« 伝説の試合から、もうすぐ10年・・・ | トップページ | 決戦を前に開けてみた »

ある意味、今年一番驚いた開封結果!!

今回は以前から載せる・・・って言ってた開封結果を紹介します。
で、開けたカードは?というと・・・


先日ようやく完全コンプリートさせた2018ジュビロ磐田チームエディション、そして前年に続いて滅法相性が悪い・・・というか、結構沢山開けた割に全く強力なサインが引けなかった2018Jカードです。

 

 

まずはJカードから開けましたが、このボックスからは残念ながらサインは2枚だけしか出ませんでした。
ということで、最初に出たのは・・・


えーと、モンテディオ山形の阪野豊史選手・・・
正直、どんなプレイヤーなのか?全く良く分からない選手です。

 

 

続いて出たのは・・・


ジュビロ的には記憶に新しい川崎フロンターレの家長昭博選手でした。
最終戦のロスタイム、この人の縦への突破から例のオウンゴールを献上したんだっけな・・・

 

 

っていうか、自分は毎回思うんだけど、今の日本人の全選手の中で一番サッカーが上手いのは家長選手だと思うんですが、何故か良く分からないけど、メディアは彼をあんまり取り上げないんですよね。(フロンターレでも若い選手の方がメディアに取り上げられるケースが多い・・・これホント疑問)
2年前にフロンターレに移籍してきた時、自分は『一つのチームの中に中村憲剛選手みたいなのが2人居るようなもんになった』と思い、脅威のチームになったと思ってたら、まさにその通りになってしまったし・・・(逆に引き抜かれた大宮アルディージャは、その後見るも無残な道を辿ることになるし・・・)

 

 

先日の悪夢の試合も後でダイジェストを見て思ったけど、ジュビロの守備陣は家長選手をナメすぎてるんじゃないかと思うくらいスカスカな守りだったと思いました。
自分としてはイニエスタ選手級にキツキツなマークをしないと絶対やられる選手だと思っているので・・・

 

 

続いて自分の中では期待してた2018ジュビロ磐田・チームエディションですが、このボックスから出たのが・・・


その問題の最終戦で、最後にオウンゴールをしてしまった大井健太郎選手でした。(あのオウンゴールは仕方が無い部分もあるけど・・・)

 

 

ここまで出現したカードを見てると、これはあまりにも出来過ぎだろ!?と思う方も居ると思いますが、実はこれらのカードを開けたのはホーム最終戦の頃・・・
つまり11月25日前後であり、既にこの頃にジュビロの未来を暗示してたんじゃないかと・・・

 

 

で、続いて本日の開封結果です。
今回開けたものは・・・


2018年版同様、これまた発売当初から非常に相性が悪く、ある意味で自分の中では伝説を作ったとも言い切れる2017Jカードです。(ジュビロで唯一引けなかったサインは中村俊輔選手だけだったり、開ければ必ずフロンターレとか町田ゼルビアとか・・・)

 

 

で、このボックスですが、最近の開封結果の中では多分一番ビックリしたものでした。

サインカード、なんと1枚も出ませんでした!!
久しぶりに直撃を食らった感じ・・・まさかの完スカ(完全スカボックス)ですよ!!

 

 

こんなボックスって、今回も存在したんだ・・・と思いつつ、もしかしたら店で売れ残ったスカパックを詰め合わせて新たに加工された海賊版のボックス(自分は昔、箱から必ず1枚以上メモラ確定というシリーズにおいて6箱連続でスカに当たったことがある・・・)なのか?それともバイトのおばちゃんがサインカード入りのパックを間違えて別の箱に詰めちゃったのかも?などと色々思ったり・・・

 

 

まあラスト2パックまで何も出ない状況になり、そこで19パック目を開けた時に何も出なかったので、20パック目も100%スカだろうと思ったけどね。
久々に気分の悪い開封結果になったわ!!
さすがオレ!!なにせ銀河系・・・

 

 

次回もカードの事について書こうと思います。

|

« 伝説の試合から、もうすぐ10年・・・ | トップページ | 決戦を前に開けてみた »

カード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 伝説の試合から、もうすぐ10年・・・ | トップページ | 決戦を前に開けてみた »