« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

非売品カードは収集意欲が市販品より何倍も湧くものです

少し間が空いてしまいましたが、今回はルヴァンカップ・清水エスパルス戦の時に配付された、例のジュ美女スポット限定カードを中心に、最近入手した同種のポストカードの紹介をしていきます。
尚、日
曜日に行われたJリーグ・横浜Fマリノス戦(アウェー)の事については最後の方にちょこっとだけ・・・

 

 

まずは先日のジュ美女スポットにおける、平日限定企画の選手ポストカードの入手状況です。
今回も前回同様の策で全種入手を目指し、多くの女性陣の協力を得ましたが、やはり静岡ダービーということもあって平日であるにも関わらず、普段よりも客の入りが良く、その分イベント参加者も多かったことで、いつもなら午後6時を回っていても配付用のカードは結構残っているもんなんですが、この日は午後5時半くらいに全て配付分が出ちゃったことでイベント終了・・・

 

 

結局今回も時間内に全て揃える事は出来ませんでした。(その時の段階で残り1種類だったんですが・・・)

 

 

で、悪夢の今期ダービー3敗目を見届けた後、帰宅しようと駐車場に向かい始めた時、今回のイベントに割と協力してくれた女性の方が、何故か自分が持ってなかった選手のカードを持っていて(最後まで自分には内緒にしてた!?)、そこでそのカードを譲って頂き、めでたく全種完全コンプリート達成!!
このジュ美女のカードですが、配付された当日のうちに全種(今回は全33種)揃える事が出来たのは本当に久しぶりでした。

Dsc_0133

Dsc_0134

Dsc_0139

Dsc_0142

ただね、一つ注文付けるとすれば、一部の選手の写真は前回配付されたシリーズと同じ時に撮影されたものが非常に沢山あったのが残念というか・・・(出来ればホーム&アウェーのユニフォーム違いとか、目で見て分かるくらいの変化を付けて欲しかった・・・)

 

 

で、他には今年最初のシリーズの未入手分2種(写真上2枚・田口泰士・宮崎智彦)、そして前回シリーズの未入手分2種(写真下2枚・新里亮・田口泰士)の計4枚も同時に入手出来ました。

Dsc_0131

これにより、前回シリーズは全34種コンプリート達成。残りは今年最初のシリーズの4種のみなんですが・・・(何回も書いていて、ちょっとしつこいかもしれませんが、その未入手の4種が全て人気選手なので、今後手に入れるのは、おそらく不可能に近いのでは?とか勝手に思ったり・・・)

 

 

 

最後に先日のマリノス戦の事・・・
う~ん・・・両チームの差は軽く見積もっても大人と子供くらいあったような・・・
本当に同じカテゴリのチーム同士なのか?と言いたくなるくらい完成度に差があった試合だったと思いました。
何と言ってもジュビロの良かった部分が全く探せない試合・・・何か良い部分ってありましたっけ?

 

 

次回も多分カードの事を書くと思います。
そういえば令和になってから、まだ何も開封してないので、そろそろ何らかのシリーズでも開けないと・・・

|

よくぞ何度も何度も負けるもんだと思う・・・

先日の水曜日ですが、ルヴァンカップ・清水エスパルス戦が行われました。
今年度3回目の静岡ダービーですが、これまでの2回は普通に負けているため、そろそろキッチリ勝たない事には・・・って感じで臨んでくれるもんだと思っていましたが・・・(この日のスポンサーデーの名前は、以前から滅法勝率が低い浜松デー・・・)

 

 

この日の日中は5月とは思えないくらい暑かったな・・・

Dsc_0123

上でも書いたように、この日は浜松デーということで、浜松に関係のあるグッズの抽せん会とか、あとは鮎の塩焼きとかも売られていました。

 

 

こちらでは・・・

Dsc_0127

浜松の名産でもあるうなぎいものゆるキャラでもあるうなもがいました。
うなもってベラベラ喋るんだよな・・・

 

 

で、この後は例のイベント(平日限定のジュ美女のアレです)に臨む訳なんですが、今回は前回みたいに同じ選手ばかり何度も何度も・・・っていう地獄にハマらなければいいと思いながら、今回も多くの女性陣に自分の運命を託しました。
尚、結果については次回紹介します。

 

 

で、この日の試合ですが・・・

Dsc_0129

既に予選通過が決まっていて、しかもリーグ戦の狭間に行われるカップ戦です。
普通に考えれば、ここで主力選手を試合に出すのは常識的に無いですし、一応色々考えた末のメンバー選考(?)だったと思いますが、まあ正直な所、この日のスタメンを知った時の自分の期待度は皆無に等しかったですね。
おそらく今年3度目の対戦も厳しい結果になるんじゃ・・・という感じでした。

 

 

あ、若きストライカーの人・・・
沢山の見せ場を作っても、結果が伴わなければ全く意味が無いという事を分かっていますよね?

 

 

一応グループリーグを2位で通過することが決まり、今度は6月19日&26日に行われるプレーオフでは、最近全く勝てる気がしなくなったコンサドーレ札幌と対戦することになりましたが、強い気持ちを持って戦えば、きっとチームは良い結果を見せてくれると思っています。
そしてジュビロのホームゲームが行われる6月19日(水)は、多分また例のイベント・・・

|

今年初来場だ

毎年ゴールデンウィークが終わってから1週間から10日くらい経つと、例年であれば初夏を感じさせてくれる暑い日がやってきますが、その頃になると冬眠から目が覚めたりサナギから羽化したクワガタの成虫の姿を見るようになります。
ということで先週末ですが、毎年好成果をあげている磐田市内の某ポイントに行ってみました。

 

 

このポイントですが、本当に毎年凄い数のカブトムシやクワガタが捕れます。
ただね、この場所の最大の欠点と言えば、とにかくスズメバチが異常とも言えるくらい沢山飛び回ってる事です。

Dsc_0110_1

この日も軽く5分くらい見回っただけで、5~6匹程のオオスズメバチが樹液を吸いにブンブン飛び回っていました。
奴らが幅を利かせてるうちは、さすがに怖くて近寄れません。

 

 

他にも天竜川の河川敷とか、あとは自分の秘密の場所とか色々回ってみましたが、残念なことに、この日は1匹としてクワガタの成体を見る事は無かったです。

 

 

で、その2日後・・・つまり日曜日のお話ですが、この日はジュビロ磐田vsベガルタ仙台戦を観戦し、その後は飯を食ってから帰宅することになるんですが、この時の時刻は既に8時を回っていて辺りは既に真っ暗でした。
で、自宅の玄関に何か黒い物体がノソノソ動いているので、初めはゴキブリかと思ったんですが、ゴキブリにしては動きが遅すぎるなあ・・・と思って、よく見てみると・・・

Dsc_0116_1

その動いている物体の正体は、なんとクワガタのメスでした。
まさか今年最初の天然物の捕獲が自宅になろうとは夢にも思わなかったですが、活動の時期も早いし、どうせコクワガタだろうな・・・と思って捕まえてみると、そいつの前足を見たら独特の湾曲をしてたので、そいつがヒラタクワガタであることが分かり、ちょっとビックリ!!
おそらく我が家のヒラタたちの出したフェロモンか何かに誘われて飛んで来たんでしょうね。
サイズは30ミリ程度と小さめですが、なかなか捕れないヒラタのメスの天然物なので超嬉しい!!

 

 

さて明日はルヴァンカップ・清水エスパルス戦です。
エスパルスとの今年の対戦成績は2戦2敗であり、さすがに同じ相手に3連敗(昨年の最後の対戦からだと4連敗)するようではサポーターも黙ってはいないので、キッチリ勝ってもらわないとね。
でも既に予選通過が決まっているので、そんなに無理してまで勝ちにいくべきか?っていうのも少なからずありますが・・・(あと例の悪魔のイベントもあるし・・・)

|

やっとホームで勝てた

昨日はベガルタ仙台戦が行われました。
前節のFC東京戦では全国のマスゴミ共の御希望通り、注目の若手・久保選手のスーパーゴールにより、昨年のイニエスタ選手のゴール同様、シーズンを振り返るダイジェストゴールで晒し者にされそうな目に逢ったジュビロですが、果たして今回は!?

 

 

この日は1年に一度の小学生一斉観戦日ということで、磐田市周辺の小学5&6年生・約3,200人が観戦することになっていました。

Dsc_0111

この小学生一斉観戦ですが、昨年までは2年連続で共に完封負けを喫していて、さすがに3年連続敗北というのは許されませんし、なにより多くのお子様の前で無様な姿を見せる訳にはいけないでしょう。

 

 

この日は磐田デーと銘打たれた試合ですが・・・

Dsc_0112

正直これと言った主なイベントは無かったような・・・(小学生一斉観戦が今回一番のイベントだったりするかも!?)

 

 

試合前に選手が投げるマスコットボールですが・・・

Dsc_0113

なんと、自分の同級生がキャッチしていました。
この時捕ったのは上原選手のサイン入りボールですが、もしかしたら前に座っている人に向けて上原選手が投げたんじゃ?ないかと・・・

 

 

で、この日の試合については・・・

Dsc_0114

スタメンで出場したアダイウトン選手&中山選手の両FWが前半のうちに得点を挙げ、後半も前半同様に守備陣が踏ん張り、2-0での完封勝利。
今期ホームゲームでの初勝利ということで、この日訪れた多くの来場者は久しぶりに楽しめたんじゃないかと思います。(実際はまだ課題が山のように見えてきたゲームでもありましたが・・・)

 

 

この試合で目立ったのはFWの2人だけではありません。
昨年あたりから急激に成長した松本選手はサイドを制圧し、カミンスキー選手をはじめとする守備陣は2017年のような堅守っぷりを発揮。
そして先日まで母国に帰国していたロドリゲス選手は、まだ体調もメンタルも完全に戻っていないにも関わらず、見る者を魅了するようなドリブル突破で観客を沸かせるなど、とにかく見所満載の試合となりました。(本当にロドリゲス選手はヤバかった)

 

 

試合後、この日観戦した小学生たちへの挨拶の様子です。

Dsc_0116

久しぶりに勝ち試合を見せれて良かった・・・
選手たちの安堵の表情が、この試合の充実度を物語っていました。(写真から確認するのは難しいですが・・・)

 

 

次回は、この試合から帰宅した時、我が家に今年最初の来客!!の事について書きたいと思います。
なんか今年は普段よりも相当早いような気がしました。

 

 

昨日も最後に書きましたが、最近の試合で活躍したのか?ちょっと疑問だというのに、何故に今回U-22に選出されたのか?全く不可解なジュビロの若きストライカーですが、やはりというか、昨日の試合でも途中交代(試合終了間際の数分)であるにも関わらず、ルーズボールに対して全く追うような気配も素振りも見せない状況が2度もありました。
彼はオッサン連中と違ってまだ若い選手なので判断力は早いだろうし、ましてや数分しか出場していないので体力はバリバリに余っていたはずです。
まあ自分なりの勝手な解釈をするなら、要するに(ラインを割りそうなボールに対しては)面倒な事はしたくない・・・そんな無駄な体力を使うくらいなら(彼が試合中にやたら気にする)前髪をいじっている方がいい・・・なんて思ってるんじゃないかと。
その選手を応援してる多くのサポーター(特に若い女性が圧倒的)はジュビロには物凄く沢山いますが、そういう人たちに喧嘩を売るような形で自分の意見を敢えて厳しいなりに言えば、残念ではあるが、もうその選手は終わったとしか思えませんし、正直チームに置いといても、この先は何にもプラスにならないような気がします。
この日磐田に訪れた日本代表(U-22代表)の森保監督の目に彼のプレーはどのように映ったんでしょうか?

|

久しぶりに入手カードの紹介です

今回は最近入手したカードの紹介です。
先月の末・・・つまり元号が変わる直前に発売されたオールジャンルのスポーツカード・BBM2019平成の中で欲しかった(引きたかった)カードです。

Dsc_0108_1

◇川口能活(サッカー) 90枚限定直筆サインカード

◇川内優輝(陸上・マラソン) 95枚限定直筆サインカード(シリアル1番)

◇古賀稔彦(柔道) 98枚限定直筆サインカード

 

 

上記の3枚ですが、このシリーズにおいて引くのに関してはハッキリ言ってそんなに難しくないカードばかりなんですが、それでも自分が自ら引いた場合なら狂喜乱舞するような選手ばかり・・・
その中でも自分が特に欲しかったのは、先日プロのランナーになったばかりの川内優輝選手ですね。(このシリーズが発売決定された直後、自分が一番欲しかった選手でもあります)
彼が全国的に名が知られるようになったのは、頑としてプロのランナーにならず、普通の公務員を続けながら国内外各地の大会に実費で出場し続け、しかも常に優勝争いに絡むような凄い成績を残していたことじゃないでしょうか?
また、最近はあまり見ることもなくなりましたが、売り出し直後(?)の彼と言えば、やはり限界を超えるべく相当無理な状態で走り続け、ゴールした直後にぶっ倒れ、そのまま担架で医務室に運ばれてましたね。

 

 

あと古賀選手ですが、こちらについては自分ではなく嫁の希望で入手しました。
実はこのBBM平成ですが、サインカードのラインナップが発表された直後、それを見た嫁がまず開口一番に「古賀が欲しい!!三四郎でしょ?カッコイイし・・・」と言っていました。
しかしこのオールスポーツ系のシリーズは自分にとって相性が極悪であることも嫁は知っていたんですが、それでも珍しく嫁が自分にGOサインを出してまで「絶対引け!!」と言われていたため、ここまで結構な数を開けてきたつもりなんですが・・・

 

 

ちなみにこのシリーズにおいて、まだ自分が欲しいサインは以下・・・というか、これだけ沢山あるんだよなぁ・・・

 

今井正人(陸上・マラソン 縦&横) 柏原竜二(陸上・マラソン 横) 高橋尚子(陸上・マラソン 横) 伊東浩司(陸上・短距離 横) 伊藤みどり(フィギュアスケート 縦&横) 松坂大輔(野球 縦) 井上康生(柔道 横) 野村忠宏(柔道 横) 五郎丸歩(ラグビー 横)・・・あとは交換に強いのとか、あまり好きな言い方じゃないけど売れば確実に高額になる選手とか・・・

 

このシリーズも結局そうだったんですが、よくぞ毎回毎回自分の望んでるカードを華麗に外しまくるもんだと思いますね。
自分で言っちゃうのも何かアレなんだけど、もう芸術としか思えん引きだわ・・・

 

 

さて本日はベガルタ仙台戦(ホーム)です。
開幕直後からブッチギリの最下位だったサガン鳥栖ですが、先日成績不振により監督交代が行われたらと思っていたのに、気が付いたら降格圏を抜けてジュビロの上にいるし・・・
つまり何が言いたいのか分かっていますね。
尚、先日行われたFC東京戦のことについては、あまりにもマスゴミ共が望む結果になり、しかも何度も何度もテレビで流され続けられたので、その試合の事に関しては詳しく書きたくありません。
ただその試合ですが、サイドを制圧気味に躍動してた松本選手が怪我したことで途中交代を余儀なくされ、その代わりに出場する選手が分かった瞬間、自分は「ああ・・・」って感じで半分あきらめたけど・・・(そして絵に描いたように、その後に某久保くんによるスーパーなゴールによる失点・・・まるでシナリオでもあったかのような展開だったからな・・・負けちゃったけどカミンスキーが可哀想なくらい孤軍奮闘してた試合でもあったが・・・)

 

 

あとは・・・昨日行われた浦和レッズvs湘南ベルマーレ戦ですが、昔から(ジュビロにとって)悪名高き山本雄大主審&能無し副審の歴史的大活躍により、超神懸かった試合になりましたね。(レッズが悪いように思ってる人がいるけど全然悪くない・・・悪いのは世紀の誤審を生んだ山本雄大を中心とする馬鹿な審判団)
ベルマーレの杉岡選手の完全なゴールが取り消され、普通なら意気消沈するような展開になりかねん状況であるにも関わらず、選手は誰一人として試合をあきらめてなかった事については見習うものがあります。
特にジュビロの場合、何故か全くと言っても活躍してなかった割に、これまでの流れから今回もU-22に選出されてしまった感のある若きストライカーの人、ラインを割るかもしれない微妙な感じのルーズボールを追うことをすぐに止める行為についてはホントやめて欲しいですね!!

|

万全の準備をしても・・・

今回はルヴァンカップ・松本山雅戦の時に開催されたジュ美女スポット・平日限定配付カードの事について書いていきます。
毎回しつこいくらいに説明していますが、例えチームにおける巨額スポンサーの社長であろうと男性ならば参加出来ず、逆に全くジュビロを応援してないアウェーチームのサポーターでも女性だったら誰でも参加できるという、まさに男性ジュビロサポーターには理不尽すぎる例のイベントです。

 

 

このイベントも今年になって2回目、通算12回目を数えますが、前回(11回目)にして初めて全種完全収集に失敗するという屈辱を味わったため、さすがに2回連続コンプリート失敗だけは避けたいということで、今回は試合に来れない方、もしくは仕事等で遅れてくる方で年間チケットを持っている方々に対し、片っ端からチケットを借りてイベントに臨みました。(一応1人1回先着1000人限定、チケット1枚につき1度だけ参加可能ですが、物が無くなるまで何度も参加出来ます。しかしあんまり何度も参加するとスタッフから文句を言われる・・・らしい)

 

 

今回は全34種存在していましたが、中でも特に人気があったのは先日期限付き移籍で岡山へ行ってしまった中野選手ですね。
現地では、やはり誰もが『欲しい!!』と言っていたくらいだし、自分も上手く複数入手出来たら・・・って感じでした。

Dsc_0106

午後3時、自分にとって恐怖のイベントがスタート。開始と同時に多くの女性たちが並びだしたので、早速自分も多くの女性陣に指令を出し依頼して今回大量に用意したチケットを持たせ、祈るような感じで送り込みました。
尚、数人に1回の割合で当たる選手のオリジナルポスターに関しては、自分は全くと言ってもいいくらい興味が無いので、そちらについては当たった人にそのままプレゼントということで・・・

 

 

で、イベント序盤で入手した10枚前後の選手が交換とかでも正直そんなに有利とは言えない(ハッキリ言えば手元でダブった時に交換に厳しい・・・というか弱い)選手ばかりで、これでは少し厳しいかと思っていたが、ここで自分の前に現れたのが今回大きなポイントとなった2人組の高校生のコでした。

 

 

こう書くと、「なんだ、やっぱり救世主みたいな人が現れたのか・・・」って感じに思われるでしょうが、実はその真逆で、まるで自分がカードを開封するかのような引きの弱さを連発!!(自分の持ってきたチケットを使ったので!?)
特に大南・大南・エレン・大南・八田・大南・八田・大南・八田・大南・エレン・エレン・・・と連続で引いてきた時は、まるでスーパー貧乏神でもついてるかのような恐ろしい引きを披露・・・この時はマジで泣けましたね。(特に大南選手のカードは最終的に8枚にまで増えるという、もう全く嬉しくない事態に・・・ちなみに今回のイベントで自分が一番最初に入手したのも大南選手)

 

 

ところが、そんな弱いにも程があるような引きを見せていた2人のうちの1人が、なんと中村俊輔選手を引てくるという快挙!!
「はらださんっ!!俊輔引いたよっ!!」という女子高生の嬉しい一言に「おお!!良くぞ引いてくれた!!」と大喜びしたんですが、その女子高生が使ったチケットというのが自分の渡したチケットではなく、何故か!?その時だけは既に俊輔選手のカードを入手してた応援仲間のAさんが渡したチケットだったという・・・(それによりAさんは俊輔選手のカードが2枚になったんですが、その時点でまだ入手してなかった自分に対し、交換してくれるような意思は皆無・・・)

 

 

さて上でも挙がった大南選手ですが、最近はスタメンで出場する機会も増えるなど、チームにおいても日々一生懸命頑張っているのも間違いありませんし、良く世代別の日本代表としても呼ばれたりするなど将来性もあります。
こう書くと期待の若手で人気のある選手と思われそうですが、開幕から毎試合のように必ず決定的なミスを犯し、しかもそれがチームの勝敗を決するようなものであるために色々な所では結構叩かれたりしています。
また以前もここに書きましたが、人気の面でも何ていうか現実は非常に残酷なもので、この手のイベントで大南選手の品を欲しいと思う女性は正直ほとんど・・・というか全く居ません。
その理由は、やっぱりビジュアル面で・・・(今年入団した選手においても、ここ数試合でかなりの存在感を見せている中山選手よりも、自分が見てる限りではチームに全く〇〇な森谷選手の方が圧倒的に女性ファンが多いという・・・まあそんな感じですね、結局のところ女性から見れば、やはりゴッツイ系よりも爽やか系の方が・・・)

 

 

ということで、万全の準備をして臨んだ今回の収集結果は?というと・・・

Dsc_0106_1

Dsc_0107

全34種中32種まで揃える事が出来ました。
しかし、今回みたいに万全の体制で臨んでも依頼した人の引きの弱さ(=自分の引き運の無さ)から先日同様コンプに失敗するという事も・・・
本当にこのシリーズにおける全種類の入手は難しいです!!後日交換にて田口選手のカードは交換見込みありとなり、残りは新里亮選手ただ1枚だけになりました)

 

 

さて・・・明日はFC東京戦ですね。
FC東京と言えば現在首位を走っているチームですが、実はジュビロにとって割と相性が良い相手だったりします。
しかし現在のジュビロで一番の得点源でもあるロドリゲス選手が、母親の突然の死去により現在母国に帰国中ということでチーム的には相当痛い状況でもあります。
彼が居なかったから勝てなかった!何も出来なかった・・・なんて事を言われないように、チーム全体で一丸となって試合に臨み、少しでも多く勝ち点を稼いで磐田に戻ってきて欲しいと思っています。(先日の浦和レッズ戦同様、自分が観戦に行かないので、もしかしたら・・・)

|

プレーオフ進出という結果は良い

昨日はルヴァンカップ・vs松本山雅戦(ホーム)が行われました。
ジュビロにとって得点源でもあった中野選手の突然の移籍により、この日のフォーメーションは一体どんな布陣になるのか?っていうのもありましたが、平日のカップ戦と言えば、やはり前回(ガンバ大阪戦時)全種揃える事が出来なかった例の悪魔的な企画の方が気になりましたが・・・

 

 

この日は聞けば、観測史上数回しかないという・・・5月に入ってからの最低気温が10度以下というような冷え込みのキツイ日。
日中は暑くて涼しい日陰に居れば丁度良いくらいだったんですが、試合が始まった時というか、陽が落ちてからは確かに寒かったです。

Dsc_0108  

で、平日ということで、見ての通りスタジアムの正面口やサポーター広場付近も人もまばら。

 

 

そんなサポーター広場ではルヴァンカップということで、一応メインスポンサーの製品(お菓子)が貰えるイベントもいくつか行われていました。
以前は自分もそのようなイベントには興味を持って参加してたりしたんですが、最近は全く見向きもしなくなりましたね。
その理由は当然というか、上でも書いたように例のジュ美女スポットで開催されるイベントが悪いんですよ。

Dsc_0106  

そこで開催される平日だけの限定企画。
ファン&コレクター魂を煽るかのごとく配付される選手カードですが、今回は前回の失敗を糧に色々な対策を立てて臨みましたが、果たして無事に全て揃える事は出来たんでしょうか?(入手過程については次回・・・)

 

 

で、今回もイベント終了まで、まるで貼り付くような感じでカードを集めました。
気が付けば試合開始まで1時間を切っていたので、急いでスタンドまで戻ることに・・・

 

 

キックオフ直前のホーム・ゴール裏の様子です。

Dsc_0109

こうやってみると、集客状況は結構な密度ですが、まあいつも観戦に来る方々は毎試合来るわけであって・・・

 

 

で、試合は・・・

Dsc_0110

自分が期待してた中野選手はもう居ない・・・だったら次に期待してる針谷選手でも・・・と思って針谷選手中心に試合を見てましたが、彼は決定的なパスを出したりゴールに絡んだりする攻撃的選手であるため、彼の得意なポジションは必然的にトップ下しか有り得ないと思っていましたが、この日の彼のポジションは何故か中盤の底・・・
一体指揮官は彼に何を望んでピッチに送り出したのか?正直全く分かりません。

 

 

で、この試合で最初に交代した選手は、今回スタメンで出た中で唯一ボールが持てる針谷選手・・・
ちょっと・・・というか、それは無いだろ!?って思いましたね。(前から分かってたし、誰もが口に出して言いたいと思っているけど、やっぱり名波氏は監督としては・・・だと改めて思った瞬間でした)

 

 

試合は終了間際に途中出場した荒木選手のシュート(完全な枠外)が相手選手に当たって軌道が変わり、それが決勝点となってジュビロが勝し、この結果によりジュビロのグループリーグ突破が決まりました。
まあ試合内容はともかくとして、やはりあの決勝点の場面は何があろうとシュートを打ったもん勝ちだと・・・(シュートを打たなければ何も起こらないし・・・)

 

 

あと・・・もう随分前から東京オリンピックにおける日本代表のエース候補と言われていた例の選手ですが、もう少しゴールへの意識というか、執着心みたいなものを出せないんですかねぇ・・・

 

 

次回は今年2回目の開催となった、例のジュ美女スポット配付カードの収集物語(笑)でも書いていこうと思っています。
しかし毎回このカードを集めるのは凄く大変な作業なんですが、それでも収集過程は少なからず楽しいわけで・・・

|

いくらなんでも、そりゃねえだろ!?と思った、本当に残念すぎること

昨日ですが、中野誠也選手のファジアーノ岡山への期限付き移籍が発表されました。
ジュビロのファン以外の人、分かりますか?覚えていますか?
2017年度、当時はまだ筑波大学所属でありながら天皇杯では並み居るJリーグのチームを負かし続け、しかも自身は大会得点王になるなどチームを牽引する活躍を見せた、あの大学ナンバー1の目玉と言われてた中野誠也です。
昨年ジュビロ入団後も出場した試合では割と得点を記録するなど、目に見える結果を出していたにも関わらず、指揮官が起用する機会を全くと言ってもいいくらいに与えなかったため、とうとう他のチームへ動くことになってしまった・・・

 

 

このニュースを知った瞬間、ああ・・・やっぱり・・・って思いました。 
でもね、仮に自分が中野選手の立場・・・いや、自分じゃなくても誰もが同じような立場であったら、まあ100%ジュビロ以外でプレーすることを考えるでしょうね。
だってねえ、どれだけ公式戦や練習試合で結果を出していようが、チーム内での序列は常に下位なんですよ。
そして指揮官は結果に関係無くお気に入りの選手しか起用しません。
そんな馬鹿げたチームでは、よっぽどの事情が無い限り、どんな選手だってプレーしたくなくなるでしょう。

 

 

ジュビロは今シーズンの頭には、将来の日本代表候補であり、世代別代表にも常に選出されていた伊藤洋輝選手を名古屋グランパスに移籍(期限付きとなっていますが、多分ジュビロには帰って来ないと思う)させるという暴挙を行いました。
昨日発表されたU-20・ワールドカップのメンバー発表にも当たり前のように名を連ね、おそらく今回のチームでもキャプテンを任されるであろう、そういう逸材を僅か1年だけで見切りを付けたかのように他チームへ出しちゃうのって、ちょっと有り得ないと思いました。

 

 

シーズン頭に伊藤選手、そしてゴールデンウィーク明けに中野選手・・・
他チームに自信を持って自慢できるような金の卵とも言える有望な若手選手を簡単に手放したんですからね。
もうジュビロでは若手選手は上手く育てる事が出来ません!!っていうのを証明させてしまったかのような移籍劇・・・本当に情けなくて腹立たしいことです。

Dsc_0091

これは5月6日の練習風景です。
この中には当然のように中野選手の姿がありましたが、この時から24時間も経たないうちに移籍が発表されるなんて、多分誰もが想像出来なかったであろう・・・

 

 

で、本日はルヴァンカップ・松本山雅戦ですが、自分だけでなく多くの人が一番期待を寄せてた中野選手はもう居ない。
今は今日の試合は一体何を楽しみにスタジアムへ行くんだろう!?っていう気持ちが凄く強いです。

 

 

そんな松本山雅ですが、実は昨日の仕事中に・・・

Dsc_0093

意外・・・な所では無いが、なんと某宿泊施設の正面玄関に駐車してる選手バスを発見!!
鮮やかな緑色にカラーリングされた車体だから、遠くからでも本当に目立ちます。

 

 

上でも書きましたが、本日はルヴァンカップ・松本山雅戦です。
中野ロスで半分テンションが下がっていますが、それでも他にも楽しみな若手選手が何人かいるので、それらの選手が活躍することを期待しつつスタジアムに向かいたいと思います。
あと他には・・・例の悪魔的イベントもあるんだっけね!!今回こそ全種コンプ出来るように頑張るよ。

|

令和一発目です

5月1日より、元号が平成から令和に変わりました。
しかし元号が変わったと言っても自分の生活面等、特に大きく変化したものは無いし、だから何!?って感じですね。

 

 

今年のゴールデンウィークですが、序盤はやたら天気が崩れまくっていて、雨だったり強風が吹いてたり、あとは考えられないくらい気温が低い日が続いていましたが、5月に入ってからは晴れる日も多くなり・・・

Dsc_0080_2

我が家の隣の田んぼでは、この時期の風物詩でもある田植えが始まりました。
ただ、正面に見える我が家の田んぼですが、まだ田植えどころか水入れもしてませんが・・・

 

 

3日には今年初めて我が家のネコを洗いました。
このネコ洗いですが、天気が良くて温かい日じゃないと出来ません。

Dsc_0083_2

いつもなら、お湯に対して激しく抵抗するんですが、今回は気持ちよさそうに浴びてくれました。
ちなみに使用してるシャンプーは自分が使っているモノよりも遥かに高額な品・・・

 

 

で、約1時間後には・・・

Dsc_0085

身体全体も乾き、いつものような感じに復活。
この乾いた直後の超モフモフっぷりがホントたまらん!!

 

 

で、この日の午後2時からは、今回用事があって行くことが出来なかった浦和レッズ戦(アウェー)をテレビ観戦。
そういう自分が行かない時に限って・・・

Dsc_0088

何故か!?ジュビロは勝つんですよ!!(写真は今回殊勲の決勝ゴールを決めたインタビュー中のロドリゲス選手)
今回の相手でもあったレッズは、この試合の前までは3連勝中で、それに対しジュビロは3連敗中
それも半分やる気があるのか?とでも言いたくないような不甲斐無い試合が続いていたので、とても勝てるとは思えなかったんですが・・・

 

 

自分が行かない試合ばかり勝ちが続いていることもあり、現地組の某人物からは、『これは完全に疫病神誕生だな・・・』というキツイ御連絡が!!
そんなのとっくに分かってるし、半分自覚もしてるって!!

 

 

で、4日は主に自宅の畑の草刈りをしてから・・・

Dsc_0089

クワガタたちの世話をしました。
一昨年に生まれた16匹のヒラタクワガタたちですが、全て元気に年越しをしたので、今年はその中からサイズの大きい個体を選別し、なるべく近親交雑にならないように考えたペアリングを行い、今回こそ自身の夢でもある70ミリオーバーを目指します。(沢山の卵を産ませることも可能ですが、そうなると幼虫が孵ったら世話がマジでエライ事になるので、今回も厳選繁殖です!!)

 

 

今年のゴールデンウィークですが、ウチの会社は創立以来多分初の10連休を設定したようで、それはそれで別にいいんだけど、やっぱり仕事と違って長期休暇は身体が超鈍ります。
ゴールデンウィークは嫌いじゃないけど、やはり個人的には10連休よりも3連休×3回くらいに分かれてくれた方が良かったんだけどね・・・

|

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »