« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

やっと出てくれたよ

今回はちょっと少し前(日曜日)の開封結果です。
開けたのは、もうおなじみとなった2017ジュビロ磐田・オフィシャルカードですが、自宅開封でダブリばかり増えたので、新たなカードを入手すべく、ジュビロショップ磐田店に行って開けてみることに・・・


ショップに着いてみると、問題の品は、まだまだ沢山置いてありました。

 

 

とりあえず駆けつけ1箱(?)ということで、最初のボックスを開けてみると、そこで出たのは・・・


実は自宅開封分も含め、ここまでに既に3枚も引いていた宮崎智彦選手が出てしまいました。
この時点では、まだ全然揃ってない状況だというのに、なんで宮崎選手ばかり出るんだろうか・・・

 

 

1枚追加したことで・・・


なんと手元には宮崎選手は4枚も・・・(しかも全てノーマル版)
誰か交換してくれる良い方、宜しくお願いします!!

 

 

で、次のボックスは・・・


これまた既に3枚の所持してる櫻内渚選手・・・
なんで同じ選手ばかりなんだろ・・・

 

 

3ボックス目は・・・


実は開封する直前、交換で入手したばかりの森下俊選手が出ました。
ホントにダブリ、ダブリ、ダブ・・・

 

 

そして4ボックス目です。
もう半分泣きたい気分になってたんですが、遂に・・・というか、ようやく彼が出てくれました。


このシリーズでは目玉(っていうか、彼が入っていれば、どんなシリーズでも目玉だろうが・・・)となる中村俊輔選手です。
夏に発売されたチームエディションと比較しても、このオフィシャルカードで俊輔選手のサインを引かれた方は、誰もが筆跡のキレイさに感動したんじゃないかな・・・と思います。(っていうか、チームエディションのは一体なんなんだろ!?ってレベルだったし・・・)

 

 

そして、この日のラストボックスは・・・


頼れるキャプテンの大井健太郎選手でした。
結果的には、この大井選手もダブリなんですが、直前に俊輔選手が出てくれたので、まあ良いかと・・・(←気が大きくなっている)

 

 

この日の入手分カードです。


自分で引いた5枚に加え、交換で入手した小川大貴選手(ホロ加工版)高橋祥平選手(ホロ加工版)、そして結果的にダブってしまった森下俊選手の3枚を加え、計8枚入手しましたが、やはり俊輔選手が光っています。

 

 

今回交換してくれたMさんN氏(3ボックス連続で箱2は凄い!!)、どうもありがとうございました。

 

 

次回も開封結果です。
このシリーズにおいて絶対に欲しかった1枚を自引きすることに成功したので、そのことについて紹介したいと思います。

| | コメント (0)

台風通過時の観戦はやっぱすげーぞ!!

昨日は静岡スタジアムエコパにて、横浜Fマリノス戦が行われました。
マリノスと言えば、この試合が行われる4日前(水曜日)、天皇杯・準々決勝で対戦したばかりの相手であり、昔から何故か苦手意識がある嫌なチーム。
今年最初の対戦、そして先日の天皇杯と現在絶賛2連敗中の相手ですが、さすがに年間同一カード3連敗だけは避けなくてはならないので、この日はどんな試合になるか?という興味がありました。

 

 

この日は季節外れの台風の影響もあり、駐車場からスタジアムまで普通に歩いてい行くだけで、足はびしょびしょ・・・(その時の様子ですが、全国版のニュースで何度か放送されていました・・・)

 

 

スタジアムに到着したら、いつもの入場抽選です。
さてさて、この日の結果は・・・?

もはや代名詞とも言えるような、安定の酷すぎる番号・・・っていうか、前回のエコパ開催試合と同様、誰をも黙らせる恐怖の2500番越え!!
2戦連続の離れ業には、もはや誰も付いてこれまい!?

 

 

ちなみに今回の抽選後、多くのサポーター仲間から「こういう引きが普通に出来るのは日本広しと言えども、はらださんだけ・・・」と言われる程でした。

 

 

それでも今回も素晴らしい番号を引いてくれた仲間のおかげもあり、なんと11番目に入場することが出来ました。
持つべきは、やっぱり仲間です!!

 

 

さて最初に書いたように、この日は季節外れの台風の影響もあり、常に雨が降りしきるという状態なので・・・


コンコースは、こんな感じで多くの人で溢れかえっていました。
そりゃあ雨が降ってて濡れてるスタンド席にいるより、ここに居て時間を潰してた方がいいでしょうが・・・

 

 

この日のスタンド席の様子。


台風さえ来なければ、もう少し多くの人で埋め尽くされていただけに、本当に残念です。(前回の浦和レッズ戦も雨さえ無ければ・・・って思ったが・・・)

 

 

で、この日のユース&ジュニアユース会員限定の配付カードですが、パーフェクトの場合、配付された選手カードは・・・


なんと!!齊藤和樹選手でした。
齊藤選手の配付カードは、もしかしたら超レアかも!?

 

 

で、試合開始30分前の様子ですが・・・


写真を見て貰えれば分かると思いますが、この時点で凄い雨・・・プロの技術をじっくり堪能するには厳しいピッチ状態になりつつあります。

 

 

で、試合は・・・


不運とも思える先制をされたものの、ピンチらしいピンチはそれだけで、もう終始ジュビロが主導権を握っていた感じで、その後は前半&後半に川又選手がゴールを決め、終わってみれば苦手のマリノス相手に逆転勝ちという素晴らしい結果を残してくれました。

 

 

この試合で輝いていたのは川又選手以外だと、やはり前線でコンビを組んだアダイウトン選手、そして今回マリノス相手ということでキャプテンマークを巻くことになった中村俊輔選手、そして忘れてはいけないのが・・・


後半途中からピッチに立ち、まるで攻撃陣をけん引するかのような鋭い突破とシュートを見せてくれた上原選手ですね。
特にドリブルに関しては、相手守備陣を何度も翻弄するなど、もう手が付けられないくらい凄かったです。(これが雨ではなく晴れた時に出来れば・・・)

 

 

それにしても、この日のピッチ状態は、まるで田植えの頃の水田みたいな状態でした。


特に後半30分以降は、ただ水の中で玉蹴りをしてるだけって感じで、サッカーではなく別のスポーツをしてるように見えましたが、中止もしくは一旦中断するっていう選択肢は無かったんでしょうか?

 

 

まあ怪我人が一人も出なくて本当に良かった。


これで今シーズンのエコパ開催試合は終了。
なんと今年は3戦2勝1分という申し分無い好成績でした。

 

 

次回は開封結果です。
2017ジュビロ・オフィシャルカードですが、一応割と揃ってきました・・・が、まだまだ完全コンプまでは長い道のりです。
とりあえず商品が消える前に、なんとか頑張って集めようと思っています。

| | コメント (0)

ホロサインのコンプまで、うっすらと視界が見えて来たような・・・

今回も開封結果です。
開けたのは・・・いつものヤツです。

 

 

最初のボックスから出たのは・・・


松浦拓弥選手でした。
実は練習場で、松浦選手が自分に対して最初に直接言ってきた言葉が、「今回のシリーズにも1枚だけ、アレ書いときました。頑張ってみて下さい♪」・・・だって!!もはや完全に自分に対する挑戦状にしか・・・

 

 

続いて出現したのは・・・


まだ所持してなかった川又堅碁選手(ノーマル版)でした。
川又選手のサインは見ての通り超丁寧なので、とりあえずジュビロのファンなら誰しも最低1枚は持っていたいものだと思います。

 

 

この日ラストに引いたのは・・・


これまた未所持でもあった森下俊選手のホロ仕様サインカードが出ました。
一応同種のカードは交換で入手することになっていたんですが、まさかの自引きでした。

 

 

で、上記以外に今回は交換でも入手したものが多かったです。


ムサエフ(ノーマル版) 宮崎智彦(ホロ仕様版) 松本昌也(ホロ仕様版)

アダイウトン(ノーマル版) 小川大貴(ノーマル版) 川辺駿(ノーマル版)

 

 

全てK氏より交換して頂きました。
ここを読んでる人は自分は凄く沢山開けてるように見える(実際開けてるけど・・・)でしょうが、K氏も自分以上に相当開けていて、この時点でサインカードのコンプリートを多分世界で1番最初に達成!!
いつも沢山交換してくれてありがとう・・・と同時にサインコンプおめでとう!!

 

 

次回もカードの話・・・だと思います。
トレードも自分の中では意外と順調な感じで進んでいる(気がする)し、発売当初はホロコンプなんて絶対不可能かと思っていたが、これはもしかしたら・・・って気になってきましたが、果たして・・・!?

| | コメント (0)

開封開封・・・

今回は開封結果です。
開けたのは、もちろん先日緊急発売された2017ジュビロ磐田・オフィシャルカードです。(しばらく、この開封結果が続きます)

 

 

まずはカードフェスタ当日、帰り際にジュビロショップで偶然引けた・・・


上田康太選手の10枚限定ホロ仕様サインカードです。
これを引いた時は、まだホロ仕様の存在を知ってなかったので、この時は運良く引けて良かったな~・・・と思っただけでした。

 

 

ここからはカードフェスタの時に購入したボックス等を自宅で開封した結果です。(雨中での開封なんて出来ないので・・・)
まず最初に開けたボックスから出たのは・・・


宮崎智彦選手でした。
このシリーズにおける自身ダブリ第1号となった宮崎選手、以前なら異常にファンの多かったんですが、最近では割と落ち着いてきたようで・・・
それでも主力選手なので、まあ出てくれて良かった・・・的な感じですかね?

 

 

次のボックスからは・・・


櫻内渚選手でした。
このシリーズにおいて、ノーマル&ホロの2種が最初に揃った選手です。(実は事前予測では第1号は櫻内選手だろうな・・・と思ってました)

 

 

次のボックスは、自身このシリーズ初の箱2サインでした。
良くオークションに『サインが出た後の残りパック』という形で出してる人を多く見かけますが、このシリーズは割と・・・ではなく、だいたい10ボックスに2ボックスくらいの割合で箱2サインが存在するので、サインが出たから・・・と言って、そこで開封をストップせず、一応最後まで開けた方がいいと思います。


欲しかった松浦拓弥選手、そして既に2枚所持してる宮崎選手でした。
松浦選手のサインが、いつものシリーズよりも超丁寧でした。

 

 

で、この時点で3ボックス残っていましたが、そのうち2ボックスは友人T氏に送る分であったため、その中から1つだけ選択。
その実質ラストボックスから出たのは・・・


さっきも見た櫻内選手でした。
この時点でまだ全くと言ってもいいくらい揃って無い状況なのに、なんで同じ選手ばかりでるのかねぇ・・・

 

 

ちなみにT氏に発送した2ボックスの結果ですが、「ここでさあ、それが入ってたのを送るかぁ!?」というような結果でした。(ちなみに2ボックスとも同じサイン・・・)
こういうとこでも、やはり自分はそういった選択事に関しては、自他共に誰もが認めるほど引きが弱い人間なんだな・・・と・・・

 

 

次回も開封結果だ!!

| | コメント (0)

10月なのに極寒な一日

先日の水曜日ですが、天皇杯・準々決勝、vs横浜Fマリノス戦ということで、三ッ沢球技場まで行ってきました。
このマリノスというのはジュビロにとって、以前から正直超苦手な相手であり、自分の頭の中でもジュビロが嫌いな相手なのでは?と思われるチームを3つ挙げるとすれば、必ず入ってくる一つでもあります。

 

 

ちなみに自分が考える残りの苦手2チームは・・・というと、マリノス同様全然勝てない名古屋グランパス、あとは毎回酷い負け方が多いモンテディオ山形だと思っています。

 

 

ということで、この日の三ッ沢ですが・・・


天気予報によれば、試合の頃は良い天気だということになっていましたが、空を見ると、今すぐにも雨が降ってきそうな感じでした。

 

 

で・・・試合開始1時間くらい前あたりから・・・


かなり酷い雨、そして冷たい風が吹き荒れる、まるで真冬のような気温・・・
「今日って10月だよね?なに!?この寒さ!!」そんな声が至る所で聞こえてくるくらい、本当に荒れた天気になりました。(この写真では、ハッキリ言って雨の凄さが分からないな・・・)

 

 

でも、とりあえず動いていれば身体が暖まるんでは・・・それでも寒い。


この極寒な状況のせいで、風邪を引いた方もいたんじゃないでしょうか?
でもそんな過酷な条件の中、この日の三ッ沢には9,696人もの観客が集まったんですよ!!

 

 

で、試合は・・・


チームの事を考えれば、絶対出場させるわけにはいけなかった中村俊輔選手をスタメン起用したことで、勝利が絶対条件みたいな状況になってしまったにも関わらず、なんと前半3分という非常に早い時間にチームの核的な存在の山田選手が負傷で交代するというアクシデント・・・
これにより、自分の中では「ああ、終わった・・・」と思いました。

 

 

試合は0-1で負けました。
この結果により、残念ですが今年も例年通りリーグ戦終了と同時にジュビロのシーズンも終了です。

 

 

半分言い訳じみた事を言えば、この日の試合内容については、誰が見てもジュビロの方が良いサッカーをしてたと言うかもしれないし、実際藤田選手のゴールがオフサイドで取り消されなければ、もしかしたら・・・という結果になってたかもしれません。(っていうか、あれ本当にオフサイドなのか!?と思うくらい微妙な判定ですが・・・)

 

 

色々調べてみたら今回の副審、先日のあのスーパーゴールになるはずだったのをバレーボールクリアをされたヴィッセル神戸戦の時と同じ副審(五十嵐)だったりする!!

 

http://www.jubilo-iwata.co.jp/live/2017/J20171025_2012120356

 

http://www.jubilo-iwata.co.jp/live/2017/J20170826_2012120322.php

 

次回は開封結果です。
例のジュビロのカードですが、結構開けてるんだけど、なかなか揃わないんだな~・・・
実は三ッ沢でもジュビロのカードは売られていたので、多くの仲間が見てる前で「まあ軽く俊輔あたりのサインでも軽く引いてやるか!!」と意気込んでいたものの、またしても雨が妨害するし・・・(カードフェスタの時も思ったんですが、ホント雨の日の開封は絶対出来ません!!)

| | コメント (0)

完全コンプリートは不可能!?

今回は先日発売された、2017ジュビロ磐田・オフィシャルカードについて書いていきます・・・が、何故に突然・・・というか、以前のように年に2度目となるチームカードを発売するようになったのか?というと、先日発売されたチームエディションが思ってた以上に早い時期に完売してしまったため、何か代わりになるものは?ということで今回急遽発売が決定したらしいです。

 

 

で、そのオフィシャルカードですが、チームからのニュースリリースが発売2日前ということで、世に対して完全なシークレット状態であったため、今回の新作カードの発売に驚いた方も多かったと思います。


ちなみに自分は、それらしきモノが発売されるんじゃないか?という噂を事前に聞いていたこともあり、いつでも臨戦態勢(笑)でいました。

 

 

で、このカードですが、チームオフィシャルということもあるため、写真の出来が非常に素晴らしく、しかも裏面に書いてある事が色々と面白いんですよ。
あとはJカードやチームエディションでは絶対有り得ないような遊び心が随所に見えるのも、このオフィシャルカードの良い所ですので、ファンなら是非とも買って貰いたいです。

 

 

でもレギュラーカードが・・・と言っても、結局一番気になるのはプレミアムインサートでもある直筆サインカードなんですよね。
今回のシリーズには全19種(現役17種・OB2種)ということで、以外にも多くの選手たちが封入されています。

 

 

それでは開封結果です。
今回も発売された直後からショップ&カードフェスタ会場で大量に購入し、もう飽きるくらい大量に開けました。(ちなみに今回のカードフェスタでは、計9ボックス購入したものの、クジ引きの方では誰もが予想出来たかのように1等~3等というような特殊な物は一切当たりませんでした。9ボックスということでクジは60回引くことになるんですが、それだけ買えば最低でも2~6本くらいは普通に当たるらしい・・・ホントに自分はクジ運が無いんだなって思ったね)
そんな中、最初に引いたサインカードは・・・


我がジュビロの頼れるキャプテン・大井健太郎選手でした。
サインカードはキラキラしててキレイだな~と思ったのが初見の感想でした。(最初これを引いた時、全てのサインカードはキラキラしてるもんだと思った)

 

 

続いて2枚目に引いたのは・・・


最近絶好調の高橋祥平選手でした。(尚、この時は表面がキラキラしてなかった事に何の違和感も感じませんでしたが・・・)

 

 

3枚目は・・・


毎回どのシリーズでも安定して良く引く櫻内渚選手でした。
Jカードやチームエディションでは、かなりいい加減なサインを書いてる印象がありますが、これは相当キレイです。

 

 

そろそろDF以外が出て欲しいと思ってた4枚目は・・・

太田吉彰選手でした。
この太田選手のサインもJカード等では見られないくらいキレイに書かれています。

 

 

で、5枚目は・・・またDFですが・・・ん!?


なんと2種しか存在しないOB直筆サインの鈴木秀人氏でした。
写真はジュビロ史上最強年度でもある2001年の時の写真を採用していました。

 

 

今回はここまで・・・残りの結果は次回以降です。

 

 

で、冒頭でサインカードがキラキラしてると書きましたが、それは各選手に用意されたサインカードで全45枚中、僅か10枚しか存在しないホログラム仕様というもので、少し豪華な感じのする本当にキレイなカードです。


櫻内選手のカードで比較してみました。(上がホログラム仕様です)
しかしホロ仕様もパラレル扱いな感じで考えてみれば、このシリーズのサインカードの完全コンプリートは全19種×2種(ノーマル&ホロ仕様)=全38種ということになります・・・が、ノーマルはともかくホロ仕様までとなると、自分一人の力では絶対に不可能ですね。(この微妙なデザイン違い、そして集めにくさというと、2009年Jカード・シリーズ1のサインカードを思い出します)

 

 

とりあえず今回も完全コンプを目指し、今、戦いが始まった・・・という感じですが、まあ結局は中村俊輔選手や名波浩監督みたいな大物級を、いかに効率的に引けるか!?に掛かっているんですよね。(全ては自分の引き運次第・・・)

 

 

さて・・・本日は天皇杯・準々決勝ということで、ちょっと三ッ沢球技場まで行ってきます。
正直ジュビロにとって一番勝てそうもない気がする相手(横浜Fマリノス)ですが、頑張って応援して来ようと思っています。(天気が超心配・・・)

| | コメント (0)

こういう日に例のイベントは泣ける・・・

またしても、もう今更になってしまいましたが、今回は先週の土曜日に行われたアルビレックス新潟戦(ホーム)のことについて書いていきます。


これは試合が行われる3日前のジュビロショップ磐田店の告知看板です。
この一番下の青く書かれた『その他イベントあり!!』という微妙に謎めいた言葉が、まさかのアレだったと思った人は一体何人いたことか・・・

 

 

そんな試合当日の天気が雨・・・


おかげで、こんな感じ・・・
対戦相手が最下位のチームということもあるけど、この日は抽選の時から久しぶりにガラガラな広場・・・

 

 

この日のイベントの一つでもあるパトカーの展示ですが・・・


こんな感じです。
普段なら興味を持つような小さなお子さんも居ない・・・というか、せっかく今回忙しいにも関わらず、わざわざ雨の中、スタジアムに来てくれた警察官が気の毒すぎる・・・

 

 

しかし、この日のメインのイベント・・・というか、毎回爆発的な人気を誇るカードフェスタも・・・


こんな感じでした。
実は今回カードフェスタが開催されるという告知というか、ジュビロ公式で正式に発表されたのが、なんと試合の2日前だったんですよね。

 

 

まあ直前まで発表しなかったのには色々理由がありますが、殆どの人が、まさかジュビロが1年のうちに2回もカードフェスタを開催するなんて思わなかったでしょう。
そのおかげもあって、いつもカードフェスタになると並んでいるようなマニアっぽいような方々が殆ど・・・というか、誰一人として並んでなかったです。


おまけに酷い雨ということもあって、この日の列の長さは写真のように非常に短かったです。
尚、今回のカードの開封結果については、次回以降に紹介していきます。

 

 

この日のゴール裏の様子。


先週(日本平)も雨中での観戦でしたが、この日は更に雨脚が強かった・・・

 

 

そんな酷い天気であるにも関わらず、新潟からこんなにも沢山のサポーターが・・・


悪いけど、今回は・・・(って思ってた人は、多分自分以外にも沢山・・・というか、ジュビサポの誰もがそう思ってたはずだが・・・)

 

 

で、その試合なんですが・・・


今年も沢山の試合を見てきましたが、おそらく2017年の全試合の中でも一番ミスが多く内容的に酷い試合となりました。
相手のアルビレックスも、まあそれなりの出来でしたが、正直なところ、常にミスしてた感じだから、そりゃあ勝てんって!!
っていうか、最後は引き分けたものの、ホームゲームになると急激に弱くなるチームってのは、ホントどうなんでしょうね?

 

 

次回はカードフェスタの事について書いていきます。
発売直後は、「まあ今回も頑張れば普通にコンプ出来るだろう・・・」と思ってたんですが、後になって今回のシリーズが自分の考えの更に上を行くような極悪仕様だと分かった瞬間、これはさすがに完全コンプリートは不可能・・・!?(一応出来るだけ頑張ってみようか・・・と言ってみる)

| | コメント (0)

試合も重要だが、また新たなる戦いが・・・

本日はアルビレックス新潟戦ですが、なんていうか天気はイマイチ・・・
昨年は全く雨天に祟られることは少なかったんですが、今年は・・・というか、特に最近は殆どが雨・・・他の試合中継を見てても、やたら雨の中で試合してるシーンばかり見てる気がするほどで、季節外れの梅雨が来たんじゃないか?というような感じです。

 

 

これね、普段テレビでスポーツ観戦してる人には絶対分からないと思いますが、自分は屋外観戦において一番嫌なのは、やはり何と言おうと雨なんですよね。
雨合羽等で荷物はかさばる、身体が濡れて冷える、他には一番の目的で観戦に来たはずの試合が見にくくなる、あとはカードの開封が出来なくなるなど・・・(最後は半分どうでもええがな・・・)

 

 

で、今日の試合ですが、内容はともかく勝って当然!!
昨年は最終的には何とか残留出来たものの、ホーム最終戦(実質的にはエコパでの浦和レッズ戦が最終戦でしたが、エコパ開催だったし、あんなのホームじゃないし・・・)となったアルビレックス戦では、まさかの敗戦・・・
しかも山崎選手のジュビロ時代にも一度も見たことが無かったダイビングヘッドで決勝点を献上するという屈辱を味わった試合でした。

 

 

本日の試合ですが、ジュビロが勝った場合、無条件でアルビレックス新潟のJ2降格が決まります。
オリジナル10以外のチームでは、まだ1度も降格を経験したことのなく、2004年以降ずっと降格せず、しかもそんなに上の順位でシーズンを終えることのなかったアルビレックス、おそらく今まで相当騙し騙しな感じでやってきたんじゃないかと思います。

 

 

本当に今までよくやってきたと思う・・・
でもね、悪いけど今日の試合は内容も含め、目指すものが違うというのを見せつける意味で、絶対に勝たないと駄目なんですよ。
自分は新潟に観戦に行った時、試合後は結果に関係無く必ず必ず美味しい物やお酒を飲んだりするくらい新潟は好きな地域でありますが、その新潟に来年行けなくなるというのは非常に悲しいし、ハッキリ言って目の前で他チームの降格を見るのは凄く嫌!!
ただ今日は、悪いけど目の前でアルビレックス新潟の降格の瞬間を見届けてからスタジアムを後にしたいと思います。(他会場の結果によっては後半開始時に降格が決まるかもしれないが・・・)

 

 

あとは・・・
今日の試合では、またアレが密かに・・・って感じで発売されるんですよね。
これまで色々な事態を想定して、そのことに関しては一切書かない事にしてたんですが、また財布と相談しつつ、とりあえず全部揃える事を目標に頑張って購入していこうと思っています。

| | コメント (0)

必然のトリプル(今回は長い)

まずは今回久しぶりの更新になります。
更新出来なかった理由としては、まず現在自分の職場内での立場上、色々仕事内容が変わってしまったことで、とにかく忙しかったことと、あとは様々な行事等があって、日記を書いてる余裕が全く無かった・・・それだけです。
そろそろ何か書かないと・・・って思っていたので、昨日の試合の事でも書きたいと思います。

 

 

昨日はアウェー・日本平にて清水エスパルス戦が行われました。


何度か書いていると思いますが、自分がリーグ戦において、静岡ダービーを観戦するのは2010年以来7年ぶりです。
久しぶりのダービー観戦で気持ちも高揚してたんですが、それに対抗するかのように降りしきる冷たい雨・・・
そういえばジュビロのホームでも雨だったな・・・

 

 

この日の入場の列ですが、多分今まで見てきた中では最長なんじゃないか?と思うような長さでした。
聞けば先頭は前日の午後2時に来てたそうで、シート貼りが可能となる当日の午前0時(要するに深夜)の段階で既に150番超え・・・
なんか昔のJリーグブームが起きた時のような熱気を感じました。


この日の入場は予定よりも早い11時15分から始まりましたが、正午を過ぎてもゲートの外には長い列が続いていました。

 

 

そんな状況であったので、これは早めに手を打たないと・・・と思い、席を確保してから速攻で食料を調達に行きました。自分は比較的早い方で入場してるので、色々なモノが買えたため全然困らなかったんですが、実際食料が全く買えないという難民が続出しました。

 

 

試合まで時間があったので、ちょっとエスパルスのゴール裏まで遊びに行くと・・・


なんか面白そうな福袋とか色々売られていました。
ジュビロでも、そういうことをやって欲しいな・・・と思ったり・・・

 

 

この日のジュビロのゴール裏の様子です。(今回、この場所で多くの仲間たちと応援しました!!)


なんと!!2階席全てジュビロサポーターで埋め尽くされる風景・・・
2階席だけではなく、1階や指定席にも沢山の青い格好の人が!!
確かに昔は割とあった光景ですが、ここ数年のジュビロでは有り得ないような状況でした。

 

 

キックオフ30分前のゴール裏の様子です。
このあたりから応援にも熱が入ってきます。


今年3度目の静岡ダービー。
今回も勝ち点3を頂いて磐田に帰ろう!!

 

 

で、試合ですが・・・


冷たい雨が降りしきる中、攻撃で躍動したのが最近絶好調のアダイウトン選手でした。
昨年までは、ただ走るだけの印象しか無い普通の選手でしたが、最近では足元の技術が格段に上がり、相手にしたら脅威的な選手に変貌を遂げた感じになりました。
この日も左サイドを完全制圧し、驚異的なスピードで相手DFの裏に抜けて先制点を挙げるなど本当に止められない選手になった感じです。

 

 

ところで試合とは全く関係ない事ですが、自分が気になった事を書いておきます。


それは、この生きるか死ぬか?というのは大袈裟ですが、ある意味で戦争に近い静岡ダービーという舞台において、本来なら殺伐とした雰囲気の中で行われるはずのビッグゲームの真っ最中に、電光掲示板には試合とは全然関係ない内容のCM(試合の翌日より放送されるドラマなどの番宣等)が何度も何度も表示されるのって一体どうなんでしょう?(スポンサーの関係上かもしれないが・・・)
それを見た瞬間、自分は少なくともそんなサッカーと全く関係無いような映像を流すような緊張感の無いチームには絶対負けないと思いましたね。

 

 

ちなみに前半終了直前、その電光掲示板に『エスパルス GO! GO!』と出た直後、この試合の行方を左右する例のシーン・・・つまり松原選手が一発レッドで退場するという事が起きたんですよね。
まさにエスパルスGO!GO!ボーン!!って感じで・・・

 

 

後半は完全にジュビロのペース。


中村俊輔選手のコーナーキックからの得点(目の前だったのに、一体何が起こったのか分かりにくかった・・・)や、山田選手のJリーグ復帰ゴールなど、もう常にお祭り騒ぎ状態でした・・・が、それよりも逆に相手の出来の悪さを心配とでもいうのかな?
正直なところ、現在のエスパルスはフロントや監督も含め、静岡ダービーの重みというのを全く分かってないような感じがしました。(分かっていたのは鄭大世選手を含め、数人程度なんじゃないかな?しかも3点目が入った時、エスパルスサポが次々と帰りだす始末・・・まだ残り30分近くもあるのに・・・)

 

 

試合は3-0での完勝。
まあ当然というか、必然すぎる結果だと思いました。


試合が終わり、サポーターに挨拶に来る選手たち。
とりあえず、目標だった同一カード3連勝を完封で達成。
このチームは、まだまだ成長すると確信を持った試合でした。

 

 

次は昨年のホームゲーム、試合終了間際に山崎選手に決勝ゴールを決められるという屈辱を味わったアルビレックス新潟戦ですが、もしかしたらその試合でアルビレックスはJ2降格が決定するかもしれないが、これまで色々な事もあった訳だし情けは禁物です。
この日のようなサッカーが出来れば、自然と勝ち点3が取れるでしょう。

 

 

最後・・・
日本平から帰宅する時ですが、エスパルスサポの運転する車が何台か事故ってました。
走行ルートにもよるかもしれないし、ダービーに負けて悔しいかったのかもしれないけど、この日のような、そんな大降りでもない霧雨っぽい時の走行は普段よりも特に気を付けて安全運転をした方がいいと思いますね。

| | コメント (0)

挑戦させられるものばっかりだな・・・

今回は、まず入手カードの紹介からです。
サッカーよりもラグビー(ヤマハ発動機ジュビロ)の方が多いですが・・・


◇2017Jカード 針谷岳晃 50枚限定直筆サインカード(通算4枚目)

◇16/17ラグビートップリーグ 矢富勇穀 100枚限定直筆サインカード(シリアル1番)

◇17/18ラグビートップリーグ 山本幸輝 99枚限定直筆サインカード

◇17/18ラグビートップリーグ 日野剛志 94枚限定直筆サインカード

◇17/18ラグビートップリーグ ヘル ウヴェ 90枚限定直筆サインカード

◇17/18ラグビートップリーグ 三村勇飛丸 90枚限定直筆サインカード

 

17/18トップリーグですが、先日最難関の五郎丸選手のサインカードが入手出来たこともあり、収集するには楽な感じになりましたが、このシリーズはサインカードはレギュラーカードのパラレルみたいな扱いになっているため、選手の身体やユニフォーム部分にサインが重なっているものが多く、チームによってはサインが非常に見にくいです。
なんで今まで見たいにサインカード専用のデザインを採用しなかったんでしょうね?

 

 

あと・・・カードの事といえば、ジュビロ磐田が1週間限定でこんなことも始めました。

 

http://www.jubilo-iwata.co.jp/newslist/detail/?nw_seq=5697

 

ジュビロショップ2店舗だけの限定企画ですが、『秋のルーレットチャレンジ』なんていうイベントで、これは8日から15日まで1週間だけ行われます。
これは期間中にグッズを1,000円買うごとにクジを引くことが出来るものなんですが、その中で当たりが出ると全選手対応のオリジナルカードが貰えるというもので、一応チームのオリジナルカードということで個人的に収集意欲は多少なりとも湧いてくるものの、僅か1週間だけのイベントですし、全部揃えるだけでも単純計算で3万くらい使わなければならないうえに、クジ引きなので毎回当たる保証も無く、正直厳しいというか、ハッキリ言って全種コンプリートは残念ながら不可能だな・・・と。

 

 

まあ一応可能な限り、頑張ってみるつもりです
ただ個人的には、そんなリスクを冒してまで入手するようなカードよりも、もっと大変なことが・・・

 

 

次回は多分カード以外の事を書くと思います。
ゲーム・・・クワガタ・・・それとも・・・

| | コメント (0)

これが現実

昨日はFC東京戦(アウェー)が行われましたが、結果は0-0ということでスポーツ番組では、まず絶対にピックアップされる事は無いだろうし、サッカー専門番組でもコメンテイターが解説に困るような結果でした。

 

 

この試合ですが、先日新加入した注目の山田大記選手が先発しましたが、殆どの人が感じたように、正直微妙な出来というか、あの凄かった頃のプレーを見てた人間からすれば、「え?あれが山田!?」って思うくらいな出来だったんじゃないでしょうか?
今回ジュビロが急遽採用した4バックは山田選手のテスト起用を兼ねて採用したシステムらしいのですが、テストだったら実践ではなく、正直な所、それは練習試合でやって欲しかったですね。

 

 

まあジュビロに携わる多くの関係者、それに応援してるサポーターなど非常に多くの人が、今回スタメンに抜擢された山田選手が活躍することを期待してただろうし、ある程度はやってくれるんじゃないかと思っていたでしょうが、なにより先発起用した名波監督が最初に引っ込めたくらいですから、これで現在の山田選手の状況というか、現実が分かったんじゃないかと思います。

 

 

自分も山田選手が入った事で、チームに化学反応みたいなことが起き、強い競争意識が生まれて良い方向に向かってくれるような事を期待していましたが、それと同時に今の良い流れで、ここまで来ているチームを壊してしまうという怖さみたいなのもありました。
まあ中村俊輔選手みたいな凄い選手だって、最初から連携面とかも合わない部分もありましたし、それはそれでしょうがない部分もありますが・・・

 

 

書き忘れましたが、この試合も残念ながらテレビ観戦でした。
これまで何度も書いてるように今年は全くアウェーに行けてない(今年のリーグ戦は開幕戦だけ・・・)んですが、先日も書いたように次の日本平は参戦し、そして・・・


まだ1か月後以上も先ですが、次の柏レイソル戦も参戦することにしました。
今年の最初で最後になる関東アウェーですが、まあ頑張って行きたいと思います。

| | コメント (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »