« 本当に運が良かったとしか・・・ | トップページ | 色々入手したり開けてみたり・・・ »

奇跡的な勝利でJ1残留に前進

今回は昨日行われたvsサンフレッチェ広島戦のことについて書いていきます。
尚、本来なら前日にカードの記事を載せようと思ってたんですが、自分の操作ミスにより、アップ出来てなかったので、そちらについては後日紹介したいと思います。

 

 

ということで、昨日のスタジアムの様子ですが・・・


火曜日(vs湘南ベルマーレ戦)に見た様子とは全く違い、こんなにも沢山の人が!!
ちなみに今回の試合はチケット完売という状況でした。

 

 

この日はヤマハのスポンサーデーということで、


ヤマハ発動機の製品の展示が行われていました。
ただね、ヤマハの製品って基本的に趣味の物が多いので、生活に支障にならなければ、まあ買ってもいいかな~・・・って感じですね。

 

 

またヤマハだけでなく、この日はジュビロ磐田25周年記念として様々なイベントを開催しました。

これまでジュビロは様々な歌手を招き、シーズンソングとして1年間歌って頂いていますが、最初に登場したのは2015・2016年の2年間歌ってくれたUSAGI(現・TANEBI)の2人でした。(この日は計3曲披露)

 

 

その後、ソナーポケット(2011年シーズンソング)、シクラメン(2012・2014年シーズンソング)からも25周年記念を祝うビデオメッセージがありました。
残念ながら2013年のシーズンソングを歌ったゴールドラッシュのメッセージはありませんでしたが、まあ既に引退されてるんで・・・

 

 

メッセージの後は・・・


2017年、そして今年と2年続けてシーズンソングを歌ってくれてるUNIONEの5人が登場。(なんと計4曲も披露してくれた)

 

 

そのスペシャルライヴが行われた後は、これまでジュビロの選手が着てきた歴代ユニフォームや数々のタイトルを獲得した時のトロフィとか広場に飾られているというので、それを見に行ってきました。


その姿は、まさに圧巻!!

 

 

ジュビロがJリーグ参入した1994年から、ホーム&アウェーのユニフォームが数多く飾られていました・・・が、今回の展示は現在のスタッフが行ったとのことですが、当時の事を良く覚えてる人が誰一人として居なかったようで、初期の頃のユニフォームは年代とデザインがバラバラでした。
分かりやすいところでは、1994年当時、まだ所属してなかったはずのドゥンガ氏のサインが入った8番のユニフォームが飾られていたり・・・

 

 

そのユニフォームの横には・・・


チームエンブレムのモデルとなってる、静岡県の県鳥でもあるサンコウチョウの剥製が飾られていました。
ちなみに自分ですが、昔、袋井から程近い小笠山にて1度だけですが、サンコウチョウを見たことがあります。(幻の鳥って言われてるくらい、本当に見るのが難しい・・・)

 

 

それにしても・・・


個人的に一番のお気に入りでもあり、ジュビロが初めてJリーグでチャンピオンになった1997年のユニフォームが、何故に当時のレギュラーでもなく、ベンチにもほとんど入らなかった坂本紘司氏なんだろう・・・って思いましたね。

 

 

さて、この日の試合の事でも・・・


後半の早い時間に、0-2という状況になった時、おそらく多くの人は「この試合、一体何点取られるんだろう・・・!?」って思ったでしょう。
そして、その2失点目を決められた瞬間には早々と帰る人も・・・

 

 

実際そのスコアになった時までの試合内容を見てたら、絶対に勝てるなんて夢みたいな事は誰も思わないでしょう。
そこまでのジュビロですが、簡単なミスを連発し、しかも動きが悪く、とても見てられないものでしたから・・・

 

 

この試合、昨年まで良きチームメイトだった川辺選手がスタメン・・・


写真は宮崎選手と同時に水分補給中の川辺選手。

 

 

で、後半に0-2から3点取って逆転勝ちを収めることになるんですが、特に決勝ゴールが決まった時のスタジアムの雰囲気は本当に凄かったですね。
この時に生まれた3つのゴールですが、ハッキリ言って美しいゴールは無かったんですが、まあどんな形であれ、得点は得点です。

 

 

プロは結果が全て・・・
それ以上でも、それ以下でもないです。

 

 

試合終了後のジュビロの選手たちの様子です。


今年も、ここまで数多くの試合が行われてきましたが、おそらく今回の試合が一番盛り上がったんじゃないでしょうか!?

 

 

その後、一旦静けさが戻ったスタジアムに再び歓声が湧きました。
ピッチに目を向けると・・・


ホームのゴール裏に向かって走ってくる1人の選手。
現れたのは昨年まで、このピッチを縦横無尽に走っていた川辺選手でした。
試合開始直後からジュビロにとって驚異な存在であり、常に危険すぎる雰囲気を出していました。

 

 

あと、この日(11月3日)のサンフレッチェ戦と言えば、今から8年前のナビスコカップ・決勝戦を思い出さずにはいられません。
会場こそ違えど、あの時も劇的な逆転勝ちを収め、ゴール裏が歓喜で湧いたんだっけな・・・

 

 

さて・・・次回こそは前回アップ出来なかったカードのお話・・・最近入手したカードを中心に色々と書いていきます。
そして例のカードですが、開封結果もあります。

|

« 本当に運が良かったとしか・・・ | トップページ | 色々入手したり開けてみたり・・・ »

ジュビロ磐田」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本当に運が良かったとしか・・・ | トップページ | 色々入手したり開けてみたり・・・ »