« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »

箱3に当たる確率が前回以上!?

今回も2021Jカードの開封結果です。
しばらくこのような流れが続くと思いますが、まあ全然気にしないで紹介していきますよ。

 

 

今回も某通販分の3ボックスですが、前回購入した店とは違います。
それでは1ボックス目から紹介します。(引いた順番は完全に忘れたので、箱から出たカードだけ簡潔に紹介していくという形です)

Dsc_0109_20210630063801

◇永木亮太(鹿島アントラーズ)

◇城後寿(アビスパ福岡)

◇藤原奏哉(アルビレックス新潟)

 

 

いきなりサイン箱3は嬉しい。
一応箱3の時はJ1は2枚、J2は1枚出現するケースが多いようですね。
ちなみに城後選手はカード発売前に自分は絶対引くだろうと嫁に宣言してた選手でした。

 

 

2ボックス目。

Dsc_0115_20210630063801

◇上島拓巳(柏レイソル)

◇河野諒祐(ファジアーノ岡山)

 

 

自分的には、この2選手はどんな選手なのか全く分かりません。
しかも2枚ともDFってのはなぁ・・・

 

 

3ボックス目。

Dsc_0112_20210630063801

◇田中聡(湘南ベルマーレ)

◇川﨑修平(ガンバ大阪)

◇佐藤和弘(松本山雅FC)

 

 

再びサイン箱3でしたが、全て背番号がデカイ選手ばかりでした。
田中選手のサインカードにRCのマークが付いてるってことは、期待の選手ってことで良いんですかねぇ?
ちなみに佐藤選手のシリアルナンバーはラストナンバーでした。(今回のサインカードは50枚限定なので、ラストナンバーは50/50とキレイな感じがします。前回シリーズの55枚限定とか、2019年のような53枚限定なんていう中途半端な枚数は本当に何があったんだろう・・・って思いますね)

 

 

今回は収集対象選手、そしてまたもGEMは出ませんでしたが、2ボックスが箱3に当たってくれたことは良かったです。
で、まだまだ未紹介分が山のようにあるので、冒頭にも書いたように次回も開封結果です。

| | コメント (0)

やはり最初はこのシリーズじゃなければ始まらない

今回は6月26日に発売された2021Jカードを中心とした開封結果を紹介していきます。
このシリーズの発売を待ってた方は多分全国に沢山いるでしょう。(自分もそうです)
やっぱ年度の最初はJカードですよね。

 

 

ということで、まずは最初に開けた分です。

Dsc_0109_20210628232401

某通販で購入した3ボックスと、少し安かった昨年のアップデート版の計4ボックスです。
アップデート版は自分らしくないというか、結構相性が良いシリーズだったので・・・

 

 

で、まずはそのアップデート版の結果からです。
尚、ここからは今後限定カードしか紹介しません・・・面倒くさいので。(引いた選手によって悪い表現をしているのは、自分の中で収集対象外は全て売り対象・・・つまり引いた瞬間に商品になるからです。分かって頂ければ・・・)

Dsc_0112_20210628233901

出たのは以上の2枚、天野純選手(横浜Fマリノス)野津田岳人選手(サンフレッチェ広島)でした。
まあJ1が2枚出てくれたし、こんなもんでしょう。

 

 

ここからは2021年版です。
まず最初のボックスは・・・

Dsc_0115_20210628233901

なんと!いきなり収集対象の上田康太選手(栃木SC)が登場。
もう1枚は青山敏弘選手(サンフレッチェ広島)でした。
青山選手は本当に毎回のように引いてる気がするので、あんまり嬉しくないというか・・・(後ろに1つズレてたら、一応収集対象の川辺駿選手だったし、もう一つ前だったら大物の酒井高徳選手だったので、これは正直悔しいというか悲しすぎる・・・)

 

 

2ボックス目。

Dsc_0117_20210628233901

カイオ セザール選手(V・ファーレン長崎)山中亮輔選手(浦和レッズ)、そして30枚限定ストライカーパラレルのパトリック選手(ガンバ大阪)でした。
今回比較的高騰してる選手が多い浦和レッズ、エンブレムが見えた瞬間ワクワクしたんですがねぇ・・・(山中選手はさんざん引いてるし、やはり何といっても・・・)
今回のストライカーカードは2003Jカードのデザインを意識したものになっていますね。

 

 

3ボックス目。

Dsc_0119_20210628234001

松尾佑介選手(横浜FC)鈴木義宜選手(清水エスパルス)藤本淳吾選手(SC相模原)でした。
今回開封分のラストは箱3でしたが、今年もこのように箱3が頻繁に存在するのでしょうか?

 

 

次回も当たり前のように開封結果が続きます。
ちなみに今回のシリーズですが、ここまでに色々な方々の開封結果を見る限りでは、昨年のアップデート版のようにボックスの内側に打たれている通しナンバーから、GEMやストライカーパラレルが出現するのが分かる・・・な~んていう法則みたいなものは、発売元が対策でもしたのか?多分無いんじゃないでしょうか・・・(ただ別の事で謎みたいなものがありましたが、それについて今書いちゃうと、もしかしたら問題が起きてしまう可能性も無きにしも非ずなので、今は書くことは無いです)

| | コメント (0)

休みって分かっていたら・・・

今回は先週のお話です。
6月23日~25日までの3日間、静岡県内各地で東京オリンピックに向けての聖火リレーが行われました。
全世界を一変させてしまった新型コロナが蔓延してる危険な状況ですが、そんな中でも本当に開催するのか?という感じのある東京オリンピック・・・それでもスポーツ好きの人間からすれば、やっぱり待ち遠しいものであり、見る者の願いとしては、とにかく徹底した感染対策を取ったうえ、全てにおいて万全の状態で開催してもらいたいものです。

 

 

そんな聖火リレーですが、23日は我が袋井市も走路のコースに入っていました。
実はこの日ですが、会社から急遽休暇を命じられました。
その理由は、その日は普通に仕事ができなくなったということ・・・一体どういう事かというと、その日は聖火リレーが袋井だけでなく周辺の磐田や掛川も行われるという事で、自分たちの仕事で必要とするガードマンの多くの方(っていうか、ほとんど・・・)が、今回行われる聖火リレーの警備の方に取られてしまい、自分の職場の方には誰も仕事に入れないという・・・

 

 

となれば、滅多に見る・・・というか、この先多分一生見る事は無いであろう・・・聖火リレーの様子を見に行ってきました。

Dsc_0106_20210626072301

その聖火ランナーですが、袋井市の走路区域は静岡スタジアム・エコパのある愛野駅周辺で、リレーが行われる時刻は午後12時30分・・・ということは、だいたい11時45分くらいに着けばいいかと思い、エコパに向かってクルマを走らせていると、突然目の前に現れたのは特殊な形をした大きなクルマ・・・

 

 

それは今回の為にやってきた特殊なイベントカーでした。
ナンバープレートを見ると2020ってなってるのが、それらしくて良い。

 

 

で、その後は速攻で自分のクルマを近くのパーキングに停め、良い場所をキープするために急いで聖火リレーが行われる予定の地点に行ってみると・・・

Dsc_0107_20210626072201

Dsc_0110_20210626072201

Dsc_0111_20210626072201

先程の大きなイベントカーだけでなく、沢山の警察車両が停車していました。
この、今から始まろうとしている大イベント前の何とも言えない雰囲気が良い・・・

 

 

こちらでは・・・

Dsc_0118_20210626072101

チーム・コカコーラの面々が何か気合みたいなことを入れてました。
見てて凄く楽しそうでした。

 

 

尚、聖火ランナーの走路コースには、このような旗(のぼり?)が点々と・・・

Dsc_0136_20210626072101

実はこれが聖火リレーが行われる中継所のマークです。
この横でランナーは聖火を受け渡します。

 

 

ちなみに今回の聖火ランナーが走っている様子ですが、全て動画で撮影してしまったため、ここに載せる事は自分の技量では厳しいため、申し訳ないがパス・・・
正直今回のレポートは少し・・・いや、かなり中途半端な内容になってしまいましたが、まあ軽く読み流してくれれば・・・と

 

 

最後に今回の見学での戦利品・・・

Dsc_0104_20210626072001

聖火ランナーが走っている前を、ゆっくり先導するチーム・コカコーラのクルーの方々が見学者に配付していたオリジナル・タオルマフラーです。
日付を見ると2020年6月24~26日となっているので、本来は1年前に配付される予定の品ですが、おそらく超大量に製作したため廃棄となると、そこで余分なお金が出てしまうため、今回まで取っておいたんじゃないかと・・・

 

 

ちなみに今回の聖火ランナーで話題となった、ももいろクローバーZの百田夏菜子さん、そして直前まで完全なシークレット扱いだった、トリノ五輪女子フィギュアスケート・金メダリストの荒川静香さん、そして現ジュビロのコーチみたいなことをやってる中山雅史氏の3人に関しては、一般の人には見る事が出来ないエコパスタジアムの中を走りました。
一応袋井市民の観覧希望者だけは事前応募(抽選)で500人ほど募集してたんですが、この日は本来なら普通に仕事をしてる予定だったので、そんな事前応募などしても無駄だと思ってスルー・・・

 

 

今更ですが、応募しとけば良かったと思っても、もう後の祭り・・・

 

 

次回は2021Jカード・開封結果について書いていきます。
自分
としては発売初日にして久しぶりに結構な数の箱を開けた気がします。(おかげで結果の集計がマジで大変なことに・・・)
他には昨日行われたVファーレン長崎戦の事も少しだけ書こうかと思いましたが、まだ昇格が決まった訳でも無いし、この日はアウェーだったのでテレビ観戦だったし・・・

| | コメント (0)

2号機も稼働開始

今回はカードのお話です。
先月半ばに登場して好評のまま稼働し、ついに第1弾が完売となったジュビロ・オンサイトカード、そして交換等で入手したものを書いていきます。

 

 

先月の半ばに突然登場し、順調な人気を誇っているジュビロ・オンサイトカードですが、まもなく第1弾が発売終了(完売)となり、多分出るであろう・・・第2弾発売に備え、手持ちのサインカードのダブリ分を充実させようと思いつつ、先日ショップに行ってみると・・・

Dsc_0015_20210612044001

カード製作の機械が2台になっていました。
これだとどちらを優先して買っていけば良いか?的が絞れないのが正直ちょっとな~・・・って思うんですが、まあ試合日とか混みあっている時は回転率も良くなるので、それはそれで良いことかも・・・

 

 

で、この日増えたサインカードは・・・

Dsc_0039_20210615072501 

大津祐樹選手、小川大貴選手、伊藤洋輝選手の3枚でした。
自分にとって第1弾の挑戦はこれで終了ですが、総括してみると引いたサインカードの総数は計24枚でした。
しかし一番人気があって交換にも非常に有利な遠藤選手が何故か全く引けなかったのが残念でならない・・・(自分が引いたサインの内訳は、大津×4・小川大×6・大森×2・小川航×5・伊藤×3・山本康×3・遠藤×1)

 

 

ちなみに先日の試合日のオンサイトカードの様子です。

Dsc_0067_20210615072401

こうやって試合(リーグ戦)がある日に広場で発売したのは、この時が初めてでした。
一応2台並べた状態で発売という形をとっていましたが、それでも結構混雑していました。

 

 

で、この日(6月13日)交換で入手したものは・・・ 

Dsc_0034_20210615072301

伊藤洋輝選手のサインカード・シリアル1番です。
これを引いた人がジュビロのサポーターの中でも誰もが知ってる超有名なT氏で、先月の稼働直後に引いたという話を聞いていましたが、T氏だったら、もしかしたら交換してくれるかも?って思い、試合後に本人に聞いてみたら、なんと当日そのカードを持って来ていたので、交渉によって入手しました。
T氏曰く「これ引いた時、絶対はらださんが聞いてくると思ってたので、今日持ってきて正解だった」だって・・・自分の行動筒抜け・・・

 

 

このシリーズの良番シリアルですが、結局ジャージナンバーは1枚も入手出来ませんでしたが、1番に関しては今回入手した伊藤選手を含め、計3枚(残りは大津・山本康)となりました。

 

 

で、この日入手したカードは他にもあります。

Dsc_0031_20210615072301

それはこの遠藤保仁選手のリーグ戦・通算700試合出場記念ポストカードです。
試合終了後に一応数量限定という形で発売されましたが、カードには2021.6.13という日付がさりげなく入っているので、もしも遠藤選手がこの試合に何らかの形で出場しなかったら、このカードは全てお蔵入りになっていたであろう・・・

 

 

明日はvsジェフ千葉戦ですが、昨年まさか!?の選手に長い距離を独走ドリブルされ、しかもゴールまで決められるという超屈辱を味わった事が思い出されますが、今年はそんな事は無いと信じています。
ちなみにこの日は普通に仕事(休日出勤)ですが、速攻で片付けてスタジアムに向かう予定です。

| | コメント (0)

内容はともかく5連勝らしい・・・

今回は先日の試合・・・つまり6月13日(日)のヴァンフォーレ甲府戦(ホーム)のことについて。
J2のくせに今年のジュビロの日程を見ると何故かホームゲームは土曜日ばかりですが、この日の試合は数少ない貴重な日曜日の開催でした。(実は今回の日記は、試合のあった日の後にアップしようと思ってたんですが、またしても書きあげたものを全て消すというミスを犯し・・・あとは分かるでしょう・・・)

 

 

この日は朝から曇っていて、あまりよろしくない天気。

Dsc_0052_20210615072401

実は自宅を出発した直後は結構な雨が降っていて、正直行きたくないなあ・・・って思ってたんですが、磐田市内に入ると道路を見ると全く濡れてないのでビックリ。
隣(袋井市)は凄く降っているというのに、僅か数キロしか変わらんのに全く違っていましたね。

 

 

で、スタジアムに着いても特に何もすることはないので、試合開始までは多くの応援仲間たちと雑談。
実は今回の試合ですが、自分はハッキリ言ってあんまり見たいとは思わなかったんですよね。
その理由はヴァンフォーレとの試合は昔から何故か毎回のように僅差、それもガッチガチな内容になる傾向が高く、見てて面白く無いものばかりだからで、そんな試合をスタジアムに高い金払って見に行くくらいなら、家で色々な試合をテレビで見てる方が面白いんじゃないかと・・・(あとコロナの可能性もあるので、あんまり人混みの所行くのも・・・)
そう思ってたからです。

 

 

それでも今は内容よりも結果優先なので、贅沢な事は言ってられないけど・・・

 

 

で、その試合ですが・・・

Dsc_0078_20210615072401

前半早々に相手の守備の要ともいうべき選手を退場させ、数的有利になったことで結構早い時間に先制し、これはもしかしたら今回は大量得点を稼げるのでは?と思ってたんですが、その後は試合終了まで全く動きが無いというか、無理して点を取りに行こうとしてる感じが全く無かったです。(珍しく5人交代選手を使ったけど、正直何がしたかったのか?全く分からない・・・)
なんか1-0になった時点で満足しちゃってる感じで、やっぱり今回のヴァンフォーレ戦も不思議とそういう展開になるんだな・・・って。

 

 

シーズン序盤の出遅れがあったものの、ここ最近の連勝により一応これでジュビロは昇格圏内の2位になったようですが、まだシーズンは長いので、このまま油断せずに続けていけば、シーズン終了時にもしかしたら・・・って事もあります。
頑張っていきましょう。(ただ、現在の采配についてですが、自分は全く納得してませんが・・・)

 

 

あ、相手の8番のヤツ(新井)。
なんか聞けば常習犯のようですね。
今すぐサッカー辞めて格闘家か何かに転向した方がいいよ。

 

 

この日の数少ない良かった事。

Dsc_0080_20210615072401

ハーフタイムに今年もシーズンソングを歌ったスピラ・スピカの3人ですが、なんか凄くジュビロを応援してくれているようで、なんかとても嬉しいです。
この日はCDの即売会に登場し、積極的にPR活動とかをしていましたし、多くのファンと喋ったり・・・また試合終了後、たまたま仲間たちと雑談しながら歩いていると、ユニフォーム姿の幹葉さん(ヴォーカルの人)がスタジアムから出てきて色々喋ってくれたりと、凄いサービス精神旺盛で・・・(この試合後の出来事ですが、自分たち数人だけ・・・)

 

 

そーいえば、2年前の人(足立・・・っていう人だっけ?)って一体何だったんでしょうね。
年間通じてジュビロの事なんて応援どころか、完全に忘れてた感じだったし、歴代タイアップアーチストの中でもブッチギリで最悪の印象・・・
(開幕の時から容姿に騙されて鼻の下を伸ばしてる奴等ばっか見掛けたし、何故かチームはその人のオリジナルタオルマフラーを2回も作成したけど、結局何がしたかったのか?という感じ・・・)

 

 

次回はカードの事です。

| | コメント (0)

この手応え、実に十数年ぶり!!

今回は釣りのお話です。
ここ最近ですが、なんか6月とは思えないような、何ていうか初夏のような天気が続いていて、
全国的に気温もかなり高くなっています。
特に日中は暑くて普通に立ってるだけでも汗が出てくるような日でも、夕方になると気温が徐々に下がってくるわけで、たとえどんな日であろうと釣りをするには丁度良くなってくるものであり、中でも特に水温とかルアーが上手くハマった場合(←自分的表現)、普段ではありえないような釣果が生まれたりする・・・そういう事があるから釣りって楽しいんですよ。

 

 

で、今回の主な舞台は先日(6月8日・火曜日)。
この日・・・というか、この週は割と仕事が早く終わるような日が多かったので、会社を出たら真っすぐ家に帰らず、ほとんど毎日のように釣り場に向かっていました。
で、今回の前日・・・つまり月曜日なんですが、この日は魚の活性が良く、なんかルアーを投げるたびに、やたら良いサイズのバスたちが集団で追ってきたんですよ。
ただ最後の食いつくところまでは行かず、追ってくるだけな感じでは何ていうか少し遠慮気味というか・・・(それでも月曜日は約1時間のチャレンジで5~6匹は釣ったと思う・・・)

 

 

そして主題の火曜日ですが、この日は魚の活性が前日以上・・・というか、これまで見たことが無かったくらい非常に良く、なんかルアーを投げるたびに、ほぼ1回以上はアタリを感じる程でした。
そしてルアーを投げて僅か2投目にして・・・

Dsc_0005_20210608222201

この日の最初のバスをGET!!
まだ手探り状態段階での1匹は、自分的にはあんまり無いパターンでした。

 

 

そして数匹を釣った後ですが、この釣り場に通うようになって、まだ一度も経験した事の無いレベルのアタリが来ましたが、まず魚が掛かった瞬間、最初に頭の中で思った事は最後までラインブレイク(つまり糸切れです。使用してるラインはちょっと細いので・・・)せず、無事に上げる事が出来るのか?ということを心配をしましたが、それでも魚が暴れずに障害物の方に向かわなかったので、一応掛かってからトラブルも無く無事に取り込む事が出来ました。

Dsc_0009

で、そのバスですが、魚体を測定してみると久しぶり・・・というか、自分的に十数年ぶりとなる40cmオーバー!!(41cmでした)
この40オーバーという数字についてですが、ネットにおいて現在数多く公開されてる様々な動画では、これよりも遥かに大きいサイズが釣り上がる様子も普通に見られますし、まあハッキリ言ってしまえば自分が釣った物は、それほど大きくないサイズかと思われます。
しかし、この釣った場所は掛川市内に数多く存在する野池群であり、しかも全国的に知られている有名スポットでもあるため、どの池も平日でありながら静岡県外から数多くの釣り人が訪れる程であり、しかも池の規模もそんなに大きくないものがほとんどなので、ルアーに対してスレまくっているため、とても釣りにくいです。

 

 

そんな場所であるため、昔から良く聞かれる話では、掛川の野池群での40オーバーは、他のバスフィールドだったら50~55cm以上の価値がある・・・などと言われるほどで、今回珍しく大物が釣れた事は自分にとって喜ばしいことであり、たまにはそういう強い引きを体感するのも良いもんだと・・・
ちなみに今回自分が使ったルアーは、多くの人が多用している比較的良く釣れるようなソフト系のワーム(ミミズみたいなフニャフニャしたやつ)ではなく、普通のプラグと呼ばれるハードルアー(ワームよりも釣果が落ちる)ばかりです。

 

 

で、この後も結構なペースで釣れました・・・

Dsc_0023_20210608222101

が、釣れてくるのは比較的この写真のようなサイズばかり・・・(これでもサイズ的には普通なんですが・・・)

 

 

先ほどのような大物は、もう来ないんだろうな・・・と思い、あと数回程度投げたら帰ろうと思ってたら、先程の手応えに良く似たレベルのアタリ!!
「え!?まさか2本目!???」
そして掛かってから数分のやり取りをした後、無事に釣り上げたのが・・・

Dsc_0016_20210608222101

なんと!!この日2度目の40オーバー!!(44cmでした)
これまで数多くのバスを釣ってきましたが、同じ池で1日に2本の40オーバー・・・それも僅か1時間足らずの間に釣ったのは自身初の出来事でした。(しかも釣りにくい掛川の野池、更にルアーは比較的釣りにくいモノで・・・)
こんな凄い日に当たるなんて・・・って感じで、とにかくビックリ。

 

 

ちなみにこの日の釣果ですが、約1時間半くらいで計14匹・・・
これもこの池に通うようになって以来、1度に釣った数としては最多を記録しました。

 

 

しかし良い日というものは、そんなに長続きしないもので、昨日(金曜日)の釣果はなんとゼロ・・・
しかもただのゼロではなく、アタリすら1度も無かったという文字通り完敗なものでした。。
ただその日は仕事が終わった時間が遅く、それに伴って釣り場に着いた時間も結構暗かったこともあって、明るいうちに入ってた人が何匹か釣ったことでポイントが十二分に荒れていた可能性もあるので、まあ仕方が無いと割り切るしかないと・・・(っていうか、自分の中では仕事帰りの娯楽と思ってますし、釣れなきゃ釣れないで別に仕方無いものかと・・・)

 

 

次回も釣りの事について書こうと思っています。
まあ結果がイマイチだったらジュビロの事になる可能性もありますが・・・

 

 

このところ、自分が起床する時間帯がとにかく早い。
毎日のように朝3~4時くらいの間に起きてしまうのは、いよいよお年寄り化してきたということか・・・!?

Dsc_0030_20210612044101

で、自分が起きると、既に窓際から監視してるかのように見つめるコイツ・・・
一体そんな早朝から何を見つめているのやら・・・

| | コメント (0)

まだまだやってます

今回はカードの話です。
先月19日よりジュビロショップ磐田店にて絶賛稼働中のオンサイトカードですが、発売から既に2週間が過ぎたので現行の7種(第1弾?)が全て揃った方は結構いるんじゃないでしょうか?
自身はサインカードの良番シリアルの自引きを目指しつつ、おそらく近日中に発売されることになるであろう、次回封入の数選手(第2弾?)の交換要員を貯め込むべく、いまだ挑戦しています。(この初回収録の7選手は結構交換に強いような選手が多いので、おそらく何枚も持っている方が交換には有利だと思う・・・)

 

 

このオンサイトカードですが、前回も書いたように専用の機械から排出されるカードは誰が出るか分からないうえに、レア扱いのサインカードの出現率は毎回バラバラであるため、本当に運が無いと酷い目に逢いますが、運が良ければショップに到着した直後の1発目でサクっと出ます。
しかし大抵は前に挑戦した人のほとんどはサインが出た後の状態で終了しているので、最低でも3~7回くらい回さないと次のサインカードは出現しないため、やはりある程度の苦労はしないと集まらないもので・・・

Dsc_0024_20210528235301

で、先週の土曜日の段階で自身が所持してるサインカードのダブリは計4枚。(大津祐樹×2・小川航基・山本康裕)
これだけでは今後発売が予想される次のシリーズに対してまだ不安があるので、更に追加すべくショップに行ってきました。

 

 

で、挑戦してみたら・・・

Dsc_0029_20210602185301

なんと自身3枚目のダブリとなる大津祐樹選手、そして最近凄く人気が出て来た伊藤洋輝選手が出現。
尚、大津選手のサインカードのシリアルナンバーは2番でした。(このナンバーって、ハッキリ言って全然嬉しくない!!)
ただ早いシリアルということもあって、選手は順番通りにサインを書いたのか?このサインはインクの乗りも良く非常にキレイなものでした。(先日入手したシリアル1番もめっちゃキレイでしたが・・・)

 

 

実はこの日は嫁も一緒に同行していましたが、実はオンサイトカードの機械を見たのはこの時が初めてであり、当然カードの作り方なんて知らない状況でしたが、裏面にスマホ等で撮影した写真も印刷できるという事を知って、だったら・・・ってことで我が家のネコの写真をカードに印刷することに・・・

 

 

ただここでサインカードが出ちゃったりしたら、サインカードの裏面にクラブエンブレムではなくネコの写真が入ってしまうので、今後交換は出来なくなるので、自分としては「サイン、来るなよ!!」って念を送りつつ、カードが排出されるのを待つと、そこは普通のカードだったので、ちょっと安心したものの、その後も嫁は連続してネコの写真を印刷・・・

 

 

この時、本来ならサインカードが出る頃でもありましたが、何故か不思議な事に避けてくれてる感じでした。
そして何枚か写真印刷(実は結構手間が掛かる)をしていた嫁が、いつも自分がやってるように普通のエンブレム印刷に替えた直後、出てきたカードが・・・

Dsc_0030_20210602185301

遠藤保仁選手のサインカード!!(シリアルナンバーは、引いて全然嬉しくない2番・・・)
「あっぶねー!!」この強力な交換要員になるであろう、遠藤選手のサインカードの裏面にネコが印刷されなくて本当に良かった・・・と思ってたら、嫁が「いや、これは私が引いたモノだから・・・」って言って自分の物にしちゃうワガママ発言・・・
金出してるの、自分なんだけど・・・

 

 

で、その後に自分は小川大貴選手のサインを引いたところで今回は終了。(この直後、サポ仲間でもありショップ常連でもあるAさんがチャレンジし、僅か3回で遠藤選手のサインを引くという・・・正直もっとやってれば良かった・・・)

 

 

ということで、現在手元でダブっているサインは・・・

Dsc_0034_20210602185201

以上の8枚です。
遠藤選手は一応嫁のモノ扱いであるため交換は不可ですが、その代わりジュビロ的には交換要員として結構強いと思われる大津選手が3枚もあるのは非常に大きい。

 

 

で、我が家のネコを印刷したカードも紹介。

Dsc_0031

こんな感じです。
印刷した直後、左の方の写真は何故かショップで大人気でした。

 

 

次回も多分カードの事を書きます。
え?チームエディションって今年も発売されないって話じゃなかったの?
はぁ!?まさかの値上げ!!!?

 

 

ジュビロの事も書いとくか・・・
昨日はギラヴァンツ北九州相手に2-0で勝ったけど、一応結果が出ているとはいえ、相変わらず訳の分からん采配で本当に何がしたいのか?自分には全く分かりませんでした。
試合を見てた人間なら分かると思いますが、試合終盤になり無失点で終了させなくてはならない時間帯に、それまで寝てたんじゃないかと思う指揮官が、切羽詰まって相次いでピッチに投入する選手は攻撃陣ばかり・・・
しかも投入された選手は誰1人として全く機能せずですからね。
それでも昨年の終盤に対戦した時は完全に力負けしたものの、その年のオフに様々なチームから主力を強奪されまくって、すっかり弱体化した相手から、終始猛攻で奪った得点が2点だけってのも十分問題だと思うのですが・・・

| | コメント (0)

« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »