« カード開封三昧・初日編 | トップページ | カード開封三昧・ぷちカードフェスタ編 »

カード開封三昧・通販編(上)

今回は通販分の開封編(上)です。
ジュビロ浜松店からウチに戻ると、あらかじめ通販で頼んであったボックスたちが到着していました。

◇2010ジュビロ磐田TE×2ボックス

◇2010Jカード・シリーズ1×2ボックス

◇2010Jカード・シリーズ2×1ボックス

 

 

昨年は自身としても歴史に残るほどカードの引きが弱かった年でもありました。
これらのシリーズでは(世間的に言って交換等に)強いカードを全く引いて無いということなので、今回はその雪辱戦の意味を込めてのリベンジ注文です!!

 

 

でも、さすがに一気に全て開けると、翌日以降の楽しみが無くなるので、今回はシリーズ1とジュビロだけを開けてみることにしました。(ちなみにBAGGIO君は開封見守り人でした)
まずはシリーズ1です。このシリーズは今回注文した中では一番サインの出る率が悪いということで、半分恐怖な面もありましたが・・・

 

 

最初の1パック目から、いきなりサインカードのデザインが登場!!
なんで色々な店とかで出るまで作戦をした場合、このような引きが出来ないのかなあ・・・なんて一瞬思いましたが、この出現率の微妙なシリーズ1でサインが出たことにより、ほっと一安心。
で、ちょっとエンブレムが見えるとこまでずらしてみると、そこに見えて来たチーム名は・・・

FC東京!!
確かこのシリーズには、まだ長友が居たよな・・・まさかな?

 

 

そして表面をゆっくりずらしていくと、そこに見えてきたのは、まさに日本代表の・・・

今野泰幸選手でした。

 

悪くない・・・結果としては全然悪くないんだよ。
でも、希望としては同じ日本代表でも長友の方が・・・(←サインが出ただけ、ありがたいと思わなければいけないんですが、人間というのは欲があるもんで・・・)
尚、残り19パックは先日のミント浦和店と同じで何も出ませんでした。(つまらん・・・) 

 

 

気を取り直し、次はサインカードの出現率が100%の2010ジュビロ磐田TEです。
このシリーズは・・・もう何回書いたか覚えてないが、相当数を開けたにも関わらず、まだ自分は前田選手のサインを一度も引いた事がありません!!

 

 

最初のボックスは、早い段階でサインカードが登場。
一瞬、背番号の下一桁が「7」と見えた。
出たのは・・・

昨年は一度も公式戦に起用されず、チームから完全に干されたまま、多くのファンから惜しまれつつ、オフに甲府に移籍した、我が家の応援強化選手の犬塚友輔選手でした。
しかし過去の出現傾向によると、犬塚選手の黒サインが出たボックスからは金箔パラレルも出る確率が非常に高いので、その後は相当期待しながら開けていきましたが、結局出たのは八田選手の銀箔(画像割愛)でした・・・

 

 

本当に金(サイン&パラレル)が出ないなあ・・・と思いながら、もう一つのボックスも開けてみると、こちらも早い段階でサインカードが登場。
やっぱり一瞬背番号が見えたが、下一桁が「4」・・・

 

 

(4=大井健太郎選手の恐怖もあって)やっべー!!と思いつつ表面を見ると、出てきたのは・・・

パクチュホ選手でした。
先日韓国代表に一度復帰しましたが、最新版情報では代表選出されず少し残念でした。
でもパク選手はジュビロでも人気選手であるため、これなら全然悪くありません。

 

 

更に、このボックスからは・・・

同じパクチュホ選手の銀箔パラレルも出ました。
残念だったのは、金サイン&金箔パラレルが1枚も出なかったことですかねえ・・・

 

 

この日の開封はこれで終了とし、翌日のぷちカードフェスタに備えることにしました。(備えるっていっても、一体何を準備するのかも謎でしたが・・・)
次回はぷちカードフェスタについて書きます。

|

« カード開封三昧・初日編 | トップページ | カード開封三昧・ぷちカードフェスタ編 »

カード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カード開封三昧・初日編 | トップページ | カード開封三昧・ぷちカードフェスタ編 »