« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

無事確保しました!!

今回は最近入手したカードを紹介します。
で、その中の1枚は発売直後から、もしも今回本当に存在してるなら欲しいな・・・と思ってたカードでありました。
そんなあるのかどうなのか分からないカードでしたが、今年も無事に・・・というか、ようやく入手出来ました。


◇2016ジュビロ磐田TE 松浦拓弥 40枚限定直筆サインカード 顔バージョン(通算7枚目)

◇2008ジュビロ磐田高級版 西紀寛 40枚限定直筆サインカード(シリアル・1番)

◇91/92カルビー 日本リーグカード・第4版 森下申一(通算2枚目) 

◇2006ジュビロ磐田高級版 船谷圭祐 50枚限定パッチジャージ×2(共にエンブレム部分)

◇2007ジュビロ磐田TE 西紀寛 50枚限定パッチジャージ×2(共にエンブレム部分・片方シリアル1番)

 

 

実は今回入手分、普通に考えてみれば全て入手が厳しい物ばかりですが、そこを分かってくれる人が果たして何人いるか!?って思います。

 

 

では紹介していきます。
まずは今回の一番の目玉でもある松浦選手の顔サイン版ですが、昨年のシリーズも前々年&前年同様、事前に存在してるということは分かっていましたが、発売されてから既に約10か月も経ったことで、さすがに昨年版は入手は無理だな~って思っていました。
しかし、今回このカードを引いてくれた方より直接連絡を頂き、自分的にかなりの好条件で交換して頂きました。


これで3年連続入手達成!!(2014年に関しては、更にもう1枚あります)
2016年版の松浦選手のサインに関しては、シリアルナンバーもジャージナンバー(11番)とラストナンバー(40番)は既に入手してあるので、あとは1番が入手出来れば最高なんですが・・・

 

 

あとは全く目立たないが91/92カルビーの森下さんのカードは、世に出て来るのが奇跡とも言われている第4版シリーズです。
その森下さんのカードですが、一応手元には既に1枚持っているものの、先日オークションに出て来た時、やはりあまりの珍しさもあって入札・・・結果としては、自分の考えてた金額よりも遥かに安かったので、それについては本当に良かったですね。(既に持ってるヤツを入手した時は、確か○万円で買ったくらいだし・・・)

 

 

今回交換して頂いた、A様Kくん、どうもありがとうございました。

 

 

最後・・・2017Jカード発売まで、とうとう1ヶ月を切りました。
おそらく・・・というか、今年も名古屋方面で恒例の開封大会もあると思います。
そろそろ多くの人が見てる前で、ドカンと興奮するような大物級が出て欲しいと思っているんですが・・・

| | コメント (0)

既定路線!?

今回は、昨日行われたサンフレッチェ広島戦(アウェー)のことについて書いていこうと思いますが、5月に入ってからリーグ戦は全て無得点で進行中のジュビロ・・・果たして昨日の試合は!?
正直、内容がアレなので、振り返るのも疲れるわぁ・・・(書き忘れたけど、今回は現地に行っていません)

 

 

この試合が行われた数日前、司令塔・中村俊輔選手が練習中に怪我、そして現在U-20ワールドカップに日本の絶対的エースとして出場してた小川航基選手は今期絶望レベルの大怪我と、ジュビロ的に全く良いニュースが無い中で迎えたサンフレッチェ戦ですが、まあ試合前から内容、展開、そしてスコアまでもが予想出来る・・・そんな感じの試合でした。
結果としては、スポーツニュース等では伝える必要のないスコアであり、この結果により、5月のリーグ戦、ジュビロは1点も取れずに終了ということで、もう落ちるとこまで落ちたような・・・

 

 

この試合も、最近良く見る同じ展開で、試合の序盤に必ず訪れる超決定機(←毎試合、必ず来る!!)を攻撃陣が逃し、結局これが元で毎試合のように勝ち点を落とす形となり、現在に至っている・・・・そんな試合ばっかりです。
もう完全に得点の仕方を忘れたチームの見本ですね。

 

 

ただね、こういうゲームで良く聞かれる言葉に『チャンスは作れた・・・』とか、『良い連携だった・・・』とか、『最後の攻撃は次につながる・・・』とか、随分ポジティブな意見が出ますが、そういう言い訳じみた言葉なんて日が経てば普通は忘れるって!!
大事なのは、その時の結果!!プロに求められる事はそれだけです!!(←これは仕事だって同じ事)

 

 

それにしても、この後は上位陣との対戦が続くことで、まだまだ続いていきそうな感じの無得点地獄・・・
一体いつまで我慢すればいいんでしょうかねぇ???

 

 

他の事・・・U-20ですが、小川選手の離脱は応援してた者としては非常に残念ですが、残った選手たちは小川選手の無念の想いを持って、良い成績を残してくれると思っています。(日本代表は・・・監督と思われてるヤツによって、完全に私物化してるようなので、どうでもいいけど、よく柏のGK・中村選手を選出したと思う・・・)

 

最後・・・今日は朝からとても良い天気でした。


ゴールデンウィーク前に田植えを行った稲も順調に育ち、徐々に青々としてきました。
昨年のような爆収穫が出来れば最高ですが・・・(←あまり獲れると専用の冷蔵庫に入りきらなくなるため、獲れ過ぎても困るが・・・)

 

 

で、せっかく良い天気なので・・・


コイツも久しぶりに洗ってやりました。
自分よりも良い(高価な!?)シャンプーを使っているので、洗い終わった後がとても良い匂い・・・

 

 

次回は・・・またカードの事でも書きたいと思います。
2017Jカード発売まで、あと1ヶ月も切った事だし、そろそろ金を貯めとかないと・・・

| | コメント (0)

柑橘系カラーのボックスでした

2017Jカード発売まで、あと約1ヶ月となりました。
多くのサッカーカードファンの皆さんは、まだか?という感じで首を長くして待ってる状態でしょうが、自分はその後に発売される2017ジュビロ・チームエディションがエライことになっているため、それどころじゃないんですが・・・

 

 

全く関係ない前置きでしたが、Jカード発売までの繋ぎ、そして運試しの意味も込めて、我が家のストックの中でも多い2016Jカードを開封してみました。
ちなみに今回開けたのは1ボックスだけです。

 

 

で、1枚目に出たのは・・・


レノファ山口FCの北谷史孝選手が出ました・・・が、いきなりJ2のニューカマーJ2が出たので、もしかして・・・ではなく、これは久しぶりに箱3パターンかも?って思いましたが・・・

 

 

2枚目に出たのは・・・


ベガルタ仙台の渡部博文選手でした。
このボックスで、もしも3枚目が出るならパターン的にJ2のチームだな~・・・って思いながら開けていくと、本当に3枚目が登場。

 

 

チーム名が見えた時、一瞬「あれ?」って思いましたが、よくよく考えてみれば、開けていたボックスは2016年のモノなので・・・


ということで、3枚目に出たのは清水エスパルスの鎌田翔雅選手でした。
正直エスパルスがJ2とは思ってなかったし、あとは3枚全てオレンジ系とは・・・

 

 

さて・・・どうやって2017ジュビロTEを入手しようか・・・
現在の順位もそんなに上の方じゃない・・・というか、ハッキリ言って残留争いに近い順位なのに、なんで通販系は既に全店完売してるんだろ!?

| | コメント (0)

何度も見た光景

昨日は柏レイソル戦(ホーム)が行われました。
この日は雲一つ無いような素晴らしい天気で、朝からまるで初夏のような暑さ・・・
夏・・・夏と言えば、ここ最近決まってジュビロが失速する、あの嫌~な季節しか想像がつかん・・・

 

 

まずは、この日の入場抽選結果です。
毎回のようにネタとしか思えないレベルの自分の結果ですが、果たして今回は・・・???(今回も前回同様3枚分です)


何度も書いてますが、これって多くのサポーターが一杯いるゴール裏じゃなく、割と人の少ないバックスタンドの抽選なんですよね。
全エントリー数に対し、毎回のように後ろの方の番号ばっかりで本当に泣ける・・・っていうか、この入場抽選が始まった2015年から全ての結果が出せた場合、自分の累計成績は抽選に参加してる全ジュビロサポーターの中でも、おそらく・・・ではなく、絶対にワースト3に入るくらい酷いと思います。

 

 

この自分の抽選の後には、一応ダメ元(←ここ重要)で多くのサポ仲間たちが、「どうだった?」って感じで聞いてきたりしますが、最近は結果を見せた後の反応が「ああ・・・」って感じで、妙に納得されたりしてるんですよね。(ちなみに聞いてくる仲間は100人以上いますが、9割9分の人が納得する結果です)
毎回安定してますね・・・だとか、ハナっから期待してない・・・とか言われてた頃がホント懐かしい・・・

 

 

ということで、今回も良い番号を引いてくれた方の所に入れてもらいました。
これまで入れてくれた方々には、いつか借りを返したい・・・と思っていますが、これじゃあ100年後どころか、永久に返せないだろうな・・・

 

 

この日は磐田デーということで、磐田市内の各小学校は一斉観戦授業という名目でスタジアムで試合観戦。
この一斉観戦授業は今回が7度目で、過去の戦績は5勝1敗となっています・・・が、その唯一の1敗の相手が柏レイソルだったりするわけで・・・

 

 

この日のサポーター広場の様子です。


前回同様、この日もチケットは完売してるようで、広場には多くの人で溢れかえっていました。
しかし本当に暑かったな・・・

 

 

(パーフェクトだった場合)この日に配付されたユース&ジュニアユース会員限定カードの選手は・・・


高橋祥平選手でした。
今回のカードのナンバーは08番ですので、おそらく次々回・・・つまり10番はキラ加工されたカードだと思います。

 

 

キックオフ前のピッチの様子です。


市内の小学生代表(?)たちによるフラッグセレモニー。
この後、ピッチに両チームの選手たちが登場します。

 

 

で、試合ですが・・・


ほんの6日くらい前に見たフロンターレ戦と同じスコアで負けましたが、内容的には今回の方がチャンスが多く、上手くやっていれば勝つチャンスも・・・っていう感じを受けました。
しかし相手のGKはJ2時代から何度も何度も数えきれないくらいの決定機を防いでくれた、あの中村航輔選手(当時はアビスパ福岡所属)であり、並のシュートであれば完全に防がれるので、とにかく完璧なコースに上手くミートした強烈なシュートでないと得点は取れない・・・そんな相手ですからね。

 

 

で、結局この日も決定機を何度も止められました。
ホント、どうすればヤツから点が取れるんだ!?って感じで・・・

 

 

それにしても、これでジュビロはリーグ戦に関しては3試合連続の無得点なんですよね。
深刻というか、もうヤバイくらいの決定力不足が続いていますが、とりあえず現在のチームで一番期待出来ると思われる小川航基選手(現在U-20ワールドカップに出場中)が戻ってくるまで、現状の選手だけで頑張るしかないんですよね。
この日の試合後、磐田市内で下を向きながら残念そうな顔をして帰宅する小学生を沢山見ましたが、子供たちは何を思って帰宅したんでしょうか?(あんまり見たくない姿でした)

 

 

それにしても、柏レイソルの中村選手ですが、J2のアビスパ時代からプレーぶりを見て何度も思っていますが、間違いなく現在のJリーグにおいてナンバー1のGKだと思います。(ボールに対する反応速度がおかしいレベル・・・)
ただ、現在の日本代表に入れるかというと、それは100%無い・・・というのも、残念な事に代表の監督をやってるヤツが本当に馬鹿なので、どんなに試合で活躍しようが自分のお気に入りチームの選手以外は全く興味が無い感じですからね。
とにかくFC東京、鹿島、浦和、G大阪・・・最近ならC大阪が絡んだ試合以外は絶対見ないアホな人間ですから、彼が日本代表に選出されるのはヤツが辞めた後になるんでしょうね・・・(常識的に考えれば、こんなの大問題だと思う)

| | コメント (0)

いた!!

これは本日のお話です。
最近は気温も上がってきたこともあり、もうボチボチ外に出てきてもいい時期だろう・・・と思い、仕事が終わった後に期待しながら自宅近くの某場所に行ってみると・・・


何かが洞から尻を出しているではないか!!
明らかにクワガタの姿であり、運が良ければ・・・と思って落ちていた細い棒でつついてみると、何故か奥に入っていかず、ビックリして外に出てきてくれました。

 

 

で、出て来たヤツは・・・?


以外と大きいサイズのコクワガタでした。
今年一番最初に捕まえたクワガタが、こんなにも大きいコクワガタとは・・・まあヒラタクワガタだったらラッキーだな・・・と思っていましたが・・・
それでも今年も、こうやって普通にクワガタが捕れると、何故かほっとします。(今回は一度捕まえただけで、しばらく観察した後、居た所にリリースしました)

 

 

もうすぐ自分にとって一番好きな季節でもある夏が来ますが、今年はどのくらいの数のクワガタが捕れるのか?
そして久しぶり・・・というか、30年以上ぶりに60mmオーバーの大型ヒラタを捕りたいところですが・・・

| | コメント (0)

もう完売・・・んなバカな・・・

今回はカードの事について書いていこうと思います。
来月末くらいに毎年恒例のJカードが発売されますが、そんな2017Jカードがまだ発売もされてないというのに、つい先日、今年のチームエディションの予約が始まりました。

 

 

で、自分の収集対象チームでもあるジュビロ磐田は8月5日(土)に一般発売されることになったようですが、この日はサンフレッチェ広島戦のホームゲームが組まれており、例年通りであれば、スタジアムの広場でカードフェスタが開催されるはず・・・
しかし、この日はジュビロの年間スポンサーデーとしては最も盛り上がる鹿児島デーが組まれてたりするんですよね。

 

 

昔から鹿児島デーの事が分かる人間ならピンと来るかもしれませんが、例年イベント広場が祭り会場と化するような鹿児島デー、そして他チームと比較しても、ちょっと有り得ないような長蛇の列を作るジュビロのカードフェスタ・・・
そんな日に、果たして2つの大イベントを同時に開催するのか?という疑問・・・
これ、本当に同時に開催されることになるなら、イベント広場が人で埋め尽くされる可能性があり、非常に大変な事になるんじゃないかと・・・

 

 

まあそれについては、チームも何らかの措置を取ってくるんじゃないかと思います。
もしかしたら、カードフェスタを開催しないかもしれないし・・・

 

 

で、そのジュビロのテームエディションですが、何より驚いたのは、まだ発売まで3ヶ月近くもあるというのに、某有名通販サイトは予約段階で全数完売っていう信じられない状況・・・
カードの概要が紹介され、通販での予約受付が始まって僅か2~3日しか経ってないというのにですよ!!
一体何があったのか!?って感じです。(←理由は分かっていますが・・・)

 

 

で、そのチームエディションの一般発売から1週間も経たない翌週の金曜日(11日)は、袋井市民にとっての一大イベントでもある、恒例・袋井の花火大会。
今年は花火大会当日にジュビロの試合はありません!!

 

 

これによって、せっかく凄い花火が次々に上がっているものの、やはりジュビロの事が気になってしまう・・・実は毎年毎年そんな感じになっていましたが、今年からは新たな祝日でもある『山の日』に開催されることになった花火大会・・・これなら試合なんて気にせず、花火に集中できるではないか!!
この日程について自分の中では、なんていうかな・・・新作カード発売日の翌週に、みんなで集まってワイワイ楽しんで開けて下さいよ・・・っていう、まるで測ったかの如く、そういう流れに乗せられているように感じてしまうのは気のせいか?

 

 

で、その花火大会での開封ですが、毎年のように「今回は、どのくらい開封するの?」って聞かれたりしますが、今年は昨年のようなアクシデント(ネコ脱走疑惑)さえ無ければ、過去最高記録を更新したいなぁ・・・と思っています。
もちろん開封数の記録更新だけでなく、場が一気に盛り上がるような大物が出てくれれば・・・(っていうか、今年こそは絶対出てくれないと・・・)

| | コメント (0)

自分たちの立ち位置が良く分かる試合だった・・・

今回は本日行われた、川崎フロンターレ戦(ホーム)の事を書いていきます。
ここ最近のジュビロと言えば、カップ戦を含めたアウェー3連戦を2勝1分という好成績で乗り切っているだけに、この日の試合前も、ひょっとしたら・・・なんていう雰囲気がありました。

 

 

まずは、おなじみの入場抽選です。
今回いつもより1人分多く、全部で3人分のエントリーを済ませていたので、抽選については計3人分もありましたが・・・


この抽選結果って一体なんなんでしょうか?
まさか3枚の平均が327・・・(合計ではなく平均ですからね!!しかもゴール裏よりも入場者が非常に少ないバックスタンドでの抽選だし・・・)
今年になって導入された自動抽選方式ですが、毎回毎回本当本当に・・・本当に酷いんですが、特に今回は呆れるくらいでしたね。
この抽選直後、いつも同じゲートから入場する多くの仲間たちからは「毎回安定してますね」とか、「まあ、いつも・・・(←いつも通り、期待してないから・・・とでも言いたいのか!?)」などと言われましたね。

 

 

ということで、今回も良い番号を引いてくれた方のところに入れてもらいましたが、一体いつになったら自分が逆の立場に立てるんでしょうか?(こんな簡単な抽選でも良い番号が全く当たらないんですから、例え宝くじを1000年ずっと買い続けたとしても自分は10万すら当たらないだろう・・・自信ある!!)

 

 

で、この日のスタジアムはチケットが完売ということで、サポーター広場は人で溢れかえっていました。


まるで初夏のような天気でしたが、それ+αで、この人の数・・・
とにかく暑かった・・・

 

 

で、この日のユース&ジュニアユース会員限定の配付カードは・・・


松本昌也選手でした。
今回も何故か要らないと言ってたお子様から譲って頂きましたが、このカードも今回ので既に7種目なんですね・・・

 

 

試合前の練習風景ですが・・・


よく見てると、ジュビロよりもフロンターレの方が明らかにパス回しのスピードが早い・・・
馬鹿みたいに強かった頃のジュビロならともかく、今の発展途上のようなチームが、あんな早いパス回しをされたら・・・と思うと・・・

 

 

で、その試合ですが・・・


0-2で負けました。
この日のチーム状態では、正直なところ、何度やっても勝てないでしょうが、その中でも自分が特にガッカリした点は、確か前半の終盤くらいに3回連続くらいでカウンターを仕掛けた時があったんですが、そのチャンスに3度ともシュートにすら持っていけなかったことですかね・・・
いくらなんでも、さすがにちょっと・・・って思いましたね。

 

 

あとは・・・この試合では途中交代で出場し、直後に訪れた相手の決定機を捨て身のブロックで失点1を防いだものの、そこで負った怪我で即退場・・・(出場時間は僅か6分・・・)
悪い言い方をすれば、いわゆる無駄死に状態になってしまった太田選手、怪我の状況が大したことじゃなければいいんですが・・・

 

 

それにしても、相変わらずホームゲームは安心して見れる試合が少ないですね。
良い試合を見たかったらアウェーに行けってことですかね・・・本当にホームに優しくないチームだこと・・・

 

 

次回は・・・一部どころか、既に話題沸騰となっている2017ジュビロ磐田・チームエディションの事について書きたいと思います・・・が、発売まで約3ヶ月くらいあるというのに、一部の通販サイトでは既に完売って・・・

| | コメント (0)

日本平での公式戦で勝ったのは一体いつ以来なんだろう?

かなり今更な感じになりますが、今回は先日の水曜日に行われた、ルヴァンカップ・清水エスパルス戦のことについて書いていきます。(実は今回、一度書き上げたものが消えたんで、もう一度同じような内容の記事を書くのが苦痛だった・・・)
世間的に見てもリーグ戦よりも注目度も低いカップ戦、しかもその試合は予選リーグの中の1試合に過ぎないでしょう・・・

 

 

これまで何度も書いていますが、この日は平日という事で、休暇を取っての参戦でした。


途中、元国道150号線の大崩海岸という所があり、先日まで崖崩れによって長期間通行止め状態でしたが、先日新しいルート・・・というか、新たなトンネルのルートが開通したとニュースになっていたので、せめて一度くらいは新ルートを通ってみるべきだと思い・・・
清水方面に行くには少々遠回りになったけど、とりあえず目標達成です。(まだ出来たばかりのルートなので、走行中のナビも山の中を走っている状態でした・・・)

 

 

で、数時間後には・・・


日本平のゴール裏に居ました。
自身としては今年2度目のアウェー観戦ですが、やっぱりいいですね~・・・

 

 

とりあえず、席を確保してからは久しぶりの日本平でのスタジアム散策。


アウェーサポでも普通にホーム側ゴール裏の売店まで遊びに行ける・・・ホントそれが日本平の良いところです。

 

 

しかし、この日は平日のカップ戦・・・


スタジアムグルメが充実してる日本平において、こんなにも人の少ない・・・というか、全く並んでる人がいない売店なんて初めて見たような気がする・・・

 

 

その売店近くには・・・


つがいのマスコットがいました。
売店同様、この周りに誰もいない・・・

 

 

試合開始まで約1時間前の様子。


写真では分かりづらいですが、ホーム側(つまりエスパルス側)に全くと言ってもいいくらいにサポーターの姿が無かったんですよね。
確かにグループリーグでも、ここまでのエスパルスの成績を考えれば、この日の試合は消化試合と見られても仕方が無い事かもしれませんが・・・

 

 

で、こちらはジュビロのゴール裏です。


人数はともかくとして、こちらはグループリーグの突破が掛かっていることもあり、サポーターのやる気の度合いは非常に高かったです。

 

 

で、試合は・・・


4-2ということで、ジュビサポ的には痛快な結果でジュビロが勝ちました・・・が、得点者もアダイウトン選手×2得点は別に驚きませんが、結果的に決勝点を決めた藤田選手、そして公式戦初ゴールを決めた上原選手と、ジュビロ的にも滅多に見る事の無い2人の得点には正直ビックリ・・・

 

 

特に上原選手のゴールが決まった時のゴール裏の盛り上がりは、マジで凄かったですよ。
ジュビロの下部組織出身でありながら、これまでこのような表舞台に立つ事も少なかった上原選手、多くのサポーターは、まるで我が子の成長を見守る親のような感覚で見てきたこともあってなのか、このゴールが決まった瞬間のジュビロ・ゴール裏は、まさにお祭り騒ぎでした。


試合終了後の選手の様子。
大勝したはずなのに、ゴールという形を残せなかった小川航基選手の顔に笑顔が無かったのが印象的でした。

 

 

この勝ちにより、とりあえず目標でもあったグループリーグ突破が見えてきました。
この日の出来を見れば、次の試合(5月31日・大宮アルディージャ戦)も何とかやってくれると思います。

 

 

で、明日はリーグ戦・川崎フロンターレ戦(ホーム)が行われるんですが、個人的にはそんなに苦手意識は無い相手だと思っていましたが、ここ数年は全く勝ててない相手でもあるんですね。(負け方も圧倒的にやられている訳でも無く、気がついたら負けてた感じの試合が多い・・・)
じゃあ、これ以上負ける訳にもいかんだろ!!絶対に勝たないとな!!

 

 

この日、一緒に同行したNさん曰く、一番のクライマックス的出来事は試合終了後、多くの観客に交じって普通に歩いていたカミンスキー選手だったそうで・・・

| | コメント (0)

GW期間中にやったこと

本日はルヴァンカップ・清水エスパルス戦ということで、ジュビロを応援しようと仕事を休んでIAIスタジアム日本平に乗り込んでいるはずです。(これが紹介されてるときは、多分ゴール裏で応援してる最中のはず!!)
試合の結果については、また後日ということで、今回は先日の連休の間中に行った事を紹介しておきます。

 

 

前回はクワガタの事を書きましたが、今回はネコの事を書きます。
ここ最近は季節の変わり目ということで、ヤツの体も冬毛から夏毛に生え変わる時期であり、毎日のように毛が大量に抜けまくっていて、家の中が割と大変な事になってたりします。

 

 

ということで、「さすがに、そこらじゅう毛だらけだと、たまらんわー!!」ってことで、連休中は毎日のように毛のブラッシング・・・(←ブラッシングについては嫁が担当)


これだけは絶対に欠かすことが出来ませんね。
確かに面倒な事だけど、これをやるだけで多少なりとも抜け毛が抑えられるなら、やはり最低限必要な事だと思います。

 

 

ただね・・・


そういう状況に対し、ウチのネコはあんまり慣れてないようで、ブラッシングを始めると、クシとか手に噛み付いたりするなど、とにかく超嫌がるんですよね。

 

 

一応ブラッシングを始めた直後はおとなしくしてるんですが、それも2~3分くらいまでの話・・・

 

 

やがて・・・


写真のように逃げようとするんですよ。
見てると「いやだー!離せー!!」って声が聞こえてきそうだ・・・

 

 

で、多少強引に押さえつける感じでブラッシングを続けます・・・


「やだー!!やだー!!」この写真を見ると、明らかにヤツの顔が嫌がってる感じだし・・・

 

 

体が終わったら、次はヤツの自慢の尻尾・・・


おとなしくしてれば早く終わるから・・・でもこの直後に逃走しようとします。(←しかも何度も・・・)

 

 

で、一回のブラッシングで取れる毛を丸めてみると・・・


こんな感じになります。
たった一度でも、こんな量・・・まるでフェルトです。

 

 

ブラッシングが無事に終了し、スッキリした(?)表情のヤツの雄姿。

でも、多分当の本人(本猫?)は、「あー、やっと終わった・・・やれやれ・・・って感じで、まさに地獄の時間が終わったことにより、ほっとしているんじゃないでしょうか?
飼ってる側からすれば、少しくらいは感謝しろよ!!って思ったりもするんですが・・・

 

 

さて次回は・・・この日行われた、ルヴァンカップ・清水エスパルス戦のことについて書きます。
果たしてジュビロは無事に勝つことが出来たんでしょうか?そして現在得点王争いで単独トップに立っている小川選手は3試合連続のゴールを決めることが出来たんでしょうか?

| | コメント (0)

自然の驚異

今回は久しぶりにクワガタのお話です。
自然下において、そろそろ普通に活動するヤツが現れても驚かないような季節になってきましたが、そんな気温の変化に対し、我が家のクワガタたちも随分と活動が活発になってきました。

 

 

ということで、これは先日の連休中に行った、今年最初のマット交換です。
文字通りケースの中の土を交換することなんですが、我が家に存在するクワガタの入ったケース全てを交換するとなると、だいたい半日くらいは楽勝で掛かるくらいの時間を要するので、こういう事は普通の日では絶対に無理!!


でも連休中なら時間も沢山あるので全然OK。
おかげで全ての飼育ケースのマットを新しいものに交換する事が出来ました。

 

 

で、自分も気になっていましたが、あの孵化してから遂に2年目に入ったノコギリクワガタの幼虫たちって、一体どうなったのか?というと・・・


1年目の時から、あんまり・・・というか、一応自分が期待してたレベルまで全く育っていませんでした。
この2年目に入った幼虫ですが、現在全部で3匹もいましたが、果たして今年の夏には元気な成虫になってくれるんでしょうか?

 

 

あとは昨年8月下旬に唯一羽化したノコギリクワガタのメスですが、その時から今回までの約8か月間、ずーっとそのまま(その間は、もちろん全くエサを与えていない)にしておきましたが、さすがに先日(5月7日)どうなったのか?気になって掘り出してみると・・・


自分の心配をよそに、めちゃくちゃ元気な状態で出てきました。
ノコギリクワガタってヤツは、なんか活動する前の年に成虫になり、1年くらい穴の中(サナギになった時に作った穴)で過ごし、翌年に外に出てきて繁殖活動するという話を聞いていたんですが、この元気なメスを見てると、それって本当の事なんだな・・・って思いました。
で、成虫になって1年もの間、じっとして過ごしてる間はエサは食べなくて平気なのか?という疑問もありますが、その点については自然の驚異というのかな?とにかく成虫になって成熟するまでなら、体に貯め込んであった養分みたいなものだけで長期間持ってしまうことが出来るんだそうです。

 

 

自然ってものは本当に凄い!!ホント、スゲーよ!!

 

 

あとは・・・マット交換の際に発覚したんですが、今年の冬で1月くらいに暖かい日々があったりして、何匹かのクワガタたちは冬眠から目覚めてしまい、そのまま季節外れの活動をしてしまったことで、再び冬眠出来ずに星になってしまったものも何匹か存在しました。
冬期期間は温かい家の中で飼わず、外においておけば良かったかも?と思いましたが、寒すぎてやられてしまう場合もあるので、そういう点での判断は難しい・・・今後の課題ですね。


ちなみに写真の個体(ヒラタクワガタ・オス)は、もう3年目に入ります。
現在ウチにいるクワガタの中で一番長生きしてるヤツですが、全く衰える事もなく、とにかく元気そのものです。

 

 

さて・・・
明日はルヴァンカップですが、今年2度目の静岡ダービーです。
平日のアウェーのナイトゲームですが、先日書いたように、ちょっと日本平まで遊びに行ってきたいと思います。
天気が心配ですが、まあ雨じゃ無ければいいや・・・

| | コメント (0)

悲観することでは無いと思う

本日はヴァンフォーレ甲府戦(アウェー)が行われました。
この試合も自分は先日のルヴァンカップ・柏レイソル戦同様、現地観戦ではなく、ダゾーンによるテレビ観戦でした・・・が、画面が止まりまくる悪条件の中、終始ストレスを貯めながらも何とか最後まで試合を見ていましたが・・・


結果はスポーツニュース等で、あんまり取り上げられる事のない、0-0というスコアレスドロー・・・
まあ移動が大変な地域での試合、そしてこの日は30度近い悪条件の中、故障明けの4選手が復帰し、しかも途中で1人退場者を出した厳しい状況で勝ち点1を得る事が出来たのは良かったんじゃないでしょうか?

 

 

確かに最近勝ってきた対戦相手とかと比較すれば、ヴァンフォーレ甲府相手に勝ち点3を取ることが出来なかったのは、ファンにとって物足りないかもしれません。
それでも最悪の結果・・・つまりチームが負けなかっただけでも良しと思わないと、この先はやっていけないと思います。
今のジュビロは優勝争いをするようなチームではなく、コツコツ勝ち点を稼いで確実に残留を決め、後はそこからどれだけ勝ち点を積み上げれるか?という、そういうレベルのチームですから・・・

 

 

さて・・・次の試合はルヴァンカップ・清水エスパルス戦です。
一体誰がこんな極悪日程を決めたのか?という、3試合連続アウェーの最終戦となる試合には・・・


水曜の夜開催試合ですが、久しぶりに日本平での公式戦なので、これは行きます。
もしかしたら、ジュビロの予選突破もあるかもしれないし、なにより静岡ダービーですからね・・・

 

 

ジュビロは中2日、エスパルスは中4日で試合・・・しかもエスパルスはホーム・・・
条件的に非常に厳しいですが、それでも選手を信じて応援するしかないです。

 

 

おまけ・・・これはサッカーとは全く関係ない事です。
ここ最近我が家のベランダにツバメが飛んでくるんですが、まさかと思うけど、そんな場所に巣を作ろうと思っているんじゃないかな~?
ベランダの屋根の下なんて人間の手が届くくらい低いし、それは我が家にとって非常に迷惑な事なんですが・・・


写真は、外灯で休んでいる&飛んでくるツバメに対して一応威嚇っぽい事をしてる我が家のネコの様子・・・
どんな努力しても、飛んでるヤツらを捕まえる事は絶対に無理だと思うが・・・

| | コメント (0)

試合前日の練習を見てきました

昨日(5日)、そして本日(6日)と2日連続でジュビロの練習見学を見に行ってきました。
先日のルヴァンカップ・柏レイソル戦の勝利に感激したファンも多かったようで、この2日、大久保練習場には非常に多くの見学者が訪れました。


新しく新増設された見学席にも、このように多くのファンが食い入るように選手の様子とかを見学していました。

 

 

練習中の様子・・・といっても、これじゃあ何の練習だか分かんないですね。


ちなみに本日は試合前日ということで、練習内容は比較的簡単な内容ばかりであり、連携からのシュート練習とか、よく分からない変則ミニゲームだけでした。

 

 

で、練習後のファンサービスですが、この2日間は練習見学者も非常に多く、もしかしたら混乱を招く可能性があるということもあって、残念ながらファンサは行われませんでしたが、まあ試合前日だし、仕方が無いかな~?とも思いましたが・・・(それでもゴールデンウィーク期間中で、過去にファンサが中止になったことは、あんまり聞いたことが無いが・・・)

 

 

で、これは今回ではなく、先日2日の時の練習後に頂いたサインを紹介しておきます。
ただし、全てカードですが・・・


上3つは先日配付されたユース&ジュニアユース会員限定のカードです。
ちなみに松浦選手から、このカードにサインを貰う時、「これって、なんのカードですか?」って言われましたが、やはり選手によっては、こういう見慣れないカードって気になるものなんですかねぇ?(そうやって気にするのは松浦選手だけかもしれんが・・・)

 

 

あとは・・・先日必死こいて集めた、例のジュ美女限定配付カードです。


 八田直樹 大井健太郎 櫻内渚

 上田康太 松浦拓弥 宮崎智彦

 


 川又堅碁 小川大貴 森下俊

 川辺駿 高橋祥平

 

 

これでジュ美女のカードでサインを貰ってないのは、中村俊輔選手(3種もある・・・)、松井大輔選手、山本康裕選手(怪我で長期離脱中)だけになりましたが、一体いつサインが貰えるのやら・・・

 

 

明日はヴァンフォーレ甲府戦ですが、ゴールデンウィーク期間から10日に行われるルヴァンカップ・清水エスパルス戦まで3試合連続アウェーって・・・
こんな極悪日程考えたヤツ、絶対頭おかしいだろ!?
しかも中5日以上開いてる所なんて無いような過密期間中だっていうのに!!(だからこそ、意地を見せる意味で絶対に全て勝って欲しいと思っています)

| | コメント (0)

おなじみの開封結果でございます

今回は開封結果です。
開けたのは、もう何度も紹介している例の・・・


2016Jカードです。
ゴールデンウィーク期間中ということで、普段は出来ないような事も他に色々やりましたが、こうやって日記で紹介するのに一番手軽なものは、やっぱり開封結果なんじゃないかと・・・(←ほとんどウソ)

 

 

で、今回開けたのは2ボックスですが、またしてもサインカードは共に箱2でした。
このシリーズは3ボックスか4ボックスに箱3なんですが、これで何ボックス連続で箱2なんだろう・・・(割と高確率で箱3が存在するので、箱2に当たると凄く損した気分になる)

 

 

さて結果ですが、サクサク紹介します。
最初のボックスの1枚目は・・・


大宮アルディージャのネイツ・ペチュニク選手でした。

 

 

このボックスの2枚目は・・・


川崎フロンターレの森本貴幸選手でした。
開けている時、カードの端が青のニューカマーのデザインだったので、一瞬ジュビロ、しかも小川航基選手を期待したんですが・・・

 

 

2ボックス目です。
最初のサインは・・・


ヴィッセル神戸の前田凌佑選手でした。
この選手は以前に2枚引いてるぞ・・・

 

 

で、今回ラストに出たのは・・・


清水エスパルスの石毛秀樹選手でした。
石毛選手は過去のJカードや2013年のチームエディションでも引いてるし、割と引く選手です。

 

 

これだけじゃなぁ・・・ってことで、


こちらも開けました。
昨年も数えきれないくらい開けた2016ジュビロ磐田チームエディションです。

 

 

で、出たのは・・・ああ・・・


既にチームを退団し、現在はVファーレン長崎に所属している奥田達朗選手が出ました。
人間的には良い人でしたが、カード的に考えれば、これは正直・・・

 

 

他チームから来たものの、僅か1年しかチームに所属してないうえに、チームでは第4のゴールキーパー、それで公式戦出場もあんまり注目されない天皇杯の1試合だけですから、こういう選手が出ちゃったりすると、ちょっと・・・いや、かなり困りますね。

 

 

次回もジュビロの練習、もしくはカードの事でも書きたいと思います。
それにしてもゴールデンウィーク期間中は、やはり普段と違って更新ペースが良くなりますね。
いつもこうなら・・・って思うけど、やはり普段は仕事がな・・・

 

 

ところで、バカの一つ覚えみたいに毎回毎回同じチームの試合しか見に行かない、日本代表の監督をやってるアイツ。
「もっとほかのチームを見に行かないのか?」って感じで誰も文句言わないのかね???
言うのが怖いのか???それとも何か裏でもあるのか・・・???
これって様々な所で問題になってる『差別』ってものじゃないのかね???(観戦に行くのは鹿島・浦和・FC東京・G大阪絡みの試合ばかり・・・中でも特にFC東京の試合が圧倒的に多い)

| | コメント (0)

勝てた・・・そんな試合

今回は本日開催されたジュビロの試合結果、そして未紹介だった開封結果を書いていきたいと思います。
まずはルヴァンカップ・柏レイソル戦(アウェー)の事から書いていきますが、もしもジュビロが決勝トーナメント進出を目指しているのなら、そろそろ計算出来るような本気のメンバー編成をした方がいいと思うんですが・・・

 

 

そのレイソル戦ですが、今回はテレビ観戦となりました。
まあ別に行こうと思えば、無理してでも現地に行けたんですけどね・・・

 

 

で、その試合ですが、前半だけを見れば、誰もが100%ジュビロの負けを確信するような内容でした。
だってねえ、終始主導権を握られたばかりか、セカンドボールも全く拾えず、運動量も激少なく、しかも何をやりたいのか全く分からない謎のサッカーをしてたからねぇ・・・
相手に与えた決定機の数・・・特にGKと1対1になった数とか考えたら、とてもじゃないけど勝てる・・・なんて事は思えませんでした。(ハーフタイム時に流れる映像で、ジュビロのチャンスのシーンは1つも無かったです・・・)

 

 

でもね、相手が大量にあったチャンスを潰しまくってくれたおかげで、流れがジュビロに来たのも事実。


終わってみれば、この試合は2-1でジュビロが勝ってしまいました。
こんな書き方をするのも変ですが、本当に『勝ってしまった・・・』っていう表現がピッタリな試合です。

 

 

この試合で一番輝いたのは、途中交代で出場した川辺選手。


本来なら次のリーグ戦の為に温存しときたかったんですが、さすがに終始何も出来なかった前半を見て、名波監督も我慢出来なかったんじゃないでしょうか?
川辺選手が出場してからは、停滞してたチームの攻撃を一気に活性化させ、それに吊られるようにパス回しに連動性も出てきました。
そして追撃開始となった同点ゴールも決めるなど、多くのファンの期待にしっかり応えてくれた川辺選手、最近は中村俊輔選手に匹敵するくらい中盤で圧倒的な存在感を見せています。
このまま順調にいけば、ものすごい選手になるんじゃないか?と思ってます。

 

 

この結果により、ジュビロはグループリーグ突破の芽が出てきました。
2戦2敗した時は、もう完全に終了だと思っていたんですが・・・

 

 

で、ジュビロの試合の事はここまでで、ここからはカードの開封結果です。
今回開けたものは、珍しくJカードではなく・・・


昨年発売の2015/2016日本代表・スペシャルエディションです。
代表と言えば、結構沢山開けてるにも関わらず、全くと言ってもいいくらいに大物級が引けないんですよね。
普通、これだけ開ければ、だいたいの人間なら・・・っていうのが当たり前なのに、一体どうなっているんだか・・・

 

 

で、今回は計2ボックス開けました。
まず最初のボックスから出たのは、一応期待のA代表ですが・・・


出たのは、ガンバ大阪に所属してる東口順昭選手・・・っていうか、またしても手が使える選手だよ!!このポジションは本当に良く引くわ~!!
しかし毎年のように思うんですが、この代表カード、一応誰もが知ってるような海外に所属していて、しかも攻撃的ポジションの選手は全く・・・というか、絶対引けないんだよな・・・(←要するに交換に強い、もしくは高額で売れるようなレベルね・・・)
なんでだろうね?これは生まれ持ってる運の違い?

 

 

続いて、次のボックスから出たのは・・・Uー23サインでした。


浦和レッズ所属の遠藤航選手でした。
一応U-23ではキャプテンを任されている選手ですが、プレーについては・・・レッズのサポに聞いた方が早いかな?(個人的には・・・だと思う選手ですが・・・)
尚、このボックスからは岩清水梓選手(日テレベレーザ)のジャージーカードも出ました。

 

 

次回も開封結果でも書こうと思います。
もちろん今度は代表ではなく、いつものアレです。

| | コメント (0)

色々貰ってきました

昨日はジュビロの練習を見に行ってきました。
1日は平日(月)でありながら、一応ゴールデンウィーク期間ということで、見学者も多いんだろうな・・・と思いつつ、練習場に到着すると、やはりというか予想通りな光景が・・・

 

 

まあ人が多いのは仕方が無いな・・・と思いつつ、グラウンドの方に目を向けると・・・


先日の試合中に怪我をしたカミンスキー選手が実践を踏まえた練習をしていました。
多くのサポーターも今か今かと復帰を待っているので、早く怪我を直して再びジュビロの守護神として君臨して欲しいもんです。

 

 

こちらでは・・・


やはり戦線離脱中のムサエフ選手が軽くランニングをしてました。
この日は前日のコンサドーレ戦にスタメン・フル出場(もしくはフルに近い時間で出場)した選手は、午前中に非公開で練習したそうで、この日の午後の練習時、グラウンド内に残っていた選手は、どちらかと言えばサブ中心のメンバーでした。

 

 

で、練習後のファンサービスですが、この日メインでサインを頂いたものは、先日のジュ美女限定のポストカードでした。


 中村太亮 ムサエフ 太田吉彰

 松本昌也 アダイウトン 齊藤和樹

 


 小川航基 カミンスキー

 大南拓磨 藤田義明 針谷岳晃

 

 

あとは、まだ紹介してなかったけど・・・


ユース&ジュニアユース会員限定のカードで、ナンバー5番のカミンスキー選手のカードにもサインを頂きましたが、何故かカミンスキー選手のカードは、これまで発行されたものとは違い、キラキラした特殊加工がされていました。(謎だ!?)

 

 

とどめは・・・


小川航基選手が公式戦初ゴール(ハットトリック)を決めた試合の駐車証に、小川選手よりメッセージ入りでサインを頂きました。
ただ、これを書いて貰う際、こちらの意図がイマイチ伝わらなかったようで、本来なら『公式戦初ゴール』『初ハットトリック』という言葉も入れて欲しかったんだが・・・

 

 

次回も練習見学、更にまだ紹介してなかった開封結果も書いていこうと思っています。
でもね、自分の開封結果なんてもんは、所詮そんなレベル・・・

| | コメント (0)

なんで前半から出来ないのか?

今回は昨日行われた、コンサドーレ札幌戦(ホーム)のことについて書きたいと思います。
このコンサドーレですが、10年くらい前あたりからジュビロにとって相性が悪くなってきた相手であり、ジュビロがJ2にいた時は全く勝ててなかったり、更に記憶にも新しい先日のルヴァンカップでも0-2というスコアで敗れているので、今回こそは!!っていう感じで臨んだんですが・・・(臨んだんだよね?)

 

 

この日は朝から初夏のような暑い日になりました。


この日の自分ですが、スタジアムに着いた時から、ずーっと1人で行動してました。
で、いつも共に行動してるはずの嫁は?というと、先日通勤の最中に交通事故・・・と言っても多重玉突き事故に遭ってしまい、そのせいで首がむち打ち症ということで自宅静養・・・

 

 

んなわけ無いです。
一応ちゃんとスタジアムに来てましたが、そんなに無理が出来ないということで、試合開始直前までは駐車場のクルマの中で休んでいました・・・っていうか、自分の行動に合わせたら、間違いなく足手まといになるし・・・

 

 

で、恐怖の入場抽選ですが、今回も微妙な成績でした。
それにしても、現在の予約抽選方式になってから、我が家の抽選結果が『おお!!』って思った事など一度も無いのは一体どういうことなんですかねぇ?

 

 

この日はゴールデンウィーク期間中において、ジュビロ唯一のホームゲームということもあって・・・


サポーター広場は、こんな感じで非常に多くの人だらけ・・・
先日のルヴァンカップとはエライ違いだと思いました。

 

 

今回の主なイベントですが・・・


可愛らしい仔犬と触れ合える事が出来た・・・らしいです。
正直、この日は人が多すぎて、それどころじゃなかった気がするけど。

 

 

今回は特に回る所も無かったし、来場者も非常に多かったので、さっさと席の方に移動。
これは試合開始15分くらい前・・・


の、ホーム・ゴール裏の様子ですが、密集率はいつもと同じ感じ・・・

 

 

しかし、アウェーの応援席を見ると・・・


写真じゃ分かりづらいけど、普段のアウェー側では見慣れないくらい、とても多くのコンサドーレのサポーター達が来てくれました。

 

 

もちろんジュビロだって・・・


バックスタンドは席が完全に埋まる程、多くの人が来場しました。
やっぱりチーム状態が良いと、客の入りも違う。

 

 

で、この日はジュビロの看板司令塔でもある中村俊輔選手にムサエフ選手、更に守備陣では森下俊選手に守護神カミンスキー選手が欠場・・・なんとも嫌な予感が・・・

 

 

その嫌な予感は試合開始直後、僅か3分にして的中しました。


この日のディフェンスラインは、ハッキリ言えば急造メンバーであり、開始直後から多少のミスが生じても仕方が無いだろうと思ってましたが、まさかそんなにも早く失点(見た感じではマークの受け渡しとかが全く出来てなかった?)するとは・・・

 

 

で、悪い事は続くもので、その失点から1分後に山本康裕選手が怪我をして交代・・・
そして16分にも失点・・・(←この失点はクロスを簡単に上げさせられた、いわば守備陣の凡ミスであり、正直防げた失点だと思う・・・)

 

 

前半の早い時間でありながら、0-2という考えられなかった展開になってしまいました。


先日のルヴァンカップに続き、またしても同じ相手に負けるのか?
でも、ここで負けたら、今後は『中村俊輔選手がいないから負けた』って言われることになるから、それだけは絶対に避けなければならない・・・

 

 

とにかく試合の入り方が今年一番悪かった・・・っていうか、全てにおいてバラバラな状況であり、本当に最悪としか言いようがない前半でした。


で、後半も入りは微妙でしたが、前半みたいな悲惨なものではなかったので、あとは何度か決定的なチャンスを得る事が出来れば・・・と思いながら見ていました。
そうこうしてるうちに、後半15分に川辺選手からパスを貰い、上手く裏に抜けた川又選手、そして後半20分には上田選手が直接FKを決め、なんとか2-2の同点に追いついたものの、さすがに3点目までは厳しかった(実際はビッグチャンスがあったんですが・・・)ようで、なんとか勝ち点1を分け合った感じでした。

 

 

強い相手だと集中するが、格下だと思われる相手だとナメて掛かる・・・(実際、一番格下はジュビロだと思わなきゃいけないのに・・・)そんな気持ちを持って試合してるようでは、上位になんて絶対行けないと思うけどね。
で、次は3日にルヴァンカップ・柏レイソル戦、そしてゴールデンウィーク最終日にはヴァンフォーレ甲府戦が待っていますが、この2試合、自分だけなら別に行こうと思えば行けるんですが、そうすると試合が見れない嫁から文句が・・・

 

 

それにしても選手紹介時、かつてジュビロでルーキーイヤーに大活躍をした金園選手にブーイング(もちろん、毎回のように点を決められる都倉選手や、あの例の菊地選手にも・・・)をし、一度はエスパルスに所属してた小野伸二選手には拍手・・・(ジュビロでは一度でもエスパルスに所属してた選手に対しては、選手紹介時には基本的にブーイングが当たり前)
何だかんだ言っても、やはり静岡県民には小野選手(あとは三浦知良選手)は特別な存在なんだなって思いましたね。

| | コメント (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »