« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年のラストということで・・・

本日は2017年12月31日。
ここ2~3日は家の掃除とか、新年に向けての買い足しとか、普通に忙しい日々ではありましたが、一応正月に向けて行うべき事は全て終わらせたこともあることで、いつも同様・・・いや、今回はいつも以上に余裕を持って新年を迎えることになりそうです。

 

 

まあ先日の「コノヤロー!!こんなクソくっだらねー会社なんか居れんわ!!」と怒りをぶちまけたりしたような、例年にはない非常にハードな出来事もありましたが、まあそれはそれで・・・

 

 

ということで、この時期ということで、本来なら2017年を振り返ってみようかと思いましたが、今更な感じになるし、何よりも面倒くさいのでやめ!!
2018年は何事も無く無事に過ごせればいいけど、まあ自分のことだから当然ですが平穏無事に過ごせるとは思っていませんがね。

 

 

さてさて・・・最後になりますが、今年も1年間ありがとうございました。
また来年も宜しくお願い致します。(今回は簡単というか適当すぎるな~・・・)

| | コメント (0)

これが本当に今年最後の開封

今回も開封結果です・・・が、カードではなく年末恒例行事になりつつある1年の集大成とも言える、例のユニフォームくじ・・・いや、くじではなく、誰のユニフォームが送られてきたのか?の発表です。

 

 

今年は我が家で目標ポイントに達したのは嫁だけですので、届けられたのは1通のみ。


これが来ると本当に年末だな~って気がします。
そして一体誰のユニフォームが入ってるんだろ?っていう期待、それと同時に「えー!?」ってなるかもしれないような何とも言えない不安も頭をよぎります。

 

 

この「えー!?」っていうのは、ハッキリ言って全く試合に出てなかった選手とか、そんなに応援してなく、かつ期待外れに終わった選手とかが当てはまりますね。
既にジュビロに籍の無い選手でもガッカリしますね。(ちなみに川辺選手はレギュラー級で、しかも活躍した選手なので、これには当てはまらない・・・むしろ川辺選手だったら嬉しい!!)
別視点では、この中に入ってるユニフォームが選手用じゃなくレプリカだったら、それはそれでガッカリを通り越して逆に怒りがこみ上げてきますが、さすがに天下のジュビロさんなので、それは絶対に無いでしょう。

 

 

で、包みを開けると・・・


このようなサックスブルーの袋が入っていました。
この中に問題の品でもある選手用のユニフォームが入っています。

 

 

で、これは嫁が貰ったものなので、やはり最初に嫁が確認することになったんですが、入ってたモノは、なんとホームの長袖!!
これはちょっと予想してなかったが、問題の選手は?と聞いてみると、ちゃんと主力メンバーであり、しかも割と応援してる選手だということで、これはもう誰でもいいな・・・なんて思いながらユニフォームを広げてみると、そこに見えてきた番号は・・・


15番!!
ということで、今年はスーパーな活躍を見せてくれたアダイウトン選手でした。
昨年までも確かに活躍をしてはいたものの、それは結構微妙な感じであり、悪く言えば他チームの同ポジションの日本人選手でも可能な出来ともいえるくらいのレベルだったんですが、今年はそれまでとは全く違い、特にチームが6連勝をした頃くらいからは、今までよりも何ランクも上がったスーパーな活躍ぶりだったし・・・

 

 

正直、なんでJリーグ・アウォーズの優秀選手にも引っかからなかったんでしょうかねえ?(っていうか、常識的に考えて選出されなかったのは絶対おかしい!!何か選出してはいけない事情でもあったんだろうね・・・)

 

 

一番楽しみにしてた年末ジャンボ・ユニフォームくじ(笑)も無事に終わったということで、これにより2017年の開封事業も全てが終了。
選手用ユニフォームはカードみたいに簡単に入手出来ない品ということもあり、カードの開封と比較しても緊張の度合いが全く違いますが、希望してた選手が来ると本当に大きいです。

| | コメント (0)

今年最後の開封になりそう・・・

お久しぶりです。
先日の仕事上において発生した例の件ですが、昨日会社で行われた審議会を経て、ようやく自分に対する処分が決まりました。
先日の自分は相当カッカしてたこともあり、とても話にならない状況ではありましたが、会社の方からも色々と意見提言され、なんとか救済処置っぽい流れに持ってきて、結局はそんなに酷い扱いにならないとか・・・(今回の事象が、かなり特殊なケースだったということもあったし、自分が仕事を辞めるような覚悟で色々喋ったら、会社の方も『それは困る?』みたいな感じで、なんか説得気味に色々言ってきたし・・・)

 

 

とりあえず、会社との割と長い戦い(自分的には・・・)は終了しました。
これでようやく無事に正月が迎えられます。

 

 

ということで、無事に終わったことで、やはり何かを開けたい・・・と思い、以下の箱を開ける事にしました。


今年の終盤、鬼のように開けた感のある2017ジュビロ磐田・オフィシャルカードです。
まだ入手出来てないホロ加工のサインカードを引けるよう、期待を込めて開封してみました。

 

 

で、開けていくこと数パック目にサインカードのデザインが!!
しかも隙間から少しだけ見える部分は、自分が期待してたキラキラに光っているデザインではないか!!

 

 

そのカードはOBサイン(名波浩・鈴木秀人)じゃなく、現役選手のサインカードのデザインであることが分かりましたが、現役なら残り3種(ムサエフ・中村俊輔・川辺駿)がまだ未入手なので、そのうちの誰かだったら、2017年を締めくくる最高の終わり方だと思い、ドキドキしながら御対面!!

 

 

で、そこに見えてきたのは・・・


小川大貴選手・・・(これで現在手元に3枚・・・)
いや、ホロ版が出たので決して悪くは無いんだけど、なにもさー・・・ここで先日交換して入手したばかりの小川大貴選手が出ることになろうとは、いくらなんでもそれは無いだろ!?と思いました。
そして本当に自分って人間は引きが弱いんだな・・・と・・・(今年も100回以上思った・・・)

 

 

しかもホロ加工サインが出たにも関わらず、このボックスから出たサインはこの1枚だけ・・・(本当に弱すぎる・・・)
これが今年最後の開封になるんだろうな・・・と思いつつ、来年こそは人並みに良いカードが引けたらいいな・・・と思いました。(そりゃあ、今年も良いカードは何枚か引いたけど、それは開けてる数が普通の人よりも尋常じゃない数だったから引けて当然な感じだし・・・)

 

 

次回は、カードよりも大きなモノの開封結果です。
どちらかと言えば、こちらの方が重要な開封だったりします。

| | コメント (0)

青天の霹靂・・・ってやつ!?

今回は、まずクワガタの事について書いていきます。
最近は寒くなって来たこともあり、我が家のクワガタたちは冬眠の真っ最中のはずなんですが、昨日は意外と暖かかったのか?仕事から帰宅してケースを覗いてみると、なんとこの時期であるにも関わらず、何匹かが外に出ていてビックリ!?


この時期はなるべく室内気温が大きく変化しないように気を遣いながら飼育しています。
で、冬期は基本的に10~14度くらいの気温であるため、普通は外に出てくるはずはないんですが、上でも書いたように、この日は天気が良いうえに気温が比較的上がり、昼間に陽の光を受けて室内の気温も上がってしまったため、自分が帰宅した時間でも室温は高いままで、暖かくなってきたと錯覚を起こしたクワガタたちが出てきてしまったという・・・

 

 

自分としては、こんな寒くなった時期でも元気だという事を確認出来たのは良いんですが、そういう冬眠をする生物は生活エネルギーの消費を抑えるために冬眠するんですから、この時期に暖かくなったことで春が来たと錯覚を起こし、半分眠いような状態で起きてこられるのは正直あんまり良くないというか、非常に宜しくないことであり、今すぐにでも腹一杯に栄養を貯め込んでもらい、再度長い眠りに入って欲しいと思いました。

 

 

次回は・・・カードの事でも書きたいと思ってます。
あとですね、ここからは自分の会社に対する愚痴とかなので、読みたくない人は読まない方がいいと思います。
何より、そういう事は誰が読んでも本当に面白くないからね・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近再び更新が遅れ気味になっていますが、その理由としては自分が仕事上、クルマの運転・・・いや運転じゃないな・・・とにかく些細なミス(?)をしたことにより、それが営業所を揺るがすような超問題になってしまい、色々と対策を出さなければならない状況になってしまった事で、その状況が現在も続いているため、もうしばらく更新が遅れる状況が続くと思います。

 

 

ちなみにそのミスというのが、ウチの会社で先日新たに設けられた、いわゆる重大事故に繋がる対策のうちの数項目の中の1つに当たる?ものに相当する事であり、どんな内容だったのか?ということを聞いたら、「えー!?それだけで・・・!?」って言われるような内容だったりします。
会社の人間ですら、そういう反応だったんで・・・今回の処分は良い見せしめというか、今後に向けての教材として最適な事象だったと言ってるくらいだし・・・

 

 

どんな内容だったのか!?
詳しくは書きませんが例としては・・・クルマを動かす時に積み荷が少し動く程度の発進をしたとか、一時停止時に停止線を1センチ超えていたとか、薄暗くなってきてクルマを発進した時にライトを点けるのを3秒遅れたとか・・・あくまでも例に挙げただけですが、まあそういうレベルです。
飲酒運転でも携帯電話を見ながらのような悪質な運転でもなければ、交通違反になるような事など一切無し、第三者の誰にも迷惑が掛かるような事でも何でもありません。

 

 

もちろん会社の生産にも全く影響が無い事ですが、決めごとを破った(のか?)というか、そういう些細な事で激震級の大きな処分が出るようなら、この会社の体制は常識的に不可解なものであり、自分的にはちょっと・・・というか、さすがに付いていくのはもう無理!!

 

 

高校卒業後、色々苦しい時期もありましたが、それでも誰にも負けたくないという気持ちを持ち続け、ずーっと辞めずに務めてきたことで、今では仕事もそこそこ出来るようになり、その結果給料だって一応誰にでも自信を持って言えるくらいまで貰えるくらいまでになりましたが、そんな会社でギスギスしながら仕事するくらいなら、もっと自分が普通に仕事が出来るような所に転職した方がよっぽどマシ!!
こんなにも真面目に退職も選択肢に入れるという危機的状況を、ここまで考えたのは今回が初めてです。(まあ他に自宅の農業+αという道もあるけど、それだけでは食っていけないだろうし・・・)

 

 

尚、今回の事が引き金で会社を辞める事になった場合ですが、自分の性格を考えれば、おそらく社名と処分内容、そして今回問題になった内容についてを様々な所で暴露していくでしょうね。(本当に誰もが驚くと思うと同時に、たったそれだけの事で長年勤めて来た会社を辞めるのか!?と思うでしょう)
こんな自分でも、一応来年度は永年勤続の表彰を受けることになってるようだが・・・

| | コメント (0)

この時期に珍しく大量に入手!!

今回は最近入手したカードの紹介ですが、全てジュビロのサインカードになります。
基本的に既に所持してるモノばかりですが、今回とある理由で再入手することになりました。

 

 

まずは少し古めの物から紹介していきます。


◇2015ジュビロ磐田TE 岡田隆 40枚限定直筆サインカード

◇2016ジュビロ磐田TE 中村太亮 40枚限定直筆サインカード

◇2016ジュビロ磐田TE 清水貴文 40枚限定直筆サインカード

◇2016ジュビロ磐田TE 藤田義明 40枚限定直筆サインカード

◇2016ジュビロ磐田TE 森下俊 40枚限定直筆サインカード

 

 

続いては今年発売されたシリーズです。
まずは2017チームエディションから紹介していきます。


◇中村太亮 40枚限定直筆サインカード(シリアル2番・ジャージナンバー)

◇アダイウトン 40枚限定直筆サインカード

◇山本康裕 40枚限定直筆サインカード(シリアル23番・ジャージナンバー)

◇小川大貴 40枚限定直筆サインカード

◇針谷岳晃 40枚限定直筆サインカード

◇森下俊 40枚限定直筆サインカード

 

 

なんと、ここにきてジャージナンバーを2枚も入手!!
尚、この2017チームエディションですが、これまで数えきれないくらいの数を開けてきた歴代チームエディションにおいて、引きに関しては史上最低レベルでした。(2017年版で引いたサインカードは50枚以上であるにも関わらず、ジャージナンバーがゼロであり、1番とかラストナンバーも全くと言ってもいいくらい引けなかった・・・)

 

 

最後は現在でも入手に苦労してる2017オフィシャルカードです。


◇大井健太郎 35枚限定直筆サインカード

◇松浦拓弥 35枚限定直筆サインカード

◇松本昌也 35枚限定直筆サインカード

◇アダイウトン 35枚限定直筆サインカード

◇小川大貴 10枚限定直筆サインカード(ホロ仕様)

◇鈴木秀人 35枚限定直筆サインカード×2(写真は1枚しか映っていませんが、実際は2枚入手しています)

 

 

今回交換してくれたI先生K氏S様Dちゃん・・・どうもありがとうございました。

 

 

ちなみに今回I先生やK氏との交換してる時ですが、自分の手持ちに見合うようなカードが無くなったので、「う~ん、だったら○○でも持ってく?」と半分切り札的なカードを出してみたら、2人とも「いや、要らない!!」と即答!!
その即答された選手ですが、普通だったら誰もが欲しい・・・というか引きたい選手(←これだけで誰か、すぐに分かりそう・・・)ですが、その選手を要らないと即答するのは、世の中でも自分のカード仲間だけかもしれません・・・(←コンプスピードが早いだけじゃなく、引きが自分よりも何倍も強いので、自分の持ってるカードは大抵所持してたりする・・・)

 

 

そういえば、今年のラスト開封はまだだったな・・・
例年目標にしてるように、何か凄いカードを引いてラストを華麗に飾りたいところですが・・・

| | コメント (0)

これで終了

自分ですが、今年の自治会の地区活動で部農会長(要するに地区の農業関係)を務めていますが、昨日地区内における必要資料の大部分を市役所なり農協なり、後は関係担当者等に無事に提出完了。
これで今年の地区内の仕事の約9割は終わったようなもので、ようやく一息つける状況になりました。

 

 

残りは来年の2月くらいに予定している新年会の手配と、29年度の活動報告書の作成だけ。
もう終わったようなもんです!!

 

 

まあ3年くらい前の自主防災隊長をやった時に比べれば、今年の部農会長という立場は数倍楽な役付ではあったが、それでも行事とか予算とか色々考えなくてはならない訳だし、ここまでに掛けた相当な時間を考えれば、こういう責任者の立場ってのは、常に頭が痛くなる役であるという事を改めて実感します。

 

 

とりあえず、これで色々な事に専念できるぞー!!(笑)

 

 

ということで、今回任務から解放されたことを祝し、ここでやることと言ったら・・・


やはり開封ですね!!
今回開けたのは、もはや完全に世から姿を消した感のある2017ジュビロ磐田・オフィシャルカードです。(完売する直前に予め買いだめしておいた分です。尚、我が家には写真以外にもまだ5ボックスくらいあります)
ちなみに、今回は1ボックスだけ開封しました。

 

 

で、その開けたボックスから出たのは・・・


カミンスキー選手の10枚限定ホロ加工版のサインカードでした。
かなり早い段階でホロ版サインが出たので、もしかしたら・・・って感じで残りを開けてみましたが、結局この1枚だけでした。

 

 

キラキラしたカードが見えたので、まだ所持してないホロ版か!?と期待しましたが、赤いユニフォームが見えたので、「ああ・・・」って感じでした。(既に所持してるので・・・)
まあカミンスキー選手は人気があるので、何かに交換出来ればいいかな!?と思っています。

 

 

この2017ジュビロ・オフィシャルカードですが、ムサエフ選手・中村俊輔選手・川辺駿選手・名波浩監督・鈴木秀人コーチのホロ版サインを探しています。
誰か交換してくれる良い方、是非とも宜しくお願い致します。(ムサエフ選手、川辺駿選手、名波浩監督のホロなんて、『誰かが引いた』っていう情報すら、まだ1つも入ってきません・・・聞くのは同じ選手ばかりだし、本当に入ってるのかな!?)

 

 

あとは・・・
ジュビロから川又選手が召集されてるということで、昨日は日本vs韓国の代表戦の事でも書きましょう・・・が、なんていうか、この無能バカ監督の絶望的とも言える引き出しの無さを世に証明したというか、そういう様々な部分がモロに出たという想像通りの結果だったんじゃないでしょうか?
もう大差がついたことで、まるで魂が抜けた状態になった負け犬集団の玉蹴り遊びなんて、高い金払い、わざわざ寒い中を見に来てた人に申し訳ないと・・・あの無能バカは絶対に思ってないだろうね!!

 

 

一応今回の大会はワールドカップに呼べるような選手の選考を兼ねた位置付けだとか言ってたみたいだけど、自分にはこのバカ野郎の監督としての技量の見極めが出来た・・・そんな大会だったんじゃないかな?って思いました。
日本がワールドカップに出て恥をかかない一番の方法は、今すぐコイツを切る事。
もう遅いだろうけど、今より良くなることなんて絶対無いからね。

 

 

今回は海外組を一切呼んでない国内組だけで編成されたチームになっていましたが、まあJリーグの視察にしても毎回同じようなチームしか見に行ってなかったし、こうなる事は最初から誰もが分かってた結果なんだろうけどね。
中でも今年の後半に全く勝てなかったガンバ大阪に関しては何度も何度も足を運んでいたので、まさかな~・・・と思っていたら、今回のJチームでも最大となる6人の召集・・・
まともな考えを持った人間なら低迷したチームから大量選出なんて常識的に絶対有り得ないし、ホントどんなサッカーをしたかったのか聞いてみたいです。

 

 

ジュビロサポ的には期待してる川又選手ですが、今大会は3試合共に途中交代で出場し、それぞれ何度も見せ場を作っていたくらいに身体がキレてたと思うし、他チームのファンからもピッチの中で一番存在感を出してたとか、一番気持ちを出せてて良かったとか言われていたようで、それはジュビロの選手として本当に誇らしく思いました。
もちろん応援してる立場としては当然ワールドカップに出場して欲しいんですが、残念な事にアレが監督をやってるうちは絶対に呼ばれないと思ってます。

 

 

選出されない理由は単純明快、沢山のチャンスを演出した川又選手よりも得点という結果を残した小林悠選手の方が良かったと言ってるからで、それらの発言からも序列の面で小林選手に負けてると捉えられてるからです。
ちなみに現在の日本代表における序列の最上級は山口蛍選手で間違いないでしょう。
なにせ日本で一番上手い選手だと完全に思い込んでるくらいだからね。(←切れ掛かってたクビをガッチリ繋げてくれた一番の恩人だしな・・・自分としては今年のベストイレブン選出すら激謎レベルというか、絶対代表絡みの選出だろうと思ってます)

 

 

まあワールドカップでは世界に恥をかかないようにやってくれ・・・
今回の韓国相手に最初から気持ちで負けてるような事を言ってる負け犬な指揮官が居るうちは無理だろうが・・・

 

 

他には・・・クラブ・ワールドカップですが、レアルマドリードが2連覇を達成しました・・・がレアルが強かったというか、準優勝のグレミアはレアル相手にシュート1本じゃ、どう考えても勝てないって!!
一応自分はグレミオを応援してたんですが、もう後半に失点した瞬間、半分あきらめました。(←南米を応援する理由は、毎年この大会の準決勝以降のヨーロッパのクラブチームが出場する試合のみ、何故かゲスト出演する明石家さんまの欧州志向が凄く嫌いなので・・・)

| | コメント (0)

ノーマル版は全て揃った

今回は最近入手したカードの紹介をします。
ただサッカーのカードじゃないですが・・・


◇17/18BBMラグビー・トップリーグ 堀江恭佑 90枚限定直筆サインカード

◇17/18BBMラグビー・トップリーグ 伊藤平一郎 90枚限定直筆サインカード

 

 

以上の2枚を入手したことにより、このシリーズにおけるヤマハ発動機ジュビロの選手のサインカード・ノーマル版・全7種が揃いました。
残るはインサート版の五郎丸選手のみですが、知っての通り超人気選手ということで入手難度は非常に高く、なかなか入手出来ないかもしれませんが、いつかはここで紹介出来たら・・・と思っています。

 

 

あと、先日の日記にて2017ジュビロ・オフィシャルカードの松浦選手の落書きサインを入手したということを紹介しましたが、その直後に今回入手したのを含め、現在所持されてる落書きサインは何枚目ですか?っていう質問を頂いたので、ちょっと画像込みで紹介をしたいと思います。


現在自分が所持してる枚数は7枚です。
上の3枚は2014TE(真ん中はウインクバージョン)です。
中列の左側は2015TE(『ま』の最後の部分がいいかげん・・・)、真ん中は2016TE(口がまっすぐ)、中列右側はカードフェスタで当たった2015TEの刻印サイン(『ま』の最後がいいかげんで、顔部分の口が超笑顔)です。
そして一番下のは先日入手したばかりの2017オフィシャル(『当』付き)です。

 

 

ちなみに2017TEも松浦選手本人曰く、「1枚だけ書いた!」と言っていますが、果たして、それは一体どこにあるんだろうか!?

 

 

この落書きサインですが、本人は公の場・・・というか、もう人前では絶対書かないと言っていながら、2年前は嫁のレプリカユニフォーム、更に今年は嫁のユニフォーム入れの袋に、それぞれ1つずつ書いてたりします。(根拠は不明)

 

 

次回は久しぶりに我が家のクワガタ事情でも書きます。
12月に入ったことで、我が家のクワガタたちは冬眠の真っ最中ですが、逆に幼虫たちは栄養の沢山含まれた菌糸を食ってくれているため、とても良い感じに良く育っています。
ただね・・・この『育てている感』についてですが、ハッキリ言ってクワガタをやってる当該者にしか面白味が分からない事が本当に残念です。

| | コメント (0)

シーズンオフで他にやることが無いので開けてみた

今回は久しぶりに開封結果です。
開けたのは例の2017ジュビロ・オフィシャルカードです・・・が、この商品は既に完売してるものの、我が家には花火大会用のストックとして、まだ10ボックス近く残してあり、更に先日オークションで落札したバラパックも含め、まだ入手出来ていない抜け番が埋まる事を期待しながら挑戦の意味で開けてみました。


あ、今回開封した数は我が家のストックから2ボックス、そして落札したバラパック(約20パック)です。

 

 

ここからは開封結果です。
まず最初のボックスからは・・・


小川大貴選手が出ました。
あんまり言いたくはないけど、ちょっと・・・いや交換にしても小川選手はかなり弱いレベルなんだろうな・・・

 

 

2ボックス目は・・・このシリーズで最多、実に7枚目の自引きとなる・・・

櫻内渚選手でした。
サインの一部が見えた瞬間、またか・・・って思ったのは内緒・・・

 

 

で、今回の最後。
オークションで落札したバラパックからは・・・


上田康太選手が出ました。
実はバラパックの出品者が別に出品してた中に、松浦選手のノーマル版のサインがあったので、もしかしたら俊輔選手のホロ版が入っているかも!?という夢を求め、このバラパックを落札してみたんですが・・・(どうせバラパック、しかも非常に安価だったので、この中からサインが出ただけ良いじゃん!!って思われそうですが・・・)

 

 

この『松浦選手のノーマルが出てたから俊輔選手のホロ!?』という謎のキーワード・・・これは一体どういう意味なのか?と思う方もいるでしょう。
まあ商品は既に完売してしまったことだし、もう全て種明かししても良いと思うので、このシリーズにおける自身が見つけた法則みたいなことでも簡単に書いておきます。

 

 

さて・・・このシリーズの法則の1つとして、以前もさりげなく書いたと思いますが、数ボックスに1つの割合で箱2サインが存在します。
で、その同じ箱に入ってる2枚のサインカードですが、基本的に片方がホロ版であり、もう1枚の方は一緒に入っていたホロ版の次のカードナンバーに当たるノーマル版になってるということです。

 

 

イマイチ分かりづらいと思われるので、もっと詳しく書いていきます。
例として・・・大井選手ホロ版(SG 01)が出た場合、大井選手の次のカードナンバーである櫻内選手ノーマル版(SG 02)が出やすく、同様に太田選手ホロ版(SG 05)が出たら、太田選手の次のカードナンバーである俊輔選手ノーマル版(SG 06)が出やすいということです。
他には高橋選手ホロ版(SG 17)の場合は?というと、これもカードナンバーでは次の順番に当たる名波監督のノーマル版(OSG 1 )が出やすい事になっています。
これまで箱2のパターンを20回近く見てきましたが、ほとんどがそういうパターンで出現しています。(もちろん、ホロ版のみの箱1だけっていうパターンの方が遥かに多いのは言うまでもないんですが・・・)

 

 

ちなみに、この法則にハマらなかった唯一のパターンが自分の開けた中の1つであり、この時に出現したのが松浦選手ノーマル版+宮崎選手ノーマル版というメンツでした。
一応カードナンバー順に出現したものの、パターンにハマっていれば松浦選手はホロ版になってるはずなんですが、やはり自分の持ってる運の無さというか、ここでノーマル2枚の箱2は普通無いだろ!?って感じで、この時はマジで自分の引きの弱さを嘆き悲しんだ記憶がありますね。

 

 

この箱2の法則ですが、オフィシャルカードの発売日当日に箱2に当たった方が2人いて、その時に出現したサインのメンツから、これはもしかしたらパターン化されてるのか?と思い、自分なりに勝手に結論づけていましたが、その後も箱2に当たった方のパターンが、ほとんどそういう法則で出現していたので、ほぼ間違いないと思いました。
ただ発見した当初、この事を公にすると、もしかしたら色々問題が起こるケースもあると思い、ごく少数の知り合い以外にはずーっと黙っていましたが・・・

 

 

で、最初の話に戻ります。
このバラパックを出品してた方が松浦選手のノーマル版を出品してたので、もしかしたら松浦選手の1つ前のホロ版、つまり俊輔選手のホロ版が入っている可能性も僅かながらあるかも?ということで、落札して見たんですが、ここで出たのが上田選手(SG 03)のノーマル版・・・そういえば、その出品者は櫻内選手(SG 02)のホロ版も出品してたっけ・・・

 

 

ということで、今回出た3枚です。


う~ん・・・いつも見るメンツだ・・・
やはり自分は同じような選手しか引けないのか!?

 

 

そういえば、本日はJリーグ・アウォーズでしたが、J1最小失点を誇ったジュビロの鉄壁の守備陣から2人くらい出るかと期待されてたベストイレブンに1人も選出されなかったのが納得いかないというか、本当に残念というか・・・
今回の優秀選手の投票数を見て思ったけど、毎回同様Jリーグで活躍するよりも代表に選出されてる選手だとか、あとは知名度とかを優先する傾向が強い部分は変わってないように思えました。

 

 

歴史を繰り返すかのごとく、またも代表アウォーズ炸裂!!
いで○ち??やま○ち???
ハァ!?これは一体どんなギャグなのか?頭の悪いオレに教えて欲しい!!(一番ビックリしたのが、カミンスキー選手の有効得票数が優秀選手に選ばれた3人のGKの中で一番低かったこと・・・)
やっぱ2018年はもっと上の順位で終われるように、頑張って誰もが納得するような結果を残すしかないね・・・

| | コメント (0)

M選手の課題に勝利し、かなりイイ気分になってたりします!!

今回は先日の鹿島アントラーズ戦(12月2日)の時に入手したカードを紹介します。
例の某選手(笑)が自分に対し、挑戦状の如く毎回のように書いてるアレを遂に入手しました。

 

 

その前に、まずはユース会員&ジュニアユース会員限定のカードですが、今回は(パーフェクトの場合)20番目ということで、キラキラに加工されたカードが配布されました。
で、20番目の配付カードですが、選手は大方の予想通り・・・


山田大記選手でした。
それにしても今年はこのカードの入手は苦労すると思っていたんですが、いつも一緒に見てた沢山の子供たちが居て、もう友達みたいな感じで頂く事が出来て本当に良かったです。(まあ、こちらも沢山のカードを出していますが、それはそれですから・・・)
自分みたいなカード馬鹿に1年間お付き合いしてくれて本当にありがとう!!
そして来年も宜しくお願い・・・ですっ!!

 

 

そして次に紹介するのは、いよいよ例のアレです。


普段のチームエディション同様、今回も松浦選手が自分への挑戦状として書いた(としか思えない・・・というか、多分そう!!)、例の1枚限定の落書きサインカードです。

 

 

このカードですが、オフィシャルカードが発売された直後に松浦選手から「今回は○の中に当の文字を書いて提出したんだけど、多分(選定の段階で)はじかれてないと思うんだけどなぁ・・・」って言ってたものの、やはりサインとは程遠い落書きみたいな感じなので、もしかしたら選定段階で闇に葬られた可能性もあり、実際のところ存在しないのでは?と思ってたら、その後しっかり知人が引いていたため、「やはり入ってたんだな!!」って感じで驚きましたね。
しかも御丁寧に10枚限定のホロ加工になってやがるし・・・

 

 

で、例の松浦選手を含め、この日は他にも何枚か入手したので、全部まとめて紹介をしておきます。
あ、書き忘れましたが、全て2017ジュビロ磐田・オフィシャルカードです。

◇松浦拓弥 1枚限定直筆サイン落書きバージョン ホロ加工版

◇太田吉彰 10枚限定直筆サインカード ホロ加工版(通算2枚目)

◇中村俊輔 35枚限定直筆サインカード(通算2枚目)

◇小川航基 35枚限定直筆サインカード(通算2枚目)

◇カミンスキー 35枚限定直筆サインカード(通算2枚目)

 

今回交換して頂いたS氏TさんIさん、本当にありがとうございました。
また宜しくお願い致します・・・と同時に今回改めて思った事は、みんな本当に引きが強くて羨ましいです!!(実は自分が弱すぎるのでは!?・・・っていうか、それについては、もう誰もが知ってることだし・・・)

 

 

次回も多分カードの事について書くと思います。
あと久しぶりに開封結果でも・・・

| | コメント (0)

色々な事があった12月2日(土)

昨日は2017年・J1リーグ最終戦、vs鹿島アントラーズ戦が行われました。この試合で今年の順位が確定しますが、果たして目の前でアントラーズの優勝の瞬間を見ることになってしまうのか?それともジュビロの堅守ぶり(←この言葉が信じられないんですが・・・)が炸裂するのか?
とにかく興味が尽きない状況でありました。


この日のチケットは早い時期で完売。
そして久しぶりに良い天気になってくれて本当に良かったです。

 

 

今回スタジアムに入場する際、配付された中には・・・


特製のハイチュー・・・つまりお菓子がありました。
味はグレープで、開けると周囲にグレープの香りが漂うほどでした。

 

 

この日は特に何もイベントが無かったので、試合開始までは普通にスタジアム内を歩きながらヒマ潰ししていましたが、その際、この日の試合に出場しない選手は様々な場所で撮影が出来ました。
ゴール裏の売店には・・・


山本康裕選手がいました。(ちょっと分かりづらいかも・・・)

 

 

サポーター広場では・・・


山田大記選手、そして来期より活躍が期待される大型ボランチの伊藤洋輝選手『ダブルヒロキ』がサポたちとの撮影に応じていました。

 

 

試合開始直前のアウェー側の様子。


2階席はアントラーズのサポーターでギッシリ。
まるで何かの決勝戦が始まるような独特の雰囲気に包まれていました。

 

 

で、その試合は・・・


手っ取り早く言ってしまえば、0-0の引き分けでした。
しかもこの結果により、アントラーズは優勝を逃し、ジュビロも順位を下げてしまいましたが、内容的には非常に濃いものであり、なんか久しぶりにアントラーズと熱いゲームが出来たんじゃないかと思いました。

 

 

この試合、特に自分の目に付いたのが、終盤の相手の猛攻を何度も凌いだ守備陣の奮闘ぶりです。
昨年のような、相手の攻撃陣によって簡単に崩されることなどは殆ど無く、正直ここまで出来るようになったのか!?と何度も驚いた程でした。(結局今期のJ1最小失点を記録したわけですから、何人かはベストイレブンに選出しないとウソ・・・)

 

 

試合後の様子ですが・・・


これまで何度も目の前で歓喜の瞬間を見せつけられたアントラーズの選手が涙を流しピッチに伏せる姿を見たのは、もしかしたら初めてかもしれない・・・
これまで首位の座を守り続けて来ただけに、最後の最後に首位陥落ですから、まあ気持ちも分からんでもない・・・が、かつてジュビロも、このような立場にあった時に同じような事が何度もあった訳ですし、それが勝負というものなので、多少は仕方が無い・・・(と、割り切って考えないと、ホントどうしようもないです)

 

 

試合後はホーム最終戦ということで、社長さんや名波監督、キャプテンの大井選手の挨拶がありました。


この試合を最後に今期のジュビロの全日程終了。
もう二度とジュビロで見れない選手も絶対にいるわけで、せめて挨拶する機会を設ける・・・まではいかなくても、何かやらせて欲しかったです。

 

 

次回は入手したカードの紹介ですが、念願叶って入手難度・超S級カードを入手出来ました。
常に感謝の気持ちを忘れない・・・皆さん本当にありがとうございます。

 

 

最後に・・・
川崎フロンターレ様、J1優勝おめでとうございます。
来年は追われる者の立場になり、それまで経験した事の無かった数々のプレッシャーが襲ってきますが、2017年のチャンピオンクラブとして常に堂々とした戦いでJの上位に君臨し、他のチームの目標となって欲しいものです。

 

 

あと・・・ジェイ選手はマジで化け物・・・間違いなく現在のJリーグではナンバー1のFWでしょう。
早く磐田で見たい!!

| | コメント (0)

今日は勝って2017年を締めくくろう!!

本日は、もう何度か書いてますが全国的に注目カードになってしまった鹿島アントラーズ戦です。
相手のアントラーズは優勝が懸かり、それに対する我がジュビロは勝てば、もしかしたら4位の賞金圏内であり、しかも僅かな可能性ながらACL出場(ジュビロが4位で終わり、しかもセレッソが天皇杯で優勝した場合)もあるので、いやがうえにも盛り上がること間違いなしです。

 

 

ところが全国的に注目カードであるにもかかわらず、静岡県内におけるスポーツニュースではジュビロの事については皆無であり、どちらかと言えば最終節でエスパルスが無事に残留できるか!?という空気が流れているんですよね。
ジュビロがこういう状況の時など全く心配しなかったくせに、やっぱりどんだけJ1でタイトルを取ろうが、数々の凄い歴史を作ってこようが、静岡県内におけるサッカーの勢力図はジュビロよりもエスパルスの方が上なんだな・・・って思います。(←これ、本当の話です)

 

 

ジュビロ黄金期の末期の頃なんて、タイトル取っても当時は『ジュビロだから取れて当たり前』みたいな扱いをされてたくらいですからね。
タイトル一つ取るのがどれだけ大変なのか分かってるのか?って言いたい気分でした。

 

 

ということで、今日の試合ですが、自分としては普段のジュビロのサッカーをすればいい・・・と思っています。
仮に負けたとしても今期の最終順位は最低でも6位だし、そんなに悲観する順位でもないでしょう。
むしろ、こういう試合で負けるという大きな経験は必ず来期に繋がると思うし、負けた悔しさを糧に次に頑張ればいいと思うので、今日は90分最後まで悔い無くフルパワーで戦って欲しいと思います。(この試合が終わったら、もうオフのようだし・・・っていうか、例年以上に早いオフだと思う)

 

 

でもね、個人的にはフロンターレよりも、やはり無類の強さを誇るジュビロ最大のライバルチーム・鹿島アントラーズにタイトルを取って欲しい。
そう思ってるジュビサポは自分以外にも非常に沢山います。

| | コメント (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »