« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

波乱の幕開け!?

今回は昨日開催された名古屋カードショーの事について、色々と書いていきます。

 

 

実は、この日の出発前・・・というか、前日は夜勤を経て2018Jカードを気が済むまで開封し、更に夜はジュビロのサポ仲間たちとの飲み会があって、帰宅後は疲労困憊状態でしたが、それでも翌日には何とか復活し、これから始まるカードショーに向けての気合を入れるべく、部屋に積まれた2018Jカードを1つだけ開封してみましたが、ここで出たのが・・・


今回のシリーズ発売前から、「(サインカードリストを見て)ポドルスキーの一つ前のヤツだけは絶対というか、一番引きたくないな・・・引いたら多分、発狂して破っちゃうかもしれん・・・けど自分の事だから普通に引いちゃいそう・・・」っていうような感じで、知り合いたちに宣言してたヴィッセル神戸のアイツを引いてしまうという・・・(なんでこんな扱いなのか?については前回の日記参照)

 

 

うわー!!貴重なサイン枠が!!何でテメエみたいなのが出んだよ!!ということで、早速実行に移そうと思いながらも、まあ一応って感じで裏のシリアルナンバーを見ると・・・


なんと、それはシリアル1番(少し見づらいかも?)でした・・・が、何でこんなヤツなんかに自分の貴重な数少ない運を使わなければならないのか?と思いましたね。
本当に破ってやりたかったけど、とりあえず良番シリアルなので、コイツはオークションか何かに出品したいと思います。
クソ!!運のいい奴め・・・
(この時に開けたボックスからは計3枚のサインが出現)

 

 

さて、ここからは名古屋カードショーですが・・・


この日の名古屋の気温は30度超えという真夏日であり、普通に外を歩くのも辛いほどでした。
それでもカードショーの会場は名古屋駅から超近い安保ホール(ABOホール)ということで、本当に駅から近くで良かった!!

 

 

建物に入る時、たまたま同じエレベーターで毎回一緒に開封するK様と遭遇。
今回のシリーズ(つまりJカードの事)について、色々と雑談しながら会場入りしました。


会場内は様々なコレクター達でごった返してました。
中には女性の姿もチラホラ・・・

 

 

そして、いつもお世話になっているBITSのブースに向かうと・・・


そこには、他の商品を圧倒するかのようにドドーンと並んだ2018Jカード!!
今回の為に計4カートンも持ってきたそうで、しかも告知ボードには『久保建英選手orポドルスキー選手の直筆サインカードを引き当てた方には2018年Jカード1ボックスをプレゼント!』と書かれていました。
こりゃあ気合が入りますって!!

 

 

そして、今回は7人のサッカーカードファンの方が集結!!
開封している途中でサインが出たら、みんなで見守る・・・というワイスタルール(←もう知ってる人は少ないでしょう・・・)を採用し、年に一度とも言われるサッカーカードのお祭りイベントが、今、開幕!!


写真は6人ですが、この後にもう1人が参加しました。

 

 

サインが出た時は、皆さん手を止めて見守る・・・


この開始直後は誰もがテンション高く、「よっしゃー!!久保君待ってろよ!!」って感じでサクサク軽快に開けていましたが・・・

 

 

これが4ボックス目を超える頃になると、もう声を出すような元気も無くなってきます。


開封結果についてですが、この日7人で引いたサインの総枚数は軽く120枚を超えたにも関わらず、久保選手やポドルスキー選手、あとは小野伸二選手といった、俗に言う大物級は1枚として出ない・・・という信じられない結果で、なんていうか疲労感が残っただけの開封大会だったな~・・・って感じでした。(残念なことに、それらの一つ隣の選手なら、何枚も何枚も出たけど・・・)

 

 

この日の開封結果の一部は、おそらくBITSのブログにて紹介されるはずなので、そちらを見て頂ければ・・・と思います。(掲載されたら再度紹介します)

 

 

で、カードショー終盤では抽選会が行われましたが、ここで自分は・・・


米・大リーグのヤンキースとメッツのマスコットボールが当たるという・・・
これ、どうすりゃいいねん・・・と思ってたら、一緒に開けていたY氏より「やっぱネコが遊んでる所をブログに・・・」って言われました。
見た目は確かにオモチャっぽいし、じゃらつかせて遊ばせるのに都合良いかも!?

 

 

今回の開封大会は普段行われているBITSではなく、カードショーの会場という事で、なんていうかアウェー感が否めない雰囲気であり、それを特に感じてたY氏M氏は、「やっぱいつもの場所に行きたいですな!!」ってことで自分も含め・・・


毎度おなじみ、BITSの店舗に参上!!
結局ここでも2人は数ボックス(自分も少々・・・)開封しましたが、先程までの居た会場よりも良いカードが何枚も出現したこともあって「やっぱりここが一番落ち着くわー!!」を連発してました。

 

 

尚、今回までに引いたサインカードですが、とんでもなく大量になってしまい、開封結果として載せる事になると、そういう状況が延々と続くことになり、おそらく読んでても面白く無いであろう・・・という事で、後日ここまでに引いた(現在所持)サインを紹介するという形で終了したいと思います。
もちろん今後も開封結果は何度か紹介していきますが・・・
それにしても、今回の目玉でもある久保選手がいるFC東京に関しては、まだ自分は度も当たったことがありません。
エンブレムを見て一度くらいドキドキしたいんですが、カードの神様は自分にはその権利すら与えないんでしょうか!?

| | コメント (0)

まず、開けてみた!!

今回はカードのお話です。
昨日はサッカーカードファンにとって、1年には1度のお楽しみ的シリーズ、Jカードが一般発売されましたが、まずは事前に予約注文しといた分が到着したので、早速開封しました。


さてさて今年は一体誰が引けるのやら・・・
自分的な目標はジュビロの選手、もしくは交換にも使えそうな目玉選手です・・・

 

 

まず開封前に、箱の横の内容を確認してみると・・・


一番下の方に『※093 SG062は欠番となります』の文字が・・・

 

 

リストの方には・・・


これは一体誰であろう?
なんか上下にジュビロの選手の名前があるので、もしかしてジュビロ・・・!?な気がするんだが・・・(自分はその選手の攻撃力というかセンスを凄く買っていただけに、退団したのは本当に残念!!ちなみに現在その選手が居なくなったことで空いたポジションに良く起用されるようになった某選手ですが、居なくなってしまった選手の攻撃力を100とすれば、某選手の攻撃力は4~5っていう雀の涙程度・・・そんなもんだと思っています)

 

 

今回レギュラーカードとは別のサブセットとして、レジェンドカードというのが封入されましたが、ジュビロの選手には・・・


我らが名波監督。
Jリーグ初の完全制覇した2002年(当時は2シーズン制)のユニフォーム姿というのが嬉しい!!

 

 

そして更に・・・


チェックリストには、ウチから見える静岡スタジアム・エコパが登場!!
よーし!!サイン貰ってこよ!!(誰から!?)

 

 

ここからはレギュラーカードは省きます・・・っていうのも、多くの方が期待してるのは、レギュラーではなくサインカードですからね。

 

 

では最初のボックスから結果を紹介していきます。
まず栄えある1発目に出た選手は・・・


ヴィッセル神戸の小川慶治朗選手。
何度もゴールを決められている、ジュビロにとって苦手意識がある選手でした。

 

 

で、実は発売前、「オレは久保やポドルスキーのような大物は絶対引けないだろうけど、その隣なら120%引ける自信がある!!(シリアルナンバーも同様)」なんて知人たちに言ってましたが、リストを見ると・・・


ほーら、やっぱり隣!!(1つずれてたらポドルスキー選手なのに・・・)
ただ、下ではなく上だったら絶対に発狂してたと思いますが!!(ポドルスキー選手の一つ上は、ジュビロ戦でアダイウトン選手のスーパーゴールになりそうなシュートを、噂のバレーボール風にクリアしたバカタレな野郎!!先日のW杯の香川選手のシュートをクリアしたコロンビアの選手よりも数段酷いプレーだったのに、この時はカードも出ないうえにPKにもならなかった程・・・主審もクソだったから仕方が無いが・・・)

 

 

続いて出現したのは・・・


サンフレッチェ広島のティーラシン選手でした。
何だか不思議な感じがするサインも気になりますが、このニューカマーのデザインがノーマル版に比べてスッキリしてて、個人的にGOODです。

 

 

このボックスからは、更に3枚目も出ました。


えーと、Vファーレン長崎のベンハロラン選手?
一度対戦してるはずなのに、あんまり印象が無い選手です。

 

 

続いて2ボックス目ですが・・・


まず出たのが湘南ベルマーレの菊地俊介選手でした。
実はこの選手ですが、この翌日の開封では、更に+2枚も引くことに・・・

 

 

2枚目は・・・


オマエ(大宮アルディージャの大前元紀選手)でした。
サインはキレイなんですが・・・

 

 

ここからは、今回の最期のボックスです。
まず出たのが・・・


ガンバ大阪の市丸瑞希選手でした。
ポスト遠藤との呼び声が高い、ガンバの若き司令塔・・・(で、いいのかな?)

 

 

2枚目は・・・


事前に多分自分は引くんじゃないかな~と思ってた選手が20人程リストアップしてたんですが、その中の1人でもあったツエーゲン金沢の佐藤洸一選手でした。

 

 

今回はこれで終了。
翌日は名古屋カードショーの為に、開封結果を書くのが飽きてくるくらい相当な数を開封したんですが、先日惨敗をした日本代表SE程では無いとはいえ、『これはいい!!』と自信を持って言えるような選手は、正直な所あんまり出ませんでした。
自分はJカードに関しては2年ごとに良い波というか?良い周期が来くるはずなんですが・・・

 

 

さて本日は名古屋カードショーです。
なんか開封出来るブースも設置されるようですし、気合入れて参加しようかと思います。

| | コメント (0)

今日一日だけで『半端ない』という言葉を何回聞いたか分からん・・・

今回は・・・やはり、昨日行われたロシア・ワールドカップ・日本vsコロンビア戦のことでも書こうと思います。
試合については既に知っての通り、4年前にはボコボコにされたコロンビア相手に香川選手と大迫選手のゴールにより、見事リベンジを果たすという素晴らしい結果を果たし、予選突破に向けて最高のスタートとなりました。(こんな結果を予測出来た人って一体どのくらい存在したのか!?)

 

 

アジア勢としては初めて南米に勝つということで、世界じゅうを驚かす歴史的な試合となりましたが、内容はともかくとして、一応結果は出した形になったので、それはそれで良かったんじゃないでしょうか?
ところが、せっかく強豪相手に勝ったものの、実際には内容云々まで色々言う評論家もチラホラ出て来たりしてますが、そんな細かい部分まで贅沢に求める程日本は強い国ではないし、だいたいドイツやブラジル、アルゼンチンやスペイン、ポルトガル、ウルグアイのような優勝候補ですら初戦は勝ててないという事実を見れば、ワールドカップがどんな厳しい大会なのか普通に分かると思うんですが・・・

 

 

自分は昔から何度も言ってますが、(プロは)内容よりも結果が全て。
それ以上でも、それ以下でもありませんし、まだ1試合が終わっただけですから・・・(ただ今大会の選考メンバーに関しては、今でも納得いかない部分が多々あるけど・・・)

 

 

そんな歴史的快挙を達成し、日本じゅうが歓喜に沸いた翌日は、朝から強い雨が降り、時折雷鳴が轟くような酷い天気でした。


いつも元気なコイツも、日本の応援に疲れたのか?それとも一日中降り続いた雨のせいなのか?写真のように窓際で超熟睡してるという状態でした。

 

 

さて次回は・・・いよいよ発売まで、残り僅かとなった2018Jカードの事について書こうと思います。
一応自分の予定では、金曜日(最初の注文分が我が家に到着)、土曜日(追加分の開封)、そして日曜日(名古屋で行われるカードショーに参加)と、3日連続で開封する事になっています。
どれだけ開封するか?については、まだ未定ですが・・・

 

 

開始早々のレッドカードで退場したサンチェス選手ですが、かつて悲劇が起こったコロンビアなだけに彼の今後が心配・・・と思った人は自分以外に何人いる?

| | コメント (0)

16分の12

今回は前回の予告通りクワガタのお話です。
最近になって気温が高くなってきたこともあり、我が家のクワガタたちも非常に活発に動くようになってきました。


その中でも我が家で最大の大きさを誇るヒラタクワガタは、今年で3年目に入るというのに、本当に元気一杯でエサも沢山食べてくれます。

 

 

ちなみにコイツの血を受け継いで生まれた16匹の子たちですが、現在までに12匹が成虫、もしくはサナギになってくれたりと自分的には100点満点に近い成長っぷり!!
ということで、既に羽化してるんじゃないか?と思われるヤツに関しては、そろそろ窮屈なビンの中から出してやろうかな?と思い・・・


先日の日曜日、そのような連中たちをビンから出すことにしました。

 

 

尚、無事に羽化が終了してるのか?についての確認は、ビンの底の具合で判断します。


写真では分かりにくいですが、このビンは左側の底に黒っぽく丸い空洞みたいな部分が見えます。
ここに羽化した成虫が見えたので、早速その部分を目指して堀り進んでいきます。(一番困るのが、目で見えない部分・・・つまりビンの中程でサナギになっていることです・・・判断が難しいし・・)

 

 

このビンの中を掘る作業というのが意外と面倒くさいんですが・・・


昨年の秋から愛情込めて育てた幼虫ですし、せっかく成虫になったんですから、最期の最期まで責任持って育ててやらないとね・・・

 

 

で、今回の第1号は・・・


実は掘ってる段階では完全にオスだと思ってたコイツ・・・出て来たのはメスでした。
でもサイズは思ってたよりも大きいし、足も非常にしっかりしている素晴らしい個体でした。

 

 

その後も何匹か掘り出しましたが、今回は何故かメスの比率が多かったです。
まあサナギの段階で性別について何匹かは把握してましたが・・・(ちなみにヒラタクワガタについては、市場での取引はメスの方が高額になるケースが多いです・・・ただ、我が家のクワガタは売るために育ててる訳では無く、完全に自分の趣味ということも付け加えておきます)

 

 

で、ビンを開けること7個目にして・・・


待望のオス登場!!
ただ、このオスは自分が思ってたよりも小ぶりなサイズであり、目標としていた70ミリオーバーには程遠いものでした。

 

 

掘り出したばかりの個体は・・・


飼育用のケースを作るまでの短い時間までは、こうやって洗面器の中でおとなしくしていてもらいましょう。

 

 

ただ、今回の中で1番デカく成長した幼虫が現在もサナギにならず、いまだに幼虫のまんまってのが気になりますが、まだまだ成長しているみたいで、一体この先どれだけ大きな成虫が誕生するのか?と勝手に思ったりしています。
遂に我が家から、念願でもあった70ミリオーバーが誕生するのか?

| | コメント (0)

新車が来た!!

これは先日の土曜日・・・
つまり、あの悪夢のガンバ大阪戦が行われる数時間前の事になりますが、実は自分のクルマが新しくなりました。


これまで乗ってたクルマですが、嫁が言うには、もう10年近く経ってる(要するに古くなった)し、これ以上車検で出費が・・・という、なんていうか半分訳の分からん理由で買い替えることに・・・
なんか自分としては、意見も受け付けられないまま勝手に新しくさせられた・・・そんな感じでした。

 

 

実は自分ですが、今度クルマを買う時は『普通のクルマよりも軽トラックが欲しい!!』と何度も言っていたんですが、嫁を中心とした我が家の家族、そしてクルマ屋さん側から「それは止めとけ!!」と猛反対されました。
軽トラって色々なシーンで凄く重宝するのに、その部分が全く分かって貰えなかったのが本当に残念と言うか・・・

 

 

ちなみに嫁曰く、「軽トラは会社を定年してから買え!!」だって!!
だからぁ~・・・オレは今すぐ欲しいんだけど・・・

 

 

ということで、まさに今からスタジアムに出陣するという直前、その事前に頼んであった新車が我が家に到着。


新車はTANK(タンク)で、自身初のトヨタ車!!
ナンバーは、自分の事を知ってる人間なら「またか・・・」と思うであろう・・・お馴染みの5000番です。

 

 

で、新車が来たということで、これまで10年近く共にしてきた古いクルマを業者の方に持って行ってもらうことに・・・
すると、この時に信じられない出来事が・・・


これまで乗っていたクルマ(ホンダ・フリード)は、もう生産してない型で、しかも走行距離がハンパない程になっているので、中古車としての価値はゼロに等しく、このまま廃車となるそうですが、自分たちとの別れを惜しんだのか?今まで滅多に起こる事の無かったバッテリー切れが、なんとここで起きてしまった・・・つまり動かなくなってしまったんですよ。(さすがに動かないと困るので、早速ケーブル繋いで動かせるようにしたけど・・・)

 

 

このタイミングでバッテリーが上がるなんて・・・
クルマにも感情があるのか?と思いました。(本当は別に理由があったんですが・・・)

 

 

さて、次回はワールドカップの事・・・ではなく、多分クワガタのことになると思います。
最近は気温も高くなったことで、我が家のクワガタたちも夜になると活発に動いているんですが、これが本当にうるさかったりします・・・(それだけ元気ってことなので、それはそれで良い事なんですが・・・)

| | コメント (0)

今でも時間さえあれば挑戦してるゲームです

今回は久しぶりにゲームのお話です。
紹介するのは、自分が一番好きな伝説のゲームメーカー・東亜プランが1991年に発表した『洗脳ゲーム・テキパキ』というパズルゲームです。


東亜プランの出すゲームと言えば、世の中に数多く存在するゲーマーの9割がシューティングゲームを想像しますが、全盛期から少し経った頃には様々なジャンルのゲームを発表しています。

 

 

今回紹介するテキパキですが、パズルゲームにありがちな複雑なルールなどは一切無く、誰でも楽しめる非常に簡単なものですが、それでも高次ラウンドになると、これがなかなか難しく、やはり一筋縄では行かないような内容になっています。

 

 

では、遊び方について説明します。
画面上から3つ固まった形でブロックが落ちてきますが、そのブロックにおける同色を縦、横、斜めのどの配列でも構わないので、5つ以上隣接させると、その色のブロックが消え、その時の消え方によって様々な得点が入るようになっています。
ブロックが消えた事で空間が出来て下に落ちますが、その時に思いもしないような連鎖が起きて大量に消える事もあります。


ゲーム開始直後は同じような色のブロックが連続して降ってくるので、初心者でも思いがけないような連鎖が起きることも多く、誰でも爽快感を感じると思います。

 

 

また、2色以上を同時に消すと・・・


このように普段とは違って高得点が入ります。(5,000~50,000点)
上級者になると、こういうボーナス点を狙って稼ぐため、ブロックの組み方も色々と考えて組むようになります。

 

 

降ってくるブロックの種類ですが、色の付いた通常ブロック(6色)がありますが、レベルが上がると銀色(シルバーブロック)、更にレベルが上がると金色(ゴールドブロック)と追加されます。(つまり最大8色)
このブロックが増えることにより、ゲームが難しくなっていきます。


レベル70でシルバーブロックが追加。

 

 

そして・・・


レベル100に達するとゴールドブロックが追加されます。
こうなると本当に難しい・・・

 

 

他には特殊ブロックが2種類あり、まずは様々なブロックと複合出来るオールマイティー(スマイリーという)なブロックですが、これは本当に便利なもので、ある一定のレベルに達すると3~8枚くらい連続で降ってきます。
これがゲームオーバー直前というピンチだった場合、そこから一気に押し込める展開にまで変化させるような本当に優れモノなブロックです。


左から2列目辺りに上下に並んでいる、顔の付いたブロックがスマイリーです。

 

 

そして、もう1種が爆弾ブロックで、こちらは通常ブロック同様5つ揃えると消えますが、それと同時に画面上に大爆発を起こし、画面内に存在する全てのブロックを消し、同時にこのゲーム最大の10万点ボーナスが入ります。
このゲームの攻略は、その限りなく降ってくる鬼のような通常ブロックの猛攻(?)に耐えつつ、たまに降ってくる爆弾ブロックを、いかにして効率良く揃えるか・・・に掛かっています。


真ん中くらいに見える、時限爆弾っぽいブロックがそうです。

 

 

その爆弾ブロックを5つ揃えると・・・


フィールド内に大爆発を起こし・・・

 

 

画面内のブロックが全て消えると同時に・・・


このゲーム最大のスペシャルボーナスでもある10万点が入ります。
この瞬間は揃えた達成感みたいなものを感じるので、本当に気持ちいいですよ!!

 

 

このゲームですが、世の中の出回り具合は、そんなに悪くは無かったんですが、その後に発売された人気ゲーム・ぷよぷよ(セガ・コンパイル発売)の勢いに押され、気が付いたら世の中から消えてしまった感じです。
ゲーム性が良かっただけに、本当に残念でしたが・・・

 

 

凄いプレイの動画があったので載せておきます。
テキパキ 9,999,9990pts+α レベル610で達成

 

https://www.youtube.com/watch?v=FssrLK2eFik&feature=youtu.be

 

このゲームは稼働してから約2ヶ月くらいだったかな?
全国集計において福岡のゲーセンで全国初のカンスト達成者が出ましたが、当時の自分はどんなに頑張っても200万前後で終わっていたので、この記録が出たというのを知った時は本当に信じられなかったし、「一体どんなプレイをして出した点数なのか?現地に見に行きてえ・・・」などと、よく当時のゲーム仲間に漏らしていました。

 

 

それでも何度かプレイしてるうちに、このゲームの特性が分かってきたので、あとはミスさえしなければ・・・と思いながら数百回レベルでプレイしましたが、今現在までカンストどころか、その半分の500万だって一度も超えたことがありません。(自己最高得点は320万点・・・まだ3倍以上・・・)

 

 

このゲームですが、数多く存在する東亜プランのゲームの中でも1000万+α、もしくはカンストするのが非常に難しい部類に入ると思います。
自分も今回紹介した『テキパキ』、そして東亜プランの象徴(?)とも言えるシューティングゲームの中でも非常に難しいと言われている『鮫!鮫!鮫!』の2つに関しては、いつか必ず1000万+αを出したいと思っています。

| | コメント (0)

何で負けたのかって?そりゃあ弱いからだよ

タイトルがアレですが、まあ気にしながらいきましょう。
昨日はルヴァンカップ・プレーオフ第2戦・ガンバ大阪戦が行われました。
第1戦で0-1というスコアで負けたジュビロですが、勝ち抜けの条件としては、とにかく勝つことが第一条件でした。
そしてジュビロとしては8年ぶりのグループステージ突破も掛かっていた大事な試合でもありましたが・・・

 

 

前日夜は雨が降っていたものの、この日は朝から快晴・・・


ただ、梅雨時特有の天気ということで非常に蒸しく、観戦に来てた人が熱中症で倒れたのか?朝からスタジアム周辺では救急車のサイレンが鳴り響いていました。

 

 

この日はシーズン当初から確実に開催されるのか?予定に無かった試合なので、様々なイベントは無いものと思っていましたが、それでも例のユース&ジュニアユース会員限定のカードは普通に配付されました。(ということは、今シーズンは全21種?)


(ここまでパーフェクトの場合)、この日配付されたカードは、最近絶好調というか、現在のチームにおいて一番得点する可能性の高い松浦拓弥選手でした。(この日も先制ゴールを決めるなど、本当に絶好調なんだけど・・・)

 

 

それにしても、この日は本当に暑かった。
普通に立ってるだけでも汗が滲み出てくるレベルだったし、普段外で仕事してる人以外には非常に厳しかったと思います。


これは広場の売店付近にある人気コーナー・ガチャガチャの所の様子を撮ったつもりだったが、なんか訳の分からん風景写真になってしまった・・・(反省・・・)

 

 

そして例のジュ美女スポットでは、まさかの今年4度目となる、選手のポストカードが配布されていました・・・が・・・


こちらも当初からジュビロの予定に無かったのか?ほぼ先日配付されたものと、ほぼ同じ物が配布されていました。
ちなみに調査の結果(笑)、今回新たに写真が変わってたのは藤川虎太朗選手ただ1人だけでした。

 

 

尚、今回嫁が引いたカードは中村俊輔選手でしたが、引いた瞬間「あ~、(これは既に有るので)要らないなあ・・・」っていう一言。
そんな事言ってるところを、このカードを欲しがってる多くのファンが聞いたら、マジでどつかれるぞ!!(それにしても嫁は、これまで様々なカードにおいて俊輔選手を本当に良く引く・・・)

 

 

とりあえず、席に戻ってみることに・・・


スタンド席は既に、こんな状況でした。
試合前の雰囲気だけは本当に良かったです。

 

 

で、問題の試合ですが・・・


第1戦を0-1で落としているため、勝ち上がる条件としては、相手に2点差以上を付けて勝つ、もしくは1-0で90分を終え、その後は延長かPKで勝ち上がるのが一番分かりやすいでしょう。
またアウェーゴール(2試合の合計ゴール数が同じになった場合のみ発生)の関係もあるので、とにかく相手にゴールを許さない事が大事であり、特に最近のジュビロは得点が全く期待出来ないので、相手に得点を許した時点でジュビロは最低3得点が必要となり、そうなると勝ち抜けが非常に難しくなるので絶対失点してはいけなかったし、そういう事も踏まえて臨んだはずなんですが・・・

 

 

それなのに、同じ選手に同じような失点を3度も見せらるのって、どんだけ修正能力が無いんだろ!?と思いましたね。
これが強いチーム相手、例えばレアルマドリード・・・というのは少々大袈裟ですが、それくらいの差があるような相手なら、まあ仕方が無い部分もあるだろうし、あきらめだってつきます。
ところが今回の相手でもあるガンバ大阪は開幕から全然調子が上がらず下位に低迷してるうえに、先日の天皇杯では大学生相手に負けると言う失態を晒しているという、そんな相手です。

 

 

しかも今回のガンバのスタメンは大学生に負けた時と全く同じメンバー、それも中2日という厳しい状況でありました。
それに対してジュビロはホームゲームであり、しかも今年は2敗、それも2試合とも完封負けを食らってるので、そういう部分を払拭するという意味で絶対にというか一番負けてはならない相手であったんですが・・・

 

 

なのに負けた・・・
同じチームに年間で3度も負けた・・・
リーグ戦で降格圏周辺を彷徨ってる相手に負けた・・・
しかも、つい3日前に大学生に負けた相手に普通に負けた・・・
おまけに、ここまで3試合全て同じ選手に決められて負けた・・・

 

 

今回の相手でもあったガンバ大阪とは、まだリーグ戦、しかもホームでの試合が残っていますが、こうなってくると次に対戦する時の結果が用意に予想出来るのは何故なんでしょうか?(またファンウィジョ選手に決められて負けるんじゃないか?という・・・)

 

 

でも、よくよく考えてみても、昨年大活躍しチームの躍進の原動力となったメンバーが完全に3人も居なくなり、しかも攻撃陣が松浦選手以外が絶不調・・・そんなチーム状態ですから、ここまで本当に良くやってると考えても・・・でも、こちらもわざわざ金を払ってプロの試合を見に行ってる訳だから、そんなの言い訳にならないですね。

 

 

最後・・・
今回唯一写真が変わったカード・藤川虎太朗選手です。


ルヴァンも華々しく(!)敗退したことだし、これで苦労してポストカードを集めなくて済む・・・

 

 

次回は久しぶりにゲームの事でも書こうかと思っています。
これで中断期間に入ったことだし、しばらくジュビロの事は忘れてもいいかと・・・

| | コメント (0)

やっぱり代表よりもJだ!!

今回はカードのお話です。
まずは最近入手したカードの紹介からですが・・・


◇2006Jカード 田中さん 400枚限定ジャージーカード(通算97枚目)

◇2016浦和レッズTE 加賀健一 40枚限定直筆サインカード

◇2018日本代表SE 吉田光範 40枚限定直筆サインカード(シリアル・ラストナンバー)

◇2018日本代表SE 武田修宏 10枚限定直筆サインカード

 

日本代表SEですが、結局自分の力では欲しいカードが引けない・・・つまり、どうにもならないので、オークションに出ていたカードを力づくで落札し、入手した格好となりました。(武田氏のカードは自分ではなく嫁が超熱望してたので・・・)
田中さんジャージですが、遂に大台目前まで来ました・・・が、残り3枚入手するのに、どのくらいの月日が掛かるのやら・・・

 

 

ここからは開封結果です。
開けたのは、もちろん・・・


2017Jカードです。
先日も開けた日本代表は相性が非常に悪いので、サインが確実に2枚以上引けるコチラの方が開けてて楽しいですし・・・

 

 

このボックス最初のサインは・・・


コンサドーレ札幌の内村圭宏選手でした。
ジュビロとしては毎回イイようにやられている選手ですね・・・

 

 

続いて出たのは・・・


毎年のように引いていたが、このシリーズにおいては今回初めて引いた名古屋グランパスの佐藤寿人選手でした。
シリアルナンバーは得意のジャージナンバー前後賞・・・(このボックスはサインが2枚で終了・・・でも日本代表よりも開けてて面白かった!!)

 

 

さて・・・明日はルヴァンカップのプレーオフ・第2戦のガンバ大阪戦ですが、絶対に2点差をつけて勝たない事には先に進むことは出来ないので、そのようになるように期待しながら応援しようと思っています。
とにかく天皇杯で大学生にも負けるような調子の上がらない相手に1年間で3回も負ける事は絶対許されないし、なんと言ってもホームだしね・・・

| | コメント (0)

プロって・・・!?

昨日は天皇杯2回戦・vs中京大学戦が行われましたが、ゴールデンウィーク以降、ジュビロは全くと言ってもいいくらいに結果が出てなかったので、さすがに大学生相手なら・・・ということで、この日は久しぶりに期待しながら観戦しました・・・が・・・

 

 

まずは、開門直前のゲートの様子です。


この日は見ての通り、残念な天気です。
全く何で試合日に雨なんだろう!?って感じですよ。

 

 

で、午後5時に開門しましたが、この日は嫁の意向により、普段観戦して場所ではなく雨が降り込んで来ないゴール裏の上の方で見る事になりました。


で、この日はジュビロのイベントは一切無し。
しかもスタジアムに入場し、一度外に出たら再入場は出来ないということで、キックオフまでは本当にヒマでした。(仲間たちとキックオフまで色々あーでもないような話をして過ごしてたな・・・)

 

 

で、これは・・・


この日のスタメン&ベンチメンバーが挨拶に出てきたところです。
雨は見ての通り、全然止みそうもない・・・

 

 

で、定刻にキックオフ。


試合内容ですが、藤川選手の公式戦初ゴール、そして中野選手の追加点で2-0となり、これで勝負あったか・・・と思いましたが、その後は何度も何度も訪れた決定機をことごとく外しまくったことによって流れを完全に失い、まさかの2失点を食らって試合開始当初は全く思いもしなかった延長戦に突入するという非常に情けない事態に・・・

 

 

そんな緊急事態にベンチが取った方法は、3日後のルヴァンカップ・第2戦という大一番の為に温存していた松浦選手を途中起用することでした・・・が、チームとしても絶対的な切り札だけは大学生相手に使いたくなかったようです。
しかし、残念なことに今回出場してたメンバーは大学生相手に好勝負をするようなレベルであり、こうなった以上ケタ違いの選手を出して一気に試合を決めるしかないと・・・

 

 

結果的には松浦選手の決勝ゴールにより、チームは救われた形になったんですが、プロのチームとは思えない情けない出来を目の当たりにしたら、3日後に行われる試合には不安しか感じずにいられませんでした。(しかし、その相手でもあるガンバ大阪は、ある程度のメンバーで戦い、この日の相手でもある関西学院大学に負けたそうで・・・)

 

 

次回はカードの事でも書こうと思います。
久しぶりに開封結果もあるでよ・・・

 

 

何故かボールを持っただけで観客が湧いていたモルベッキ選手ですが、ハッキリ言っちゃうけど、この日対戦した中京大でピッチに立った全ての選手よりも下手だったと思う。
このままでは来年の契約は非常にヤバイので、今後の奮起に期待・・・は出来るかなぁ・・・(この日は後半に途中出場し、延長前半に途中交代・・・)

| | コメント (0)

銀河一引きが弱い人間、ここに降臨

今回は開封結果です。
開けたのは先日発売されたばかりの2018日本代表・スペシャルエディションです。

 

 

今回の開封会場は、ここを読んでる皆さんなら御存知のKINGSでした。


今回の『ぷち開封大会』の為なのか?店の方でNEWカートンを用意してくれてました。

 

 

で、箱から取り出したボックスを商品棚に並べた様子です。


既に1ボックスが消えているのは、今回一緒に開封したカード仲間のNくんが既に開けているからです。

 

 

そのNくんの開封してる様子です。


必勝うちわをバックに奮闘中!!
ちなみに、この時開けてたボックスからはパッチが出ました。

 

 

それでは・・・と思いながら、自分も早速1つ選択。
金サイン、もしくは何かえげつないパッチでも出ないかな?と期待を込めて開けたものの、最初のボックスの結果が・・・


まさかのノーマルジャージ(小林悠選手・W杯に出ない人)+インサート(川島永嗣選手・手が使えるいつもの人)・・・
誰もが絶対に当たりたくなかったスカボックス(←この表現でいいよね!?)に当たることに・・・

 

 

「オレさあ、このシリーズでまだ1枚も男子のサインを引いてないんだよね・・・だから今回なら何か引けるか!?と思って臨んだんだけど・・・」でも現実は厳しいもので・・・

 

 

さすがにこれでは・・・と思い、もう1ボックス追加!!
ちなみにNくん、更に店に居たI先生も同時にボックスを選択し、みんなで開けることに・・・

 

 

で、自分の2ボックス目の結果が・・・


まさかのノーマルジャージ(山口蛍選手・一応W杯に出るらしい・・・)+インサート(小林悠選手・W杯に出ない人)・・・
誰もが当たりたくなかったクソボックス(←2連発だから、乱暴な表現!!)に当たる・・・っていうか、この世の中で最初に自信を持って選んだ2ボックスが、どちらも安定して確実にハズレを捕える人間なんて、自分以外に居るか・・・???

 

 

っていうか、自分より引きの弱い人間なんて、おそらく日本中探しても絶対存在しないのでは?

 

 

今度が最後・・・ということで、今回まさかの3ボックス目に突入・・・
結構投げやり気味にサクサク開けていくと、最初に出てきたのが・・・


この日3度目のノーマルジャージ(三竿健斗選手・W杯に出ない)・・・
しかも写真を見て貰えれば分かると思いますが、この引きたくも無かったジャージを引いた直後、たまたま飛んでたハエがカードの上に止まって一休みするということで、まさにハエにも馬鹿にされた奇跡の瞬間です。(この様子をI先生が撮影)

 

 

上で書いた『ジャージが引きたくもなかった理由』なんですが、これが出ると金サインは出ないと聞いていたので、そりゃあテンション下がりますって!!

 

 

で、2度あることは・・・まさかの!?
いや、さすがに3度目は無かったですよ。
でもね・・・


出たのは引きたくも無かった、なでしこの選手・・・
隅田凛選手って誰だよ!?
なでしこ、あんまり興味無いから全く知らない選手だよ・・・

 

 

で、この日のNくんの結果は・・・


下の方がそうですね・・・(パッチ×2とか、レジェンドとか・・・)

 

 

で、カートン1の金サインは・・・


当然のように・・・というか、誰もが認める程に引きが強いI先生が引いていましたが、長友選手なら超当たりですよね・・・
更にレジェンドも神野卓哉氏のジャージナンバー・・・(自分と同じ数のボックスを開けて、この差は・・・!?)

 

 

自分の結果も載せとくわ・・・


カートン1の20枚限定インサートとか・・・って全然嬉しくない!!(しかもW杯に出ない人だし)

 

 

これで、このシリーズは通算5ボックス開けて、出たサインが2枚(両方なでしこ・・・)ジャージ5枚・・・
1枚くらいなら引けるだろうと思ってた、レジェンド&金サインは結局ゼロですからね。

 

 

その後、帰宅してからは嫁に開封結果を聞かれ、あまりにも割に合わない結果に唖然としたのか?「カードなんてお金の無駄!!もうそんなもん買うの止めろ!!」って言われる始末・・・
さすがに今回の結果は凹みますね。


で、今回の開封状況日記を書いてる時、後ろからヤツが「次は頑張るんだニャー」って言ってくれたような気がした・・・
オマエだけだよ、このやるせない状況を分かってくれるのは・・・

| | コメント (3)

完封負けって辛いわー

昨日はルヴァンカップ・プレーオフ第1戦・ガンバ大阪戦(アウェー)が行われましたが、自分は普通に休日出勤をしていたので、この試合はどんな状況か全く分からなかったんですが、色々と話を聞けば最近良く見るような内容だったと・・・
つまり・・・チャンスは相手よりも沢山ありながら、決定機を外し続け、数少ないピンチを相手に決められ、結局最後まで点が取れず、ズルズルと完封負けしたという事でOKかな?

 

 

これで今年はガンバ大阪との対戦成績は2戦2敗、しかも2試合連続完封負け・・・
J1全チームを見渡しても、今年の調子の全く上がらないガンバ相手に2試合連続で負けたチームなんてジュビロ以外には無いでしょう・・・(今年になって、ここまで何試合も完封負けがあるってことは、普通にチーム自体が弱いってことかな・・・)

 

 

幸いにもルヴァンカップのプレーオフはホーム&アウェーということで、まだジュビロのホームが残っています・・・が、その第2戦で仮にガンバに1点でも取られたら、今の得点力皆無なチーム状況では一気に3点も取るのは相当厳しいだろう・・・なので1失点を食らった時点で決勝トーナメント行きは黄色信号が灯ることになるのでは?と思っています。

 

 

それにしてもゴールデンウィークが終わったくらいから、チームが急激に弱くなった感じ・・・
本当にどうしたもんかと・・・

 

 

あとは・・・こちらの事も触れておこう。
先日、ガーナ相手に完封負けを食らった日本代表ですが、翌日ロシア・ワールドカップに臨むメンバーが発表されました・・・が、結局サッカー協会の目論見通りになった感じのメンバーが選考されたことで、今後の日本のサッカーの事を考えたら将来性が無いだけでなく、本当に夢も希望も何も無くなってしまった気がしました。
前回大会から4年の月日が経ち、当時もピークだったかどうか分からないようなレベルの選手が今回も普通に何人も選ばれてる訳ですから、希望を持てというのも無理な話でしょうが・・・(ガーナ戦は本当に酷かったそうですね・・・見てないから知らんけど・・・)

 

 

今回は本大会直前の監督交代により、色々と準備する期間が短かったという不運もあり、メンバーは経験重視という理由で選考・・・したらしいが、そんな経験値を持ってるなんて選手なんてチームに1人、もしくは2人もいれば沢山でしょう。
それよりも前回大会で、試合終盤になると足が止まってたという、そんな選手たちが前回よりも更に4つ歳を取ったことで、今回はもっと悲惨な事になるのでは・・・!?

 

 

4年前の惨劇が再び起きるようなら、もう日本のサッカーは相当ヤバイ状況だと思いますが・・・(つまり、この4年間は一体何をやってたのか?と・・・)

 

 

次回はカードの事について書きます。
久しぶりに開封結果だな・・・

| | コメント (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »