« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

極寒の中で見たものは・・・

今回はもう今更な感じですが、先日の水曜日(12月16日)に行われたジュビロ磐田の2020年のホームゲーム最終戦、vsFC町田ゼルビア戦の観戦記について紹介していきます。
一応J1は本日(12月19日)をもって2020年の全日程終了となりましたが、まあ今年のジュビロにはJ1など全く関係ないことなので、それについては半分どうでもいい感じです。
で、そんな水曜日の試合ですが、会場は一応ホーム扱いでありながら、限りなくアウェーに近い静岡スタジアム・エコパ・・・それも2戦連続でこのエコパが試合会場という・・・
これについてはチームとしても色々と諸事情があるため、仕方が無い部分があるのも分かりますが、正直なんで年の最後も締めくくる大事な最終戦これに(&ラス前)をサッカー専用競技場ではなく、陸上競技場で観戦しないといけないのか?っていう何とも言えない気持ちもありましたが・・・

 

 

実はこの日の試合の始まる数時間前、自分はジュビロショップ磐田店に用事があり、ちょっとそっちに行ってました。

Dsc_0102

その時ですが、隣接するスタジアムでは照明灯の工事が行われていました。
今はそれらの改修等でスタジアムが使えないため、残念ながらエコパ開催となったそうですが・・・

 

 

ちなみにこの日の気温ですが、全国的に今年一番低く、日中でも風が強くで非常に厳しい寒さになってしまいました。
そんな日に午後7時からの試合って・・・

 

 

それから色々用事を済ませ、気が付けば午後5時を回ったので、そろそろ極寒の試合会場に向かおうとすると・・・

Dsc_0100_20201217232801

コイツが布団の上でぬくぬくしながら大あくびをし、こっちを眺めていました。
きっと「人間ってヤツは何でこんなにも寒い日に、わざわざ外に遊びに行くのか?本当に変な生物だニャー・・・」とでも思ってるんだろうな・・・

 

 

で、家を出てから約10分でエコパの正面口付近に到着。
この日は2021年のジュビロ磐田・公式戦ユニフォームの展示を行っていました。

Dsc_0107_20201217232801

Dsc_0118_20201217232701

チームの成績はジュビロ史上最低最悪な結果で、多くのファンはチームに対して失望していましたが、最新ユニフォームに関しては何故か凄く興味があるようで、多くの人が『来年は誰のユニフォームを作ろうか?』な~んて感じで、色々悩んだりしてました。

 

 

個人的には・・・

Dsc_0120 

この色がメインの試合用だったら・・・っていう感じで凄く良く見えたんですが、残念ながらこれはGK用・・・

 

 

ユニフォームのデザインについての取説・・・

Dsc_0121_20201217232701

ここ数年、ジュビロのユニフォームデザインのコンセプトとして、どうしても川の流れを意味するような言葉を入れたいらしい・・・(これを見て「また川かよっ・・・」って思った人、結構多いと思います)

 

 

とりあえず、入場してみる・・・

Dsc_0133_20201217232601

この入場口は風通しが非常に良く、普通に立ってるだけでは凍えるレベルで厳しいです。
要・完全防備での防寒対策!!

 

 

コンコース内では温かい食べ物を求める人が長い列を作っていました。

Dsc_0130_20201217232601

いや、この日は本当に極寒だったし・・・

 

 

午後7時、試合開始・・・

Dsc_0139_20201217232601

前半、有り得ないような凡ミスから2失点・・・
内容的に全く面白く無いし、しかも凄く寒いので、この2点目を取られた時、マジでもう帰ろうかと思いました。

 

 

そして後半ですが、内容はともかくとして結論から言えば3点取って逆転勝ちをすることになるんですが、その逆転勝ちの要因が翌日の新聞には、こんな感じで書かれていました。
『試合終盤には今年でチームを去る選手が投入され、それによってスタジアムの雰囲気が大きく変わり、各選手にスイッチが入った・・・』っていう理由らしいんですが、確かにそういう理由なら美談として済まされるでしょう。
しかしジュビロの試合を普段から良く見てる人なら、きっと誰でもこんな感じに思ったであろう・・・『そりゃあ〇〇選手と〇〇選手が交代で引っ込んだからだろ!?』

 

 

ということで、最終戦は何とか格好が付く感じで勝ち点3を得て終了。

Dsc_0134_20201217232601

Dsc_0140_20201217232501

試合後の社長さんの挨拶について・・・というより、昨シーズンの最終戦で宣言した1年でJ1昇格どころか、ジュビロ史上最低最悪の成績を残してしまったことなども含め、とにかく色々な意見(文句も)あると思いますが、それでもリーグ終盤にチームを襲ったコロナ騒動の事を一切包み隠さずに具体的に経緯を説明した点については、よくぞしっかり最後まで話してくれたと思いましたね。

 

 

その挨拶の後は、今シーズンで現役引退をすることになった藤田義明選手の引退セレモニーが行われました。

Dsc_0142_20201217232501

2011年にジュビロに来てから実に10年、その間は色々ありましたが、まあ最後にファンの見守る中で挨拶が出来て良かったんじゃないかと思います。

 

 

ということで、これでジュビロ磐田の今期のホームゲームが全て終了。
そんな極寒のエコパ(その日の外の気温は3~4℃と言う話)から帰宅し、冷え切った身体で横になっていると・・・

Dsc_0146

何かを察してくれたのか、コイツが身体を寄せに来てくれました。
ホントにイイ奴です。

 
 

で、本日(12月20日)はJ2最終戦・栃木SC戦ですが、前節の結果で来期のJ1昇格チームが決まってしまったので、自分としては来期に繋げる意味で普段試合にあんまり出ないような選手で臨むと思っていましたが・・・
やっぱ今の監督じゃあダメだわ・・・(例え本日の試合の結果が良くても、自分は絶対に支持は出来ません!!毎試合必ず交代枠を残す指揮官なんて・・・)

| | コメント (0)

予定数まで、まだまだです

今回は最近入手したカードの紹介です。
まずはJカードや日本代表系です。

Dsc_0113_20201216163401

◇2020Jカード アップデート版 大森晃太郎 55枚限定直筆サインカード

◇2020Jカード アップデート版 小川航基 55枚限定直筆サインカード

◇2020Jカード アップデート版 伊藤洋輝 55枚限定直筆サインカード×2

◇2020Jカード アップデート版 ルリーニャ 55枚限定直筆サインカード×2

◇2020日本代表SE 小川航基 50枚限定直筆サインカード

◇2020Jカード アップデート版 松浦拓弥 55枚限定直筆サインカード

 

今回のJカードですが、例年なら最低でも1枚は引けてるはずの自分にとっての収集対象カードが、まだ1枚も引けて無いんですよね。
ただ例年と違うのは、やたら良いボックスに当たっているということくらいか・・・

 

 

続いては、先日の予想だにしなかった開封により、急遽収集対象となった選手のカードです。

Dsc_0117_20201216163401

◇2020 日本女子プロゴルフ協会 オフィシャルカード 渡邉彩香 90枚限定直筆サインカード

◇2020 日本女子プロゴルフ協会 オフィシャルカード 渡邉彩香 145枚限定ゴルフウェアカード×2

 

先日、付き合った形で開封した女子ゴルフカードですが、自分が唯一集めるとしたら、やはり静岡県出身選手の渡邉彩香選手以外は無い・・・
ということで、とりあえずオークションに出て来た渡邉選手の枚数限定系カードを狙って落札し、一応それなりのレベルの物を無事に揃えることが出来ました。(先日の開封では渡邉選手のカードについては、普通のインサートカードも含め、全く引けなかった・・・)

 

 

で、本日はジュビロ磐田のホーム最終戦ですが、会場は前回に続き、静岡スタジアム・エコパ・・・つまりアウェーみたいなもんです。
しかも昨日くらいから全国的に広がっている今年一番の寒気の影響により、確実に気温一桁の中での観戦、それも昼間ではなくナイトゲームですし、その楽しい楽しい試合が終わってからは、最終戦ということで選手代表や社長の挨拶もあるそうです。
本当に今夜は楽しい夜になればいいけどな・・・

| | コメント (0)

自分らしくない引きが3度も続くとは!!

今回も開封結果です。
開けたのは2020Jカード・アップデート版です。

Dsc_0013_20201209235501

今回は通販分の3ボックスですが、この3ボックスは結論から言えば、全く違うカートンから寄せ集めたものでした。(シリアルナンバーで確認)
普段だったら、そういう時は決まって貧乏くじを引く自分でしたが、今回は全く逆というか、3ボックス合計の結果が普通じゃ有り得ないような結果となりました。

 

 

1ボックス目

Dsc_0041_20201209235501

◇西川周作(浦和レッズ)
◇中村俊輔(横浜FC)
◇飯田貴敬(京都サンガ)

 

なんと!!いきなりサイン3枚という素晴らしいボックスでした
しかもこのボックスから一番最初に引いたサインが中村俊輔選手だったんで、マジで驚きです!!
そのカードを引いた時ですが、横浜FCのロゴが見えた時、「(前回に続き)おお!!今回も松浦が来たか!?」と期待しながら写真を見たら、まず最初に「えっ!?」ってなりました。
3枚目に引いた飯田選手ですが、カードナンバーの前後が自分にとって収集対象(ルリーニャ選手・ジュビロ&荒木大吾選手・元ジュビロ)だっただけに、そこがハマってくれれば本当にパーフェクトでしたが、まあ俊輔選手が引けただけでもヨシとしなきゃ。

 

 

ちなみに、この中村俊輔選手のカードですが、別に自分にとって特に収集対象ではないので普通に放出可能です。(一応、元ジュビロ所属選手ではありましたが、元々は横浜Fマリノスの看板選手ですし、ジュビロ時代もファンサはあんまり行わないなど、自分としては思い入れ度数が非常に少ない選手でしたし・・・)

 

 

2ボックス目

Dsc_0042_20201209235601

◇豊田陽平(サガン鳥栖)
◇杉浦恭平(ツエーゲン金沢)
◇ランゲラック・GEM(名古屋グランパス)

 

ようやく・・・というか、昨年のJカードの発売直後に名古屋のカード屋さん・BITSで行われた開封大会でジョー選手のGEM(しかもブラック版)を引いて以降、全く引くことが無かったGEMを遂に引くことが出来ましたが、またしても名古屋グランパス所属選手というのには何か運命を感じずにはいられません。
ちなみにこのボックスですが、開封時に例のシリアルナンバー法則から、「あれ?これって、もしかしたら・・・!?」って思い、出た時は「やっぱり居たなぁ・・・」って感じでした。

 

 

3ボックス目

Dsc_0049_20201209235601

◇西村拓真(ベガルタ仙台)
◇本間至恩(アルビレックス新潟
◇岩田智輝・GEM(大分トリニータ)

 

このボックスも開けた瞬間、(シリアルナンバーの法則から)「ええ!?まさかね・・・でも??」って思い、2ボックス目の時とは違う気持ちで、今度は誰のGEMが出るかな?と思いながら開けていくと、やがて岩田選手が出てくれました。(この翌日くらいに同じ収集仲間のI先生もGEMを引いたそうで、そのボックスのシリアルも、やはり・・・)
この岩田選手のGEMですが、中央付近に描かれた『IWATA』の文字が個人的には凄く良いです!!

 

 

それにしても今回頼んだ3ボックスですが、サイン3枚入り&GEM入り×2というのは、最近では無かったような最高の結果だったんじゃないかと思います。
しかもサインのメンツも悪くないし、本当に毎回こんな感じの結果だったら開けてても楽しいんですけどね・・・(尚、
シリアルナンバーの法則についての問い合わせですが、当方では一切受け付けてないのであしからず・・・)

| | コメント (0)

全ての箱から・・・

今回は開封結果です。
開けたのはオールスポーツの、2020BBM・インフィニティです。

Dsc_0033_20201209235601

今回は通販で頼んでおいた計3ボックスです。
このオールスポーツ系カードですが、マスターピースやBBM平成も含め、毎年のように結構開けてきたものの、まあハッキリ言って非常に相性が悪いというか、自分の希望する選手や、対象外でも交換に強いものが全くと言ってもいいくらいに引けない極悪なシリーズと化しています。(ちなみに先日のKINGSでの白井健三選手のサイン+岩崎恭子さんのエクスチェンジは、過去のシリーズも含めても、間違いなく自分的ナンバー1の引きです)

 

 

で、今回の結果ですが、結論から言えば、なんと全てのボックスからレア系が2枚出るという素晴らしいものでした・・・が、自分的には絶対に引きたくなかった野球が全てのボックスに潜んでいたということで、これはもう・・・って感じでした。

 

 

1ボックス目

Dsc_0023_20201209235601

◇大久保秀昭(野球)
◇中村兼三(柔道)

 

実は1パック目にして、いきなりバットを構える横向きのカードが見えた瞬間にガッカリ・・・
柔道の中村氏については特に・・・(まあ2枚目のサインが出ただけ良いかと・・・)

 

 

2ボックス目

Dsc_0032_20201209235701

◇小桧山雅仁(野球)
◇千田健太(フェンシング)

 

実はこのボックスも1パック目に、いきなり帽子とグラブが見える横向きのカードが見え・・・
そして、このボックスも2枚目のサインが出たものの、先日も引いたように、一体これは誰なのか全く分からんフェンシングの試合中の写真・・・(もちろん、名前は知ってます)
尚、1ボックス目に引いた大久保氏と、ここで出た小桧山氏ですが、社会人野球では同じチームでバッテリーを組んでいたという・・・

 

 

3ボックス目

Dsc_0036_20201209235701

◇正田耕三・エクスチェンジ(野球)
◇瀧本誠(柔道)

 

最後はエクスチェンジ+サインという組合せでしたが、エクスチェンジが全9種ある中で、まあ自分的に需要が無い順で言えば上位の方というのが・・・
柔道の瀧本氏はシドニー五輪での金メダリストなので、それに関しては良かったと思います。

 

 

それにしても、3ボックスでレア系が計6枚も出たものの、女性アスリートが1人も出ないというのは、なんとも華が無いというか・・・
女性の方が基本的に交換に強いし、売るにしても価格的に見れば男性よりも高めになるし・・・(今回は人気の女子バレーとか結構沢山入っているは人気の女子バレーとか結構沢山入っているのになあ・・・)

 

 

次回も開封結果です。
ようやくJカード・アップデート版の紹介が出来る・・・

| | コメント (0)

前半だけで帰宅するのが正解だったと思う試合

今回の日記ですが、実は月曜日に公開する予定だったんですが、まあ色々ありまして・・・
ということで、もう今更ではありますが、
今回は日曜日に静岡スタジアム・エコパで行われたvs大宮アルディージャ戦のことについて書いていきます。
尚、前回の予告では、次回は通販到着分カードの開封結果について紹介するようなことを書きました・・・が、期待というか、楽しみにしてた方々、本当にすみません。

 

 

さて・・・その試合なんですが、両チーム共に今年のJ1昇格圏内は既に無い状況ということで、おそらくダラダラした感じの試合になるんじゃないかと・・・

Dsc_0052_20201207233801

Dsc_0075_20201207233901 

そんな世間からは全く注目すらされないような消化ゲームだというのに、この日全国で開催された全試合の中で、この会場の試合が一番遅い時間にキックオフというのは、一体どんな罰ゲームなんだろう・・・と思いましたね。
しかも試合会場が磐田のサッカー場ではなく、寒風が身に染みる程に風通しが良い陸上競技場って・・・

 

 

まあ試合の事でも書いておきましょう。

Dsc_0077_20201207233901

珍しく前半のうちに2得点・・・というか、そのゴール云々よりも、試合開始直後から、まるでやる気の感じられない大宮の緩々な守備網を難なく突破しての2得点・・・
この試合を見てた人なら、まあ当然の結果と言ってもおかしくないでしょう。

 

 

ハーフタイムに、2020年・ジュビロ磐田のシーズンソングを担当してるスピラ・スピカの生ライヴ。

Dsc_0083_20201207234001

この寒い中、スゲー寒そうな格好で元気に歌う幹葉さんとメンバーたち。

 

 

ちなみにスピラ・スピカは来シーズンもシーズンソングを担当することになりました。
ジュビロ磐田、来期の契約更新・第1号!?

Dsc_0087_20201207234001

ところで2019年のシーズンソング担当者って、今、ジュビロの事をどう思っているんでしょうねえ・・・
多分歴代シーズンソング担当者の中で、最もジュビロを応援してなかったような気がするんですが・・・

 

 

後半は・・・

Dsc_0080_20201207234101

まあハッキリ言っちゃえば、本当に何一つ見所も無い、ただ45分がダラダラ過ぎてくだけの非常につまらない試合だったらしい・・・
そんな内容など何も無い試合のせいで、自分は途中20分くらいは完全に寝てましたよ!!
あの寒い中であるにも関わらず、眠気が襲ってくるような試合内容って・・・(翌日の静岡新聞にも、その試合の後半の内容が酷いというような記事が・・・)

 

 

試合は結局2-0でジュビロの勝利。
終了直後に目を覚ましたら、いつの間にか照明がついてる・・・

Dsc_0082_20201207234101

なんかねー・・・気がついたら、試合が終わってた・・・っていう感じです。(マジです!!)
一体自分はこの日、何しにエコパに行ったんだろうか?

 

 

ところで、この日のジュビロの行為について凄い違和感というか、気になった事を書いておきます。

Dsc_0091_20201207234101

それはキックオフ前の事ですが、先日亡くなられたアルゼンチンのスーパースターでもあるディエゴ・マラドーナ氏に対し、現在全世界で試合前に黙祷が行われていると思います。
その黙祷の時の事ですが、静寂としたスタジアムの中、耳障りとしか思えないザワザワした音声を流すとは何事だ!?と思われた方も多数いたと思います。

 

 

現在ジュビロ磐田は試合中に臨場感のある応援の音声をを採用していて、試合中は状況に応じた応援の音声を流すようにしています。
で、その応援の音声以外にも、耳をすませながら聞いていると僅かながらスタジアムに居るようなザワザワした音声(?)みたいなものが常に流れています。
この試合も当然のように常にザワザワ音を流していたんですが、さすがに厳かな雰囲気が漂う黙祷の最中であるにも関わらず、その雑音みたいなものを流すということは、いくらなんでも故人に対して失礼というか、これはもう非常識極まりない行為だと思いましたね。

 

 

なんか今のジュビロは、多くの人が望んでいることを全くやらず、逆にそれは違うだろ!?っていうような事を、わざとやってるような感じがします。
多分、もう昔のようなジュビロ磐田は二度と戻ってくないでしょう・・・

 

 

次回こそ、間違いなくカードの開封結果です。
まさかの結果ばかりでビックリだわ!!

| | コメント (0)

で、Jカードはどうなった?

今回も開封結果です。
女子ゴルフでの一戦が終了し、さて次はJカード・・・と行くつもりでしたが、そこで何故か?サッカーではなく、インフィニティの話題に・・・
今回のインフィニティは1ボックスからサインカードが2枚出やすい仕様になっているらしく、だったらそっちの方が・・・ということで、

Dsc_0131_20201130005501

いつものパターンに・・・
参加したのは、I先生K氏と自分でした。

 

 

ちなみに今回の一番の目標は、1968年のメキシコ五輪で活躍され、その後はヤマハ発動機で選手&監督、そしてジュビロ磐田のスーパーバイザーを務めるなどして、あの黄金時代の礎を築いた立役者の一人でもある杉山隆一さんのサインカードですが、後は同じ静岡県出身の水谷潤選手(卓球男子で日本人初の表彰台)、そして岩崎恭子さん(競泳の平泳ぎで金メダル・・・説明不要ですね)あたりが引ければ最高!!
まあ他には交換に強いカードが出てくれれば・・・って感じです。

 

 

で、1ボックス目ですが、この時のI先生のボックスから出たのがフェンシングの選手のサインカードだったんですが、カードに使われている写真が競技中のものであり、正直誰なのか顔が全く分からないもので、この時に「こりゃあ、フェンシングの選手は絶対引いちゃアカンな・・・」と思いました。
そんな事を思いながらサクサク開けて行くうちに出て来たサインカードですが、出たのが、まさかの・・・

Dsc_0150 

フェンシングの選手!!
名前から三宅諒選手であるという事が分かりましたが、これじゃあ本当に誰だか分からん・・・っていうか、フェンシングについては、やはり競技中の写真はどうかと思いますが・・・

 

 

尚、このボックスから出たサインはこの1枚だけ・・・
正直、めっちゃ厳しいとしか言いようが無いボックスでした。

 

 

で、ここでお店に1人の来客が・・・
その方はこの日、名古屋で行われたカードショーに参加し、その様子について細かく報告してくれました。
で、更にカードショーの抽選で当選したJカード(いつもお世話になっているBITSのプレゼントに当選したらしい・・・)のボックスを開封して頂きましたが、更にその後、インフィニティを購入したことで・・・

Dsc_0132_20201130005501

その方を含め、今度は4人で開封合戦・・・
自分としては、実質これがラスト開封なので、ここで何か良いカードが出て欲しいと思いました。

 

 

で、そのボックスを開けて行くと、なんか縁が白っぽいカードが出現。
一体何かと思ってみると、それは特殊加工のカードと交換できるエクスチェンジカードでしたが、その選手というのが・・・

Dsc_0155

Dsc_0154

なんと!!開封前に「引けたらいいな・・・」って切に思ってた岩崎恭子さんではないか!!
これマジで嬉しい!!っていうか、このエクスチェンジカードは全9種存在しますが、各選手の枚数が僅か25枚しか無いうえに、人気の岩崎恭子さんは絶対争奪戦になることが予想されているので、この時は引けて本当に良かったと思いました。

 

 

で、エクスチェンジカードが出たという事で、あとに残ったのはサインカードですが、ここで出てくれたのは・・・

Dsc_0157

体操の人気選手でもある白井健三選手でした。
自分の名前が付いた技を複数持っているスーパーな選手ですね。
こうやって五輪で金メダルを獲った選手が2人も出ると、開けてて楽しいですね。

 

 

ちなみに白井選手は嫁が凄く応援してることもあって、今回少し予算オーバー気味な開封をしたものの、この白井選手のサインを引いたことで、少しだけ許してもらった・・・な~んていうことも付け加えておきます。

 

 

次回も多分カードの事(開封結果)です。
発売日より少し遅れて到着した通販分の結果なんですが、こんなことって・・・

| | コメント (0)

Jカードを開けに行ったはず・・・

今回も開封結果です。
Jカードの
結果が自分としては相当微妙だったこともあり、なんだかな~・・・って思ってた時、店に遊びに来ていた約2名の常連さん(I先生&K氏)が「あれでも開けない?」って言ってきました。
そのカードとは・・・

Dsc_0127_20201130005401

前回でも紹介しましたが、発売から僅か1週間にして、既に世から消えつつある女子ゴルフカードでした。

 

 

ゴルフだと!?って思う人も多いと思うかもしれませんが、数年前から色々な大会の中継を見てるうちに興味が湧き、今では割と多くの試合(?)も見るようになりました。
特に近年では男子より女子の方が盛り上がっている感じで、それに伴いテレビ中継も女子の方が圧倒的に多く、かなり多くのプレイヤーは顔と名前が一致するくらい覚えました。

 

 

ちなみに自分が一番応援してる選手は、今年5年ぶりに通算4勝目を挙げた静岡県出身の渡邉彩香選手です。
そんな渡邉選手ですが、今年の賞金ランキング争いにおいて、現在5位と好調であり、もしかしたら今年は歴代最高のシーズンになるかもしれません。

 

 

で、この女子ゴルフのカードですが、何が凄いって言うと、収録されてる選手のほとんどが現在賞金ランキングで上位につけてる選手、もしくは人気選手が非常に多く、しかも1ボックスからプレミアムインサートが必ず2枚出るということで、そりゃあ発売直後に速攻で世から消えるのも納得です。

 

 

ということで、自分としては禁断の扉を開いてしまった感のある女子ゴルフ・・・
目標は渡邉彩香選手の自引き・・・ということで、サクサク開けて行くと、やがて出現したレア系カード・・・
記念すべき最初のボックスから出て来たのは・・・

Dsc_0143 

李知姫選手のウエアカード・・・つまり布(いわゆるジャージーカード?)です。
正直サイン2枚入りのボックスに当たって欲しかったんですが・・・(布はカートンで3枚くらいしか出ない・・・つまり引ける率は3分の1ということで、かなり低い確率なんですが・・・)

 

 

レア系は箱2ということなので、残っているのはサインカード。(このシリーズはサイン1枚以上は確定)
それは、このボックスのラストパックの中に眠っていましたが、出たのは・・・

Dsc_0142_20201130005901 

中西絵里奈選手でした・・・が、これは応援してる人には申し訳無いけど、ちょっと知らない選手でした。
まあ本人写真の右側に『RC』の文字があるので、まだプロになったばかりの選手であり、これからの成長が期待される選手でもあります。

 

 

この後、I先生やK氏も残ってた女子ゴルフを開けましたが、それぞれが何とも言えない結果・・・
そして3人の間で、しばらくの沈黙が続き・・・

Dsc_0128_20201130005301 

目の前に残ったのは女子ゴルフのNEWカートン・・・この時、3人の頭の中での考えが一致・・・

 

 

ということで・・・

Dsc_0129_20201130005501

このNEWカートンを開けていきましょう!!・・・ということになりました。
色々な所から「あれあれ?いつものJカードはどうなったんですか?」っていうような声が聞こえてきそうですが、もう気にしないでいこう・・・

 

 

ということで、自分的には考えてもいなかった2ボックス目。
最初に出たのは・・・またしても布・・・

Dsc_0145

出たのは現在賞金ランキングで堂々トップに君臨している笹生優花選手でした。
とてもルーキーとは思えない勝負師の顔だし・・・

 

 

で、残りはサインですが・・・

Dsc_0144

出たのはテレサ・ルー選手でした。
台湾出身の実力者ですね。
名前を聞いて分かる人のサインが出て良かったものの、どうせ引くなら日本人が・・・

 

 

女子ゴルフ・怒涛の3ボックス目に突入するも、まさかの3連続で布入りボックスに当たる・・・
なんでこんなにも布入りボックスばかり、狙ったかのようにピンポイントで当たるんだろ!?

Dsc_0147

出たのは黄金世代と言われている中の1人でもある河本結選手でした。
昨年の賞金ランキングでは、かなり上位の選手で、今後も活躍が期待されます・・・が、どうせならサインが出て欲しい・・・

 

 

サインカードは・・・あ!?

Dsc_0160_20201130010001

なんと!!超人気選手の安田祐香選手が出てくれました!!
アマチュアの頃から様々な大会で好成績を残すなど非常に注目されていた逸材であり、しかも見た目のルックスからファンが非常に多い選手です。
今年は怪我の影響もあって、イマイチなシーズンになってしまったそうですが、この悔しさを糧に2021年は頑張って欲しいものです。

 

 

そして、この日のラストボックスとなった4ボックス目ですが、またしても先に出たのが布・・・
なんと!!今回開封した4ボックス全てから布を引くという激離れ業を達成!!
こう書くと、なにか凄い事でもやったのか?と思う人もいるでしょうが、実際はハズレばかり引いてるってこと・・・
せめて1回くらいサイン2枚入りボックスに当たって欲しかったんだけど・・・

 

 

布ということで、少しガッカリした感じで誰なのか?選手を確認すると・・・まさかの!?

Dsc_0149

出たのは、このシリーズにおける1番の目玉でもある渋野日向子選手でした。
しかもこの布は写真で着用しているウエアそのものだったりします。(カードの裏面には『GAME WORM GOLF WEAR』と記されているので、多分間違い無いでしょう)
シリアルナンバーは017ということで、こじつけで『オヒナ』・・・

 

 

で、最後に出たサインは・・・

Dsc_0161

今回3枚目のルーキーサイン・澁澤莉絵留選手でした。
実は開封してる時、誰なのか?名前が見えるとこまでずらすと、『SHIBU・・・』という文字が見えたので、まさかの渋野サイン!?かと思って凄い期待をしたんですが、さすがに同一ボックスから同じ選手のサイン&布は出ませんね。
ずいぶん難しい感じに珍しい名前なので、どんな選手なのか?興味を持って調べてみましたが、なんと2024年より使用される新1万円札の肖像に選ばれた、渋沢栄一氏の直系の子孫に当たる凄い人(家系)らしい・・・

 

 

ということで、

Dsc_0052_20201204010001

この日の結果です。
サイン2枚入りボックスに1度も当たらなかった事だけが非常に残念ですが、それでも良い感じで人気選手が複数枚引けたので、その点に関しては良かったと思います。

 

 

これでもう満足したので、次はJカード・・・

Dsc_0131_20201130005501

あれ?
次回、再び波乱・・・

| | コメント (0)

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »