« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

人生で初めての事!!

前回に続き、今回も最近入手したカードの紹介です。

 

 

まずはユース&ジュニアユース会員限定配付カードですが、2019年版は今回(カードナンバー21番)でラストとなります。

Img_20191221_133913

◇今野泰幸 ユース&ジュニアユース会員限定配付カード

 

この今野選手のカードを貰うためには、ジュビロのホームゲーム全試合に来場しなければ貰えません。
なので全てを入手するためには、ホームゲームを1試合でも欠席してはならない・・・ホントに厳しいです。
ちなみに今年のこのシリーズにおけるカードナンバーのラストは21番なので、全21種かと思いがちですが、昨年のギレルメ選手のように今年もロドリゲス選手が途中退団したことにより、入手困難な差し替え版が存在します。
しかも差し替え版は2種類あり、前期は鈴木秀人前監督が中央に写り込んでいるバージョン、後期は監督無しバージョンということで、今年は本当に全種揃えるのが難しいです。(自分も差し替え版・後期が未入手)

 

 

続いて例のアレ!!
2019ジュビロ磐田・オフィシャルカードカードです。

Img_20191221_043129

◇新里亮 40枚限定直筆サインカード(パラレル版)
◇小川大貴 40枚限定直筆サインカード(パラレル版)
◇志村滉 40枚限定直筆サインカード(パラレル版)

 

発売直後から何度も言っていましたが、このシリーズのパラレル版・コンプなんか絶対無理だと思ってたものの、今回3種を入手したことにより、完全コンプリートまで遂に残り2種となりました。
人間やる気になれば出来るもんなんだな・・・

 

 

今回交換してくれたN氏Aさん、どうもありがとうございました。

 

 

続いては、先日の土曜日のお話です。
この日は地元の地区の忘年会(通称・芋の会)が行われ、今年もとろろ汁とか焼肉など色々やりました。
残念ながら写真はありませんが、今年は参加者が多く、とにかく盛り上がりました。

 

 

で、それが終わった後は恒例の年越し麻雀大会が行われました。

Img_20191221_234022

まあ毎年見る光景ですね。
今年は麻雀の参加者が多かったので、より多くの人間が参加出来るように普段のような半荘ではなく東風戦(通常の半分)でサクサク進行するように行いました。

 

 

で、この日の自分ですが、これまでの歴史でも見たことが無かったくらいバカツキで、何度も大物手をアガる事が出来ました。
なんていうか、まるで自分のバックに神が付いていたかのような感じというか・・・

 

 

その中でも、特に最大のクライマックスともいうべきアガりが・・・

Img_20191221_205629

人生初とも言える、国士無双13面待ちをアガれた事です。(世間一般的なルールということで、ダブル役満)
これまで普通の国士無双なら約20~30回くらいアガった事があったんですが、13面待ちは初めてなのでテンパイになった時は尋常じゃないくらいドキドキしたな・・・(今年もカードの引きがイマイチだったし、様々な開封において1度もドキドキしたことが無かったので、この時はホント新鮮な感じだった・・・でも麻雀が分からない人には、一体何の事か分からないと思いますが・・・)

 

 

もう年末ですが、最後に良い事があって良かった。
ジュビロ関連で良い事が非常に少なかったけど、ほんの少しだけは気が晴れた・・・かな?って感じがした今回の出来事でした。

|

久しぶりに開封したでよ!!

今回はカードの事について色々と書いていきます。
タイトルにも書いたように、本当に久しぶりに開封したような気が・・・

 

 

ということで、先日の日曜日のお話です。この日はいつもお世話になっている袋井市内のカードショップ・KINGSより、ジュビロのチームエディションが複数入荷したということで、早速お店に行ってみることになりました。

Img_20191215_152232

で、お店に着いて商品棚を見ると最近見たことが無かったジュビロ・チームエディションが並んでいました。
でも良く見ればジュビロだけではなく、他のチームも多数ありましたが、まあ自分はジュビロさえあれば・・・

 

 

その後、カード仲間のK氏、そしてI先生もお店にやってきました。
ここに3人集まれば、自然といつものアレが始まります。

Img_20191215_155742

お馴染みの開封大会~・・・
でも今回は普段と違っていて、それぞれが異なるシリーズのボックスを持っていますが・・・(当然自分はジュビロ)

 

 

さて今回の開封ですが、自分の狙いは当然のように、まだ持っていない選手のカードです。
それが運良く1発で出てくれれば・・・と願いながら開けてみたところ、この時に現れたカードは・・・

Img_20191215_160657

志村滉選手のサイン・・・
しかもこのボックスから出たのは、この1枚だけ!!正直とても悲しい引き・・・っていうか、今でもチームにおいてポジション争いでも非常に厳しい状況の立場の選手ですが、果たして来シーズンは本当にどうなるんですかね!?

 

 

さすがにこれでは終われない・・・ということで、もう1ボックス追加!!
次に開けたボックスから出たのは・・・またかよ!!

Img_20191215_161558

多分今回ので8度目の引きとなるロドリゲス選手のサイン・・・(隣だったら10番・・・)
しかしこのボックスにはもう1枚入っていて、それが中村俊輔選手のジャージーカードでした。
2人とも既にジュビロの選手ではないんですが、最初のボックスと比べると、何倍も当たり感を感じるのは何故だろう・・・

 

 

で、自分がジュビロを開けてる時、K氏とI先生は他にも色々開けていたので、たまには自分も他のチーム・・・と思い、ここで選択したのは・・・

Img_20191215_164501

柏レイソル・チームエディションでした。
やっぱジュビロばっかりじゃね・・・(ここには来シーズン、ジュビロから移籍する選手があるとか噂されてますが・・・)

 

 

尚、今年のレイソルは1ボックスから結構な確率でサインが2枚出るみたいだし、一応ここには元ジュビロの山崎亮平選手が居るので、そのへんが上手いこと引ければ・・・と思いながら開けてみると、そこから出たのは・・・

Img_20191215_164450

J2とは言え、先日1試合で8ゴールも決めたオルンガ選手、そしてルーキーの杉井颯選手が出ました。
ハッキリ言ってジュビロよりも非常に良い結果だと思うんですが、やはりこれは無欲で何も考えずに開けたからなんでしょうか?

 

 

という事で、この日の楽しい楽しい開封大会はこれで終了。
この後はいつものパターンで各自が持ってきたカードの交換が行われました。

 

 

で、ここからは今回分だけでなく、まだ未紹介分も含め、最近入手したカードを順にずらずら~っと紹介していきます。
まずは2019Jカードから・・・

Img_20191215_080535

◇中村俊輔 53枚限定直筆サインカード(シリアル1番・通算2枚目)
◇川又堅碁 53枚限定直筆サインカード(通算2枚目)
◇カミンスキー×2 53枚限定直筆サインカード(通算2枚目&3枚目)
◇大久保嘉人 53枚限定直筆サインカード(通算2枚目)

 

 

Jカードのサインカードですが、一応毎年1人3枚を目標に収集しているので、例えば中村俊輔選手みたいに人気があって高額になるような選手を複数収集するのは本当に厳しいけど、それでも色々な方の協力を経て徐々に集まってきました。(まあ2020年は集めなくて済むし、なんか楽になった感じですが・・・)

 

 

続いては、2019ジュビロ磐田TEです。

Img_20191215_174656

◇櫻内渚 45枚限定直筆サインカード(シリアル・ラストナンバー)
◇田口泰士 45枚限定直筆サインカード
◇宮崎智彦 45枚限定直筆サインカード(シリアル13番・ジャージナンバー)
◇小川大貴 45枚限定直筆サインカード(シリアル24番・ジャージナンバー)
◇中山仁斗 45枚限定直筆サインカード(シリアル・1番)
◇針谷岳晃 45枚限定直筆サインカード(シリアル・ラストナンバー)
◇森下俊 45枚限定直筆サインカード(シリアル35番・ジャージナンバー)

 

 

田口選手を入手したことにより、ようやくこのシリーズのサインカードをコンプ出来ました。
これでこのシリーズは完全コンプまで残り1枚!!ちなみに今回入手したサインですが、田口選手以外は全て良番シリアルだったりしますが、これ全てK氏が引いてるんだよね・・・
なんでこんなに簡単に良番が引けるんだろう・・・って思います。(自分は今回60枚以上サインを引いているが、良番は2枚だけだったし・・・)

 

 

最後は先日というか、シーズン終盤になって無理矢理な感じで発売された、本当に謎なシリーズでもある2019ジュビロ磐田・オフィシャルカードです。

Img_20191215_175108

◇松本昌也 40枚限定直筆サインカード(パラレル版)
◇山田大記 40枚限定直筆サインカード(パラレル版・通算2枚目)
◇大久保嘉人 40枚限定直筆サインカード(パラレル版)
◇秋山陽介 40枚限定直筆サインカード(パラレル版)
◇上原力也 40枚限定直筆サインカード(パラレル版)
◇藤田義明 40枚限定直筆サインカード(パラレル版)
◇針谷岳晃 40枚限定直筆サインカード(ノーマル版)
◇森下俊 40枚限定直筆サインカード(パラレル版×2)
◇三浦龍輝 40枚限定直筆サインカード(パラレル版)

 

 

発売当初というか、このシリーズは全選手にパラレルがあるっていう事実を聞いた時、さすがに完全コンプなんて絶対無理だと思っていましたが、上記のカード同様に自分の周囲に存在する方々の引きが非常に良く、色々交換してるうちに完全コンプまで残りもあと僅かとなりました。

 

 

今回交換して頂いたK氏I先生S氏DちゃんIちゃん、あと匿名の方、どうもありがとうございました。

 

 

最後に、今回ジュビロ以外のカードを開けて知った衝撃的な事実!!(もしかしたら、自分だけが知らなかった事かも!?)

Img_20191216_222937

今回・・・というか、今年発売された各チームのチームエディションですが、一部の選手のカードに限り、『RC』と表記されたものが封入されています。
これはルーキーカード・・・つまり新入団選手のカードという事で、新しくプロの世界に足を踏み入れた選手を記念(!?)して、このRCという文字がカードに記されています。(実際良く分からん・・・ちなみにプロ野球のカードでは相当昔から、このような表記が入っています)
で、今年のジュビロは知っての通り、新人の獲得はゼロだったんで、このRC表示のカードなど有る訳も無く、ここまでジュビロしか開けてなかった自分は、当然この事実は今回の開封まで全く知らなかったわけで、せっかくのRC表記元年に一人も新入団選手が居ないのは非情に残念というか・・・
改めて今年のジュビロは色々な面でダメな年だったと・・・

|

本日は(ジュビロが16位だったら)試合だったのに・・・

題名にもあるように、本日はJ1&J2の入れ替え戦がありました。
もしもジュビロが16位だったら、J2のプレーオフを勝ち上がって来たチームと対戦することになっていたんですが、ジュビロは既に降格が決定していたので、現在は毎年恒例ともいえるリーグ戦終了→即早いオフを過ごしているという状況です。
それにしても今年はあんな歴史に残る程の酷過ぎる結果だったせいか、今は連日のようにエグイ感じのニュースばかり続いています。
ホント毎日萎えてばかりだわ・・・

 

 

 

 

で、そんな入れ替え戦が行われる時間帯ですが、この時に自分が向かった所は・・・

Img_20191214_114506

今年、色々なイベントで結構遊びに行ってる静岡スタジアム・エコパでした。

 

 

一体何の目的があってエコパに行ったのか?というと、今年は静岡でサッカーが始まって100周年に当たるということで、それに伴ってエコパでは様々な特別イベントが行われています。
ちなみにこの日のピッチでは・・・

Img_20191214_115157

各年代の試合が行われていました。
ただ、今回の目的はそれではなく・・・

 

 

エコパスタジアムの3階にあるレセプションルーム・・・
つまりJリーグの試合であれば、VIPルームとして使用されている場所において、静岡県内で放送されているラジオ3社(SBS静岡放送・K-mix・NHK静岡)による特別番組の公開放送が行われるということで、ラジオ好きの人間としては絶対行かねば・・・ということで、ちょっと観覧しに行ってきました。

Img_20191214_120140

Img_20191214_132440

https://www.at-s.com/sbsradio/info/soccer_shizuoka100.html

 

 

で、目的のトークショーなんですが、この日の内容は後日ラジオで放送されるため、別にその時に聴けばいいんですが、この日のゲストとして・・・

Img_20191214_120149

毎週火曜日にSBSラジオで放送されている超人気番組・チョコレート・ナナナナイトのメインDJを務めている、アルコ&ピースの酒井健太氏がゲストとして出演する事になっていました。
酒井氏ですが、実は中学時代に出身地でもある神奈川県川崎市では選抜として選ばれた経緯があり、しかもサッカー事情について相当詳しかったりするということで今回このイベントに呼ばれたようです。(ちなみにジュビロやエスパルスの試合中継でも何度かゲスト出演してたりしますが、これが凄く面白い!!ただし静岡限定ですが・・・)

 

 

自分としては今年の夏に静岡で開催されたSBS主催のイベント・水祭(すいさい)で購入した、番組のオリジナルグッズでもあるサコッシュにサインでも貰えれば・・・
そして、その際に何か良い話が出来れば・・・と思ってましたが、チョコナナのような垢ぬけた感じと違い、現場は重苦しいというか、なんか厳格な雰囲気で、これは収録後も司会者やゲストにも近づけない雰囲気でした。

 

 

収録内容ですが、静岡のサッカーの事や各パーソナリティ&ゲストのサッカーに対する情熱とか、あとは静岡県出身選手を選んでのベストイレブンだとか、とにかく昔から静岡のサッカーを見てた人にとって良い話ばかり・・・(内容は後日放送されますが、静岡県外の方はラジコで視聴可能)

Img_20191214_131931

収録終了時は撮影出来ました。(左から元日本代表の堀池巧氏、真ん中が酒井氏、右はNHK静岡の早坂アナです)
ちなみに今回の収録内容を観覧して一番に思った事は、この日の司会を務めていたDJ・Roniの番組は二度と聴かないということ!!

 

 

で、その後は予想通り何も無く普通に終了・・・
「まあ今回は濃い内容の事が聞けたから良かったかな・・・」な~んて思いながら会場を後にしようとしたら、なんと!!今から自分も乗ろうとしたエレベーターの前に酒井氏&SBSの関係者らしき人が数人ほどドアの前で待っているではないか!?

 

 

これはチャンスだ!!と思い、そこで普通に酒井氏と約2~3分くらいの短い間、静岡のサッカーの事とか、先日のアメトーークの事(2日前に出演!!)とか、後はチョコナナの事とかが出来ました。
この時、酒井氏は自分が追っかけか何かだと思ったそうで、「今日はどこから来たんですか?」と聞いてきたので、「ん~・・・いや、ウチはここ(エコパ)の近所、自分は袋井市民ですよ・・・ちなみに自分はジュビロのサポーターです」と言ったら、「(今年は降格した事を察してくれたのか)ああ・・・来年は大変な年になると思うので応援頑張って下さい」と言ってくれました。(その後、酒井氏は関係者と一緒にタクシーでエコパを後にしました。)

 

 

ちなみにラジオではオラオラな感じで王様口調で喋る酒井氏ですが、以前から聞いてた通り、普通に喋ると超良い感じの人でした。

Img_20191214_134059

当然、チョコナナのサコッシュにもサインを頂きました
あとはこの横に番組に出演してるSBSの矢端名結アナ原口大輝アナの2人のサインが入れば完璧!!

 

 

次回は久しぶりにカードの事でも書こうと思います。
たまには開封もしてみようかな・・・いや、開封するよ!!(ボーナスも出た事だし・・・)

|

やっと終わったな・・・って感じ

昨日は2019年のJ1リーグ最終戦・ヴィッセル神戸戦(アウェー)が行われました・・・が、結果は降格圏に沈んだチームに相応しいというか、もう清々しいくらいの完敗というかボロ負けであり、内容的に一体どこがダメだったのか?というのが非常に分かりやすい試合だったと思いました。
結局この日の負けで再び順位が入れ替わり、ジュビロにとって初の最下位で終了。
この成績によって来年のルヴァンカップ参加権は多分無くなったと思いますが、ここ数年はずーっと予選落ちばかりなので、どうせ決勝トーナメントになど全く進出など夢の世界・・・まあ出れなくても別にいいでしょう。(平日限定のジュ美女カードの配付も無くなるんで、自分としては非常にありがたい!!)
それにしても今年のジュビロは過去と比較しても類を見ないというか、チーム全体、そしてそれを運営する経営陣、その他諸々の全てがプロとして有り得ないレベルだったというか、まさにダメクラブの見本市と言えるもので、降格したのは100%当然の結果であると言えるでしょう。
自分としても、今年のジュビロは年度の冒頭にも書いたように昨年よりも応援の度合いというか、チームに対する思い入れ度(=熱量)は1000分の1以下だったので、前回降格した2013年の時と比べ、今回は「あ~あ・・・まあ今年のチームのやる気無さっぷりを見れば落ちるべくして落ちたわけだし、降格したのは仕方ねえな・・・」って思ったくらいですから・・・
尚、今年のジュビロについての自分的見解は、後日少し落ち着いた頃に書こうと思います。
これまで自分はチームのそういう部分を書くのは極力避けていましたが、さすがに今年の成績&なんでそうなったのか?というのは書かずにはいられないので・・・(とにかく、ぶった斬ってやりたい気分なので・・・)

 

 

で、今回は先日のホーム最終戦の時&火曜日の練習の時に交換等で入手した、例の謎シリーズでもある2019ジュビロ・オフィシャルカードの紹介です。
ちなみに今回入手したのは全てパラレル版のサインカードです。

Img_20191207_074017

◇八田直樹(2枚目)
◇今野泰幸
◇田口泰士
◇ムサエフ
◇山田大記
◇カミンスキー

Img_20191207_074053

◇山本康裕
◇大南拓磨
◇針谷岳晃(2枚目)
◇ファビオ
◇ルキアン(2枚目)

 

 

このシリーズのパラレル版のサインカードですが、2017年版の時と比較しても入手難度は相当低いとはいえ、実質的にはサインカードのダブルコンプをしなければならないため、やはり完全コンプリートまでの道のりは厳しいです。
このシリーズですが、当初はそんなに開けないとか宣言してましたが、結局いつものように、ここまでに結構な数を開けてしまいました。
ちなみに普通にレギュラーカードのコンプセットを作るために揃えてみても、何故か出現率が非常に低い選手が3人くらい存在しているため、実はレギュラーコンプだけでも少々難易度が高かったりします。(製作&発売元が株式会社ジュビロだからね・・・今年のジュビロは多少いい加減な部分があるのは仕方が無いと割り切るしか・・・)

 

 

本日はJ2の昇格プレーオフ・決勝トーナメント第2戦・徳島ヴォルティスvsモンテディオ山形戦を見ていましたが、ジュビロにとって以前から超×5くらいに苦手意識があるモンテディオと来年当たるのが嫌だったので、J1に上がって貰いたいが為に自分はモンテディオを応援していましたが、残念ながら0-1でヴォルティスに負けてしまったため、また嫌~な相手と来年戦わなければならなくなってしまいました。
モンテディオ山形・・・本当に嫌な相手なんだよなぁ・・・(初めてJ1で対戦した2009年の時はホームで6失点大敗とか、2014年は昇格プレーオフ前のホームで完封負けの完敗を喫し、その数週間後にはプレーオフで相手GKに決勝ゴールを決められて全世界に恥を晒したりと、本当にモンテディオ戦はジュビサポにとってトラウマだらけの相手です!!)

|

結果をもう一度見直して・・・

先日の土曜日ですが、名古屋グランパス戦(ホーム)が行われました。
この試合前までジュビロのJ1残留は崖っぷち状態であり、首の皮一枚だけ残っているという非常に厳しいものでしたが・・・

 

 

この日は今期のホームゲーム最終戦ということもあって、スタジアムは今シーズン最多の来場者でした。

Img_20191130_120015

Img_20191130_120024

開門前のサポーター広場なんて、人がごちゃごちゃで普通に歩くのも大変。(偶然だが上の2枚は同じ人が大きく写り込んでしまった)

 

 

先日のFC東京戦ですが、カード仲間でもあるY氏が来場されましたが、この日はやはり同じカード仲間でもあり、グランパスを応援すべく名古屋方面から来場されたM様が御来場。
もちろん試合後はジュビロショップで少し開封してから帰られましたが・・・(その開封の様子を見てた店員さんたちは、「これが全国レベルの引きなんだ!!」って感じでビックリしてたが・・・)

 

 

この日、ジュビロは勝ち以外なら即J2降格が決定するので、絶対に勝たなければならないし、例え勝ったとしても17位&16位のチームの結果次第ということなので、前回同様に苦しい状況は変わらないですが、それでも唯一の望みを賭けて勝ち点3獲得だけは絶対達成しなければならない。

Img_20191130_122341

これは選手を乗せたバスがスタジアムに到着した時の様子です。
サポーターたちは気合を入れて応援していました・・・が、自分は何で今(降格間際)になって、このような気持ちの入った応援をするのか?っていう疑問で一杯でした
なんかねぇ・・・夏休み期間中はずっと遊びほうけていたものの、終了間際になって大量に貯まった宿題を必死になってやってる学生のように、もう切羽詰まった感が有り有りというか・・・

 

 

この日は珍しい事が何回も起きましたが、まずは最初の奇跡とでも言いましょうか・・・
自分が自宅等でカードの開封をしてて、サインが出たら残りパックからは多分もう何も出ないものだと思っているので、そういう『いわゆる残りパック』っていうモノをいつも一緒に並んでいるお子様たちにあげたりしていますが、今回持ってきた(自分の頭の中ではサインが出た後のスカパック)様々なシリーズ・計60パックの中の一つから超とんでもないカードが出現!!
それが・・・
Img_20191130_114511

なんと!!まだ未所持だった2019ジュビロTEの中村俊輔選手のパッチジャージでした。
まさかそんなスゲーのが残っているとは・・・って感じで驚きました。
でもそれは一度自分が手放したパックなので、そのカードを引いた子に「まあそれはキミが引いたヤツだから・・・」って言ったんですが、その子は「いや、これは貰えないから返す・・・」って言ってくれて・・・(これマジで涙が出そうでした。でもそれじゃあ自分の気が済まないので、代わりに豪華なモノをプレゼントしちゃいましたが・・・)

 

 

とりあえず、このシリーズはコンプまで残り2枚となりました。
最難関を入手したので、一度はあきらめていた年内でのコンプ・・・もしかしてあるかも!?

 

 

この日起きた2度目の奇跡。(でも奇跡とは言えないかも!?)

Img_20191130_132912

試合前に選手が投げるサインボールが、自分めがけて飛んで来たのでキャッチ!!(今回は荒木選手)
ちなみに自分がこのボールを捕った時のジュビロの勝率は、以前も書いたけど非常に低かったりするので、捕った瞬間、「あ~、やってしもーた・・・」って思いました。

 

 

試合前の様子です。

Img_20191130_135711

Img_20191130_135707

Img_20191130_135713

スタジアム一体となったコレオですが、実はジュビロがこのようなコレオをやると、あんまり勝率が良くないんだけどな・・・

 

 

さて、そんなジュビロにとって運命を賭けた試合は・・・

Img_20191130_150821

この日3度目の奇跡とでも言っておきましょう。
ここ10年間、何をやっても絶対に勝てなかったグランパス相手に、多分今シーズン一番と言ってもいいような出来で、まさかの勝利を飾ることが出来ました・・・が、同時刻に開催された16位の湘南ベルマーレが勝ち点3を得たという事で残念ながら・・・

 

 

でもね、ここ数試合はホントに良く頑張ってくれたと思いますし、特に今回の試合みたいに絶対勝ってやる!!って感じの気迫を常に出せるような事が出来れば、来シーズンは必ず良い結果を得られると信じています。
ただJ2は本当に長く厳しいもの。
試合後に大量のブーイングを浴びせられる中、定型文のような挨拶を行った社長が言ってたように、本当に1年でJ1に戻る覚悟があるなら、シーズン終了と同時に速攻で何かアクションを起こさなければいけないし、キツイ事を言えば休んでる暇なんて全く無いくらいじゃないと有言実行は難しい。
今回の社長の挨拶ですが、非常に軽々しい感じで1年で簡単にJ1復帰出来るように発言してたけど、「この人って本当に現在のチーム事情が分かってないんだな・・・」って思ったね。

 

 

J1復帰するためには・・・自分が思うには、とにかく全ての面で本気を見せろ!!ということだと思います。
今シーズン最初の頓珍漢な補強、内容が伴ってない練習内容、相手を圧倒することが出来ない戦術、早々とあきらめる姿勢、未来ある若手選手を次々と放出・・・と、本当にこれまでのジュビロの歴史に残る、最も将来性が無い魅力皆無のチームになったと思ったよ。
もしも本当にJ1に戻りたいのであれば、多少の犠牲を払ってでも突き進んで行かなければならないと思うし、J2リーグでは毎試合勝って当たり前と思うくらいの戦う集団にならないとJ1昇格なんて120%無理なので、来シーズンジュビロのユニフォームを着る選手は覚悟を決めて1年間臨んで欲しいものです。(毎年変わり映えのしないスローガンも、いいかげん変えろ!!って思う。また来年も「つなぐ」とか「げんてんかいき」なんてキーワードを使ったスローガンになったら、自分はシーズン前から諦めるかもしれんよ・・・)

 

 

なんか今年のJリーグが完全に終わったような感になったけど、まだ残り1試合あったんだっけ!?
一応消化試合になるだろうけど、最後も頑張って有終を飾ってくれ!!

 

 

最後に気になった事を一つ。
最終戦のセレモニーが終わった後、各スタンド席等を見渡してみると、様々な所でそれぞれの応援仲間同士とで記念撮影してる風景を良く見かけましたが、そういうことをやるのは別に自由なので、自分は「やめろ!!」とは言わないけど、確かに結果としては勝った試合の後とはいえ、J2降格が決まった直後に笑顔でピースしたりイエーイとかしながら楽しく撮影してるのは何ていうか・・・凄く温度差を感じる光景とでも言ったらいいのか・・・まあ少なくとも自分は300%絶対出来ない行為ですね。(しかもそれを動画などSNS等でアップしてる人もいるから驚きです。来年からJ2なんだけど!!)

 

 

そして・・・今回のお客様でもあるM様ですが、上でも書いたように2019ジュビロ磐田・オフィシャルカードを僅か数パック購入したところ、その中の1つから人気選手のパラレルサインが!!
そして同時に開封してたカード仲間のS氏はサインコンプまであと1枚という状況で、1ボックス開けたら見事にラストピースを自引きする快挙達成!!
そしてこの日、栃木から来場のS氏も普通に購入してパラレルサイン・・・
先日登場した太田姉さんの友人もパラレルサインを引く・・・
そして数日前にはN兄弟がパラレルサイン・・・
最後に先日のカードフェスタ等で引いたパラレルサインを提供してくれたDちゃん、Mちゃん、Tさん、Aちゃん・・・(←これ、みんな女性!!引き良すぎる!!)
こうやって誰もが結構普通にパラレルサインを引いてるというのに、なんで自分だけはそういうのに当たってくれない(引けない)んやー!?

|

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »