« 発売初日の結果(その3) | トップページ | いろんな意味で、とっても厳しい »

残りボックスの結果でも

今回も開封結果です。ここまで連続して紹介してきましたが、ホントにビックリするくらい何にも大物(ここでいう大物とは、一般小売価格が比較的高額な部類・・・ちなみに今年度版は結構沢山存在している)が出てくれません。
やはり今年もそういう流れなのか・・・っていう空気を肌で感じつつ、まだ結果発表してなかった残りの3ボックスに加え、更に追加で購入した1ボックス(計4ボックス)の結果を紹介をしていこうと思います。

 

 

毎回書いてると思いますが、まず初めに・・・
このような物を購入する時ですが、自分は基本的に収集対象選手が引ければ・・・って感じで開けています。
しかし収集対象選手以外のカードについては、引いた時から自分の中では瞬時に商品(オークション出品・・・つまり売り物)に変わります。
当然自分としては、それが交換対象になるか?・・・もしくは売った場合、ある程度の価格が期待出来るレベルのものか?という考えがあるので、正直これは・・・っていうモノに関しては、応援してる人には悪いけど少々乱暴な言い回しになることもあります。
ご了承下さい。(でも、誰だって結局そう思うところあるでしょ!?)

 

 

最初のボックス

Img_20200624_230013 

◇サイン
キム ミンテ(北海道コンサドーレ札幌) 宮阪政樹(ザスパクサツ群馬)

◇ストライカー
石原直樹(湘南ベルマーレ)

 

う~ん・・・

 

 

2ボックス目

Img_20200624_230033

◇サイン
松下佳貴(ベガルタ仙台) 小川大貴(ジュビロ磐田)

◇ストライカー
オルンガ(柏レイソル)

 

やっと念願のジュビロを引いたけど、発売前から「自分が引くとするなら、まあ絶対大貴だろうな・・・」って仲間内に言ってた通りでした。
自分の引きじゃあ、やっぱり小川航基は引けないよ・・・
そして、このシリーズで実に3枚目のベガルタのサイン・・・

 

 

3ボックス目

Img_20200624_230053

◇サイン
高江麗央(FC町田ゼルビア) 乾貴哉(水戸ホーリーホック)

◇ストライカー
シマオ マテ(ベガルタ仙台)

 

正直、これが一番驚いた・・・というよりも先に2枚引いてガッカリしたボックスでした。
まさかのJ2サインが2枚・・・しかも、応援してる人には申し訳無いけど、どちらの選手もどんなプレイヤーなのか全く知らない・・・
引いた直後、「この2枚か・・・なんだかなぁ・・・」って思いました。(本当はもっと色々酷い事をボヤいたけどな!!)

 

 

4ボックス目

Img_20200624_230108

◇サイン
志知孝明(横浜FC) 福田湧矢(ガンバ大阪)

◇ストライカー
小屋松知哉(サガン鳥栖)

 

このシリーズでは初のサイン交換券を引きました。
でもサインの入ったカードに交換するのに、発売元に『簡易書留で送ってこい!!』って書いてあるけど、そこまでするくらいなら・・・

 

 

結局ここまでに開封した数は計13ボックスですが、やはり自分は引きが非常に悪いようで、今回もカートン(12ボックス)に1枚もしくは2枚の確率で出現するGEMに当たることも無いし、引いたサインカードもそんなに大物は無かったし、良番シリアルだって結局1枚も引くことはありませんでした。
もちろん箱3サインのボックスなんて見た事も・・・
発売されて、まだほんの少ししか経ってないけど、早くも『もう開けたくないシリーズ』になってしまった感じです。(色々なとこで開封報告とかを見てる限り、みんな割と良い結果ばかり・・・報告してる人は、そういう人だけかもしれんが・・・)

 

 

次回は入手カードとかの紹介・・・が出来たらいいなぁ。
最近は色々な事があったりしたので、カードの収集は例年以上に結構適当な感じになってます。

|

« 発売初日の結果(その3) | トップページ | いろんな意味で、とっても厳しい »

カード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 発売初日の結果(その3) | トップページ | いろんな意味で、とっても厳しい »