« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

相性の問題ですな

今回も前回同様カードのお話です。
まずは最近入手したカードの紹介から・・・


◇2017ジュビロ磐田TE 櫻内渚 45枚限定直筆サインカード(シリアル5番・ジャージナンバー)

◇2017ジュビロ磐田オフィシャル 川又堅碁 45枚限定直筆サインカード(通算2枚目)

◇2017ジュビロ磐田オフィシャル 川辺駿 45枚限定直筆サインカード(通算2枚目)

 

 

発売から割と経ちますが、櫻内選手のサインカードのジャージナンバーを無事に入手。
実は櫻内選手のジャージナンバーですが、我が家には結構沢山・・・というか、ルーキーとして入団した2012年のチームエディション、そして2016年のJカードの2種以外、全て手元にあります。


それにしても、このシリーズは結局ここまで1枚もジャージナンバーが引けない・・・
このシリーズだけでも引いたサインの数は多分70枚は超えてるはずなのに、1枚も引けないってのは常識的に有り得ないような・・・(ちなみに櫻内選手を入れて、これでこのシリーズにおける所持ジャージナンバー枚数は計7枚になりました)

 

 

ということで、まだ世に出ていないジャージナンバーを求め、在庫分に何かが入っていることを願いつつ・・・


その相性が悪い(んじゃないかな~と勝手に思っている)2017TEを開けてみました。
そろそろ1枚くらいジャーナンバーシリアルを引いてみたい・・・

 

 

と思い、意気揚々と開けてみたものの、ここで出たのが・・・


だいたい約30ボックスくらいに1つの割合で存在するジャージのみの箱っすよ!!
しかも手元には何枚もある小川航基選手・・・
ジャージのみの箱に当たると、マジへこむわ~・・・

 

 

次回は・・・多分ジュビロの事を書くと思います。
ジュビロの試合はJ1でも唯一の日曜開催ですが、怪我人続出でチーム事情がとっても厳しい状況の中、相性の悪い静岡スタジアム・エコパでの浦和レッズ戦ですからね。果たして今のジュビロがどこまでやれるのか!?って感じです。
あと個人的に憂鬱な気分にさせてくれるのは、何と言っても今が花粉飛散の一番のピークで、もう毎日のように目が凄くかゆく、鼻水は全く止まらず、くしゃみ連発・・・
そんな時に杉林に囲まれたような所にある陸上競技場での試合観戦・・・ホント地獄だ!!

 

 

上で所持してないと挙げた櫻内選手の2016Jカードのサインカード・ジャージナンバーですが、実は某オークションに出品されていたことがあり、しかも割と・・・ではなく相当安い金額だったので、これは入札しよう・・・と思っていたんですが、出品してた人の名前を見た瞬間にスルー決定!!
以前からカードに全く興味が無く、ただの小遣い稼ぎのために・・・というか、『なんていうか、まるで人を馬鹿にしてるのか?と思われるようなヤツから買うくらいなら死んだほうがマシ!!』と思ってた出品者なので、この時は何のためらいも無く見送りました。
同じカードを何度も何度も吊り上げし、落札額が安いからって何度も何度も出品を取り消しし、そして何度も何度もしつこいくらいに再出品をしてるヤツ!!オマエだよ!!オマエ!!ここ見てんだろ!?(←見てないなら、この語句はちょっと恥ずかしい・・・)

| | コメント (0)

今だからこそ開封!?

今回は開封結果です。
開けたのは2種類ですが、相性の悪い2017Jカードは無し・・・
今回開けたのは2016Jカード、そして2013Jカード・シリーズ2の2種(計2ボックス)です。

 

 

まずは2016Jカードです。


このシリーズにおける過去の開封結果ですが、分かっているだけでも10枚以上の大物級が引け、しかも箱3に当たる確率が高かったこともあって、自分としては過去最高レベルと言えるくらい非常に相性が良かったシリーズです。

 

 

さてそんな中、最初に引けたのが・・・


徳島ヴォルティスの山崎凌吾選手・・・
どんな選手なのか全く分からないうえに、正直ヴォルティスって交換にも厳しいような・・・

 

 

しかし、このカードのシリアルナンバーは・・・


50/50ということで、ラストナンバーでした。
まあ気休めには良い番号になるのかな!?って思いましたが・・・

 

 

で、このボックスの2枚目に出現したのは・・・
凄く何度も見た事のあるエンブレム・・・
これは、我がジュビロ軍ではないか!!

ニューカマーじゃないので、これはもう誰でも良いと思いながら御対面。


出たのはアダイウトン選手でした。(実は通算6枚目)
先日のサンフレッチェ戦で試合終盤、相手の攻撃を摘もうと下がって守備をした時、芝に脚を取られ?その影響で靱帯断裂をしてしまい、約6か月の大怪我をしてしまいました。
残念ながら今期ほぼ絶望という状況になってしまいましたが、とにかく無理をしないで治療に専念し、来期で構わないので再びピッチで躍動してくれることを期待しています。

 

 

ちなみに、このカードのシリアルナンバーは・・・


2番・・・
特にっていう番号でもないので、全然嬉しくないですね。

 

 

で、このボックスは3枚目も入っていました。(やはり2016年は相性が良いのかな?)
出たのは・・・


ツエーゲン金沢の熊谷アンドリュー選手でした。
ニューカマー扱いなんですね。

 

 

続いて2013Jカード・シリーズ2です。
このシリーズはボックスからサインが必ず2枚出現(確定)する良いシリーズでしたが、特に凄いカードを引いたという記憶がほとんど無いんですが・・・


それでもOBサインの福田正博氏とか藤田俊哉氏など、色々と夢もありますけどね・・・(俊哉氏のサインは引いたっけ!!)

 

 

で、このボックス最初のサインは・・・


ギラヴァンツ北九州の小手川宏基選手でした。
今は知らないけど、2013年はギラヴァンツに所属してるんですね。

 

 

で、このカードのシリアルナンバーですが・・・


なんかこういうのを久々に引いた感じがしますが、10番ということでジャージナンバーでした。

 

 

続いて、このボックス2枚目に出たサインは・・・


清水エスパルスの高木俊幸選手でした。
残念ながら清水止まり・・・もうちょいで磐田まで届いたんだけどなぁ・・・

 

 

ということで、スゲー!!と思うようなものは出ませんでしたが、そこそこ楽しめました。
尚、次回も一応開封結果を載せようと思っていますが、こちらについてはガッカリ感が否めないものになってしまい・・・

| | コメント (0)

平日の2部練見学(×2)

3月終盤の連休(自分が勝手に言ってるだけ・・・)ということで、昨日と今日は2日連続でジュビロの練習見学に行ってきました。
この2日間は、どちらも平日ということで午前&午後の2部練でしたが、もしかしたら、最近なかなかファンサしに来てくれない某選手が来るのでは?と期待しながら練習場を訪れましたが・・・

 

 

この2日間は、どちらも夏日!?って思うくらい日中は暑かったです。
まずは水曜日の様子から・・・


グランドを超えた向こう側には、キレイな桜が見えますね。
あまりにも暑すぎて、咲いたばかりの桜が散っちゃってるくらいでした。

 

 

今は春休み期間ということもあって、とにかく子供が多かったです。


練習内容ですが、午前は数人のグループでのパス回しとか、フルコートを使っての簡単なミニゲームなど・・・

 

 

で、午後は・・・


各ポジション別に分かれての連携練習や午前同様の簡単なミニゲームなど・・・まあ普段から行われているような内容中心ですね。

 

 

練習後はお楽しみのファンサービスですが・・・


もしかしたら来てくれるだろう・・・と期待してた某選手は、またしても来てくれず・・・
他にも来てくれなかった選手も何人かいましたが、まあ試合で頑張ってくれればいいです。(写真はファンサ中の田口選手)

 

 

ちなみに松浦選手ですが、まず自分と目が合った瞬間に言ってきた言葉が「約束通り(札幌で)ゴール決めてきましたよ。でも(自分が)見に来てくれない時に何故かゴールが決まるんだよな~・・・」だって。
ほっとけ・・・

 

 

で、ここからは木曜日(本日)の様子です。


フルコートでのゲーム。
非常に暑い中での練習で、選手は本当に大変だと思いますね。

 

 

ファンサゾーンは地表の熱のせいで、凄く暑かった・・・


正直、日影が欲しい!!と思った人も多かったはず。
以前みたいに仮設のテントが有れば最高・・・っていうか、まだ4月にも入ってないというのに、この暑さって一体・・・!?

 

 

で、午前のファンサの様子です。(写真は中村俊輔選手)


ちなみに最近なかなか来てくれない選手とは、多分多くの人は俊輔選手だと思っているでしょうが、実は違います。

 

 

これは午後の様子です。


この時は、どちらかと言えば若手中心で、主にシュート練習をしていました・・・が、何故か若手に交じって松浦選手も・・・

 

 

で、午後のファンサの様子です。


これは子供たちに、なにやら無茶振りをしてる名波監督です。

 

 

この2日間でカード等に頂いたサインは以下の通り・・・


以上、計37枚・・・
さすがに2日間×午前&午後の計4回も見学に行けたことで、結構沢山貰うことが出来ました。
ようやく俊輔選手のジュ美女スポット限定のポストカードにサインが入り、これでこのシリーズは全てサイン入りコンプ達成!!

 

 

さて次回は開封結果を紹介します。
久しぶりに・・・なカードが出現した時の自分の気持ちは・・・
まあ自分の開封結果ですからね、肩の力を抜いて期待しないでお待ちくださいませ・・・

| | コメント (0)

浜松にもしょんない上陸

かなり今更な感じになってしまいますが、先週の土曜日に浜松駅の駅ビル・メイワンに行ってきました。
分かる人には分かると思いますが、メイワンはファンション専門店が多数入っているビルであり、そんな場所に自分みたいなオッサンが一体何をしに行ったのか?というと・・・


かつて静岡の駅ビル・パルシェでも開催されたことのある、静岡朝日テレビの人気番組、『ピエール瀧のしょんないTV』のアレ、つまり、しょんないTV展が行われているということで、今回は一体どんな感じになっているのか?ってことで、ちょっと様子を見に行ってきました。

 

 

県内在住の人なら分かると思いますが、静岡朝日テレビと言えば、どちらかと言えば静岡県内でも中部から東部地区でのイベントを開催する傾向が強く、西部地区は静岡市から離れすぎてることもあって、なかなかこういう機会には恵まれてないように思えます。

 

 

で、メイワンの入口から7階の催事場(イベント会場)を目指します。


翌日がイベント開催最終日ということもあるせいか、あまり人々の関心は無いのでは?

 

 

ということで、イベント会場に到着。


それっぽいような様々な物が展示してあるものの、やはり期間終盤ということもあって人の数が少ない・・・

 

 

一応前年に静岡の会場でも開催され、好評を得ていたスタンプラリーもありました。


しかし、会場に着いた時間が閉店まで残り2時間くらいということもあり、既に本日開催分は終了していました。
まあスタンプラリー達成者が貰える物は番組特製ポストカードであり、多分静岡会場と一緒でしょう・・・

 

 

ここからは開場の様子を載せていきます。


番組で紹介された放送内容&写真が多数・・・
バックにゲーム筐体が何台か写りこんでいますが、かつて『ゲームまりん』に置いてあったゲームも数台・・・(一応自分の記録もバックアップで残っていたものも・・・)

 

 

写真撮影可ということで、沢山・・・でもないが、何枚か撮らせて頂きました。


基本的に番組内で使用された物が多いです。

 

 

で、視聴者プレゼントのTシャツが何枚か展示されていましたが、その中で・・・


ボツになった作品も展示されていました。
広瀬アナの変なポーズを起用したTシャツでしたが、これはこれで良いんじゃないですがねぇ・・・

 

 

番組のネタの募集もありました。


2010年の秋に番組が始まり、まさかここまで長く続くとは・・・それも一部とはいえ、静岡県外でもファン獲得に成功してる程に・・・
当初は誰もが半年くらいで終わると思ってスタートした番組でしたが、視聴率も上がり、番組的に軌道に乗り始めた頃から様々なスポンサーも付いてきたこともあって番組予算も増えたのか!?色々大きな事も出来るようになってきました。
ただ、古くからのファンに言わせれば、それに反して番組がスタートした直後の頃のような、いわゆる『しょんない』感じが無くなってきてるのも事実であり、そういう部分で何か方向性が変わっちゃったとの声も・・・

 

 

ちなみに自分も昔ほどの面白さ・・・というか、バカバカしさを感じなくなりましたね。
あとは・・・やはり何と言っても先日発表された広瀬アナの婚約発表ですかね・・・まあ広瀬アナは別に適齢期の女性ですから、それはそれで全然構わないんですが、その相手が現・清水エスパルスの・・・(これ個人的な事とはいえ、静岡県内の特にジュビロサポからすれば、ただでさえエスパルス寄りな静岡朝日テレビが、よりジュビロから遠くなってしまったような感じがしました。それにしても地方アナでありながら全国的なニュースになったくらいですから、広瀬アナは本当に凄いと思った・・・)

 

 

ちなみに自分の現在の推しアナですが、最近ラジオばっか聴いてることもあるせいか、テレビよりもラジオパーソナリティーの方に比重を置いていますね。
その自分的推しアナですが、静岡県内で申し訳無いがK-MIX(静岡FM)の高橋茉奈さん、あとはSBS静岡放送の大槻有紗さんですね。
一応大槻アナとは一度だけ喋った事があるけど、番組同様に変に面白かった・・・(高橋茉奈さんは、かなり有名なので、ちょっと調べれば分かるでしょう・・・)

| | コメント (0)

目覚めの時だ!!

今回はクワガタのお話です。
先日も書きましたが、最近暖かくなってきたこともあり、長い冬眠生活から目覚めた我が家のクワガタたちも、いよいよ活発に動くような時期になってきました。

 

 

その数多く存在する中でも、特にコイツは・・・


2015年5月・・・つまり、もうすぐ我が家に来てから3年目になるというヒラタクワガタです。(2015年5月13日の日記で自分の手に乗せて紹介しているヤツ)
さすがにもう繁殖用として使用することはありませんが、丁寧に飼うと、こうやって親のままでも数年生きるくらい丈夫なクワガタなんだな・・・って思いますね。

 

 

他に我が家での注目してるヤツと言えば、昨年の秋に某ファミレスの入り口付近で捕まえたコクワガタのメス・・・(2017年9月21日の日記参照)

写真を見てもイマイチ大きさが分かりづらいかもしれませんが、コイツはビックリするくらい凄く小さな個体なんですよね。
それでも冬期は暖かい日でも一度も地表に出てくることも無く、しっかり冬眠しててくれたこともあって、節足の1本1本がとてもしっかりしていて超元気な状態です。
一応繁殖は可能というか考えていますが、見ての通り小さい個体なので当然卵の大きさだって期待出来ない訳ですから、まあ研究程度に・・・って思っています。

 

 

逆に、こんな小さい親から、どこまで大きな成虫が出来るのか?っていう楽しみはありますが・・・

 

 

親だけでなく、幼虫も・・・


大きいヤツで、特に左側のヤツなんか菌糸を食いまくってくれたおかげで、結構な大きさにまで成長してくれました。
昨年生まれた16匹の幼虫ですが、ここまで1匹も死滅することなく全て元気に育ってくれています。しかし2年前に沢山生まれた時と比較しても、平均的に小ぶりというのが少々気になっていますが・・・

 

 

これがウチで一番大きな幼虫です。


ビン越しにうっすら見えますが、このまま成長を続け、我が家として念願でもある70ミリオーバー級にまで大きくなってくれればいいんですが・・・

 

 

次回はジュビロの事、もしくはゲームの事について書こうと思っています。
それにしても試合の無いというのは本当にヒマですね。
まあ日本代表の試合があったようだけど、自分の頭の中には完全に無かった・・・色々酷評記事が出てるけど、やはり見る価値は無かったようですね。(今の状況なんて馬鹿監督の就任当時の選手選考を見た瞬間から簡単に予想出来た事・・・当時は自分も様々なところで色々叩かれまくってたようだけど、そう言ってきた連中って今、息してるか?)

| | コメント (0)

Jカードの発売時期と被る!?

先日、2018日本代表・スペシャルエディションの情報が発表されました。
この通年シリーズですが、今回は発売時期が年明けではなく5月、つまりワールドカップ開催直前ということで、最近では珍しい時期に発売することになります。

 

 

この毎年発売されてる日本代表SEですが、どちらかと言えば、そんなに興味が無いというケースが多いんですが、今回のシリーズに関しては、ちょっと・・・ではなく、情報発表直後から相当気になっています。

 

 

分かっている方も多いと思いますが、今回のシリーズには現代表以外に1992年のアジア大会に選出された選手たちが封入されることになったんですよね。

 

 

この1992年のアジア大会・・・最近で言えば、いわゆるレジェンド枠に入るものですが、今回自分の収集対象でもあるジュビロ磐田・・・ではなく、当時のヤマハ発動機の選手が2人入っていまして、1人はもう誰もが知っているであろう、御存知ゴン中山こと中山雅史選手ですが、もう一人は当時の代表における中盤のレギュラーでもあった吉田光範さんです。

 

 

この吉田さんですが、初期のJカードとかカルビーでは何度かカード化されてはいますが、当時は日本代表系のカードは存在してなかったことで、彼の代表での雄姿がカード化により、再びクローズアップされる(?)点は、当時からのファンとしては非常に嬉しく思っています。
一応2001年にPANINIより発売された日本サッカー協会80周年記念で一度だけカード化されましたが、日本で発行されるカードとしては今回が初めてとなります。


 

https://item.rakuten.co.jp/niki/031920180050/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_101_0_0

 

それにしても、今回のタイミングでレジェンド枠を大量に封入するなんて、一体誰が予想出来たことか・・・
ただ大きな悩みとしては、サインカードが40枚限定の黒番と10枚限定の金版の2種存在するということ・・・
特に中山選手は絶対高額になってしまうので、収集するのに苦労しそうです。

 

 

まあ毎回思うことなんですが、そういう高額になる可能性の高い自身の収集対象のカード・・・もしくは交換に強くなるような大物が普通にサクっと引ければ何の苦労もしないけど、こればっかりは引きの運不運に左右されるものであり、特に自他共に引きの弱い自分になると、もうね・・・
自分は昔からそういうカードは絶対・・・というか、ほぼ100%に近い確率で引けない!!これは自分の事を知ってる人間なら誰もが納得するくらいですから・・・
特に自分の事を少しでも知ってるようなジュビロサポーターの間でも、「あの人よりクジ運の悪い人は、まず聞いた事が無い」っていう感じですし・・・

 

 

さて、ここからは開封結果でも載せておきましょう。
2018日本代表SEの発売告知が出たというので・・・


昨年発売され、良オッズということで評判になったアジア最終予選突破記念カードを開けてみました。

 

 

結果は・・・


井手口陽介選手のサインカード、久保裕也選手のジャージーカード、あとは突破記念のスポーツタオルカードが出ました。
今回は前回開封結果でも紹介した浅野選手のようにサインが酷い状態ではなく、まともな状態(普通はこれが当たり前)だったのは良かったです。
ただ、井手口選手って先日の代表発表では呼ばれることはなかったんだよな・・・

 

 

次回はクワガタの事でも書きたいと思います。
3月入り、ようやく暖かくなってきたというのに、昨日くらいから日本列島を覆うように広がった寒波の影響もあって、再び冬のような感じになってしまいましたが、それでも我が家のクワガタたちは着実に成長しています。
これまでの事を考えれば、そろそろサナギになるヤツが1匹くらい出てきても良いかと思っていますが・・・

| | コメント (0)

止めた!!

昨日はサンフレッチェ広島戦が行われましたが、会場はエディオンスタジアム・・・ということで、磐田から凄く遠い広島、そして日曜日の午後4時キックオフというだけで、普通に考えれば簡単に行けるような場所ではありません。
更にキックオフの時間帯は地元の年度末の総会があったため、自宅に帰宅した時は既に前半が終了していた直後でした。

 

 

で、後半から試合終了まで見ていたのですが、なんていうかねぇ・・・
お互い似たような展開で、両チーム共に守備的というんでしょうかねぇ?見てて、とてもスコアが動きそうもない感じでした。
結果的には0-0のスコアレスドロー・・・スポーツニュース等において速攻で試合結果だけ紹介されて終わり・・・でした。

 

 

だいたい今回の相手は2018年の公式戦で1つも負けてないチーム、つまり単純に考えても明らかにジュビロよりも強いチームでもあります。
しかしそんな相手に対して、この日のジュビロはレギュラーメンバーが3人も欠場・・・この大一番に対し、よりによって今年の試合では今回が一番不安な布陣で臨むことになってしまったんですが、まあ守備陣が頑張ってくれたことで、最低限の結果を得る事が出来たと同時に、ようやくサンフレッチェの勢いを止める事が出来たんじゃないでしょうか?

 

 

この両チームの中で一番注目されてた選手と言えば・・・


やはり川辺駿選手でしょうね。
今年からサンフレッチェに戻り、既にチームの中心選手として活躍しているので、今更語ることも無いですが、やはりジュビロでの3年間は彼にとって決して無駄では無かったようですし、自分としては近い将来おそらく日本代表として活躍するのでは?と思っています。

 

 

ジュビロ時代の川辺選手と言えば、やはりアウェーでの得点率が異常に高かったこと・・・(川辺選手のゴールが見たければアウェーに行け!!とも言われてた・・)
そんなこともあってなのか?チームの主力となった2年目時代、2ndユニフォーム(要するにジュビロで言えば白い色の方)の方が1stよりも売れたとか・・・

 

 

次回、サンフレッチェ広島との対戦は11月3日もしくは4日のホームということで、まだまだ随分先になりますが、この日は例え仕事だろうと無理してでも休みを取って、川辺選手の雄姿を拝見しにスタジアムに駆け込みたいと思っています。

| | コメント (0)

なんでこういう結果なのかって?開けてる人間が自分だからだよ!!

今回は前回も予告したように開封結果です。
開けたものは・・・


最近良く開けている2017Jカード、そして既に世に出尽くした感のある2017ジュビロ磐田・オフィシャルカードです。
どちらも収集対象でありながら未所持のカードが何枚か存在するシリーズであり、特にジュビロ・オフィシャルは、発売当時から『こんなにも狙ったもんが全然引けんのか!?』と何度も嘆いたシリーズでした。

 

 

ということで、まずは・・・


Jカードの方から開けて行きました。
まあ、お約束ですね。(ここからはサインカードしか紹介していきません)

 

 

で、このボックス1枚目に見えてきたカードは・・・


これ!!分かりますかね!?
このシリーズにおいて、全くと言ってもいいくらいに引けなかった、我が収集対象チームでもあるジュビロ磐田が、ようやく引けましたよ!!

 

 

ということは、念願だった『シュンスケチャンス』ってことですよね。
ここまで収集の目標枚数(3枚)に到達していないのは全8選手中、中村俊輔選手1人だけ!!
これは興奮・・・というか、マジで来て欲しい!!

 

 

そう思いながら、ずらしていくと、そこに見えてきた選手は・・・


松本昌也選手・・・(通算5枚目←これだけあるけど、特に集めているわけでもない)
えー・・・この時のジュビロのサインのメンバーの中で、この松本選手ってのは、正直一番ハズ・・・

 

 

ようやく・・・というか、せっかくジュビロが引けたというのに、ここで松本選手ってのはねぇ・・・


ほら!!俊輔選手の一つ隣だよ・・・
もう自分の力じゃ、この先ジュビロは引けないよ・・・

 

 

いや、松本選手も現在ジュビロの選手だから、確かに応援はしてますけどね、なんていうか一応注目されて2017年にジュビロの移籍してきたものの、チームで活躍したか?と言われたら、正直・・・というか、ハッキリ言って彼の力で勝った試合は、ほとんど無いんですよね。
昨日の試合では松浦選手のゴールをアシストしたとはいえ、リーグ戦でも割と試合に出場してる割にゴールはもちろん、アシストもゼロ・・・(昨日の試合が多分ジュビロに来て初のアシスト)
特に昨年の夏、チームが6連勝して上昇ムードになり、7連勝目を狙ったホームのサンフレッチェ戦において、先発起用されたものの、何も自分の役割が出来ず散々な出来・・・(あの時ボランチに起用された2人は、しばらく試合で見たくないくらいに腹が立つ程、本当に極悪な出来だった・・・)

 

 

ジュビロ所属選手だから応援してるんですよ。
だから出場した試合では、せめて見に来たファンの為にも小さな爪痕でも残せるよう、マジで頑張ってくれよ!!(試合に出れない選手だって沢山いるんですから、そういう選手の代表者なんだって気持ちを持って試合に臨んで欲しい・・・なんでこんな厳しい事を言ってるのか?というと、やはり他チームから来た選手なので、ジュビロ入団組より風当たりが強くなるのは当然の事で・・・)

 

 

さて、このボックス2枚目に出現したのは・・・


セレッソ大阪の水沼宏太選手でした。
これは十分当たり級な選手だろ!?(残念ながら、このボックスから出たサインは2枚だけでした)

 

 

続いて・・・


久しぶりの開封となった昨年のオフィシャルカードです。
このシリーズですが、サインのノーマル版は既にコンプしているものの、少数枚数(10枚限定)のホロ版に関しては、まだ全て収集できていません。
何度も書いていますが、残り5種(ムサエフ・中村俊輔・川辺駿・名波浩・鈴木秀人)は発売直後からずーっと探していますが、現在まで見つかっていません。(見たことも無い・・・)

 

 

で、このボックスから出たサインは・・・


今年のリーグ戦における、チームのゴール・第1号を記録したアダイウトン選手でした。(当然ダブリ)
よくよく考えてみれば、アダイウトン選手が出た場合、ここで万が一ホロ版が出たとしても連番だから・・・

 

 

出たよ!!
その滅多に出ないホロ版が!!


松本昌也選手・・・(当然ダブリ・・・)
とにかく、このなかなか引けないホロ版を引くことを目標とし、これまで気合入れて沢山開けてきましたが、なんでまたここで測ったかの如く、しっかり松本選手が出るんでしょうかねぇ・・・(このシリーズのサイン全19種の中でも松本選手は、どちらかと言えばハズ・・・)

 

 

ということで、今回の結果です。


わー凄い・・・
松本選手を応援してるジュビロサポーターなら、涙が出るくらい嬉しい結果だろう・・・
(松本選手推しのサポならジュビロでも少なからず存在してるけど、彼のカードを熱心に集めているコレクターは、あんまり聞いた事が無いです)

 

 

またチャンス目指して頑張るわ・・・
しかし、よくもまあ滅多に出ないところで、2枚とも同じように松本選手が出たもんだと思う・・・

| | コメント (0)

歴史が動いた!!

本日はルヴァンカップ・コンサドーレ札幌戦が行われましたが、場所が札幌ドームということで、さすがに簡単には行ける場所ではないし、しかも本日は水曜日ということで平日・・・
生観戦は果てしなく厳しいです。

 

 

一応、先日(月曜日)の練習終了後のファンサの時、松浦選手には「札幌と広島は仕事があって応援に行けないけど、まあ点でも取ってくれれば自分としても嬉しいので、ホント頼むよ・・・」って感じで声を掛けたら・・・


本当にゴール、それも貴重な決勝点を決め、チームの勝利に貢献!!
まさに有言実行でもありますが、自分が見に行かない時に高確率で得点を決めるあたりが、何ていうかお約束的な感じです。
あとは・・・これまで怪我の為にずっと休んでいた小川航基選手や山本康裕選手も久しぶりに戦線に復帰したり、他にも沢山の見どころがあって本当に楽しい内容のゲームでした。

 

 

こうなってくると、先日の約束が次節のリーグ戦・サンフレッチェ広島戦でも発揮されるかもしれない・・・
松浦は昔から、そういう男だ!!

 

 

この松浦選手のヒーローインタビューが行われている最中ですが、テレビの下に置いてあった自分の作業服の上に何故か!?アレがやって来て・・・


なんか、くつろいでやがる・・・(この後、ヤツは予想通り寝ちゃいました)

 

 

この札幌ドームでのジュビロの戦績ですが、これまで何回か書いてるように公式戦、それも90分で勝ちを収めた試合というのが過去に一度も無く、実は今回が初の快挙だったりするんですよね。
あの、どうしようもないくらいにチームが強かった時代、いわゆる黄金期ですら、この札幌ドームでは一度として90分で勝つことが出来なかった程で、まさに本日の勝ちは歴史的な出来事でもあります。

 

 

正直、マジで仕事さえ無ければなぁ・・・

 

 

さて次回は・・・
松浦選手の2018年初ゴール記念とでも勝手に銘打って、何かカードでも開けようかね!?

| | コメント (0)

アーケードでRPG!?

今回は久しぶりにゲームのお話です。
現在、自宅の趣味の部屋をゲーセン化しようと計画・改造してるところなんですが、貯まりに貯まった様々なガラクタ等が作業の妨げになってしまい、なかなか先に先にと進まない状況です。(実際は、自分のやる気の問題ですが・・・)

 

 

そんな中、大量の基板の整理を兼ね、通電テストしてみたら、何枚かはゲーム出来ない状況・・・俗に言う基板死亡という状態になっていました。
まあ手元にある基板の大半は20年以上も前の物ばかりですから、長い期間に渡って全く通電してないものも多く、また冬期に発生する静電気等の影響もあるため、普通に故障するのも当たり前な状況ですが、その中で某メーカーの初期の基板は非常に丈夫に作られていたせいか、当時からも故障しにくいという話を聞いていました。

 

 

て、その某メーカーの基板ですが、我が家には現在5枚程あります。
では、果たしてウチの基板は大丈夫なのか?と思って電源を入れてみると、確かに噂通り、問題なく画面も表示し、普通に遊ぶことが出来ました。

 

 

その壊れにくい基板とは、かつてアーケードゲーム界を席巻した超有名ゲームメーカーでもあるナムコ社(現・バンダイナムコ)の物で、特に80年代の、いわゆるナムコ黄金時代と呼ばれていた時期に製造された基板は特に故障が少ないそうです。(実際、本当にそうなのかは知らないが・・・)

 

 

さて前置きが長くなりましたが、今回紹介するのは、その壊れにくいと言われるナムコの作品であり、発売当時は全国各地のゲームセンターで極悪ゲームと話題になった超大物ゲーム・ドルアーガの塔(THE TOWER OF DRUAGA)です。
アーケードゲーム史上初めてRPG要素を含んだアクションゲームでもあります。


ドルアーガの塔・・・
この名前だけでも聞いたことがあるという人は凄く多いでしょう。
当時の人気作品の宝庫でもあるナムコゲームの中でも特に異色とも言える内容を誇ってたゲームであり、しかも開発者が当時の超大ヒット作でもあった、あのゼビウス(シューティングゲーム)を作った遠藤雅伸氏ということもあって、全国各地のナムコ信者、遠藤信者がこぞって攻略の為にゲーセンに入り浸ったほどでしたからね・・・

 

 

ただ、その大半・・・というか、ほぼ全てのプレイヤーを地獄に叩き落とした歴史的作品でもありました。

 

 

ゲーム内容は、主人公(ギルという名前)を4方向レバーで動かし、それぞれ各階に隠された宝箱を見つけ、それを得る事で様々な効果を得て、魔物に支配された塔を徐々に登っていくという感じで進められ、最終面(60階)に捕らわれの身で待つ恋人(カイという名前)を助ける・・・というものです。
で、このゲームの最大の特徴でもある宝箱ですが、一応各階に隠されていて、それぞれある決められた動作(操作)をしないと出現しません。
この宝箱の出し方を知らないと、ほとんど場合、これ以降に進むのが困難となり、結果的にゲーム終了となります。

 

 

この宝箱の出し方ですが、ゲーム序盤は『ある敵を○匹倒す』とか、『壁の上に触れてから下に下がる』『壁を壊す』『残りタイムが5000まで待つ』などといった単純な方法が多く、初めてゲームをするようなプレイヤーでも比較的簡単に宝箱を出せる内容になっています。


しかし、ゲームも進んだ中盤以降になると、いよいよこのゲームの恐ろしさを知ることになります。(何も知らない場合ですが・・・)

『敵と交差する瞬間に剣を出す』『一定の敵を順番に倒す』『ある一定の場所を3往復する』などいう普通じゃ絶対分からないものが多く、更には『1プレイヤーボタンを押す』なんていうとんでもない物まで存在しているため、発売当初は全国各地で多くのゲーマーが毎日血眼になって宝箱の出し方を探していたこともあって、ドルアーガの塔というゲームは別名・貯金箱とも呼ばれていました。(ゲーマーが毎日大量に金をつぎ込んでいて、売り上げが非常に良かった事から・・・)

今でこそ、攻略本やネット情報が飛び交っているので、ちょっと調べれば誰でも攻略出来るゲームでもありますが、これが発売された1984年当時なんて、そういうものは一切無く、とにかく自分で道を切り開くしかないという・・・
ただ上にも書いたように多くのゲーマーたちは『ゼビウスの遠藤氏が作ったゲームだから絶対だ!!』という信念の元、まるで中毒患者のごとく、ドルアーガの塔に100円玉を入れては、地道にプレイしつつ宝箱の謎を解いたりしてました。

 

 

そんな理不尽過ぎる内容のゲームですが、当時の凄いプレイヤーたちは何人かでグループを作り、それぞれが他のグループには情報を流さず、秘密にしながらプレイしてたものの、それだと金が掛かり過ぎるから・・・ということで、今度は色々な地域のゲーマーたちと協力し合って、この謎だらけのゲームを解いちゃった(クリアしちゃった)んですから、本当に驚きです。

これが59面(59階)で、ギルが最後に戦う相手でもある、悪の化身・ドルアーガ(右下にいる緑色の物体)です。

 

 

で、ドルアーガを倒してから60階に上がり、あらかじめ決められた順番通りに操作をすれば・・・


全面クリアということで、ゲーム終了となります。
このように、ある一定の基準を満たしてから強制的に終わるというゲームは当時ほとんど存在してなく、多分このドルアーガの塔がアーケードゲームでは最初の強制終了ゲームなんじゃないですかね?

 

 

ここからは良いプレイ動画があったので、参考までに貼っておきます。
興味がある方は見てみるのも面白いと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=gWP0Y_nJYiQ

非常に分かりやすい解説でノーミスクリア(120万超え)

 

 

こちらも分かりやすい解説(CGで描かれた絵が可愛らしい)で紹介されていますが・・・

https://www.youtube.com/watch?v=SK2I4LBswyU

動画をアップされてる方の中では、多分稼ぎ・・・というか、点数が一番凄い(驚異の140万オーバー!!)

 

 

ちなみに自分ですが、このゲームは当時からそんなに上手く無く、これまで何度かクリアした事はあるものの、ノーミスでクリアした事は1度として無いです。
しかも最高得点は115万行ったか行かないか?という感じで、まさに普通レベルでした。
ただ宝箱の出し方は全て記憶していて、プレイ中は当然カンニング無し。
現在でも全ての面の出し方を言えと言われたら瞬時に言えます。(← これ、多分一生忘れないと思う・・・)

 

 

それにしても、このゲームはプレイ中に流れる美しいBGMとか、剣の抜き差し時の効果音とか、本当に1984年に作られた作品なのか?って驚かされます。
自分はメインBGMはもちろん、各面のスタート時のBGM、そしてゲームオーバーの時に流れるBGM(これは後にナムコのCMで歌となって流れた・・・)が好きで、当時非常に高額だった基板を無理して購入した一番の理由は、その美しいBGMを気が済むまで聴きたかったためです。(ドルアーガの基板ですが、今でも普通に8万以上はするから、決して安いとは言えない・・・)

 

 

最後・・・このゲームにおける自分の周辺での事でも・・・
自分の高校時代からの友人でもある、むらまつ氏(当HPのリンク集の中でも紹介してますが、現在HPは閉鎖してます)ですが、このゲームは当時から異常に上手く、他にプレイしてた人でも滅多に見た事の無かったノーミスでの全面クリアで130万オーバーを叩き出してたり、全60面クリアして満足したかと思ってたら、再び1面からプレイして再び60面をクリア・・・結局スコア表示の1位~5位を全てを自分の名前で埋めたりするなど、自分の知ってる限り日本で一番ドルアーガの塔が好きな人間なのでは?と思ったりしました。(このゲームを普通に1階から60階までクリアするのに掛かる所要時間は約45分~50分・・・よっぽど好きじゃなかったら、そんな1日に5度もクリアするまでやらないと思う)

| | コメント (0)

やっぱ勝った後は雰囲気が違う

この日は休暇だったこともあり、午前中は色々と医者に行ったり、あとは来週開催される地元の自治会の総会に向けての資料をまとめたり・・・と、そんな感じで過ごしていました。
で、午後は2時よりジュビロの練習があったので、ちょっと見学に行ってきました。

 

 

この日は平日ということで、見学者も休日より大幅に少ないだろうし、そういう時はファンサが楽だろうと思っていましたが、学生さんが春休みに入ったせいか?思ってたよりも見学者が多かった・・・
これは自分にとって、ちょっと予想外でした。


この日は風もあまりなく、穏やかで本当に良い天気でした・・・が、花粉が凄くて自分としては非常に辛かった。
この練習場がある大久保って所は木々に囲まれた地域であり、常に花粉が勢いよく飛び交う所でもあります。

 

 

この日の自分ですが、前日からの夜更かし&花粉の薬の効果もあって、練習場では終始ぼーっとしてました。


そんな半分寝ぼけた状態で見学してたので、この日はどんな内容の練習をしてたのか、全く覚えてないです。

 

 

さて、この日のファンサ状況ですが、土曜日の試合が良い結果だったこともあり、選手の誰もがとても良い顔をしていました。
やはり勝利に勝る薬は無いですな・・・(写真は土曜日の試合で貴重な追加点を決めたムサエフ選手です)


ちなみに本日の松浦選手ですが、まず最初に自分と目が合った瞬間、いきなり「元気ですかー!?」って一言・・・
目は痒くて真っ赤、鼻はズルズル、そして連発してるくしゃみのせいで全く覇気の無い自分を心配してくれたうえでの発言だろうけど。

 

 

で、この日のファンサで頂いたものは、当然カードばかりですが・・・


まずは田中さん、名波浩監督、山田大記選手×3枚です。
山田選手の一番右側のカードは今年度版のユース&ジュニアユース会員限定の配付カード(カードナンバー・2番)になります。

 

 

他に頂いたものは・・・


山本康裕選手×2、小川航基選手の計3枚。
こちらは全て昨年のジュ美女スポット限定配付カードになります。
このジュ美女カードで、まだサインが入ってないカードは残り1枚となりました。(それは10番の人・・・いつ貰えるのやら・・・)

 

 

次回は久しぶりにゲームの事でも書きたいと思います。
そういえば、今年中に自宅をゲーセン化するという計画を立てたものの、工事の進捗状況が全然だったりする・・・時間が欲しい・・・

| | コメント (0)

さあ、ここからだ!!

昨日はFC東京戦(ホーム)が開催されました。
週間天気予報によれば、ほんの1週間前くらいまでは、この日は雨ということになっていましたが、晴れて・・・良かったということにしとく・・・(おかげで花粉が凄く飛んでてホントに参った・・・)

 

 

この日のサポーター広場の様子です。


2018年になって初の磐田開催試合ということもあり、多くの人で一杯でした。
開幕戦の陸上競技場(エコパ)なんかと違い、やっぱりここがジュビロにとっての聖地なんだなって感じがしますね。

 

 

ここはプレゼントブース。
サポーターズクラブ会員限定ですが、毎年ジュビロより何かを貰えます。


今年はスマホポーチ、もしくは折りたたみ傘のどちらかを選択出来ます。

 

 

自分が今年貰ったものは・・・


折りたたみ傘でした。
まあ自分はスマホなんて持ってないから、必然的にこちら以外無いんですが・・・(嫁はスマホポーチを選択してました)

 

 

ここは毎年おなじみになっている・・・


ジュ美女スポット・・・見ての通り、女性限定のコーナーです。
参加料無料なのは別に構わないんだけど、今年も(多分)アレを女性限定でやるのか?と思うと、なんていうかやるせない気分になります。

 

 

今回、嫁が抽選に参加してみたところ・・・


先着1300人中40人にしか当たらないA賞が当たりました・・・が、この招待券はエステを無料で受けられるものの、それを受けるのに特定されてる店舗まで行かないとダメだという・・・
じゃあ、そんなに当たりでもないような気が・・・

 

 

その後は広場をぶらぶらするが、今回は特に面白そうな催し物も無いので、スタンド席に戻ってみると・・・


既に選手がアップしていました。
ちなみに上の写真ですが、中央付近で一人でリフティングをしてるのが久しぶりに磐田に戻って来た前田遼一選手です。

 

 

キックオフ直前のスタジアムの様子です。


日差しが眩しかったので、このボードは日傘変わりになって都合良かったです。(笑)

 

 

で、試合は・・・


両チーム共に開幕から勝ってなかったこともあって、正直どちらも微妙・・・というか、一体何をしたいのか?良く分からない感じでした。
ただジュビロにとって今年最初の得点(アダイウトン選手)が生まれたことにより、これまで何かの呪縛に縛られていたような選手たちの動きが一気に良くなり、試合終盤には更に追加点(ムサエフ選手)までも生まれ、結果的には2-0での完封勝利を飾ることが出来ました。

 

 

この試合における最大の収穫ですが、今年ヴァンフォーレ甲府より新加入の新里選手が意外と・・・ではなく相当良い出来だったということ。
おそらく今後も起用機会が多くなるでしょうね。

 

 

それ以外で気になった事といえば、この日の主審の井上・・・ホントもうジュビロの試合で笛吹くなよって思う!!(有名な所では、かつてアントラーズ戦においてロドリコ・ソウト選手の完全なゴールをファールにして取り消したり、他にもジュビロ戦では色々やらかしてる、マジで害のある審判!!)

 

 

これは試合後、サポーターへ向けての挨拶の様子です。


やっぱりホームでの勝ちは格別。
この日のヒーローインタビューで中村俊輔選手が言った一言「やっぱヤマハ(での勝利って)・・・いいっすね~」は、凄く味がある良い言葉でした。

 

 

さて次節は川辺選手が戻ったことで、完全に息を吹き返した・・・というか、もはや強敵となってしまい、現在絶好調のサンフレッチェ広島が相手です・・・が、その前にルヴァンカップ・コンサドーレ札幌戦があります。
昨年1勝も出来なかった2チーム(サンフレッチェ&コンサドーレ計5戦で3敗2分)が相手、しかも連戦になりますが、ようやくチームにも待望の得点が生まれたので、昨年の借りも含め、気合入れて勝ち点をもぎ取って欲しいものです!!

 

 

本日は3月11日です。
生きていることで色々と出来る事に感謝し、今年も1日1日大事に歩んで行こうと思います。

| | コメント (0)

禁断の試合日の当日モーニング開封!!

本日はFC東京戦(ホーム)が行われます。
今年最初の磐田での開催ということで、個人的には非常に大事な試合なんですが、ここ最近のチーム状態を考えたら、やはり少しは気合が必要だろ!?ってことで、滅多に行わない試合当日の朝にボックス開封を敢行しました。(これは誰に気合が入るのか?って思う・・・)

 

 

で、今回開けたのは、やはり・・・


相性の悪い・・・というか、とにかくジュビロの選手、そして良番シリアルが全く引けない昨年のJカードです。
もうおなじみでもある定番シリーズですが、まだまだ手元に在庫はあるので、新作が発売されるまでは(花火大会に支障をきたさないよう・・・)今後も徐々に開けて行こうと思っています。

 

 

では、ここからは開封結果になります。
最初に出たサイン(ここからはサインカードのみ紹介)は・・・


なんと!!いきなり大物でもある遠藤保仁選手(ガンバ大阪)が登場!!
このシリーズで遠藤選手を引くのは今回が3度目ですが、まあ交換にも非常に強い人気選手ですし、やはりこういう選手は何枚引いても嬉しいですね。

 

 

で、2枚目に出たのは・・・


昨年躍進しACLにも出場してる柏レイソルの守備を支える若手選手、小池龍太選手でした。
なんだなんだ!?このボックスなんかスゲーぞ!!

 

 

で、このボックスには3枚目も居ました。


ここで出たのは横浜FCの佐藤謙介選手でした。
このシリーズで横浜FCは本当に良く引くな・・・(J2のサインはJ1の半分なはずなのに、横浜FCのサインは全部で7枚くらい引いてます。ただ一番の当たりと言われているイバ選手以外ばかり・・・ちなみにジュビロの選手は合計で僅か3枚しか引いてません!!)

 

 

で、結果ですが・・・


やはり、こうやってみると遠藤選手が光ってますね。
一番最初に遠藤選手が出ちゃったから、残りはかなり安心して開けれました。
しかし多くの人の前とかでは、こういう選手っていうか、こういう箱に全く当たることさえないのに、家で一人寂しく黙々と開けてると、このような素晴らしい結果になるのは何故だろう!?

 

 

さて(自分に)気合も入ったことだし、これからスタジアムに向かいます。(←この文章は午前8時に書きあげました)
今年になって、ここまでに何度も言っていますが、今回こそ勝てたらいいな・・・そしていまだにチームに得点が無いので、今日は絶対に見せてくれよ!!(前田選手のD・・・・ゴール!?っていうのは無しな方向で宜しくお願いします)

| | コメント (0)

前日練習で見えたもの・・・

昨日(木曜深夜)は夜勤だったので、仕事が終わってからジュビロの練習を見に行ってきました。
試合前日であり、しかも翌日は今期初のヤマハスタジアム開催試合ということもあり、この日はスタジアム練習でした。


この日の練習は午前10時より行われました。
早朝まで降り続いた大雨(←実はそんな過酷すぎる状況の中で仕事してた・・・)も練習開始前には上がり、この日は良いピッチ状態の中で練習出来たんじゃないかと・・・

 

 

練習終盤には変則ミニゲーム。


何故か大井選手の決定力が凄かった。
試合の中でも彼の謎の得点力を期待しています。(もちろん、一番期待してるのは彼の守備力なんですが・・・)

 

 

で、変則ゲームが終わった後は、みんなで軽くランニングして、一応本日の全体練習は終了。


試合前日ということもあり、比較的軽い練習メニューでしたが、まあ沢山練習したところで、急にチームが強くなるわけないので、これくらいのメニューの方が丁度良いかも・・・
尚、この日の練習を見る限り、翌日の試合のスタメンは・・・ん?ついに決断か!?

 

 

全体練習の後は個人練習でした。
自分の目の前ではフリーキックの練習をしてたんですが・・・


名波監督(後ろの黒い格好)が見守る中、俊輔選手(ちょうど蹴ってるところ)、田口選手(その横)、そして松浦選手(監督の目の前)の3人が順番に蹴っていました。
やはり俊輔選手の弾道は凄いと思いましたが、驚いたのは松浦選手のキックが超正確だったことです。
昨年に続き、まさかの2年連続フリーキック直接弾もあり得る!?

 

 

だったら先日のルヴァンカップ・清水エスパルス戦で、ゴールの手前でフリーキックのチャンスが2度、それも直接ゴールが狙える位置でありながら、どちらも何故に太田選手に蹴らせたのか!?と思いましたが・・・(結果は2度とも、ため息しか出ないものだった・・・)
そういえば、そのエスパルス戦の試合結果は今回書かなかったけど・・・まあ察して頂ければ・・・

 

 

練習終了後、今年の自分のユニフォームに・・・

ようやく松浦選手のサインが入りました。
「いつもみたいにデカく書いていいっすか?」
そんな事を言うってことは、実は小さく書こうとしてたのかよ!?

 

 

さて明日の相手はFC東京ということで、ジュビロのファンの誰もが待ち望んでいた前田遼一磐田凱旋試合になります。
やっと前田選手が久しぶりに磐田で見れる・・・っていう嬉しさもありますが、勝負はまた別物なので、試合だけはキッチリ勝たせてもらいたい・・・いや、勝たせてもらえたらいいなぁ・・・(FC東京も開幕からチームがイマイチな感じですが、ここでも勝てないようなら、さすがに・・・)

 

 

練習見学のファンサの時に思った事なんですが、選手と話をしてる時に横から色々チャチャを入れてくるヤツってなんなん!?って思う。
そりゃあ、その選手に関して自分の知ってる事以外で、そいつの知ってる事も色々あるかもしれないし、それについて選手に突っ込みたくなるって事も分からなくもないけど、あの瞬間ってホント不快な気分になるぞ!!

 

 

昨年より俊輔選手が入団してきたことで、スタジアムでのルールとか練習場とか色々と劇的に変わってきたけど、同時にサポのレベルまで凄く落ちたよ。
特にここ最近になって爆発的に増えた、いわゆるにわか、その中でも自分から見て俗に言う民度の低い連中は、俊輔選手が居なくなってもファンを続けられるのか?と質問されたら、おそらく8割くらいは辞めるだろう・・・
過去・・・2009年に中山雅史選手がジュビロを退団した直後の状況を見てるからハッキリ断言できるんですよ!!あの翌年、スタジアムからファンが一気に消えたからね・・・(当時ゴール裏を牛耳っていた某主力応援団体ですら、中山選手の移籍直後に同じようにゴッソリ居なくなったくらいだから・・・ああ、そいつらが応援してたのはジュビロってチームじゃなく個人だったんだな・・・って)

| | コメント (0)

早く新作が出ないかな!?

今回は入手カードの紹介です。
先日も個人的・超大物カードを含め、色々と紹介したばかりですが、今回も割と良いカードばかり揃いました。


◇2009Jカード・2nd 田中さん 40枚限定直筆サインカード(通算8枚目)

◇2017ジュビロ磐田TE 志村滉 45枚限定直筆サインカード(シリアル1番)

◇2017ジュビロ磐田TE 森下俊 45枚限定直筆サインカード(シリアル35番・ジャージナンバー)

◇2017Jカード 川辺駿 50枚限定直筆サインカード(通算3枚目)

 

 

前回に続き、久しぶりに2009Jカードの田中さんのサインカードを入手しました。
一応当初の目標でもある9枚まで、残り1枚となりましたが、この手のカードは年々入手困難になる傾向が強いので、カード屋さんやオークションなどの市場に出て来たら無理してでも購入しないといけません。
あとは先日の浦和レッズ戦でチームの勝利を導く活躍をし、もはやチームの中心選手となりつつある川辺選手のサインカードも無事に目標の3枚目を入手しました。
つい先日まで普通に近所に居たような気がしてたんですが、あの試合を見てたら、もう完全に手の届かない存在になっちゃった・・・そんな感じがしました。

 

 

今回提供してくれたT氏、どうもありがとうございました。

 

 

さて・・・明日はルヴァンカップ・清水エスパルス戦(アウェー)が行われます。
実はこの試合ですが、当初から応援に行くつもりで休暇を取ってあったんですが、ほんの2週間くらい前になって、会社側から『この日はどうしても・・・』って言われてしまったので、仕方なく休暇を返上・・・泣く泣く日本平遠征は断念することになりました。
静岡ダービーと言えば、4月の頭に行われるリーグ戦の方も仕事により欠席になる可能性がきわめて濃厚・・・

| | コメント (0)

どん底の更に底まで落ちた・・・

先週の土曜日ですが、名古屋グランパスvsジュビロ磐田戦ということで、ちょっと豊田スタジアムまで行ってきました。
ジュビロにとってみれば、ここ数年は何をやっても全く勝つ気がしない超苦手チームとも言えるグランパス・・・
誰かこの難敵相手に普通に勝つ方法を教えて欲しい!!

 

 

今回のアウェー遠征の同行者ですが、途中で合流した方々も含め、過去最多の14人でした。


写真のようにこの日は天気も良く、しかも無風状態であったため、自分的に一番心配してた花粉もそんなに飛んで無く、良い状態で観戦が出来るであろう・・・と思っていました。(これは既にクルマを降り、スタジアムまで歩いて移動してる様子です)

 

 

豊田スタジアムに近づくと・・・


上空には何かの訓練機とも思われる飛行機が編隊を組んで飛んでいました。
そういえば、ジュビロの開幕戦も航空自衛隊のジェット機が3機で編隊を組んで飛んできましたが、そういうのが流行っているんでしょうか?(写真には見にくいかもしれませんが、一応3機が並んで写っていますが、この直前までは6機でVの字を組んで飛行していました)

 

 

で、やがて目の前には、今回の決戦の地でもある豊田スタジアムが!!


この豊田スタジアムはジュビロにとって非常に相性が良いスタジアムであり、過去にサテライトゲームも含め、一度も負けた事の無い縁起の良いスタジアムであり、この時までは誰もが「まあ負ける事は無いだろう・・・」と思っていました。

 

 

で、10時くらいにスタジアム到着。


キックオフは14時という事で、既に各ゲート付近には入場を待つ多数のサポーターで膨れ上がっていました。

 

 

これはジュビロのサポーター側、つまりアウェー側の列ですが・・・


なんかグランパスサポに聞けば、こんなにも沢山のジュビロサポーターが豊田スタジアムに集まったところは、あんまり見たことが無いとのこと・・・
実際、自分も予想以上のサポの数に少し驚きました。

 

 

午前11時30分、スタジアム入場。


みんな、自分のお好みの場所を目指して席へ走る走る・・・

 

 

そして・・・


試合開始まで30分になると、アウェー側のゴール裏はこんな感じでビッシリと埋め尽くされました。

 

 

試合直前練習で選手がピッチに登場すると・・・


このように選手を鼓舞するように応援が始まりました。

 

 

さて、試合ですが・・・


結果から言ってしまえば、0-1での完封負け・・・
開幕から2試合連続で得点が取れていませんが、昨年も開幕戦&2節までは得点数がゼロということで、ほぼ同じような事を経験しているわけだし、何試合かすれば普通に取れるようになってくると思っています。
ただ、開幕戦&今回と2試合を見た感じでは、今年のジュビロは一体何をしたいのか?と全く分かりません。

 

 

2016年までのように強力なトップにボールを当ててから展開するサッカー、いわゆるジェイ選手頼みのサッカーを捨て、2017年のように前から後ろまで全体的に守備も頑張るサッカーをして、予想以上の好成績を残しました。
で、今年は昨年出来なかった未完成部分、つまり足りない部分を強化したり、他には昨年ジュビロが行ってきたサッカーを更に熟成させ、相手に的を絞らせないよう、人とボールが良く動くような早いサッカーを展開するってことを聞いていたんですが、残念なことに、現在まだ20%も出来てないようです。
これじゃあ、昨年の域に戻すまでは、まだまだ相当掛かるでしょうね。

 

 

そして、長年続いてた豊田スタジアム不敗神話も今回で終わっちゃった・・・


帰りのクルマの中から見える豊田スタジアムの姿が、なんか悲しげに見えました。
開幕ダッシュで大失敗したジュビロに、果たして明日はあるのか?

 

 

結論・・・今回も試合以外は非常に楽しかったアウェー遠征でした。

 

 

で、その翌日に埼玉スタジアムで行われた浦和レッズvs サンフレッチェ広島戦をテレビで見てたら、ピッチ上で中盤を支配し、前に横にと躍動しまくってる川辺選手の姿を見て、なんていうか羨ましさを感じましたね。
本当に凄い選手になってしまったな・・・(グランパス戦後、今回一緒に同行したMちゃん(2号)曰く、今すぐ駿(川辺)に向けて『イワタ キトク スグカエレ・・・』って電報打ちたい気分だよ・・・は名言!!)

| | コメント (0)

最初から最後まで謎だらけ

今回は今更なお話になりますが、先週末(土曜日&日曜日)は地元の方々と毎年恒例の謎旅行に行ってきました。
もちろん今回も主催者側から自分たちには行き先は知らされておりません。
この毎回毎回何故に行き先が謎なのか?と思う人もいるでしょうが、実はこれが楽しみな部分でもあったりします。

 

 

そんな旅行の1日目でもある2月17日、午前5時45分に袋井駅集合。


まだ朝の早い時間でもありますが、今回の謎旅行に参加した人数は総勢9人。
JRで西に向かい、名古屋から近鉄を乗り継いで、最初に向かった先は大阪でした。(ここで初めて今回の旅行先を知る)

 

 

で、午前10時くらいに大阪に到着。


まず最初に向かった場所は住吉大社でした。

 

 

この住吉大社ですが、俗に言うような様々な御利益があるそうですが、その中でも商売の神様として信仰を集めているためか、小さな招き猫が売られています。


その小さな招き猫ですが、1ヶ月に1種売られ、次の月には別のポーズをした招き猫が1体・・・というように、毎月違う形の招き猫が売られます。
で、これを48体集めると、今度は中型の招き猫が貰えますが、中型を貰うのに単純計算で4年・・・
で、中型の上には更に大きな型の招き猫が存在するのですが、それを貰うのに中型を2種類揃え、更に小型も48体一緒に揃えないと貰えません。(つまり単純計算で12年・・・)

 

 

もう商売上手としか言いようが無いですね。(笑)

 

 

で、このあとは周辺付近を散策し、遠くに見える大きな建物を目指すことに・・・


この遠くに見える大きな建物と言うのが、日本一高い高層ビルと言われている、有名なあべのハルカスなんですが、実は自分、この時まであべのハルカスとは何の事だか全く知らず、最初に聞いた時はアベノミクスみたいな政治的政策か何かだと思っていました。

 

 

で、あべのハルカスに到着。
この時の時刻は午後1時くらいだと思いました。


実はこの時ですが、平昌五輪のフィギュアスケート・男子の競技が行われていましたが、そういう旅行の最中でもあった自分は、実に66年ぶりの五輪連覇となる羽生選手の歴史的偉業を見逃す事に・・・(+宇野選手の銀メダル獲得の瞬間も・・・)
これが今回の五輪において、自分が唯一日本人選手がメダルを獲る瞬間を見逃した理由でもあります。

 

 

で、その後は・・・


通天閣の良く見える、この辺りを散策しました。(実際は仲間たちと飲み歩いていましたが・・・)

 

 

都市の象徴ともいえる、このようなアーケード街は全国各地にありますが、


今回訪れた大阪は他の地域と比較しても、食い物屋(特に串カツ屋さんが多い!!)の比率が非常に高く、かなり特殊な地域だと思いました。

 

 

あとは・・・個人的に特に気になったのが・・・


やたら古いゲームセンターが多かったということです。
ちなみに写真の店ではないけど、この店の近くのレトロゲーセンで、あるゲームを2~3種程やっていたら、知らん間に自分の後ろに何人かのギャラリーが!!
随分・・・というか、最近は全くゲームをしてなかったはずなんですが、そうやって自分のプレイに普通にギャラリーが集まるってことは、まだまだ自分の腕は錆びついていないってことなんでしょうかねえ?

 

 

尚、この日の夜の宴会とかは省略。

 

 

そして2月18日(旅行2日目)ですが、この日の朝食は・・・


たこ焼き、そして梅酒でした。
いきなり朝からアルコールを含むコレですからねぇ・・・

 

 

で、(静岡県民には重い)朝食も終わり、この日の最初のミッションは、毎回同様その地域にある名所みたいなところを目指して歩くものでした・・・が、


こんな山登りみたいな事とか・・・

 

 

ここは歴史上において有名な真田幸村が没したという、由緒ある場所らしい・・・


が、自分はそういう歴史的なものについて、全く興味が無いので何の事かサッパリでした。

 

 

十分散策し、この後は何故か奈良・東大寺に向かったり・・・


こうなると、一体何が目的の旅行だか全く分かりませんね。
しかも東大寺で大仏や鹿と戯れた後、今度は京都に向かい、京都タワーにて今回の旅行の打ち上げをしましたが、こうやって2日間色々なところに向かったのはいいが、とにかく最後まで謎だらけの旅行でした。
まあ楽しかった事は間違いないけど・・・

 

 

ということで、先週の土曜日&日曜日の自分の状況でした。興味ないか・・・

 

 

さてさて明日は・・・名古屋グランパス戦を見に豊田スタジアムに行ってきます・・・が、開幕戦のチームの出来が微妙な感じだったので、正直かなり心配です。
今度こそ勝てるといいな・・・

 

 

大阪でのゲーセンの事を書いて、かなり昔の事を思い出しました。
それは今回の旅行で最後に訪れた京都タワーで、その昔・・・というか、自分がまだ高校の時ですが、修学旅行で自由時間に訪れた時、ゲームコーナーに置かれていた某シューティングゲームをプレイしてたら、他校の生徒たち数十人がギャラリーと化した状況になったという、なかなかカオスな出来事がありました。
まあその時プレイしてたゲームは当時の自分としては、相当な自信を持ってたので、世に自分の実力を見せつけてやろう・・・という半分自慢みたいな気持ちも少なからずあったんですが・・・

| | コメント (0)

個人的すげえカードを入手した!!

今回は最近入手したカードの紹介です。
まず最初に紹介するのは、昨年より密かに発行されていた例のカードから・・・


◇2018年版ユース&ジュニアユース会員限定カード・集合写真

 

やはり今年もこのカードは健在です・・・が、お子様限定のカードであるため、やや入手が難しいです。
このような品はファンなら誰だって欲しいのは普通に考えれば分かると思うんですが、入手するのに高いハードルをクリアしなければならないのは、何ていうかねぇ・・・(ジュビロには、昔からそのようなカードが多数存在してるから本当に厄介・・・)

 

 

尚、このカードは毎回スタジアムでお世話になっている少年サッカーチームの一団で、カードにあまり興味のないお子様より交換で頂きました。

 

 

続いて紹介するのは・・・熱望カードを含む4枚です。


◇2008ジュビロ磐田TE・高級版 田中さん 20枚限定メモリアル直筆サインカード(通算6枚目)

◇2013Jカード・1st 松浦拓弥 50枚限定直筆サインカード(通算7枚目)

◇16/17日本代表SE 小林祐希 45枚限定直筆サインカード

◇2005横浜FマリノスTE 清水範久 50枚限定直筆サインカード(通算2枚目)

 

 

この時期にして、入手の難しい田中さんのサインカードを入手しましたが、実はこのカードのシリアルナンバーが・・・


『5番』ということで、まさかのジャージナンバーだったりします。
このカードの表の写真は入団初期の頃なので、まだ固定番号ではない4番を付けたものになっていますが、やはり田中さんと言えば、常に付けていた5番以外にはありえないですね。(この裏面の写真も5番だし・・・)

 

 

今回交換してくれたI氏(N氏)某人物さん、どうもありがとうございました。

 

 

さて次回は・・・2018年のJリーグが開幕する、ちょうど1週間前の事について書いていきます。
世の中は平昌五輪一色状態、しかも土曜日は日本中の誰もがテレビの前で見守っていたというフィギュアスケート・男子が行われていた・・・
そんな日に、一体自分は何をしていたのか?(←当初月曜日あたりに書くって言ってたのに・・・)

| | コメント (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »