« こんな第三者的に見て劇的な試合なんて・・・ | トップページ | ある意味、今年一番驚いた開封結果!! »

伝説の試合から、もうすぐ10年・・・

部屋のカードが多くなってきた(元々凄く沢山あるが・・・)ので、こりゃいかんと思い、気合入れて部屋の中を片付けていたものの、出てくる古いカードを見るたびに「そーいえば、この頃、こんな選手がジュビロに居たんだなー」って感じで、ついつい見入ってしまい、あっという間に時間が過ぎてしまうために結局あんまり片付かないという・・・

 

 

そんな中、思わず見とれてしまったカードがありました。
そのカードに使われている写真は、ある程度の長いジュビロサポーターなら、おそらく誰もが一生忘れる事の無いであろう・・・例の試合のカード・・・


これは2008年12月10日(水)、そして3日後の12月13日(土)に行われた、J1vsJ2入れ替え戦において、2試合でチームの全得点となる3ゴールを挙げ、ジュビロのJ2降格を阻止し、一躍時の人となった松浦選手のカードでした。

 

 

この第2戦の試合終了後、帰宅する仙台サポーターの誰もが『松浦とかいう小さいヤツ、腹立つわ~!!』とか『松浦ってヤツ、絶対忘れん!!』って言ってたな・・・

 

 

ただ、このカードの写真はゴールを決めた松浦選手(当時19歳)がベンチに向かって駆け寄っていく瞬間のモノなんですが、当時の松浦選手は全くの無名であり、この写真も殊勲のゴールを決めたはずの松浦選手は残念な事に後ろ向きであり、何故か!?ベンチで待ち受けている当時所属していた中山雅史選手にピントが合っているというのが本当に腹立たしいというか・・・

 

 

その中山選手ですが、残留を決めた後に行われた選手&チーム関係者の挨拶において、周囲が超ドン引きする程の発言をしたっけね・・・
当時聞いてた誰もが「いくらなんでも、あれは無いよな~・・・」って言ってたのを今でもはっきり覚えています。

 

 

あれから10年・・・
もう二度と関わりたくないと思っていたJ1&J2の入れ替え戦に、再び臨まなくてはならないと思うと・・・

 

 

今回J2のプレーオフを勝ち上がってきた東京ヴェルディは、実はJ2最終戦の町田戦の時から見ていましたが、その時は町田の動向というか、町田が勝ってJ2で2位以内を確定させれば、当時13位だったジュビロのJ1残留が決まるという状況でした。(町田はJ1の基準を満たしてないため、昇格出来ない状況だったので・・・)

 

 

その試合は引き分けということで東京Vのプレーオフ進出を決定させてしまいましたが、その一方、J1ではラスト2試合でジュビロが勝ち点1を挙げ、その下の順位にいた3チームが勝ち点4以上を挙げない限りジュビロの残留決定・・・
ということで、実はジュビロが16位で終了するということは結構天文学的な確率でもあったんですが、本当にまさか!?としか言いようが無い・・・こんな事なんて今後そうそう起きる事じゃない・・・なぜ!?という感じです。

 

 

今度の対戦相手でもあるヴェルディですが、言っちゃあ悪いが技術面など細かい部分でのミスは多く、まだまだ粗削りな部分だらけで結構付け入るスキがあります。
しかし2試合連続で敵地という場所的にも不利な状況を克服し、なによりも2試合連続でジュビロが最も嫌うセットプレーで決勝点を挙げて勝ち上がってきたチームです。
勢いだけなら多分ジュビロの10億倍もあるでしょう。

 

 

で、本日ですが・・・


我が家にチケット&駐車券が届きました。(←この試合、自分は行きません!!)
順位が16位確定・・・というか、結果が出た瞬間、即日発送出来るように準備してたチーム関係者には頭が下がります・・・が、偶然とはいえ、何故に駐車許可証の色が相手のチームカラーなんだろ!?

 

 

最後に・・・
今年のリーグ戦も安定の3ゴールで終了しちゃった松浦選手。
あなたの大好きな入れ替え戦が始まるので、そろそろ目を覚まして下さい!!

|

« こんな第三者的に見て劇的な試合なんて・・・ | トップページ | ある意味、今年一番驚いた開封結果!! »

ジュビロ磐田」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« こんな第三者的に見て劇的な試合なんて・・・ | トップページ | ある意味、今年一番驚いた開封結果!! »