« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

良い引き連発

今回はヤンマースタジアムに向かう道中の車内でひっそりと行われた開封大会の結果を紹介します。
この開封も花火大会だけでなく、ついに遠征途中の車内開封が当たり前な感じになってきた気がする・・・

 

 

ということで、まずは最近頻繁に開けまくっている・・・


おなじみの2017Jカードです。
これは安定してサインが2枚もしくは3枚出るので、大人数で開封するのには非常に良いシリーズだと思います。

 

 

今回の開封は、お客さま3人(Nさん・Mさん・Sさん)に任せました。
で、最初にサインを引いたのはNさんでしたが、その引いた選手は・・・


浦和レッズの遠藤航選手でした。
人気チームでもあり、選手人気もある方だと思うので、これはこれで良かったんじゃないかと思います。

 

 

続いて2枚目・・・は、またしてもNさんの開けたパックから出現。
ここで出たのは・・・


現在日本代表(だっけ?)でもあるFC東京の丸山祐市選手でした。
ここ最近では珍しいことに、同じボックスからJ1の選手が2枚出現しました。

 

 

しかも、この丸山選手のサインカードは・・・


シリアルナンバーが5番という事でジャージナンバーでした。
これ、普通に考えてもド当たりなボックスだったんじゃないか!?

 

 

続いて2ボックス目は・・・


2015ジュビロ磐田・チームエディションです。
既に市場から完全に消えた感のあるシリーズですが、まだまだ我が家には未開封ボックスが複数あるぜ!!

 

 

で、このシリーズで当たりカードを引いたのはSさんでしたが、その引いた選手が・・・


現在オランダのヘーレンフェインで活躍してる小林祐希選手でした。
何だか怖いくらいに当たり級ばかり出現していますが、こういう流れって本当に珍しい・・・

 

 

写真を撮り忘れていたけど、この小林選手のシリアルナンバーは40 of 40ということで、ラストナンバーでした。
そういえば、小林選手のジュビロ所属時代のサインカード(2013~2016)ですが、シリアルナンバーが1番とかラストは非常に良く見かけるんですが、ジャージナンバーに関しては1枚として見かけません。
一体どこに眠っているんだろうか???(もう出てるかもしれんけど・・・)

 

 

そして今回最後に開けたのは・・・


昨年も大変お世話になった2016ジュビロ磐田・チームエディションです。
一応すでに全種所持していますが、超完全コンプリートを考えたら、あと残り1枚だけなんだけどなぁ・・・

 

 

で、このシリーズは再びSさんが引き出しましたが、出た選手は・・・


小川大貴選手でした。
結局今回はこれが最後の開封となりましたが、3人の中で唯一何も引くことが出来なかったMさん、次回こそ何か引けるといいね。

 

 

ということで、沢山持って行ったはずのボックスも結果的には半分も開けることは無かったです。
まあ今回の主な目的は移動中のクルマの中でカードを開封して楽しむ・・・ではなく、あくまでもメインはジュビロの応援の為ですからね。

 

 

昨日のタイトル、()の中の語句が『今回は長居』って間違えてますよ・・・っていう質問が来ましたが、あれは間違いではないです。
わざと・・・です。

| | コメント (0)

昨年と全然変わってなかった件・・・(今回は長居)

今回は2017年J1開幕戦、長居(ヤンマースタジアム)で行われたセレッソ大阪vsジュビロ磐田のことについて書いていきます。
開幕戦のジュビロの成績って、昔からイマイチな印象しかないんですが、さてさて今回は・・・!?

 

 

この日は、まだ空が真っ暗な状態でもある午前4時に我が家を出発。
サポ仲間のNさんMさんSさん、そして自分たちを含めた5人で大阪に向かいました。


今回も前回・・・と言っても2年前(J2時代)、同じセレッソ戦の時にも使用したルートを選択。
ただ今回は前回みたいに時間が無いので法隆寺に寄っていません・・・が、法隆寺インターを過ぎた直後くらいかな?車内全員の携帯が同時に鳴るんですよね、それも聞いたことのあるチャイム音で・・・
なんと震度6強の地震を想定した防災訓練のエリアメールでした。あーびっくりした。(この付近を走行してた同じジュビサポ仲間も、やはり車内全員の携帯が突然鳴りだしてビックリしたそうで・・・)

 

 

アウェー遠征、そして途中休憩と言ったら・・・


やはり車内開封大会でしょう!!(こんなことやってるのは他にいないだろうが・・・)
今回は様々なボックスを計7つ持っていきましたが、結局時間の関係で開けたのは3ボックスだけでした。
開封結果は次回紹介します。

 

 

で、この日は色々な所で渋滞とかにハマり、現地に到着したのは午前10時過ぎ・・・


クルマを降りてから目の前のスタジアム(大きな木がある先)を目指す今回の御一行。(自分の指が入っちゃった・・・)

 

 

で、今回の試合会場でもあるヤンマースタジアム(長居陸上競技場)です。


近年は隣接するキンチョウスタジアムでの観戦が多かったんですが、ヤンマーとなると多分2004年以来になります。

 

 

開門2時間前のアウェーゲート付近の様子です。


開幕戦だから・・・っていうのもあるかもしれないけど、磐田から遠く離れた場所でもあるのに、本当に多くのサポーターが集まったと思う。

 

 

自分たちの並んでいた後ろの広い場所に、何だか見たことがある連中たちが・・・


彼らは今年のジュビロ・シーズンソングを歌う、『UNIONE』というグループで、この日は所属事務所の方々と共にジュビロを応援するために、普通にゴール裏に入って観戦に来ていました。

 

 

サポーターの方に向かって何かよく分からないポーズを取っていたので、それに応えるように撮影。


尚、彼らはゴール裏でファンに対し、普通にサインとかしていました。かなりフレンドリーな感じでしたよ。

 

 

尚、彼らが今年歌うのは、パッサボーラ・ジュビロverだそうで、原曲は以下の曲です。

https://www.youtube.com/watch?v=E9wCFCqY-Bw

 

この曲を初めて聞いた時、出だし部分が以前も紹介したトライゴンという名のシューティングゲームの6面ボスの曲に似てるな~と思ったのは、多分世界を探しても自分だけだろう・・・

 

トライゴンの6面ボスの曲(Danger Zone !)

https://www.youtube.com/watch?v=cJEj9lb5rrA

 

 

UNIONEだけではなく、静岡第一テレビ(Daiichi TV)も取材に来ていました。
静岡では土曜日の夜11時30分より、D-sportsというスポーツ情報番組を放映していて、その番組に出演している人気女子アナウンサー・杉岡紗絵子さんがサポ達の前に来てくれました。


実はこの時、最初に声を掛けられたのは自分でしたが、自分は公の場に出るのは出来るだけ避けているので、一緒に応援してる仲間たちが代わりにインタビューを受けてくれました。(その日の夜、その模様が放映されました)

 

 

この時ですが、仲間のインタビューが終わった直後、杉岡アナが番組内で色々挑戦してること(ボウリングやスケートなど)とか、先日の磐田での卓球の2人のパレードの時の事(←取材に来てた)とか、かなり色々お話することが出来ました。
そして最後に自分だけに・・・


Dスポ・ポーズ(両手で『D』の文字を作るポーズ)。
ありがとうございました!!

 

D-sports

http://www.tv-sdt.co.jp/d-supo/

 

 

で、午後1時に開門しましたが、やはり開幕戦は特別に気合が入りますね。


なんと今回はアウェーであるにもかかわらず、ゴール裏に詰めかけたサポーターは約2,500人!!
ここ最近のジュビロでは絶対ありえないような人数でした。

 

 

セレッソ側も・・・


写真だと分かりづらいが、結構な数のサポーターがゴール裏を埋めています。
一応チケット販売時はJリーグに復帰した清武選手も出るつもりだったんでしょうが・・・

 

 

試合開始15分前の様子。


応援も始まり、さて臨戦態勢!!勝って帰ろう!!

 

 

キックオフ直前には・・・

青と白のビニール袋で大きなコレオを創りました。
どんなデザインなのか、まだ見ていませんが・・・

 

 

で、試合は・・・


結果から言えば0-0のスコアレスドローという、応援してる人間、そして見てる者にとって、何とも面白くもない結果でした。
この試合は何が問題なのか?というと、挙げればキリがないんですが、それでも守備陣は最後まで集中して守ってくれたので、その点だけは良かったんじゃないかと思います。

 

 

本当は色々書きたいんですよ。なんで○○選手がベンチにも入っていないとかね・・・勝つ気あるのかよ!?って思ったよホントに・・・

 

 

次節はホームの開幕戦・ベガルタ仙台戦です。
さすがにもう攻撃陣が目を覚まさないことにはサポーターも許さないでしょう。
どんな内容でもいいから、とにかく勝ってホームのお客さんを納得させることが最低条件です。

 

 

次回は今回の道中での開封結果です。
こういう場にしては、珍しく良い結果だったような・・・

| | コメント (0)

もうすぐ出発

明日、いよいよ2017年のJリーグが開幕します。
例年というか、J1どころかJ2時代でも開幕戦は滅法弱いイメージがある我がジュビロ磐田は、もう何度も言われているようにセレッソ大阪(アウェー)と対戦します。

 

 

ということで、明日は大阪まで行ってきますが、今回の出発時刻は日付が変わった午前4時であり、おそらく長距離の運転になるので、23時前には就寝してるでしょう。
尚、今回遠征の同行者は5人なんですが、なんと野郎は自分1人・・・クfルマの中が華やかになるか、やかましい状態になるかは分からないけど、まあ安全運転で頑張ろうかと思っています。
ちなみに今回のクルマ内の5人ですが、自分と嫁で平均年齢を上げてるのは間違いない・・・

 

 

さて、土曜の夜は楽しく帰宅出来るように、試合中は全力で選手の後押しをしないとな。
とにかく最初から最後まで気を抜かずに頑張っていこう!!

 

 

 

 

 

 

あ、道中ではボックス開封も少しだけやる予定なので、そちらの方も頑張ろうと・・・

| | コメント (0)

開幕直前ということで・・・

今回は開封結果です。
開けたのは、もちろん・・・


いつものヤツ(2016Jカード)です。
やはりJカードは、何度開けても楽しいシリーズだと思う。

 

 

このボックスはサインが2枚でした。
最初に登場したのは・・・


モンテディオ山形の山田拓巳選手でした。
正直どんなプレイヤーなのか分かりません。

 

 

2枚目に出たのは・・・


浦和レッズの宇賀神友弥選手でした。
このシリーズで引いたレッズの選手のサインカードはズラタン選手と宇賀神選手ばっかりのような気がする・・・

 

 

最後に今日は2月22日(ネコの日)ということらしいので、コイツでも載せておこう・・・


今回開封してるとき、自分のシャツの上で丸くなって寝ていました。
最近、夜になると超鳴きながら寄ってくるんですが、これが本当にやかましいほど・・・
あとネコの鳴き声は、普通よく「ニャーニャー」って感じで表現されたりしますが、我が家のネコの鳴き声は「ニャー」ではなく『な~う』っていう感じで聞こえます。(自分は「なうなうの姿が見えんな・・・」とか、よく言ったりしてる)

 

 

さて・・・2017年のJリーグ開幕まで、あと3日まで来ましたね。
今回もオフの間には色々あったけど、なんとか無事に開幕を迎えることが出来て良かった・・・なーんていう感じの土曜日になればいいかな・・・
もちろん一番重要な事は、試合に勝って勝ち点3を土産に磐田に戻ってくることですが。

| | コメント (0)

開幕戦必勝祈願旅行(90%ウソ)

先日の土曜日&日曜日ですが、地元の方々(計11人)と毎年恒例の旅行・・・ということで、今回は三重県の松坂、そして伊勢市に行ってきました。

 

 

今回の旅のスタートとなった土曜日ですが、我が町でもある袋井駅への集合時間は午前6時30分でした。しかし自分だけは休日出勤ということで、この日は仕事を速攻で済ませ、夜の宴会から合流ということで、初日の目的地でもある松坂市までは完全1人旅でした。


浜松から新幹線を使用。
ちなみに朝から出発した10人はJRの各駅停車で松阪まで向かったそうですが、先発隊を追いかける形となった自分は現地まで行くのに考えられる一番早い方法(新幹線~近鉄特急)で向かうことになりました。

 

 

で、自宅を出発してから、約2時間ちょいで・・・


初日の目的地でもある松坂に到着。
ちなみに早朝出発組は全て各停乗車だったので、ここまで来るのに約4時間30分くらい掛かったそうです。(特急万歳!!)

 

 

駅前には・・・


松坂牛のモニュメント・・・じゃなく、パネルが置いてありました。
よく観光地とかで一緒に写真が撮れる・・・というアレですね。

 

 

で、午後5時30分に宿に到着。
宴会は午後6時から始まることになっていたので、本当にギリギリでした。

 

 

宴会の料理は当然のように松坂牛が出ました。


これは今回食べた料理の中の一つ、おなじみ松阪牛のすき焼きです。
さすが世界に誇るブランド牛だけあって、超美味かったです。

 

 

で、翌日(日曜日)は午前5時に起き、まだ辺りが真っ暗な中をたった1人で市内周辺を散策・・・
コンビニが全く見当たらないばかりか、ビックリするくらい何もない所でした。

 

 

唯一存在してたのが、たまたま市役所近くに見つけた松坂城跡(公園)です。


前日の宴会の時、先に散策に来た連中たちが「あそこは石垣に転落防止の安全柵が無いからマジで怖い・・・」なんて言ってたから、どんなもんかと思って、その問題の場所と思わしき石垣の上から下を見てみると、これが本当にマジで怖かった。

 

 

これは城跡の広場です。


この日は朝から風が強くて超寒かった。
当然だが、こんな時間にウロウロしてる物好きな人間は自分しかいませんでした。

 

 

空が少し明るくなってきたので、松阪市内を撮影。


なんだかサッパリ分からないですが、明るくなれば市内が良く見えるそうです。

 

 

で、1時間くらい歩きまわってから宿に戻りました。
くどいようだけど、本当にマジで寒かったな・・・

 

 

さて旅行2日目ですが、この日は伊勢神宮参りです。
午前8時30分という比較的早い時間に宿を出発。


まずは伊勢市まで向かいました。

 

 

で、最初の目的地でもある伊勢神宮・外宮です。


正直な所、特にこれは・・・!?っていうような物は無かったです。

 

 

この後は同じ伊勢神宮で、内宮と呼ばれる方に向かうことになるのですが、外宮から内宮までは割と距離もあるし、今回の旅行は人数も多かったので、その区間はタクシー3台に分乗しで行くことになりました。


そして約15分後、伊勢神宮・内宮に到着。
同じ場所から乗って同じ場所で降りたのに、それぞれ料金が全然違ってたのは何故だろ!?(同じ会社、同じ中型車なのに差額が約500円も違うのは、さすがに問題だと思う・・・っていうか、なんでだろ!?)

 

 

こちらは参拝者が超多かったです。


まあ内宮の方が、外宮よりも色々あるからだろうけど・・・

 

 

やはり一番の違いは・・・


やはり、お土産屋や飲食屋さんが立ち並んでいるからなんでしょうね。
すっごい数の人だったけど、これでも普段よりは少し少ないという・・・

 

 

ここで参拝を済ませた後は、古市参宮街道を歩きながら色々な史跡とかを巡り、最終目的地でもある宇治山田駅を目指すことになりました。

 

 

途中、見掛けた物で撮影した物を紹介していきます。
まずこれは伊勢の看板商品でもある、あの赤福の本店らしいです。


建物は古いけど、大きな看板とか味がありますね。

 

 

色々な店を見ながら食い歩き・・・


このお店の看板商品でもある『かわあげ君』は、鶏の皮を油で揚げたもので、某コンビニの商品名と似てるけど全く違う商品です。
ただ残念だったのは、これ全然温かくなかったんだよね・・・

 

 

宇治山田駅までは、だいたい5キロくらいだったような・・・まあ全然たいした距離じゃ無いけど。


内宮を出発してから約1時間半、今回の旅の最終目的地でもあった宇治山田駅に到着しました。
こういう一日歩きまくる旅も、たまにはいいかな~?と思います。
尚、この日歩いた歩数ですが、万歩計によれば以外と多い21,867歩でした。

 

 

今週土曜日に大阪方面に向かう際、再びこちら方面も通るんだよな・・・

| | コメント (0)

5連続ならず・・・

今回は・・・いや、今回も開封結果です。
開けたのは、もうお馴染みの・・・


2016Jカードです。
これが一杯余っているからなぁ・・・

 

 

ここまで4連続で箱3サインのボックスに当たっているんですが、このシリーズで箱3に当たる確率は、だいたい3分の1か4分の1というので(先日から)5回も続くのは無いだろう・・・と思いながら開封してみましたよ。

 

 

結論から言うと、さすがに5回連続はありませんでした。
まあ当然の結果でしょう。

 

 

ということで、このボックスで最初に出現したのは・・・


横浜FCの南雄太選手でした。
南選手って、今は横浜FCに所属してるんですね・・・っていうか、横浜FC系は先日も引いたぞ・・・

 

 

2枚目は・・・さすがにJ1でした。


ここで出たのは柏レイソルの山中亮輔選手でした。
レイソルも先日引いたな・・・

 

 

ということで、今回は以上の2枚でした。
J1は出やすい傾向があるというのに、ここ最近5ボックス開けてJ1の出現サインの枚数が開けた箱の数と同じってのは、なんか間違ってるような気がする・・・

 

 

最後。
先日発売された2017Jリーグの開幕戦(セレッソ大阪vsジュビロ磐田・2月25日)のチケットを買ってきました。


なんか一応注目のカードということで、チケットの売れ行きが好調らしく、最悪の事態(要するにチケット完売)になる前に・・・という事で、いつもより早めに購入しました。
でも良く考えてみれば、昨年ジュビロはギリギリでJ1残留し、セレッソもギリギリでJ1に昇格してきたチームですよ。
対戦カードとしては、結構微妙だと思われても不思議じゃないのに、こうやって注目されるのはありがたいと同時に、ちょっと迷惑な所もあるんですがね・・・

| | コメント (0)

まさかの4連続!!

今回は開封結果です。
開けたのは、最近おなじみ・・・というか、結局これが開けてて一番楽しい気がするという・・・


2016Jカードです。
ここ最近は3連続でサイン箱3のボックスに当たっていますが、果たして今回は・・・って感じで開けましたが、なんと今回も箱3ボックスでした。(これで4箱連続箱3達成)
この2016年のJカードは、なんていうか、やたら相性がいいんですが、これが代表では必ずダメダメになるのは何故だろ!?(2015Jは全体的にダメだったが、2014Jは相性が良かったし・・・ってことは、今年のJカードは・・・!?)

 

 

ということで、早速開けてみましたが、このボックスから最初に登場したサインは・・・!?
なんと、自分が一番見慣れてるエンブレムのチームが出てくれました。

 

 

自引き出来ると嬉しい!!


我がチームのアダイウトン選手でした。(通算3枚目)
丁度抜けてた1枚なので、これはマジで嬉しかった。
このシリーズで、ジュビロのサインを引いたのは、これが7枚目(櫻内渚・太田吉彰×2・アダイウトン・中村太亮×2・小川航基)になります。

 

 

このボックス2枚目に登場したのは・・・


ツエーゲン金沢の山藤健太選手でした。
J2はサインの枚数が少ないはずなのに、なんかツエーゲンはジュビロよりも沢山引いてる気がする・・・

 

 

そして、このボックスも3枚目のサインが出てくれました。
先日の箱3同様、3枚の内訳がJ1・J2・J2NEWとことで、全く同じパターンですが、この選手は知名度も高いし、人気もある選手なので、まあ良かったんじゃないかと・・・


出たのはギラヴァンツ北九州の本山雅志選手でした。
アントラーズ時代から、相も変らずサインが適当なんだな・・・と思いました。

 

 

おまけ・・・
この日のニャー。


タワーの登り板の裏側に回り、登り板を両手(正しくは前足)でしっかりつかみながらキックを連打しつつ、こちらを覗いたりしていました。
身体もある程度の大きさだし、キックの力も強いから、多分いつかは登り板が破壊されるんじゃないかと・・・

 

 

次回も開封結果が紹介出来ればいいけど・・・やるか?
あと、今年の開幕戦(セレッソ・アウェー)ですが、花粉の影響も考えられるため、あまり遠出したく無かったんですが、結局いつものように行くことになりました。
もう開幕まで2週間を切ってるんだよなぁ・・・

| | コメント (0)

残りの2冊も見つけた(今回は長いうえにマニア向け・・・)

今回はゲームのお話です。
今回の記事ですが、実は昨年末くらいまでに書きかけてあった事であり、ずーっとほっぽらかし状態でした。(実際写真が以前のサイズのまんまだし・・・)
記事を書き始めた前日くらいだったかな?たまたま袋井市内の本屋に寄ったところ、店内でカード収集仲間のI先生と遭遇し、その時に少しカードのお話をしていて、その時に本当に何気なくゲーム系雑誌のコーナーに目を向けたら、視界に飛び込んで来たのは、自分がずーっと前から探していた本を発見!!
しかも2冊も!!

 

 

その2冊というのが・・・


以前も紹介したことがあった、OLD GAMERES HISTORYの、まだ自分が入手してなかった未所持分・2冊でした。

 

 

前回紹介したのは、まだゲームが世に出たばかりの時期の作品が中心ということでしたが、今回の2冊はシューティングゲームにとって一番輝いていた時期、いわゆるシューティング黄金時代の作品が多数収録されています。
実際、自分もこの2冊が発売されるのを今か今かと待っていました。(発売されたのは数か月前でしたが、たまたま置いてある書店に行くことが無かった・・・)

 

 

自分が社会人になった年、会社の研修で半年間名古屋に住んでいたんですが、その時に近くのゲーセンで出会った多くの仲間たちと、ほぼ毎日のように日々技を磨き、様々なゲームで全国TOPを目指しつつ、鬼のようにやりこんでいた、あの頃・・・
既に20年以上の月日が経ってしまい、多くのゲーム仲間も家庭を持ったり、仕事が忙しくなったりで、この世界から引退してる人も数多くいますが、それもまた人生・・・

 

 

今回収録されてる作品は、そのシューティング全盛期の頃から、格闘ゲームの台頭により、気が付けばゲーセンから消えつつある衰退期までのものばかりであり、基本的に自分が所持してる基板の8割強は、この時代に出たゲームが大部分だったりします。(某オークションで見ると、今でも超高額で取引されてるゲームばかり・・・つまり、今でも人気が高いっていうことです)

 

 

尚、この本はシューティングゲームの紹介本としては、先に発売された創成期編も含め、全3冊構成となっております。
ここからは今回の2冊に収録されてる主なゲームの紹介でもしときましょう。

 

 

◇グラディウスⅡ(1988年 コナミ)


1985年、斬新なパワーアップアイデアと驚きの面構成、そして一度聴いたら耳に残るような美しいBGMで多くのシューターを虜にしたグラディウスが発売されましたが、それから3年後、前作を更に上回るスケールで突如世に登場した怪物ゲーム。
発売当初から更に多くのシューターを魅了、当時は全国的に大フィーバーを起こした歴史的作品・・・それがグラディウスⅡです。

 

 

自分がこのゲームを初めて見たのは、豊橋駅から歩いて数分の所にあったプレイシティーキャロット豊橋店。(当時、全国規模で展開してたナムコの直営店)
ハイスコア集計で最初の月にして、当時から全国でも超有名なプレイヤーにより、全国トップの記録が叩き出された店でした。

 

 

で、初代グラディウスで1000万点+αを出してた自分も、この続編は当然のように発売直後から狂ったようにやり込みましたが、才能が無かったのか?プレイしても全く上達せず、その後も基盤を購入して自宅等で数百回レベルで練習するも、現在まで平凡な記録しか出してません。(230万程度・・・)
ちなみに、ここで何度も紹介してる、かつて近所にあったゲーム・まりんでは、おそらく全国でも5本の指に入る程に上手いプレイヤーが2人存在していて、彼らにより何度も何度も1000万点+αのスコアが叩き出されています。(東京の某有名ゲーセンには多くの凄腕ゲーマーが集まりますが、自分はそういう所でも彼ら2人以上に上手いプレイヤーは1人として見たことがありません!!)

 

 

現在動画で上がっている中では、多分これが一番凄い事をやっています。
収録時間が6時間越えと長いですが、1時間を超えたあたりからは一般の人は付いていけないレベル。

 

◇グラディウスⅡ

1000万+α・2番装備(シールド)

https://www.youtube.com/watch?v=tXRZPtSiSlk

 

それでも、まりんに来ていた2人のプレイヤーは更に凄かった・・・

 

 

◇ジェミニウイング(テクモ)

◇ラビオレプス(ビデオシステム)


ジェミニウイングは1987年にテクモが発表した縦スクロールシューティングゲームで、全8面構成となっていて、最終面のボスを倒すとクリアとなり、ゲーム終了となります。
この最終ボスですが、弱点を隠しながら攻撃してくる非常に厄介なヤツで、倒し方を知らないとマジで苦労します。当然このゲームも基盤を持っていますが、全面クリアをした事があるのは僅か1回だけだったりします。

 

 

◇ジェミニウイング

全8面クリア・1,941,910 pts

https://www.youtube.com/watch?v=G0qlCqhTYjo

 

 

ラビオレプスも1987年に発表されたゲームですが、そのメーカーが当時脱衣麻雀で有名なビデオシステムということで、発売当初、果たしてゲームとして通用してるのか?という疑問みたいなものがありましたが、これが細かいシステムも含め、しっかり練り込まれた良作でした。ビデオシステム、やるじゃん!!って思ったっけな~・・・全面クリア時に一度も死ななければノーミスクリアボーナスとか、一度もサブウエポン(誘導ミサイル)を使用しなければ、これまた大量のボーナス点が貰えるなど、超上級者による点数稼ぎも非常に熱いゲームでした。

 

 

◇ラビオレプス

ノーマルコース・全12面クリア・3,875,900 pts

https://www.youtube.com/watch?v=0pFXTfno6DM

 

このゲームも一時期基板を所持してたけど、手放しちゃった・・・惜しい事をした。

 

 

◇首領蜂(ケイブ&アトラス)

◇ゲーム天国(ジャレコ)


首領蜂(ドンパチと読む)はアトラス&ケイブというメーカーが発表した縦スクロールシューティングゲームですが、これまでシューティングゲームと言えば、画面上に敵弾が大量に出現すると、場合によっては避けるのが困難なイメージがありました。
しかし、この首領蜂は画面上にこれでもか!!とばかりに埋め尽くす大量の敵弾の中をギリギリで交わして避けまくって敵を倒して行く!!という、これまでのシューティングの概念を変えた記念すべきゲームでもあります。
画面上に超大量に出現する敵弾を非常に当たり判定の小さい自機を操って進み、到底無理だと思ってる敵弾の壁も何故か避けれてしまうという不思議な感覚・・・

 

 

これが新たなジャンル、つまり弾幕系シューティングの始まりでした。(この作品の続編は怒首領蜂(ドドンパチ)、怒首領蜂大往生、怒首領蜂大復活と続く・・・)

 

 

この首領蜂は全5面で構成され、5面のボスを倒すと難易度の上がった2周目に行けますが、この2周目5面のボスを倒すと、今度は真のラスボス(首領蜂)が現れ、それを倒せれば全面クリアとなります。

 

◇首領蜂

全2周クリア・Aタイプ使用・36,567,130 pts

https://www.youtube.com/watch?v=J7iJbWnWjJQ

 

 

ゲーム天国は通常ゲーム&タイムアタックの2つのモードが楽しめるシューティングゲームで、通常ゲームは全6面構成となっていて、6面ボスを倒した後、ある条件を満たすと難易度の上がった2周目に進めます。(2周目をクリアすると終了)
タイムアタックは読んで字のごとく、決められた時間内に敵を撃ちまくって点数を稼ぐモードなんですが、この時は時間内なら何度もやられてもOK(ただし、タイムロスになるため点数が落ちる)なんですが、これが非常に熱いモードで自分も相当ハマりました。
そして、とある全国的に有名なゲーマーが暴露した話では、過去に一番金を使ったゲームは、このゲームのタイムアタックモードであり、使用金額が1ヶ月に約10万くらいとか・・・(もちろん、その方は全国トップを取りました)

 

◇ゲーム天国

6面クリア・セリア使用・3,164,020 pts

https://www.youtube.com/watch?v=WMkqSwa9k0k

 

全2周クリア・セリア使用・11,813,870 pts(下の動画で50分過ぎからのプレイが2周クリアです。良く分かる実況付き)

https://www.youtube.com/watch?v=hxY7EWOEtPE

 

尚、タイムアタックモードは割愛します。

 

 

◇レイフォース(タイトー)


世の中が格闘ゲームばかりになりつつあった1993年、タイトーが久しぶりに世に送り出した正統派シューティングゲーム、それがレイフォースです。
美しいグラフィックと音楽、そしてロックオンレーザーという新しいシステムをウリに衰退しきっていたシューティング界に喝を入れるべく発売されたこのゲーム、まだまだ格闘ゲームなんかには負けねーぞ!!って感じでゲーセンでは安定した人気を誇っていました。
ゲームは全7面構成で最終面のボスを倒すと終了となります。

 

 

宇宙から始まり、惑星上空、惑星地表、そして惑星内部まで進み、地底奥深くに存在するマザーコンピューターを破壊し、任務を遂行した自機が地底から脱出するも、結局爆風に巻き込まれてしまい、ボロボロになった自機が宇宙空間を漂い、そして最後に通信が途絶えるという、あまりにも悲しすぎるエンディングも話題になりました。

 

 

これは内輪ネタになりますが、当時全国的に有名なプレイヤーのプレイビデオが世に出回り、自分のとこにもビデオが回ってきましたが、そのプレイっぷりが凄まじく、自分にはちょっと真似出来ないレベルでしたが、この時一緒にビデオを見ていたウチの弟が、いきなり「これ絶対欲しい!!もし売ってたら買ってきて!!」と言ってきたので、その日のうちに某基板屋さんに速攻で買いに行ってきたというエピソードがあります。(この時、基板を3~4枚くらいまとめて購入した記憶がある・・・)
尚、このゲームを入手した弟は、それから鬼のような練習をした結果、全国までとは行かなかったが、静岡県内では多分一番高いスコアを記録しています。(今でも抜かれて無いかも?)

 

 

この作品の続編は、レイストーム、レイクライシスと続いていきます。

 

 

◇レイフォース

全7面クリア・8,011,400 pts

https://www.youtube.com/watch?v=IZx5e_XAzlM

 

このプレイの凄い所は連射装置を使っていない点だと思います。

 

 

◇サンダードラゴン(NMK)

◇BATSUGUN(東亜プラン)


サンダードラゴンは激ムズゲームで有名なNMKが世に出した作品で、全8面構成となっていますが、序盤から初心者には敷居が高い感じのシューティングゲームでした。
道中の音楽は良いんですが、何せ難易度が鬼で、特に最終8面の難易度は、このゲームを1周したことがある友人に聞いたところ、「1面の1000倍はムズい!!」と言い放つくらいでした。
ちなみに自分ですが、このゲームは全く手を出さなかったです。

 

◇サンダードラゴン

1000万+α・3周目6面で達成

https://www.youtube.com/watch?v=ltz4A9_Swng

 

まさか、1000万動画があるとは思わなかった。世の中には凄い人がいるんだなぁ・・・

 

 

で、最後はBATSUGUNですが、このゲームは東亜プランという社名で発売された最終作品であり、これの発表数か月後、東亜ゲームのファンたちは一生忘れる事の無い悲しい知らせを聞くことになりました。
ゲームの方は全5面構成のシューティングゲームであり、派手なパワーアップと経験値システム、そして様々な場所に隠されてる59,630点のシークレットボーナス(通称・ゴクローサンボーナス)など、好みにうるさい人には少々難点が多い作品でしたが、それでも難易度は比較的易しい部類に入るという点が多くのゲーマーに支持されたんじゃないか?と思います。

 

 

このゲームの自己ベストはAタイプで出した1600万点ですが、実はその記録は10年くらい前に出したもので、当時自分はインフルエンザで会社を休んでいたんですが、あまりにも退屈だったので、自宅でプレイした時に何となく出たもので、それ以降そんな高い得点は何故か出る事はありませんでした。

 

◇BATSUGUN

Aタイプ・全面クリア・4,004,320 pts

https://www.youtube.com/watch?v=qSMwbFgcdys

Bタイプ・全面クリア・10,588,790 pts

https://www.youtube.com/watch?v=0rPFBDoMwwI

Cタイプ・全面クリア・8,193,020 pts

https://www.youtube.com/watch?v=wlDs0xKiyqU

 

 

最後に以前ここでも宣言したけど、自宅ゲーセン化計画ですが、実は全く進んでなかったりします。
何が大変って、そりゃあ片付けです!!
それさえ終われば、あとは何とでもなるんですがね・・・

| | コメント (0)

枚数は良く出た!!

今回は開封結果です。
開けたのは先日発売された、最新作の日本代表SE・・・ではなく、


こちら!!
2016Jカードです・・・っていうか、このシリーズはもう数えきれなくなるくらい大量に開けている気がする・・・

 

 

今回開けたのは、例の花火大会用のストックではなく、先日オークションに格安で出品されていたもので、計3ボックス開封しましたが、なんと3ボックス全てがサイン箱3という、自分としては信じられない当たりっぷりでした。
箱3ということは、今回目玉が多いニューカマーが必ず1枚確定ですからね。

 

 

でもね、今回箱3だったのは結果としては良いんだけど、入っているパターンがちょっと・・・
というのも、一応全部で9枚もサインが出たというのに、期待してた・・・というよりも、交換とかに有利なJ1が3枚だけで、残り6枚が全体的に数が少ないはずのJ2、おまけにニューカマーまで全てJ2ですからね。
J1が1枚・J2が2枚(うち、片方がニューカマー)という組み合わせが3度も続いたですから、これはちょっと・・・って思いたくもなります。

 

 

箱で3枚も出たから、テメー贅沢なこと言ってんじゃねーよ!!って思われるかもしれませんが・・・
あ、当然ジュビロは1枚も出ませんでした。

 

 

ということで、先日の日本代表同様、ちゃっちゃと紹介して終わりとします。
最初のボックスの1枚目は・・・


引くのは多分4度目となった京都サンガの染谷悠太選手。
尚、このシリーズで京都の選手は多分10枚以上は引いています。

 

 

2枚目は・・・


こちらも先日引いた柏レイソルの中谷進之介選手。
ちなみに、先日引いたのはシリアル1番でした。

 

 

3枚目はニューカマーでした。


レノファ山口の北谷史孝選手でした。

 

 

2ボックス目です。
最初の1枚目から、いきなりニューカマーが来ました。


出たのは横浜FCの西河翔吾選手でした。
確か他のチーム時代の時も良く引いた記憶があります。

 

 

2枚目は・・・


サガン鳥栖の豊田陽平選手でした。
今回引いた9枚の中で多分1番知名度がある選手だと思います。

 

 

3枚目は・・・


徳島ヴォルティスの岩尾憲選手でした。

 

 

3ボックス目です。


1枚目はヴィッセル神戸の石津大介選手でした。

 

 

2枚目は・・・


徳島ヴォルティスの内田裕斗選手でした。
なんか徳島も通算枚数だと良く引いた印象が強い・・・

 

 

3枚目はニューカマーでした。


出たのは、セレッソ大阪の杉本健勇選手でした。
これでおしまい!!

 

 

今回の開封状況・見届け人・・・じゃねえや、見届けネコ。


自分の開封作業を、見ての通りスキャナーの上で非常に眠たそうに観覧してました。
で、このことを後で嫁に報告したら、「なんでそんな状況で黙ってたんだよ!?スキャナー壊れたらどーすんだよ!!」と激怒されましたが、まあネコだから仕方が無いと・・・(多分、スキャナーの上が暖かくて心地よかったんだろう・・・)

 

 

次回は久しぶりにゲームのお話でも書きたいと思います。
そーいえば、今年になってから全くゲームやってないな・・・(そういう環境が減ってきてるせいでもあるが・・・)

| | コメント (0)

本当に何もいう事は無い結果です

今回は先日の日曜日、KINGSにてひっそりと行われた日本代表SEの開封大会・第2幕について紹介していきます。
一応今回こそ・・・って感じで開けたつもり(毎回そう意気込んでいるんだが・・・)
ですが、まあ自分の引きなんて所詮アレですから・・・

 

 

1週間前、自分が店に行くと既に常連さんたちによって空っぽな状態になっていたKINGSの商品棚でしたが、今回は・・・


こんな意味ありげな形で残っていました。
一応NEWカートンからということで、ここまでに地雷(要するにジャージのみのボックス)も1つ撤去されていた状態なので、最悪スカらない可能性は高いはず!!

 

 

ということで・・・


この日の自分としては大きな勝負の1ボックス。
自分としては、小林祐希選手が出てくれれば万々歳ですが、それ以外なら交換に強い選手が出て欲しいところでした。

 

 

で、結果をちゃっちゃって感じで紹介しときましょう。
このボックスから出たのは・・・


正直、あんまり歓迎してなかった女子のサイン(なでしこジャパン)でした。
出たのは熊谷紗希選手ということで、一応最後の文字(希)だけが自分としてはビンゴなんだけど・・・

 

 

尚、このボックスからはノーマルジャージも出ました。


出たのは遠藤航選手でした。
まあ箱2だったということで、最悪ではなかったけど、なんていうか・・・

 

 

尚、他の方々の結果も一部書いておきます。


これはK氏の開けたボックスから出た、ノーマルジャージ×2枚・・・
っていうか、サイン+ジャージの組み合わせなら分かるんですが、こんなジャージが2枚入りのボックスがあるなんて・・・

 

 

で、こちらはI先生の結果ですが・・・


一応狙ってたという女子の高倉監督が出ました。
この写真は帽子により表情が良く見えないので、何とも言えないんですが・・・

 

 

結果として、やっぱり自分は代表カードはもういいや・・・って感じです。
やはり自分には、代表より安くて、しかもサインが確実に2枚も出るJカードの方が何倍も開けてて楽しい・・・ということで、次回は最近安売りしてる感の強い2016Jカードの開封結果を書きたいと思います。

| | コメント (0)

特殊シリアル×4枚も入手

今回は開封結果の予定でしたが、写真が用意出来なかったので次回に紹介したいと思います。
で、その代わりに、まだ未紹介だったものや、最近入手したカードの紹介を簡単にして終了とします。


◇2009Jカード・シリーズ2 駒野友一 40枚限定直筆サインカード(通算3枚目)

◇2016ジュビロ磐田TE 松浦拓弥 40枚限定直筆サインカード(シリアル・ラストナンバー・通算7枚目)

◇2016ジュビロ磐田TE 小川大貴 40枚限定直筆サインカード×2(シリアル1番&24番・ジャージナンバー・通算2&3枚目)

◇2016ジュビロ磐田TE 大南拓磨 40枚限定直筆サインカード(シリアル25番・ジャージナンバー・通算2枚目)

 

ずーっと前から探していた、駒野選手のサインカード(3枚目)をようやく入手し、目標枚数に達したことで、これでもう探さなくても良くなりました。
あとは昨年のチームエディションの特殊ナンバーを4枚も入手、しかも2枚がジャージナンバーということで、自分としても久しぶりに良いトレードが出来ました。

 

 

今回交換してくれたK氏、そして匿名の方・・・どうもありがとうございました。

 

 

で、次回はKINGSでの開封大会・第2幕(仮称)の様子を紹介したいと思います。
果たして自分は、これまでの鬱憤を晴らすような引きが出来たのか!?
そして全国の開封結果でも、これまで全く聞いたことが無いような組み合わせで出現した○○とか・・・そこら辺を詳しく紹介します。

 

 

たまに『開封動画ってやらないんですか?』っていう感じの質問を頂きますが、正直なところ、本当はやってみたいんですよ。
実際自分も良く色々な開封動画とかを拝見しますが、結果はともかくとして、開封してる途中の面白さとかなら絶対に自信があります・・・が、残念なことに自分は撮影機材とか全く持って無いし、もし仮に撮影出来たとしても、それについて様々な問題とかも発生してくる可能性があるので・・・(こういう事は開封するたびに毎回思っているんですよ・・・特に花火大会の時だったら、本当にマジで凄い動画が撮れそう・・・)

| | コメント (0)

開けに行ったつもりが・・・

今回も開封結果・・・ということで、先日の日曜日になりますが、日本代表SEを開けにKINGSに行ってきました。
しかし、店に着いてから自分が見たものとは・・・


商品棚の上には野球、女性アスリート系(シャイニング・ヴィーナスとか女子バレーとか・・・)のみ・・・
一番の目的でもあった日本代表の姿が見えません。

 

 

聞けば、今回は1カートンほど入荷してたそうですが、常連でもあるI先生K氏、そして店長さんで全て開けちゃったそうで、自分が到着した時は既に全てが終わった後でした。

 

 

何か写真でも・・・ということで、この日I先生が開けたボックスでも・・・


最新作のシャイニングヴィーナス、そして下に重なっている惜別球人・・・

 

 

自分が到着する数分前まで残っていたと言われている、最後の代表SEも開封したりしていました。


でも、次の土曜日あたりに再び入荷するとのことなので、その時こそ開けれれば・・・と思っています。

 

 

尚、ここで何も出なかったら、このシリーズはもう開けないつもりです。
っていうかさあ、よくぞここまで毎回毎回全くと言ってもいいくらい、誰もがビックリするような物を引かせてくれないんだな・・・って思うよ。

| | コメント (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »