« 色々あった日 | トップページ | トークショーよりもこっち優先!! »

この時期になると・・・

今回は本当ならカードの開封結果を書こうと思っていましたが、写真が用意出来なかったので、久しぶりに最近入手したゲームの事でも書こうと思います。
まずは先日入手したインストラクションカードを2つ紹介します。
ちなみに、オリジナルのインストを入手したという事は、どちらのゲームも基盤を所持してるということです。(現在まで自身が所持してたのはオリジナルではなくコピー品)

 

 

まず最初はコチラ・・・


これは究極タイガーⅡという縦スクロールシューティングゲームのインスト(+帯タイプ)&取り扱い説明書です。
以前・・・というか、ずいぶん前に究極タイガーという超名作を紹介しましたが、今回の作品は当時の続編という位置付けらしく、ゲームの遊び方、そして道中のグラフィックなどは確かに究極タイガーっぽく感じるのですが、内容は割と現代風な感じ(弾の数とか、難易度とか、ゲーム展開とか・・・)になっています。

 

 

そして最大の違いは?というと、前作の開発元は東亜プランでしたが、今回はタクミコーポレーションが開発した作品です。
なので東亜ゲーとは少しどころか、全然違う雰囲気のゲームになっていて、往年の東亜ファンからは受け入れ難いというか、世間では王道シューティングゲームとしての地位を築きあげた最高傑作を、こんなの訳の分からんゲームを続編とは認めん!!っていう声が大多数で、当時は様々な所で超非難された非常に可哀想な作品でした。

 

 

自分も、この究極タイガーⅡをゲームセンターで初めて見た時は「なんじゃこりゃ!?」って思いましたが、とにかく究極タイガーという名前を名乗ってまで世に送り出してきた作品だから、きっと面白いゲームなんだろうな・・・と思い、とりあえず2~3度くらい遊んで見たら、思ってた以上に遊びやすいゲームで、その後2回くらいやったら難なく全面クリア出来た程・・・
とにかく内容的に割と低く、クリアした直後に拍子抜けしたのを覚えています。

 

 

究極タイガーⅡのクリア動画。(862万点)

 

https://www.youtube.com/watch?v=Lhm7DC9sEps

 

かなり安全なプレーで、危険なシーンは殆ど無い感じ・・・

 

 

続いて紹介するのは・・・


1984年にナムコが発表したギャプラスという名のシューティングゲームです。
これは、いわゆるナムコ黄金時代(1980~1987年頃)の真っただ中の作品であり、ゲーム内容は現在のものと比較しても単調なものかもしれませんが、当時としては数多くのフィーチャーが用意されており、プレイヤーにも飽きさせない内容になっています。

 

 

また、ゲーム中に現れる敵キャラの速度ですが、当時のゲームとしては最高峰レベルを誇っており、超高速で迫ってくる敵キャラに恐怖を感じたプレイヤーも全国各地レベルで非常に多かったと思います。

 

 

自分自身、このゲームでは1000万+αを2度達成していますが、その1000万点というスコアを出すためには正攻法にプレイしても普通に7時間くらい掛かるという気の長くなるようなゲームです。(正攻法じゃない方法もあるけど・・・)
当時は全然平気な顔してプレイしてましたが、今では多分・・・というか、絶対無理ですね。

 

 

ギャプラスの1000万動画(6時間50分)

 

https://www.youtube.com/watch?v=EIS84-_7lEs

 

この人は序盤の面でスペシャルフラッグ(1UP)を出しまくっています。
スペシャルフラッグの出し方は、面数と得点(4桁目と3桁目)で決まり、その面の最初の敵を倒した時に出現するもので、慣れてくると、どんな高次ラウンドでも瞬時に頭の中で計算し、どこの敵を撃てば出現するか分かるような達人もいます。(実際自分も序盤の面はスペシャルフラッグを出してプレイしてました)

 

 

ここからは昔話になりますが、この時期が来ると、2年くらい前に惜しまれつつも閉店してしまった、近所のゲームセンター・ゲームまりんの事を、どうしても思い出さずにはいられませんね。
閉店した直後は、なんていうのかな・・・自分の中では一つの時代が終わったような気がして、非常に悲しい気分になりました。

 

 

そんなゲーム・まりんが閉店してから15年以上も前、我が袋井市内にはいくつかのゲームセンターが存在してましたが、その中でも唯一コアなゲーマーたちに対し、非常に寛大な理解をしてくれていた、ゲームステージYOU&YOU・袋井店という名の店がありました。(ジャレコ直営店)

 

 

その店には連日連夜、自分のようなゲーム大好き人間が静岡県内外から集まり、様々な記録に挑戦し一喜一憂していましたが、決してマニア御用達だけではなく、ゲーム初心者にもやさしい仕様(シューティングゲームには連射装置が標準装備など・・・)にしたり、BGMの良いゲームには音響設備を良くすべく大きなスピーカーを付けたり、コミュニケーションノートとかも設置してくれたり、個人所有のゲーム基板の持ちこみを何枚も許してくれるなど、全てのゲーム大好きな人間に対し、色々受け止めてくれる非常に居心地の良い店でした。

 

 

しかしそんな素晴らしき店も、2001年11月23日をもち、様々な理由により閉店・・・
YOU&YOU袋井店の最終営業日には当時の店員さん&常連さん全員(男女で全25人くらいいたかな?)で閉店後、これまで多くの喜びを共有した広い店内にある大小様々なゲーム機や自販機などを、みんなで協力して片付けをし、最後は本当に何も無くなった広い店内の地べたにしゃがみ、それぞれがゲーム談義をしながら事前に用意してあった酒や軽い食べ物で朝まで飲み明かした・・・今だったら絶対有り得ない事ですね。(尚、乾杯の掛け声は、当時の静岡県内でも指折りの超絶ゲーマー某氏の『ブラックハートに乾杯!!』だった・・・)

 

 

尚、ブラックハートとは、1991年にUPL社が発売した、非常に怪しくて難易度の超高い横スクロールシューティングゲーム(全8面)です。
1周するのも難しいブラックハートを、この某氏は2周目の7面まで行ってました。

 

ブラックハート・3周目2面までの動画(プレイヤーは全国屈指の方じゃないかな?)

 

https://www.youtube.com/watch?v=EyWTNQ1kzaA

 

 

夏が来れば思い出す・・・(そんな歌、ありましたね・・・)
当時のゲーマーたちは今でも元気でやってるかな~?
ちなみに現在の自分の周囲にいる沢山のサポ仲間には、そういう特殊な趣味から入ってきたような変わった人間は一人も居なかったりします・・・居たら逆に怖いというか・・・

|

« 色々あった日 | トップページ | トークショーよりもこっち優先!! »

「ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 色々あった日 | トップページ | トークショーよりもこっち優先!! »