« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

こういうゲームも昔、良くやってたな・・・

最近入手したモノの紹介です。
前回予告した通り、今回はゲーム関連の品だったりします。



これは(株)カプコンが1991年に発売した、クイズ・殿様の野望という名のゲームのインストラクションカードです。
1991年のカプコンと言えば、空前のメガヒット作品でもあるストリートファイターⅡを発売した年であり、飛ぶ鳥を落とすかのような凄い勢いでゲーム業界の先頭を突っ走っていた時代でもありますが、このクイズ・殿様の野望も非常に安定した人気を誇っていたゲームでもあります。

 

 

アーケードゲームにおけるクイズというジャンルですが、その存在を大きく確立させた功労的ゲームは、やはり同社が前年に発売したクイズ・カプコンワールドというゲームであり、一応それから何度かマイナーチェンジを繰り返し、満を持して発売したのが今回紹介するクイズ・殿様の野望です。

 

 

ゲームの遊び方については・・・問題が出た後に解答欄に現れる答え(基本2~4択)の中から正解を選ぶというだけです。
実に簡単!!
尚、ゲーム中は様々なイベントが起こりますが、そのイベント(アクシデント!?)を乗り越え、最終的には天下を統一・・・つまり全国を制覇すれば終了ということで、非常に分かりやすく誰にでも楽しめる内容になっています。

 

 

このクイズ・殿様の野望ですが、数多く存在する各業界のクイズゲームの中でも最高傑作と言われており、自身も当時のゲーム仲間たちと何回も何回も継続プレイしながら問題を覚え、やがて1コインで全面クリア出来る程になりました。
このゲームの1コインクリアですが、ゲーセンで多くの人が見てる前、それも1人だけで達成すると、必ずと言ってもいいくらい拍手されました。
やはりシューティングやアクションとは違い、見てる人からすれば、次々に出題される問題を正答回答をしてく様子は、何ていうか知的なイメージがあるからでしょうか?

 

 

実際1コインクリア出来ると、本当に気分が良かったです。

 

 

このゲームのプレイ動画(残念ながら、アーケード版のALLクリア動画はアップされてないようで・・・)

https://www.youtube.com/watch?v=i4bOJxoL_GA

 

 

次回は・・・もしかしたら、またゲーム関連の事を書くかもしれん・・・
Jリーグも開幕したというのに、何故にゲームの記事ばかりなんだ!?と思ってる人もいるだろうけど・・・

| | コメント (0)

熱望カードを入手出来ると嬉しいもんですね

今回は最近入手したカードの紹介です。
もう既に全体の半数以上を所持していますが、それでも自身としてはベスト5に入る熱望カードであり、今後数年レベルでも入手するチャンスがあれば、何枚でも欲しいと思っているカードでもあります。


◇2004ジュビロ磐田・高級版 田中さん 50枚限定直筆サインカード(通算32枚目)

 

 

もう言わずと知れたというか、ここでも幾度となく紹介したカードです。
当方が所持してるサインカードとしては最高枚数を誇り、デザインも個人的には歴代最高と思っているカードですが、上でも書いてるように全50枚中32枚も手元にあるため、今後の入手は多分困難を極めるであろう・・・そんなカードでもあります。

 

 

しかし、あと4枚入手出来ればアルバムの4ページ目が埋まる状況でもあるので、こうなった以上何年掛かろうと、あと4枚を入手してみたいな・・・という悪魔のような気持ちも少なからず有ったりしますが・・・(御協力出来る方、是非とも宜しくお願いします!!)

 

 

次回は再びゲームの事を書きたいと思います。
現在の自分のゲームレベルは、もはや全盛期とは程遠いものまでになってしまいましたが、情熱だけは失ってないので、まだまだくじけずに今後も色々とプレイしていこうと思っています。

| | コメント (0)

これが衰えというものなのか!?

先日というか、全く日記を更新してなかった時期のお話です。
毎年恒例の地元連中たちとの旅行で大阪・滋賀方面に遊びに行ってきましたが、その旅行の最中、過去に自分が何度もプレイしたゲームが大量に設置してあったゲームセンターを発見!!
ということで、久しぶりに当時の事を思い出しながら結構な時間、遊ばせてもらいました。

 

 

そのゲーセンですが、大阪駅というか梅田駅近くの地下街にあり、結構な数を所有してる割と大きめな店舗であり、しかもマニア受けをするような垂涎モノのレトロゲームばかり!!


この時は約2時間くらいで7~8種くらいプレイ。
それも過去に自分が全面クリアしてきたものだったり、何周もしたような割と自信のあるようなものばかり選んで遊んでみました・・・が、まさかというか、自分の思ってた出来とは程遠い出来で、どんな感じかと言えば100点満点で10点くらいという、本当に素人かと言いたくなるような酷いプレイぶり・・・

 

 

やはりレバーを持つのが久しぶりだからなのか?
それとも考えたくないけど、年齢から来る視覚&判断力の衰えなのか?
いやいや、まだまだ自分は出来るはず!?

 

 

その後は別の場所に移動し、再びその地域にあったゲームセンターに行ってみたら、(株)コナミが1985年に発売した伝説的シューティングゲームでもある・・・


初代グラディウスを発見!!(マジでビックリしました!!)
このゲームは過去に1000万点+αを出した事があり、当時は20周以上したことがあるくらい超やり込んだゲームでもあるし、いくら久しぶりとはいえ、難易度が低い1周目くらいなら鼻ほじってでも楽勝でクリア出来ると思って遊んでみたものの、自分としては1%も思っていなかったというか、まさかの1周目2面で全滅・・・
その後も3回くらいプレイしてみたものの、もはや過去のような華麗なプレイは出来ず、ゲームオーバーの画面を見ながら筐体を前に「何故だ!?」と呟くだけ・・・
傍から見れば、ただの怪しいオッサンと化していました。

 

 

この時は本当に衰えを感じましたね。
マラソン同様、もう昔みたいな事は出来なくなったのか!?って思った程だし・・・

 

 

グラディウス・1周目のプレイ動画(普通に1周クリア)

https://www.youtube.com/watch?v=l12WdO3YHD0

 

グラディウス・1000万+αのプレイ動画(19周目まで・・・正直こんなうまい人、ハッキリ言って見た事が無い)

https://www.youtube.com/watch?v=3jgTTJSJoak

 

 

次回はカードの事を書きます。
久しぶりに熱望カードを入手したことだし・・・

| | コメント (0)

予想通り厳しい開幕戦

昨日は2019J1リーグ開幕戦。
ジュビロ磐田の相手は、ここ最近では高確率で組まれる気がするJ2からの昇格組でもある松本山雅FCでした。


この日ですが、週間天気予報によれば朝からずっと雨ということになっていましたが、前日になって急に晴れ予報になり、見ての通りというか、朝から日差しが強く、おまけに花粉が大量に飛散するという超良い天気となりました。(試合時は曇って寒かったけど・・・)

 

 

この日のイベントの一つでもある、お楽しみ抽選会ですが・・・


御覧の通り、凄い人・・・
ちなみに列の待ち時間は約5~10分ですが、この抽選で当たるものはクリアファイルとか・・・

 

 

その隣のブースを見ると、何だか凄い人の数が!!
一体何を撮影しているのか?というと・・・


今年度のジュビロ・シーズンソングを歌う足立佳奈さんのCD即売会&足立佳奈さん本人とハイタッチが出来るということで、その様子を撮影してる人たちが集まっていたんですよね。
この様子ですが、最初は撮影フリーな環境だったんですが、あまりにも過剰な撮影状況に関係者から撮影禁止の規制が掛かるという・・・(それでも著作権問題もあるし、こういう状況ってのはいかがなもんかと・・・)

 

 

っていうか、こんな事を書いたら応援してるファンたちから文句言われる・・・というか、激怒されるかもしれませんがますが、今回シーズンソングに採用されることになった足立佳奈さんって、ジュビロとは何の縁もゆかりも無い人(どちらかと言えば、出身地でもあるFC岐阜を応援してる方がしっくりくるんですが・・・)なのに、一体どういう繋がりで今回に至ったのか?知ってる人はマジで教えて欲しいものです。

 

 

自分の中では、今回の売り込み方(こういう表現が正しいとは思えないけど・・・)が、2006~2008年の頃に何故か突然ジュビロのメインスポンサーになった○○産業と共にやってきた千○○風さんの売り込み方に酷似してるように見えるんですが・・・

 

 

今回本当は、もっと突っ込んだ事を色々と書きたいところなんですが、あんまり書くと応援してる人から刺されそうなので・・・(このイベント後、次の場所に移動する足立佳奈さんの後を、まるで民族大移動のようにゾロゾロついて行く沢山の男たちの様子は、かなり恐怖だったと、何人かの女性サポ仲間は言ってた・・・)

 

 

この日のユース&ジュニアユース会員限定配布カードは・・・


シーズン最初という事で、恒例となってる感のある集合写真でした。
尚、今年版より裏面のデザインは少し凝った作りになっていました。

 

 

で、試合ですが、まあ開幕戦でジュビロの調子が良かった事なんて、どうしようもなく強かった黄金期と呼ばれていた時期ですら皆無に等しかったので、今回もキックオフ直後から全く期待していませんでした。

 

 

気になった事といえば、試合前に大量の水撒きをしたせいなのか?やたら選手が滑って転んでいたことですかね。
それも何故かジュビロの選手ばっかり・・・(相手選手が滑ってたシーンなんて全くと言ってもいいくらい無かったのに、ホント情けない!!)


ちなみにハーフタイムの時にシーズンソングを披露しようとして、ピッチに勢いよく飛び出してきた足立佳奈さんまでも滑って転んでた・・・
ホームアドバンテージって何!?

 

 

で、その試合についてですが・・・


1-1の引き分けで終了。
まあ開幕戦ということで、シーズン最初の試合特有の難しさがあるとはいえ、おそらく残留争いのライバルになるであろう、そんな可能性のある相手にホームで勝てなかったのはどうかと・・・
鬼のように多かったパスミスや決定機のシュートミス、そして滑って転ぶシーン・・・
まだ開幕戦だから・・・とか、負けなくて良かった・・・とか言ってる人は、本当におめでたいと思います。
とにかく現実を見ましょう!!今年は本当にヤバイよ!!

 

 

次回はゲームの事を書くと思います。
ちなみに先日の全く更新してない期間中ですが、あるゲームをやってみたところ、凄くショックな事があったので、そのこともまとめて紹介したいと思います。

| | コメント (0)

冬眠してた訳では無いっすよ

今月は頭から多忙続きで、それに伴って身体の疲労がハンパじゃなかったこともあって、個人的に日記の方を休んでいましたが、2019年のJリーグも開幕した事だし、そろそろ始動しないと・・・ということで、本日より再開します。

 

 

さて・・・明日はジュビロにとって、まだリーグ戦では一度も勝った事が無い松本山雅FCが相手ですが、正直楽に勝てるとは全く思っていません。
ナメてかかると絶対に負けるので、キックオフ直後から超全力で全てを叩き潰す勢いで試合に臨んで欲しいです。

 

 

もちろん、試合に勝ったら・・・


コイツには恒例の御馳走です。
今年は何回食べれるんでしょうか?(そーいえば、本日2月22日は『ネコの日』だというのを忘れてた・・・)

 

 

Jリーグ側の目論見・・・いや大人の事情とでも言うのでしょうか?なんか無理矢理な感じで2019年の開幕戦を組まされた形となったセレッソ大阪vsヴィッセル神戸ですが、試合開始直後からヴィッセルが圧倒的にゲームを優位に進めるものの、最後の決め手を欠きまくってくれたこともあって、結局最後まで得点を挙げる事が出来ず、逆に少ないチャンスを確実にモノにしたセレッソが下馬評を覆すべく勝ち点3をGET!!
大物級選手などを大量補強するなど、前年と同様のように今回もオフの間も話題を独占してた感の強いヴィッセルでしたが、今日の試合を見てると『サッカーは金じゃねーんだよ!!』っていうのを十二分に見せてくれた感動的な試合でしたね。(審判も完全にヴィッセル寄りだったし・・・)

 

 

やっぱヴィッセルってチームは、結局どんだけ選手を補強しようが、そういうもんなんだね・・・って、思いました。

 

 

そーいえば、J2が嫌だからって海外へ逃げるように逃亡したものの、結局ホームシックでセレッソに帰って来て「自分の居場所はセレッソしかない!!」とチームのキャプテンを何度も務めていたが、今シーズンから何故かヴィッセルに移籍し、この日の試合中は終始大ブーイングを受けていたY選手は、今どんな気持ちなんだろうかねえ?(←現役選手の中では、多分多くのファンから一番嫌われてる選手なんじゃないかな?と勝手に思っています)

| | コメント (0)

長い木造橋を渡ってきました

つい先日の事ですが、私用で静岡方面に行くことがあったんですが、用事を済ませた後の帰りに、以前から気になっていた場所の近くを通ることになったので、その場所に行ってみることにしました。(自分の住む袋井市から静岡市までは、同じ県内でありながら結構な距離なので、ちょっとした遠出レベル・・・)

 

 

で、その気になってた場所というのが・・・


静岡県の真ん中付近を流れる1級河川・大井川に架かっている蓬萊橋という木造の橋です。
この蓬萊橋は1997年には世界一長い木造橋(897.4m)ということでギネスブックにも記録された程の有名な橋です。

 

 

詳しい事は、こちらを見てもらえれば分かると思います。

 

http://shimada-ta.jp/tourist/tourist_detail.php?id=2

 

しかし、全国的にも有名になった場所であり、自分が好きな河川でありながら、まだ一度も訪れた事がなかったのが意外・・・とは嫁・談。

 

 

ということで、早速渡ってみることに・・・


まずは通行料(渡橋料)として100円を納めます。
尚、小学生以下の通行料は10円と激安です。

 

 

今回訪れた時間帯は陽も沈みかけていて、辺りは既に薄暗くなりはじめていました。


しかし、その訪れた時間帯が良かったのか?橋から見た景色がこんなにもキレイでした。
こんな美しい景色が見られるのは空気が澄んだ寒い時期だけです。

 

 

でも、そんな割と遅い時間帯、しかも寒い状況でありながらも、やはり有名な場所であることもあるせいか、自分の後にも結構多くの人が渡ってきます。


木造の橋ですから結構揺れます。
だが、それがいい!!という人も・・・

 

 

橋の中間点には・・・


このような『ど真ん中』との表示がしてありました。
これ、さりげない感じで書かれているので、結構見落とす人も多いでしょう・・・

 

 

橋の欄干には・・・


『きけんですので、手すりに座らないで下さい』との表示。
地上から結構高いので、落ちたら大変です。

 

 

ただ残念なことに、今回は向こう岸まで渡る事は出来ませんでした。


その理由ですが、昨年何度も来襲した大型台風のせいで橋の一部が破壊され、現在修復中ということで、写真の場所から先は通行禁止になっていました。(長崎の軍艦島の時と同じパターンですな・・・)

 

 

陽も完全に沈んだ頃には・・・


このようにライトアップされます。
これもまた幻想的で凄くキレイです。

 

 

この蓬萊橋ですが、島田市の観光案内にも書かれているように、色々なドラマの撮影で頻繁に使用されているため、テレビを見てると結構な頻度で登場したりしています。
分かりやすいところでは、現在NHKで放映されている大河ドラマ・いだてんでも何度か出てますね・・・今夜放送分でも確か出るんじゃないかな?(番組冒頭のキャスト紹介の後の方で島田市って出てれば確実)

| | コメント (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »