« 何で負けたのかって?そりゃあ弱いからだよ | トップページ | 新車が来た!! »

今でも時間さえあれば挑戦してるゲームです

今回は久しぶりにゲームのお話です。
紹介するのは、自分が一番好きな伝説のゲームメーカー・東亜プランが1991年に発表した『洗脳ゲーム・テキパキ』というパズルゲームです。


東亜プランの出すゲームと言えば、世の中に数多く存在するゲーマーの9割がシューティングゲームを想像しますが、全盛期から少し経った頃には様々なジャンルのゲームを発表しています。

 

 

今回紹介するテキパキですが、パズルゲームにありがちな複雑なルールなどは一切無く、誰でも楽しめる非常に簡単なものですが、それでも高次ラウンドになると、これがなかなか難しく、やはり一筋縄では行かないような内容になっています。

 

 

では、遊び方について説明します。
画面上から3つ固まった形でブロックが落ちてきますが、そのブロックにおける同色を縦、横、斜めのどの配列でも構わないので、5つ以上隣接させると、その色のブロックが消え、その時の消え方によって様々な得点が入るようになっています。
ブロックが消えた事で空間が出来て下に落ちますが、その時に思いもしないような連鎖が起きて大量に消える事もあります。


ゲーム開始直後は同じような色のブロックが連続して降ってくるので、初心者でも思いがけないような連鎖が起きることも多く、誰でも爽快感を感じると思います。

 

 

また、2色以上を同時に消すと・・・


このように普段とは違って高得点が入ります。(5,000~50,000点)
上級者になると、こういうボーナス点を狙って稼ぐため、ブロックの組み方も色々と考えて組むようになります。

 

 

降ってくるブロックの種類ですが、色の付いた通常ブロック(6色)がありますが、レベルが上がると銀色(シルバーブロック)、更にレベルが上がると金色(ゴールドブロック)と追加されます。(つまり最大8色)
このブロックが増えることにより、ゲームが難しくなっていきます。


レベル70でシルバーブロックが追加。

 

 

そして・・・


レベル100に達するとゴールドブロックが追加されます。
こうなると本当に難しい・・・

 

 

他には特殊ブロックが2種類あり、まずは様々なブロックと複合出来るオールマイティー(スマイリーという)なブロックですが、これは本当に便利なもので、ある一定のレベルに達すると3~8枚くらい連続で降ってきます。
これがゲームオーバー直前というピンチだった場合、そこから一気に押し込める展開にまで変化させるような本当に優れモノなブロックです。


左から2列目辺りに上下に並んでいる、顔の付いたブロックがスマイリーです。

 

 

そして、もう1種が爆弾ブロックで、こちらは通常ブロック同様5つ揃えると消えますが、それと同時に画面上に大爆発を起こし、画面内に存在する全てのブロックを消し、同時にこのゲーム最大の10万点ボーナスが入ります。
このゲームの攻略は、その限りなく降ってくる鬼のような通常ブロックの猛攻(?)に耐えつつ、たまに降ってくる爆弾ブロックを、いかにして効率良く揃えるか・・・に掛かっています。


真ん中くらいに見える、時限爆弾っぽいブロックがそうです。

 

 

その爆弾ブロックを5つ揃えると・・・


フィールド内に大爆発を起こし・・・

 

 

画面内のブロックが全て消えると同時に・・・


このゲーム最大のスペシャルボーナスでもある10万点が入ります。
この瞬間は揃えた達成感みたいなものを感じるので、本当に気持ちいいですよ!!

 

 

このゲームですが、世の中の出回り具合は、そんなに悪くは無かったんですが、その後に発売された人気ゲーム・ぷよぷよ(セガ・コンパイル発売)の勢いに押され、気が付いたら世の中から消えてしまった感じです。
ゲーム性が良かっただけに、本当に残念でしたが・・・

 

 

凄いプレイの動画があったので載せておきます。
テキパキ 9,999,9990pts+α レベル610で達成

 

https://www.youtube.com/watch?v=FssrLK2eFik&feature=youtu.be

 

このゲームは稼働してから約2ヶ月くらいだったかな?
全国集計において福岡のゲーセンで全国初のカンスト達成者が出ましたが、当時の自分はどんなに頑張っても200万前後で終わっていたので、この記録が出たというのを知った時は本当に信じられなかったし、「一体どんなプレイをして出した点数なのか?現地に見に行きてえ・・・」などと、よく当時のゲーム仲間に漏らしていました。

 

 

それでも何度かプレイしてるうちに、このゲームの特性が分かってきたので、あとはミスさえしなければ・・・と思いながら数百回レベルでプレイしましたが、今現在までカンストどころか、その半分の500万だって一度も超えたことがありません。(自己最高得点は320万点・・・まだ3倍以上・・・)

 

 

このゲームですが、数多く存在する東亜プランのゲームの中でも1000万+α、もしくはカンストするのが非常に難しい部類に入ると思います。
自分も今回紹介した『テキパキ』、そして東亜プランの象徴(?)とも言えるシューティングゲームの中でも非常に難しいと言われている『鮫!鮫!鮫!』の2つに関しては、いつか必ず1000万+αを出したいと思っています。

|

« 何で負けたのかって?そりゃあ弱いからだよ | トップページ | 新車が来た!! »

「ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 何で負けたのかって?そりゃあ弱いからだよ | トップページ | 新車が来た!! »