« まだ序盤戦だ | トップページ | 花火大会が始まる数時間前の開封結果 »

刻印の罠にハマった

今回は8月5日の出来事について書いていきます。
先日も紹介したように、この日はベガルタ仙台戦が行われ、その時に2018ジュビロ磐田・チームエディションの発売を記念してカードフェスタが開催されました。


まあ毎年の事なので、どんな感じで行われたのか?は別に良いでしょう。

 

 

ただ、この日の気温を考えたら、わざわざ炎天下の中、結構長時間も並ぶのはどうかと思いましたね。


別に売られているカードが今すぐ無くなるわけでもないというのに、一体何が楽しくて炎天下の中で並ぶのか?(でも、それが楽しくて並んでる人も多少はいるでしょうが・・・)

 

 

で、今回の自分ですが、例年通り1カートン購入し、クジを80回(3パック購入ごとに1回クジが引ける)引くことになるのですが、毎年のように激酷い結果の自分、今回は多くの仲間たちを自分の代打ということで呼び、それぞれ10回くらいクジを引いてもらうように臨んでみましたが、最初に挑戦してもらった子供が全く当たらず、2番手として挑戦した自分は更に輪を掛けて外しまくるという酷さ・・・

 

 

この段階で子供と自分の2人で20回クジを引き、一番欲しい4等の選手サイン入りカード(BBMの刻印入り)の当選数が僅か2枚・・・
いくらなんでも酷過ぎだろ!?ということで、次に挑戦してもらったサポ仲間のMちゃんに全てを託してもらったところ、ここまでの超酷かった流れを取り返すかの勢いで、自分たちと同じ僅か10回の挑戦で2等(A4サイズのサイン入り写真・BBM刻印入り)を2つ、3等の選手サイン入りグッズ、4等のサインカードをバンバン当てまくるという・・・

 

 

そしてMちゃんを引き継いで挑戦してもらったDちゃんも同様に2等や4等を沢山当ててくれたこともあり、結局終わってみれば80回中、2等のA4写真が5枚、4等の刻印サインカードが約20枚という、なかなかの成績で終える事が出来ました。
最初のつまづきが本当に残念過ぎる!!

 

 

この2等のA4写真については、自分は特に欲しいとは思わなかったので、今回協力してもらった方々に分けましたが・・・


それでもウチの分として2枚、更に後でクジを引いた嫁もA4写真を当てたことで、結局計3枚も入手することになりました。

 

 

みんな当選率が凄い・・・というか、自分が酷すぎるのか?
もう何ていうか、生まれ持った運の量が違い過ぎると思いました。

 

 

でも、なによりも今回のクジ引きにおいて一番凄いと思ったのは、収集仲間のI選手ですかね。
7回の挑戦で2等が3枚、4等が2枚、5等(ジュビログッズ)が1個という凄まじい結果でした・・・が、このI選手、実は一番欲しかったのが参加賞(要するに残念賞)でもあるプロモカードであり、今回僅か1枚しか入手出来なかったということで・・・


この日のクジ引きの成績がイマイチだったI先生とトレードが行われていました。
A4写真1枚に対し、プロモカード×3枚という常識的に有り得ないトレードを行ってましたが、これについては、まあ仲間内だから出来るミラクルな交換でもありますが・・・

 

 

で、今回当たった4等の刻印サインカードの開封結果ですが・・・


なんていうか、あまりにもダブリが多過ぎ!!
しかも主力級がほとんど居ないという、かなりガッカリな結果でした。
実は昨年も同じような事がありましたが、もっと丁寧にシャッフルしてくれないと、こういうのって本当に困る!!

 

 

尚、今回最初の段階で4等が3枚当たったN嬢も、この半分いい加減なシャッフルによって3枚とも全て同じ選手が入っていたというが・・・


それが全て中村俊輔選手だったという・・・
こういう固まり具合なら大歓迎なんですがね。

 

 

しかも、その中の1枚に至っては・・・


ただ『10』って書いてあっただけのモノがありました。
これはこれでレアかもしれないけど・・・

 

 

で、試合終了後も・・・


結構遅い時間までカードフェスタが行われていました。
ここでも自分は再び何枚かのサインカードを引いたり、刻印サインを入手出来ました。

 

 

で、今回のカードフェスタで引いたカードです。


ムサエフ(通算2枚目) 宮崎智彦 山田大記(通算2枚目) 川又堅碁(実は2枚引いてて通算3枚目) 小川大貴 藤川虎太郎

 

 

更に念願だったパッチも1枚引けました。,


三浦龍輝(通算3枚目) 高橋祥平 川又堅碁パッチジャージ&ノーマルジャージ

 

 

あとは交換で・・・


◇2017ジュビロTE ムサエフ 45枚限定直筆サインカード(シリアル8番・ジャージナンバー)

◇2018Jカード 新里亮 50枚限定直筆サインカード(通算4枚目・シリアル4番・ジャージナンバー)

◇2002Jカード・シリーズ2 今野泰幸 60枚限定直筆サインカード(レート調整?のつもりで頂きました・・・が、これって普通にヤバいレベルだよな・・・)

◇2018Jカード 吉田豊 50枚限定直筆サインカード(普通に無償で頂いた・・・)

 

 

で、あまりにも自分の刻印サインのシャッフルが酷かったことで、それを見かねたN嬢たちより・・・


松浦選手×2、更に俊輔選手を頂きました。
オレ、ホント多くの方から支えられてるんだな・・・って思ったよ。(いつの日か、みんなに恩返しをしたいと常々思っているが、自分にそれが出来るかというと!?)

 

 

あとは、いつもの子供たちより、ユース&ジュニアユース限定のカードも頂きました。


パーフェクトの場合、今回は15回目ということでキラキラ加工されたカードが配布されましたが、まあ予想通り中村俊輔選手でした。

 

 

で、更にそのお子様たちの中の1人が今回のカードフェスタでサインを引いたというので、「これもあげるー!!」って言ってきたんですが、そのカードというのが・・・

山田選手のサインで、しかもシリアルがジャージナンバーでもある19番!!
これは自分としては、さすがにタダじゃ貰えんということで、写真の山田選手に対し、こちらは同じ山田選手のサインカード+自分の中でダブってた川又選手のサインカードの1対2のトレードという形で落ち着きました。(お子様は、自分にタダであげる気マンマンでしたが・・・)

 

 

次回も2018ジュビロ磐田TE関連の開封結果などを書いていきます。
この時期はカードの記事ばかりですが、まあ季節的(?)に仕方が無いということで・・・

|

« まだ序盤戦だ | トップページ | 花火大会が始まる数時間前の開封結果 »

カード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« まだ序盤戦だ | トップページ | 花火大会が始まる数時間前の開封結果 »