« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

まさか!?本当にあるとは思わなかった・・・

今回は入手カードの紹介です。
先日発売された横浜FCオフィシャルカードですが、このシリーズにはJリーグ・デビュー当時からずっと応援してる松浦選手のサインカードが封入されており、ここでも先日無事に入手したと紹介しました。
で、一応気にはなっていたものの、さすがにジュビロから他チームに出て行ったことで、今回に関しては絶対に無いものだと思っていたんですが・・・

 

 

先日サポ仲間兼カード仲間のNくんより、まさかの写真が送られてきたことにより、それの存在が発覚。
そしてつい先日、我が家に到着・・・

Dsc_0270

◇2019横浜FCオフィシャルカード 松浦拓弥 40枚限定直筆サインカード(落書き版・多分1枚限定)

 

2014年のチームエディションで松浦選手が、これまで一度も書いた事の無い変なサイン(通称:落書きサイン)を極小枚書いた時より、この落書き伝説の幕が開けることに・・・
それから毎年のように、練習場とかで松浦選手本人が自分に『また例のアレを書いたので探してみて下さい♩』という感じで挑戦を受け、毎回のように超苦労しつつも出来る限り頑張って入手してきました。

 

 

そんな毎回極小枚数だけ書いていた落書き版・サインカードですが、松浦選手の横浜FC移籍と同時に、自分も以前のように頻繁に練習場等に会いに行けなくなってしまったため、この悪い風習(←嫁はそう言ってる)は、さすがにもうやらんだろうと思ってたんですが、なんとオークションに今年度版の落書きサインが出品されてるという連絡を聞いてしまったことで、これはもう仕方ないなぁ・・・と思いつつも頑張って落札!!

Dsc_0271

数日前に入手した普通版サインと2種共に揃える事に成功!!
引いてくれた方、よくぞ出品してくれた!!と思いました。

 

 

最後に落書き繋がりの事でも・・・
既に全国的に消えつつある2019Jカードですが、実は今回アダイウトン選手のサインカードにも普段とは少し違うサイン(落書き?)が1枚だけ存在するという事実・・・
そのことについてはJカードの発売と同時くらいにチーム関係者より聞いた事実なんですが、もしかしたら発売元がサインカード製作段階で外したという可能性も・・・(かなり色々書いた・・・とのことらしいので・・・)
何を書いたのか?については、残念なことに全く分かっていませんが、発売直後から気になってた事の1つだったりします。

|

野生の本能は凄いと思ったこと・・・

昨日7月27日は土用の丑の日ということで、我が家の食卓に鰻が並びました。
しかも鰻丼(一つに3枚使用)&白焼きということで好きな人にはたまらない、まさに鰻尽くしという贅沢極まりない夕食・・・

Dsc_0263

でもね、それでもカード〇ボックス分を我慢したり、アウェーに遠征するのを1回でも止める・・・な~んて事を考えれば、まあ普通に食べれるものなんですけどね。(それでも高額なものには間違いないが・・・)
ちなみに昔というか、まだ親父が健在だった頃、鰻という魚は近所の川で釣った(捕った)りして、だいたい1週間くらい馴染ませてから、自らさばいて食べるというのが主流だったので、こうやって店で売られてるのを買い、簡単に調理して食うというのは貧乏人がやることでは無い!!と激烈に教え込まれまれたのも、今となっては良き思い出か・・・

 

 

ちなみに以前も書いたと思いますが、自分は高校生の頃に親父より鰻のさばき方をスパルタ教育級に叩き込まれたので、下手ではあるが一応さばけるけど・・・最近全くやってないな・・・
今のような暑い時期は、やはり多少無理してでもスタミナのつくようなモノを食わんと、ちょっとやっていけないですね。

 

 

そして今朝のお話ですが、ちょっと驚くことがあったので、その事を書いておきます。
先日ですが、我が家のクワガタの繁殖用として産卵木を沢山用意し、それに産卵させる準備として加水(水につけておく)し、3日くらい前からベランダに干しておいたんですが・・・

Dsc_0264

その中の1つが今朝になってバキバキに砕かれていました。
写真でも分かるように、手前右側の青カビが少ないやつの元に砕かれた木片が転がっていますが、見た瞬間これは一体何があったのか!?と思い、その木を確認すべく持ち上げてみると・・・

 

 

正直、マジで驚きました!!

Dsc_0265

その問題の木の皮の間に、どこからか分からないけど産卵の為に飛んで来たとしか思えないコクワガタのメスが入り込んでいるのが見えました。(写真では分かりにくいけど・・・)
昨夜は雨上がりにより非常に蒸し暑かったんですが、そんな中、我が家に並べて置いた産卵木から僅かに出てる広葉樹特有の匂いに誘われて飛んで来たんでしょう。
良く見てみると、その砕かれた部分には一応産卵痕みたいなものも確認出来たので、今回飛んで来たクワガタと一緒に、このまま我が家で管理しようと思います。

 

 

それにしても野生の本能ってのは本当に凄い。
我が家の近所にはカブトムシやクワガタが普通に居るような雑木林なんて全く無いというのに、そんな所でも子孫を残すために家の中で飼っている仲間の出すフェロモンや、今回のように産卵木が僅かに出す香りを嗅ぎつけて普通に飛んでくるんですからね。
改めて本当に凄いと思うわ!!

|

本当は自引きするのが一番だけど・・・

今回は最近入手したカードの紹介です。
一応念願でもあった選手のカードも無事に入手出来て本当に良かった・・・

Dsc_0262

◇2019Jカード 中村俊輔 53枚限定直筆サインカード

◇2019Jカード アダイウトン 53枚限定直筆サインカード(通算3枚目)

◇2019Jカード 山田大記 53枚限定直筆サインカード(通算2枚目)

◇2019Jカード 大久保嘉人 53枚限定直筆サインカード(通算2枚目)

◇2019Jカード ロドリゲス 53枚限定直筆サインカード(シリアル11番・通算4枚目)

◇2019Jカード 石田崚真 53枚限定直筆サインカード(シリアル1番・通算3枚目)

◇2019横浜FCオフィシャル 松浦拓弥 40枚限定直筆サインカード

◇2019Jカード 押谷祐樹 53枚限定直筆サインカード

 

 

監督が代わったと同時に「これでもうジュビロに在籍する意味が無いし、居ても仕方が無い・・・」という感じで速攻で居なくなってしまったように思われている(実際そうかもしれんが・・・)例の10番の人ですが、ようやく2019Jカードにおいて、その選手のサインカード(1枚目)を入手しました。
あとはGEMの2種(ノーマル&ブラック)なんですが、こちらはまだ全然目処が・・・
そして気になっていた横浜FCのオフィシャルカードの松浦選手のサインカードですが、おそらく入手するまで超難航するのでは?と思っていましたが、以外とすんなり入手することが出来ました。
ただ、今回のシリーズにおいて、奴は恒例とも言える例の落書きサインを書いたんでしょうか?

 

 

そういえば、この後に続々発売される2019年版の各チームのチームエディションで、どのチームにも必ず用意されているGEMというカードのデザインですが、見た感じでは先日発売されたJカード、更にその前に発売されたプロ野球系カードのGEMと全くと言ってもいいくらい同じデザインってのはどうなんでしょうか?
今年から製作元・発売元がエポック社主導(?)みたいな感じになったのは別に構わないけど、だからって言って全く同じデザインを使い回しするような手抜き感バリバリな仕事しか出来ないようなら、今後このような仕事に関わらなくてもいいような気がします。

|

楽しかったですか?自分は全然楽しくなかったですよ・・・

昨日は女性の祭典vs浦和レッズが静岡スタジアム・エコパで行われました。
この試合は鈴木秀人新監督にとって最初のホームゲームであり、前節の劇的勝利の流れを止めてはならない大事な試合になるはずだったんですが、現在のチームで点が取れる唯一無比の選手でもあるロドリゲス選手をスタメンどころかベンチ外にするという愚策で臨んだ結果・・・

 

 

冒頭に少し書きましたが、この日は女性限定イベントが目白押しでした。
その中でも何ていうか異様な空気に包まれていたのが・・・

Dsc_0252

このジュ美女のブースですね。
先着10,000名の女性には限定の特製のオリジナルシャツが配布されました。

 

 

それがコレ・・・

Dsc_0261

無料配布の割に出来は非常に良く、この日の試合終了前からメルカリに大量出品されていたそうですね。
そういうとこに最初から出す気満々だった方に言わせれば、このイベントは本当に良い企画ですね。
いいですね!!ちょっとした小遣い稼ぎが出来て・・・

 

 

他にも沢山の(女性のための?)イベントが行われていました。

Dsc_0254

こちらではSNS等に載せるために作られたスペースが多数・・・
ここで販売されていたタピオカなんちゃらは、この日非常に暑かったこともあって速攻で完売してたし・・・

 

https://www.jubilo-iwata.co.jp/blog/detail/15257  

 

 

正直、自分にとって特に何も面白く無いイベントばかりなので、とっとと席に戻る。

Dsc_0256

これは試合開始まで約30分くらい前の様子かな?
ちょうど選手を鼓舞するべく、応援が始まった直後ですね。

 

 

で、試合・・・

Dsc_0258

今シーズンのジュビロは逆転勝ちが一度も無いということなので、とにかく相手に先制されたら終わりという感じです。
で、ジュビロは毎試合どんなに頑張っても、どんなに攻めまくっても、決まって1点しか取れないほど超深刻な得点力不足に陥っているので、絶対に相手に得点を与えてはならないはずなんですが、この試合は前半10分という早い時間に相手に先制され、続いて前半22分に追加点を奪われ、前半32分に更に追加点・・・
残念ながら今回の試合は開始10分で終了と言ってもいいでしょう。

 

 

この試合で負けた理由はいくつかありますが、その中でも特に色々と言われているのが、この試合のロドリゲス選手のベンチ外問題ですね。
その理由は、あの感動的な勝利に湧いた松本山雅戦から数日経ったある日の練習中、鈴木秀人新監督と戦術関連で確執が起きたと言われ、今回ベンチメンバーからも外されるという事になってしまいましたが、今のジュビロはチームで一番活躍してる選手を平気で外してる余裕なんて1%も無いと思うんですよね。
それこそ相手に対してベストメンバーで臨んでいないことで、言い方を変えれば相手を舐めているとしか思えない。
名波前監督の時も同じような事がありましたが、練習中での出来事はチームとしての問題であり、試合を見に来る来場者・・・つまりお金を払って試合を見に来るお客さんにとって全く関係ない事です。
スポーツはショービジネスとは少し違う部類ですが、せっかく高いお金を払い、時間を作ってまで見に来る多くのお客さんに対し、今見せれる最高の物ではなく中途半端な物を見せて済もうと思ってるなら、それは来場者に対して非常に失礼な事であり、悪く言えば詐欺と変わらないと思うんですよね。

 

 

そういうことまで考えたうえで、チームにとって重要な得点源でもある選手を簡単に外したんですかね?
現役時代から非常に好戦的な性格で、度々何かを起こしていた鈴木秀人氏ですから、ちょっとした事で瞬間的に頭にきてしまい、それが元で一方的な感情重視なままメンバーを決めたのなら、それは少し・・・ではなく、かなり考えが足りなかったんじゃないか!?と思いますが・・・

 

 

ちなみにロドリゲス選手ですが、この試合は普通にピッチ内で試合に出場しない選手たちと一緒にいました。
ボールを持っても何も出来ない、何も噛み合わない、ミスだらけの情けない攻撃陣を一体どんな感じで見ていたんでしょうか?

 

 

他に気になったのは、試合終了後の両チームの温度差ですかね。
勝っても後半の試合運びが良く無かったのか?大ブーイングだったレッズサポーターと、無様に負けたにも関わらず挨拶に来た選手を拍手で迎える大勢のジュビロサポーターにも凄く違和感を感じましたね。

 

 

それにしても、こんな不完全な状態のチームを到底ホームとは思えない見づらい陸上競技場で観戦し、男性は参加出来ない人種差別イベントに憤りを感じ、己の感情がコントロール出来ず、チームで一番頼れる選手をベンチ外にしてしまい、試合は予想通りの結果・・・
この日のエコパで過ごした数時間は本当に無駄なものだったと思いましたね。

 

 

試合後に帰宅すると・・・

Dsc_0251

いつもの場所にコイツが近づいて来て、「特に気にする事は無いニャー・・・」って感じに何か言いたげな様子でした。
お前だけだよ、分かってくれる奴は!!

 

 

そんな自分としては何にも面白く無かったレッズ戦でしたが、その中で唯一とても良かった事が一つだけありました。
それは・・・

Dsc_0259

この日の試合におけるマッチスポンサーはSBS静岡放送でしたが、そのSBSが主催のイベントが来月、つまり8月下旬に開催されるということで、今回そのイベントPRの為にSBS代表として来場した矢端名結アナウンサー(愛称:やばたん・・・先日のファン感でも声を掛けました)がSBSのブースに普通に居たので、ちょっと話しかけてみたら本人から、そのPR用の名刺を直接頂き、しかもそれに丁寧にサインをしてもらい、更にいつも聴いてるラジオ番組の事とかのお話をし、とどめは彼女がまだアナウンサーになる前、まだ御当地アイドルをやってた時代に様々なイベントで良く歌ってた『群馬のキャベツはNo.1』という謎の歌を、周囲に気付かれないレベルで自分と嫁の前で生歌の披露をしてくれました。
・・・っていうか、今後SBSの女子アナでエースになる・・・かもしれない人が普通にブースに居るっていう状況は非常に珍しいというか・・・(矢端アナは、この後スタジアムのピッチに出て、イベントPRをしていました)
尚、この名刺は矢端アナ曰く、8月のイベントのPR大使を務めている4人(他の3人は新城健太アナ・原口大輝アナ・大槻有紗アナ)全てに用意されているそうで、こうなった以上残り3人にも貰いたいもんだな・・・と思っています。(特に大槻アナの名刺は必ず入手したい!!)

 

 

 

SBSのイベントについてはコチラ・・・(駿府城夏まつり・水祭)

http://www.at-s.com/sumpujo-natsu/

|

このシリーズが開けれるのも終わりが近いかもなぁ・・・

今回はまだ紹介してなかった開封結果です。
開けたのは今年も何度か紹介してきた2019Jカードですが、このシリーズのサインカードは既に約70枚以上引いてきたにも関わらず、まだ何も凄いのが引けて無いので、そろそろ何か出てくれてもいいのでは?と思いながら開けているんですが、既に世の中から徐々に姿を消しつつあるので、せめて最後に・・・って感じで開封してみたんですが・・・

 

 

ということで、今回も出たサイン系の結果だけを簡単に紹介するだけです。
結果だけ簡単に・・・っていうことは、結局今回もいつもと同じような選手が出たということで・・・

 

 

1ボックス目は・・・

1563459466724617430442

◇ソウザ(セレッソ大阪・2度目)
◇前野貴徳(愛媛FC)

 

以前引いたことがある選手が出るのはちょっとな~・・・これが超大物だったら、また話は別なんだけど。

 

 

2ボックス目。

15634594983041186281164

◇水沼宏太(セレッソ大阪・2度目)
◇木村祐志(水戸ホーリーホック)

 

最初に続いてセレッソ2連発。
それも以前に引いた事のある選手のダブル被りって!!

 

 

3ボックス目。

1563459533532143304518

◇高橋祐治(サガン鳥栖) 
◇松井大輔(横浜FC)

 

一応元ジュビロの松井選手が出たけど、正直ジュビロでの思い入れはあまり無い選手なので、これは持っててもなぁ・・・って感じです。
尚、サガンのエンブレムが見えた時は少しだけドキドキしたけど・・・

 

 

4ボックス目。

1563459557134682208085

◇家長昭博(川崎フロンターレ・2度目)
◇中村航輔(柏レイソル・2度目)

 

まさかの2枚共に既に1度引いた事のある選手とは・・・
結局4ボックス開封でサイン計8枚中半分の4枚が既に引いた事がある選手って、普通に無いわ~。

 

 

さて・・・明日はvs浦和レッズ戦が行われるようですが、会場はホームのようでアウェー感バリバリな雰囲気が漂う静岡スタジアム・エコパであり、しかもこの日のイベントですが、世の中の男性ジュビロサポーターは全くお呼びで無い感じの物が行われます。
あとはチームとしては今回のレッズ戦までに必ず出場出来る攻撃的選手を補強をするという話もありましたが・・・それはどうなったんでしょうか?(昨日発表されたけど、ガンバ大阪より電撃加入した元日本代表の今野選手は、当初チームが求めていた選手では無いと思う・・・)

|

一応現地に行ってきたんだけど・・・

先日の土曜日ですが、松本に行ってきました。
正直試合内容は微妙なものでしたが、なんていうか色々な運みたいなモノにも助けられ、ジュビロは勝ち点3を得る事が出来ました。
後に決勝ゴールとなるロドリゲス選手の先制ゴール決まった瞬間、そしてタイムアップの瞬間のゴール裏は盆と正月が一気にやって来たような凄いお祭り騒ぎでした・・・が、そんな思い出深い程の試合からは既に数日ほど経っています。
何故今まで公開しなかったのか?というと、写真が・・・

 

 

この日は午前9時過ぎに自宅を出発し、午後2時には試合会場でもある松本市内のサンプロ・アルウィンスタジアムに到着。

Dsc_0244

スタジアムに隣接する広場では、多くの松本山雅ファンの方々が草サッカーなどをして楽しんでいました。

 

 

その広場を抜け、本通りの方へ回ってみると・・・

Dsc_0245

そこには既に多くのジュビロのサポーターが集っていました。
この日の試合は、とても大事な試合ということもあり、多くの方は気合を入れて松本に乗り込んで来たようですが、果たして試合は・・・!?

 

 

ということなんですが・・・そこから試合前の両チームのゴール裏の様子、堪能したはずのスタジアムグルメ、試合直後の興奮の様子、そして宿までの事から翌日の帰宅前までの写真が全く撮れてない(現在画像撮影用に使用している携帯ですが、何故か謎のリセットが頻繁に掛かり、撮影したはずの写真が真っ黒になってる現象が起きるという・・・)ということで、本当に公開しようか悩んでいました。
でもせっかくなので、まあ残っているやつでも・・・ということで、ここまで時間が掛かったということなんですよね。(公開が遅れた理由は他にもあるけど・・・)

 

 

その残ってた写真・・・

Dsc_0247

Dsc_0248

これは帰宅途中で寄ったパーキングエリアから望む諏訪湖の様子ですね。
上の写真は目の前で何かボートを使ってレースみたいな事をやってたが・・・

 

 

そしてこちらは帰りに寄った山梨県のセブンイレブンで何故か店頭で桃が売られていたんで、珍しいと思い撮影・・・

Dsc_0249

もちろん、この桃は買わせて頂きました。
ここの店員のお姉さんはとても優しかったが、優しい店員さんと言えば、試合前に寄った松本市内のスタジアム近くのセブンイレブンは、自分たちがジュビロのサポーターだという事を察し、店から出た時に冷たいトマトを「これ、少ないけど持ってって!!」って感じで複数頂きました。
静岡だったら余程の店じゃない限り、まず有り得ないです。

 

 

まともに残ってた写真は以上の3枚だけ・・・
う~ん・・・なんか今までに無い、自分としては斬新すぎるアウェー遠征記になってしまったな。

 

 

次回はカードの事です。
なんか気が付けば、2019Jカードは全国的に消えつつあり、既に絶滅危惧種になってきてますが、このシリーズでサインに関しては全くと言ってもいい程に大物らしきものを全く引けて無いので、そろそろ何か引かないと・・・(っていうか、昨年以上に大物級が沢山存在してるというのに、何も引けないのはさすがに問題だろうと思う・・・)

|

久しぶりの遠征だ!!嬉しいィィィ!!

本日はvs松本山雅戦(アウェー)ですが、現在最下位のジュビロにとって17位の松本山雅は残留争いのライバルであり、しかもこの試合を落とすようなことになれば、ジュビロの今シーズンが終わってしまうようなものになりかねない(いや、99.999%完全終了・・・)大事な試合でもあるので・・・

 

 

でも、こうやって書いても最近のジュビロは大事な試合をことごとく落としてきたので、もう今更って感じですがね。
そんな重要な試合、気になる先発&控えのメンバーについては、監督が前任者と全く同じ考えの人間が指揮を執るので、正直全く期待してないです。(針谷選手を試合に出場させてくれるなら別なんですが・・・)

15629685347951423711094

ということで、今回は今年2回目のアウェー遠征です。
4月のルヴァンカップの時は季節外れの大雪によって現地観戦は絶たれてしまったけど、今回は多分そういう想定外の事態は起こらないと思うので、長い道中安全運転でのんびり行こうかと思っています。(これが公開されてる時は、多分現地に着いているでしょう・・・でも今日の試合は午後6時からなんですね・・・)

|

終わりの始まり・・・

名波氏が監督を辞任してから、本当に僅かな日数しか経っていないというのに、後を追うようにチームの目玉的選手がジュビロを退団・・・
これって遠回しには、『名波氏が居なくなった以上、このチームに居る意味が無い・・・』とか『鈴木秀人監督とは昔から何の付き合いも無いので、別に自分が居なくなろうが
関係ない・・・』って言ってるように思えますが、まあ実際そうでしょうね。

 

https://www.jubilo-iwata.co.jp/newslist/detail/?nw_seq=6789

 

中村俊輔選手が居なくなることで、おそらく唯一それだけが支えだった多くの俊輔フリークの方々は、これでスタジアムに来る事は無くなるでしょうね。
俊輔選手が100%試合に出ない上に、もう見てて腹が立つくらい何も面白くも無い内容のサッカーなんか見る意味が無いからね。

 

 

2年半という短い期間の在籍でしたが、まあこれまでのチームを大きく変化させてくれたと言っても過言では無い偉大な選手であったことは確かで、特に入団直後の2017年のインパクトは凄まじく、この時一緒に形成してたムサエフ選手&川辺選手で形成された中盤は見る者を魅了し、もしかしたら・・・っていう感じで少なからず夢をも見させてもらいました。

 

 

まあサッカー選手である以上、やはり試合に出なければ意味が無いということで、今回の移籍になったということなんですが、行った先(横浜FC)ですが、応援してる方々には悪いけど、一体どういうつもりで俊輔選手の獲得に踏み切ったのか?って思いますね。
言っちゃあ悪いけどジュビロと同じで今後に向けて何もビジョンも見えないというか、今の横浜FCってかつての有名選手を寄せ集めてるだけにしか見えないですが・・・

 

 

俊輔選手がジュビロに来てくれたことで、チームに様々な影響をもたらしてくれましたが、良い面だけでなく悪い面も沢山ありました。
特に一部暴徒化してたと言われる、いわゆるジュビロ磐田というチームではなく中村俊輔という選手だけ応援してた連中や、俊輔選手入団と同時に大量発生したSNS依存症の連中(←これ本当に消えろ!!って思った)達からの鬼のようなクレーム攻撃により、これまでジュビロにあったルールが大きく変わり、変な規則みたいなものが生まれた事も忘れてはならないでしょう。 
しかし今回の事により、そういう勘違い野郎もスタジアムや練習場に来なくなるだろうし、これであのJ2時代(2014~2015年)のような平和な日々がやってくるのでは?と思えば、それはそれで良い事かと・・・(でも何も見所が無い寂しいチームになっちゃったなぁ・・・)

|

もう知らんわ!!状態・・・

先日の土曜日ですが、vs鹿島アントラーズ戦(アウェー)が行われました。
この試合は鈴木秀人氏が監督となって初の采配となったわけですが、相手がいきなりアントラーズというのは正直厳しいとしか言いようがないものの、それでも何か今までと違う部分だけでも見せて欲しいと信じていたジュビロサポーターは非常に多かったと思いますが、残念ながら前任者(名波浩氏)と全く同じようなスタメン、そして同じような采配、とどめは同じような負け方を喫するという・・・

 

 

確かに結果だけ見れば、まあ予想通りだな・・・と言われても全然不思議じゃないんですが、実は今回のアントラーズ戦、そして先日の川崎フロンターレ戦も実はジュビロの方が攻めてる時間が長く、それに伴って相手に何本ものシュートの雨を浴びせまくったんですよ。

 

 

ただね、いくらシュートを何本も何十本も・・・何万本も打とうが、決定力が信じられないくらいに低いというか、とにかく正確性に欠けるようなシュートばかり打っても仕方が無いんですよね。
フロンターレ戦は前半に10本以上のシュートを打ちましたが結局1本として決まらず、逆にフロンターレには数本打たれて簡単に3失点を食らいましたし、アントラーズ戦に至っては前半終了時のスタッツで信じられない数字が・・・

Dsc_0243

それはこの画像を見てもらえれば分かると思いますが、相手のシュート数は僅か1本ですが、得点が2という不思議現象が起きてしまったという・・・(しかもアントラーズの1本のシュートは最後のクロスをミスり、偶然良い所に飛んでって得点になったという・・・)
これぞ、まさにザ・効率の差とでも言うのかな?

 

 

さて・・・もう完全に最下位独走となってしまった感のあるジュビロですが、なんか聞けば随分前にチームの方から色々と声明文が出てました。
勝てなくて申し訳無いとか、もうすぐ補強するだとか・・・でも、こんな酷い状況になっても、なんか今のチームには全くそんな話が見えてこないんですが、本当にこの先は一体どうするんですかね?
次の松本山雅戦・・・いわゆる残留争いの直接マッチで負けたら、今シーズンは完全に終わりだと言う事をチームは分かっているんですかねえ?
数字上では、まだまだ全然大丈夫とか平気でほざいてる一部のジュビロサポーター、本当に頭大丈夫か?と言ってやりたいです。

 

 

もう一つ捕捉。
ここ最近というか、ジュビロを応援するようになって10年くらいの若いファンの方は知らないかもしれませんが、現役時代から名波氏と鈴木秀人氏は気持ちが悪くなるくらいの仲良し(名波氏が一番弟子は鈴木秀人氏とも言ってたくらいだし・・・)なので、全く同じような考え方とでもいうのかな?
昔から彼らの事を良く知ってる人間なら、今回のような名波采配と酷似の戦い方になるということは誰でも予想出来た事なんじゃないでしょうか?

 

 

ここからはカードの開封結果です。
現在のジュビロのチーム状態同様、カードの開封結果も全くパッとしなくなって久しいですが、それでも大物が引きたいが為に今回も懲りずに2019Jカードを開けましたが・・・(もう本当に結果だけです)

Dsc_0238_20190707154801

う~ん・・・

Dsc_0239_20190707154701

なんか一度は引いたことがあるような選手ばっかり・・・

Dsc_0240_20190707154701

最後の前田遼一様の自引きは嬉しい。

 

 

次回はカード以外の事を書こうと思います。 
ジュビロの事は・・・正直しばらく書きたくないです。(でも今週末は久しぶりにアウェー遠征・・・上でも書いた運命とも言える松本山雅戦なんだけど・・・)

|

入手カード&入手出来ないカード・・・

今回は入手したカードの紹介です。
発売から約2週間経った2019Jカードを中心に、今回は「久しぶりに見た!!」っていうような物も入手出来ました。

15622497429441808227847

◇アダイウトン(2019Jカード・53枚限定直筆サインカード)
◇山田大記(2019Jカード・53枚限定直筆サインカード)
◇大久保嘉人(2019Jカード・53枚限定直筆サインカード)
◇石田崚真×2(2019Jカード・53枚限定直筆サインカード)
◇山田大記(2013年版フットボール・オールスターズ・第2弾・YP) 
◇山本康裕(2016ジュビロ磐田TE・40枚限定直筆サインカード・シリアル1番)

 

最新版Jカードのジュビロのサインカードですが、一応着々と集まってきています・・・が、発売前から多分入手困難になるであろうと思っていた、3種類も存在する背番号10番の人の枚数限定カードは、相変らずというか、まだ1枚も入手出来ていません。

 

 

次回もカードの事・・・
しばらく、これで行く!!

|

大物が出て欲しいんですが・・・

本日は天皇杯2回戦・ホンダロック戦が行われましたが、この試合は磐田で行われ、しかも自分は休暇を取ってあったんですが、こともあろうに試合の行われた時間帯は地元の会議があり、しかも重要なお話だったので、どうしても出席しなければならなかったため観戦は欠席・・・

ちなみに試合は5-2でジュビロが勝ったということで、それによって無事に3回戦に進出したようです。

で、今回のメインは、いつものごとく2019Jカードの開封結果です。 

最近はこればっかって感じですが、それでも何か大きなモノが出てくれればって期待しながら開けています。

 

 

それでは今回もいってみましょう。
最初のボックスは・・・

Dsc_0236

◇東口順昭(ガンバ大阪)
◇山崎凌吾(湘南ベルマーレ)

 

東口選手のシリアルは1番=ジャージナンバーでした。

 

 

2ボックス目。

Dsc_0235

◇朴一圭(横浜Fマリノス)
◇エジカル ジュニオ(横浜Fマリノス)

 

今回良く見かける2枚のサインカードが同じチームという謎ボックス!!
しかも、ここまで最も沢山引いてるマリノス・・・今回マリノスのサインカードは、この2枚を足してこのシリーズ最多の計7枚・・・(マリノスですが、カード的には正直人気があるとは思えないし、ここまで連続して出まくるのは全然嬉しくない・・・超大物がいるFC東京なんて、ここまでまだ1枚も出てくれないというのに・・・)

 

 

今回のラストボックスは・・・

Dsc_0237

◇永木亮太(鹿島アントラーズ)
◇井上潮音(東京ヴェルディ)

 

最後は比較的良い結果でした。

 

 

次回も多分カードの開封結果です。
こうなった以上、最低でも何かが引けるまでは開けてくぞ!!

|

一つの時代が終わった日

昨日はvs川崎フロンターレ戦が行われました。
もう様々な所で何度もニュースになっているので、試合については今更な感じですが、とりあえず書いていきましょうか・・・

 

 

これは試合が行われる数時間前の様子です。

Dsc_0230

この日は朝から雨が降っていましたが、それでもスタジアムには普段のようにジュビロの勝利を信じて多くの人が観戦に来てくれました。

 

 

この日の主なイベントは・・・
一応なんかやってたけど、結構な雨だったので・・・(関係者の方々、本当にご苦労さまです)

 

 

試合は・・・
いつものように開始直後から攻めまくるものの、何度も訪れた超決定機を外しまくるという・・・
そして、そのうち相手に得点が入り、それによってそれまで勢いが良かったチームが突然意気消沈というか、急激に勢いが無くなり、あとはもう・・・って感じでしたね。

Dsc_0231

この日に行われた全ての試合が終わった時、ジュビロの順位は単独最下位に転落。
そして試合後は予想してた通りゴール裏には多くのサポーターが居残り、やがて運命の瞬間を迎えることになる・・・

 

 

でもね、結局こうなる事は多分多くの人は分かってたと思うんですよね。
だいたい昨年ギリギリでJ1に残留したチームが、これといった補強など全くしないで1年間戦おうなんて、あまりにもJリーグをナメてるとしか思えんし、しかも起用する選手は前の試合でダメだったにも関わらず、次の試合では何故かスタメンというパターンなのでチーム内に競争なんてものは全く存在しませんでした。
そりゃあ若手有望選手は出ていったり、新人が全く入って来ないという理由も分かるでしょう。
自分も今年は昨年以上に厳しいシーズンになると確信してたし、何度も言ってますが、まだシーズン序盤・第2節のサンフレッチェ広島戦(アウェー・0-0)の試合内容を見て、今年は降格するということを覚悟したくらいだし・・・

 

 

次回は普通に開封結果です。
いまだ引けない超大物、果たして次回は・・・!?

|

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »