« 恒例・謎の旅行(今回は長い) | トップページ | 2020年・開幕戦レポート(今回は長い) »

謎の旅行中、念願の場所に行ってきた

今回も先日の旅行のことについて書きます。
と言っても、土曜日の夜の事になりますが・・・

 

 

毎回夜の宴会の後、結構な自由時間が設けられていて、多くの連中はそういう系の店に遊びに行って大金を使ったりして過ごしたりしてるようですが、自分は前回と同じように完全に一人で単独行動で、今回の宿泊地・赤羽から向かった先は高田馬場でした。
その高田馬場には何があるのか?というと、駅からも非常に近い場所にある・・・

Img_20200215_185005

ミカドという名のゲームセンターでした。
この店ですが、最新のゲームもあれば、古き良き作品が多数稼動していて、しかもレベルが非常に高い。
動画(You Tube)でも頻繁に実況中継とかされていて、自分は割と良く観覧してたりします。

 

 

店に入ると、ひと昔のゲーセンを彩った懐かしきオールドゲームたちのアトラクト音が聞こえました。
そして店内に漂う独特のタバコの臭い・・・まさに2000年に入る前、世に格闘ゲームなんてものが全く蔓延ってない、俗に言うゲーセン全盛期の頃の良き時代が思い出されてきます。

Img_20200215_190106

昨年の大阪方面への旅行で惨敗した、グラディウスも普通に設置されていました・・・が、1回200円は今の自分のレベルでは少し怖いかな・・・(昔だったら、全然安いと思うんですが・・・)

 

 

尚、今回店に行ってみて一番驚いたのは、ナムコの超名作ゲームでもあるドルアーガの塔3台並んで稼働してたことでした。

Img_20200215_185131

このゲーム基板は全国に多数存在するオールドナムコを愛するマニアたちにより、ほとんどの物が門外不出状態で持たれているため、よっぽどの店じゃない限り、稼働してる事が凄い事なんですが、それが3台も並んでいるのは凄いというか奇跡的としか言いようがありません。(もちろん、自分もドルアーガ基板は所持しています)

 

 

この日、ドルアーガの塔のプレイを決行長時間見てましたが、やる人やる人みんな激が付くくらい超上手い!!
ネット配信されてる多くのスーパープレイ級の動画を見ても、そこまでのレベルの人はいないくらい本当に上手い人ばっかりでした。

 

 

ちなみに今回いくつかのゲーム(最低でも過去に1回でもいいので全面クリアしたことがあるゲーム)をやってみましたが、やはり数年間(中には10年以上)のブランクってものは、そんな簡単に埋まるものではなく、昨年同様散々な出来であったことも付け加えておきます。
それでも今回最後にやった某シューティングゲームでは、数人のギャラリーが付いていた・・・ってことは、自分のプレイはまだまだイケるのでは・・・!?という自信みたいなものも少なからず出てきましたが・・・

 

 

次回・・・っていうか、明日はもうJ2の開幕戦ですね
事前情報によればジュビロの開幕戦のチケットは既に完売してるようなので、超苦手なモンテディオ相手とは言え、間違っても恥ずかしい内容の試合をしてもらいたくないものです。

|

« 恒例・謎の旅行(今回は長い) | トップページ | 2020年・開幕戦レポート(今回は長い) »

ゲーム」カテゴリの記事