料は現地で調達すればいい・・・と思いながら自宅を出発。
この時の時刻は午前7時でした。

 

 

で、スタジアム横のマックスバリュに到着し、早速食料調達ということでランナーの友とも言えるエネルギー源、バナナでも買おうと思って店に入ってみると・・・


御覧の通り、バナナのコーナーは房で販売してる以外は既に完売してるという、自分にとって思いがけない事態が・・・(さすがに走る前に房を1人で食うのはヘビー過ぎるし・・・)
結局今回はエネルギー系のゼリーだけで臨むことになりました。

 

 

でも、この時は途中(11キロ付近)でメロンが出るので、そこで再度エネルギー補給すれば・・・って考えていたので、そんなに悲観することは無かったんだけどね。

 

 

で、会場に移動する際、今回もボランティアとして各中継所等で応援をする連中たちから、もうお約束とも言えるような檄を貰いました。
「お前、2時間切らなかったらユニフォームくれよ!!」とか・・・(←これ、ハンパないプレッシャーです・・・しかも今回は半満身創痍状態だったし・・・)

 

 

そして会場に着くと・・・


写真の通り、既に多くの参加者たちで埋まっていました。
どう見ても本気っぽい方、様々な仮装で臨む方、本当に色々な方々が居ました。

 

 

メインのステージの横には、今回の詳しいスケジュール表が貼りだされていました。


これを見ると、○○選手は何時に○○中継所とか、○○選手はサイン会とか・・・って感じで、どの選手が何時にどこに居るのか?が、一発で分かるようになっていました。

 

 

開会式の様子。


ジュビロ代表としての挨拶は選手会長の小川大貴選手でした。
今回は腰痛のせいで・・・って理由で早々走らない宣言!!
ちなみに大会恒例のお楽しみでもある、選手のサイン会に参加出来る『飛び賞』は抽選の結果、順位でいう下一桁が1番の人が参加出来ます。(1位とか71位とか381位とか・・・)

 

 

その後は多くの知り合いたち(←ここでいう知り合いは、ジュビサポではなく、ランナー仲間など・・・)に会って挨拶し、いつもお世話になってるジュビロショップにも顔を出し、「ちょっと2時間くらい遊びに行ってきます!!」と宣言してからスタート地点に行きました。


スタート地点には、多くのサポ仲間たちが沢山!!
知ってる人間が多いこともあり、当然のように誰よりも自分への声援が多かったです。

 

 

で、自分のスタート位置まで歩いていく途中、見慣れた人物を発見!!
それは以前も紹介したましたが、かつてのサポ仲間で先日も某マラソンにおいて優勝し、新聞にも載ったAさんでした。
Aさんも自分を見つけ、そこで色々と今回のレースプラン等について簡単な会話をしましたが、最後に自分から「絶対優勝しろよ!!○○ちゃんなら出来るよ!!あ、自分は足が痛いので完走を目標に頑張るから・・・(←この最後の言葉が情けない・・・)」と言って、自分は所定のスタート位置に向かいました。

 

 

午前9時20分、とてもマラソンをするには厳しい気温の中、今年のハーフの部がスタートしました。
今回は足に負担を掛けないよう、普段と違って最初から超我慢のレースをしようと心掛けていましたが、2キロも走らないうちに右足に激痛が!!

 

 

こんな状態で本当に最後まで行けるのか?大丈夫なのか!?と思い、ここは無理をせずにスピードを落とすものの、簡単に痛みは治まらない。
3キロ付近では、「マジで今すぐ棄権してマッサージして貰いたいわあ!!」と心の叫びも発しましたが、それでも応援してくれてる方々の期待も背負っているので、出来るだけ頑張らないと・・・と気合を入れ直しました。

 

 

やがて最初の給水所が見えてきましたが、ここで大量の水を右足中心にかけまくったら、少しだけですが痛みが引いてきたので、そこから従来のレベルに近いくらいにスピードを上げていくと、今度自分に襲ってきたのは、これまでのマラソン人生の中では一度も経験した事の無いランニング中の尿意でした。

 

 

まあトイレは走路上に何か所か設置されてましたが、場所によっては数キロに1か所って感じの所もあるので、そういう所で尿意が来たら本当に悲惨です・・・が、今回自分が味わうことになったのは、まさにその場所であり、何とかトイレの設置地点まで到着したものの、そこには多くのランナーたちで恐怖の順番待ちという状態・・・

 

 

ここで数分の時間を食った形となりましたが、その後は身体が非常に軽くなり、例のメロン爆食い地帯(笑)までは、かなり順調なペースで走れました。


で、そのメロン地帯ですが、写真を見て貰えれば分かると思いますが、メロンは早いランナーに食い荒らされた形(失礼な!!)で結構な量が減っているけど、その代わりにバナナが異常に多く残っている状態に・・・

 

 

当然自分としては、ここでメロンを期待してたんですが・・・


本当にメロンでは無くバナナの嵐・・・だったら早く来なきゃ・・・っていう弱肉強食の世界を体験した気分でしたね。
悔しかったんで、バナナは相当な量を食いました。

 

 

で、途中の関門も無事に通過。
昨年までは関門横に電気時計が設置されていましたが、今年は何故か設置されてなく、どのくらいの時間なのか?腕時計を使わない自分には全く分からない状態でした・・・が、そこには多くのサポ仲間が居て、その方々に現在の時刻を聞いたところ、まだスタートしてから1時間くらいが過ぎたばかりということが分かりました。(ということは、明らかに昨年よりもタイムが悪い・・・ちなみに昨年は58分で通過)

 

 

ただ、その後は歩くことなく非常に遅いスピードで黙々と走り続け、16キロ付近の応援地帯では、サポ仲間&選手たち、更にカード仲間のK氏からも声援を送って頂き、こうなった以上絶対最後まで走り切らないと・・・と更に強く思い、残り5キロは本当に無理をしない程度の走りで刻むように進んで行きました。

 

 

そして、いよいよ最後のスタジアムに入り、ゴール直前に例の大型時計が見えてきましたが、その時のタイムを確認すると、まだ1時間56分を過ぎたばかり!!
この時、凄く沢山の方々が応援していたんですが、その中で「何かやりながらゴールしてくれ!!」とのリクエストが聞こえてきたので、「何をやりゃあいいんだ!?」と返したら、「U.S.A.(の例のポーズ)でもして!!」と言ってきたので、あのポーズを決めつつ片足でゴールしようとケンケン立ちをしたところ、既にもう自分の体重を支える程の筋力&体力は残っておらず、ゴール直前に超ド派手に転倒し、そこで数秒の損をするという・・・転んだ時、顔の目の前にゴールラインがあって、何ていうか自分としては恥ずかしく悲しい瞬間でした。(しかも左足は結構な流血・・・)

 

 

後日、ランネットというサイトにおいて、それぞれの撮影ポイントで撮影された各選手の写真が紹介されると思うが、自分のゴールシーンの写真は、世にも恐ろしい転倒する瞬間の写真が掲載されるであろう・・・
なんか別の意味でスゲー楽しみですね。


ゴール後は痛めた足をさすり、少しボーっとしながら色々な方々の様子を見てました。(今年も大人気だった『非常口くん』に会いましたが、今回はハーフではなく5キロを走ったとのこと・・・ちなみにカミンスキー選手の奥さんも5キロを走り、ゴール後には非常口くんと記念撮影をされていました)
問題の右足ですが、よくぞ最後まで持ってくれたと思いましたね。

 

 

で、スタート時に「優勝しろよ!!」と激励したAさんの成績は?というと・・・


惜しくも2位でした・・・が、この大規模な大会で入賞するのは、マジで凄い事なんですがね。
これは表彰式の様子ですが、赤い文字でYakuloと書いてあるaの上あたりにいる紫色っぽいジャージがAさんです。

 

 

で、今回の自分の正式タイムは・・・


1時間56分49秒(実測記録は1時間55分16秒・自分はこちらのタイムを重視してます)ということで、当初完走すら出来るか怪しい状況でもあったものの、蓋を開けてみれば自己ベストを大幅に更新するという成績。(下一桁が2ということで、飛び賞の前後賞ってのが何とも・・・もしもゴール直前でコケて無かったら・・・!?)
しかも今回は右足の激痛&途中のトイレ大渋滞アクシデントもあって、攻めの走りは一切無しないで終始守りに徹した走りだけで出たタイムなので、もしも本当に体調万全なら更に15分以上は縮めれると改めて思いましたね。(決して楽ではないが・・・)

 

 

午後からは感謝の集い(ジュビロの年間シート購入者限定パーティー)ということで、今度は磐田から浜松まで移動しなければならないんですが、このゴール直後は身体の疲労もあって、マジで行きたくなかったんですが、そのイベントでは何かが起こったんですよね。
次回は、そのことを含めたお話になります。

| | コメント (0)

明日は頑張るだけ!!

いよいよ明日は自分的には年間でも5本の指に入る大イベント、ジュビロ磐田・メモリアルマラソンが開催日されます。
ただ、以前から何度も書いているように、今回はゴールデンウィークの頃に痛めた右足が現在でも全くと言ってもいいくらいに完治してない状態です。


本日の夕方に、スタート地点の様子を撮影しにいってみると、既に特設のスタート台は設置されていました。

 

 

そのスタート台を遠くから見た様子。


明日の朝には、もっと色々な物が準備されたりするんですよね。
その準備の様子を見てると、思わずボランティアの方々、本当に御苦労様・・・って言いたくなります。(競技に参加する側なので、どうしてもそういう気分になるんですよね)

 

 

ホームゲーム時は、サポーター広場になる場所は・・・


各店舗用のテントが準備されていました。
あとは様々な業者さんが入れば終了って感じです。

 

 

で、そのマラソン後は浜松に場所を移し、感謝の集い(いわゆる年間シート限定のパーティー)が開催されるんですが、なんていうか最近のは内容的に全然感謝が感じられない気がするのは気のせいでしょうか?
どうせ会場は一部の人気選手目当てのファンでグチャグチャになることが容易に予測出来るし、あまり面白くないような感じになるんじゃ・・・って思っています。(昨年のは内容的にも本当に酷かったし・・・)

 

 

だったら行かなきゃいいのに・・・って言われそうですが、もしかしたら何かの抽選とか、非売品の配布物に何かあるかも・・・って事もあるし、やはり捨てれないイベントでもあります。

 

 

さて・・・明日は早い時間に起きて、そこそこな調整をしてからスタートを迎えたいと思います。
目標はタイム関係なしに普通に完走。
一応死なない程度には頑張るつもりです。

 

 

それにしても、本日のJ2最終戦は最後の最後まで全く分からない状態だった。
当事者じゃないから、ある程度気楽な感じで試合を見ていたんですが、改めてJ2は本当に洒落にならんくらい危険な所だと思いましたね。

| | コメント (0)

大会まで残り1週間しかなかったりする

なんか例年以上に忘れられてるような感じになっていますが、来週の日曜日は自分にとって、そこそこな大イベントでもあるジュビロ磐田・メモリアルマラソンが開催されます。(その後の感謝の集い・・・いわゆる年間シートのパーティーは自分にとって半分オマケみたいなもの・・・)

 

 

で、今年のゼッケン等が入った封書は約1ヶ月くらい前に届いていたんですが、その頃の自分と言えば、台風による復旧作業だの、お祭りだの、長崎旅行・・・って感じで、とにかく忙しい日々が続き、封書そのものを置いた場所すら完全に忘れてたという始末・・・


懸命な捜索の末、古新聞の束の間に問題の封書がありました。
とりあえず棄権という最悪の事態だけは免れた感じです。

 

 

で、今年のゼッケン・・・というか、スタート枠は・・・!?


D枠ですか!!
これまでB枠だったのに、なんか随分と後ろに下げられた感じだが、まあ今の自分の力を考えれば、こんなもんですかね・・・(D枠は、だいたい2時間前後クラス)

 

 

ただ今年は例年よりも足の調子・・・というか、夏からずっと痛めている左ひざが現在も痛い状態であり、今回はもしかしたら完走すら危ういかもしれない・・・という感じなので、スタート位置は多少は後ろの方がいいかも・・・って気もします。
なんにしても当日の状態次第で、その時になってみないと分からないけど、とりあえず今回も最後まで頑張ってみるだけですね。(頑張れるかな・・・!?)

| | コメント (0)

始動!!

今年の正月は例年通り、駅伝を中心としたテレビでのスポーツ観戦三昧でした。
元日はニューイヤー駅伝(スタートからゴールまで全て)を見てから、天皇杯決勝戦(セレッソ大阪vs横浜Fマリノス)、2日&3日は箱根駅伝(往路&復路全て)ということで、オマエはどんだけ駅伝好きなんだよ!?って言われそうな日々を過ごしていました。

 

 

その駅伝ですが、まず元日に行われたニューイヤー駅伝では、ウチの会社のスーパールーキーが躍動してました。
かつて陸上部の無い時代は自分が会社の代表として走ってたくらいのレベルだったというのに、今では箱根駅伝でも数少ないスーパースター級が入社するようになるなんて、ホント時代が変わったと思います。(例えば1500mのタイムで比較してみると、自分の自己ベストは4分28秒なんですが、当時は一応自信を持って誇れるようなタイムだと思っていました・・・が、これが現在のウチの会社の陸上部では4分を切る選手が何人もいるほど・・・もう世界が違うんですよね!!)

 

 

天皇杯はセレッソ大阪が勝ちましたが、試合前から正直どちらが勝っても半分・・・というか、全く興味が無かったですね。
セレッソが勝てば年間2冠ですが、黄金期のジュビロでも年間2冠は一度も無かったというのに、今年度になって初めてタイトルを取るようなチームがいきなり2冠というのは、なんかシャクに触るし、マリノスが勝てば、これで国内タイトルは計8冠・・・これもなんか嫌だったし・・・

 

 

箱根駅伝は・・・
まあ普通に青山学院大学が強かった・・・いや強すぎたって感じでした。

 

 

で、4日は仕事でした・・・が、実はこの日は昨年の10月くらいに早々と休暇届を出していましたが、年末にあったアホらしい出来事の対策とかを深く掘り下げて色々と考えなければならなくなり、強制出勤を命じられ、仕事始めでありながら、いきなり2時間くらいの残業(残業なのか?)をさせられました。

 

 

尚、この日は浜松駅近くのアクトシティーにて、ジュビロのOB&現役選手が多数参加するパーティーに出席することになっていましたが、会社の強制残業により、このパーティーには30分以上遅れて参加しました。
パーティーの内容については以前も紹介したことがあるので、どんな内容なのかは省略しますが、前年の11月に行われたジュビロの年間シートのパーティーよりは何倍も楽しい内容でした。
そして今回もパーティー内でチャリティーオークションがあり、例年同様今回も入手したモノがありますが、それについては後日紹介したいと思います。

 

 

そういえば、まだ新年最初の開封をしてないな~と思い、じゃあ新年最初は何にしようか?と思いながら、我が家のストックを眺め・・・


以上の3ボックスを開けてみる事にしました。
尚、開封結果については次回以降に紹介したいと思いますが、果たして今年最初に出現したサインカードは・・・!?

| | コメント (0)

長くてしんどい1日だったな・・・(今回は長い)

昨日はジュビロ磐田・メモリアルマラソンが開催されました。
今年は20回となる記念大会ということもあって、参加者は過去最高の約1万1千人超え!!(だよね?)
もはや地域だけのマラソン大会じゃないですね。

 

 

この日は朝から曇っていましたが、時折陽が差すなど、マラソン的にはまずまずのコンディションでした。

 

 

開会式会場に向かう途中、一緒に応援する仲間たちが多数・・・
みんな大会ボランティアとして参加するそうで、この時に皆さんから「サポ代表として頑張ってくれ!!」とか、「○○地点で待ってるからね!!」とか、あとは・・・「2時間切らなかったらユニフォームくれよ!!(笑)」などなど、とにかく色々と声を掛けて頂きました。(この時はマジで嬉しくなりました)


会場に着くと、もうこんなにも沢山の人が・・・
みんな想いは自分と同じなんだろうな。

 

 

午前8時には・・・


ジュビロの選手代表として、開会式で挨拶をする櫻内渚選手が、大会の各役員など偉い方々たちに挨拶をしていました。

 

 

その時の舞台付近では・・・


インスタのパネルを持った方が参加者たちと面白そうな写真を撮ってました。
この直後に自分も誘われましたが、「あ、自分インスタやってないんで・・・」って感じで軽くかわして逃げようとしましたが・・・(結局撮影に加わることに・・・)

 

 

午前8時20分、開会式が始まりました。


これは櫻内選手の挨拶の様子です。
櫻内選手は昨年同様、この後は若手選手たちと一緒に3キロの部を走ります。

 

 

その後は自身も身体を温めておかないと・・・ということで、軽くアップ開始。


今年は参加者に関しては、スタジアムに降りてアップする事が出来ました。
ここ数年はスタジアムの脇のエリアの開放をしてなかったんですが、久しぶりにピッチを走る事が出来て良かったです。

 

 

その後はスタート地点に向かいましたが・・・


ここでは例年のお約束とでもいうのかな?
普段練習場で見掛けるような方々が良い場所を陣取っていました。(みんな、応援本当にありがとうございます!!)

 

 

で、今回は以前もやったように、久しぶりに携帯を持って様々な風景とかを撮影しながら走ることにしました・・・が、以前行ったのは10キロの部(現在は廃止)だったので、まあそれっくらいなら何とかなるだろ!!って思ってやったんですが、今回のようにハーフだと相当キツイ事になるのでは・・・!?と・・・

 

 

でも臨場感ある画像が撮れれば・・・と思い、頑張って挑戦しましたよ。


これはスタート3分前くらいの様子ですね。
あと、関連動画になるか分からないが・・・

 

https://www.youtube.com/watch?v=e0j14Lg20Bg

 

この中の8~12秒くらいの非常に短時間ではあるが、自分が映ってたりします。
ほ~ら、右の歩道のカラーコンの辺りでウロウロしてる赤い11番のヤツ・・・

 

 

9時20分、ハーフの部がスタート。
この時は前日まで気にしていた両足の激痛も無く、とりあえず、限界が来るまでは、ある程度のスピードで飛ばす作戦で行くことにしましたが、これが予想してたよりも良かったのか、今の自分としては割と良いタイムを刻んで走ることが出来ました。

 

 

これは多分、静岡産業大学の辺り・・・だいたい6キロ付近です。


この頃は、まだまだ体力も有り余ってた頃・・・全然元気な状況でした。

 

 

その後に訪れる給水場。


それでも気温が上がって来たので、ここらへんで水分だけは摂っておかないとね。

 

 

これは8キロ付近の様子ですが・・・


ここでウチの近所の同級生・・・というか、幼稚園の頃からの遊び仲間を発見!!
その仲間というか友人は全国各地にマラソンをしに行くような人間で、フルマラソンも3時間ちょいで走る程の凄いランナーですが、自分が声を掛けてから、だいたい1キロくらい(8~9キロ付近)を、お互いで色々話しながら並走しました。

 

 

で、ここでその友人が時計を見ながら自分に言ってきた驚きの一言。
「このままのペースなら1時間40分前半は楽勝だよ・・・だいたい1キロ5分を切るペースだし・・」

 

 

え!?それマジか!?っていうか、今の自分には早すぎるのでは!?と思い、ちょっとペースを落とすことに・・・
尚、その友人は自分の前の方に離れていきました。(その友人が遠ざかっていく姿を見てて思ったことは、やっぱフル3時間のランナーはマジで早い!!そう思った・・・)

 

 

それでも今回の自分は、そんなに遅いペースではなかったんですよ。


この10キロの通過タイムも、今回は一応50分を切ってたんですからね。

 

 

中間点を超えて間もなく・・・


JA福田町の建物が見えてきましたが、ここでは名物のマスクメロンが振る舞われました。
この日の朝食はバナナとリンゴだけだった自分、ここでメロンを大量摂取(笑)し、お腹を満たしました。

 

 

そして時間制限(関門)のある11.7キロ付近では、ボランティアとして参加してた応援仲間と共に小川航基選手&松本昌也選手がいました。


携帯を構えながら走る自分を見た小川選手は、「何やってんですか!?余裕っすね!!」と大爆笑!!(この彼の表情で分かってくれれば・・・)
この時の自分のタイムですが、昨年を上回る59分・・・なんと1時間を切っていたんですよ。

 

 

このままのペースで最後まで行ければ・・・
そう思ってた13キロ付近を過ぎた頃、それまで潜んでいたというか、走る前から予想してた激痛が両足に襲ってきて失速することに・・・
そのせいで、ここまで辛抱強く貯め込んで来た貯金を吐き出すことになりました。

 

 

これは、だいたい16キロ付近の様子です。


サポ仲間が必死で応援してくれるものの、足が動かない・・・
後ろの応援ゾーンでは、携帯構えて走ってる自分を見て笑っている三浦龍輝選手&荒木大吾選手です。(この画像では荒木選手についてはイマイチ分からない)

 

 

この後は激痛のせいで、1キロをだいたい7分くらい・・・!?
もう殆ど歩いてるような感じのペースでしか走れなくなりました。(実際、相当な時間歩いたけど・・・)

 

 

それでもヨロヨロしながらも、何とか20キロ地点まで着きました。


ここで沿道で応援してる人に、現在の時間を聞いてみたところ、上手く走ればギリギリで2時間が切れるタイムだということが判明・・・
「え!?(昨年も思ったけど)こんな酷い走り(歩き!?)でも2時間切れるのか!?」と逆に驚いた程でした。

 

 

そして、この後は得意のスーパーラストスパートは出なかったものの・・・


ゴール地点の電気時計を見ると、本当にギリギリ2時間を切れるタイムでフィニッシュ・・・
一応最低限の目標でもあった完走、そして2時間切りは出来たものの、あの10キロまでのタイムを考えたら・・・と思うと、本当に勿体無い走りだったと思いました。

 

 

で、正式タイムは・・・


1時間59分52秒・・・
あれ!?昨年と殆ど同じタイムじゃないか!!
ただ、内容については、今年の方が明らかに酷い・・・というか問題外と言えるものでしたが、それでも今回は全く走る事が出来なかった程の練習不足、そして長期間に渡って治らない両足の痛み事を考えれば、まあまあな結果だったんじゃないかと思います。
でも、ちょっと欲も出て来たせいかな?来年こそは練習をしっかり行って足を強化し、そろそろ本気で1時間40分代を目指そうかと思います。

 

 

ちなみに途中で先に行ってしまった友人は、1時間41~42分くらいでゴールし、その後は電車で京都に遊びに行ったとの連絡が入りました。
自分と同い年だというのに、どんだけタフなんだろ!?

 

 

で、マラソンから帰宅し、今度はジュビロ磐田・感謝の集い(いわゆる、年間チケット購入者限定のパーティー)に参加しました・・・が、さすがに今回は疲労のせいもあって、半分どうでもいいような感じでした。


青い紙は、お楽しみ抽選コーナーの抽選券です・・・が、今回の抽選は歴代最悪と言われてもおかしくない抽選方式でした。
まあ時間の制約とかもあり、あの方式になった背景については多少仕方の無い部分もあるかもしれないけど、さすがに場内のビジョンに当選者の抽選番号が一気に表示された時(最初から当選者が決まってた感じ・・・)は場内唖然となりましたね。

 

 

で、一部の人気選手の存在で、どのような状況になるのか?少し気になっていた選手との触れ合いについてですが・・・


そういうような人気選手については30分待ちが当たり前。
これだったら普段の練習後のファンサの方が選手と色々喋れる程で、なんていうかねぇ・・・ちょっと時間の無駄のような感じでした。

 

 

それでも今回のパーティーにおいて、色々な選手とお話をしましたが、その中でも一番盛り上がったのが、やはり松浦選手との会話内容、例のサインカードの事ですかね・・・
あとは小川航基選手、三浦選手、藤川選手、針谷選手、そして木村社長とは数時間前のジュビロマラソンの事とか・・・

 

 

他には、この日出された肉料理と、デザートの葡萄ケーキが超美味かった事ですね。(笑)
葡萄ケーキは応援仲間のMちゃんと共に爆食いしました!!

 

 

さて朝から多忙というか、色々あった日曜日ですが、帰宅した時は即爆睡・・・気が付いたら・・・というか、夜中に目が覚めた時は全身筋肉痛に襲われていて、普通に立ち上がる事も出来ないような状況になっていました。
でも、運動した後にすぐ筋肉痛が出るという事は、まだまだ自分も若いということですかね?

 

 

次回は開封結果です。
まだコンプは一応あきらめてない・・・つもり・・・

| | コメント (0)

方針変更・・・目標は完走です!!

本日は年に一度のジュビロ磐田・メモリアルマラソンです。
ここでも何度か書いているので、おそらく知ってる方も多いと思いますが、今年も自分は例年のようにハーフの部にエントリーしていますが、昨年同じ部を走った名波監督は?というと、やはり今年も走るそうで、自分としては昨年みたいに途中で抜かれないように・・・と思っています。
ただ今年の自分の調子というか、身体の具合はというと、ここ数年の中では最も酷い状況だったりします。(とにかく両足共に凄く痛い・・・)

 

 

実際は五体満足で最後まで完走出来ればいいんですが、こればっかは走ってみないと本当に分からんからねぇ・・・

 

 

そして、それが終わった後は年間シート限定の感謝の集い(いわゆる年チケのパーティー)です。
これが場所は磐田市内ではなく浜松に行かなくてはならないうえに、受付時間等の絡みもあって、そんなにゆっくりしていられないんですよね。(これ、マラソン走ってから参加する人にとって、本当に酷い日程だと思う!!)
そして宴の最中はマラソンによる疲労もあるから、かなりキツイ事も覚悟していますが、それについては気力でカバーしたいと思います。(自身、まだまだ体力だけは10代、20代と思っているので・・・)


昨日ですが、練習し合いの後にスタジアム前に行ったら、スタート地点にはこのような看板が設置されていました。
『ここから始まる~はらだの反撃~!!』(何が反撃なんだろ!?)

 

 

実は今朝の時点では、今年の格好は何にするか全く決めてなかったんですが・・・


昨年、名波監督の頭の中で特に印象に残ってたという赤い格好の一言があったので、色々慎重に協議した結果(←実際は1分くらいしか考えてない・・・)今年も昨年と同じ、もう試合では殆ど使う事の無くなった2016年版の3rdユニフォームで走ることにしました。
やはり目立つからかな!?

 

 

ただ、このゼッケンのナンバーを見て分かる人は分かると思いますが、この左端の『C』の文字はスタート位置を表すもので、自分の持ちタイムに併せて事前に申告します。
しかし『C』の位置は、今の自分としては割と無謀とも言えるスタート位置だったりしますが・・・

 

 

そして今朝6時半頃の外の様子。


今日は今年一番の冷え込みらしい・・・
確かに寒そうな雲も出てるけど、さすがに昨日のような強風は吹かないので、もしかしたら走るには一番いいコンディションかもしれません。

 

 

そして・・・


コイツも応援してくれる・・・のかな!?
一応御主人様が走るんだから、少しくらい後押ししてくれればいいんですがね・・・

 

 

最後は全く関係無い話になりますが、昨日のJ2でVファーレン長崎がJ1昇格を決めました。(おめでとうございます!!)
今年はスケジュールの関係、そして急遽発売された例のカードのせいもあって、九州方面に観戦に行けなかったんですが、来年は長崎にも足を運びたいと思っています。

| | コメント (0)

最後に驚いたこと(今回は長い)

今回は昨日行われた、第19回ジュビロ磐田・メモリアルマラソンの事について書いていきます。

 

 

この日は11月にしては、ちょっと暑過ぎるんじゃないかな?と思うような気温であり、しかも全く風の無いということで、マラソンには超が付くくらい不向きな天気でした。


午前7時50分頃の会場の様子です。
まだ色々と準備とかしてる段階ですね。

 

 

メインの舞台も、こんな感じでした。


舞台の横で変な青い鳥がウロウロしてるけど、まあ気にしない・・・

 

 

8時過ぎに大会の開催が宣言され、様々な方々の御挨拶がありました。
で、選手代表として櫻内選手の挨拶もありましたが、ジュビロの球団社長の姿が見えないけど・・・まさか!?


その社長ですが、なんとハーフの部に参加!!(実は自分は前日に知っていました)
しかも名波監督や鈴木秀人コーチも急遽ハーフの部に参加するというので、これは絶対負ける訳にはいかんだろうと思いました。(こちらの方は、さすがに知らなかったです)

 

 

この開会式の時に一緒に喋っていて、今回自分と同じハーフを走る応援仲間のSくん、そして今回は3キロを走るSさんと荷物預かり所に行くことに・・・


ここは、いつ来ても混んでいるんだよな~・・・
ちなみに今回の参加者数も1万人を超えたとか・・・

 

 

ハーフの部はスタート時間が早いので、ここでSくんと共にスタート地点に移動。


この日は気温が高いので、ウォーミングアップはしなくても立ってるだけで汗が出るような状況だったので、アップは普段よりも行わないでレースに臨みました。

 

 

スタートまで残り10分くらいになったら社長が登場。
もちろん社長に挨拶をし、お互い最後まで頑張りましょうと固い約束をしました。


その後は、なんか偉い方々とお話をされています。

 

 

スタート地点周辺には・・・


いつも練習場や試合会場等で見た事のあるような方々がスタンバイ。(笑)
でも、そういう方々の声援ってのは本当に力になるんですよね。

 

 

そのころ、スタジアム正面玄関には、3キロの部のスターターを務める松井選手がいました。


ちょっと早すぎたのか?再びスタジアム内に消えていきました。

 

 

自分のスタートする場所周辺の様子でも載せておきましょう。


うわ~!!って言いたくなるような参加者の数です。

 

 

スタート直前に社長と名波監督の挨拶がありました。(写真は社長です)


この挨拶が終わったあと、いよいよスタートとなります。
尚、社長の挨拶直後を撮影した後、携帯をジュビロショップ磐田店に預けたため、このあとはゴール後の写真しかありませんので、ここからはダイジェスト形式でレース中の様子を書いて行きます。

 

 

まずスタートしてからの上り坂ですが、ここは難なく駆け上がったら、何故かすぐに名波監督たち御一行に追い付いたので、「監督!!最後まで頑張りましょう!!先に行きますよ!!」と声を掛け、彼らを置き去りにして一気に前の方へ・・・(名波監督からは「おお!!行け行け!!」って言われました)
元気なうちに貯金を作りつつも、足に負担の掛からないよう、攻めの走りを封印した作戦です。

 

 

3キロ付近では、周りの気温が上昇し、汗が噴き出てくるようになってきました。
ポイントの看板が見えた瞬間、「ああ、3キロの部だったら、ここでゴールなんだけどな~」って思いました。

 

 

5キロ地点の看板が見えた時も、「ああ、ようやく4分の1か・・・5キロの部だったら、ここで終わりなのにな~・・・」って思いました。
ちなみに今回5キロの通過タイムは、隣に走ってる人の時計を見る限りでは、だいたい22分くらいであり、自分としては思った以上に早いペースだったので、始めは見間違えたのか?と思いました。

 

 

7キロ地点を過ぎた時、「ああ、ようやく3分の1か・・・」
このポイントの給水地点で、初めて水を口に・・・ランナーが投げていく大量の紙コップをベシャベシャ踏んでいく時、「オレは今、メトロクロスのランナーみたいだ・・・」と勝手に思ったりもしました。

 

 

ちなみにメトロクロスとは、1987年くらいにナムコが発表したアクションゲームで、傷だらけのランナー(という名前らしい・・・)を操作して、全32面走破するんですが、途中に出てくる空き缶を蹴ったり踏んだりして、得点を稼いだりタイムを稼いだりするのが必要不可欠なゲームです。

 

メトロクロスのプレイ動画(このプレイヤーは全国でもトップクラスの上手さです)

https://www.youtube.com/watch?v=zBMaWbKddGc 

https://www.youtube.com/watch?v=O3ZP39iaa1c

 

 

中間点(10キロちょい)では、「ようやくレースもこれで半分か・・・」と思いましたが、とにかく風が無いうえに気温が高くて凄く暑いんですよね。
これはもう、マラソンをやる天気じゃないと何度思ったことか・・・

 

 

11キロ地点の給水ポイントでは、地元特産のマスクメロンが出されましたが、だいたい24等分くらい(?)の大きさに切られたメロン、自分はこれを10個くらい食ったかな!?(←明らかに食い過ぎ!?)

 

 

最初の中継点ポイントとなる12キロ地点では、ゴール裏のサポ仲間のTくんたちがボランティアとして参加していて、そこを通過する時にTくんから、昨年と全く同じ内容で声を掛けられました。
「はらださん、メッチャ早い!!」
確かに気温の上昇や、これからの展開を考えると、少々オーバーペースだったかもしれんが、実はこの直前くらいに1時間40分のペースメーカーに抜かれているんですが、まさかここまで自分は1時間40分よりも早いペースで来てたとは全く思わなかったです。

 

 

しかし、昨年足を痛めてズルズル順位を下げていった13キロ付近に差し掛かると、再び昨年と全く同じ事が起こりました・・・が、それでも今年は前半全く攻めの走りをしてなかったこともあり、ここで少しだけペースダウン。

 

 

15キロ付近・・・「ああ、ようやく残り3分の1か・・・」
でも足が悲鳴を上げていて、自分の思ったようなスピードが全く出ません。

 

 

16キロのポイントでは、ジュビロの選手と共に、ここでもボランティアとして参加してたサポ仲間のYくんMくんに声を掛けられる・・・
「あれー!!はらださん!?はらださん、何やってるんですかー!?はらださん頑張れー!!」
この時、自分の周りにいたランナー達が、みんな自分の方を見る!!(笑)
いや、自分は有名人じゃないんだけど!!

 

 

17キロ付近では完全に普段の走りが出来なくなり、もう歩く感じで進んでいくと、今度は1時間50分のペースメーカーに抜かれ、この時点で完全に2時間切りをあきらめる事に・・・

 

 

結局今回も前半に貯めた貯金を使いまくる状況になり、アップアップしながら半走りを続けていると、19キロ付近では開始直後に置き去りにしたはずの名波監督たちに抜かれると、ここからは本当に自分との戦いに・・・

 

 

20キロ付近の上り坂では、完全に足が止まり、何度も腿を叩いたりして痛みを和らげようとしたり、止まってストレッチとかして再び走りだそうとしたが、全然痛みが止まらず、もはやこれまでか・・・と思ったものの、「せっかくここまで走ってきたから、ここで棄権なんてあまりにも勿体ないし、こんな自分でもゴール地点で待っててくれる人の事を考えたら、絶対立ち止まる訳にはいかんだろ!!」と奮起し、痛む腿に再びムチ打って走り出すことにしました。

 

 

で、残り1キロを過ぎた辺りで、何故か足の痛みが多少和らいできたため、ここから相当無理しつつ超激走ペース(このラスト1キロは多分4分を切るペース。この間に抜いた人の数は軽く見積もっても100人以上はいたと思う・・・)に変更。

 

 

やがてゴールの目印でもある大きなバルーンが見えてくる辺りに差し掛かると、そこには大勢のサポ仲間や知り合いたちが自分みたいなヤツに声援を送ってくれてるじゃないですか!!

 

 

これマジで泣きそうになるくらい嬉しかったです。
ちなみに昨年は、午前がジュビロマラソンで、後が年間シートのパーティーだったため、ゴールに着いた時には、既にサポーターたちの多くの方はパーティーに行かなくてはならない状況だったので、スタジアムに残っている人で自分の知ってる人間は、ほとんど誰も居なかったんですよね・・・

 

 

で、感傷に浸りながらも最後のゴール直前のカーブを曲がった時、あのタイム計測の大時計が自分の目に飛び込んできました・・・が、ここで驚いたのは、一番左側の数字が、まだ『1』・・・つまり、この時まだ2時間を超えてなかったんですよ。

 

 

「え!?もしかして2時間を切れる!?」

 

 

最後の50mほどの直線、自分の走りを見てた人間は一体何が起こったのか?と思うくらいの激走をし、結局ゴール時のタイムは1時間59分48秒ということで、まさかの2時間切りを達成!!
スタート前から膝裏に張りを抱え、そしてこの日の気温上昇ということもあって序盤を抑え気味に走り、後半は激痛と戦い、しかも2~3キロくらい歩いた(実際は走ってたかもしれんが、歩いてるのと変わらん・・・)にも関わらず、それでも2時間を切れたんですから、これはホント驚かずにいられませんでした。

 

 

この自分のゴール直後の動画を誰か撮ってる人がいたら面白いんですけどね・・・
ゴールした瞬間、スゲー派手というか大袈裟過ぎるガッツポーズと共に「やったー!やったやった!!まさか2時間切れるとは思わんかったわー!!」と叫びながら踊ってる自分がいたはずですから・・・

 

 

でもね、全体的に反省してみると、正直なところ今回も後半は厳しい走りになったんですが、それでも頑張れば何とかなるという事を十分に分からせてくれた・・・そんな大会でもありました。

 

 

その後はスタート前に預けた携帯を取りに行き、痛い足を引きずりつつ、こんな自分でも応援してくれた多くの人たち(本当に沢山の方々)に御礼の挨拶に回りました。


広場の屋台群は相変わらずの盛況でした。

 

 

その後は表彰式を見に行きましたが、普通の上位者も凄いと思いましたが、中でも今回の仮装部門で自分が一番凄いと思った人は・・・


やっぱりこの人ですね。(昨年も出てたようですが・・・)
この手製の非常口と書かれたボードを持ち、常に片手を上げた状態でハーフを完走ですからホント凄いと思います。(タイムは2時間30分くらいだったそうですが、これはもうタイムの問題じゃないでしょう・・・)
尚、ボードを持たせてもらったんですが、明らかに風の抵抗を受けるため、普通に走るよりも数倍疲れると思いました。

 

 

そして、これが今回の自分の記録です。


結果的には、ギリギリで2時間を切る事が出来ましたが、この12キロ地点の通過タイムを考えたら、もう少し・・・ではなく、まだ15分以上も縮められるんじゃないかと・・・

 

 

で、帰宅してから今回の道中の事を動画に上げてる方がいたんですが、その方(56歳の方)は1時間42分で走り切っています・・・が、良く見ると中間点の映像に小さくですが、自分の後ろ姿が映っていました。

 

https://www.youtube.com/watch?v=ui_1Guqr4EY

 

ということは・・・
気温がもう少し低かったと仮定し、そこに体調万全で臨み、尚且つ攻めの走りをしつつ、途中で足に痛みが来なければ・・・
来年はもっと良いタイムが確実に出せるよう、とにかく毎日のように練習あるのみだな・・・日々の練習を頑張ろ!!

| | コメント (0)

とりあえず頑張るだけ・・・

本日は第19回ジュビロ磐田・メモリアルマラソンの開催日です。
知っての通り、一応今年もハーフの部を走ってきますが、昨年みたいに途中で足に故障が出ないことを祈りつつ、何とか最後まで完走出来れば・・・と思っていますが・・・

 

 

昨年は走る前から、そんなに調子が悪くなかったし、普通に走れば2時間以内は楽勝だと思って臨んで、あのざま・・・
走る前は調子が悪くないように思ってても、長い距離になると途中で何が起こるか分からないのがマラソンなんですよね。(自分が過去に沢山走ってきたマラソンにおいて、途中で歩く程身体がピンチになったのは昨年が初めてです!!)

 

 

で、今回ですが、実は2週間くらい前から膝の後ろに張りが出ていて、しかもちょっと走るだけで軽い痛みが出るんですよね。
こんな状況で本当に完走できるのか?と・・・でも思っていますが、それでも3~5キロくらいまで走っていれば、ある程度の予測が出来てくるので、まあ無理しないように適当に頑張ります。

 

 

で、昨日、仕事帰りに寄ったスタジアムには・・・


既にスターター専用の台が設置されていました。
ここからスタートしますが、ハーフの部のスターターは何故か磐田市長だったりします。(他の部は松井選手とかジュビロの社長とか・・・何故にハーフは市長なんだろ!?)

 

 

そして・・・


横に置かれていたプラカード。これを見ると、少しだけやる気が出てきます・・・が、あくまでも、やる気が出るだけであって、身体が最後まで持つかどうかは別問題です。

 

 

そして、今朝5時半頃・・・


コイツも一応、自分の事を応援してるとでも書いておこう・・・
ちなみにコイツは、昨日の天皇杯・川崎フロンターレvs浦和レッズ戦の試合終了直後、「ニャーニャー」鳴いてフロンターレの勝利を喜んでいました。(レッズが負けて悲しんでたのかもしれんが・・・)

| | コメント (0)

そういえば、ゼッケンが到着してた・・・

今度の日曜日(11月13日)は、自分にとって年に一度の恒例行事であり、ジュビロ的にも今年最後のイベントでもある、第19回ジュビロ磐田・メモリアルマラソンが行われます。

 

 

で、今年のメモリアルマラソンですが、昨年同様ハーフの部にエントリーしましたが、先日自宅に送られてきたゼッケンを見て唖然・・・


なんと、今年も昨年同様『B』で始まるナンバーでした・・・というのも、このナンバーの前に付いてるアルファベットですが、これはスタート位置を表しているものであり、特にハーフの部は参加者が異常と言えるくらいに多く、そのため競技の進行のスムーズ化ということで、自分の技量に合わせた場所からのスタートということになっています。
で、このスタート位置については、エントリー時に申請出来ます。

 

 

実は今回エントリーする時、自分の頭の中には昨年のレース中の故障の事が浮かび、これは他のランナーに迷惑が掛からないようにしないと・・・っていう考えから、今回は最初から・・・つまりエントリーした時に自分の完走予定タイムの申請をしなかったんですが、昨年少々強気で申請したものがそのまま今年も継続!?・・・ということで、今年も昨年と同じ、なんとも場違いな位置からのスタートということになってしまいました。
これがまだ自分が良く走ってた頃、いわゆるマラソン現役時代だったら、全然楽勝なスタート位置なんですが、現在の自分ではちょっと厳しい・・・(Bは基本的にハーフ1時間30分前後の人のスタート場所です・・・まあ自信が無ければ、もっと後ろに行けばいいんですが・・・)

 

 

ここ最近、冬のような天気が続いているので、トレーニング前の準備運動とかも、ある程度入念に行わないと絶対に身体が持たないので、ここはしっかりやらないと・・・
それにしても、今回は本当に完走が出来るんでしょうか?(過去何度も走ってきたのも含め、今回が一番不安だったりします)

 

 

天皇杯4回戦、FC東京と対戦したHonda FCは本当に惜しかった・・・
各上相手にほぼ互角の戦いをした姿勢、そして何よりボールを受けると必ず前に向いて攻撃態勢に入る所は、ジュビロとしては見習うものがあると思ったね。(っていうか、ジュビロの中盤が信じられないくらいチキンすぎるんだよな・・・せっかく良い体勢でボールを受けても、そこから攻撃のスイッチが入る訳でも無く、ほぼ横パス・バックパスで逃げてばっかりだし・・・)
後半終盤のFKは蹴った瞬間、あの軌道なら絶対入ると思ったんだけど・・・


そのHondaが躍動してた試合ですが、我が家のニャーも、おとなしくテレビに向かって精神集中!?

| | コメント (0)

誰のために?それは自分のために・・・

明日は鹿島アントラーズ戦(アウェー)が行われますが、キックオフが午後6時半という、また何とも中途半端な時間ということで、2日ほど家に帰りません。(今年3度目の泊まり遠征です)
試合については、また帰ってきたら振り返るとして、今回は今年のジュビロ磐田・メモリアルマラソンについて色々と書いていきます。

 

 

気が付けば、大会まで約2か月となった今年のジュビロ磐田・メモリアルマラソン・・・
今年もジュビロの全選手が様々な形で参加してくれるようですが、ここで気になるのが今年の大会日程なんですよね。

 

 

というのも、今年の大会開催日に充てられている日が、既にリーグ戦が全日程が終了(11月3日)した後、つまり11月13日であり、仮に現在勝ち残っている天皇杯で、もしも次の試合で負けた場合、今シーズンのジュビロはリーグ戦が終わると同時に終了という事になってしまいます。
で、シーズン終了に選手がする事といえば、やはり来期以降の契約問題でしょうが、おそらく来期の契約しない選手も複数出てくるでしょう。
一応全選手は12月31日まではジュビロ所属となっていますが、そういう選手が果たしてシーズン終了後のジュビロの行事に快く参加してくれるかというと、それはまた違うんじゃないかと思います。(何年か前の大卒有望FWが良い例・・・その選手が退団濃厚の年のイベントに出てた時、ファンに対しての対応が超ド酷かった・・・)

 

 

チャンピオンシップという大会を円滑に行うため、現行2シーズン制という馬鹿げた方式を取ってるJリーグですが、天皇杯で勝ち残っているチームはともかく、シーズン終了が11月の頭という早い時期になってしまうチームが複数発生するという事もあるので、一応間接的とはいえ、もしかしたらこういう事態が発生するということも考えて欲しい。

 

 

さてさて今年の大会ですが、コースを確認してみたところ、昨年と全く一緒のようなので、あそこは道が狭くて大勢のランナーが殺到するから注意が必要だとか、ここの坂道が意外とキツイとか、そんな感じで一応チェック。
とにかく一度でも走った事もある人間なら、こういうとこで経験が生きてくるんじゃないか?と思っています。

 

 

昨年は途中までは順調でしたが、中間点を過ぎた後に左足に激痛が発生するというアクシデントもあって、まさに文字通りの超大失速。
そこまでに稼いだタイムの貯金が無かったら、本当に途中で強制棄権となったかもしれないので、今年こそ同じ轍は踏まないようにしないと・・・
尚、今年も事前申告タイムは1時間45分です。(最後まで順調なら、更に良いタイムも狙えると思っているが・・・)

 

 

でもね、ジュビロの社長さんも常日頃から口うるさく言ってるように、こういう事ってのは、結局のところ日々の練習(準備)次第だと思うんだよね。


自分の場合、今は仕事の関係もあって、なかなかトレーニングの時間が取れない状況にありますが、それでも走れるときは無理してでも走るようにしています。
練習場所は家の近所の農道ですが、仕事から帰宅した後に走っていることもあり、上の写真のように超真っ暗です。(これが本当に孤独との戦いです)

 

 

でも、トレーニングなんてものは、基本的にそんなもんでしょうね。
こういう苦しい事を一体誰のために、そして何のためにやってるのか?というと、やはり自分自身のためでもあるし、何より楽しいから!!それに尽きると思います。(まあ、中には別の理由で行っている人もいるでしょうが・・・)

 

 

自分としては、今年こそ最後まで楽しく走れればいい。
もう昨年のような、ハッキリ言って地獄みたいなことにならないように気を付けないといけません。そのためにも入念な準備をしておかないと・・・

| | コメント (0)