« 例年よりも静かに行われた開封大会(その1) | トップページ | 例年よりも静かに行われた開封大会(その2) »

結果的には良かったと思うが・・・

昨日は天皇杯3回戦・ヴァンラーレ八戸戦が行われました。
この日は一応世間的には夏休み期間中ということでもありますが、リーグ戦での低迷ぶり&悪天候の中での試合という事で、来場者は4,000人にも満たない数・・・
スタジアムに来なかった人たちを後悔させてやるような試合を期待しつつ、いくら格下相手とはいえ、今のチーム状態では心配な部分もありましたが・・・

 

 

冒頭にも書いたように、この日は台風10号の影響もあり、時折激しい雨が降るという最悪な天気でした。

Dsc_0308

天皇杯ということで、いつもなら沢山のブースや売店が並んでいるサポーター広場も、この日は何も無い状態・・・

 

 

この日は嫁が仕事であり、その都合もあってスタジアム入りしたのは6時過ぎでした。

Dsc_0309

予想通り屋根のある所はどこも席が埋まっていましたが、早い時間にスタジアム入りしていたサポ仲間のMちゃん(1号)Mちゃん(2号)が既に自分たちの場所をキープしておいてくれた事もあり、雨の突然の襲来も心配せずに観戦することが出来ました。

 

 

屋根の無いバックスタンドは・・・

Dsc_0310_20190815105301

こんな感じでした。
普段自分が見てる辺りは、さすがに座っている人の数もまばら・・・

 

 

で、試合ですが・・・

Dsc_0313

前半はスコアこそ2-0でジュビロがリードしたものの、内容的にはとても見ていられないもので、格下相手にパスミスを連発し、何度か決定機を作られるなどで、どちらかと言えば全ての面でヴァンラーレの方が上手かったように見えました。
しかし前半の攻めで相手が疲れたのか?後半は終始ジュビロが猛攻を仕掛け、中山選手が2回戦に続いて、この試合でもハットトリックを達成するなど計4点を奪い、結果的には6-0という圧勝劇で4回戦に進出することが出来ました。

 

 

この試合で特に目立ってたのは来日して初めてスタメンで出場したエベシリオ選手。
足元の器用さ+視野の広さで効果的なパスを何本も供給し、更にコーナーキックも両足で蹴るなど多くの場面で技術の高さを披露していました。
なんか久しぶりに色々出来る中盤の選手がジュビロに来た気がするよ。

 

 

しかし大勝したものの、この試合を見に行った人間なら分かると思いますが、本当に上手い前線であったら、多分もっと得点を奪えていたと思います。
実際決定機を何本外せば気が済むのか?って思ったほどで、この日の得点者(中山選手③、アダイウトン選手②、荒木選手①)は上手くやれば全員がハットトリックを達成出来たんじゃないかと・・・

 

 

あと、得点すると盛り上がってた謎の方々(外国人集団)も目立っていましたが・・・

Dsc_0314

さすがにやりすぎたのか?スタッフの方々より厳重注意を受けていました。
でも一番盛り上がってたのも事実だし、自分としてはそういう雰囲気は嫌いじゃなかったです。

 

 

で、この試合の後、鈴木秀人監督の辞任が発表されることになるのですが、それについては正直予想すらしてなかったです。(彼は会社側に騙された感があり、別の見方をすれば被害者でもあるが・・・)
前任者が突然辞任してしまい、その後は行き当たりばったりな感じで再度監督経験が全く無い人間に半分強引な感じで任せるチームもどうかと思いますが、それから約1ヶ月の間にチームで一番の目玉選手や若手有望株の選手、更に一番活躍してた選手が次々にチームを去り、全く勝てない日々が続けば、こんな仕事なんて誰だって辞めたくなるでしょう。
この事についてはシーズンが終わってから自分の意見・・・いや文句も含めて色々書いていこうと思っています。
せっかく天皇杯で久しぶりにスッキリ勝てたというのに、このチームはもう・・・

|

« 例年よりも静かに行われた開封大会(その1) | トップページ | 例年よりも静かに行われた開封大会(その2) »

ジュビロ磐田」カテゴリの記事