« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

来年は静岡ダービーを2試合とも見たい

前回更新から、随分と間が空いてしまいましたが、別に自分が病気になった訳でもパソコンが壊れただけでもなく、前回書いたように、ただ単に写真の掲載が面倒になったので、更新してなかっただけですよ。
だってねえ、(自分的には)画像アップという行為がスゲー面倒になってしまったんだから、これはもう・・・

 

 

今回からは、ここ最近書こうとしてたことを色々書いて行くことにします。
ただし、ほとんど文字だけなので写真については、あんまり期待しないで下さい。

 

 

まず、静岡県民的に考えれば、やはり清水エスパルスのJ1昇格についてになるので、それについて自分なりに思ったりしたことでも色々書きます。
今年のJ2でのエスパルスですが、開幕直後から6月くらいまでの戦いぶりを見てる限りでは、まあ昇格は厳しいだろうと思っていましたが、ちょっと変わったんじゃないか!?と思ったのは、確かホームで7点だか8点くらい取って勝った試合からかな?
実は、この試合直後に自分は「ああ、こりゃあエスパは昇格するな・・・」って思いました。
昇格するチームの条件は、J2でもある程度圧倒出来るくらいチームの力が揃っている事が一番大事なのは明らかですが、もう一つ重要な事は何といっても運が良い事!!
これ超重要事項です。

 

 

今年のエスパルスは結構運に助けられた試合が多かったと思います。(やたら逆転勝ちが多かったり、相手にオウンゴールが多かったり、あとはシーズン終盤の大事な時期に上位につけてた松本山雅が勝手にコケたり・・・)

 

 

その中でも特に印象深かった試合というのが、ホームでの水戸ホーリーホック戦ですかね・・・この試合ですが、水戸には元ジュビロの選手が2人ほど所属しているので、当日見に行ったジュビロサポーターも何人かいて、自分もテレビで見ていました。
で、試合終了間際までリードしてた水戸が、記録には出てないけど、自分が見た限りでは、ちょっと有り得ないというか、DF陣のミスから逆転負け・・・まだ残り10試合くらいありましたが、この時には既に100%昇格すると確信してましたね。

 

 

正直なところ、ジュビロサポ的にエスパルスを嫌っている人間は自分の周りだけでも死ぬほど沢山います。
エスパルスよりも歴史があり、しかもJ1でのタイトル数も多く、対戦成績でも上回っているジュビロが2年も苦しんだJ2を僅か1年っで抜けれたってのは、ちょっと許せないっていうのかな?確かにエスパルスは苦しんでいたけど、どちらかというと、もっと苦しんで欲しかった・・・と思っている人ばかりです。(自分も多少はそう思ってたけど、今は半分どうでも良くなった・・・)

 

 

静岡県内でのスポーツ番組の扱いというか序列が、今年はジュビロエスパルスであったのが、来年は再びエスパルスジュビロという順に戻ることになるでしょう・・・

 

 

でもね、静岡ダービーが4年ぶり、それもJ1リーグ戦という最高の舞台で復活するんですよ。
遠いアウェーが多い中、磐田から僅か70キロ足らずの場所まで行けばOKなんですから、クルマで現地に向かう人間からすれば、これほど楽な遠征は無いですよ。
ジュビロに対しては何故か超強気になるエスパルスの一部サポーターの度重なる行為にムカついてるジュビサポは沢山いるでしょうが、だったら相手サポを黙らせてやるくらいの圧倒的な差をつけた試合をしてやればいいんですよ。

 

 

自分は静岡ダービー大歓迎な人間なんですが、実はジュビロがJ2に降格した2013年も含め、2012年、2011年とアウェーのダービーは3年連続で仕事のために欠席してるので、来年行けることが出来るなら、実に7年ぶりにダービーで日本平に行くことになります。(行ける・・・なら)
あとは日程次第ですがね・・・

 

 

あとは・・・
サポーターズポイントを貯めて貰える今年の選手用のユニフォームですが、昨日我が家に到着しました。
で、今年は誰のが来たのかな?と思いながら、小包を開封してみたら・・・なんと!?今回は全く思ってもいなかったアウェー長袖でビックリ!!
尚、誰のが来たのか?については、次回紹介したいと思います。

| | コメント (0)

テストしてみた・・・

昨日も書きましたが、携帯電話の変更に伴い、今後はこれまでのような感じの写真のアップは厳しいんじゃないか・・・ということで、とりあえず新携帯の中でも一番小さい画像モードにして、色々と加工(ただし、自分では出来ないので、これは嫁に依頼・・・)したりして載せてみたけど・・・


やっぱデカい・・・(モデルはいつものヤツ)

 

 

日記の方には、かなり良いサイズになって出てると思うけど、これでもまだ画像が大きい感じがしますし、何より問題なのが、ここまで加工するのに(自分レベルで考えて)非常に複雑な文字(っていうのかな?)をプログラムの段階で追加して入れなければならない事、そしてそれが(自分レベルで考えて)時間が掛かってしまうために非常に面倒だということですね。

 

 

1回のアップに使われる写真が1枚とか最大で5枚までくらいなら、なんとか我慢してやっていこうと思っていますが、これがアウェー遠征記みたいに写真の数も軽く20枚を超えてくると、さすがに嫌になってきますね。
本当に困った・・・が、こういう事が好きな人は、そういう工程みたいなのが楽しいんだろうね・・・自分には苦痛以外の何物でもないんだけどな・・・

 

 

さて、話は変わりますが、本日は磐田スタジアムで日本ユースカップのサンフレッチェ広島vsFC東京が行われ、せっかくだから・・・ということで、ちょっと見に行って来ました。
で、そこで随分と沢山の写真を撮ったんですが、アップは前述でも書いたように面倒なのでやめ!!

 

 

この試合ですが、最近になって様々なテレビ等で何度もクローズアップされてた話題になってたFC東京の久保建英選手が出場する・・・ということで、この日の磐田は朝から雨が降り続く悪い天気でありながらも多数の熱心なサッカーファンが詰めかけました。
で、注目の久保選手は予想通り後半から出場したんですが、見てる限りでは他の選手と比較しても、まだ身体が発育段階で小さいため、相手の激しい当たりに対して何度も吹っ飛ばされていました。
しかし雨が上がり、天気の回復と同時にグランドも徐々に乾いてくると、それまで鳴りを潜めていた(のか?)、ここからは彼の能力を十分に見る事が出来ました。
パスやトラップはもちろんですが、彼の最大の持ち味でもあるドリブルに関しては、他の選手よりも明らかに別物で、これが本当に14歳のプレーなのか!?って感じで、もうホント驚きの連発でしたね。(本当にメッシみたいにドリブル時のボールタッチ数が多く、しかも相手をナメるようにスルスルと抜いていく・・・そんな感じ)

 

 

まあマスコミ的には、どうしても久保選手にスポットを当てたがってるようですが、自分が目に付いた選手は他にも沢山いて、その中でもサンフレッチェの山根永遠選手(10番・・・っていうか、何て名前なんだろ!?)は、かつてJリーグでもプレーされた山根巌さんの息子さんだそうで、この山根選手は前半終了間際にゴールを決めたんですが、その得点したことよりも足が超早かったという印象の方が強かったり、後はFC東京の松岡瑠夢選手(10番・・・だから、名前は何て読むんだよ!?)は身体も出来ていて、今ではJ3に普通に出場してるそうで、やはり技術的な部分では他の選手よりも優れていて、近いうちにJ1でも見れそう・・・だとか、あとは同じFC東京の内田宅哉選手(14番)も色々な技をやってくれて見てて面白かったです・・・っていうか、みんなメッチャ上手いですね!!

この試合をスタンド席で見てた田中さん&川口信男・現ジュビロU-18コーチ陣も、彼らの凄いプレーが出るたびに、「おー、すげえ!!」って感じで驚きの声を何度も連発していました。

 

 

試合は3-2(延長)でFC東京が勝ち、ユース選手権優勝の栄冠を手にしましたが、両者のチーム力の差は無く、次に同じカードで当たったとしても結果は絶対に予想がつきません・・・っていうか、こんなにも面白い試合をタダで見れた上に大会パンフレット(結構厚い)も貰えて本当に良かったです。
ジュビロの下部組織も頑張って欲しい!!(田中さん、頼むよ!!)

| | コメント (0)

写真・・・これからどうするか・・・

先日の日曜日・・・つまりジュビロマラソンが行われた日ですが、無事に走り終わった後の疲れを癒すべく自宅に帰宅すると、今回も応援に来なかった(というか、マラソンには全く無関心だった)嫁が、自分の帰宅を待っていました。
どちらかと言えば、自分のマラソンへの取り組みに対して相当否定的な考えを持ってる嫁が、なんでわざわざ帰宅する自分を待ってたのか?

 

 

それは、自分の新しい携帯を買いに行くという、ハッキリ言って自分には半分どうでもいい理由でした。

 

 

この日まで自分が普通に使っていた携帯、いわゆるガラケーですが、スマホの急激な普及によって様々なサービスの営業が終了し、かなり使い勝手が悪い状況になっていましたが、それでも別に不自由にはしてなかったので、あんまり気にしていませんでした。
しかし新しいモノ好きな嫁は、この日に新しい機種が店の方に入荷するから・・・という事を聞いていたらしく、既に予約を入れていたそうで、自分としては何も今すぐに・・・って感じでした・・・っていうか、マラソンで疲労困憊状態で帰宅した直後に半分拉致されて無理矢理そういう所に連れていかれるのって、普通に考えたら相当酷い状況だと思うよね。

 

 

この時、自分が思わず言った言葉・・・「オマエ、本当にバカじゃねーか!?」(←かなり怒り気味で!!)

 

 

自分は、古くなったから・・・という理由で、すぐに新しい電化製品とかに買い替える・・・というような事を異常に嫌う性格であり、過去に携帯電話を新しく替えるという時でも、なかなか交換したがらない(愛着が出てくるというのもある・・・)ので、相当乗り気じゃなかったんですが、まあそれでも何とか新しい機種になりましたよ。

 

 

で、今回から自分の携帯もLINEが使えるようになった・・・っていうか、今時LINEですか?か!?って思う人もいるでしょう。
しかし自分は、このLINEのシステムが全く分かってなかった(LINE=ラインっていうのは、自分の中では釣り糸の名称と覚えてたくらい・・・)し、登録したら勝手に友達勧誘モードとでもいうのかな?そんなのが働いて、気が付いたら訳の分からん聞いたこともないような人も含め、凄い数の人間が入ってくるじゃないですか!?

 

 

正直、これはちょっと・・・って思いましたが、それでも自分が一度でも聞いたことのある人間には『本日よりLINE営業運転開始しました・・・』などという連絡をし、一応これでLINEデビューすることになりました。
普通の人より約2年くらい遅れてですが・・・

 

 

で、LINEの事については何とかなりましたが、今回一番困ってるのが写真ですね。
実はこれまで、ここの日記にアップしてた画像は基本的に携帯で撮影した物を載せていたんですが、その画像・・・というか、写真の大きさが何ていうか非常に良い感じでした。
ところが新携帯で撮影した物を一度アップしてみたら、やたら画像がデカくなってしまい、それならなるべく小さい画像にしたら・・・ってことで、再度挑戦してみましたが、それでも今までみたいな微妙に良い感じ(←この表現が重要)の大きさには程遠い状態であり、これからホントどうしようか・・・と思っています。

 

 

自分の日記は写真が命ですから、まあ色々考えてやってみますがね・・・

 

 

あとは・・・今年のJリーグにおける優秀選手賞・33人が発表されましたが、まあ当然かな・・・ってのもいれば、逆に何でコイツみたいなのが!?っていうのも選出されていますね。(個人的見解です)

 

http://www.jleague.jp/news/article/7538/

 

でもね、自分としては一番納得出来ないのは、この中に我がチームのジェイ選手が選出されていないことです。
確かに年間を通じて稼働率は悪かったけど、得点ランキング上位に入ってる選手の中でも試合出場数にの対する得点率の割合が飛び抜けて高いし、プレーを見てても本当に化け物レベルだった・・・
チームは下位に低迷してたことで、世間からの注目は非常に低かったかもしれんが、他チームよりも決定機の数が明らかに劣るジュビロの中でも、唯一他チームに対して対等か、それ以上に戦えるくらい突出した個の力を持っていたし、本当に何度助けられたことか・・・っていう感じで、文字通り救世主的な存在・・・やはり元イングランド代表は伊達では無かったです。

 

 

でも、何故か今回は評価されてないんですよね。
これは応援してたファンとして本当に納得出来ないし、ちょっと悲しすぎる結果ですね。(退団しちゃったから選出されなかったのかもしれんが・・・)
この33人の中からベストイレブンですか・・・まだ今年のJリーグ・アウォーズまでは1ヶ月以上もありますが、得点王を獲得したFWの2人以外、全く予想出来ないです・・・が、少なくとも代表絡みで選出されるのだけは本当に止めてもらいたいですね。(これ、毎回思うこと・・・)
あとケチを付ける訳ではないが、ほぼ毎年のようにベストピッチ賞に日本平が選出されてる理由は何故ですかね?
同じ静岡県内でも磐田スタジアムのピッチが、過去に一度も選出されてないので、どうしても気になってしまうんだけど・・・

| | コメント (0)

最後に驚いたこと(今回は長い)

今回は昨日行われた、第19回ジュビロ磐田・メモリアルマラソンの事について書いていきます。

 

 

この日は11月にしては、ちょっと暑過ぎるんじゃないかな?と思うような気温であり、しかも全く風の無いということで、マラソンには超が付くくらい不向きな天気でした。


午前7時50分頃の会場の様子です。
まだ色々と準備とかしてる段階ですね。

 

 

メインの舞台も、こんな感じでした。


舞台の横で変な青い鳥がウロウロしてるけど、まあ気にしない・・・

 

 

8時過ぎに大会の開催が宣言され、様々な方々の御挨拶がありました。
で、選手代表として櫻内選手の挨拶もありましたが、ジュビロの球団社長の姿が見えないけど・・・まさか!?


その社長ですが、なんとハーフの部に参加!!(実は自分は前日に知っていました)
しかも名波監督や鈴木秀人コーチも急遽ハーフの部に参加するというので、これは絶対負ける訳にはいかんだろうと思いました。(こちらの方は、さすがに知らなかったです)

 

 

この開会式の時に一緒に喋っていて、今回自分と同じハーフを走る応援仲間のSくん、そして今回は3キロを走るSさんと荷物預かり所に行くことに・・・


ここは、いつ来ても混んでいるんだよな~・・・
ちなみに今回の参加者数も1万人を超えたとか・・・

 

 

ハーフの部はスタート時間が早いので、ここでSくんと共にスタート地点に移動。


この日は気温が高いので、ウォーミングアップはしなくても立ってるだけで汗が出るような状況だったので、アップは普段よりも行わないでレースに臨みました。

 

 

スタートまで残り10分くらいになったら社長が登場。
もちろん社長に挨拶をし、お互い最後まで頑張りましょうと固い約束をしました。


その後は、なんか偉い方々とお話をされています。

 

 

スタート地点周辺には・・・


いつも練習場や試合会場等で見た事のあるような方々がスタンバイ。(笑)
でも、そういう方々の声援ってのは本当に力になるんですよね。

 

 

そのころ、スタジアム正面玄関には、3キロの部のスターターを務める松井選手がいました。


ちょっと早すぎたのか?再びスタジアム内に消えていきました。

 

 

自分のスタートする場所周辺の様子でも載せておきましょう。


うわ~!!って言いたくなるような参加者の数です。

 

 

スタート直前に社長と名波監督の挨拶がありました。(写真は社長です)


この挨拶が終わったあと、いよいよスタートとなります。
尚、社長の挨拶直後を撮影した後、携帯をジュビロショップ磐田店に預けたため、このあとはゴール後の写真しかありませんので、ここからはダイジェスト形式でレース中の様子を書いて行きます。

 

 

まずスタートしてからの上り坂ですが、ここは難なく駆け上がったら、何故かすぐに名波監督たち御一行に追い付いたので、「監督!!最後まで頑張りましょう!!先に行きますよ!!」と声を掛け、彼らを置き去りにして一気に前の方へ・・・(名波監督からは「おお!!行け行け!!」って言われました)
元気なうちに貯金を作りつつも、足に負担の掛からないよう、攻めの走りを封印した作戦です。

 

 

3キロ付近では、周りの気温が上昇し、汗が噴き出てくるようになってきました。
ポイントの看板が見えた瞬間、「ああ、3キロの部だったら、ここでゴールなんだけどな~」って思いました。

 

 

5キロ地点の看板が見えた時も、「ああ、ようやく4分の1か・・・5キロの部だったら、ここで終わりなのにな~・・・」って思いました。
ちなみに今回5キロの通過タイムは、隣に走ってる人の時計を見る限りでは、だいたい22分くらいであり、自分としては思った以上に早いペースだったので、始めは見間違えたのか?と思いました。

 

 

7キロ地点を過ぎた時、「ああ、ようやく3分の1か・・・」
このポイントの給水地点で、初めて水を口に・・・ランナーが投げていく大量の紙コップをベシャベシャ踏んでいく時、「オレは今、メトロクロスのランナーみたいだ・・・」と勝手に思ったりもしました。

 

 

ちなみにメトロクロスとは、1987年くらいにナムコが発表したアクションゲームで、傷だらけのランナー(という名前らしい・・・)を操作して、全32面走破するんですが、途中に出てくる空き缶を蹴ったり踏んだりして、得点を稼いだりタイムを稼いだりするのが必要不可欠なゲームです。

 

メトロクロスのプレイ動画(このプレイヤーは全国でもトップクラスの上手さです)

https://www.youtube.com/watch?v=zBMaWbKddGc 

https://www.youtube.com/watch?v=O3ZP39iaa1c

 

 

中間点(10キロちょい)では、「ようやくレースもこれで半分か・・・」と思いましたが、とにかく風が無いうえに気温が高くて凄く暑いんですよね。
これはもう、マラソンをやる天気じゃないと何度思ったことか・・・

 

 

11キロ地点の給水ポイントでは、地元特産のマスクメロンが出されましたが、だいたい24等分くらい(?)の大きさに切られたメロン、自分はこれを10個くらい食ったかな!?(←明らかに食い過ぎ!?)

 

 

最初の中継点ポイントとなる12キロ地点では、ゴール裏のサポ仲間のTくんたちがボランティアとして参加していて、そこを通過する時にTくんから、昨年と全く同じ内容で声を掛けられました。
「はらださん、メッチャ早い!!」
確かに気温の上昇や、これからの展開を考えると、少々オーバーペースだったかもしれんが、実はこの直前くらいに1時間40分のペースメーカーに抜かれているんですが、まさかここまで自分は1時間40分よりも早いペースで来てたとは全く思わなかったです。

 

 

しかし、昨年足を痛めてズルズル順位を下げていった13キロ付近に差し掛かると、再び昨年と全く同じ事が起こりました・・・が、それでも今年は前半全く攻めの走りをしてなかったこともあり、ここで少しだけペースダウン。

 

 

15キロ付近・・・「ああ、ようやく残り3分の1か・・・」
でも足が悲鳴を上げていて、自分の思ったようなスピードが全く出ません。

 

 

16キロのポイントでは、ジュビロの選手と共に、ここでもボランティアとして参加してたサポ仲間のYくんMくんに声を掛けられる・・・
「あれー!!はらださん!?はらださん、何やってるんですかー!?はらださん頑張れー!!」
この時、自分の周りにいたランナー達が、みんな自分の方を見る!!(笑)
いや、自分は有名人じゃないんだけど!!

 

 

17キロ付近では完全に普段の走りが出来なくなり、もう歩く感じで進んでいくと、今度は1時間50分のペースメーカーに抜かれ、この時点で完全に2時間切りをあきらめる事に・・・

 

 

結局今回も前半に貯めた貯金を使いまくる状況になり、アップアップしながら半走りを続けていると、19キロ付近では開始直後に置き去りにしたはずの名波監督たちに抜かれると、ここからは本当に自分との戦いに・・・

 

 

20キロ付近の上り坂では、完全に足が止まり、何度も腿を叩いたりして痛みを和らげようとしたり、止まってストレッチとかして再び走りだそうとしたが、全然痛みが止まらず、もはやこれまでか・・・と思ったものの、「せっかくここまで走ってきたから、ここで棄権なんてあまりにも勿体ないし、こんな自分でもゴール地点で待っててくれる人の事を考えたら、絶対立ち止まる訳にはいかんだろ!!」と奮起し、痛む腿に再びムチ打って走り出すことにしました。

 

 

で、残り1キロを過ぎた辺りで、何故か足の痛みが多少和らいできたため、ここから相当無理しつつ超激走ペース(このラスト1キロは多分4分を切るペース。この間に抜いた人の数は軽く見積もっても100人以上はいたと思う・・・)に変更。

 

 

やがてゴールの目印でもある大きなバルーンが見えてくる辺りに差し掛かると、そこには大勢のサポ仲間や知り合いたちが自分みたいなヤツに声援を送ってくれてるじゃないですか!!

 

 

これマジで泣きそうになるくらい嬉しかったです。
ちなみに昨年は、午前がジュビロマラソンで、後が年間シートのパーティーだったため、ゴールに着いた時には、既にサポーターたちの多くの方はパーティーに行かなくてはならない状況だったので、スタジアムに残っている人で自分の知ってる人間は、ほとんど誰も居なかったんですよね・・・

 

 

で、感傷に浸りながらも最後のゴール直前のカーブを曲がった時、あのタイム計測の大時計が自分の目に飛び込んできました・・・が、ここで驚いたのは、一番左側の数字が、まだ『1』・・・つまり、この時まだ2時間を超えてなかったんですよ。

 

 

「え!?もしかして2時間を切れる!?」

 

 

最後の50mほどの直線、自分の走りを見てた人間は一体何が起こったのか?と思うくらいの激走をし、結局ゴール時のタイムは1時間59分48秒ということで、まさかの2時間切りを達成!!
スタート前から膝裏に張りを抱え、そしてこの日の気温上昇ということもあって序盤を抑え気味に走り、後半は激痛と戦い、しかも2~3キロくらい歩いた(実際は走ってたかもしれんが、歩いてるのと変わらん・・・)にも関わらず、それでも2時間を切れたんですから、これはホント驚かずにいられませんでした。

 

 

この自分のゴール直後の動画を誰か撮ってる人がいたら面白いんですけどね・・・
ゴールした瞬間、スゲー派手というか大袈裟過ぎるガッツポーズと共に「やったー!やったやった!!まさか2時間切れるとは思わんかったわー!!」と叫びながら踊ってる自分がいたはずですから・・・

 

 

でもね、全体的に反省してみると、正直なところ今回も後半は厳しい走りになったんですが、それでも頑張れば何とかなるという事を十分に分からせてくれた・・・そんな大会でもありました。

 

 

その後はスタート前に預けた携帯を取りに行き、痛い足を引きずりつつ、こんな自分でも応援してくれた多くの人たち(本当に沢山の方々)に御礼の挨拶に回りました。


広場の屋台群は相変わらずの盛況でした。

 

 

その後は表彰式を見に行きましたが、普通の上位者も凄いと思いましたが、中でも今回の仮装部門で自分が一番凄いと思った人は・・・


やっぱりこの人ですね。(昨年も出てたようですが・・・)
この手製の非常口と書かれたボードを持ち、常に片手を上げた状態でハーフを完走ですからホント凄いと思います。(タイムは2時間30分くらいだったそうですが、これはもうタイムの問題じゃないでしょう・・・)
尚、ボードを持たせてもらったんですが、明らかに風の抵抗を受けるため、普通に走るよりも数倍疲れると思いました。

 

 

そして、これが今回の自分の記録です。


結果的には、ギリギリで2時間を切る事が出来ましたが、この12キロ地点の通過タイムを考えたら、もう少し・・・ではなく、まだ15分以上も縮められるんじゃないかと・・・

 

 

で、帰宅してから今回の道中の事を動画に上げてる方がいたんですが、その方(56歳の方)は1時間42分で走り切っています・・・が、良く見ると中間点の映像に小さくですが、自分の後ろ姿が映っていました。

 

https://www.youtube.com/watch?v=ui_1Guqr4EY

 

ということは・・・
気温がもう少し低かったと仮定し、そこに体調万全で臨み、尚且つ攻めの走りをしつつ、途中で足に痛みが来なければ・・・
来年はもっと良いタイムが確実に出せるよう、とにかく毎日のように練習あるのみだな・・・日々の練習を頑張ろ!!

| | コメント (0)

とりあえず頑張るだけ・・・

本日は第19回ジュビロ磐田・メモリアルマラソンの開催日です。
知っての通り、一応今年もハーフの部を走ってきますが、昨年みたいに途中で足に故障が出ないことを祈りつつ、何とか最後まで完走出来れば・・・と思っていますが・・・

 

 

昨年は走る前から、そんなに調子が悪くなかったし、普通に走れば2時間以内は楽勝だと思って臨んで、あのざま・・・
走る前は調子が悪くないように思ってても、長い距離になると途中で何が起こるか分からないのがマラソンなんですよね。(自分が過去に沢山走ってきたマラソンにおいて、途中で歩く程身体がピンチになったのは昨年が初めてです!!)

 

 

で、今回ですが、実は2週間くらい前から膝の後ろに張りが出ていて、しかもちょっと走るだけで軽い痛みが出るんですよね。
こんな状況で本当に完走できるのか?と・・・でも思っていますが、それでも3~5キロくらいまで走っていれば、ある程度の予測が出来てくるので、まあ無理しないように適当に頑張ります。

 

 

で、昨日、仕事帰りに寄ったスタジアムには・・・


既にスターター専用の台が設置されていました。
ここからスタートしますが、ハーフの部のスターターは何故か磐田市長だったりします。(他の部は松井選手とかジュビロの社長とか・・・何故にハーフは市長なんだろ!?)

 

 

そして・・・


横に置かれていたプラカード。これを見ると、少しだけやる気が出てきます・・・が、あくまでも、やる気が出るだけであって、身体が最後まで持つかどうかは別問題です。

 

 

そして、今朝5時半頃・・・


コイツも一応、自分の事を応援してるとでも書いておこう・・・
ちなみにコイツは、昨日の天皇杯・川崎フロンターレvs浦和レッズ戦の試合終了直後、「ニャーニャー」鳴いてフロンターレの勝利を喜んでいました。(レッズが負けて悲しんでたのかもしれんが・・・)

| | コメント (0)

まさかのゼロ・・・

今回は久しぶりに我が家のクワガタの事について書いて行きます。
昨年は自分が予想していた以上の成果でした。
親でもあるメス(ヒラタクワガタ×2・コクワガタ×1・ノコギリクワガタ×5)が、全て順調に産卵してくれて、しかも最終的には、ある程度育った幼虫たちの実に8割強が無事に親にまでなってくれました。

 

 

なので今年は昨年以上・・・という期待を込め、だいたい80~100匹くらい出てくれれば・・・と思い、8月下旬くらいからヒラタクワガタ×5セット、コクワガタ×2セットと昨年の倍以上の産卵セットを組みました。


で、本来なら順調に行けば、10月くらいには十分に成長した幼虫たちが、ケースの底の方に見えてくるのですが、今年は一向に出てくる気配が無い・・・
ということで先日、ちょっと恐る恐るな感じで朽木を割ったり、ケースのマットを掘ってみたりして、幼虫が居るか確認してみました・・・

 

 

・・・が、結果が、なんと0匹・・・
つまり1匹として発見することが出来ませんでした。

 

 

正直、この結果にはショックというか、改めてクワガタ飼育は難しいと思いました。
そして一番の楽しみでもある、冬の幼虫の育成(どこまで幼虫を巨大化させることが出来るか!?というワクワク感)が出来ないということで、これから訪れる寒い時期に一体何を楽しみに過ごしていけばいいのやら・・・

 

 

しかし、幼虫が居ないということなので、飼育の面では何もしなくてもいい。
色々とお金も掛からなくて済むという、良い事もあります・・・が、昨年のような幼虫→サナギになるまでの忙しい日々が無いというのは、なんていうのかな~・・・ちょっと物足りない感じがしますね。

 

 

でも1匹くらいは出てくれてもいいのに・・・
もう1週間くらい経ったら再びケースの中を、くまなく探してみようかと思っています。

| | コメント (0)

そういえば、ゼッケンが到着してた・・・

今度の日曜日(11月13日)は、自分にとって年に一度の恒例行事であり、ジュビロ的にも今年最後のイベントでもある、第19回ジュビロ磐田・メモリアルマラソンが行われます。

 

 

で、今年のメモリアルマラソンですが、昨年同様ハーフの部にエントリーしましたが、先日自宅に送られてきたゼッケンを見て唖然・・・


なんと、今年も昨年同様『B』で始まるナンバーでした・・・というのも、このナンバーの前に付いてるアルファベットですが、これはスタート位置を表しているものであり、特にハーフの部は参加者が異常と言えるくらいに多く、そのため競技の進行のスムーズ化ということで、自分の技量に合わせた場所からのスタートということになっています。
で、このスタート位置については、エントリー時に申請出来ます。

 

 

実は今回エントリーする時、自分の頭の中には昨年のレース中の故障の事が浮かび、これは他のランナーに迷惑が掛からないようにしないと・・・っていう考えから、今回は最初から・・・つまりエントリーした時に自分の完走予定タイムの申請をしなかったんですが、昨年少々強気で申請したものがそのまま今年も継続!?・・・ということで、今年も昨年と同じ、なんとも場違いな位置からのスタートということになってしまいました。
これがまだ自分が良く走ってた頃、いわゆるマラソン現役時代だったら、全然楽勝なスタート位置なんですが、現在の自分ではちょっと厳しい・・・(Bは基本的にハーフ1時間30分前後の人のスタート場所です・・・まあ自信が無ければ、もっと後ろに行けばいいんですが・・・)

 

 

ここ最近、冬のような天気が続いているので、トレーニング前の準備運動とかも、ある程度入念に行わないと絶対に身体が持たないので、ここはしっかりやらないと・・・
それにしても、今回は本当に完走が出来るんでしょうか?(過去何度も走ってきたのも含め、今回が一番不安だったりします)

 

 

天皇杯4回戦、FC東京と対戦したHonda FCは本当に惜しかった・・・
各上相手にほぼ互角の戦いをした姿勢、そして何よりボールを受けると必ず前に向いて攻撃態勢に入る所は、ジュビロとしては見習うものがあると思ったね。(っていうか、ジュビロの中盤が信じられないくらいチキンすぎるんだよな・・・せっかく良い体勢でボールを受けても、そこから攻撃のスイッチが入る訳でも無く、ほぼ横パス・バックパスで逃げてばっかりだし・・・)
後半終盤のFKは蹴った瞬間、あの軌道なら絶対入ると思ったんだけど・・・


そのHondaが躍動してた試合ですが、我が家のニャーも、おとなしくテレビに向かって精神集中!?

| | コメント (0)

今年も御苦労様でした・・・ということで・・・(今回も長い)

今回はベガルタ仙台戦の翌日の事を書いていきます。
最終戦で何とかJ1残留を決めたジュビロですが、既に天皇杯も敗退してることもあり、最終戦が終わると同時に今期の戦いも終わるということで、多くのサポーターにとって今期のジュビロ関連の予定が終了します。

 

 

で、自分たちも2016年度最後の応援が無事に終わったことで、試合翌日は久しぶりにゆっくり観光しよう!!ということで・・・


仙台から比較的近い松島に行ってきました。
まあ仙台に来て時間に余裕があるなら、大体の人はここに来るでしょう。

 

 

この日も、まるで冬のような天気で、常に冷たい風が吹いているという厳しい寒さを体感できました。


ここは松島でも一番多くの人が訪れる五大堂です。
なんか周囲を見渡せば、非常に沢山のジュビロサポーターを見たような感じがしたのは気のせいか???(試合翌日は松島観光ってことで、自分たちと考える事はみんな一緒らしい・・・ただこんな遠くまでクルマで来ようと考える人は少ないけど・・・)

 

 

何年か前に来た時に乗った遊覧船ですが、時間の関係で今回はパス。


沖に出ると、遊覧船に多くのカモメが寄ってきますが、この時にエサ(かっぱえびせん)を与える事が出来ます。
実はこれが凄く楽しいんですよ。フェイント禁止・・・(笑)

 

 

で、この後は松島周辺の寺院等を散策。
まずは現在改修中の端厳寺

松島なのにウナギ???

 

 

端厳寺の入り口付近です。



写真が少ないのは、国宝や重要文化財など撮影禁止のモノが多かったからです。

 

 

端厳寺の後は、その横に位置してる円通院へ・・・っていうか、松島観光といえば、これが一般的なモデルコースになってしまうんですが・・・


紅葉が美しい。

 

 

庭がきれいでした。


端厳寺&円通院の中を色々見ていくだけで、軽く2時間・・・

 

 

その後は、人気の笹かまぼこの焼き体験。
簡単に焼けるうえに価格も安いし、これからの寒い時期は特に人気がありそう。


焼き体験と言っても、ただ笹かまぼこを持って熱源にあぶるだけです。
焼きたては、とても美味かった。

 

 

この後は、この日最大の目的でもあり、嫁が前回(2010年)ここに来た時に食べた味が忘れられないと言ってる牡蠣定食を食べに行くことに・・・


店頭で焼いている、焼き牡蠣や焼きイカも捨てがたいが・・・

 

 

やはりコレ!!


焼き牡蠣が霞んでしまうくらい・・・とは少々大げさかもしれないが、この御飯の横に見える酢牡蠣が超美味い!!
ちなみに前回来た時、確か牡蠣定食は白米ではなく牡蠣が大量に入っていた牡蠣御飯だったんですが、何故に変更したのか?ちょっとお店の方に聞いてみたところ・・・まあ様々な都合上・・・

 

 

で、松島観光の後は再び我が家を目指し、高速道路を南下・・・


無理をしない安全運転、そしていつもより明らかに多いペースの休憩を繰り返し、結局、自宅に着いたのは日が変わった午前1時過ぎでした。

 

 

自宅に着くと・・・


深夜だというのに、コイツが激しく暴れていました。
ご主人様の留守中は任せろじゃなかったのかよ!?

 

 

さて・・・これで2016年におけるジュビロ関係の行事は終了・・・ではなく、まだ10日後に自分としては一番大きなイベントでもあるジュビロ磐田・メモリアルマラソンが控えています。
一応練習はしているのですが、なんていうか最近は2~4キロくらい走っただけで異常に息が荒くなるんですよね。
こんなこと、これまでは全く無かっただけに、果たして今回は最後まで走り切る事ができるのか???

| | コメント (0)

報われた瞬間(今回は長い)

今回は先日の仙台遠征時の事を書いて行きます。
アウェー遠征というと、我が家的には、ほぼ毎回のように色々何か(小さいトラブルとか・・・)があるんですが、今回は2016年最後を締めくくる意味で、帰宅したら「良い遠征だった・・・」と言える旅にしたいところ・・・

 

 

これは旅の前日に行った、今回の走行経路の確認ですが・・・


こうやって日本地図を見ると、仙台って場所はマジ遠いなぁ…と思う。
これを今回クルマで移動するんだから、行くだけでも本当に大変だ!!

 

 

そして、試合前日(11月2日)の午後11時に自宅を出発。


この時、何故か玄関にはコイツが鎮座していました。
「留守中は、お任せだニャー!!」とでも言いたげな感じで・・・

 

 

午後11時30分、掛川駅で待ち合わせのサポ仲間のNちゃんMちゃんの2人を拾い、ここから自分にとって、長い長い深夜のドライブが始まる・・・


ただ今回は、出発前に数時間睡眠を取っていたこともあり、珍しく眠気が襲ってこなかったんですよね・・・
こんなことって本当に珍しい。

 

 

そして空が明るくなってきた頃、クルマは那須高原のサービスエリアに到着。


この時の外気温は・・・5度!?
実はこの日は今シーズンで一番寒い日だったらしく、まるで12月のような感じでした。

 

 

ここで朝食を調達。


やはり朝はパンだな・・・ということで、ここに決定。

 

 

この告知版に紹介してあるレモン牛乳ボールが気になったので・・・


どんなもんなのか?と思いつつ、店内を探してみると・・・

 

 

それは一番目立つところにありました。


食べてみた感想は・・・
昔から良く食ったことがあるレモンパンに甘いクリームが入ってるパンでした。
もちろん、とっても美味しかったです。

 

 

で、こちらは・・・


見ての通り、餃子パンです。(パンの中に餃子が入っている)
さすが浜松と争う程の餃子の街・・・と思いましたが、う~ん・・・やはり餃子は焼いたばかりのものにタレ付けて単品で食べるもんだと思いますね。

 

 

やや、お腹が落ち着いたところで、我々の遠征名物(?)になりつつある車内開封大会!!
今回はジュビロのボックスだけ2つ持ってきました。


最初の開けたのは今年のチームエディションです。

 

 

開封は、この日のお客様2人に任せました。
ここで良いカード引き、試合には良い気分で臨みたいと思いながら開けていくと、やがてサインカードが登場!!
出たのは森島康仁選手でしたが・・・


このやる気の全く感じられないサインっぽい落書きは一体何なんだろ!?
御粗末過ぎる筆跡・・・こんなの決して安くも無いお金を出して買った人間から見れば、全然ありがたみが無いというか、馬鹿にしてるとしか・・・

 

 

気を取り直して、次のボックスです。


こちらは昨年のチームエディションですが、今度こそ少しはマシなサインが出るといいな・・・

 

 

で、ここから出たのは・・・


八田直樹選手でした。
ハイ、もう開封結果については終わり・・・

 

 

その後、2度ほどの休憩をしたのち、午前10時頃には・・・


今回の目的地でもあるユアテックスタジアムに到着。
普通はアウェー遠征、それも大体300キロ超えの場合、道中の運転は嫁と交代しながら現地に向かうケースが多いんですが、今回は珍しいことに、自宅から仙台まで一度も運転を交代しないで来ました。(600キロ超えは史上初!!)

 

 

さて・・・アウェー側の入場口に行くと・・・


もう既に多くのジュビロサポーターが集まっていました。
翌日仕事っていう人がスゲー多いはずなのに、アウェーで毎回見掛ける方々ばかりですな・・・

 

 

で、この日は13時30分キックオフだったので、正午前に入場。


ここは磐田なのか?と思うくらい、非常に沢山のサポーターがゴール裏を埋めました。

 

 

2012年の4月以来、実に4年ぶりのユアテックスタジアム。


あの時は小雪が舞い散っている、超寒い中での観戦でしたが、この日は良い天気・・・でも上でも書いたように、この日は12月みたいな天気だった(らしい)ので、本当に寒かった(ようだ・・・)

 

 

なんで、こんな書き方をするのか?というと、自分の事を良く知ってる人間なら理解して頂けると思いますが、自分は夏でも冬でもほとんど同じ格好で、この日の格好も袖捲りのシャツ&裸足という、まるで季節感の無い状態だからなのです。(あと、自分はそんなに寒がりでもないので・・・)

 

 

とりあえず、スタジアム探検だ!!ということで、コンコースでも1周してこようと思ったが・・・


なんと!!この日は最終戦ということ(?)で、このように1周出来なくなっていました。
先日の豊田スタジアムも同じような仕打ちだったし、ちょっとアウェーに対して冷たいですね~・・・(防犯上、仕方が無いことかもしれんが・・・)

 

 

この日の試合前、そしてハーフタイム時には・・・


なんと、元フィンガー5の晃さんが出てきて、かつての持ち歌を熱唱!!
でも、フィンガー5って・・・多分オジサン&オバサンレベルじゃないと分からんかも???
尚、ハーフタイム時に熱唱した学園天国ですが、この時のゴール裏は超ノリノリでした(・・・が、「イエーい!!」とかノッてた連中の平均年齢は・・・ちょっと言えない・・・)

 

 

で、その後は・・・


チアリーディング部隊が登場するのですが、この時のゴール裏の様子といえば、鼻を伸ばしてる男どもが多かったこと・・・自分は・・・伸・・・伸ばしてないぞ!!多分・・・

 

 

で、キックオフ30分前に選手が登場。


ゴール裏全体が応援臨戦態勢に・・・

 

 

この時のグランドの様子。


すっごい数の報道陣でした。
尚、この日は試合中&試合後に多くの方々から自分の姿をテレビで何度も見た!!という目撃情報メールが届きましたが、まあ応援してる場所が場所ですから、そりゃあ何度も映っているでしょうね・・・

 

 

で、試合は・・・


前半4分という早い時間に、まるで1年に1度、それも最終戦しか覚醒しないんじゃないか!?と言われてる上田康太選手のFKが決まり、ジュビロが先制!!
その後は、お互い何度も相手チームのゴールに迫まって決定機を作るも、それぞれ両チームの守備陣が踏ん張ったりしていましたが、結局前半のFKが決勝点となり、1-0でジュビロの勝利。

 

 

この結果により、ジュビロ磐田は無事にJ1残留を果たし、来年も同じ舞台で戦える事になりました。
選手の皆さん、1年間本当にお疲れ様でした。

 

 

試合終了後、ゴール裏に残留報告として集まる選手やチームスタッフたち。


残念ながら、もう二度とジュビロで試合出来ない選手も何人かいる。せめて最後くらい・・・ということで、この後サポーターをバックに記念撮影をしました。

 

 

で、この後はJ1残留記念祝勝会(!?)ということで、仙台の街に繰り出すことに・・・


仙台と言ったら、やはり牛タンでしょ!!ということで、この日泊まる宿の近くの牛タン専門の居酒屋っぽい店に行きました。

 

 

で、この時のテーブルには沢山の美味そうなモノが並びました。


写真に見えてない部分には生ビールとか、その他色々・・・

 

 

で、たまたま自分たちの近くにカミンスキー(ではなく、実際はジュビサポ)が飲んでいたので、自分の呼び掛けで、一緒に試合の事とか語りながら飲みました。


でもね、残留したから何とでも言えるけど、今年の2ndステージの戦いっぷりは、プロとしては有り得ないような酷い成績だったから、来期はこんなことにならないよう、長いオフ期間には2017年こそ最後までしっかり戦えるように、十分な準備をしてもらいたいと思いますね。

 

 

で、宿に戻り、色々スポーツニュース等を見ようと思って横になってたら、疲れからそのまま寝てしまい、気が付いた時は深夜2時近くでしたが、この時テレビで放送されていたのが・・・


なんと!!しょんないTVでした!!
まさか仙台の地で、ピエール瀧さん広瀬アナの姿をテレビで拝めるとは・・・

 

 

実は目が覚めて、半分寝ぼけてた状態でこの画面を見た時、自分の頭の中では「ああ、また今日もテレビ見ながら寝ちゃったな・・・」と思い、その後に画面に映し出された2人の姿を見て、「ああ、今日は木曜日だったっけ・・・(実際、この日は静岡でも放送されているので、自分として思ってることは間違いではないんですが・・・)でも、これって前に見たことが・・・んん!?!!」という具合にビックリしました。

 

 

翌日は松島観光を楽しみ、そして我が家に戻るのですが、その松島の地で自分たちが見たものは・・・!?
それについては次回紹介していきます。

| | コメント (0)

今年も1年頑張ったので・・・

本日はベガルタ仙台戦が行われました。場所はユアテックスタジアムです。
自分は2日の夜に出発し、その時にまとめて日記を書いたので、試合の結果はどうなっているか分かりませんが、多分ジュビロは残留を決めていると思います。

 

 

でも、まさかまさかの大逆転で残留出来てなかったら・・・
いやいや、そんな事はまず無いだろう・・・信じています!!

 

 

さて今年のJリーグも終わったということで、今年を締めくくるべく、先日入手したカードを紹介しときます。


◇2016ジュビロ磐田TE ジェイ 20枚限定パッチジャージ(通算2枚目)

◇2016ジュビロ磐田TE ジェイ 40枚限定直筆サインカード(シリアル8番・ジャージナンバー)

◇2016ジュビロ磐田TE 荒木大吾 40枚限定直筆サインカード(シリアル27番・ジャージナンバー)

◇2016ジュビロ磐田TE 齋藤和樹 40枚限定直筆サインカード

◇2016Jカード 上田康太 50枚限定直筆サインカード(通算3枚目)

◇16/17ラグビー・トップリーグ 堀江恭佑 30枚限定直筆サインカード

 

発売から随分経ちましたが、ようやく最後の1枚でもあった齋藤選手のサインを入手!!
これにより、2016年も無事にジュビロ磐田・チームエディションをコンプリート達成しました。(あれだけ開けてたら、普通は発売1週間で揃うだろ!!って思ってる人は多分ビックリするほど沢山いるでしょうが、まあ引きが弱かったんで・・・)
その他にも貴重なカードが何枚も・・・本当に普通はここまで一気に入手出来ないって!!

 

 

ということで、今回交換して頂いたI先生、どうもありがとうございました。

 

 

さて・・・明日の予定は2010年以来の松島観光です。
色々と回ったあと、昼食は当時寄った店で、超美味かった牡蠣を食ってる・・・はず。(予定は未定とも言うが・・・)

 

 

ただ自分としては、2016ジュビロTEは今回まだ完全コンプじゃないと思っています。
いつものアレがあるんですよね・・・アレが・・・どこに眠ってるんだろ!?

| | コメント (0)

2ジャンルしか入ってないのかよ!?

今回は前回予告したようにマスターピースの開封結果です。
予告でも書きましたが、今回一度として「♪」ってなるようなことが無かったので、かなり適当な紹介で済ませたいと思います。

 

 

通算4ボックス目。


若松勉さんが出ました・・・が、野球で枚数の多いOB、しかもオークションでも非常に安く売られているので、自分としてはハッキリ言って引きたくなかった・・・

 

 

通算5ボックス目。


中西太さんが出ました・・・が、野球で枚数の多いOB、しかもオークションでも非常に安く売られているので、自分としてはハッキリ言って引きたくなかった・・・

 

 

通算6ボックス目。


せっかく縦版サインが出たというのに、またしてもプロレス・・・
出たのは藤波辰爾さんでしたが、あと長嶋茂雄さんのエクスチェンジカードも出ました・・・!?

 

 

このエクスチェンジが出た時、「あれ?」と思いました・・・というのも、このカードって確かカートンで1枚しか出現しないと聞きましたが、実はここまで開けた6ボックスは別々に紹介していますが、全て同じ時に注文し、同時に届いた6ボックスだったりします。
もしもエクスチェンジがカートン1ということなら、この6ボックスは違うカートンの混ぜ合わせで作られたことになる・・・

 

 

まあ、それでも長嶋さんならエクスチェンジの中でも多分1番人気があるだろうから、それはそれで別にいいんですがね・・・

 

 

この後、常連さんたちが来てるということで、KINGSに向かいました。
KINGSでもマスターピースの開封が行われているという事で・・・


自分も開ける事に・・・
なんか聞けば、ここまでに出現したサインを見る限り、そろそろアツい選手が出てきそうですよ・・・との意見が。

 

 

ということで、「だったら何か驚くようなものでも!!」と意気込んで開けた通算7ボックス目は・・・


牛島和彦さんが出ました・・・が、野球で枚数の多いOB、しかもオークションでも非常に安く売られているので、自分としてはハッキリ言って引きたくなかった・・・(しかも、なんか左下部分に書き損じが認められるし・・・)

 

 

という事で、ここまで7ボックス開けて出たサインは、野球4枚が全てOB、そして縦版が3枚も出たのに全てプロレス・・・(まあ全て名の知れた方々なんですが・・・)



このシリーズは様々なスポーツが入っていて、自分としては発売前から非常に楽しみにしてたんですが、ここまで開封結果が自分の予想を遥かに越えるものになろうとは・・・(当然のように箱2サインにも当たっていません・・・)

 

 

なんていうかねえ・・・この結果だと、やはり自分は普通の人よりも明らかに持ってないのが証明されたのかねえ?サッカー以外のジャンルには手を出すな!!っていう神からのお告げとしか・・・
自分のところから大物が出て、良い交換をしてもらえるかも?と期待されてた方々、ホント毎回のように引きが弱くて申し訳無いです。(っていうか、最初から誰も期待してないかも・・・)

 

 

結局、岩崎恭子さんのサインはオークションでも超高いので、もうあきらめるしかないのか・・・つーか、こんなことなら最初から箱なんかで買わず、とっととオークションとかで買っとけば良かったです。

 

 

さて、話は変わって、明日はベガルタ仙台戦です・・・が、この日記が紹介されてる時は、多分仙台に向かって高速を北上中です。(自宅出発が23時なので・・・)


今回は自分と嫁だけでなく、前回広島に行った時にも同乗したサポ仲間の女性×2人ということで、車中では多分色々と馬鹿な事でも言いながらドライブしてるはずでしょう・・・もちろん安全運転です。(予定では、午前9時くらいにユアテックスタジアムに到着)

| | コメント (0)

VIP席潜入記(今回は長い)

今回は先日の土曜日に行われた浦和レッズ戦の事について書いて行きます。
まずはこの日、試合の行われた会場は今年度で既に2試合が行われたものの、2試合とも攻撃陣が完封されてるという、非常にゲンの悪い静岡スタジアム・エコパでした。(0-0&0-2)
そんな相性の悪いスタジアムでありながら、この日は今期ホームの最終戦であり、しかも相手のレッズは、ここまで5連勝中と絶好調であり、勝ち点1でもステージ優勝が決まるということで、ジュビロにとってみれば結構悲しい状況・・・

 

 

この日は午前10時に入場の抽選が行われました。


10月下旬だというのに、なんでこんなに暑いんだろう・・・って思いたくなるような気温でしたが、それでも抽選に参加した人は少しでも良い場所で観戦しようと、運を天に任せつつ、抽選を行いました。

 

 

ちなみにこの日、自分はVIP席での観戦でした・・・が、それでも仲間たちのために抽選に参加。
結果はいつも通り、ヒデエ番号でした。(まあ多くの方々の誰もが、自分には期待してないようだし・・・)

 

 

抽選終了後、ちょっと広場の方に行ってみると、総合案内所のとこにウチの青い鳥がいました。


良く見ると、頭の上に何か飾りが付いています。
多分、ハロウィーンのつもりらしいけど、そんな遠くから見たら全然分からんような大きさの飾りじゃあ、何のアピールにもならんような・・・

 

 

その広場では、このような太鼓パフォーマンスもありました。


ちなみにこの日、我が袋井市では東海道・袋井宿場町400年祭が行われていて、袋井市街では各町の屋台が出たり、色々な催し物が行われていたりと、祭一色状態だったそうです。(実はそっちに行きたかった・・・)

 

 

で、この日は試合開始2時間前からVIP席の受付が始まるということで、いつも入る所とは全く違う謎の入場口よりエコパに入場。


それがここです。
正面玄関の横なので、全然謎でも無いですけどね・・・

 

 

入り口を入り、ちょっと歩くと・・・


このような案内の貼り紙が・・・

 

 

で、この案内に従って地下に降りると、そこが受付会場でした。VIP席の入場手続きみたいなのを行い、VIP席のカードを貰い、エレベーターで一気に上がると・・・


そこは、なんとも見晴らしの良い素晴らしい席が並んでいるではないか!!
席についてはエリア内のどこでも良く、まさに早いもん勝ちということで、この日一緒に観戦する応援仲間のTさん、そして今回も何とか15000ptsに達することが出来たACヤマハ様、更に今回VIP席のチケットを知り合いより譲って頂いたI先生と、実に4人分もの席を確保・・・っていうか、VIP席に自分を含め、顔見知りが同時に4人も来る状況って一体・・・

 

 

VIP席のいいところ・・・


それは飲食については、食べ放題であるということ。
嗚呼、なんと素晴らしきプレミアムな特典・・・

 

 

しかも、こんなガラス張りの洒落た場所でピッチを見ながら飲食が出来るんですからね。


尚、同じVIP席でも磐田スタジアム(ヤマハスタジアム)よりは各段に雰囲気が良いです。
この時ここの部屋には、ジュビロの球団社長や自分が良く知る関係者数人、そしてこの日の試合に出場しない中村祐輝選手や荒木大吾選手などがいました。

 

 

この日の食事は・・・


こんな感じでバイキング形式で出されました。富士宮焼きそばやサーモンマリネ、あとはお決まりのデザートの人気が高かったです。

 

 

飲食ルームの外には・・・


このように、この日行われるJ1全9試合のメンバー表が置いてありました。

 

 

こういうのは珍しいので・・・


試合前に時間があったら見ようと思い、全チーム分のメンバー表を頂いていきました。

 

 

で、お腹が落ち着いた後は・・・


ピッチに出て選手とのハイタッチを行う事に・・・(これも今回の特典です)
この時、スタンド席から自分に対して声援を送る人が非常に多かったのは何故なんでしょうか?

 

 

で、ここから選手が登場します。写真では分かりづらいですが・・・


目の前がアップルームで、この日のスタメン&ベンチメンバーが何かの作戦会議みたいなことをしていました。

 

 

そして・・・


試合開始まで残り30分、選手が出てきて参加者とハイタッチをしてからピッチに登場。

 

 

ハイタッチを終えたあと、選手たちは・・・


スタンド席に挨拶をし、試合に備えるべく汗を流していました。

 

 

自分も一仕事を終え、席に戻ることにしましたが、その途中で出会ったのが・・・


我が袋井市のゆるキャラでもあるフッピーが歩いていました。
「あれ?今日は400年祭の方に行ってるんじゃないのか?」と言ってやったら、付き添いの女性スタッフの方から、「いや・・・今、祭り会場から頑張って、ここまで飛んできたんですよ!!」という、なんともナイスな返し!!(フッピーって自分の記憶では確か飛べなかったような・・・!?)

 

 

ということで、再びVIP席ですが・・・


試合開始まで、あと15分だと言うのに、なんと、まだI先生が来てなかったりします!!
一体どうしたもんか!?

 

 

そして・・・


14時ちょい過ぎ、運命の試合がキックオフ。
その試合内容ですが、見た限りでは、まるで大人と子供の差ぐらいだったので割愛します。
で、試合が落ち着いてきた14時30頃だったかな?I先生より「今日は行けなくなりました・・・」と思ってもいなかった欠席連絡・・・まさかのVIP席放棄ですよ!!

 

 

で、前半はなんとか0-0で済みました。

 

 

そして後半も前半同様に相手に攻め込まれまくるという、とても胃が痛くなる状況でしたが、そんな時、自分たちの席の前をウロウロしてる2人組・・・
良く見りゃ、この日のハーフタイムの時にピッチでシーズンソングを歌ったUSAGIの2人でした。


「これ、どこの席なんですかねえ?」
どうやら座る席が分からないようで、なんか試合中ずっと悩んでいた迷子状態のUSAGIさん・・・っていうか、ホーム最終戦のハーフタイム時に歌わせるから呼んでおいて、歌うだけ歌わせたら後はもう勝手に・・・っていうのは普通に考えたら有りえないと思います。
こういう時、普通は付き添いで誰かが一緒についてきてやると思うんですが・・・(一応有名人だし・・・)

 

 

で、試合は普通に0-1の完封負けでした。
この結果、2ndステージは浦和レッズが優勝しました・・・良かったね。

でも優勝と言ってもステージ優勝だからね。
この後のチャンピオンシップで負けたら何にもならないから・・・まあ頑張って下さい。

 

 

で、そんな浦和レッズが表彰式を行っている最中に我々・・・というか、ACヤマハ様と行った事は・・・


先日発売されたBBMマスターピースの開封対決でした。
これ、久しぶりに開けててワクワクするシリーズだと思う・・・いや、思ってたんですが・・・

 

 

そのころ、ピッチでは表彰式が終わり・・・


レッズの選手や関係者がゴール裏のサポーターへ優勝報告をしてましたが、そんなは全く関係無い感じで開封する2人・・・

 

 

で、この時のお互いが引いたカードは、どちらも少数の縦版サインでした・・・が、


自分は小橋建太選手、ACヤマハ様はバドミントンの小椋久美子さんでした。
先日の蝶野選手に続き、「せっかくの縦なの、またプロレスかよ!!」って感じで、自分としては、かなりガッカリな気分でした。

 

 

尚、もう1ボックス持参してたACヤマハ様ですが、そこから出たのは・・・


プロレスの長与千種さん、そしてやたらオークションで見る松原誠さんでした。
あんまり言いたくはないけど、一応箱2に当たったとはいえ、この2枚だとカード的には・・・

 

 

マスターピースの開封結果で、お互い意気消沈してたころ、ピッチ上では・・・


今シーズンのホーム最終戦という事で、ジュビロの球団社長、名波監督、チームキャプテンでもある上田康太選手の挨拶が行われていました。

 

 

で、(試合以外は)楽しかった一日も、これで終了。
帰る時、東の空には・・・


天に向かって虹が延びていました。
もう5日後には今シーズンの最終戦が行われるんですよね。

 

 

さて・・・その最終戦でもあるベガルタ仙台戦はアウェー(ユアテックスタジアム)です。

 

 

多分寒いだろうな~・・・
とても遠いのでクルマの運転もしんどいよな~・・・
試合はきっと苦戦するんだろうな~・・・
でもここで残留も決まるだろうな~・・・

 

 

だったら、もう行くしかないだろ!!
行くぜ仙台!!待ってろ仙台!!
仙台といえば松浦!!ということで、今度こそ松浦選手のゴールが見れれば・・・と思っています。

 

 

さて次回は、この日も開けたマスターピースの開封結果です。
先日も最後にちょっと書きましたが、自分の開封結果は本当に面白くないです・・・っていうか、一応様々なスポーツが出てくれると期待して開けたはずなのに、ここまでジャンルが偏る人間なんて全国探しても絶対自分だけだと思う。
冗談抜きで、このシリーズはもう開けたい気分にならん!!

| | コメント (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »