例年よりも静かに行われた開封大会(その2)

今回は予告通り、先日の花火大会での開封結果を紹介していきます。
先日紹介した『その1』(チームエディション編)の開封結果がイマイチな感じでしたが、ここからはJカード等ばかりが続くので、ある程度は期待しながら開けて行きました。(ここで紹介するのはサイン系の結果だけです)

 

 

最初に開けたのは2016Jカードです。
これは自分的に非常に相性が良く、過去に大物を何枚も引かせてくれたシリーズでもありました。

Dsc_0297

◇天野純(横浜Fマリノス)
◇安田理大(名古屋グランパス)
◇中島裕希(FC町田ゼルビア)

 

ここからは嬉しい事にサインが3枚も出てくれました。
しかし中島選手って、これまで何回くらい引いたんだろうか?(正直、もう引きたくない!!)

 

 

続いて開けたのは2018Jカードです。
この年は全く良かったという記憶が無いシリーズでした。

Dsc_0295_20190814052701

◇ランゲラック(名古屋グランパス)
◇ティーラシン(サンフレッチェ広島)
◇中原彰吾(Vファーレン長崎)

 

このボックスからもサインは3枚出現!!しかも全てJ1でした。

 

 

Jカードのラストを締めくくるのは、今年超人気だった2019年版です。
このシリーズは当たり級サインが多数収録されているはずなんですが、ここまで約80枚くらいサインを引いたものの、当たり級が全く無いという結構相性が悪いシリーズです。

Dsc_0307

◇セルジーニョ(鹿島アントラーズ)
◇藤本寛也(東京ヴェルディ)

 

ここから出たのは以上の2枚。
セルジーニョ選手の隣だったら大当たりの安部選手だったのに・・・

 

 

最後に開けたのは、発売直後に地獄を見たものの、結果的には引けたカードはそんなに悪くなかった2019日本代表SE×2ボックスです。

Dsc_0296

まず最初のボックスから出たのは、このシリーズでは目玉級になりつつある冨安健洋選手のパッチが出てくれてビックリ!!
これシリアルナンバーが本当に惜しいというか、見た瞬間に一番悔しい番号だと思い、ここらへんが何ていうか自分らしかった・・・

 

 

もう一つのボックスは・・・

Dsc_0304

まだ持ってなかったため、実は前々から入手を希望してた小林祐希選手のサインカード(横版)が出てくれました。
これねえ・・・実はこちらもシリアルナンバーが惜しい・・・

 

 

これで花火大会における開封結果は全て終了です。
ちなみにこれまで花火大会に何年か連続で参加されていたものの、今回は都合で不参加となったI先生ですが、実はこの花火大会の裏で物凄いカードを2枚も引いていたという事実・・・
やはり引きの強さは間違いなく世界最強・・・

|

例年よりも静かに行われた開封大会(その1)

今回は花火大会の時に行われた開封大会の事について書いていきます。
例年のようにチームエディションは無いけど、この日の為に溜め込んでおいた別のシリーズを10ボックス以上開けました。(一応開けた順番に報告していきます)

Dsc_0292

ということで、今回も2人のサポ仲間に頑張ってもらいました。

 

 

まず最初は2013ジュビロTEです。
このシリーズはレジェンドサインが封入されましたが、カートンによって出現するサインカードの選手が偏っていました。
この年はジュビロ磐田が誕生して20周年ということで、通常年度とは違い記念のロゴになっていますが、この年はJ2に降格することになるので、自分としてはそのロゴを見ると、あんまり縁起が良いとは言えないんだけどねぇ・・・

Dsc_0294_20190814052701 

ここで出たのは・・・植村慶選手
正直う~ん・・・となってしまう、かなり残念な結果でした。

 

 

続いて開けたのは2015ジュビロTEです。
この年は2013年とは逆にJ2からJ1に昇格する年度でした。

Dsc_0302

ここから出たのは小林祐希選手のジャージ・・・
布だけの結果はマジでキツイ!!

 

 

2ボックス続けて微妙な結果だったので、ここで巻き返す!!と思って次に開けたのは2018ジュビロTE×2ボックス。
中村俊輔選手のサインあたりが出てくれれば・・・と思いながら開けたんですが・・・

Dsc_0293_20190814052701

このシリーズ最初のボックスは川又堅碁選手のジャージ・・・
2015年に続き、まさかのジャージ2連発って!!

 

 

もう一つの方は・・・

Dsc_0301 

何とかサインが出てくれたけど、チームでは最近滅法影が薄くなりつつある宮崎智彦選手・・・
ジュビロ4ボックスの結果が自分の思ってたモノと全くの正反対であり、なんていうか、これが花火大会の開封大会なんだなって感じがしました。

 

 

オマケとして唯一1つだけ残ってた2016セレッソTEは・・・

Dsc_0303

ブルーノ・メネゲウ選手でした。
最近良く聞く様々な所で話題になってる、あのブルーノ・メンデス選手ではありません。

 

 

とりあえず今回はここまで。
残りは次回・・・と思っていたら、今日はジュビロの試合がある(天皇杯・3回戦)ので、開封結果・その2については16日以降に紹介していこうと思っています。
それにしても毎回微妙なレベルのカードしか引けない印象が強い花火大会での開封結果ですが、この後は珍しく反撃開始・・・!?

|

今年は仲間はずれ・・・!?

先日の土曜日ですが、毎年恒例でもある袋井の花火大会(ふくろい・遠州の花火)が行われました。
今年は非常に天気が良くて、しかも超蒸し暑い中で開催されましたが、それでも初めて見るような花火もいくつかあり、今回も最後まで楽しむことが出来ました。

 

 

で、今回も開催前日から休暇を取り、我が家では当たり前となった年に2度の大掃除をすることに・・・

Dsc_0276

ほぼ1年間ほったらかしにしてたことで、ベランダの壁や床が超汚れていたんですが、今回より新たに導入された新兵器により、それはもうビックリするくらいキレイに・・・
このまま床に直に寝転んでも服が全く汚れない程でした。

 

 

今回我が家に遊びに来てくれた方は、これまでで多分最少に近い計5人。
しかも今回は自分を除けば全員が女子ということで、普段とは違ってバリバリに女子会みたいな雰囲気でした。
今回の状況を聞いた人間(特に男性)であれば、「なんだ!!超ハーレム状態じゃん!!」って思う方ばかりでしょうが、この日は男手が足りない・・・つまり大きな負担が自分に来るということで終始忙しい状況に・・・
また、ここぞとばかりに嫁が自分に対して色々と注文を付けたりするなど、とにかく全体の半分くらいは花火を見て楽しむような余裕は無かったです。

Dsc_0279

Dsc_0280

Dsc_0283

まあ、それでも今回遊びに来てくれた方々は楽しんでくれたようで・・・

 

 

で、午後9時に最後の花火が終わり、今年も無事に終了となるんですが、我が家での花火大会の後と言えば、完全に恒例行事と化していたチームエディションを中心とした大開封大会も行われてきました。
ところが今年は前にも書いたようにジュビロだけが全チームの中でも最も遅い8月24日発売ということで、残念ながらいつものような大開封大会は出来なくなってしまったが・・・

Dsc_0291

それでも、この日の為に以前からストックしておいたボックスはあるぞ!!
ここで受け継がれてきた伝統行事(?)を絶やす訳にはいか~ん!!

 

 

ということで、次回は花火大会で開けたカードの開封結果を紹介したいと思います。
例年花火大会の開封と言えば、かなりイマイチな結果しか出ないんですが、果たして今回は・・・!?

|

開け尽くた感じ・・・

今回は花火大会の後に行われた、大開封大会の開封結果・ラストになります。
2018ジュビロTEで歴史的惨敗な結果を受け、続くJカードでは柿谷選手が2枚出て少しだけ巻き返した感じになったものの、まだこれと言った大物が出現してないので、そろそろ何かが出て欲しいと思いながら開封しました。

 

 

まずは昨年、何の触れ込みも無く箱3という好オッズで、そこそこな人気を博した、アジア杯予選突破記念です。
こういったシリーズにおいて、自分は金サインとか特殊パッチとかいうような物を、まだ一度も引いたことが無いので、そろそろ・・・って感じで開けてもらいましたが・・・


このボックスから出たのは長友佑都選手のノーマルサイン他です。
やっぱり自分のボックスからは絶対に金サインとか、特殊パッチは出ないんですね。(サインカードは超得意なジャージナンバー前後賞だし・・・)
このボックスは発売後に、まとめて3ボックス購入したもので、その時に同時に購入した2ボックスは既に開封したものの、そこから出たのはノーマルサイン×2枚(浅野選手のシールから変にはみ出てた酷いサインとか・・・)だったから、さすがにノーマルが3連続は無いと読み、いよいよ自身初の金サインかも!?っていう期待を込めての開封だったんですが・・・

 

 

続いて開けたものは、今から2年くらい前に、これまた歴史的惨敗したBBMマスターピースです。
このシリーズはサインカードに三浦知良選手やラモス瑠偉氏、現在大リーグで活躍してる大谷翔平選手をはじめとした現役プロ野球選手、あとは五輪の金メダリストが多数封入されているという夢のシリーズですが、自分が当時開けた結果が開封前の希望と全くの正反対というか、開けた全てのボックスが予想を超越したものばかり(全てプロ野球OBとプロレス関係・・・)で、マジで激凹みした悪夢のシリーズです。

 

 

開封前はI先生から、「大谷出るよ!!大谷!!」とか言われてましたが、この時までの30ボックスを超える開封結果がアレな状況なので、そういうスーパーなカードが突然この局面でサクッと出現なんてことは全く思えない。
正直、(オークションで売っても値段が全くつかないような)格闘技系とかプロ野球OB陣だけは絶対出て欲しくない!!
それだけしか思ってませんでしたね。

 

 

で、現在では超貴重・・・というか、おそらく99%以上が完全に世から消えたであろう、未開封マスターピースを開けた結果は・・・


あ~・・・ファイティング原田氏・・・
絶対に引きたくなかった格闘系が出るなんて・・・っていうか、五輪の金メダリストとか、本当に入ってんのかよ!?って感じです。(この根性の文字とか・・・根性よりも結果が欲しかった・・・)

 

 

このカードが出た直後、Mちゃんから「はらださん家で開けてるから、この人が出たんだね・・・」やかましいわ!!

 

 

ちなみに自分、ゲーマーとしてゲーセンに入り浸っていた頃、当時シューティングゲームを得意としてたので、一部の人間から「シューティングはらだ」って呼ばれていました。
だから何!?って感じだけどな・・・

 

 

最後は花火大会&その翌日に開けたものをまとめた結果です。(花火大会の時に開けた方々が、全く知らないものも複数あったりする・・・)
まずは2018の各チームのチームエディションですが・・・


大久保択生(FC東京) 平岡翼(FC東京) 丹羽大輝(広島) 岩舘直(浦和) 桐畑和繋(柏) ユンソギョン(柏)

 

 

柏レイソルTEは1ボックスからサインが2枚出たのは良かったんですが、こうやって見てみると、なんていうか・・・手が使える選手が3枚も・・・
しかも全て主力メンバーじゃない(柏は現在チーム事情から桐畑選手が出場してるようですが・・・)という・・・
広島TEの丹羽選手は、現在FC東京で5番を付けてるそうですが、その丹羽選手が来る前に5番を今まで付けてたのが、先日引いた丸山選手・・・

 

 

なんだか、無性に大声で叫びたくなるような結果だわ!!

 

 

そして2018年以外の各チームの結果ですが・・・


◇松浦拓弥 小川航基(以上2017ジュビロ磐田オフィシャル)

◇中村俊輔ジャージ 上田康太(以上2017ジュビロ磐田TE) 

◇茂庭照幸(2016セレッソ大阪TE)

◇コルテース(2016アルビレックス新潟TE)

 

 

この17ジュビロ・オフィシャルから松浦選手のノーマル版のサインが出た時、その箱には残り約15パックくらいあったので、これはもしかしたら・・・ということで、この時だけは唯一ドキドキしながら開封したんですが、残念ながら残りからは何も出ず・・・(ここでサインが出るとすれば、パターンから言って俊輔選手の少数版のサインなんだけどな~・・・)

 

 

あとは16セレッソTEですが、実は開ける直前に嫁が「なんでセレッソなんて買ったの?まあどうせアンタが買った中から出るのは絶対に茂庭だよ、モ・ニ・ワ・!!」なんて感じに超強気でほざいていたら、本当に茂庭選手が出るという事がありました。(それについては、開封時に居た全ての人間が嫁の予言を聞いてる)

 

 

17ジュビロTEですが、ここで俊輔選手のジャージが1枚だけのスカボックスに当たるとは・・・

 

 

ということで、この日付が変わる深夜まで続いた大開封大会も終了。
結局今年も最新の物から古い物まで計45ボックス(I先生持ち寄り分も含む)全て最後まで空け切りました。

『バイトの開封隊』の皆さん、本当にご苦労様でした。(みんな、なにやってんの?)

 

 

次回はカード以外の事を書きたいと思います。
しばらくカードは・・・というか、今回の開封結果が自分でも想定外というか、よくぞここまで・・・ってくらいアレだったので、ちょっと離れたい気分だし・・・

| | コメント (0)

花火三昧

今年の『ふくろい・遠州の花火』は8月11日に開催されました。


今回も観覧に来てくれるお客様の為、花火大会前日から我が家では恒例の大掃除です。
1年に2度の大掃除(花火大会の時と年末)は本当に大変なことですが、家の中を常にキレイに保てるという意味では、やはり必須な事だと思いますね。

 

 

で、これは花火大会が開催されるまで、だいたい3時間くらい前の様子です。


あとは花火が上がるのを待つばかり・・・

 

 

田んぼの中を見ると・・・


既に多くの人が、それぞれお気に入りの場所を確保していました。
ただ自分としては、こんな炎天下の中でよくぞ長時間も待てるもんだ・・・と思いましたね。

 

 

で、午後7時には・・・


今年も花火大会・開幕!!
午後9時までの2時間という中ではありましたが、十分に楽しませてもらいました。

 

 

で、今回もテーブルの上には様々な食べ物を用意。


最高の場所で、最高の仲間たちと一緒に最高の花火を見ながらの食事・・・まさに至福の2時間でした。

 

 

そんな楽しいひと時も・・・


午後9時前のフィナーレを飾る超デカイ、メロディーワイドスターマインをもって終了。
今年も何とか無事に終わったな・・・って感じでした。

 

 

この直後には今回花火大会を欠席し、イニエスタを見にジュビロを応援に行った現地組から敗戦の一報が・・・
自分が以前から口を酸っぱくするくらいに言い放っている、『花火大会の日は何故かジュビロは勝てない!!』というのを忘れていたんでしょうか?(今年は花火大会を欠席し、わざわざ負け試合を見に渋滞地獄にハマりながら神戸まで行った人が多かった・・・)

 

 

で、昨年から我が家でスタートした、花火大会・その後の二次会(?)ということで・・・


今年も仲間が持ってきた市販の花火で楽しみました。
打ち上げ花火みたいな派手なモノとは違い、小さいなりにも、なかなか熱くなれたりします。

 

 

そして、その二次会が終わったあとは・・・


毎年恒例のコレ・・・
今年も沢山開けましたが、その結果については次回紹介していきます・・・は~あ・・・

| | コメント (0)

箱3連発で何かが起こるんじゃないかと!?

今回は先日紹介する予定だった花火大会・開封大会の最後の未紹介分+αです。
開け始め直後は全くパッとしない結果だったんですが、ここらへんから盛り上がって来た感じで最終的には、まあまあな結果に落ち着いてくれたと思っています。

 

 

まずは2006Jカードです。
このボックスは最近入手したものなので、ここからサインが出るなんていう期待は全くありません。
自分としては田中さんのジャージーカードが出る事を期待してましたが・・・


  岡野雅行(浦和)

 

このシリーズに全18種も存在する誰かのジャージだろうな・・・って思ってたので、まあここは想定通りでした。

 

 

続いては2016Jカードです。
本来なら前回にまとめて紹介する予定でしたが、今回紹介分は再び仕切り直しした後に開封したものであり、あえて分けて掲載しました。


 吉田豊(鳥栖)  小川航基(磐田)  天野純(横浜)

 森重真人(FC東京)  パウリーニョ(湘南)  豊田陽平(鳥栖)

 菊地俊介(湘南)  片山瑛一(岡山)  中島裕希(町田)

 

なんと!!このシリーズの目玉級とも言える我がジュビロ磐田の小川選手のサインが出ました。
しかし既に目標所持枚数の3枚に達しているため、このカードについては交換可能です。
ちなみに、この小川選手のサインが出た時は今回一番の歓声があがりましたね。(←毎回こういうのが沢山出現すればいいのに・・・)

 

 

以上、ここまでが花火大会の時に開けたボックスから出現したカードになります・・・が、特に最後の2016Jカードについては3ボックス開けて全てのボックスからサインが3枚出ると言う奇跡っぷりでした。

 

 

しかしその奇跡はまだまだ続きます。
次は花火大会翌日に自分一人で開けた結果ですが、まずは2016Jカードから紹介します。


 天野純(横浜)  工藤浩平(松本)  瀬川祐輔(群馬)

 

また天野選手が出るとは・・・メンツはともかくとして、箱3は嬉しいですね。

 

 

そして今回の開封における最後を飾るのは、やはり2017Jカードです。
ここからもサインが3枚も出てくれました。


 大谷秀和(柏)  佐藤和弘(水戸)  岩崎悠人(京都)

 

今回の開封において、一番最後に出たのが京都の岩崎選手でした。(花火大会でみんなが居る時に出てくれれば、もっと良かったのに・・・)
U-19では我がジュビロの小川選手と前線で良いコンビネーションを見せていた期待の若手選手であり、このシリーズにおいても当たりの部類に入る選手でもあります。
サインがそのまま名前ってのがいいですね。

 

 

次回は土日の事について書いていきます。
特に土曜日については、最近自分が離れていた場所に行ってきましたが、そこで約20数年ぶりとも言える、まさかの出会いが・・・!!

| | コメント (0)

まだ未紹介分の開封結果

今回は先日の花火大会で開けた、まだ未紹介分でもあった様々なシリーズの開封結果を紹介します。
2017ジュビロTEの結果がアレだったんで、他で何か凄いカードを引ければ・・・って希望を込めて開封しましたが・・・

 

 

まずは今年も大量開封してる2017Jカードから紹介します。(計2ボックス開封)


瀬川祐輔(大宮)  増嶋竜也(仙台)  青木拓矢(浦和)

梶川諒太(東京V)  大久保嘉人(FC東京)

 

またしても大宮アルディージャ&ベガルタ仙台のカードを引くことになるとは・・・
それにしても、このシリーズにおいては全くと言ってもいいほどジュビロが引けん!!

 

 

続いては既に全く見かけない2009Jカード・2ndです。
このシリーズは通常サインの他に10枚限定のプレミアムサイン、更にビッグパッチもあるということで、当時としては非常に開けてて楽しいシリーズでした。(自分はプレミアム&ビッグパッチのどちらも引けなかったけど・・・)


ネットバイアーノ(千葉)

 

そういえば、そんな名前の選手って居たね。

 

 

続いては、大物選手が多数収録されているものの、全くと言ってもいいくらいに凄いのが引けない、自分にとっては最悪なシリーズでもあった15/16日本代表SEです。

藤春廣輝(G大阪)

 

・・・(これかぁ・・・)

 

 

次も個人的に相性が悪い部類に入る2015Jカードです。


梁勇基(仙台)  玉田圭司(C大阪)

 

玉田選手の一つ隣だったら、このシリーズの目玉でもあったフォルラン選手だったんですが・・・

 

 

最後は世間的にイマイチと言われていたものの、自分的には良い引きが多かった2016Jカードです。(2ボックス開封)


田中隼磨(松本)  伊藤翔(横浜)

アダイウトン(磐田)  山田拓巳(山形)  齋藤恵太(熊本)

 

開封時、ジュビロサポーターばかり集まっていたこともあって、ここでアダイウトン選手が出た時はホント盛り上がりました。

 

 

で、この時の時刻は日が変わる直前であり、ここで今回の開封大会は終了か・・・と思ってたら、外はまるでバケツをひっくり返したような大雨が降っていたこともあり、みんな外に出たくないとの理由で、更に残っていたボックスを開ける事に・・・
その開封結果については次回以降に紹介します。

| | コメント (0)

今夜は冷えますね・・・(開封大会時、外は大雨)

今回は花火大会での開封結果・その3です。
カートン開封の前半6ボックスの結果がアレだったので、後半には大物が何枚も出てくれることを願って開封しました。

 

 

ということで、7~9ボックス目の結果ですが・・・


7ボックス目は高橋祥平選手、8ボックス目は山本康裕選手、そして9ボックス目は中村俊輔選手のジャージでした。
あれ?ここまで開けて何か凄いカードって出たか!?

 

 

で、最後の3ボックスとなる、10~12ボックス目の結果ですが・・・


10ボックス目は三浦龍輝選手、11ボックス目は名波浩監督、そしてラストとなる12ボックス目は小川航基選手のジャージーカードでした。

 

 

昨日から2日間に分けて紹介してきた自分のカートンですが、その中から出たサインを見ると、一番の当たりは最後の最後に出た名波監督という事になりますが、正直なところ、目標だったコンボサイン、もしくは中村俊輔選手のサインはおろか、世間的に大物と言われる選手のサイン、更にパッチジャージも全く出ない状況であり、おまけに出たサインは既に所持してるダブリだらけ(まだ所持してない選手も沢山いるというのに・・・)、尚且つ特殊シリアルは1枚も無し・・・開けてる途中でマジで泣きたい気分になりました。
この名波監督が出るまで、おそらく一番の当たりが針谷選手じゃないか?というのが、このカートンの凄さを物語っています。

 

 

今回開けたカートンは、例のカードフェスタの時に購入したものなんですが、購入時は売店の人が山に積まれたカートンの中から勝手に選んで購入者に手渡しするというシステムであり、ここで運命が決まると言っても過言ではなかったんですが、いくら応援してるチームだとしても、やはり凄いカードは誰だって引きたいもの・・・
でもね、さすがに今回の結果はなぁ・・・

 

 

カードフェスタ当日、自分以外にも多くの人たちがカートン購入をしてましたが、そういう方々の結果は一体どうだったんでしょうか?

 

 

次回は2017ジュビロTE以外の開封結果を紹介したいと思いますが、やはり数が多いので、1度だけでは絶対無理なので、数回に分けて紹介したいと思います。
ジュビロTEで冷え切った部屋の中、一応盛り上げてくれるようなカードも出ましたが・・・

| | コメント (0)

出現するとこ初めて見た!!

今回は花火大会の後の開封大会・その2ですが、いよいよカートン開封編ということで・・・


こんな感じで、ザクザク開封していきました。(写真は出たカードを順番に揃えていくMちゃんですが、この作業をしている時に「私はカード屋さんで仕事するのは絶対無理!!」と一言・・・レギュラーカードを揃える作業ってホント大変なんですよ)
まずは自分のカートンではなく、I先生のカートンから開けて行くことに・・・

 

 

・・・ではなく、この日のために1ボックスと1パックだけ持ってきたN嬢のモノから開ける事になりました。
まずは唯一持ってきた1パックですが、実はカードフェスタで買ったボックスを自宅で開封したところ、19パック開けたけど何も出なかったというので、この日のために開けずに持って来たとのこと・・・
つまり自分的に言えば、例の『奇跡のパック』状態であるというものです。

 

 

で、この奇跡のパックを開けてみたところ、そこで出たのがなんと!!

これですよ!!これ!!
ちなみにI先生もカードフェスタ当日に別口より購入したボックスからコンボサインを引いているので、唯一まだ引いたことが無い自分にとって、このカードがパックより出現するところは初めて見ました。
今回の最大の目標は、このコンボを引くことだったんですが、なんか思ってた所と全然違うとこから出現するとは・・・(っていうか一番最初の1パックで、こんな超大物が出た時、自分とI先生はカートン開封をする気が半分以上失せた・・・)

 

 

ちなみにN嬢の持ってきたボックスから出たのも、まだ自分が所持していない超当たり級の選手でした。
オマエ、マジで神懸かってたよ!!

 

 

その後、I先生のカートンを開封してみたところ、まあまあ良いカードが何枚も出現する、いわゆる標準的な結果でした。(当たり級が出たり、パッチもあったりとか・・・)

 

 

そして、遂に自分のカートンも開封していくのですが、さすがに数が多いので引いた3つごとに引いた順番に紹介していきます。


まず最初に出たのが、このシリーズで既に3枚目となる齋藤和樹選手のサイン・・・
これが出た瞬間、「ああ、このカートンは・・・」って感じで、先程以上に開封意欲が激減。
実際、齋藤選手が出たカートンの開封結果で良い結果だったって話を全く聞いてなかったし・・・(ここで何度も書いてるので知ってる人も多いかと思いますが、自分がこの選手をあまり応援してない理由は、J2時代に敵として対戦した試合で・・・)

 

 

で、ジャージの後に出たのが我が家の強化応援選手でもある太田吉彰選手でした。
太田選手ですが、現在はレギュラーとして試合に出ることも殆ど無くなり、完全に干されている状態です。(まあ試合中にボールが来ても、集中切らしてボーっとしてるような事をされれば、どんな指揮官だって怒って次の試合から外すだろうし・・・)

 

 

続いて4~6ボックス目の結果です。


4ボックス目は櫻内渚選手、5ボックス目は荒木大吾選手、6ボックス目は針谷岳晃選手でした。
まずは櫻内選手ですが、例年と比較してもサインの状況が良いです。
続いて荒木選手ですが、昨年のサインと随分変わった印象があります。(練習場で、いつも貰うようなサインです)
そして針谷選手ですが、リーグ戦に1度の出場してないのに、U-19とかで何度か選出されてたこともあったこともあり、先日発売された2017Jカードにおいて、彼のサインカードが考えられないくらい高額化してたので、ここで針谷選手が出てくれたのは嬉しいです。

 

 

さて・・・ここまでの6ボックスの結果ですが、引きたかった針谷選手が出てくれたものの、なんていうか相当インパクトに欠けてるのも事実です。
こうなった以上、後半で巻き返し・・・ということで、残り6ボックスの結果は次回紹介します。(書き忘れていましたが、良番シリアルは全く出ませんでした!!いつものように前後賞は良く出ましたが・・・)

| | コメント (0)

オープニングから何かが違う・・・

今回は、先日の花火大会の後に行われた、大開封大会の時の開封結果を紹介します。
毎年恒例行事となりつつある花火大会の後の開封大会ですが、今回も様々なボックスを計80ボックス程用意しました。
その中でも今回の目玉は、やはり2017ジュビロ磐田・チームエディションでした。

 

 

花火大会が行われる直前は・・・


こんな感じで、開封前の気持ちを高揚(?)させるべく、まるで店頭販売みたいな状況を作りました。(ちなみに、この中の1カートンは、自分のものではなくI先生のものです)
合言葉というか目標は、「とりあえず、最低でも1枚はシュンスケサインを引く!!」でしたが・・・

 

 

カートン開封前、まずは一番上に乗ってる3ボックスから開封しました。
開幕が重要!!ということで、まず今回最初の開封で出て来たものは・・・


小川航基選手のジャージ・・・
「いきなりオープニングからノーマルジャージかぁぁぁ!!」って思い、この後に開けるボックスに変な影響を与えなければいいが・・・と思ったのは言うまでもありませんでした。

 

 

で、次に開けたボックスから出たのは・・・中村サイン!?


今回のシリーズにおいて、これが通算3枚目の自引きとなる中村太亮選手でした。(シリアルナンバーは、今年になってやたら引く42番・・・通称死に番)
昨年の途中くらいから、ジュビロにとって戦力になってるのか分からない選手です。(←この微妙な言い回しで、現在の中村太亮選手の状況かどんなもんか分かって頂ければ・・・)

 

 

で、3ボックス目は・・・


昨年のアレにより、現在では何か微妙な立場になってしまった感のある藤田義明選手でした。
この最初の3ボックスの結果が・・・な感じになってしまい、なんか部屋の中が重苦しい雰囲気になりつつありましたが、この後、その重苦しい雰囲気を吹き飛ばすような奇跡が・・・

 

 

それにしても、今年はJカードからチームエディションまで計200枚くらい、何らかのシリアル入りのカードを引いてきましたが、全くと言ってもいいくらいにジャージナンバーが引けてません。(Jカードで2枚のみ・・・それもBITSでの開封大会だけで2枚・・・)
1番&ラストナンバーも例年よりも非常に少ないし、本当にどうなってるんだろ!?って思います。

| | コメント (1)

より以前の記事一覧