« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

買った後に引くという・・・

今回は、まだ紹介してない花火大会での開封結果を載せていく予定でしたが、またしても書いてる途中で全消去するという事態に襲われてしまったので、後日掲載する予定だった最近入手したカードを紹介して終了です。

 

 

色々あって写真は分けてありますが、全て今回までに入手したものです。


2017ジュビロ磐田TE 名波浩 45枚限定直筆サインカード

2017ジュビロ磐田TE 櫻内渚 45枚限定直筆サインカード

2017ジュビロ磐田TE 太田吉彰 45枚限定直筆サインカード

2017ジュビロ磐田TE 中村俊輔 45枚限定直筆サインカード(シリアル・ラストナンバー)

2017ジュビロ磐田TE カミンスキー 45枚限定直筆サインカード

2017ジュビロ磐田TE 大南拓磨 45枚限定直筆サインカード

2017ジュビロ磐田TE 三浦龍輝 45枚限定直筆サインカード

2017ジュビロ磐田TE 川辺駿 45枚限定直筆サインカード

2017ジュビロ磐田TE 高橋祥平 45枚限定直筆サインカード

 

まさかの中村俊輔選手の特殊シリアルを先日のJカードに続き、チームエディションでも入手に成功!!
今年はJカードから続いてるように、チームエディションでも特殊シリアルが全くと言ってもいいくらいに引けない状況なんですが、みんなホント引きが強いのね・・・

 


2017ジュビロ磐田TE 小川航基 45枚限定直筆サインカード

2017ジュビロ磐田TE 藤川虎太朗 45枚限定直筆サインカード

2017ジュビロ磐田TE 上原力也 45枚限定直筆サインカード(シリアル・ジャージナンバー)

2017ジュビロ磐田TE 川辺駿 45枚限定直筆サインカード(シリアル・1番)

2017ジュビロ磐田TE 針谷岳晃 45枚限定直筆サインカード(シリアル・1番)

2017ジュビロ磐田TE 小川航基 40枚限定パッチジャージ

2017アルビレックス新潟TE 山崎亮平 40枚限定直筆サインカード

2017アルビレックス新潟TE 成岡翔 40枚限定直筆サインカード

 

これは先日の日曜日までに入手した分で、この時に唯一所持してなかった藤川選手を入手したことにより、今年度のジュビロ磐田・チームエディションも何とか無事に全て揃える事が出来ました。

 


2017Jカード アダイウトン 50枚限定直筆サインカード(通算2枚目)

2017Jカード 川又堅碁 50枚限定直筆サインカード(通算3枚目)

2017Jカード 高橋祥平 50枚限定直筆サインカード(通算3枚目)

 

こちらはJカードということで、昔から各選手3枚づつ収集目標にしてますが、今年は苦労するだろうと思っていましたが、ここまでは意外と順調で着々と集まってきています。
残りは中村俊輔選手、川辺駿選手、針谷岳晃選手の3人を、それぞれ1枚入手すれば終了です。

 

 

今回交換してくれた、KINGS店長I先生K氏BAGGIO君AちゃんMちゃん他、どうもありがとうございました。

 

 

そして今年の全チームのチームエディションの中でも、おそらく最も話題となったであろう・・・例のコンボサインカードですが・・・


現在手元には3枚・・・しかし、これに関しては、あえて何も言うまい・・・
で、その中の1枚(左下)は嫁が自腹で購入した中から出たんですが、これまでこのカードを何枚も見てきた中では、多分この中村俊輔選手のサインが一番キレイだと思いました。(Jubiloの文字がしっかり入っているし・・・)

 

 

次回こそ花火大会の未紹介分の開封結果を載せたいと思います。
序盤がアレな状況でしたが、終盤の方では盛り上がったので総合的に見れば良かったとも言えます。
そして花火大会翌日、一人孤独な開封作業をしてた時に出現したカードも一緒に紹介したいと思います。

 

 

最近の我が家のネコの暮らし。


昼間は風通しの良い廊下、それも陽の光が当たらない影の部分で、こんな風に『うにゃー』って感じで伸びてます。

 

 

そして夜は・・・


ベランダの明かりに出て飛んで来た虫とかを追っかけたりして遊んでいます。(これがドタドタうるさい・・・)
それも日の出の前の辺りが明るくなる頃まで・・・そりゃあ昼間いつも寝てるわけだ!!

| | コメント (0)

まだ未紹介分の開封結果

今回は先日の花火大会で開けた、まだ未紹介分でもあった様々なシリーズの開封結果を紹介します。
2017ジュビロTEの結果がアレだったんで、他で何か凄いカードを引ければ・・・って希望を込めて開封しましたが・・・

 

 

まずは今年も大量開封してる2017Jカードから紹介します。(計2ボックス開封)


瀬川祐輔(大宮)  増嶋竜也(仙台)  青木拓矢(浦和)

梶川諒太(東京V)  大久保嘉人(FC東京)

 

またしても大宮アルディージャ&ベガルタ仙台のカードを引くことになるとは・・・
それにしても、このシリーズにおいては全くと言ってもいいほどジュビロが引けん!!

 

 

続いては既に全く見かけない2009Jカード・2ndです。
このシリーズは通常サインの他に10枚限定のプレミアムサイン、更にビッグパッチもあるということで、当時としては非常に開けてて楽しいシリーズでした。(自分はプレミアム&ビッグパッチのどちらも引けなかったけど・・・)


ネットバイアーノ(千葉)

 

そういえば、そんな名前の選手って居たね。

 

 

続いては、大物選手が多数収録されているものの、全くと言ってもいいくらいに凄いのが引けない、自分にとっては最悪なシリーズでもあった15/16日本代表SEです。

藤春廣輝(G大阪)

 

・・・(これかぁ・・・)

 

 

次も個人的に相性が悪い部類に入る2015Jカードです。


梁勇基(仙台)  玉田圭司(C大阪)

 

玉田選手の一つ隣だったら、このシリーズの目玉でもあったフォルラン選手だったんですが・・・

 

 

最後は世間的にイマイチと言われていたものの、自分的には良い引きが多かった2016Jカードです。(2ボックス開封)


田中隼磨(松本)  伊藤翔(横浜)

アダイウトン(磐田)  山田拓巳(山形)  齋藤恵太(熊本)

 

開封時、ジュビロサポーターばかり集まっていたこともあって、ここでアダイウトン選手が出た時はホント盛り上がりました。

 

 

で、この時の時刻は日が変わる直前であり、ここで今回の開封大会は終了か・・・と思ってたら、外はまるでバケツをひっくり返したような大雨が降っていたこともあり、みんな外に出たくないとの理由で、更に残っていたボックスを開ける事に・・・
その開封結果については次回以降に紹介します。

| | コメント (0)

決勝FKに繋がるファールを犯したのは3番の人でしたな(天罰!!)

ちょっと今更な感じになってしまいますが、昨日はヴィッセル神戸戦(ホーム)が行われました。
この試合は今年のジュビロのリーグ戦における今年最後のナイトゲームであり、例の限定ユニフォームで戦うラストゲームでもありました。

 

 

まず・・・
この日の自分ですが、夜勤明けで殆ど寝てない状況であり、しかも朝から気温が非常に高く、寝不足の身体には、とてもしんどい暑さ・・・


年がら年じゅう寝ているような我が家のネコでさえ、暑さのせいでぐったり・・・
とにかくスタジアムには行きたくないな・・・っていうような天気でした。(それでも何とか重い腰を上げ、とりあえずスタジアムに向かったけど・・・)

 

 

で、この日のスタジアムの様子です。


この日の試合もチケットが完売ということで、サポーター広場には、このように大勢の来場者で溢れかえっていました。

 

 

この日は夏休み最後のホームゲームであり、子供たちにウケそうな企画として・・・


多分ジュビロでは初めてとなる、カブトムシ&クワガタと触れ合えるコーナーがありました・・・が、この企画で本当に喜んでいるのは子供たちではなく、自分みたいな自称ブリーダーみたいな連中なんじゃないかと・・・(でもサポーターの中に、そんな熱心過ぎるクワガタマニアが自分以外に存在するとは思えないが・・・)

 

 

この日、自分が気に入った個体は・・・


この、やたら大きいコクワガタでした。
聞けばこの個体は今回のイベントの主催でもある竜洋昆虫公園(磐田市内)にある園内の雑木林で捕えられたものであり、捕まえた方が言うには、やはり「これは、凄く大きいコクワだな!!」と思ったそうです。
マジで我が家の親種にしたいくらい立派なオスだったな。

 

 

で、いつまでもクワガタのコーナーで時間を潰している訳にはいかんので、席の方に戻ると・・・


ゴール裏はもちろん、バックスタンドは既に多くの観客で埋まっていました。

 

 

この日の相手でもあるヴィッセル神戸ですが、ジュビロにとってここ数年は何故かずっと勝てない相手であり、しかも毎年のように大金使って大型補強をしてるイメージがあるので、絶対そんなチームなんかに負けてはダメだろ!?っていう気持ちみたいなのがジュビロ側に蔓延していました。(これは名波監督も言ってた・・・)

 

 

ところが、この試合はスタメンで出場するはずだった中村俊輔選手が体調不良のために急遽欠場・・・(実際本当に体調不良なのかは不明)
この時点で、かなり厳しい状況になっていました。

 

 

で、その試合ですが・・・


序盤からジュビロが主導権を握るものの、なかなか相手の守備を崩せない展開が続き、これは昨年までの悪いパターンだな・・・と思っていましたが、あるプレーを境にジュビロの選手全員に闘う意識のスイッチ(?)みたいなものが入り、更にスタジアム全体の雰囲気まで変わりました。(実はこの時、自分には何があったのか全く分からない状況だった・・・)

 

 

この日の試合ですが、一応注目カードということでBSでも生放送されていて、その問題のプレーの状況をテレビ等で見ていた多くの視聴者が携帯などに情報を拡散・・・
で、スタジアムでその情報を見た人から、その時に何があったのか?という出来事が横へ横へ・・・って感じで伝わるように流れ、それがスタジアム中に広がって行ったんですが、それを聞いたら余計に「そんな汚い事を平気でやるようなチームなんかには絶対負ける訳にはいかんな!!」という気持ちが芽生えてきましたね。

 

 

で、後半は・・・


開始直後に一瞬の隙を突かれ、例のドイツ代表だった人にゴールを決められたものの、すぐに川又選手が取り返してくれたこともあり、ここからは完全なジュビロペースに・・・
アダイウトン選手が縦横無尽に走り回り、川辺選手が効果的なパスを連発し、ムサエフ選手が広大なエリアで相手選手を潰す・・・守備陣も身体を張って相手のシュートをブロックするなど、この時点で今日はジュビロが負けるなんて誰も思ってなかったでしょう。

 

 

で、もう一つ誰もが思いもしなかった事が後半34分に起こります。
実はこの約15分くらい前、ジュビロにとって唯一のプレースキッカーでもあった上田選手が交代でベンチに退いていて、この段階でフリーキックとか蹴れる選手が誰も居ない状況だったんですが、その上田選手と入れ替わるように入ったのが松浦選手であり、これ以降は何故か松浦選手がプレースキックの担当になっていました。

 

 

で、上でも書いたように後半34分、スタジアムに来てた誰もが驚くようなフリーキックが決まり、結果的にはそれが決勝点になるんですが、実はそのフリーキックの前に1本コーナーキックを蹴ったんですが、その精度の無さと来たら・・・
そんな姿を見たら、とても数分後にスタジアム全体を震撼させるようなフリーキックなんて絶対予想出来ない・・・なので、おそらく今年生まれたジュビロの全ゴールの中では、多分誰もが一番驚いたゴールになるんじゃないか?と思います。(なにより、松浦選手がフリーキックを蹴るというケースは普段なら絶対無い訳だし・・・)

 

 

そんな驚愕ともいうべき松浦選手のフリーキックが決まった試合内容については以下の通りです。(1分過ぎには例のプレーも見れます!!)

 

http://www.jubilo-iwata.co.jp/live/2017/J20170826_2012120322

 

で、試合終了後は、真夏の限定ユニフォームでは初!!
サポーターとの勝利を分かち合う選手たち・・・


本当によくぞ逆転してくれたと思います。
例え竹馬に乗れなくても、こうやって全国的に注目される試合でヒーローになれる!!
改めて松浦選手は救世主だと思いました。(ちなみにジュビロのホームゲームにおいて松浦選手がMOMとしてお立ち台に立ったのは、例の伝説となった2008年の入れ替え戦以来・・・)

 

 

で、帰宅した後は当然のように・・・


こやつに御馳走です!!
夜になったら涼しくなってきたので、元気になってきやがったし・・・

 

 

そして、翌日の各新聞には・・・


このように松浦祭り状態でした。
しかし松浦選手が活躍する時は、何で毎回こんな感じで派手なんだろうか!?

 

 

次回から再びカードの事が続きます。
ちなみに今年は難攻不落とか激ムズとか様々な所で言われていた2017ジュビロ磐田・チームエディションの完全コンプリートですが、昨日無事に達成したので報告しておきます。(ちなみに自分のコンプ達成時の約30分後、カード仲間でもあるK氏も完全コンプ達成!!(←ラスト1枚は華麗に自引きでコンプ達成ってのが自分と違って格好良い!!)

 

 

最後・・・
神戸の3番は、今すぐサッカー辞めてバレーボールやってた方がいいね。(あのハンドが故意じゃないって言うなら、もう何やってもOKになるだろうし・・・)
ついでに今回の試合を裁いた主審の飯田は、もう二度と笛を吹かない方が世のため人のためだと思いますね。

| | コメント (0)

これらのカードが花火大会で出てくれれば・・・

今回は花火大会の開封結果を紹介する予定でしたが、またしても書いてる途中で文章が全消滅してしまったので、別に残してあった2017ジュビロ磐田・チームエディションの開封結果を紹介しておきます。(パソコンが駄目なのか?ちょっと気を抜くと最近は80%くらいの確率で消える・・・!?)

 

 

今回は3ボックスの開封結果です。
このシリーズも既に絶滅危惧種的に消えつつありますね。


ムサエフ  松浦拓弥  松井大輔

 

あれ?割と良いメンツじゃん!!
あの花火大会のカートン開封と比較し、そう言いたくなる選手ばかりが出てくれました。(でも、全て2枚目以上なんですが・・)

 

 

次回も開封結果を書きたいんですが・・・
果たしてパソコンが言う事を聞いてくれるかどうか・・・!?(実はこの原稿を書いてるときも消えたので、こんな適当な感じの紹介です・・・いよいよもうダメか!?)

| | コメント (0)

もう一つのカートン開封結果

今回は先日の花火大会では時間の関係で結局最後まで開封する事の無かった2017ジュビロ磐田TEの、もう一つのカートンの開封結果を紹介します・・・が、最初からお断りしておきますが、その(自分の中では期待してた)開封結果がなんていうか、正直アレだったんで、出現したサインやジャージ・全12枚を一気に紹介したいと思います。

 

 

カートンの開封結果を、こうやって一気に紹介するとはなぁ・・・


大井健太郎(S) ムサエフ(S) 太田吉彰(S)

アダイウトン(S) 山本康裕(S) 大南拓磨(S)


森下俊(S) 三浦龍輝(S) 高橋祥平(S)

中村俊輔(J) 小川航基(J) 小川航基(P)

 

 

う~ん・・・さすがにこれは自分の予想を超越するというか、俗に言う当たり級サインカードが1枚も入ってないということで、まさかの結果に呆然とする以外ありませんでしたし、当然のように良番シリアルも1枚としてありませんでした。(花火大会の時もアレだったし、とにかく開ける前から、嫌な予感しかしてなかった・・・)
まあジュビロの選手としては、当然応援はしてますが、これがカードの世界となると話は別であり、正直このメンバーがカートンから出ると分かってたら、これを買う人は世の中に絶対いないと思います。

 

 

2カートン+4ボックス・・・つまり計28ボックスを開けましたが、サインの枚数が一番多いはずであり、このシリーズの目玉的存在でもある中村俊輔選手がゼロ・・・(コンボ+ノーマル=計85枚)
さすがに自分も、ここまで中村俊輔選手が引けないなんて予想出来ませんでした。
そういえば、このチームエディションよりも前に発売されたJカードの時でも、J1の中では一番引けなかったチームがジュビロ磐田だったし、この時点で既に未来を暗示してたんだろうな・・・と思ったね・・・

 

 

そして、一応入手したんですが・・・


今回様々なとこで話題になってる名波監督&俊輔選手のコンボサイン、一応販売期間中に2~3枚は引けるんじゃないかな!?っていう見込みでいたものの、あまりにも自分の周辺で連発で出現してたこともあり、「ああ、自分は絶対コンボなんて引けんわ・・・(というか、自分の引き運では無理)」と察し、決して安くも無い金額を払って事前に購入してたくらいですからね・・・

 

 

このシリーズですが、一応今年も自分は全種自引きの完全コンプリートを狙っていましたが、上記のコンボサインを購入したことで、全種自引きの夢が絶たれてしまいました。(一応まだ購入するつもりなので、そこからコンボが出るかもしれませんが・・・)
この・・・何ていうか、自分の力では絶対引けないっていう事を悟った末、購入するのって本当に悔しい・・・しかも自分の周囲では、多くの人が当たり前のように引いているんですからね・・・

 

 

このコンボサインの入手と、今回のカートン開封で唯一埋まってなかった小川航基選手のパッチ(3色)が出てくれたことにより、完全コンプまで残りはサイン3枚(4枚)だけとなりましたが、未所持選手については、どちらかと言えば入手が楽なレベルの選手ばかりなので、全部揃うのは時間の問題だと思っています。

 

 

次回も開封結果です。

| | コメント (0)

両チームとも半年で、ここまで凄い試合が出来るようになりました

昨日はセレッソ大阪戦(ホーム)が行われました。
セレッソと言えば、昨年までJ2であり、しかもプレーオフによってギリギリの成績でJ1に昇格してきた相手ですが、現在の順位ではジュビロよりも上の2位・・・

 

 

今年の開幕戦で対戦した時は、両チーム共に完成度の低い内容であり、スコアも0-0という誰もが予想が出来るようなものでしたが、あれから約半年が経ち、まさか両チーム共に、こんなにも上の順位で対戦することになるなんて、一体誰が予想出来たことか?

 

 

この日は前日の雷雨とは打って変わっての良いお天気となりましたが・・・

台風一過直後のような、灼熱の太陽の光が照り付ける超厳しい暑さでもありました。

 

 

この日はコレが良く売れたんでしょう・・・


この時期の定番・かき氷です。(モデルは先日の花火大会の時に遊びに来てくれたMちゃんたち・・・)
とにかく一言目、二言目は暑いしか言ってなかったな・・・

 

 

この日はPUMAマッチということで、ジュビロのユニフォームサプライヤーであるPUMAがメインとなって、何かのイベントを行っていました。


でもね、自分はそういうイベントは全く興味がなかったので、どんな内容か詳細については全く分かりません。
ただ、ブースで配られた団扇の色は、ジュビロに対して明らかに喧嘩を売ってるとしか・・・(っていうか、なにも今日という日にピンク色の団扇を配る事は無いだろ!!)
こういう小さい心配りも出来ないスポンサーだし、毎年訳の分からん夏のユニフォームとかの企画も無理して行ってる感じだし、もうPUMAとスポンサー契約するのやめたら!?って思いますね。

 

 

この日もチケットは完売ということで・・・


サポーター広場は、こんなにも沢山の人で溢れかえっていました。

 

 

上にも書きましたが、この日のイベントは自分としては前回のサンフレッチェ広島戦の時と比較し、ハッキリ言って何もなかったような感じだったので、スタジアム売店を回って先週発売された2017ジュビロ・チームエディションを購入。
なんか発売元はもちろん、チームでも在庫がほとんど無いというのに、いまだ自分は全種が揃わない状況で、そろそろヤバイな・・・と勝手に思ってたりします。

 

 

開封結果は・・・
サインは同じような選手ばかりで、当然良番シリアルは無し・・・あと高確率でジャージ箱に当たりまくる悪循環だし・・・

 

 

で、ある程度のヒマを潰した後、スタンド席に戻る事に・・・


この日のアウェー側の2階ゴール裏はセレッソサポで埋め尽くされていました。
多分、今年初となるアウェー側の全エリアの開放をするくらいですから・・・

 

 

もちろん、ホームのゴール裏も・・・


このようにギッシリ入りました。
最近では当たり前の光景ですね。

 

 

で、試合ですが・・・


前半からジュビロが主導権を握るものの、最後の最後で相手の守備陣に防がれるという状況が続き、なんか、わざとそうさせられてるような感じで、どちかと言えばジュビロにとって苦手な展開でした。
とにかくシュートは打つんですが・・・

 

 

で、そうこうしてるうちに(多分ジュビロにとって)中盤でパスミスを拾われ、最後は難しい体勢から杉本選手にゴールを決められて先制されるという、最近のジュビロのホームゲームでは良く見かける(泣)ような、先に先制されてから追いかけるという展開に・・・

 

 

後半になると相手がフォーメーションを守備的に変え、前半の1点を守り切ろうとする作戦(多分そうじゃないか?と思う)に出てきましたが、それに対してジュビロは攻撃的選手を次々に投入するも、引いた相手を崩すに至らず、時間だけが過ぎていきました。

 

 

で、3人目の交代選手として荒木選手が、得意のドリブルで突破を計るも、芝に足を取られて負傷(そういう風に見えた)退場してしまい、終盤は10人で戦う事に・・・


ドン引き状態の相手に対し、こちらは10人。
会場の誰もがセレッソの勝ちを予感しだした後半41分、ショートコーナーから俊輔選手と川辺選手のパス交換、そして俊輔選手がゴール前に正確なクロスを送ると、最後は川又選手が高い打点のヘディングシュートを決め、これで何とか引き分けで終了。

 

 

セレッソ的には勝ち点2を落とし、ジュビロ的には勝ち点1を確保したという感じですが、自分としては、あの完全な負けムードが漂う状況から、よくぞ追い付いてくれたっていうことで、選手の頑張りに感動しましたね。(試合後に精も根も尽き果てて、バタバタ倒れる選手たちの数が、この試合の凄さを物語ってた感じ・・・)

 

 

でもね、良い試合をしたと言われても結果的には超満員のホームゲームで、またしても勝てなかったという事実は変わりませんし、本当に勝ち試合が見たかったら(ジュビロの場合)、やはり無理してでもアウェーに行け!!という事ですかね・・・

 

 

さて・・・次回は再びカードのお話です。
お馴染みの花火大会・開封結果・・・の前に、時間の関係で開けることの無かった、例の2017ジュビロ磐田・チームエディションのカートン開封結果を紹介しますが、2~3回に分けず、1回だけで実に簡単に紹介して終わらせたいと思います。(←この書き方から、どんな内容だったのか?分かりそうな感じ・・・)

 

 

ところで・・・
昨日対戦していて、とても強いと思ったセレッソ大阪ですが、前節では清水エスパルスと対戦し、2-3で負けたんだよな!?
それも2ー0で勝っていながら後半に3失点・・・どうやってエスパルスがセレッソから3点も取れたのか?って思ったよ。

| | コメント (0)

嵐の後・・・

最近は開封結果ばかり続いていましたが、結果が良いなら、このまま続けて紹介していこうと思っていましたが、何とも言えない微妙な感じのカードばかり出ていることもあり、何か書いてて辛くなってきたので、今回は最近良かった別の事でも書きます。

 

 

これは本日の仕事から帰宅した後のお話です。
なんかベランダの方から我が家のネコが激しくニャーニャー鳴いているので、一体何が起きてるのか?と思ってネコの鳴くとこへ行ってみると・・・


ヤツの目線は天井を向いていました。

 

 

で、そのネコがガン見してる天井を見てみると・・・あれは!?


丸っこくて、褐色の虫!?
例の誰からも嫌われるアレなのか!?

 

 

いや、その嫌われモノよりも明らかにサイズが大きい!!


え!?まさかの・・・???

 

 

ということで・・・


なんと!!カブトムシ(メス)が我が家の明かりに誘われて飛んできました。
この日の袋井市内ですが、昼間に降った記録的な大雨の影響もあって夜の蒸し具合がハンパじゃなく、もしかしたら、それも飛んで来た要因の一つかもしれませんが、先日のヒラタクワガタに続き、とにかく今年は色々な虫が飛んでくる気がします。(花火大会の時に、コガネムシが飛んで来たんですが、それを捕まえて遊んでたMちゃん・・・最近は虫系を触るのが怖いという若い男性が非常に多い中、ちょっと頼もしく・・というかワイルドに見えたね)

 

 

一応自分はカブトムシも好きなんですが、クワガタ以上にエサを食うこともあり、我が家では専門外でもあるので、とりあえず飛翔来場記念(?)ということで、エサをたっぷり与えたあと、自然に返してあげようと思っています。

 

 

で、良かった事を書いておきましょう。
約1ヶ月くらい前、産卵セットを組んだ中にヒラタクワガタ(メス)を投入しておいたところ・・・


産卵木含め、マットも穴だらけにしてくれていました。(エサでもあるゼリーの横に見える穴の中に親が潜り込んでいました)
一応昨年も同じ状態になったので、この時点ではまだ期待していませんでしたが・・・

 

 

ケースの底を確認してみると・・・


数か所に細い掘ったような穴が見えました。
いや数か所じゃないな、かなり沢山・・・

 

 

で、その穴の中に何か動いているものが確認出来たので、じっくり見てみると、そこには・・・



多分、産まれてから1週間くらいのヒラタクワガタの赤ちゃん(幼虫)が!!
2年前は結構沢山出てくれたものの、昨年は同時飼育してるコクワガタも含め、1個の卵すら見つからなかったこともあり、今年はペアリングの段階から親の相性、そして産卵セットには必要以上の水分を注入し、常に注意しながら観察してたことが功を奏したんじゃないかと・・・
苦労した事が身を結んだ・・・そう思いたいですね。

 

 

ケースの側面だけを確認したところ、全部で9匹の幼虫を発見しましたが、側面だけで9匹ということはメインの産卵木には、もっと沢山の幼虫が入っているはず!!
昨年出来なかった、このクワガタ飼育においての一番の楽しみでもある幼虫の割り出しは、一応来週中に行う予定です。

 

 

あと・・・多分多くの方が気になっている、花火大会では時間の関係で開ける事の無かったカートンですが、密かに本日まで8ボックス開封し、そこから7枚のサインカードを引きましたが、実は前回以上・・・というか、物凄く厳しい結果だということも付け加えておきます。
一応サインは残り1枚もしくは2枚出るはずだけど、自分のカートンからは、この流れを変えるような力のあるカードが出てくれるとは、とても・・・いや絶対思えない・・・ハッキリ言って絶対出ない!!
何故か!?というと、実に簡単な事・・・それはオレのとこに来たカートンだからだ!!(←全部開けた後、おさらいの意味で今回の2カートンの開封結果を載せます!!)

| | コメント (0)

今夜は冷えますね・・・(開封大会時、外は大雨)

今回は花火大会での開封結果・その3です。
カートン開封の前半6ボックスの結果がアレだったので、後半には大物が何枚も出てくれることを願って開封しました。

 

 

ということで、7~9ボックス目の結果ですが・・・


7ボックス目は高橋祥平選手、8ボックス目は山本康裕選手、そして9ボックス目は中村俊輔選手のジャージでした。
あれ?ここまで開けて何か凄いカードって出たか!?

 

 

で、最後の3ボックスとなる、10~12ボックス目の結果ですが・・・


10ボックス目は三浦龍輝選手、11ボックス目は名波浩監督、そしてラストとなる12ボックス目は小川航基選手のジャージーカードでした。

 

 

昨日から2日間に分けて紹介してきた自分のカートンですが、その中から出たサインを見ると、一番の当たりは最後の最後に出た名波監督という事になりますが、正直なところ、目標だったコンボサイン、もしくは中村俊輔選手のサインはおろか、世間的に大物と言われる選手のサイン、更にパッチジャージも全く出ない状況であり、おまけに出たサインは既に所持してるダブリだらけ(まだ所持してない選手も沢山いるというのに・・・)、尚且つ特殊シリアルは1枚も無し・・・開けてる途中でマジで泣きたい気分になりました。
この名波監督が出るまで、おそらく一番の当たりが針谷選手じゃないか?というのが、このカートンの凄さを物語っています。

 

 

今回開けたカートンは、例のカードフェスタの時に購入したものなんですが、購入時は売店の人が山に積まれたカートンの中から勝手に選んで購入者に手渡しするというシステムであり、ここで運命が決まると言っても過言ではなかったんですが、いくら応援してるチームだとしても、やはり凄いカードは誰だって引きたいもの・・・
でもね、さすがに今回の結果はなぁ・・・

 

 

カードフェスタ当日、自分以外にも多くの人たちがカートン購入をしてましたが、そういう方々の結果は一体どうだったんでしょうか?

 

 

次回は2017ジュビロTE以外の開封結果を紹介したいと思いますが、やはり数が多いので、1度だけでは絶対無理なので、数回に分けて紹介したいと思います。
ジュビロTEで冷え切った部屋の中、一応盛り上げてくれるようなカードも出ましたが・・・

| | コメント (0)

出現するとこ初めて見た!!

今回は花火大会の後の開封大会・その2ですが、いよいよカートン開封編ということで・・・


こんな感じで、ザクザク開封していきました。(写真は出たカードを順番に揃えていくMちゃんですが、この作業をしている時に「私はカード屋さんで仕事するのは絶対無理!!」と一言・・・レギュラーカードを揃える作業ってホント大変なんですよ)
まずは自分のカートンではなく、I先生のカートンから開けて行くことに・・・

 

 

・・・ではなく、この日のために1ボックスと1パックだけ持ってきたN嬢のモノから開ける事になりました。
まずは唯一持ってきた1パックですが、実はカードフェスタで買ったボックスを自宅で開封したところ、19パック開けたけど何も出なかったというので、この日のために開けずに持って来たとのこと・・・
つまり自分的に言えば、例の『奇跡のパック』状態であるというものです。

 

 

で、この奇跡のパックを開けてみたところ、そこで出たのがなんと!!

これですよ!!これ!!
ちなみにI先生もカードフェスタ当日に別口より購入したボックスからコンボサインを引いているので、唯一まだ引いたことが無い自分にとって、このカードがパックより出現するところは初めて見ました。
今回の最大の目標は、このコンボを引くことだったんですが、なんか思ってた所と全然違うとこから出現するとは・・・(っていうか一番最初の1パックで、こんな超大物が出た時、自分とI先生はカートン開封をする気が半分以上失せた・・・)

 

 

ちなみにN嬢の持ってきたボックスから出たのも、まだ自分が所持していない超当たり級の選手でした。
オマエ、マジで神懸かってたよ!!

 

 

その後、I先生のカートンを開封してみたところ、まあまあ良いカードが何枚も出現する、いわゆる標準的な結果でした。(当たり級が出たり、パッチもあったりとか・・・)

 

 

そして、遂に自分のカートンも開封していくのですが、さすがに数が多いので引いた3つごとに引いた順番に紹介していきます。


まず最初に出たのが、このシリーズで既に3枚目となる齋藤和樹選手のサイン・・・
これが出た瞬間、「ああ、このカートンは・・・」って感じで、先程以上に開封意欲が激減。
実際、齋藤選手が出たカートンの開封結果で良い結果だったって話を全く聞いてなかったし・・・(ここで何度も書いてるので知ってる人も多いかと思いますが、自分がこの選手をあまり応援してない理由は、J2時代に敵として対戦した試合で・・・)

 

 

で、ジャージの後に出たのが我が家の強化応援選手でもある太田吉彰選手でした。
太田選手ですが、現在はレギュラーとして試合に出ることも殆ど無くなり、完全に干されている状態です。(まあ試合中にボールが来ても、集中切らしてボーっとしてるような事をされれば、どんな指揮官だって怒って次の試合から外すだろうし・・・)

 

 

続いて4~6ボックス目の結果です。


4ボックス目は櫻内渚選手、5ボックス目は荒木大吾選手、6ボックス目は針谷岳晃選手でした。
まずは櫻内選手ですが、例年と比較してもサインの状況が良いです。
続いて荒木選手ですが、昨年のサインと随分変わった印象があります。(練習場で、いつも貰うようなサインです)
そして針谷選手ですが、リーグ戦に1度の出場してないのに、U-19とかで何度か選出されてたこともあったこともあり、先日発売された2017Jカードにおいて、彼のサインカードが考えられないくらい高額化してたので、ここで針谷選手が出てくれたのは嬉しいです。

 

 

さて・・・ここまでの6ボックスの結果ですが、引きたかった針谷選手が出てくれたものの、なんていうか相当インパクトに欠けてるのも事実です。
こうなった以上、後半で巻き返し・・・ということで、残り6ボックスの結果は次回紹介します。(書き忘れていましたが、良番シリアルは全く出ませんでした!!いつものように前後賞は良く出ましたが・・・)

| | コメント (0)

オープニングから何かが違う・・・

今回は、先日の花火大会の後に行われた、大開封大会の時の開封結果を紹介します。
毎年恒例行事となりつつある花火大会の後の開封大会ですが、今回も様々なボックスを計80ボックス程用意しました。
その中でも今回の目玉は、やはり2017ジュビロ磐田・チームエディションでした。

 

 

花火大会が行われる直前は・・・


こんな感じで、開封前の気持ちを高揚(?)させるべく、まるで店頭販売みたいな状況を作りました。(ちなみに、この中の1カートンは、自分のものではなくI先生のものです)
合言葉というか目標は、「とりあえず、最低でも1枚はシュンスケサインを引く!!」でしたが・・・

 

 

カートン開封前、まずは一番上に乗ってる3ボックスから開封しました。
開幕が重要!!ということで、まず今回最初の開封で出て来たものは・・・


小川航基選手のジャージ・・・
「いきなりオープニングからノーマルジャージかぁぁぁ!!」って思い、この後に開けるボックスに変な影響を与えなければいいが・・・と思ったのは言うまでもありませんでした。

 

 

で、次に開けたボックスから出たのは・・・中村サイン!?


今回のシリーズにおいて、これが通算3枚目の自引きとなる中村太亮選手でした。(シリアルナンバーは、今年になってやたら引く42番・・・通称死に番)
昨年の途中くらいから、ジュビロにとって戦力になってるのか分からない選手です。(←この微妙な言い回しで、現在の中村太亮選手の状況かどんなもんか分かって頂ければ・・・)

 

 

で、3ボックス目は・・・


昨年のアレにより、現在では何か微妙な立場になってしまった感のある藤田義明選手でした。
この最初の3ボックスの結果が・・・な感じになってしまい、なんか部屋の中が重苦しい雰囲気になりつつありましたが、この後、その重苦しい雰囲気を吹き飛ばすような奇跡が・・・

 

 

それにしても、今年はJカードからチームエディションまで計200枚くらい、何らかのシリアル入りのカードを引いてきましたが、全くと言ってもいいくらいにジャージナンバーが引けてません。(Jカードで2枚のみ・・・それもBITSでの開封大会だけで2枚・・・)
1番&ラストナンバーも例年よりも非常に少ないし、本当にどうなってるんだろ!?って思います。

| | コメント (0)

まだ準備中・・・

今回は袋井の花火大会が終わった後の事・・・
つまり例の事について書こうと思っていましたが、実はまだ写真の編集とかが全く終わってないということで、最近入手したカードの紹介ばかりで終了したいと思います。


まずはユース&ジュニアユース会員限定のカードですが、7月8日のヴァンフォーレ甲府戦で配付された森下俊選手、そして記憶に新しい8月5日のカードフェスタが行われたサンフレッチェ広島戦の時に配付されたムサエフ選手です。

 

 

続いては、Jカード系です。


◇2006Jカード 田中さん 400枚限定ジャージーカード(通算96枚目)

◇2009Jカード 前田遼一 50枚限定ジャージーカード(通算2枚目)

◇2017Jカード 川又堅碁 50枚限定直筆サインカード(通算2枚目)

◇2017Jカード 川辺駿 50枚限定直筆サインカード(通算2枚目)

 

田中さんのジャージですが、先日のBITSでの開封大会で入手した時から、まだ1ヶ月も経たないうちに次の1枚が入手できるとは思わなかったです。
そして入手出来そうで、なかなか出来なかった前田選手のジャージーカード・・・このカードですが、50枚限定でありながら、何故か?全然世に出回らないカードでした。

 

 

あとは・・・
まだ紹介してなかったものとして、カードフェスタの時に当たった刻印サインカードも紹介します。


名波浩 八田直樹 大井健太郎×3 櫻内渚×2 太田吉彰

中村俊輔 松浦拓弥 松本昌也 齋藤和樹

 

小川航基 カミンスキー 松井大輔 大南拓磨 上原力也

藤田義明×2 針谷岳晃 森下俊 三浦龍輝 川辺駿 高橋祥平

 

 

あとは、先日ですが、久しぶりに平日練習を見学に行って来た時のことでも・・・


この日、レギュラーメンバーについては試合(リーグ戦)の翌日ということで休みでしたが、他の選手は暑い中、軽いミニゲーム等で汗を流していました。

 

 

で、この日のファンサービスでは、先日発売されたばかりの2017ジュビロ磐田TEを中心に計19枚のカードにサインを頂きました。


選手名については・・・
まあ良いでしょう。(ただ単に面倒くさいので・・・)

 

 

さて・・・
花火大会の開封結果でも少しだけ書いておきますが、もう何ていうか相変わらず・・・っていう感じの結果だったということだけ書いておきます。
あと個人的にムカつく事ですが、何で今年は良番のシリアルが全くと言ってもいいくらいに引けないんでしょうか?Jカードからチームエディションまで、多分200枚以上はシリアル入りのカードを引いているんですが、ほとんど絡むことが無いんだよなぁ・・・

 

 

サンフレッチェ広島戦で長く続いてた連勝を止められ、ベガルタ仙台戦では今年3度目の完封をされながら、ガンバ大阪にはよく勝てたと思う・・・

| | コメント (0)

今年も楽しみました

昨日は毎年恒例とも言える『ふくろい・遠州の花火』という名の花火大会が開催されましたが、今年も我が家では、いつものように多くの仲間を呼び、そしていつものように花火を見て楽しむということで・・・


我が家では2日前から年末並の大掃除。
この花火鑑賞会のために、汗が噴き出るような真夏日の中で大掃除をすることが、どんだけ大変な事なのか?は、やってみれば分かりますって・・・

 

 

で、花火大会が始まる約5時間くらい前(午後2時)には・・・


なんとか準備も終了。
あとは我が家に遊びに来る、お客を待つばかり・・・

 

 

田んぼの中の農道を見ると・・・


既に場所を確保しようとしてる方々がいました。
実はこの日の空は、今すぐにでも雨が降ってきそうな感じであり、そんな早い時間から場所取りってのは少々無謀としか・・・(しかも蒸し暑いし・・・)

 

 

そして、午後6時30分には・・・


今回も多くの仲間たちが集合し、いつものように沢山の食べ物が並びました。(写真がピンボケで残念すぎる・・・)

 

 

自分にとって一番の目玉は・・・


今回初めて参加となったサポ仲間のMちゃんたちが持ってきたフルーツオードブル・・・ではなく、左上のボウルの中のブルーベリーでした。
これも今回初めて参加した嫁の昔からの友人であるJさんが、この日の朝、自宅より摘み取ってきたもので、持ってきた量は約2キロくらいありました。(この写真では、既に7割くらい無くなっていますが・・・ほとんど自分が食った)

 

 

午後7時、花火大会スタート。


今回は初めて参加した人が何人かいて、目の前で打ち上がる花火の迫力に驚いていました。(これが狙いなんですけど・・・っていうか、我が家のような好立地条件の良い家は、おそらく近所でも十数件くらいしか無いです)

 

 

そして・・・


午後9時過ぎには終了。
今回も色々な・・・というより、初めて見るような花火が沢山見れて良かった・・・

 

 

で、大きな花火大会が終わった後は・・・


今回のためにMちゃんが持ってきた花火で楽しみました・・・が、花火大会の後に、こうやって市販の花火で遊んだことなんて、これまで一度も無かったですが、これも時代の流れってやつでしょうか?

 

 

で、花火大会と言えば、昨年は花火の爆音に驚いて途中で行方不明になった我が家のネコですが、今年もやはり途中で姿をくらましてくれました・・・が、


家の中を大捜索した結果、なんと今年も訳の分からんような所に隠れていました。
毎年これで苦労するのも、もはや風物詩になりつつあるな・・・

 

 

ということで、今年も花火大会は無事に終了。
皆さんが帰る頃、だいたい午前1時前には、まるでバケツをひっくり返したような大雨が降っていました。
それにしても、袋井の花火大会当日は何故か分からないけど、高確率で雨が降るんだな・・・

 

 

次回は、そんな午前1時前まで行った例のアレについて書いていきます。
奇跡は唐突に突然に・・・

 

 

お知らせ!!
カテゴリに『花火大会』を追加しました。
一応この日記を書き始めた2007年頃まで修正済みなので、以前の花火大会の様子を知りたい方は、読んでみて下さい。(最初の開封大会は2009年から・・・)

| | コメント (0)

よくぞ、出てくれた!!(パート2)

今回も2017ジュビロ磐田・チームエディションを中心とした開封結果です。
まずは月曜日に某店で売られていたボックスから出現したのが・・・


今回の中でも難関と言われてる、中村俊輔選手のパッチジャージでした。
背中のネーム部分ということですが、良く見かける背番号部分じゃないのか!?って思いましたが・・・

 

 

で、その後は帰宅し、事前に注文してあった通販分の端数ボックスでも開けてみようと思い・・・


とりあえず、3つを開封しました。

 

 

で、最初のボックスから出たのは・・・


一応当たりの部類に入る宮崎智彦選手が出ました。
昨日の試合で超決定機を枠外に外した時はガッカリしましたが・・・

 

 

で、次に出たのは・・・


なんと!!この日2枚目となる中村俊輔選手のパッチジャージでした。
しかも自分が望んでいた背番号部分の3色パッチということで、よくぞ最初のヤツと違う部分が分けて出てくれたと思います。

 

 

で、最後の箱からは・・・


上田康太選手が出ました。ハイ・・・

 

 

ということで・・・


当初は「揃えれたらいいなあ・・・」と思ってた俊輔選手のパッチを2パターン、それもまさか自力で引けるとは思わなかったです。

 

 

あとは・・・まだ書いてなかったけど、ジュビロ以外にも自分の収集対象選手は在籍してるわけで、他にも注文してあった物の開封結果も紹介しておきます。
まずは前田遼一選手狙いのFC東京は・・・


室屋成選手が出ました。
一応若手の成長株であり、日本代表にも選出されてた(っけ?)ので、これは当たりの部類に入るんじゃないでしょうか?

 

 

次は山本脩斗選手狙いの鹿島アントラーですが、ここから出たのは・・・


昌子源選手でした。
サイン出現オッズが厳しい鹿島において、サインが出たのは大きいし、しかも現・日本代表の選手(だよね?)ってのもいいですね。

 

 

で、最後は山崎亮平選手&成岡翔選手狙いのアルビレックス新潟ですが、ここから出たのは・・・


ソン ジュフン選手平松宗選手でした。
新潟は1ボックスからサインが2枚出現するって事前情報で知ってたんですが、どちらも引っかかる気配すらないし・・・

 

 

さて・・・明日は袋井市民にとって、1年で一番盛り上がる『ふくろい・遠州の花火』です。
全国的な規模の豪華絢爛な美しい花火を見て、みんなでワイワイ楽しみたいと思います。


何度も書きますが、明日は袋井の花火大会です。
あくまでもメインは計25,000発も打ち上がる花火を見て楽しむことです・・・以上!!
(開封するだけでも多分大変な作業になると思われ・・・)

| | コメント (0)

よくぞ、出てくれた!!

今回も開封結果です。
カードフェスタ当日の試合では、ジュビロの連勝がストップし、おまけにカードの開封結果は自分の中では惨敗としか言いようがなかったので、試合終了後は再びカードを買いにフェスタ会場に行くことに・・・

 

 

・・・と、その前にフェスタの会場以外で購入・・・つまり、スタジアムの売店で売られていた分より引いたカードも紹介しときます。
まずは・・・


ジュビロの現・守護神でもあるカミンスキー選手です。
常に安定したセービングで、ゴールに鍵を掛けるかのごとく鉄壁の守備力で相手の攻撃を跳ね返しまくる姿は見てて感動します。

 

 

他には・・・


ここ最近になって好調を維持してるアダイウトン選手です。
シーズン初めに来日した頃は、体重が凄い事になっていましたが、ここに来てトップパフォーマンスを維持し、相棒でもある川又選手とのコンビで良い結果を出しています。

 

 

そして・・・


カードフェスタの前でも引き、この日2枚目となった齋藤選手・・・
この手の選手がダブると交換は厳しいんだよな~・・・というのも、自分の周辺には、一応どの選手でも個人的に推してるファンが最低でも1人は存在するんですが、齋藤選手を個人的に応援してる人って、正直全く見たことがないので、そういう人以外になると、こういうシリーズの完全コンプを目指してるような人で、まだ所持してない人を探す以外無いです。(既に所持されていたら本当に終わり・・・)

 

 

で、サインだけでなく、実はこの時点でジャージも結構引いてたりする訳で・・・


気が付けば、こんな感じで割と沢山集まってきてたりします。
やっぱり、注文が殺到して生産数を変に増やしたからねぇ・・・

 

 

で、ここまでカードフェスタでカートンやボックスを購入したものの、パックで買った方からはサインやジャージが1枚も出ず、自分としては相当な惨敗感を感じていました。(っていうかねえ・・・自分がジュビロのカードフェスタで何か良かったことなんて、過去にあったかな!?)

 

 

そんなこともあり、ここで流れを変えるべく、フェスタ会場での購入は止め、ジュビロショップの方で買ってみたところ、そこから出たのが・・・


このシリーズにおいて初引きとなる、中村俊輔選手のサインカードが登場!!
ここまで惨敗もいいとこだった流れを、この1枚が出てくれたおかげで一気に変えてくれた・・・というか、「よくぞ出てくれた!!」と思いました。(←これ、カードフェスタとは全く関係ないし・・・)

 

 

で、更に続けて購入してみたところ・・・


次に出たのは、現在の俊輔選手の良き相棒とも言える川辺駿選手が登場。
今年の写真は昨年と違って良い顔で良かった・・・(昨年の写真は、かなり微妙・・・)

 

 

で、この日T氏との交換で入手したのが・・・


松浦選手のサインカードのシリアル1番です。
更にN氏も松浦選手の良いシリアルナンバーを引いてくれたこともあり、これでオークションにおいて無駄金を使わなくて良かったと・・・

 

 

最後に本日は普通にJリーグの試合があったんですが、ジュビロはアウェー・仙台で試合を行ったものの、決定機を外しまくったことが最後まで尾を引き、結局0-0で終了。
6連勝中は何をやっても上手く行ってたチームも、前節で敗れたことで何かが変わってしまったような感じでした。
こうなってくると、チームの方針は早いうちに来シーズンの残留を確定させ、なるべく上の順位を目指すだけです。(今シーズンも優勝は鹿島っぽい匂いがしてきた・・・やっぱり最強だよ、あのチームは・・・)

 

 

サッカーとは全く関係ない話ですが、現在深夜に行われている世界陸上・200メートルで、素晴らしい出来事がありました。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170810-00000102-sph-spo

 

今期世界最高のタイムを叩き出してるボツワナのマクワラ選手ですが、200メートルとは別で、既に400メートルでの決勝進出が決定してたものの、滞在してるホテルで出された食事で食中毒症状を訴え、残念ながら400メートルの決勝は棄権をしてしまいましたが、それから2日以上経って今度は200メートルに出場。
食中毒問題の救済措置ということで、予選通過ラインを超えれば準決勝進出という特別なレースに、たった1人だけで走り、見事予選通過を果たしました。
この日は常に雨が降りしきる難しいコンディションであり、そんな中をたった1人だけで記録のために走るということが、どれだけ難しいことなのか!?というのは、こういう場で走った事がある人なら分かると思いますが、彼の集中力はスタートから最後まで途切れる事が無く、本当に称賛に値する素晴らしい走りでした。(この時の観衆の盛り上がりも凄かった・・・みんな良く分かってる!!)
優秀なトップアスリートというのは、こういう場でも集中力は切れないもの・・・すぐに集中を切らすジュビロの一部の選手も、ここまでとは言わないが、場面場面ですぐに集中切らさないようにして欲しいです。

| | コメント (0)

ここから長い挑戦が始まる・・・

今回は開封結果です。
分かっていると思いますが、開けたものは2017ジュビロ磐田・チームエディションです。

 

 

様々な通販サイトにおいて、予約段階で瞬殺完売を記録した今回のジュビロのチームエディションですが、第三者的な目線から見ても当たり級の選手たちが多数存在していることもあり、普段はジュビロのカードを買った事も無いような人までも購入されてるようですね。
品薄になってる理由も分かります。

 

 

で、今回のチームエディションですが、まず最初に紹介するのは・・・

発売日でもあった8月5日にスタジアムで行われたカードフェスタにおいて配付されたプロモカードです。
画像は表面ですが、裏面写真はホームで奇跡的な逆転勝ちをしたサガン鳥栖戦の試合後のゴール裏の様子の写真が使われていました。

 

 

それでは、ここからは開封結果です。(基本的にサイン系のカードしか紹介しません)
まずは試合の始まる数時間前にジュビロショップ浜松店で開けた結果から紹介しますが、自身が最初に引いたカードは・・・!?


今シーズンよりジュビロに新加入した松本昌也選手でした。
このカードフェスタが行われた試合では、非常に不本意な出来で残念な結果となりましたが、その時の悔しさをバネに次から頑張って欲しいなと・・・

 

 

で、次に引いたのは・・・


八田直樹選手でした。
以前はレギュラーを張っていましたが、今は・・・

 

 

続いては・・・


いまだレギュラーなのかハッキリしない小川大貴選手でした。
昨年の大怪我が無ければ、もしかしたら凄い選手になっていたかもしれなかったかも・・・

 

 

そして、次が・・・


我が家の強化応援選手でもある松浦拓弥選手でした。
一応ここまでがショップで引いたものですが、現在チームで主力として出場してる選手が1人も出現せず、なんだか物足りない結果でした。

 

 

ここからはスタジアムでの結果になります。
で、ここで最初に出たのが・・・


最初にも引いてる松本昌也選手でした。
まだ全く引いてない選手が山ほど存在してるというのに、なんでこんなにも早くダブるんでしょうね・・・!?

 

 

続いて出て来たのが・・・


齋藤和樹選手でした。昨年よりチームに加入し、途中出場で起用される事が多いんですが、FWとして割と試合に出場してるというのに、ここまでリーグ戦で0ゴールというのはマジで洒落にならないような・・・(ちなみに、このカードのシリアルは1番でした)

 

 

次に出現したのは・・・


先日の天皇杯でのFC HONDA戦で、神がかり的なセーブを連発し、PK戦でも4本も相手のシュートをストップするという大活躍で一躍レギュラー争いに顔を出して来た三浦龍輝選手でした。
期待してる選手なだけに、正直これは嬉しかったです。

 

 

で、次が・・・


中村俊輔選手のジャージーカードでした。
250枚限定ということで、まあ普通に開けてれば普通に出るだろうと思ってました。

 

 

で、この日の最後になるんじゃないか!?という感じで出て来たのが・・・


この日の試合を最後にジュビロを退団することになった松井大輔選手でした。
なんか、ようやく大物が出たな~って感じてしたね。
今回の松井選手のサインですが、これまでよりも随分丁寧に書かれている感じのだな~と思った人は、多分自分以外にも沢山いたと思います。

 

 

で、今回のカードフェスタでカートンを購入し、沢山のクジを引いたんですが、自分は全く当たらず、その様子を見ていた多くの仲間やお子様たちからは、「全然当たんないじゃん!!」って感じで、さんざんヤジられてましたが、全くと言ってもいいくらいに当たる気配の無いクジの抽選に飽き、途中で嫁に代わってもらったところ・・・


なんと!!1等の選手サイン入り試合球が当選!!
この日の抽選では1等は全部で5本用意され、嫁が当てた時点で、まだ4つ残っていました。(松井大輔選手・小川航基選手・川又堅碁選手・川辺駿選手)
で、ここで選んだのは当然のように松井選手でした。

 

 

で、席に戻ると、この日一緒に観戦してたS様が1等のボールを既に当てていたことが判明。
その後、やはり一緒に観戦してたT氏までもが、試合開始直前に1等を当ててきたことによって・・・


このような、奇跡の写真が実現!!(手前から中村俊輔選手・松井大輔選手・川辺駿選手)
1等・全5本のうち、なんと3本が自分周辺で当たってたということで、まさにミラクルな出来事でした。
みんなクジ運がいいんだな・・・(これが本音・・・)

 

 

で、次回は試合終了後から帰宅までに引いたカードを紹介します。
それにしても、この日は全部でどのくらいの金を使ったか、正直分からなくなるくらいでだったな・・・

| | コメント (0)

メンバーが変わっただけでチームもガラリと変わる

昨日はサンフレッチェ広島戦(ホーム)が行われましたが、この試合は選手にとってもサポーターにとっても年に1度のお楽しみともいうべき鹿児島デーであり、先日海外への完全移籍が発表された松井大輔選手のジュビロ所属時のラストゲームでもある大切な試合でもありました。

 

 

でも、そんな大事な試合でも自分的には・・・


こちらの方が数日前から気になって気になって、まさに夜も眠れないような状況でした。

 

 

このジュビロの人気企画でもあるカードフェスタですが、今回も・・・


こんな感じで長蛇の列。自分は入場時の抽選等もあり、この時は時間の関係で並ぶ事は出来なかったけど、相変わらず高い人気を誇るイベントだと思いました。

 

 

しかし、この日のメインのイベントは鹿児島デー・・・


のはずなんですが、他にも並ばないと買えないような物とか色々な企画物が多く、この日は何がメインなのか?サポーター広場は全く訳が分からないグチャグチャした状況になっていました。

 

 

で、再びカードフェスタの長い行列を見に行くと、いつも自分の近くで試合を見ているお子様たちが、なにやら凄いカードを引いたということで、確認すると・・・


そこに見えてきたのは、なんと!?今回のチームエディションで一番の目玉ともいうべき名波監督&中村俊輔選手のコンボサインでした。
実に簡単に引けたということも驚きでしたが、もっとビックリなのは、このカードは僅か2パックだけの購入で出たということ・・・
聞けば、3パック買えばクジ1回引けるので、本当は3パック買いたかったんですが、小遣いの関係で2パックしか買えなかったということ・・・
これはもう無欲の勝利とでも言うんでしょうかね?

 

 

ちなみに、この日だけで様々な情報も含め、このコンボサインは計9枚も見ました・・・まだ自分は持ってないっていうのに・・・

 

 

この日のスタジアムの様子でも・・・


チケットも完売し、スタンドの雰囲気も最高!!あとは目の前の相手を倒すのみ・・・

 

 

で、試合ですが・・・


まず序盤に、中村俊輔選手が自ら奪ったPKを決めて先制するも、その後は同点に追いつかれましたが、前半終盤には大井選手が決めて再びリード。
しかし、いつものような中盤からの連動性が全く見られず、色々不安を抱えたままハーフタイムに・・・

 

 

で、後半になると・・・

昨年まで、さんざん見慣れた嫌なシーンが目の前で繰り広げられるという、本当に見るも無残な光景が・・・
レギュラーのボランチが2人いないだけで、ここまでチームが変わるのか!?と、多くの方々は感じたと思います。

 

 

ボールは取れない、ポジショニングは悪い、攻守の切り替えが皆無、何よりゲームに参加してない・・・
ここまでJ1最小失点の守備陣を支えていたのは、DF陣やGKの堅守だけでなく、中盤の献身的な守備により、必要最低限な仕事が出来ていたんですが、この日の試合を見てると、それが全く出来てなかったんですよ。
普段このポジションを務めているムサエフ選手は守備範囲が非常に広大であり、常に相手の危険な芽を摘み取りまくっていましたが、この日は、そんなシーンなど皆無。
名前を出して悪いが、今回ムサエフ選手&川辺選手の代役という形で出場してた上田選手&松本選手は身体を張ってまでファール覚悟で止めるような事を全くせず、相手に決定的なパスを何本も出されていました。

 

 

更に言えば、この日はボランチ辺りが起点になり、そこから中央から崩すシーンが殆ど無く、ここ数年間見慣れていたサイドからの一辺倒な単純な攻撃ばかり・・・
個人的に二度と見たくなかった、ボールをはたいて終わり・・・あとは勝手にどうぞって感じで、アイデアも何もない何ていうか負け犬的なサッカー(?)をしていました。(こぼれ球に対してのミドルシュートも枠外ばかりだし・・・)

 

 

で、逆に相手は中央が手薄であることを知り、ずーっとそこばかりを狙ってきていました。(結果、後半の2失点は、中央から一気にやられたもの・・・)

 

 

前節までの連勝は、そりゃあ多少は運もあったかもしれないけど、それでも一応J1で6連勝っていうのはマグレじゃ出来ないし、サポ的には「もしかして今日勝って7連勝も・・・」な~んていう感じで期待もしたくなります。
でも主力が2人欠くだけで、現在は下位に沈むチーム相手に何も出来なくなる内容っていうのはね・・・(ただ、この日のサンフレッチェは、とても下位に沈んでるとは思えない強さだったが・・・)
連勝なんて、いつかは必ず止まるものだって事は分かっているんですが、何ていうか・・・この日の負け方は情けないというか、ちょっと辛い気分になりましたね。
ただ、誰もが試合前から、こうなるような事は多少分かってたし、一応課題がハッキリ分かっている分、まだマシかと・・・

 

 

それにしても、この日の俊輔選手は運動量が凄いだけでなく、絶対に勝たなくてはならないという気持ちを持ち、鬼気迫るプレーを連発するなど、見ている者を唸らせる気迫と圧倒的な技術力を披露してたな。
この日の俊輔選手にムサエフ選手&川辺選手がいたら、試合はまた別の結果になっていたかもしれなかっただけに、本当に勿体無い敗戦だった・・・

 

 

でも自分的には、前節・フロンターレ戦で、明らかにフロンターレ有利なジャッジを連発し、ムサエフ選手に謎のイエローカードを2枚も出して出場停止にしてくれた村上主審が許せないですね。
「村上!テメエ二度とジュビロの試合で笛吹くんじゃねぞ!!」

 

 

で、試合後は、松井選手の退団セレモニーが行われました。


本当に勝って快く送り出したかった・・・
試合は非常に残念な結果でしたが、この敗戦を最後に、ここから連勝を続けていけばいいと、松井選手も言っていたので、他の選手はその言葉の意味を十分かみしめて次からの試合を頑張ってくれればいいです。(この直後、ジュビロの公式HPから松井選手のプロフィールが消え、本当にジュビロの選手じゃ無くなってしまったことが、とても悲しくなった・・・見た人はいますか?)

 

 

で、その後は・・・


再びカードフェスタ会場に行き、カードを買う事に・・・
尚、この日の自分の購入総額は軽く10万超えというものでしたが、今回は自分以外にも大量購入者が多かったように見えました。
で、次回からは、いよいよ開封結果!!これが何日も続きます。

 

 

様々なところで今回のジュビロのカートン開封結果を書いてる方が沢山いますが、ものすごいというか、信じられないような良いメンバーが揃った結果もあれば、う~ん・・・と嘆いてしまうようなものもあるなど、本当に様々です。果たして我が家の○カートン(当然まだ未開封)には、何が潜んでいるんでしょうか?

| | コメント (0)

これからはチームエディション!!

今回も2017Jカードの開封結果から紹介していきます。
尚、ここまで何度も紹介してきた2017Jカードの開封結果ですが、今週末に発売される2017ジュビロ磐田・チームエディションに比重を置くことになるため、今後紹介される回数は減ると思います。


都倉賢(札幌) 小池龍太(柏) 伊東純也(柏) 北川航也(清水)

佐藤謙介(横浜FC) 藤本佳希(岡山) 小谷祐喜(熊本)

 

 

今回のシリーズですが、自分の収集対象チームでもあるジュビロに中村俊輔選手が加入したことで、いつもよりも沢山開けてきたはずなんですが、一番引かなくては・・・と思ってたジュビロが全然というか、全くと言ってもいいくらいに引けず、結局ここまで引いてきた全てのサインカードの中において、J1では最低枚数の3枚止まり・・・
ここまでJ1に関しては、各チーム共最低でも5~10枚は引いてるんですが、こういう所で自分が収集してるチームが全く引けないようでは、さすがにもう・・・って気になりますね。(今回のシリーズですが、自分の中では中村俊輔選手は、ハッキリ言って最低でも1枚は引けると思っていましたが・・・)

 

 

ちなみに今回引いた清水エスパルスの北川選手は、これが4枚目だったりします。
北川選手一人で自分の引いたジュビロ・全枚数を上回っているって一体・・・(尚、今回シリーズにおいて、一番沢山引いたチームは清水エスパルスの10枚・・・隣ってのが、またなんとも・・・)

 

 

で、まだJカードも目標枚数に届いてもいない状況だというのに、今週末にはチームエディションが発売です。
で、ジュビロ磐田は当然のように・・・


毎年恒例のカードフェスタを開催します・・・が、実はこの日の試合はサポーターにとって年に1度のお楽しみとも言える鹿児島デーでもあったりします。
しかし毎年サポーター広場が沢山の人でグチャグチャになるような日に鹿児島デーとカードフェスタという、ジュビロの2大イベントが同時に開催される状況ってのは、ちょっと想像がつかないなぁ・・・

 

 

さて明日ですが、我が家には注文した今年のチームエディションが到着します。
そこから何か凄いモノが出現し、ここで良い報告が出来れば・・・と信じながら開封したいと思っています。
尚、今年の花火大会におけるボックスの開封数ですが、昨年のようなネコが突然いなくなった系(笑)のトラブルさえなければ、過去最多開封数を軽く超えるんじゃないか?と思っています。
ちなみに、今回の2017ジュビロだけでも開封予定数は○○ボックス・・・(←この花火大会の様子を、よく動画で紹介をして欲しいというリクエストが来るんですが、そういうモノは我が家に準備されてないので無理です!!)

 

 

それにしても、先日発表された松井選手の突然の退団報道ですが、例年発行されるカードにサインを貰う事を目的としてる自分にとって、このチームエディション発売直前になって、このような状況になってしまったのは、本当に痛いというか泣けました。
松井選手の性格的には、今後ジュビロに何らかの形で戻ってくるとは、とても考えられにくいし、おそらくもう貰えるチャンスは無いでしょう。
今、自分たちに出来る事は、とにかくチームを一生懸命応援をして何としても勝たせ、ここまでの約3年半もチームを支えてくれた松井選手を快く送り出す事しかないです。

| | コメント (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »