2020年・開幕戦レポート(今回は長い)

昨日は2020年J2開幕戦・vsモンテディオ山形戦が行われました。
モンテディオとのホームでの開幕戦と言えば、やはり2009年の歴史的大敗ですかね・・・
時間の経過と同時に増えていく相手の得点・・・とにかく悪夢としか思えない試合でした。(2014年のGKにゴールを決められた時よりも内容的には、そっちの開幕戦の時の方が悪かったと思う)
そんな超苦手チームが相手ですが、2021年にJ1で戦うためには、最低でもこの試合は相手を圧倒するくらいの内容で勝利しないと・・・

 

 

ということで、この日のスタジアムの様子・・・

Img_20200223_094941

やはり例のウイルスの恐怖からか、過去に見たことも無いくらい大勢の人のマスク姿・・・
そして晴天でありながら、常に冷たい強風が吹き荒れつつも、同時に大量の花粉が飛びまくっている遠州地区独特の天気でした。
こういう日って本当にキツイ!!

 

 

スタジアム広場を散策してると、なにやら長い列が・・・

Img_20200223_094931

これは昨年までジュビロに在籍していた太田吉彰氏の引退記念Tシャツを求める列でした。
尚、この日の試合後には、太田氏の引退セレモニーが行われました。(ちなみに今回売り出された限定Tシャツは予定数完売!!)

 

 

我が家の応援強化選手でもあった太田氏ですが、当然凄く応援してた嫁は購入すべく長い列に並びました。

Img_20200223_094925

最後尾の人は、このプラカードを持たされます。
経費節減!!

 

 

そして、この日のジュ美女スポットは・・・

Img_20200223_094946

自分にとって、「もう最悪!!」って大声で叫びたくなるイベントの一つでもある限定カードの配付・・・ということで、今回配付されたのは2020年・新入団選手の名刺カード(全10種)でした。
当たり前な事ですが、これは女子限定なので当然野郎は貰うことが出来ません!!
こういう差別的なイベントって、このまま永久に続けられていくんだろうな・・・

 

 

こちらはサポーターズポイントで貰える商品等の告知版です。
2020年は昨年までの内容と大きく変わっていると聞いていましたが、見てみると確かに昨年と全然違う設定になっていました。

Img_20200223_113746

例えば昨年までなら15,000ポイントで選手用ユニフォーム+VIP席+試合前の選手ハイタッチの計3点が付いてきたんですが、嫁や多数の人が被害を受けたポイント剥奪事件の影響(?)からか、今年は各交換商品に対し、かなり厳しく締めてきたって感じになってました。

 

 

参考までに今年の交換アイテムは・・・20,000点で選手用ユニフォーム+オリジナル選手サイン色紙の2点になり、15,000ポイントではVIP席観戦チケットのみ・・・そして14,000ポイントで選手用ユニフォームというようになってしまいました。
2014~2015年の最初の2年間、10,000ポイントで選手用ユニフォーム+VIP席の豪華2点セットが貰えたのが本当に夢だったとしか思えなくなってきた・・・
他には試合終了後のピッチ補修体験って応募による抽選プレゼント企画だったのが3,000ポイント使わないと参加出来ないって・・・
でも今回設定された中で一番驚いたのは、7,000ポイントで選手オリジナルサイン色紙が貰える権利でした・・・が、それについて言わせてもらえば、そんな高いポイントを使ってまで色紙1枚を貰うような人間なんて、多分この世には1人としていないと思う!!(←これが今回設定された中で、多分一番セコイ交換アイテムで間違いないでしょう)

 

 

ということで、半笑いというより呆れ笑いをしながら、その14,000ポイントで貰える選手用ユニフォームが写っている所の下をよ~く見てみると・・・

Img_20200223_113738

なんと、小さく細い字で先着20着限定っていう悪魔のような事が書いてありました。
ということは、シーズン終盤までポイント交換せずにモタモタしてると、ユニフォームは無くなる可能性もあるし、だったら早いうちに交換しておかない最悪な事に・・・

 

 

ということで、昨年のうちに19,000ポイントくらい溜まってたので、早速交換申請!!(翌日、引かれたポイントが反映されてました)

Img_20200224_172919  

当然というか、やはり自分が今年度における選手用ユニフォーム獲得の第1号達成者でした。(ジュビロの担当者も、いきなり開幕戦からユニフォームをポイント交換するような人間が現れるとは思ってなかったそうで・・・)

 

 

で、広場を歩いていると、なんだか多くの人がたかっているブースを発見。

Img_20200223_130632

一体何があるのか?と言うと、そこでは今年のシーズンソングを歌うスピラ・スピカというグループのCD即売会が行われ、スピラ・スピカ本人たち(3名)が自らCDを売り込んでました。(この後、ハーフタイムではピッチでシーズンソングでもある「僕らのPRIDE」を披露しました)

 

https://spiraspica.com/

 

ヴォーカルの幹葉さんですが、つい先日はジュビロの練習にも訪れたそうで、昨年の足立なんとか・・・って人よりも、今年のスピラ・スピカの方々の方がジュビロの事を強く想ってくれる感じがします。
『先輩UNIONEさんの想いも受け継いで・・・』ってツイートしてるくらいだから、昨年のは、もう完全に無かった事になってるんでしょうね・・・

 

 

試合開始まで40分となったので、広場での時間潰しは終了しスタンド席に戻ることにしました。
で、その後は試合前の練習で選手たちが出て来て、例のサインボールを投げるんですが・・・

Img_20200223_132852

なんと!!開幕戦からいきなりボールGET!!(小川大貴選手でした)
このボールですが、自分の背よりも遥か上に飛んで来たので、ジャンプして叩き落とそうとしたんですが、ボールは手の僅か上を抜けて行き、「あ~!残念・・・」と思っていたら、すり抜けてったはずのボールは何かに当たって跳ね返り、まるで自分に吸い寄せられるかのように、目の前に転がってきたんですよ!!(昨年の最終戦に続き、2試合連続ボール獲得という偉業?達成??)

 

 

今年はなんか色々とツイてるなあ・・・って思いました。
ちなみに今回捕ったボールですが、試合後に自分の知り合いが今回たまたまスタジアムに連れて来た子にあげちゃったけど・・・

 

 

試合前のアウェー側の様子です。

Img_20200223_134525

開幕戦ということもあって、ゴール裏応援席はギッシリと埋まりました。

 

 

当然ホーム側も・・・

Img_20200223_140104

こんな感じでした。

 

 

試合ですが・・・

Img_20200223_140408

東京五輪期待のストライカー(←ここには願望も含まれています)・小川航基選手が前半に効果的な2ゴールを挙げ、その後も危なげない内容(細かく言えば、危険な場面はあったが・・・)で、ジュビロにとって難敵とも言えるモンテディオ相手に完封勝利。
例年スロースターターなジュビロにとって、珍しく内容も伴った試合でした。
これで試合後に行なわれる太田吉彰氏の引退セレモニーに華を添える事も出来たし、本当に良い開幕戦になった。

 

 

太田吉彰氏の引退セレモニーの様子です。

Img_20200223_162533

Img_20200223_163101

ピッチを縦横無尽に良く走った選手だった。
最後のスタジアム一周の時は、当然というか当たり前のように嫁(と自分)に気付き、何か言葉を返してくれました。
ちなみに太田氏は今年からジュビロのスタッフになるので、また何かの機会の時には普通に会えるでしょうが・・・

 

 

最後に今回ジュ美女スポットで配付された新入団選手の名刺カードを紹介しておきます。
この日は寒かった事と例のウイルスの恐怖からか?自分の知り合いが通常よりも少なくて、集めるのに相当苦労しましたが、それでも自分は恵まれているようで、運良く全種類揃える事が出来ました。

Img_20200224_161828

名刺カードということで、サイズは名刺と全く同じでした。
今回収集に協力してくれた多くの女性陣の方々には感謝です!!

 

 

次回は・・・
個人的にゲームのことを書きたいけど、多分それは無いであろう・・・

|

謎の旅行中、念願の場所に行ってきた

今回も先日の旅行のことについて書きます。
と言っても、土曜日の夜の事になりますが・・・

 

 

毎回夜の宴会の後、結構な自由時間が設けられていて、多くの連中はそういう系の店に遊びに行って大金を使ったりして過ごしたりしてるようですが、自分は前回と同じように完全に一人で単独行動で、今回の宿泊地・赤羽から向かった先は高田馬場でした。
その高田馬場には何があるのか?というと、駅からも非常に近い場所にある・・・

Img_20200215_185005

ミカドという名のゲームセンターでした。
この店ですが、最新のゲームもあれば、古き良き作品が多数稼動していて、しかもレベルが非常に高い。
動画(You Tube)でも頻繁に実況中継とかされていて、自分は割と良く観覧してたりします。

 

 

店に入ると、ひと昔のゲーセンを彩った懐かしきオールドゲームたちのアトラクト音が聞こえました。
そして店内に漂う独特のタバコの臭い・・・まさに2000年に入る前、世に格闘ゲームなんてものが全く蔓延ってない、俗に言うゲーセン全盛期の頃の良き時代が思い出されてきます。

Img_20200215_190106

昨年の大阪方面への旅行で惨敗した、グラディウスも普通に設置されていました・・・が、1回200円は今の自分のレベルでは少し怖いかな・・・(昔だったら、全然安いと思うんですが・・・)

 

 

尚、今回店に行ってみて一番驚いたのは、ナムコの超名作ゲームでもあるドルアーガの塔3台並んで稼働してたことでした。

Img_20200215_185131

このゲーム基板は全国に多数存在するオールドナムコを愛するマニアたちにより、ほとんどの物が門外不出状態で持たれているため、よっぽどの店じゃない限り、稼働してる事が凄い事なんですが、それが3台も並んでいるのは凄いというか奇跡的としか言いようがありません。(もちろん、自分もドルアーガ基板は所持しています)

 

 

この日、ドルアーガの塔のプレイを決行長時間見てましたが、やる人やる人みんな激が付くくらい超上手い!!
ネット配信されてる多くのスーパープレイ級の動画を見ても、そこまでのレベルの人はいないくらい本当に上手い人ばっかりでした。

 

 

ちなみに今回いくつかのゲーム(最低でも過去に1回でもいいので全面クリアしたことがあるゲーム)をやってみましたが、やはり数年間(中には10年以上)のブランクってものは、そんな簡単に埋まるものではなく、昨年同様散々な出来であったことも付け加えておきます。
それでも今回最後にやった某シューティングゲームでは、数人のギャラリーが付いていた・・・ってことは、自分のプレイはまだまだイケるのでは・・・!?という自信みたいなものも少なからず出てきましたが・・・

 

 

次回・・・っていうか、明日はもうJ2の開幕戦ですね
事前情報によればジュビロの開幕戦のチケットは既に完売してるようなので、超苦手なモンテディオ相手とは言え、間違っても恥ずかしい内容の試合をしてもらいたくないものです。

|

恒例・謎の旅行(今回は長い)

今回は予告通り、地元の連中たちと行ってきた謎の旅行編です。
この1年に1度だけ行われる謎の旅行(やたら歩く)ですが、これまでは西日本を中心に静岡以西ばかりでしたが、今回初めて関東方面・・・ということで、東京都内を中心に色々な所に行ってきました。

 

 

2月15日(土)
今回の旅の始まりは東に行くということで、必然的に掛川駅からスタート。
朝一番の新幹線で東京方面に向かい、その後は在来線を乗り継いで約2時間後、最初に降り立った場所は・・・

Img_20200215_081219

新橋駅でした。
駅前にある、通称SL広場前にて参加メンバーの点呼から今回の旅が始まりました。

 

 

朝の点呼の後、最初に向かった先は・・・

Img_20200215_091357

駅から程近い場所にある烏森神社でした。
まあ今回の旅の主催者が絶対行くべきところ・・・と言っていたので。

 

 

その後、そこから結構歩いて向かったところは・・・

Img_20200215_095508

Img_20200215_095523

この上の画像を見てもらえれば分かると思いますが、超長くて急な階段を登って行かないと着くことが出来ないような場所にある愛岩神社でした。
ここはなんか某アイドルグループ(?)のファンに言わせれば、聖地巡礼地らしい・・・(奉納してあった絵馬には同じようなキーワードが踊ってた・・・)

 

 

その後は神社横のNHK博物館に寄り・・・

Img_20200215_105215

再び歩く・・・

 

 

そこから銀座方面に歩き・・・

Img_20200215_115939_20200218005801

国道1号線の起点とも言うべき、日本橋も抜け・・・

 

 

この日3度目の神社ということで、今度寄ったのは小網神社という名前の場所でした。

Img_20200215_132314

この神社ですが、まだ我々が生まれていない遥か昔、東京大空襲によって焼け野原になった場所の中、唯一被害を受けずに建物ごと残ったそうで、そういう事もあって現在では強運の神社と言われ、運を味方につけたいと願うべく、連日のように多くの人が参拝にやってくるというもので、この日も結構長い列を作ってました。

 

 

ここでの参拝を終え、この後は予定が少し早くなったけど、恒例の宴会ということで、この日泊まることになっていた赤羽に移動。
さすがにもう徒歩では無く電車移動でした。

Img_20200215_221459

Img_20200215_222445

この赤羽の街は駅周辺に良い感じで飲めるような場所が多くて、本当に羨ましいと思いましたね。
地元・袋井には、そういう場所なんて全く無いし・・・

 

 

宴会の後、みんなそれぞれ行きたい場所へ散らばっていきました。
当然自分も前回同様、例のアレ・・・ということで都内某所へ・・・(それについては次回)

 

 

2月16日(日)
旅行2日目は朝の5時前に起床!!せっかく早く起きたので、トレーニングを兼ねて赤羽駅周辺をランニング。
実は今回の旅行ですが、自分はいつでもランニング出来る格好で参加しました。(上下ウインドブレーカー&マラソンシューズということで、他の人と比較しても明らかに違和感がある格好・・・)

 

 

ランニングから帰ってきて朝食を食っていると、外は雨が降ってきました。
誰が言ったか、「なんかこの旅行って毎回のように雨に当たる気がするな・・・」自分もそう思った・・・

 

 

この日ですが、最初に向かった場所は・・・

Img_20200216_092116

Img_20200216_092820

これで分かるでしょう・・・なんと靖国神社でした。
世間では色々と言われたりしている場所ではありますが、主催者曰く、ここだけはどうしても・・・ではなく絶対行かなければならないと・・・

 

 

で、建物内に入ると、なんと下駄箱には我々御一行の札が!!
もう既に予約してあったんかい!!

 

 

靖国神社の中は写真撮影禁止の場所が多いので、良くテレビで映る建物内の大広間でも・・・(ここは撮影可)

Img_20200216_100620

あ、本殿での参拝もしました。
ちなみにこの日の東京は雨交じりの天気で非常に寒くなりましたが、ここの本殿内部の畳は床暖房が効いていて、外であるにも関わらず凄く暖かかった!!

 

 

この日は地下鉄を乗り継いだり、前日同様に色々と歩いて回る日々・・・(どこにどの順で行ったのか、完全に忘れたよ・・・凄く歩いたことだけは覚えているが・・・)

Img_20200216_151548

神宮近くの銀杏並木を歩き・・・

 

 

やがて見えて来た、新国立競技場・・・

Img_20200216_153602

一応いくつかの催し物で既に使ったりしてるけど、まだ周辺は整備してる最中でした。

 

 

この国立周辺の散策が今回のラストであり、この後一行は東京駅に向かい、帰宅の途に就くことになります。
例年と比較しても相当早い時間に帰ることになった理由は、やはり黄例のウイルスの恐怖ですかね。
とにかく人混みから逃げたいから・・・赤(だったら、こんな時期に何故に東京みたいな人混みの多いような地域に行ったのか?と言われれば、返す言葉が無いけど・・・)

 

 

 

それから数時間後に無事帰宅。
帰宅後に自分が最初に行なった事は、靖国神社参拝で頂いた箱を開封!!

Img_20200216_205601

中には和三盆の菓子と粉末のお茶が入ってました・・・

 

 

実は、このお茶の生産地は・・・

Img_20200216_205611

なんと掛川市下俣南!!
しかも加工所が袋井市葵町の会社!!(この生産地の場所や加工所がある会社、地図を見なくてもどこにあるか分かる!!特に加工所の場所は我が家から2キロくらいしか離れてないし・・・)
つまり静岡、それも自分の地元のお茶は天皇家に認められているわけだ!!これは本当に凄い事!!

 

 

次回も旅行の事を書きます。
自分が以前から行ってみたかった場所とは・・・

|

毎年恒例・謎の旅行

一部の方々には連絡してましたが、実は土曜~日曜と2日間、毎年恒例でもある地元の連中たちと旅行に行ってました・・・が、今回の行き先はなんと!!あまりにもベタすぎる東京!!
これを読んでる人で東京を中心とした関東在住の方も多数居ると思いますが、静岡県民からすれば都内観光は結構な旅でもあったりします。

 

 

で、今回も普通の旅行とは一風変わった場所ばかり攻めて行きました。
ただ、まだ写真が全くまとめてないので、詳細については次回あたりに書こうと思っています。
もちろん今回も非常に長い距離を歩きました。(今回は2日間で軽く45,000歩以上も歩いているんで、一体コイツらって、どんだけ徒歩に頼った旅をしてんだろ!?って思われそう・・・)

 

 

自分としては、土曜日の夜に念願の場所に行ける事が出来た事かな・・・
例年のパターンからすれば、だいたい想像がつくと思いますが。

 

 

今回の旅行で特に心配してたことは、やはり全国各地で広がりつつある例のウイルスの恐怖ですかね。
特に東京みたいな人混みだらけの中を移動するのは危険が伴う・・・という考えのようなものが常に我々の頭の中にありました。
しかし都内に来てみて分かった事は、正直マスクをしてる人がこっち(静岡)に比べて少ないということ。
ウイルス感染は宝くじに当たるくらいの極少確率だから自分は大丈夫だと思っている人が多いのか?とにかく周囲の状況を見る限りでは、そういう危機感みたいなものは全く感じられなかったですね。

 

 

次回、謎の旅行編(本編)

|

1年に1度のお楽しみ!!

先日ですが、(株)ジュビロより2通の小包が届きました。
1つは嫁が注文した2020年版のレプリカユニフォームですが、もう一つはポイントで貰える例のプレゼントユニフォームでした。
1年に1度だけの超楽しみな開封でもあります!!

Img_20200213_193838

ちなみに今回のユニフォームですが、自分ではなく嫁が貯めたポイントであるため、所有権は嫁にあります。
尚、このユニフォームくじ(?)に関しては、昔から嫁のとこに来たモノは何故か毎回良い選手が送られてくる傾向がある・・・羨ましい。

 

 

ということで今回は嫁が開封しました。
白っぽいのが見えたので、すぐに2ndだと分かり、さて誰のが来たのか?と思って出してみたら、なんと・・・

Img_20200213_200700

昨年夏、ガンバ大阪より急遽移籍加入してくれた元日本代表の今野泰幸選手でした。
これまでのJリーグや日本代表での実績とかを考えたら、今野選手って凄い当たりの選手なんじゃ・・・

 

 

ということで、ここら辺の選手が送られてくる運を持ってる嫁の力は流石って感じがしました。

Img_20200213_200728

ちなみに今回のプレゼント企画ですが、一部で(ここに書けないような)トラブルがありましたし、ある方に送られてきたユニフォームに関しても何か変だ!?っていうような物があったりと、本当にファンの事を想っているのか!?って感じがしました。
我が家のはタグ番も製造元もレプリカとは違っていたので、一応ちゃんとした選手用が送られてきたから良かったと思ったけど、なんか色々聞いてるとホント腑に落ちないというか・・・

 

 

さて・・・2020年版ユニフォームが来たということで、気が付けばJ2開幕まで残り2週間。今年のジュビロは昨年までのチームとは全く別のチームであり、非常に楽しみであると同時に少なからず不安な部分もあります。
開幕戦は昔から相性が滅法悪いモンテディオ山形が相手ですが、ここで負けてるようではJ1昇格など200%無理なので、終始実力差を見せつけるような感じのサッカーをして苦手な開幕戦をモノにしてもらいたい。
一応まだ残り2週間もあるので、十分な準備をして開幕戦に臨んで欲しいですね。

|

まさか、残ってたとは!!

今回は我が家のクワガタの事について書いていきます。
我が家ではヒラタクワガタ、そしてコクワガタを沢山飼育していますが、今の時期の成虫は土に潜って冬眠しているため、ケースに湿り気を与える事くらいしかやる事はありません。
しかし秋に生まれた幼虫に関しては必死でエサを食って成長してるため、この時期の世話と言えば基本的に幼虫メインになります。

 

 

で、ヒラタクワガタの幼虫は大きな個体を誕生させるべく、基本的に1匹に対し1つのビンで大切に育てています。(ヒラタクワガタは親もそうですが、幼虫時代から気が荒いので殺し合いになる可能性が非常に高い)
しかし昨年は同時に飼っているコクワガタが思ってた以上に沢山の卵を産んでくれたこともあり、さすがに1匹1匹別々に飼育することは難しい(というより非常に手間が掛かる・・・)ので、1つのケースに太い朽木を入れ、そこに何匹か一緒に入れて飼育しています。

Img_20200203_140821

こんな感じ・・・(このケースには約5匹くらいの幼虫が入っています)

 

 

その中で、今回産卵に失敗した(と思ってた)ヒラタクワガタが入ってたケースを片付けようとした時、何も居ない(と思ってた)はずのケース内に大きな白い物体が見えたので、まさか!?と思って確認してみると・・・

Img_20200203_140935

この写真じゃあ絶対分からないでしょうね。
なんと!!秋から片付けずに置いてあったケース内のマットと朽木をボリボリ食って立派に大きく成長してた幼虫が居るではないか!!
この時の自分の興奮度は、ちょっと抑えきれないくらい凄いものだった・・・(とは、嫁・談)

 

 

というのも何故なら、この産卵に失敗したと自分が勝手に思ってたメスの成虫は、2年前に我が家で生まれた個体ではなく、何故か我が家の玄関の前でウロウロしてた天然個体のヒラタクワガタであり、我が家で生まれた個体を掛け合わせて新しい血を持つハイブリッドな個体を作り出そうと思って期待してたものの、秋の幼虫の割り出し段階で幼虫の存在が1匹も確認出来てなかったので、やっぱ失敗したんだ・・・と勝手に思い込んでいたんですよ。

 

 

でも、もしかしたら見落としの可能性も極少ではあるかもしれないと思い、親だけ出してケース内の土とか朽木はそのままにしておいたんですが、その少ない可能性が功を奏してくれたことで、今回唯一ともいえる別の血が混じった幼虫が誕生してくれたことが本当に喜ばしい事というか・・・
しかもこの見つかった幼虫ですが、大きさから明らかにオス!!これは本当に嬉しい!!

 

 

ということで、早速新しいエサ(菌糸マット)を用意しました。

Img_20200203_140708

ということで、毎回お世話になっているフォーテックのブロック丸です。(これ使いやすくて超便利)

 

 

程良い固さになるように固めます。

Img_20200203_140702

Img_20200203_140732

今回見つかった大きな幼虫は、このサイズのビンで育てます。
とにかく食って食って食いまくって大きくなってくれ!!(笑)

 

 

それにしても、完全にあきらめていた天然個体との交配で生まれた幼虫ですが、自分としては念願のハイブリッド個体であり、この貴重な1匹をどこまで大きく成長させることが出来るか!?って感じで期待しながら大事に育てていきたいと思っています。(もちろん他の幼虫も大事ですが、この1匹だけは全く別物なので・・・)

|

福袋の開封結果・・・まさかの引き!?

またまた随分と間が開いてしまいましたが、それについての理由は最後の方で・・・
今回は某書店で売られていた福袋の開封結果について紹介していきます。

 

 

これは年が明けた直後、例の袋井のカード屋さん・KINGSでの福袋を開けに行った時にI先生より、色々なカードのパックの詰め合わせ福袋が某書店で売られているという事を聞き、早速自分もその書店に行ってみました。
尚、この某書店とはI先生がいつもカードを購入する店であり、しかも超高確率で大物級カードを引き寄せているという噂のスーパー書店だったりします。

 

 

ちなみに自分ですが、この書店で以前Jカードを購入して見たところ、当時の大物級でもあった選手のサインを引いた事がありました。(しかも2度も!!)

 

 

で、書店に行ってみると、レジの前に赤い紙袋が2つ。
1つ2,000円なので迷わず2つ購入。

Img_20200208_044349

種店のカード福袋なんて、初めて購入したよ・・・

 

 

で、中を開けてみると・・・

Img_20200208_044729

様々なカードの詰め合わせというか、特にプロ野球系のカードが何種も入っていました。
他にも大相撲とかチアリーディングとかオールスポーツとか・・・
サッカー系では唯一1パックだけサンフレッチェ広島のチームエディションがありましたが、これはサッカーカードのコレクターにとっては、何ていうかちょっと微妙な感じかな・・・って思いましたね。

 

 

で、早速開けてみましたが、まずは白い袋から・・・
そこから出たのが・・・

Img_20200126_223026

良く分からん野球系のプロモが何種も・・・
野球カードに興味が無い人間にとって、これは要らないなあ・・・。

 

 

で、それぞれのパックを開けてみたところ、枚数限定カードがいくつか出ました。

Img_20200126_221935

唯一1つだけあったサンフレッチェ広島TEからは、川辺駿選手のジャージーカードが出てくれました。
一応このカードは既に所持してますが、たまたま入っていた1パックから出たので、これはこれで少し嬉しい!!

 

 

ただ、野球の方で唯一1枚だけサインカードが出現しましたが、そのカードというのが・・・

Img_20200126_221953

なんと!!プロ野球でも人気選手であり、カード的にも引きたい人が多いであろう・・・ヤクルトスワローズの山田哲人選手!!
プロ野球カードのチーム別カードですが、主力級のサインカードは基本的に少数枚数に絞られているため、そのような選手を引くのはサッカー以上に困難でありますが、まさかの超人気選手でビックリ!!
昨年プロ野球でも史上初の3度目となるトリプルスリー(打率3割以上・本塁打30本以上・盗塁30以上)を達成したような凄い選手が、まさか1パックだけしか入ってなかった2019ヤクルトから出るなんて、一体誰が予想出来たことか!?

 

 

これによって某書店には良いカードが自然と集まってくる事が証明(?)された・・・のかな?
あ、この山田選手のサインカードは交換可能です!!(いつも書いてるようにジュビロのカード、それもある程度のレベルの物を御用意下さい!!)

 

 

ちなみにこれを引いた直後、I先生に連絡したら、「今年のはらださんの引きが凄い!!」との何ていうか、お褒めの言葉を頂きました。
でもね、I先生も昨年同様今年になっても相変わらず世界最強クラスの引きを連発してるんですが・・・

 

 

最後に冒頭でも書きましたが、ここ最近日記の更新ペースが悪くなった事について・・・
とにかく連日のように自分の生活パターンがヒドイ!!

 

朝起きる → 仕事に行く → 仕事で帰宅が遅くなる(最近とにかく凄く忙しい) → 疲労困憊で帰宅する → メシ食ってから少し横になる(これが一番いかん!!) → そのまま床で熟睡(嫁が言うには、自分は寝ると叩いても蹴っても全く起きる気配が無いらしいので、そのまま放置される) → 深夜に突然起床(時刻がだいたい午前2時くらい・・・ほとんどネコに起こされる) → シャワーなり浴びる → 再び寝る(ここから再就寝なので、実質その時間しか寝てないことになる・・・睡眠のリセット化!?) → 最初に戻る・・・

 

こんなことを続けてるので、日記なんて全く書かないのが当たり前になっちゃってる。
とにかく飯食って横になるのだけは絶対ダメだと自分に言い聞かせ、生活習慣を以前のように元に戻さないと・・・

|

朝一でゲーセンに行くと流れている名曲

今回はゲームのお話・・・と言っても、いつものように1つのゲームについて色々語るのではなく、ここでも何度か紹介してる有名ゲームメーカーの、とある音楽(BGM)について書いていきます。
その音楽というのは、通常ゲーム中に流れるBGMではなく、電源を立ち上げた時・・・
つまり通常で言えば店がオープンした直後でないと聴けないような曲です。

 

 

今回のタイトル、そして冒頭の文章だけで分かる人間は多分自分と同世代、もしくはコナミ信者であると言えますね・・・

 

 

その曲名の正式名称は『コナミ・モーニングミュージック』というもので、直訳すれば『コナミ・朝の曲』になります。
それは一体どういうことなのか?と言うと、まずゲーセンが開店する時間・・・だいたい朝10時頃になれば各お店では営業が出来るようにゲームの筐体に電源を入れます。
その時、店内の大部分のゲームは電源投入後、すぐに画面が立ち上がり、普通だいたい30秒から1分も待たなくても遊べるものなんですが、一部のゲームは電源投入後、基板の中では暖気運転なのか?あんまり良く知らないけど、それぞれ順を追ってからでないとゲーム画面が立ち上がらない・・・

 

 

つまり基板のウォーミングアップみたいな事をしないと、ちゃんと動作出来ないものが存在していました。

 

 

そんな今では絶対有り得ないような、非常に面倒な工程を経て、ようやく遊ぶことが出来るのが、コナミ・バブルシステムという名のシステム基板なんです。

 

 

このバブルシステムを採用してるゲームはこれまでに4種存在し、コナミのゲーム史上おそらく最大のヒット作となったグラディウス、そしてアーケード版よりもファミコンの方で大ヒットしたツインビーが、このシステムの基板に当たります。

 

 

で、上でも書いたように、ゲーセンが開店すると同時に店内に入ってみると、だいたいどこの店も様々なゲームのデモ音が聞こえてくるんですが、そのデモ音に交じって、非常に独特で美しい音色の曲が流れているんですが、その曲こそがバブルシステムの立ち上がり時に流れるもので、朝一番でゲーセンに行かなければ聞くことが出来ない・・・それこそがモーニングミュージック・・・というわけです。

 

 

ちなみに上でも出たグラディウスというゲームは、当時非常に多く製作されたそうで、どこのゲーセンに行っても結構な確率で置かれていたので、このモーニングミュージックは割と多くの人は聴いていた・・・と思います。
以前も書いたように自分は当時グラディウスに超ハマっていて、ほぼ毎週のように休日になれば必ず開店前にゲーセンに行き、開店と同時にグラディウスの筐体(この頃はテーブルタイプの物が主流)の前に座り、お茶でも飲みながらモーニングミュージックを聞いてゲームの立ち上がりを待っていたものです。

 

 

コナミ・モーニングミュージックの動画

 

https://www.youtube.com/watch?v=dM-UCiUirj4  

 

https://www.youtube.com/watch?v=mbM_YPyVJBE

 

『ぷれぜんてっど・ば~い・こな~み』の音声から始まり、しばらくカウントダウンの音声が聞こえてきますが、やがて画面にカウントダウン表示が出ると同時にモーニングミュージックが流れます。
上でも書いたように、この名曲を聴きつつ温かいお茶を・・・

 

 

ただ・・・バブルシステムですが、最大の欠点は当時から非常に壊れやすい基板として有名でした。(この後主流になっていくJAMMA規格の基板では絶対有り得ない-12Vの電源を必要とするし、とにかく静電気とかに弱く、取り扱いにしても細心の注意を払わなくてはならない・・・)
おまけに今も昔も超高額なのは全く変わってないし・・・(グラディウスはオークションに出品されても、多分20万でも普通に買えないと思う・・・)

 

 

ちなみにグラディウスは本当に爆発的人気があったので、朝からゲーセンに行って席の確保が急務するほど・・・
しかもプレイの上手い人間が座れば、それこそ最低でも30分~1時間以上は待たなければならないようなゲームでした。
当時は次のプレイを確保するために、テーブルに100円を置いて、ゲームのプレイしてる人に対し「早く終われ!!」って感じで待ったりしたものです。(普通に5枚以上100円玉が並んでいたくらい・・・)

 

 

でも自分がプレイしてる時も、おそらく他の人も同じような感じで「はよ〇ね!!」って思ってたんだろうな・・・

 

 

次回は・・・多分カードの事について書くと思います。
先日、I先生より聞いて(勧められて)購入した福袋を開けてみたら・・・なんか出たー!!
今年の自分の引きは、ここ数年までと全く違う!!
本当に一体何があったんだ!?って感じです。

 

 

日記更新が随分と久しい感じになってしまいましたが、決して書くのが飽きた訳でも無いし、世間を騒がせているウイルスによって寝込んでたわけでもありません。
ただ単に最近になって仕事が激忙しくなってしまい、毎日帰宅が遅いうえにメシ食ったら速攻で寝ちゃってたので、普通に日記を書く時間が無かっただけです。
心配してた人・・・まあ、多分誰もおらんだろうけど・・・

|

2020年シーズンが始まりました

本日1月12日、2021年のJ1昇格に向けて新生ジュビロ磐田がスタートしました。
ここまでチームのオフの過ごし方を見てる限りでは、昨年よりも普通にサッカーに対する取り組みというか、やる気が感じられるし、これは久しぶりに少しだけ期待しちゃってもいいんじゃないか!?という感じですが、果たして・・・

 

 

ということで、本日は今年初の練習見学に行ってきました。

Img_20200113_085251

この日は午前8時30分より練習開始予定でしたが、例年最初の練習は予定よりも遅く始まるので、そんなに気張って早い時間から行く必要は無いのですが、それでも数少ない駐車場が速攻で埋まってしまうため、結局は早く行かなければなりません。
ちなみに昨年の練習初日は悪天候にも関わらず約700人もの見学者が訪れましたが、今年は祝日で天気が非常に良かったのに見学者数は約450人・・・
まあ今年はJ2だし、有名選手がほとんど居なくなったこともあるので、見学者が大幅に減ったのは仕方が無いかもしれませんね。

 

 

最初の練習・恒例の選手全員の挨拶。

Img_20200113_090644

「頑張ってJ1昇格を目指しますので、今年1年間、熱い応援を宜しくお願いします!!」
絶対だよな!!その言葉、信じていいんだな!!

 

 

この日は練習初日ということで、ボールを使った練習は一切無かったです。

Img_20200113_102325

とにかく走って走って、その後は柔軟体操。
選手からすればキツイ内容ですが、1年間戦える身体作りをしなければならないので、こういう基礎練習は非常に大事なことです。

 

 

で、午前練習が終わった後は一旦帰宅し、午後2時から始まる全国高校サッカーの決勝戦(前日に行われたU-23の試合よりも遥かに内容が凄い!!静岡学園、優勝おめでとう!!あと前日の高校女子サッカーも優勝された藤枝順心もおめでとう!!男女共に静岡県の高校が優勝し、世間ではサッカー王国復活とか色々言われていますが、正直まだまだ・・・)を見てから、当然のように午後も練習見学に行ってきました。

Img_20200113_163840

Img_20200113_170155

まあ練習内容は午前と同じような内容でした。

 

 

ちなみにこの日は練習初日でしたが、昨年と違って午前&午後共にファンサービスはありました。
そのファンサですが、練習に参加してた選手は多分全員が来てくれたと思います。おかげで、まだサインを貰ってなかったカードに沢山貰う事が出来ました。

15789273536535886875041700835373

15789269704181321017634415062403

選手の皆さん、ありがとうございました。

 

 

次回は・・・久しぶりにゲームの事でも書こうと思っています。
自分が過去にやってきたゲームが、まだ山のようにあるし、それらの事について少しでも触れておきたいので・・・(でも、内容的について来れる人間は少なそうだが・・・)

 

 

最後に・・・
今回は練習初日ということで、当然ファンサゾーンは写真のように凄い事になっていましたが、そんな中で何を勘違いしてるのか?ちょっと自分には考えられないというか、この人は一体何を目指しているのか?という女性がいました。(これまでも割と練習場&試合会場で見掛けていた結構若い女性です)

Img_20200113_102330

それは、先日ジュビロを退団した選手(若い女性を中心に人気のあった選手)に向け、何か一言メッセージを送りたいので・・・って感じで、多くのファンで相当すし詰め状態の中、次々に選手を止めて自分が持ってきたメッセージボードに色々と書かせていましたが、それってメッセージを書いて貰ったから何!?って思いましたし、自分にはその行為が完全な自己満足にしか見えませんでした。
しかも、もうチームから居なくなった選手に、それを渡すってことを考えたら、この人は絶対ジュビロを応援しないで、その移籍したチームでその選手しか応援しないのが目に見えてる・・・
正直ジュビロの練習見学には不釣り合いな人間であり、何ていうか・・・完全に浮いてた存在でした。
無理矢理メッセージを書かされてる選手も、一応顔は笑っていましたが、おそらく内心では「何だろ!?この人・・・」って思っていたんじゃないでしょうか・・・
2020年はジュビロ磐田ではなく、京都サンガの8番の選手だけを応援して下さい!!

|

待ってたのは、こういう引きだ!!

今回もカード・開封結果です。
年明けから色々なボックスを結構開けていますが、知っての通り、自分的にはビックリな良い結果が続いています。
ということで、我が家のボックスたちも、もしかしたら中身が変わって(んなことは無いが・・・)何かスゲー物が出るかも!?ということで・・・

Img_20200111_051311

今回開封するのは昨年、歴史的惨敗した2019Jカードです。
写真のモノは全て今年の花火大会の為に集めておいたものですが、ここで全て開けちゃうと数か月後に控える夏の楽しみが減ることになるので・・・

 

 

今回開けたのは、直観で決めた以下の2ボックスでした。

Img_20200111_051336

なにか驚くような物が出てくれれば・・・って感じで、今回もそういう期待というか、欲丸出しで開封しました。

 

 

最初のボックスから出たのは・・・あ!!

Img_20200111_064736

2015年からずっとジュビロの正GKを守り続け、先日とうとう退団が発表されてしまったカミンスキー選手でした。(涙)
カミンスキー選手のジュビロでの思い出は、もう語りつくせないくらい沢山ありますが、その中でも厳選して挙げるとすれば、やはりジュビロサポの誰もが一番印象に強く残ってる、2015年の味の素スタジアムでのヴェルディ戦だと思います。

 

 

その試合はJ2終盤での出来事ですが、当時1位で抜け出た大宮アルディージャは既に追い付けないくらい勝ち点差があり、残りの2位(最後の自動昇格枠)を争っていたアビスパ福岡と数試合のマッチレースとなり、特に終盤の最後の方では1つの負けではなく、引き分け1つでも昇格争いから脱落を意味する・・・というくらい非常にキツイ状況でした。(この時のジュビロとアビスパは勝ち点差が無いに等しいくらいに接近してた)

 

 

で、その試合中に順位の上で3位だったアビスパは4-0で勝ったという状況を知り、当時2位につけてたジュビロは絶対負けてはならないプレッシャーと戦う事になるのですが、その試合の前半で味方DFがペナルティーエリア内でハンドをし、しかもそのプレーによってハンドをした選手はレッドカードで退場し、更に判定は相手にPKを与えるということで、ジュビロにとって絵に描いたような最悪な状況・・・
まさに絶体絶命という言葉が当てはまる感じでした。(ついでに言えば、当時の得点源だったジェイ選手まで負傷による途中交代・・・何をどうやれば、この試合は勝てるのか!?と思ったな・・・)

 

 

 

しかし、この絶体絶命なピンチをGKのカミンスキー選手がまるで神懸ったかのようにPKをストップし、その後は1人少ない状況でありましたが、味スタのゴール裏に多数詰め掛けた多くのジュビロサポーター達の凄い応援と、それに応えるかのように攻撃陣が躍動しで3得点を挙げ、3-0での完封勝ちを納めました。
あのPKストップが、その後のJ1昇格に繋がったと言ってもいいほど神懸ったプレーは、まさにカミンスキー選手だから出来たプレー・・・そのくらい、あの時のプレーは凄いものでした。

 

 

ジュビロ歴代最高のGKは先日引退した川口能活氏って言う人もいるでしょうが、自分はやっぱりカミンスキー選手だと思います。
今でも何故に2017年のベストイレブンに選出されなかったのか?と思いますね。
まあ当時はバリバリに忖度みたいなモノがあったから、どんなに凄いプレーをしようがカミンスキー選手は選出されなかったんだな・・・と、今でも勝手に思ってますが・・・

 

 

カミンスキー選手は一体どこに行くんだろう・・・やっぱポーランドに帰るのかな?
本当に長い間、こんな弱いチームに居てくれたことに多くのサポーターは感謝しています。

 

 

このボックス、2枚目は・・・

Img_20200111_064821

2020年に開幕戦で当たることになったモンテディオ山形の山田拓巳選手でした。
ジュビサポ的にモンテディオ戦はハッキリ言って良いイメージ皆無ですし、特にホームでの試合は、開幕戦で6点取られて大敗とか、記憶に残っている例のプレーオフ直前のリーグ戦では終始何も出来ずに完封負け、そしてその後のプレーオフでは世界中に恥を晒すロスタイムに相手GKにゴールを決められたり・・・
ホント、モンテディオ戦(特にホームでの試合)は嫌なイメージしか無いですね。

 

 

で、2ボックス目です。
最初に出たのは・・・

Img_20200111_064904

清水エスパルスの中村慶太選手でした。
J1での静岡ダービーは早くても2021年まで待たないと実現しないので、早いとこ昇格しないとな・・・

 

 

そして2枚目なんですが、このシリーズにおいて、ようやく世間一般的に言う大物選手のサインを引くことが出来ました。

Img_20200111_064959

その選手とは先日のJ1最終戦において、来日して初のハットトリックを食らった、ヴィッセル神戸のポドルスキー選手でした。
このような選手が引けないまま2020年版Jカードの発売を待つかと思っていましたが、まあ何とか大物が引けて良かったです。
それにしても年が変わってから「こんなの自分じゃない!!」って感じの引き連発でビックリ!!
前回も書きましたが、何ていうか・・・まさにゾーンに入った時のI先生の気分です!!(ちなみにI先生の2019年の自引きランキングですが、なんとJカードのビジャ選手や中村俊輔選手のサインカードが圏外というから驚き!!そんだけ他に引いたモノが凄いってことです!!)

 

 

次回は・・・多分今年のジュビロの事を書くと思います。
選手の背番号も発表されたし、昨年のシーズンスタート前から1年以上も止まっていた時計が、ようやく動き出してくれるのでは・・・!?と言ったところでしょう。
尚、ジュビロでは早速ユニフォームの注文とか受け付けていますが、じゃあ自分は2020年は誰のユニフォームを作るのか?というと、おそらく昨年同様、誰のも作らない方向で行こうかと・・・

|

«1月5日のこと