« 今のままでは危ない | トップページ | 埼玉スタジアムでジェイ選手が見たいです!! »

六角形で遊ぶ

今回はゲームの事について書いていきます。
紹介するゲームは、1992年にコナミ社より発売された、ヘクシオンという名の落ち物パズルゲームです。


ゲームの内容は、いわゆるテトリス(四角形)を六角形にすると、こうなる・・・っていうような感じであり、普通に積んでいってラインを消すというものですが、時には様々な技(横ずらし・回転入れ・飛ばし技など・・・)を駆使しなければならない場合も発生してくるので、テトリスとはまた違った面白さと難しさがあります。

 

 

ゲームの攻略方法としては、とにかく落下してくるブロックを回転させた時、つまりボタンを押した回数によって、その形のブロックがどのように変化するのか?ということを、完全に頭の中に叩き込む事だと思います。

 

 

まず遊ぶゲームを選択します。
選べるモードは全4種類。


ノーマルゲームは、一番バランスが良いモードで、基本的にこのモード中心で説明していきます。
他の3種は何とも言えない・・・っていうか、スラッシュ(写真右側に3つ映っている中の一番右の斜めのヤツ)は普通の人間・・・ではなく、かなりのゲーマーでも絶対にやるモードではない程に難しい!!(でも、そんなスラッシュモードでも、発売から数年後に1000万点が達成されてるから、極めたゲーマーってのは本当にスゴイと思う)

 

 

ということで・・・

普通の人間は、普通にノーマルモードを選択しましょう。
実際のところ、これが一番遊べるんですからね。

 

 

尚、おしゃべりモードにすると・・・このゲームの音量が大きいゲーセンでは、プレイしてて少し恥ずかしい・・・

 

 

では、ゲーム画面と同時に色々と紹介していきます。


攻略・・・と言ってもテトリスの要領で、長い棒が入るように穴を開けてブロックを積んでいくんですが、上でも書いたように隙間無く上手く積んでいくためには、とにかくブロックを回転させた時の形を完全に覚えることです。

 

 

文章で書くと簡単なんですが、実際にやってみると、これが難しいんですよね。

 

 

で、テトリスみたいに横にラインを作ると・・・


その部分のブロックは消え、それ相応の得点が入ります。
攻略というか、スコアを伸ばすには、とにかく一番高い得点が入る4列消しを連続で行っていくこと。
これを連続で行っていくことで得点に倍率が掛かり、その後も連続で行って行くことにより、ビックリするくらいの高得点が入るようになります。

 

 

で、ブロックが上まで積みあがると・・・


テトリス同様、詰み(積み?)状態になり、ゲームオーバーとなります。

 

 

まあ確実に長く遊ぶためには・・・


写真のような低い位置でチビチビ積んでいくのが一番良い方法かもしれません。
でも全く点数が伸びなくて、イライラするけど・・・

 

 

スゴイと思うプレイがあったので、貼っておきます。
1000万+α達成時のライン数が僅か152ラインということで、一応これまでに記録されたスコアとしてのワールドレコードらしいのですが、これは何ていうか、おそらく人間が実際にやったプレイじゃないと思います。(多分)

 

https://www.youtube.com/watch?v=3jRaqwZYzsw

 

尚、自分も過去に1度だけ、1000万+αを達成したことがありますが、その時のライン数は確か300近かったので、この152での達成というのが、いかに凄い記録だということが分かる人には分かります。
ちなみに今、プレイしても多分100万も行かないと思うので、完全に腕が錆びつく前に、そろそろ基板を引っ張り出して、久しぶりに燃えてみようかな~と思ったりもしています。(時間があれば・・・)

|

« 今のままでは危ない | トップページ | 埼玉スタジアムでジェイ選手が見たいです!! »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今のままでは危ない | トップページ | 埼玉スタジアムでジェイ選手が見たいです!! »