« GW期間中にやったこと | トップページ | 自分たちの立ち位置が良く分かる試合だった・・・ »

日本平での公式戦で勝ったのは一体いつ以来なんだろう?

かなり今更な感じになりますが、今回は先日の水曜日に行われた、ルヴァンカップ・清水エスパルス戦のことについて書いていきます。(実は今回、一度書き上げたものが消えたんで、もう一度同じような内容の記事を書くのが苦痛だった・・・)
世間的に見てもリーグ戦よりも注目度も低いカップ戦、しかもその試合は予選リーグの中の1試合に過ぎないでしょう・・・

 

 

これまで何度も書いていますが、この日は平日という事で、休暇を取っての参戦でした。


途中、元国道150号線の大崩海岸という所があり、先日まで崖崩れによって長期間通行止め状態でしたが、先日新しいルート・・・というか、新たなトンネルのルートが開通したとニュースになっていたので、せめて一度くらいは新ルートを通ってみるべきだと思い・・・
清水方面に行くには少々遠回りになったけど、とりあえず目標達成です。(まだ出来たばかりのルートなので、走行中のナビも山の中を走っている状態でした・・・)

 

 

で、数時間後には・・・


日本平のゴール裏に居ました。
自身としては今年2度目のアウェー観戦ですが、やっぱりいいですね~・・・

 

 

とりあえず、席を確保してからは久しぶりの日本平でのスタジアム散策。


アウェーサポでも普通にホーム側ゴール裏の売店まで遊びに行ける・・・ホントそれが日本平の良いところです。

 

 

しかし、この日は平日のカップ戦・・・


スタジアムグルメが充実してる日本平において、こんなにも人の少ない・・・というか、全く並んでる人がいない売店なんて初めて見たような気がする・・・

 

 

その売店近くには・・・


つがいのマスコットがいました。
売店同様、この周りに誰もいない・・・

 

 

試合開始まで約1時間前の様子。


写真では分かりづらいですが、ホーム側(つまりエスパルス側)に全くと言ってもいいくらいにサポーターの姿が無かったんですよね。
確かにグループリーグでも、ここまでのエスパルスの成績を考えれば、この日の試合は消化試合と見られても仕方が無い事かもしれませんが・・・

 

 

で、こちらはジュビロのゴール裏です。


人数はともかくとして、こちらはグループリーグの突破が掛かっていることもあり、サポーターのやる気の度合いは非常に高かったです。

 

 

で、試合は・・・


4-2ということで、ジュビサポ的には痛快な結果でジュビロが勝ちました・・・が、得点者もアダイウトン選手×2得点は別に驚きませんが、結果的に決勝点を決めた藤田選手、そして公式戦初ゴールを決めた上原選手と、ジュビロ的にも滅多に見る事の無い2人の得点には正直ビックリ・・・

 

 

特に上原選手のゴールが決まった時のゴール裏の盛り上がりは、マジで凄かったですよ。
ジュビロの下部組織出身でありながら、これまでこのような表舞台に立つ事も少なかった上原選手、多くのサポーターは、まるで我が子の成長を見守る親のような感覚で見てきたこともあってなのか、このゴールが決まった瞬間のジュビロ・ゴール裏は、まさにお祭り騒ぎでした。


試合終了後の選手の様子。
大勝したはずなのに、ゴールという形を残せなかった小川航基選手の顔に笑顔が無かったのが印象的でした。

 

 

この勝ちにより、とりあえず目標でもあったグループリーグ突破が見えてきました。
この日の出来を見れば、次の試合(5月31日・大宮アルディージャ戦)も何とかやってくれると思います。

 

 

で、明日はリーグ戦・川崎フロンターレ戦(ホーム)が行われるんですが、個人的にはそんなに苦手意識は無い相手だと思っていましたが、ここ数年は全く勝ててない相手でもあるんですね。(負け方も圧倒的にやられている訳でも無く、気がついたら負けてた感じの試合が多い・・・)
じゃあ、これ以上負ける訳にもいかんだろ!!絶対に勝たないとな!!

 

 

この日、一緒に同行したNさん曰く、一番のクライマックス的出来事は試合終了後、多くの観客に交じって普通に歩いていたカミンスキー選手だったそうで・・・

|

« GW期間中にやったこと | トップページ | 自分たちの立ち位置が良く分かる試合だった・・・ »

アウェー遠征」カテゴリの記事

ジュビロ磐田」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« GW期間中にやったこと | トップページ | 自分たちの立ち位置が良く分かる試合だった・・・ »