« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

掘り出し物からも出るんだな!!

新年になってから、全国各地の本屋等で沢山のカードの福袋が発売されましたが、そこに入っていたボックスをオークションに出品する方が多く、それを狙って・・・って訳ではないが、ここまでに自分は既に計10箱以上落札しています。
しかし、ここまで結構開けてきましたが正直ほとんどと言ってもいいくらいに良い結果が出てくれず、やはり出品されてる物は基本的にカートンで当たり級が出た後のハズレボックスの集まりなのか?と思うようになっていました。

 

 

で、前回の日本代表を開けてた時、それを暇そうに見ていた嫁が、「どうせ全部ハズレしか出ないんでしょ?だったら誰が開けても同じ!!たまには開けさせてくれ!!」と言ってくるので、「じゃあ、(花火大会用ストックの中から)好きなの選んで1~2つくらい持ってきな!!」と言ってやりました。

 

 

で、まず嫁が持ってきたのが2016ジュビロ磐田・チームエディションでした。


このシリーズは、ほぼサインが1枚(+パッチジャージ、もしくはノーマルジャージ)が出る良シリーズで、一応一番の難関と勝手に言ってる松浦選手の落書きサイン(このシリーズは2枚限定)も含め、既に全て集めた感じだし、まあ交換に強いようなカードが引ければ・・・って思いながら開けてもらいました。

 

 

で、このボックスから出たのは・・・


奥田達朗選手でした・・・が、ハッキリ言ってこれは相当辛いですね。
2016年にジュビロに移籍して来たものの僅か1年で退団・・・しかもポジション的にも人気の出にくいGKで、しかも公式戦出場は天皇杯の僅か1試合のみ・・・
人間的には良い人でしたが、カードの話になると、やはり人気や実績が全てなので、これは正直引きたくない部類に入りますね。(ジュビロ所属時代、熱心に応援してた人も1人として見たことが無いので、サポ仲間レベルでのトレードにしても非常に難しい・・・というか厳しい)

 

 

やはり世に出てるボックスは全てハズレばかりなんだろうな・・・と思いつつも、こうなってくると開ける楽しみだけだ・・・ってことで、嫁が次に選択したのが・・・


2017ジュビロ磐田・チームエディションでした。
このシリーズもここまでに相当な数を開けましたが、まだ松浦選手の落書きサイン(本人曰く1枚限定)を見ていません。
既に世に出たかもしれないが、もしかして・・・というような淡い期待をしつつ、このボックスを開けていくと、やがて嫁が・・・

 

 

「どうせ、これもロクでもないのが出て終わりだろ・・・と思ってたら、ロクでもあるのが出た!!」

 

 

と言ってきたので、一体何が出たのか?と思ってみると、そこに見えたカードが・・・


なんと!!中村俊輔選手のサインカードでした。

 

 

しかも、このシリーズでは良くありがちな、何だか分からないような殴り書き状態のサインではなく、これまで色々な所で見てきた俊輔選手の、いわゆるそれっぽい、ちゃんとした筆跡でした。(このシリーズで、こんなキレイなサインは相当珍しい・・・が、何故か嫁が引く俊輔選手のサインは昨年引いたコンボの時も含め、凄くキレイなものばかり・・・)

 

 

ちなみに、この日の嫁の運勢は・・・


全星座の中で1位でした!!(金運が最高ランク)
尚、この俊輔選手のサインカードは我が家的には通算2枚目になりますが、筆跡が非常にキレイであり、しかも引いた嫁が超満足しているため、交換要員として放出することは絶対に無いです。(昨年、自ら引いたコンボサイン同様、このカードも既に嫁のアルバムにガッチリ吸収されました・・・)

 

 

なんだ!!安売りボックスからでも超大物が出るじゃないか!!オークションも捨てたもんじゃないな~・・・と思いつつ、これからも余裕があったら積極的に開けていこうかと思います。
ただね、ここまでの文章を読むと、俊輔選手のサインはまるで自分が引いたように思われそうですが、これを引いたのは残念ながら自分ではなく、嫁であることは疑いようのない事実・・・

| | コメント (0)

こういう寒い日に簡単に出来る事といえば・・・

ここ最近は、この冬最大の寒波のせいもあり、毎日のように寒い日が続いています。
自分も仕事の関係上、主に外での作業が中心なので、正直この低温注意報レベルの日々はマジでキツイですが、まあ仕事と割り切って何とか無事に過ごしています。

 

 

昨年末には「こんな馬鹿げたルールで縛り付けてるようなアホな会社なんかで、まともな仕事なんか出来るか!!」なんて怒り任せな感じで叫んでいたのにな・・・(まあ、今でも思っているけど・・・)

 

 

こういう寒くて風の強い日は外に出ないで室内で暖かくして過ごすのが一番。
ジュビロも今は鹿児島キャンプで遠くに行っちゃって練習見学も無理だし、ゲームはまだ遊べるような状況ではないし、釣り・・・こんな寒い日に釣りなんてもってのほかだし・・・

 

 

そうなってくると、やはり出来る事はカードの開封、そして・・・


コイツと遊んで過ごすのが宜しいかと・・・
この時は鋭く伸びた爪を1本1本時間を掛けて丁寧に切り落としました。(ネコの爪は、ある程度の所まで神経細胞が延びているので、かなり慎重に切らなくてはならないです)

 

 

で、無事に爪切りが終了。


コイツにとっては、多分長くて辛い時間だったが、こうやって安心して寝てる姿を見ると、こっちもほっとします。

 

 

続いて開封結果です。
本来ならコチラがメインですが、写真の都合で後にしました。
ちなみに、今回開封したものは・・・


2016/2017日本代表・スペシャルエディション。
これはハッキリ言って自分にとって非常に相性の悪いシリーズです。(相性の良かった日本代表なんて、ここ最近は記憶に無い・・・)

 

 

で、サクサク開けて行くと、いつものように普通にサインが出ました・・・が・・・


女子(なでしこジャパン)の村松智子選手・・・
この選手ですが、応援してる人には申し訳無いけど、どんな選手なのか全く分からないです。(名前も初めて聞いた・・・)

 

 

まあなんていうか、やはりこのシリーズとの相性は悪い!!
おそらく今後も変わらないでしょう・・・

 

 

そういえば、まだ結果発表してなかった事が1つ。
もう開催終了から1ヶ月近く経ってしまいましたが、昨年まで放送されていたNHKの大河ドラマ・おんな城主直虎の公式サイトで紹介されていた、例のネコ自慢のコーナーですが、残念ながら我が家のネコは賞に絡むというような奇跡は起こらず・・・
っていうか、選考者が前回と違うだけでなく、後期に受賞されたネコは放送されたドラマに併せて茶トラ系ではなく雉トラ系のネコばかりだったのが、なんていうか残念だった感じでした。

 

 

このサイトの観覧は1月31日までなので、興味がある方はお早めに・・・

 

http://www.nhk.or.jp/shizuoka/naotora/

| | コメント (0)

久しぶりに袋井市内でも吹雪!?

ここ最近は凄く寒い日が続いています。
特に普段雪が全く降らないことで有名な静岡県西部でも今日は夕方に吹雪のような天気(ここでいう吹雪というのは、おそらく雪国の人に言わせれば、そんなの吹雪の内に入らないって言われるかもしれないが・・・)になった時は、ちょっとビビりましたね。

 

 

そんな外が極寒な日でも、室内でぬくぬくしてた我が家のネコ・・・


こうやって暖かい室内で伸び伸びしながら暮らしていますが、あの時・・・つまり我が家に勝手に押しかけて来て、そこで我が家の一員として認められなかったら、今頃コイツは本当にどうなっていたんだろうか?

 

 

で、これは東名高速道路の表示灯に出てた交通情報ですが・・・


雪のせいで通行止めになってる区間があるんですよね。
まだ自分の住んでる地域は雪のよる被害とかが無いだけマシだろうけど、本当にこの時期って良い事なんか何も無いし、とにかく嫌な季節だと思います。

 

 

明日の朝は・・・とにかく路面が凍結してない事を祈る!!
ただでさえ、雪に弱い静岡県民なので・・・

| | コメント (0)

今年はこれを着て戦う

今回は土曜日の練習後にジュビロショップ磐田店に行った時のお話です。
現在ジュビロでは2018年版ユニフォームの予約受付をしてる最中ですが、1st版はともかく2nd版(要するにアウェー版)は予約の段階で既に完売してしまったそうで、なんていうかジュビロ人気おそるべし・・・というのを印象付けてる気がします。

 

 

ただ、ここでいう人気というのは、チームの強さとは全く関係なく、ただ単に人気があるだけかもしれませんが・・・(こういうことはカードの世界では頻繁にあります。実力が伴ってないのに、やたら値が高い選手とか・・・)

 

 

ということで、ショップに到着してから今年のユニフォームの注文用紙を見てみると・・・


一部の選手については背番号の下の名前(名称)の変更があったものの、特に2017年との変更はあまり無く、何とも無難な感じに落ち着いたような・・・って感じです。

 

 

で、今年のジュビロのユニフォーム(1st版)ですが・・・


なんか、やたらデカイ鳥が目の前で逃げようとしてる小さなネコらしき動物をついばもうとしている風に見えるのは気のせいか!?と・・・(←自分がこのデザインを見て最初に思った印象)

 

 

この日は2nd版、そしてGKの2nd版(販売予定はありません)は背番号付きで展示されていました。


見た感じ、このGKの2nd版が色的に一番格好イイと思ったんですが、なんで販売しないんだろう?

 

 

後ろも撮影しときましょう。


デザイン的には例年通りだな~っと思っていました・・・が、あれ?

 

 

遠目から見ると気付きにくいんですが、番号部分を良く見てみると・・・

この番号部分の縁取りが『切り取り線』もしくは『山折り』のような点線表示だったとは・・・(この表示方法ですが、公式サイトの画像や注文用紙の写真だけでは絶対分からない)

 

 

ちなみにこの時ですが、ショップにいた常連客たちの間では、ユニフォームの機能性はともかく、この番号の点線の存在を知ってからはデザイン的に「これまでの可愛い感じ(?)のイメージが変わるかも!?」って感じで不満ブーブー・・・
あまりに奇抜過ぎるというか、全体に大胆に描かれたサンコウチョウの透かしがだけでなく、まさかの背番号の点線縁取り・・・

 

 

割と突っ込み処感が満載な感じですが、これで2018年のチームの成績が良ければ、このユニフォームに関しては、きっと良いイメージが付いてくるんだろうけどね。
ジュビロの黄金時代だった1998年や1999年なんて、新作ユニフォームのデザインが発表された時は『なんだ!?このパジャマみたいなデザインは!?』って感じで多くの人たちから激酷評された程なんですが、結局チームの成績が良かったので最終的には強い時代のイメージが付いてきたような感じでした。(自分は今でも当時のデザインはどうかと思っていますが・・・)

| | コメント (0)

2018年、最初の練習見学

昨日は2018年になって初めての練習見学に行ってきました。
今年の練習初日が平日であるにも関わらず、なんと250人もの人が練習見学に訪れたと聞いていたので、最初の週末は一体どのくらいの人が来るんだろ!?っていう恐怖を感じていました。

 

 

で、いつものように練習場に着きましたが・・・


写真じゃ分かりにくいけど、確かに見学者が凄く多い。
おそらく最近の中でも、これだけ沢山の人が練習場に来てるのを見るのは滅多に無いことかもしれません。
警備員の話によれば、この日の見学者は約800人だとか・・・

 

 

今年初めての週末!?ということで・・・


練習開始前には見学者の前で全選手が整列し、今年のチームキャプテンでもある櫻内選手が代表で御挨拶。
この時点で今日の練習後のファンサは、この御挨拶に代えさせて頂きます・・・という匂いがプンプンしてましたね。

 

 

最初の練習は、なんか遠くの方でミニゲーム形式をやってました。


凄く遠くの方でやってるはずなのに、何故か川又選手の声だけは良く聞こえてきた・・・というか、1人だけ声量デカすぎ!!

 

 

その後は、それぞれ各自が分かれて基礎練習とか行ってましたが、練習終盤には再び全員が揃い・・・


3つのグループに分け、異種のドリブル競争を行っていました。
しかし、この異種ドリブルと言うのがなかなか難しいもので、直径15cm程度のボールをリフティングしながらとか、3個のボールを同時にドリブルだとか、あとは果たして試合の中で役に立つのか?というカラーコンの上にボールを乗せて持ち、それを落とさずにボール2個でドリブルだとか・・・

 

 

この練習で超上手かったのが松浦選手。
潜在能力だけなら中村俊輔選手以上と言われても全然不思議じゃないくらいの実力を披露・・・というか、もはや曲芸師の域でした。
ちなみにここでも川又選手の声が、やたらデカい・・・というか、超うるさかったです。

 

 

この日は異常な数の見学者が来てることもあり、今日はこれで終わりだな~・・・と思ってたら、なんとこの日はファンサを決行!!(まさに決行という言葉が相応しい!!)


一応先日のパーティーで松浦選手から、今度練習場くる時は必ず例のヤツを持ってきてくれと頼まれていたので、とりあえずこれで選手に接触出来ることになって良かったです。

 

 

ファンサゾーンの開放直後は・・・


こんな感じで、まばら状態でしたが・・・

 

 

これが数分後には・・・


あら大変な状況に・・・(後ろだと選手が全く見えない・・・)

 

 

で、次々に練習を終えた選手が来る中、やがて松浦選手が来ましたが、さすがにこれは人が多過ぎるだろう・・・と思い、例のモノを見せるのは後日にしようかと思っていました。
しかし、そんな状態であるにも関わらず、松浦選手が自分を見つけると、いきなり「例のアレ、今日持って来ましたか?」と言われたので、「え?この状況(人が溢れかえってる状況)で?」と返答。
しかし「今日、(自分が書いた落書きに久しぶりに会えるのを)楽しみにしてたんですよ・・・」と言われたので、問題のカードを本人に見せたところ、「マジか!!超感動っすよ!!」と喜んでました・・・が、この後、松浦本人から再び自分に対する挑戦状みたいな問題発言・・・

 

 

「こうなったら、やはり今年もやりたいですね!!もちろん1枚だけ・・・」

 

 

いや簡単に言ってるけど、そのような超激レア級なカードを入手するのに、一体どれだけの労力が掛かってるのか?そこを分かって欲しいです。
この松浦選手との一連のやり取りですが、サポ仲間のAさんが連続写真で撮影していて、それを見せて頂きましたが、問題のカードを見た瞬間の松浦選手、まるで少年のような笑顔でした。

 

 

この日、頂いたサインです。


山田大記選手、八田直樹選手、小川大貴選手、川又堅碁選手、高橋祥平選手、山本康裕選手、名波浩監督よりサインを頂きました。
山田選手のカード(ユース&ジュニアユース会員限定カード)にもサインを頂いたことで、このシリーズは全てサインが入りました。
皆さん、どうもありがとうございました。

 

 

この後は何人かの方々とジュビロショップ磐田店に向かいました。
今年初のショップでしたが、この時期は新ユニフォームの注文をしに来る客が多いかも?と思いつつも、まあせっかく店に行くんだから何を買おうかな?って考えながら移動しました。(ショップでのことは次回掲載)

 

 

おまけ・・・
例年サイン用のアルバムにサインを頂くことを目標にしてるAさん、今回はサインと同時に名前も一緒に頂く事にしたそうで、アルバムには既に多くの選手のサインが埋まっていました。
で、この日は名波監督に同じようにサインを頂いたところ、「え?名前も?なんか面倒くさいなー!!」って言われ、サインと一緒に書かれたのが・・・


メッシ・・・(ちなみにAさんは名波監督と人見知りレベルなので、こういう冗談が通用する・・・)

| | コメント (0)

せっかく引いたのに・・・

今回は開封結果です。
開けたのは、既に店頭では全くと言ってもいいくらい見掛けなくなってきている・・・


2017日本代表・アジア最終予選突破記念カードです。
前回の開封結果は正直なところ、微妙もいいとこな感じでしたが、今回こそ驚くようなカード・・・ではなく、そこそこなレベルでもいいので、せめて普通に交換にも使えそうな選手を引いてみたいものですが・・・

 

 

で、早速このボックスを開けていくと、途中で前回見た事の無かったカードが出現しました。
そのカードというのが・・・


突破記念スポーツタオルカードでした。
このカードが入っていたパックですが、持った瞬間に何ていうかズッシリした感じがするほどでした。

 

 

その微妙な重量感を感じた理由は、このカードの厚さが・・・


見ての通り、こんなにも厚いからです。
日本のサッカーカードにおけるジャージーカードでも、こんなにも厚いカードなんて今まで無かったんじゃないでしょうか?(そういうカードって何かありましたか?)

 

 

で、途中で久保選手のジャージが出ましたが、それは既定路線なので画像割愛。
そして、このシリーズにおけるお楽しみ的なカード、つまりボックスから、ほぼ出現すると言われているヒットカード(サイン、もしくはビッグパッチ)ですが・・・


浅野拓磨選手の40枚限定直筆サインカードが出てくれた・・・のは良いんですが、なんだよ!?このサインがシールに沿って流れてしまってる部分は!?
せっかく浅野選手が出たというのに、これは本当にガッカリ・・・
本当に自分って人間は人並み外れたともいうのかな?明らかに常人よりも引きが弱いというか、こういう部分でも普通に運が無いんだな・・・って思いましたね。

 

 

しばらく開封するのやめようか・・・とも思いましたが、それでも挑戦する気持ちを忘れてはいけない・・・
ということで、次回も開封結果を紹介していこうと思います。

| | コメント (0)

結局ドラマは、ほとんど見なかったが最終日なので行ってみた

先週は今冬最大の寒波により、非常に寒い日が毎日のように続いていましたが、週末あたりから気温も平年並みに落ち着き、日曜日は朝から非常に穏やかな天気でした。
そんな良い天気のおかげもあり、我が家のネコは・・・


ベランダの手すりにしゃがみ込み、ひなたぼっこしながらエコパ(左側あたりに見える)を見てました。
まあ、なんと平和な昼下がり・・・

 

 

そんな穏やかな日曜日でしたが、この日は先週の初詣に続き、とある場所に行ってきました。
その場所というのが・・・


昨年11月24日の日記でも紹介しましたが、細江町気賀で開催されている『おんな城主・直虎』の大河ドラマ館です。
昨年1月から約1年間開催されていた大河ドラマ館も、この1月14日をもって、とうとう閉館することになりました。
尚、一応浜松市側としては、当初予想してた来場者の数が50万人だったんですが、最終的には予想を大幅に超える約78万人も来場され、それに伴って様々な経済効果もあったということで、興行イベントとしては大成功だったと言えます。

 

 

ということで、この日は本当のラストでもある閉館直前くらいを狙って現地に向かいました。
ちなみに嫁は、そういう面倒くさい事・・・というか、人が沢山来てるんじゃないか?と思われる最終日、それもわざわざ閉館間際に行くのは凄く嫌がっていましたが・・・

 

 

ということで、自宅を出発してから約1時間後にドラマ館に到着。
予想通り人が多いので、まずは隣接してる気賀の関所あたりから散策することに・・・


前回見た事の無かった乗り物とかが出ていました。
ちなみにこの日ですが、最終日だからなのか?開館以来最高の人出だったとか!?(写真撮ってる時の影が、こうやってハッキリ出てるのは、なんか情けない・・・)

 

 

ドラマ館の横にある気賀関所が、こんなにも沢山の人・・・


良く見りゃ、なんか列が出来てるので、一体何を配っているのか?と近づいてみる。

 

 

ボランティアの方が配っていたのは・・・


『出世法師・直虎ちゃん』の御守型カードでした。
もしかしたら、同じ様な『出世大名・家康くん』の御守型カードも存在するのでは?

 

 

ある程度の時間が過ぎたので、ちょっとドラマ館の方に行ってみることにしました。


遠くから見ると、入り口付近に大勢の人たちが集まっていました。
誰か俳優さんが来てるのか?と思いながら近づいてみると・・・

 

 

自分たちが現地到着する少し前くらいに、ドラマ館の閉館セレモニーが行われたようで、それに出席するために番組でも割と主な役で出演してた矢本悠馬さん(中野直之役)田中美央さん(六左衛門役)の2名、更に浜松市長や様々な関係者がいました。


もちろん俳優さんの写真撮影は禁止なので、その時の外から見てる来場者の様子を撮影。
ちなみに嫁は田中美央さんとのハイタッチに成功したそうです。(嫁はドラマを毎回必ず見てたうえに、更に番組のガイドブックやブルーレイまで購入したほどの人間なので興奮してたのは言うまでもない・・・)

 

 

関連記事が有ったので貼っておきます。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180115-00000034-minkei-l22

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180115-00000009-at_s-l22

 

https://www.youtube.com/watch?v=J4OxF89_eEc

 

さて館内に入ってみましょう。


このドラマ館ですが、放送されてた時は番組の進行に合わせ、これまでに4度のリニューアルを行ってきました。
撮影禁止区域に展示されてた俳優さんの衣装や小道具、そこで上映されていた映像とか、確かに前回見た時から変更されてたものが何か所かありました。(撮影禁止区域に飾られていた、主な出演者たち・約25人の直筆サイン色紙は一見の価値ありでしたが、再びどこかで飾られたりしないのかな?例えば目の前の浜松市北区役所とか・・・)

 

 

ここは、館内で唯一の撮影可能区域です。


主人公の井伊直虎を演じた柴崎コウさんや、様々な方々のパネルとかが展示されていました。

 

 

で、番組内では特に大きな役割を果たしてた訳では無いが・・・


密かな・・・ではなく、実は凄く人気のあった、南渓和尚が常に抱いていたネコ(通称:にゃんけい)のパネルも・・・

 

 

そして、ドラマ館の閉館まで残り数分・・・
出口付近には、この1年間ずっとドラマ館を支えて来た関係者やスタッフが総出で我々を出迎えていました。


この1年間は様々な苦労もあったでしょうが、この時ばかりは並んで出待ちしてくれてた方々の誰もが非常に充実感に溢れたような顔をしてました。
浜松市北区気賀、そして井伊谷という小さな町が、あの天下のNHK・大河ドラマの舞台として全国に放送されたわけですから、そりゃあ地元は凄く盛り上がってたようだし、このドラマ館が閉館することにより、なんていうか町を挙げての大きなお祭りが終わってしまったという・・・そんな寂しさも感じました。

 

 

そして、表に出ると・・・


スタッフの方々が最終日の本当に最後を示すかのようなボードを持って出迎えてくれました。

 

 

家康くんと直虎ちゃんも一緒に記念撮影!!


良く見ると、この『完』の文字は最終回の本当に最後のシーンの再現というか・・・


まあドラマを見てた人なら、すぐにピンと来るでしょう。(最後に龍潭寺内を鳴きながらネコが横切って去っていく姿が印象的)

 

 

しかし、ここまでに直虎の事や出演俳優の事とかを、嫁から無理矢理な感じで色々覚えさせられたというのに、実はまだドラマを全く見てなかったりします。
ちなみに自分ですが、主演の柴崎コウさんの事は知っていましたが、準主役級として出演してた高橋一生さんや三浦春馬さんは、どういう俳優さんなのか?11月くらいまで全く知らなかったという・・・そんな芸能関係無関心な人間です。

| | コメント (0)

何かあったら開封・・・

今回は開封結果です。
開けたのは2017ジュビロ磐田・チームエディション、そして16/17日本代表・スペシャルエディションの2ボックスです。
一応今年の花火大会用のストックとして残しておこうと思ってた2ボックスですが、まあ手元の在庫が足りなくなったら、また別のとこから調達すればいいわけですから・・・(なんか、どこかで聞いた事のある言葉だな・・・)

 

 

まずは先日も開封した2017ジュビロ磐田・チームエディションです。


例年のごとく毎回鬼のような数を開けてるベーシックなシリーズです。
夢・・・というか、出て欲しいのはやはり、このシリーズ最大の目玉でもあるコンボサインですが・・・

 

 

今回、開けた中から出てきたのは・・・


昨年末、多くのジュビサポが予想した通り、気が付いたら退団しちゃったっていう感のある中村太亮選手でした。
この選手については以前からも色々言いたい事が多数ありましたが、一応ジュビロ所属選手ということだったので、ここまでずっと我慢していました。
しかし、もう居なくなった選手ですし、おそらく今後ジュビロに戻ってくる事は絶対無いと思うので、ちょっと辛口に書いていきたいと思います。

 

 

先日退団が発表された直後、ジュビロ系の某掲示板には2016年のホームでのサンフレッチェ戦の決勝ゴールは忘れられない・・・とか、そういった感じで退団を惜しむような書き込みが多数ありましたが、それは中村選手が結果を出した唯一の試合だからであり、それ以外の試合に関しては、これが2年越しのラブコールの末に獲得した期待の選手なのか!?と幾度も思った程でした。(同じ年、アウェーでのサンフレッチェ戦では、やはり何度も何度もマークに付かなければならない選手をドフリーにさせ、しかも抜かれても全然追わないので、試合中は『頼むから今すぐ消えてくれ!!』と何度も思ったくらい・・・同じような事は、その後も繰り返すように何度もあった)
年棒もジュビロの選手の中では比較的割高だった割に、結局試合になると毎回期待外れな出来の連続。
戦う気持ちも全く見せないし、果たしてこの選手は本当に獲得する必要があったのか?と思いました。

 

 

記憶に新しいところでは、天皇杯でPK戦まで行ってしまい、サドンデス突入時に仕方なくキッカーに指名されましたが、スタジアムで見てた人の8割強の人間は「ああ、多分失敗するな」って思ったくらいですからね。
こういう雰囲気を普通に出せる選手なんて、なかなかいませんよ。

 

 

他チームから期待されつつ移籍してきたこともあったためか、2016年の開幕当初から相当優遇されながら数試合で起用されたものの、活躍した記憶が殆ど無いんですから、選手としての思い入れの度合いはハッキリ言って皆無。
どちらかというとポジションや年棒分が浮くことになる訳ですから、ここで移籍してくれて助かった・・・そういう印象しか無いです。(そういえば試合前、オレの顔面にボールをぶつけたこともあったな・・・まあ、あれは自分が悪いんだけど・・・)

 

 

続いて開けたのは・・・


16/17日本代表・スペシャルエディションです。
このシリーズは大物が多数存在しますが、そういう選手・・・というか、まだそのようなカードを一度も引いたことが無いうえに、一応収集対象にしようと思っている小林祐希選手のサインが入っているので、チャンスがある限り開けていこうと思っています。

 

 

で、このボックスから出たのは・・・


岡崎慎司選手でした。
このシリーズでは初めて海外所属の選手のサインを引いた気がします。
海外でも日本代表でも誰にも誇れる程の記録を残している割に、日本では何故かあまり評価されてない印象を受けるのは、○○の影響を受けただとか、やはり○○だからとか・・・(○の中に入る語句については、ここでお答えしません)

 

 

この時期はオークションに未開封ボックスが多数出品されていますが、その大部分は正月に発売された様々なカードの福袋を買った人が「自分には必要ないから・・・」という理由で出品してるようですが、中には自分みたいに収集対象選手が入っていることで、とりあえず欲しいと思っている人も沢山いるため、そういう人間には格安で入手出来るのは本当にありがたい事であったりします。
尚、先日も多数落札しましたので、また近いうちに購入した中から何かを開けようか・・・と思っています。

| | コメント (0)

スーパー戦隊シリーズはここから始まった

今回は最近入手したカードの紹介です。
一応ジャンルはスポーツカードではありますが、サインはスポーツ選手では無いんですよね。
ただ、自分としては、写真で一目見た瞬間から、「これは絶対欲しい!!」と思ってたカードですので、ちょっと紹介しときます。


◇2017BBM タイムトラベル1975 秘密戦隊ゴレンジャー 60枚限定直筆サインカード

 

昨年発売されたプロ野球カードのシリーズにおいて『タイムトラベル1975』というものがありましたが、これは文字通り1975年のプロ野球を中心に、世の中の出来事をカード化したシリーズであり、それに封入されたサインカードの中に、「何故これをサインカード化?」というのが何種類か存在していました。(例として歌手の岩崎宏美さんのレコードジャケット風の写真に本人直筆のサインとか・・・)

 

 

で、その中でも特に変わり種というか、自分が久々に一目惚れレベルで即座に欲しい!!と思ったのが、このゴレンジャーの公式サインカードでした。
公式サインということで、じゃあ一体誰がこのサインを書いているのか?というようツッコミは置いといて、とにかく異色というか全てが謎に包まれた感のあるカードだと思います。

 

 

このシリーズが発売された直後、いつもお世話になっているKINGSでも開封してたら誰かが引かれたそうで、その時に現場に居れば・・・と後悔しましたが、その後は一番市場を賑わしているはずの某オークションを見てても全くと言ってもいいくらい出品されず、半分あきらめた・・・というより、このカードの事そのものを完全に忘れていました。
しかし先日、何かのきっかけで某オークションを眺めていたら、なんとこのカードが出品されていたので、ちょっと頑張って取りに行き、今回入手する事が出来ました。(このシリーズは年末年始に各地で発売された福袋等に大量封入されていたこともあって、全国で数多くの方々が開けたことにより、今回出て来たんじゃないかと・・・)

 

 

ちなみにタイムトラベルというシリーズですが、先日1989年版が発売されましたが、その中には、この1989年に大ヒットした漫画・オバタリアンの作者の堀田かつひこ氏や、超魔術がブームになったMrマリック氏のサインカードが入ってたりします。

 

 

Mrマリック氏のサインもネタ的個人的に凄く欲しいんだけど、出品されてるのを見てるとメインのはずの野球選手よりも遥かに高額なのがちょっとなぁ・・・って思います。
尚、このゴレンジャーのサインカードも、沢山封入されてる多くの野球選手よりも基本的に高額・・・誰が書いてるのかも分からないのに何でだろうね?

| | コメント (0)

順調に育成中!!

今回はクワガタの事について書いていきます。
前回も書いたように、この時期は親(成虫)は冬眠をしてるため、主に幼虫の世話が中心となります。

 

 

で、この時期の幼虫は春先にサナギになるため、とにかく食って食って食いまくり、体内に目一杯の栄養分を蓄積させ、同時に身体も大きく成長させます。
この時に育った大きさで成虫の大きさが決まる(サナギや成虫になってからは、もう大きくならない)ことになるので、いかにして幼虫時代に大量のエサを食わせるか・・・ということに掛かってきます。

 

 

で、幼虫を大きく育て上げるメジャーな方法としては、やはり菌糸ビンを使用する飼育方法が良いので、結局それに頼ることになりますが、毎回毎回ビンにエサが入った状態で購入すると、これが割と・・・ではなく結構・・・いや相当な出費になってしまうので、少しでも予算を抑えるには、やはり自分で菌糸ビンを作ってしまえば・・・ってことになりますが、これが手間もかかる上に慣れないとカビが発生(要するに失敗)することもあるため、なかなか上手く出来ません。

 

 

しかし、その菌糸が発生するブロックみたいな物(キノコの菌糸が含まれている、加工済みにのオガクズ)、いわゆる詰め替え用ともいうべき物は普通に市販されているため、クワガタ愛好家の多くの方は、それらの品を購入して自ら詰めたりしています。

 

 

で、自分も今回初めてそういうのをやってみました。
しかもブロックという形で売られている物ではなく、もっと簡単に加工できる品です。


それが写真の品、フォーテック社が発売している『ブロック丸』という商品です。
このフォーテック社の品ですが、これまで自分が沢山のヒラタクワガタを育てて来て思ったんですが、何ていうか幼虫にとって非常に相性の良い・・・というか、とにかく好んで食べてくれる優れたエサであり、毎回のようにお世話になってたりします。
ちなみに写真の品ですが、袋には3,000ccほど入っていて、しかも水分も含んでいるため、持ってみると相当重いです。

 

 

さて、幼虫のエサとして使用するために加工をするのですが、その方法として、まず袋の封を開けずに中のブロックを粉々に潰します。


この時、ブロックの表面に発生した白い菌糸部分も一緒に混ぜ合わせます。
ブロックは加工しやすい柔らかさなので、容易に混ぜる事が出来ます。
このブロック丸という商品の凄い所は、完全密封された状態で簡単に加工できるという点であり、これにより余分な雑菌が全く入らないので、ビンに詰める段階でもそんなに気にしなくても良い点だと思います。
ちなみに所々白い部分(菌糸が出てしまった部分)が残っている場合もあり、本当は取り除いた方が良いかもしれませんが、たいした量じゃないから別に良いかと・・・

 

 

で、粉々に混ぜた状態がコチラです。


実は暖かい部屋で行うと、この中に含まれてる菌が活発に活動してしまうため、なるべく短時間で行わないといけないのが面倒というか・・・(手の熱とかも気にしないといけない)

 

 

このビンに詰める作業をする時の必須アイテムとして・・・


全ての物に対し、必ずアルコール等で消毒をします。
これを怠ると雑菌によってカビが発生します。

 

 

で、下準備が終了したら、いよいよビン詰めの作業です。


まずは粉々に砕いたエサの袋の端を切ります。(このハサミも消毒済み)

 

 

そして、入れたいビンに詰めます。


口が広いビンなら簡単に詰めれますが、少しでも狭いと難易度が増します。
しかし、それは気持ちの問題でしょうが・・・

 

 

で、ビンに8割方くらい入ったら、今度はそこそこな力で圧縮します。


この圧縮する時の力加減も微妙なもので、めちゃくちゃ強く圧縮すると中で菌糸が上手く発生しないという話も聞いた事があるので、自分はそこそこな強さで行いました。(圧縮工具も当然消毒してから使用)

 

 

で、この日は2袋のブロック丸を使用し・・・


これだけ詰める事が出来ました。
ちなみに現在我が家には全部で16匹の幼虫を育てていますが、これだけでは、まだまだ・・・

 

 

ちなみにエサとして使用できるのは・・・


このようにビンの表面が白くなってから・・・ということになります。(これは既に菌糸が入った状態で購入したものです)
詰めてから、だいたい1週間くらいかかるかな!?

 

 

中身は・・・


こんな風に真っ白です。
これがクワガタの幼虫にとって最高のエサなんですよ。

 

 

以上のは大きな幼虫用として製作したものですが、今度は小さな幼虫のエサ交換です。
こちらは成長が遅れている幼虫なのでビンではなくプリンカップで育てていますが、こちらについては、あらかじめ市販されてる品を使用しています。


カップの底部分には幼虫が食った跡(食跡と言います)が広がっていました。

 

 

で、新しいカップを用意します。


カップにマジックで⑤と書いてあるのは、これまでに使用したカップの数です。(この中の幼虫に使用したカップ数が今度が5個目・・・という意味です)
このカップは200ccなので小さい幼虫専用になるのですが、カップからビンになると交換する頻度が相当減ります。

 

 

で、こういう事をやってると・・・


必ず邪魔をしに来る、我が家で一番態度のデカイヤツ。
そんなもん食おうとするな!!

 

 

今回これに要した作業時間は大体3時間くらいですかねえ・・・(割と力を使うので疲れます)
とにかく手間が掛かりますが、それでも、ここまで手間暇掛けて育て上げた幼虫たちの事を考えれば・・・って思うと、やはり手を抜いてはダメだと・・・

| | コメント (0)

新年と言えば、やっぱ初詣っしょ

先日・・・と言っても6日になりますが、ちょっと初詣に行ってきました。
行き先は毎年恒例のごとく、自宅から行きやすい(約15キロくらい離れている)環境にある小國神社(静岡県周智郡森町)です。

 

 

自宅から凄く近くにある法多山(静岡県内では初詣の参拝客が3番目に多いという袋井最大の明所)は?と思われる方もいるでしょうが、あそこは近所ということで昔から数えきれないくらい何度も行ったことがある所だし、何と言っても駐車場が有料だから・・・

 

 

ということで、小國神社です。
大鳥居には謹賀新年の文字が。


この日は朝から穏やかな良い天気で、この時期にしては珍しいことに随分と暖かくなりました。

 

 

例年だと年明け三が日のどこかで初詣に行くのが通例でしたが、今回は嫁が「首が痛くて、あまり寒い日は外出したくない・・・」と言っていたので、この日のような良い天気を選んで行くことになりました。


三が日から遅れたとはいえ、やはり初詣に来る参拝者は多くです。
写真を見ても分かるように賽銭場の前に多くの人が並びました。

 

 

で、参拝を済ませた後は、例年ならおみくじを引くんですが・・・


今回はパス・・・というのも、このおみくじを引く前の参拝で、賽銭箱に硬貨を投げ入れる時にミスというか、目の前に硬貨を投げ入れるだけなのに、なんと硬貨を落とすという失態を犯してしまい、「これは縁起が悪いかも!?」と勝手に思い込み、今回は引くべきでは無いな・・・って事になりました。

 

 

さて・・・次回はクワガタの事を書きます。
この時期のクワガタの飼育状況ですが、親は冬眠中ということで全く手が掛からなくて非常に楽なんですが、幼虫に関しては、とにかく大きく育てなくてはならないため、その要因である温度管理とかエサなどには、ものすごく気を遣います。
でも、そういう苦労を経て無事に親まで育て上げるのが楽しいんですよ。(でも結局は好きじゃなきゃ、こんな事は出来ないけど・・・)

| | コメント (0)

2018年、まず1枚目!!

1月4日ですが、毎年恒例とも言えるジュビロのOB&現役選手が参加するパーティーに行ってきました。
しかし、この日は普通に仕事・・・しかも色々あって会社を出た時間が、パーティー開始時刻でもある午後7時より遅くなったこともあり、当初一緒に行く予定だった嫁は完全に行く気を無くし、まさかの不参加・・・

 

 

結局今回は自分1人で参加することになりました。(1人分の参加費が消えた瞬間です!!)

 

 

で、イベント開始より約40分遅れ、自分一人だけが会場に到着。


この時は、もうイベント時間が既に半分終わっていましたが、とりあえず田中さん松浦拓弥選手太田吉彰選手山田大記選手大岩剛監督(現・鹿島)川口信男氏あたりと他愛のないような雑談をし、その後に始まる、まさに血沸き肉躍るチャリティーオークションに備えました。

 

 

で、今回のオークションですが、まあ例年通りユニフォームの出品が多いこと・・・
そんな中、今回自分が落札したモノは・・・


田中さんの2000年もしくは2001年のアジアクラブ選手権で着用したユニフォームです。(今回は予算的には、まだ数枚獲りに行けたけど、参加してる方々の目もあるので、これ1枚だけで許してやった感じです)
司会の中山雅史選手の煽りを受け、結構高額になってしまいましたが、それでもヤフーオークションに出てきたら、今回落札した価格よりも平気で倍くらいになってしまいそうな気がします。

 

 

で、このユニフォームの前面には・・・


田中さんより今回急遽サインを入れてもらいました。
ちなみにこれを落札した時、田中さんから「えーと、これで何枚目なんですか?奥さんに怒られるんじゃないですか?」って言われましたが、まあそれはそれで・・・

 

 

後ろ側も載せておきましょう。


こんな感じです。
背番号の上に名前があると、やはりアジア仕様っぽく感じますね。

 

 

で、何よりもこのユニフォームを絶対に入手したかった理由がコチラだったりします。


それはこの左袖に付けられたAFCのワッペン!!
ジュビロの場合、基本的にアジアの大会に出場した後、ユニフォームに付いてたAFCワッペンだけはクラブ側で回収されちゃうようで、その後、世に出るアジア仕様のユニフォームの殆どがワッペンが取れた後のモノばかりなんですよね。
なので、こうやってAFCワッペンが付いたままの品が普通に出てくるのは非常に珍しいので、この時ばかりは120%の勢いで獲りにいきました。

 

 

で、その後もパーティーは続き、結局終わったのは午後9時を軽くオーバーして9時30分過ぎ・・・
そして我が家に帰宅した時は、もう少しで午後11時になるところでした。(次の日は仕事だっていうのに・・・)


帰宅すると自分のズボンを敷き物にして爆睡してるコヤツがいました。
なかなか帰って来ない御主人様の帰宅を、一応ヤツなりにずっと待っていたんでしょうか?

 

 

ということで、とりあえず2018年1枚目のユニフォームGETです。
尚、今年の入手目標は例年通り4枚以上なので、もしも入手のチャンスがあれば頑張ってモノにしていきたいと思っています。(おそらく得られるチャンスは非常に少ないだろうけど・・・)

| | コメント (0)

2018年・初開封!!

今回は開封結果です。
昨年はハッキリ言って全く良い結果が出なかったと言ってもいい開封結果でしたが、年も変わったことだし、やはり一発目は「おお!!」ってくるような物が出てくれれば・・・と思い、以下の3作を開けてみました。


既に世から姿を消しつつある2017ジュビロ・チームエディション、そして近年稀に見るくらい結果が良くなかった2017Jカード、あとはレアカードの出現率が過去最高と言われ、昨年瞬時に世から姿を消した2017日本代表・アジア最終予選突破記念カードです。
開けた順番に紹介していきます。(レア系しか紹介していきません)

 

 

まずは2017Jカードからですが、いきなり箱3のボックスに当たってくれました。
で、ここでは以下の3枚が出てくれました。


◇遠藤保仁(ガンバ大阪)

◇西田剛(愛媛FC)

◇秋野央樹・ニューカマー(湘南ベルマーレ)

 

 

おお!!いきなり遠藤選手が出たのか!?と思われがちですが、この時の開封で一番最初に出たのは、このシリーズにおいて昨年2度も引いたことのある西田選手でした。
応援してる人には本当に申し訳ないけど、これが出た時はマジでガッカリしました。(確かオークションでも全く売れなかったんだよな~・・・)
で、その後に秋野選手が出てくれましたが、この段階でJ2が2枚ということになり、これまでの統計上ニューカマー含みのJ2が2枚出た時は、必ずJ1も1枚入ってるはずなので、残りを開けていくと、やがて遠藤選手が出てくれた・・・ということで、このボックスは自分にしては珍しく良い結果でした。

 

 

期待してたジュビロの選手は出なかったけど、遠藤選手なら交換にも強い方だし、まあ何かに変わるだろ!?

 

 

続いて開けたのは、実は自身初めて開けることになった2017日本代表です。
発売前はレア系カードに海外の人気選手が全く収録されてなかったことで、予約時点で全くと言ってもいいくらい注目されなかったシリーズでしたが、予約数の減少に伴いレア系を1箱に平均3枚も封入したことにより、あっという間に世から姿を消したという、最近では非常に珍しいシリーズです。
まあ箱からサインかビッグパッチのどちらかが必ず出現保証されてるなら、誰だって開けたくなるでしょう。

 

 

このシリーズですが、自分の収集対象選手は1人もいませんでしたが、今後の交換において何か凄いカードでも出れば・・・と期待しながら開けたものの、ここで出たのは・・・


◇酒井宏樹 40枚限定直筆サイン

◇長谷部誠 100枚限定ジャージーカード

◇突破記念Tシャツカード 500枚限定

 

 

以上の3枚が出ました・・・が、期待のサインは残念ながらノーマル版で、選手的にもメンツの中では「・・・」な感じになるレベルの酒井選手・・・
応援してる人には悪いけど、これはなあ・・・って感じでした。(先にサインが見えた時に「あ、これは以前も引いたことがある、まるでボーフラみたいな落書きのヤツ・・・またオマエかよ!?」って思った)

 

 

最後は昨年もさんざん開けまくった、2017ジュビロTEです。
既に退団したような選手が出なければいいや・・・って思いながら開けましたが、ここで出たのが・・・


おそらく今年も一番応援することになるであろう、松浦拓弥選手が出てくれました。

 

 

このカードが出て、まず裏面のカード番号を確認し、まずそこでSG10ということが分かった時に、自分の頭の中で「ああ、松浦選手が出たんだな・・・」って思ったんですが、その後はこのシリーズにおいて、まだ見つかっていない例の落書きサインかも!?って期待しながら表面を確認したんですが・・・

 

 

ということで、このシリーズの落書きサインを持っている方、交換して頂けるのであれば、是非とも交換して下さい。(なにせ、この世に1枚しか存在しないからなぁ・・・)

 

 

次回は先日のチャリティーオークションで入手した品の紹介です。
今年の仕事始め(笑)が無事に終われて良かった・・・と思う品でした。

| | コメント (0)

始動!!

今年の正月は例年通り、駅伝を中心としたテレビでのスポーツ観戦三昧でした。
元日はニューイヤー駅伝(スタートからゴールまで全て)を見てから、天皇杯決勝戦(セレッソ大阪vs横浜Fマリノス)、2日&3日は箱根駅伝(往路&復路全て)ということで、オマエはどんだけ駅伝好きなんだよ!?って言われそうな日々を過ごしていました。

 

 

その駅伝ですが、まず元日に行われたニューイヤー駅伝では、ウチの会社のスーパールーキーが躍動してました。
かつて陸上部の無い時代は自分が会社の代表として走ってたくらいのレベルだったというのに、今では箱根駅伝でも数少ないスーパースター級が入社するようになるなんて、ホント時代が変わったと思います。(例えば1500mのタイムで比較してみると、自分の自己ベストは4分28秒なんですが、当時は一応自信を持って誇れるようなタイムだと思っていました・・・が、これが現在のウチの会社の陸上部では4分を切る選手が何人もいるほど・・・もう世界が違うんですよね!!)

 

 

天皇杯はセレッソ大阪が勝ちましたが、試合前から正直どちらが勝っても半分・・・というか、全く興味が無かったですね。
セレッソが勝てば年間2冠ですが、黄金期のジュビロでも年間2冠は一度も無かったというのに、今年度になって初めてタイトルを取るようなチームがいきなり2冠というのは、なんかシャクに触るし、マリノスが勝てば、これで国内タイトルは計8冠・・・これもなんか嫌だったし・・・

 

 

箱根駅伝は・・・
まあ普通に青山学院大学が強かった・・・いや強すぎたって感じでした。

 

 

で、4日は仕事でした・・・が、実はこの日は昨年の10月くらいに早々と休暇届を出していましたが、年末にあったアホらしい出来事の対策とかを深く掘り下げて色々と考えなければならなくなり、強制出勤を命じられ、仕事始めでありながら、いきなり2時間くらいの残業(残業なのか?)をさせられました。

 

 

尚、この日は浜松駅近くのアクトシティーにて、ジュビロのOB&現役選手が多数参加するパーティーに出席することになっていましたが、会社の強制残業により、このパーティーには30分以上遅れて参加しました。
パーティーの内容については以前も紹介したことがあるので、どんな内容なのかは省略しますが、前年の11月に行われたジュビロの年間シートのパーティーよりは何倍も楽しい内容でした。
そして今回もパーティー内でチャリティーオークションがあり、例年同様今回も入手したモノがありますが、それについては後日紹介したいと思います。

 

 

そういえば、まだ新年最初の開封をしてないな~と思い、じゃあ新年最初は何にしようか?と思いながら、我が家のストックを眺め・・・


以上の3ボックスを開けてみる事にしました。
尚、開封結果については次回以降に紹介したいと思いますが、果たして今年最初に出現したサインカードは・・・!?

| | コメント (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »