« とりあえず頑張るだけ・・・ | トップページ | 写真・・・これからどうするか・・・ »

最後に驚いたこと(今回は長い)

今回は昨日行われた、第19回ジュビロ磐田・メモリアルマラソンの事について書いていきます。

 

 

この日は11月にしては、ちょっと暑過ぎるんじゃないかな?と思うような気温であり、しかも全く風の無いということで、マラソンには超が付くくらい不向きな天気でした。


午前7時50分頃の会場の様子です。
まだ色々と準備とかしてる段階ですね。

 

 

メインの舞台も、こんな感じでした。


舞台の横で変な青い鳥がウロウロしてるけど、まあ気にしない・・・

 

 

8時過ぎに大会の開催が宣言され、様々な方々の御挨拶がありました。
で、選手代表として櫻内選手の挨拶もありましたが、ジュビロの球団社長の姿が見えないけど・・・まさか!?


その社長ですが、なんとハーフの部に参加!!(実は自分は前日に知っていました)
しかも名波監督や鈴木秀人コーチも急遽ハーフの部に参加するというので、これは絶対負ける訳にはいかんだろうと思いました。(こちらの方は、さすがに知らなかったです)

 

 

この開会式の時に一緒に喋っていて、今回自分と同じハーフを走る応援仲間のSくん、そして今回は3キロを走るSさんと荷物預かり所に行くことに・・・


ここは、いつ来ても混んでいるんだよな~・・・
ちなみに今回の参加者数も1万人を超えたとか・・・

 

 

ハーフの部はスタート時間が早いので、ここでSくんと共にスタート地点に移動。


この日は気温が高いので、ウォーミングアップはしなくても立ってるだけで汗が出るような状況だったので、アップは普段よりも行わないでレースに臨みました。

 

 

スタートまで残り10分くらいになったら社長が登場。
もちろん社長に挨拶をし、お互い最後まで頑張りましょうと固い約束をしました。


その後は、なんか偉い方々とお話をされています。

 

 

スタート地点周辺には・・・


いつも練習場や試合会場等で見た事のあるような方々がスタンバイ。(笑)
でも、そういう方々の声援ってのは本当に力になるんですよね。

 

 

そのころ、スタジアム正面玄関には、3キロの部のスターターを務める松井選手がいました。


ちょっと早すぎたのか?再びスタジアム内に消えていきました。

 

 

自分のスタートする場所周辺の様子でも載せておきましょう。


うわ~!!って言いたくなるような参加者の数です。

 

 

スタート直前に社長と名波監督の挨拶がありました。(写真は社長です)


この挨拶が終わったあと、いよいよスタートとなります。
尚、社長の挨拶直後を撮影した後、携帯をジュビロショップ磐田店に預けたため、このあとはゴール後の写真しかありませんので、ここからはダイジェスト形式でレース中の様子を書いて行きます。

 

 

まずスタートしてからの上り坂ですが、ここは難なく駆け上がったら、何故かすぐに名波監督たち御一行に追い付いたので、「監督!!最後まで頑張りましょう!!先に行きますよ!!」と声を掛け、彼らを置き去りにして一気に前の方へ・・・(名波監督からは「おお!!行け行け!!」って言われました)
元気なうちに貯金を作りつつも、足に負担の掛からないよう、攻めの走りを封印した作戦です。

 

 

3キロ付近では、周りの気温が上昇し、汗が噴き出てくるようになってきました。
ポイントの看板が見えた瞬間、「ああ、3キロの部だったら、ここでゴールなんだけどな~」って思いました。

 

 

5キロ地点の看板が見えた時も、「ああ、ようやく4分の1か・・・5キロの部だったら、ここで終わりなのにな~・・・」って思いました。
ちなみに今回5キロの通過タイムは、隣に走ってる人の時計を見る限りでは、だいたい22分くらいであり、自分としては思った以上に早いペースだったので、始めは見間違えたのか?と思いました。

 

 

7キロ地点を過ぎた時、「ああ、ようやく3分の1か・・・」
このポイントの給水地点で、初めて水を口に・・・ランナーが投げていく大量の紙コップをベシャベシャ踏んでいく時、「オレは今、メトロクロスのランナーみたいだ・・・」と勝手に思ったりもしました。

 

 

ちなみにメトロクロスとは、1987年くらいにナムコが発表したアクションゲームで、傷だらけのランナー(という名前らしい・・・)を操作して、全32面走破するんですが、途中に出てくる空き缶を蹴ったり踏んだりして、得点を稼いだりタイムを稼いだりするのが必要不可欠なゲームです。

 

メトロクロスのプレイ動画(このプレイヤーは全国でもトップクラスの上手さです)

https://www.youtube.com/watch?v=zBMaWbKddGc 

https://www.youtube.com/watch?v=O3ZP39iaa1c

 

 

中間点(10キロちょい)では、「ようやくレースもこれで半分か・・・」と思いましたが、とにかく風が無いうえに気温が高くて凄く暑いんですよね。
これはもう、マラソンをやる天気じゃないと何度思ったことか・・・

 

 

11キロ地点の給水ポイントでは、地元特産のマスクメロンが出されましたが、だいたい24等分くらい(?)の大きさに切られたメロン、自分はこれを10個くらい食ったかな!?(←明らかに食い過ぎ!?)

 

 

最初の中継点ポイントとなる12キロ地点では、ゴール裏のサポ仲間のTくんたちがボランティアとして参加していて、そこを通過する時にTくんから、昨年と全く同じ内容で声を掛けられました。
「はらださん、メッチャ早い!!」
確かに気温の上昇や、これからの展開を考えると、少々オーバーペースだったかもしれんが、実はこの直前くらいに1時間40分のペースメーカーに抜かれているんですが、まさかここまで自分は1時間40分よりも早いペースで来てたとは全く思わなかったです。

 

 

しかし、昨年足を痛めてズルズル順位を下げていった13キロ付近に差し掛かると、再び昨年と全く同じ事が起こりました・・・が、それでも今年は前半全く攻めの走りをしてなかったこともあり、ここで少しだけペースダウン。

 

 

15キロ付近・・・「ああ、ようやく残り3分の1か・・・」
でも足が悲鳴を上げていて、自分の思ったようなスピードが全く出ません。

 

 

16キロのポイントでは、ジュビロの選手と共に、ここでもボランティアとして参加してたサポ仲間のYくんMくんに声を掛けられる・・・
「あれー!!はらださん!?はらださん、何やってるんですかー!?はらださん頑張れー!!」
この時、自分の周りにいたランナー達が、みんな自分の方を見る!!(笑)
いや、自分は有名人じゃないんだけど!!

 

 

17キロ付近では完全に普段の走りが出来なくなり、もう歩く感じで進んでいくと、今度は1時間50分のペースメーカーに抜かれ、この時点で完全に2時間切りをあきらめる事に・・・

 

 

結局今回も前半に貯めた貯金を使いまくる状況になり、アップアップしながら半走りを続けていると、19キロ付近では開始直後に置き去りにしたはずの名波監督たちに抜かれると、ここからは本当に自分との戦いに・・・

 

 

20キロ付近の上り坂では、完全に足が止まり、何度も腿を叩いたりして痛みを和らげようとしたり、止まってストレッチとかして再び走りだそうとしたが、全然痛みが止まらず、もはやこれまでか・・・と思ったものの、「せっかくここまで走ってきたから、ここで棄権なんてあまりにも勿体ないし、こんな自分でもゴール地点で待っててくれる人の事を考えたら、絶対立ち止まる訳にはいかんだろ!!」と奮起し、痛む腿に再びムチ打って走り出すことにしました。

 

 

で、残り1キロを過ぎた辺りで、何故か足の痛みが多少和らいできたため、ここから相当無理しつつ超激走ペース(このラスト1キロは多分4分を切るペース。この間に抜いた人の数は軽く見積もっても100人以上はいたと思う・・・)に変更。

 

 

やがてゴールの目印でもある大きなバルーンが見えてくる辺りに差し掛かると、そこには大勢のサポ仲間や知り合いたちが自分みたいなヤツに声援を送ってくれてるじゃないですか!!

 

 

これマジで泣きそうになるくらい嬉しかったです。
ちなみに昨年は、午前がジュビロマラソンで、後が年間シートのパーティーだったため、ゴールに着いた時には、既にサポーターたちの多くの方はパーティーに行かなくてはならない状況だったので、スタジアムに残っている人で自分の知ってる人間は、ほとんど誰も居なかったんですよね・・・

 

 

で、感傷に浸りながらも最後のゴール直前のカーブを曲がった時、あのタイム計測の大時計が自分の目に飛び込んできました・・・が、ここで驚いたのは、一番左側の数字が、まだ『1』・・・つまり、この時まだ2時間を超えてなかったんですよ。

 

 

「え!?もしかして2時間を切れる!?」

 

 

最後の50mほどの直線、自分の走りを見てた人間は一体何が起こったのか?と思うくらいの激走をし、結局ゴール時のタイムは1時間59分48秒ということで、まさかの2時間切りを達成!!
スタート前から膝裏に張りを抱え、そしてこの日の気温上昇ということもあって序盤を抑え気味に走り、後半は激痛と戦い、しかも2~3キロくらい歩いた(実際は走ってたかもしれんが、歩いてるのと変わらん・・・)にも関わらず、それでも2時間を切れたんですから、これはホント驚かずにいられませんでした。

 

 

この自分のゴール直後の動画を誰か撮ってる人がいたら面白いんですけどね・・・
ゴールした瞬間、スゲー派手というか大袈裟過ぎるガッツポーズと共に「やったー!やったやった!!まさか2時間切れるとは思わんかったわー!!」と叫びながら踊ってる自分がいたはずですから・・・

 

 

でもね、全体的に反省してみると、正直なところ今回も後半は厳しい走りになったんですが、それでも頑張れば何とかなるという事を十分に分からせてくれた・・・そんな大会でもありました。

 

 

その後はスタート前に預けた携帯を取りに行き、痛い足を引きずりつつ、こんな自分でも応援してくれた多くの人たち(本当に沢山の方々)に御礼の挨拶に回りました。


広場の屋台群は相変わらずの盛況でした。

 

 

その後は表彰式を見に行きましたが、普通の上位者も凄いと思いましたが、中でも今回の仮装部門で自分が一番凄いと思った人は・・・


やっぱりこの人ですね。(昨年も出てたようですが・・・)
この手製の非常口と書かれたボードを持ち、常に片手を上げた状態でハーフを完走ですからホント凄いと思います。(タイムは2時間30分くらいだったそうですが、これはもうタイムの問題じゃないでしょう・・・)
尚、ボードを持たせてもらったんですが、明らかに風の抵抗を受けるため、普通に走るよりも数倍疲れると思いました。

 

 

そして、これが今回の自分の記録です。


結果的には、ギリギリで2時間を切る事が出来ましたが、この12キロ地点の通過タイムを考えたら、もう少し・・・ではなく、まだ15分以上も縮められるんじゃないかと・・・

 

 

で、帰宅してから今回の道中の事を動画に上げてる方がいたんですが、その方(56歳の方)は1時間42分で走り切っています・・・が、良く見ると中間点の映像に小さくですが、自分の後ろ姿が映っていました。

 

https://www.youtube.com/watch?v=ui_1Guqr4EY

 

ということは・・・
気温がもう少し低かったと仮定し、そこに体調万全で臨み、尚且つ攻めの走りをしつつ、途中で足に痛みが来なければ・・・
来年はもっと良いタイムが確実に出せるよう、とにかく毎日のように練習あるのみだな・・・日々の練習を頑張ろ!!

|

« とりあえず頑張るだけ・・・ | トップページ | 写真・・・これからどうするか・・・ »

ジュビロ磐田」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« とりあえず頑張るだけ・・・ | トップページ | 写真・・・これからどうするか・・・ »